TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴

後書き・独り言30/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言32 

 2005/10 10月の作品展テーマは【ガラス器】
                日記の先頭に行く                
10月ですね。秋ですねえ。
さあ今月のお題です。4月にもグラスをテーマにしましたが今月はガラス器。
ビンでも良し、ボトルでも良し、花器でも良し、ガラス皿でも良し。
もう一度グラスで挑戦でもOKですよ。
生活にかかわるガラス器と言うことにしましょう。ガラス器は無色透明でも着色されて
いても結構です。
一つだけ、注意点があります。
今月から締め切り日が変更になりました。
月末の一日前で終了です。今月の場合でしたら10月30日が締め切り日となります。

       月例作品募集要項
40:10/30 BEN
新藤さん、お世話になりまーす。 .. このあいだ白蛇の夢を見ましたよ〜!! こりゃ宝くじを買わなきゃ♪... と思い、ロト6を¥3,000-購入! 今日、チャンスセンターに持ち込んだらナント...... ¥1,000-当選してました。(汗) 人生そんなに甘くないって事ですね。コツコツやりま〜す。 .. *--------------- スタジオ ベン ---------------* http://www.studio-ben.jp/ 管理人:宝くじは何度か買ったことがありますが、全滅でした。 どうも私の場合、くじ運が良くないみたい。 1000円当たれば立派! さて、今月の作品・・・ カッコイイですね。バランスの取り方、色味の設定が抜群ですね。 BENさんらしい色使い、今回もキレイです。 撮影は大変になりますがこれでパンフォーカスってのも有りかも。   つまりピント別に数点撮影し後で合成することでパンフォーカスにする技ですね。 今度マジでテストしてみようかな・・・
39:10/30 三鷹のJQ
新藤修一様  お世話になります。何とかすべりこみで写真をお送りすることができ ました。だいぶ前に100円ショップで買った一輪挿しを撮ってみまし た。カメラは5D、ライトは5WLEDです。カップ麺の容器 とフィルターを使ったと言えば、何をしたか皆さんお分かりのことと思 います。それにしても今月はいつにもましてレベルが高いですね。良い 勉強をさせて頂きました。  どうぞよろしくお願いいたします。 Jacquie Quartertruth Photography http://jq-photography.blog.ocn.ne.jp/ 管理人:エッ?!! これが100均ですか・・・キレイですね。 イエ、器でなくて写真です。 背景の模様も素晴らしい・・・カップ麺の容器・・・ 新しい技ですね。 ライトセーバーのように長い棒状ではこうはいかなかったかも。 ましてやこれをストロボで・・ナンテ事になったら大変です。 イヤ〜これはライトセーバー愛好家諸氏に大きなインパクトを 与えたのではないでしょうか。 JQ氏恐ろし。
38:10/30 伊藤裕一氏 :その2
新藤さま お世話になっています。 四谷の伊藤です、二作目ですが参加させて下さい。 ライトは飽きもせずカメレオンセーバー使用。 被写体のボトルですが、ベネチで購入したグラッパです もったいなくて飲む事が出来ませんでしたが被写体として 役に立ちました。 撮影データーは20D EF−S 17-85mm   20秒 F11 ASA100 ライトはカメレオンセーバー使用 駆け込みですがよろしくお願い致します。 http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html 管理人:カメレオンセーバーの完成度(使用法?)も大分完成度が高まりましたね。 背景のグラデが見事です。 グラッパのハイライトもウットリとしてしまいますね。 メローなのにどこまでもシャープ。 レンズが17−85ですか・・ トンデモナイ時代になってきましたねえ。
37:10/30 菅 正輝
新藤 様 菅です。 結局、今月は作品展の為の写真を撮れていないので 某レストランで撮影した写真で勘弁してください。 ライティング等は全てレストランのコーディネートの為 今回の作品は完全に手抜きです。 環境光のみ 1D MK2+20D EF28-70mm/F2.8 http://kan.pinky.ne.jp/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/ 菅 正輝 管理人:忙しいときは仕方ないですね。何よりも参加していただいたことに感謝です。 データを見ると580EXと書かれてますが、これは環境光だけですよね? しかも手持ちでしょうか? 真正面から狙った辺りが菅さんの生真面目さを現しているのか?(笑
36:10/30 伊藤英夫
新藤様 初めまして、東京都東大和市の伊藤と申します。 最近新藤様のサイトを見つけて感激 いたしました。 私も参加してみたくなり急遽撮影してみました。 皆様のレベルの高い作品を励みに、勉強していきたいと思います。 よろしくお願いい たします。 40年くらい前に松本の古道具屋で購入した物ですが、かき氷用の器だと思います。 機材はコダックDCS14N レンズ ニッコール24-85 2.8-4D 露出マニュアル F4 125分の1秒 光源は水槽用蛍光灯 伊藤英夫 管理人:伊藤さま、初めまして。投稿有り難うございます。 また、感激までしていただきこちらも嬉しいかぎりです。 さて、作品ですが、背景がダークにもかかわらず上手く処理されています。 全体に品があり好ましい印象を受けます。 でも、そう・・・手前の横たわったガラス器。 後の美しい器を隠してしまっていて、チョット残念。 角度でしょうか、位置でしょうか、惜しいですね。
35:10/29 森田
新藤様 初めて応募する森田と申します。 東京でSEをやっているアマチュアです。 毎月応募される作品を見ながら「すごいなぁ」と感心しております。 先日たまたま手に入れたガラスの小物入れの取手の形が面白かったので 思い切って応募してみました。 (かなり自信無いです。お目汚しで申し訳ありません。) 部屋を真っ暗にしてデスクライトで撮影しました。 光のあて方がこんなに難しいとは思いませんでした。 よろしくお願い致します。 -- MORITA, Masayoshi 管理人:森田さま、初めまして。掲載が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。 土日は休みだったもので月曜日に・・・ さて、作品ですが面白いものに挑戦しましたね。ガラスの中のブルーがとてもキレイです。 よく見ると背景に僅かなトーンが残されていて、良いですね。   もう少し背景のトーンが残っていても良かったか・・ この器を全くの黒バックで撮影することは多分至難の業。 ガラスの透明感が出しにくい。惜しい。 でも、その苦労が先程のブルーにでているのかなあ〜と思います。 写真はチョットした工夫で随分変化するものです。 11月も是非いらして下さいね。
34:10/28 和田 正
   新藤さま ・御世話様です。  遅くなりました。  作品はガラスなのか?、陰なのか?  少し中途はんぱ感じですが出さして頂きました。  とあるホテルのテーブル上のかびんです。  では、宜しく。  カメラ10D レンズ 24-70mm 和田写真事務所 和田 管理人:和田さま、お久しぶりです。 最近お会いしていないのでチョット寂しい・・・ さて、今月の作品。 これは哲学的な作品ですね。 幾つもの光が織りなす影、僅かに黄色のバラであることが想像できるボケた花の一部。 ガラス器は、それが花器であることを微かに主張する。 見るでもなく、でも目がそこから離れない・・・ それ以外を見てはいけないような強迫観念にも似た、 そんな時間が止まってしまったような自分の経験を思い出しました。 今夜辺り神保町しましょうか。
33:10/27 シゲ氏 :その2
新藤様 1作目を評価いただきありがとうございましたシゲです。 2作目に挑戦してみましたのでよろしくお願いします。 1作目同様ビューアー1灯で右側にレフ版、グラスの下に鏡を置いて撮影しました。 A4サイズのビューアーを縦に置き黄色い布をかけています。 ビューアーのフレームまで画面に入れてノスタルジックな雰囲気を狙ってみました。 どうぞよろしくお願いします。 機材:EOS20D +タムロン28-75 1/500秒 F2.8  管理人:見事ですね。グラスのコントラストが絶妙。 ビュアーの新境地、これはグッドなアイデア!! 柔軟な発想に感激しました。 しかも1作目よりも個人的には好ましく感じます。 アンバーに振ったこともこの場合正解ですね。 さて、今月も残り少なくなりましたが、この先どんな作品が集まるのか 目が離せませんね。楽しみです。
32:10/27 イトケー
新藤さま。イトケーです。  ハイレベルな作品ばかりで少し気後れ気味ではありますが、 「参加することに"も"意義がある」ということで今月も宜しく お願いします。  先週、奥日光に紅葉見物に行った際、お土産屋さんで木目が きれいだし安かったので思わず買ってしまった欅(?)のお盆。 バックにするには大きくないので撮れるものは小さいガラス器。 ということでショットグラスとなりました。 EOS-20D、EF100マクロ、f5.6、自然光、周囲を黒ラシャ紙、 CS2で色温度9000度現像、さらに赤味を少々プラス、 トーンカーブ少々。 http://www5d.biglobe.ne.jp/~monokuro/ 管理人:イトケーさま、こんばんは。 確かに最近レベルが上がってきていますよね。それは私も感じます。 ですが、一年以上続けてきた皆さんの努力のお陰でもあるわけで嬉しいことですよね。 また、これから参加される方も遠慮することなく何時でも投稿して欲しいと思います。 さて、作品ですが・・(ケヤキは私が最も好きな樹木の一つ、イイですよね。) 背景の落とし方が気持ち良いですね。 グラスの縁のハイライトがキリリとしていますねえ。 この2点の組み合わせは素晴らしいと思います。 僅かに気になる点が幾つか・・ この絵柄ならばグラスは堂々とど真ん中が良いでしょうか。 僅かに右に寄ってませんか?僅か上に位置してませんか? それともう一つ、ピントの位置です。 このグラスの最も美味しい部分はもう少し下かも。 TS-Eであおるか、或いは絞って撮影してフォトショップ上で周辺にボカシを入れる。 そんな手もあるかと思うのですが如何でしょう? チョットしたことで印象はまた大きく変わることと思いますよ。
31:10/27 関 行宏
新藤様  関です。こんにちは  今月は出だしからハイレベルな作品ばかりですね。難しいガラス器を専 業プロカメラマンの皆さんが簡単そうに仕上げてくるのはさすがだと感心しています。  さて、我が家にあるクリスタルガラス製の曲がったコップを総動員です。 ニュートラルグレーにするとガラスの質感が出ないので、RAW現像時 に微妙に青味を追加しました。 EOS-1D + EF 100mm/F2.8 macro  背後からトレペ越しに1灯+手前トップから1灯(傘)  DPP 2.0でピクチャースタイルは「ポートレート」  よろしくお願いします。 関 行宏 http://www.sekitechnologies.com/index.html ----- 別件:  「独り言」にライカもどきのLC-1の話題が出ていましたが、一年くらい 前に半年間ほど使いました。結局手放してしまいましたけど。  ・EVFにどうもなじめなかった  LEICA M型のような精密なファインダーを求めるつもりはありません が、隔靴掻痒のEVFには最後まで慣れることができませんでした。 これで光学ファインダー(あるいは数倍高精細のEVF)だったらもう少し長く使 い続けていたかもしれません。EVFの拡大表示によるマニュアルフォーカ ス機能もありますが絶望的です。  ・RAW記録をすると書き込みが遅い(かといってJEPGは色味がイマイチ)  RAWを指定すると、RAWに加えてJPEGも記録されるため、メモリカードが すぐにいっぱいになります。おまけにメモリへの書き込みに数秒もかかり 連写不可です。添付のRAW現像ソフトがそれほど使いやすいものではなかったため、 結局はJPEGオンリーで写していました。ホワイトバランスのクセか、 太陽光でも緑っぽいような濁ったかぶりが出るので、色味は好きになれませんでした。  ・広角のタル歪曲がヒドイ、相当構図を工夫する必要あり  28mmは緊急避難?、35mmでも歪曲は残ります。使えるのは50mmから上? 広角で写す場合は画面に直角平行が入らないように工夫しないとダメ。  F値を2.8に落としていいから、もう少し無理のない設計をしてくれて いたらなと思います。  これらが改良されたLC-2でも出れば最高なんですが、売れるモデルじゃ ないし、無理でしょうね。  なおLC-1は500万画素ですがA3にプリントしても通常の鑑賞には十分でした。

管理人:関さん!! 今回の凄いキレイ、爽やか!! 
警告 :ブー、ブー、ブー・・あなたは物撮り系カメラマンの職域を侵しています。
不法侵入の罪により身柄を拘束される可能性があります。(笑
・・・大変な時代になってまいりました・・・
関さんは物撮りコースの腕を一段上げたようです。お目出度うございます!
また、LC-1の話も有り難うございます。掲載させていただきました。
EVFの進歩と広角系の歪みが今後の大きな鍵になりそうですね。
30:10/25 123
新藤さま、広島の「123」でございます 今月も作品をお送りさせていただきます 今月は少し提出が遅れましたが、悩みながらの作品提出であります 本当は女房に協力を頼んだのですが、肌荒れがどうのこうのと言われ 思い付いていた作品が撮れず・・・ ちょっと、フラストレーションが溜まっております 来月、更なる精進致しますので宜しくお願い申し上げます。 写真でありますが、後ろからの透過光のみの作品であります EOS 1Ds TS-E90mm DPP 管理人:奥さまの虫の居所が良くなかったのでしょうか? 思ったものが撮れなかったことは残念でしたが、どんな構想だったのか興味津々。 さて、頂いた作品ですが、これはお二人を現している??端正で美しい写真ですね。 【ガラスモノを撮るなら透過光】って感じ。 二つのガラス器は横並びしてますが二つがもう少しからんでも面白かったかも。 有り難うございました。
29:10/25 PDAJunkie氏 :その2
新藤さん、PDAJunkieです。大変勉強になっております。 2点目、バカラの花瓶をLEDライトで宙に浮いたように撮ってみようと 色々試行錯誤しましたが、難しいですね。なかなか思ったようには撮れません。 しょうがないのでストロボで撮りなおしました。 カメラはHasselblad H1にImaconのIexpress132Cバック+120mmMacro@f22です。 ファイルがかなり大きいので綺麗に圧縮するのに苦労しました(笑)。 よろしくお願いします。 管理人:素晴らしい機材をお持ちですね。H1は如何でしょうか? さて、今月の2点目。 PDAJunkieさんの苦悩が作品にチョット現れているかも・・・(笑 では、私ならどう撮るか?? と思って改めて花瓶を眺めましたが、これって結構難しいですね。 花瓶を美しく撮るだけで良いなら、先ずは悩まず透過光ですね。 それ以上を望む場合・・・問題はこれです。 例えば【宙に浮いているように】見せるのでしたら 素直に切り抜きが良いのでしょうか。 見た目のインパクトや意外性路線でしたら 横に転がして置き、口はややレンズ振り、広角系のレンズで透過光気味のライトで 狙ってみる。 これはセッティングも難しくなくしかもLEDライト向きでもあり楽しめるかも。 物を撮影時、広角系のレンズは面白いですよ。 正面から撮るのでしたら意味はありませんが、結構はまります。 広大な背景を必要とする点では苦労する場合もありますが・・・
28:10/24 ヒゲMac
こんにちはラブラドールハウスのヒゲです。 急に冷え込みストーブがいるようになってしまった我が家なんのですが、 冬が大好きなヒゲとしましてはやはり暖かなロウソクの光と思い、 パインの中にロウソクを入れてちょっとした卓上キャンドルにしてみました。 しかし我が家には完璧なまでに不釣り合いなアイテムなんですが・・(汗) Nikon D2X 50mm f 1.4 with PS CS 余談ですがエプソンのドライバーの件なかなか興味深く拝見させていただきました。 私もこの間ライソンのモノクロ専用インクが日本において輸入禁止となり、困って アメリカサイトで購入しようと検索、でも実際に日本の機種と銘柄が違うため国内の エプソンに国内の機種名が欧米でどの名前なのか聞いたところ、最初から最後まで あちらとはいっさいの関係をもっておりませんのでお答えすることが出来ませんの 一点張りでした。私も心の中で「わかっているくせにぃ」と思いながらも電話を切り ましたが、ドライバーの件でのやりとりを読んでいて少し似ているところがあると 思いました。 ちなみにあちらの人と(白人)我々とでは色の見え方は違うと思います。 あちらではボーダーを超えるときに瞳の色をチェックしますが、ブラック ブラウン、ライトブラウン、グリーン、グレー、ブルーがあったように思います。 日本人は基本的に目にはノーマルでサングラスかけているようなものですから、 あちらの白は少しクリームがかっているのではと思います。 ヒゲはライトブランなので普通の日本の方よりも白は強烈に目に痛く、真夏などは 目が開けられない状態となります。ですからこんな人間が見る白は少しトーンが 下がった白を標準としようとしてしまいます。 現像所で新しいコダックのフィルムの白と以前の白とを見せてもらったときに 私はえらく青い白だなぁ〜と感じました。(メーカーのサンプルを見せていただいたのですが) 色の世界は難しものですが、反対に厳密なことがいえないとも感じました。 もっと余談ですが・・・ブルーアイの人は興奮すると誠に綺麗な美しいブルーの瞳に なるんですよ!でもそれでジッと見つめられるとちょっと怖いですが・・(汗)

管理人:我が家ではまだヒーターは使用していませんが、秒読み段間に突入ですね。
頂いた作品は、そんな季節にピッタリの温かみのある優しい写真ですね。
いつもヒゲさんの作品には癒されます。

余談の部分も全文掲載させていただきました。
有り難うございました。
27:10/24 シンゴ氏 :その2
新藤様 初投稿のコメントありがとうございました。 写真を投稿して誰かにコメントをもらうということが 初めての体験でとても感動しております。 今後もよろしくお願いします。 さて、恥かきついでにもう一点送らせていただきます。 前回はローキーでしたので、同じビンをハイキーに撮り直してみました。 ビンの横から一灯直に入れてます。 機材:D2X+Nikon60mmMacro 露出:マニュアル F16 1/250 WB:フラッシュ 光源:サンスターモノブロック1灯 管理人:矢継ぎ早の2作目、有り難うございます。 前回よりも思いきりが良くシンプルですね。 ボトルの透明感も良くでています。 フレーミングも美しく、このままポスターにしてしまいたくなるような 完成度ではないでしょうか。 素晴らしい作品だと思いますよ。 来月が楽しみですね。
26:10/23 大河原利道
お世話になります。 新藤様。 いつも使っているグラスと いつも飲んでいるお茶。 いつもよりものんびりとした午後。 って感じなんですけど、表現できたのか? α-7D、minolta24mmF2.8、窓の光。 24ミリは前(フィルム時代)から好きな画角だったんですが、 APS-Cサイズになった今もなぜか、 17ミリより24ミリが好きなきがする、不思議? http://www.remus.dti.ne.jp/~toshim/ 管理人:お〜、これは不思議な魅力のある作品です。 ノンビリとした雰囲気が十分でていますよ。 グラスの中の揺らぎがとても良いですね。 この空間に音楽はあったんだろうか? それとも静寂? 一人? 周りはどんな光景?? 何を考えていましたか??? 何だか取っても気になります。
25:10/23 ぷーさん
今回は真面目?に物撮りに挑戦です。大多数のユーザーから非難を浴びている EF24-105mm F4L IS USMを天の邪鬼の私が使いこなそうとやってみました。 物はカットグラスの電気スタンドの傘です。ライティングは 白熱灯の1.8m長スリット(クローゼット内の電灯をつけて部屋の電気は消し、 漏れてくる光条で撮影。扉の開閉で明るさを調整しました(笑)) 「後光」フレアで作品を作りたかったのですが、レンズの 個体差があるようなので、思うように発生せず、私のレンズ &自宅での「物撮り」では作品らしきものは作り出せなかったです。 EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM 105mmIS ON 手持ち マニュアルF5.0 1/16sec ISO1250 色温度10,000K フォトショップCS2にて調整 http://digitalpoohsan.hp.infoseek.co.jp/ 余談ですが、ビーム光ではこんな感じになりました。 http://eos-d.axisz.jp/joyful_exif/img/325.jpg 私は「癖玉」大好きですので、色々研究して使いこなしていこうと思います。 管理人:これまでとはテイストがガラッと変わりましたね。 24−105で手持ち1/16秒、ISレンズならではですね。 手持ちですのでこれ以上明るくすることは難しいかもしれませんが もう少し明るめでも良かったかも。 さて、私が驚いたのは2番目のリンクの女性。 見事に後光ライティングが決まり、美しい! このレンズは近々回収と言う噂もありますが、さてどうしたものやら・・・
24:10/22 尾苗 清、氏 :その2
何時もお世話になってます 尾苗です。 ライトセーバー北限の地仙台から(10/13日現在?) 今回は本当に手抜きです(反省) 被写体のフォルムに頼りっきりな上にアングルは捻りも何も無く.....。 カメラ:20D レンズ:タムロン90mmマクロ 露出:1/6sec f3.5 DPPで処理 光源:LEDヘッドライト(カンテラ??)を1mm乳白アクリ越しに皿の下から 真面目にやった事と言えば バックに光が回らない様に皿の背後を黒ケンで塞いる位なもんでしょうか.......。 こんな物で宜しければお願い致します。 お粗末様で御座居ましたm(_ _)m 管理人:これは手抜きとは呼びません。 時間をかければ宜しいという価値判断は既に過去のものです。 デジカメになってからは、手際が宜しい、或いは独創的な撮影方法と 呼ぶべきもので、如何なる方法で撮影しようとOKだと思いますよ。 しかも、作品は十分に美しく、完成度も高いのではないでしょうか。 追伸:あれ?! 尾苗さん20Dも持ってました??
23:10/22 西出篤夫
お世話になっております どこか記憶の底にあるシュガーポット 一昔前の喫茶店に必ずあったような気がしますが 最近はあまり見かけません  妻が原宿の骨董屋さんで見つけてきました 撮りためていた作品ですが3ヶ月以内なのでお許し下さい ニコンd2x シグマ15−30 自然光 西出篤夫 管理人:これイイ味出してますね。 シュガーポットの表面のハイライトの揺らぎが先ずイイ感じです。 天板?の写り込みの揺らぎがまたイイ感じです。 何だか正体不明、場所も不明、謎のシュガーポット・・・ですね。 ですが・・・惜しい点もあります。地平線の部分、テーブルの端。 もう少し下げても良かったか? 蓋とバッティングしていて残念。 全体にもっとハイキーにしても面白かったかもしれませんね。 追伸:このシュガーポットは今までにどんな人生?を送ってきたのでしょう。 それを想像するだけでも楽しいですね。
22:10/21 シンゴ
新藤様 初めましてデザイナー兼カメラマンのシンゴと申します。 投稿作品は皆すばらしく、参加を躊躇していましたが、 「技術の向上と、沢山の方との交流を図るため」という 言葉に励まされ参加を決意しました。 事務所にあったブルーのビンを、 背景にブルーのセロファンを使い 水面に漂っている感じにしました。 CS2にて現像後、赤みを追加しました。 後学のため厳しいご意見をお願いいたします。 機材:D2X+Nikon60mmMacro 露出:マニュアル F8 1/250 WB:フラッシュ 光源:サンスターモノブロック1灯 ボックス使用 管理人:シンゴさま、初参加有り難うございます。 ボトル越しに見える表情が美しいですね。 また、背景のブルーのセロファン上手くいきましたね。 本物の水面のように見えています。 ボトルの下辺りにさざ波まであるようにも見えます。 アララ、厳しい意見・・・ですか? 困りましたね。 現像時に赤みを追加したとありますが 敢えて言えばその辺りでしょうか・・ 個人的には全体をブルーっぽくまとめたほうが好みです。 また、セロファンのサイズの問題かも知れませんが ボトルの口の部分は見せたほうが良かったかも知れません。 最後に、絞りはもっと開けても良いですね。 そうすることで水面が更にボケ、もっと幻想的になったのではないでしょうか。
21:10/21 PDAJunkie
PDAJunkieです。先日はお題間違いで失礼しました。何時も飲んでるロンジン茶、パ イレックスの急須に面白いパターンがあったので撮ってみました。α7Digital+50mm Macro、ライティングは内蔵ストロボと5600(ミノルタ)を手持ちで天井にバウンス させた、なんのひねりもないもので、申し訳ありません。 管理人:光の感じが、とても気持ちいいですね。 きっと透明なパイレックスの急須なら、お茶も美味しそうに見えるでしょうね。 (私もそれ使ってみたいですね。) でも・・・残念な点が・・・ 蓋の部分に神経が行きすぎてしまったかも? その折角の急須の美しさも見えればもっと良かったのか この寄り引きは恐らく試行錯誤されたとは思うのですが チョット惜しい感じがします。
20:10/21 福井のn.u.(谷口):その2
新藤さま、お世話になります。福井のn.u.(谷口)です。 ガラス器2点目、おねがいします。 普段づかいのワイングラスです。 やはり、ワインを飲むときはワイングラスでないとね。 こらえ性の無い人間なので、味が開くまで待てずに、底に叩きつけるように ワインを注ぎ、グルグルまわし続けてしまう、せわしない僕なのですが、 写真の方は『酒と薔薇の日々』くらいな気分で撮ってみました。 酔いが回れば、グラスハープも楽しめる、なかなか良いグラスです。 (困った酔っ払いですね。。。。。) eos5D ts-e45 1/125sec f22 現像は DPP ver2.03 では、よろしくです。 -- std.nukes. ==Taniguti*syuzi*hidehalu== http://nuphoto.exblog.jp/ 管理人:2作目有り難うございます。 この天板イイですねえ〜。(ヲイヲイ、イキナリ天板はホメンデショ・・笑) 冗談はさて置き、美しい作品ですね。 美味い酒が飲みたくなります。注いだ瞬間の見事な一瞬を切り取りましたね。 追伸:谷口さんのサイトは毎日のように回って楽しませてもらってます。
19:10/20 asa_k
ガラスの瓶 ペットボトルに押され 紙パックに押され リサイクルに押され でも、ガラスの持つ冷たい暖かさ ペットボトルに花は生けない 出所不明の「CAMPARI SODA」の瓶 むかしビュアーに色ゼラチンを切り張りして ビンを撮影したことを思いだし 今回はPCのモニターに作った模様を映し 光源と背景を兼用で透過光撮影 いくつでもパターンが作れるのが 良いのか悪いのか・・・。 D-70/50mm/CLOSE-UPレンズ/PCモニター/////asa_k 管理人:モニターを背景に使用する手は秘かに流行しているようです。 これもデジタルならではの裏技ですね。 余り大きな物には不向きですが、上手く使えば雰囲気のある作品が完成します。 今回送っていただいた作品もボトルの文字の凸部分がとてもキレイです。 この用途のために30インチモニターを購入する人が現れたりして・・・
18:10/20 カプチーノ
新藤様、初めて参加させて頂きます。 他の掲示板ではカプチーノ(mm)と称しておりますのでこちらでもこれにてよろしく お願い致します。 ずっと拝見させて頂いておりましたが、今回「ガラス」との事、我慢できずに参加した 次第です、この写真は水槽の蛍光灯の上にガラス製品を包む緩衝剤を引いて撮って おります、後は部屋の光のみです。 ライトセーバーは今度頑張って作ってみます(^o^) 機材  EOS 20D+EF-S60mm F2.8 マクロ USM 絞り優先 F14  1/3秒   SILKYPIX Developer Studio 2.0で現像時に調整 ハンドルネーム カプチーノ(mm) 38歳 生息地     香川県 管理人:カプチーノさん、初めまして。 水槽の蛍光灯ですか! これは新しいですね。 背景の感じもいい具合ですね。 意外な場所で意外な出来上がり?  これはデジタル時代のキーワードかも(笑 カプチーノさん、どうも有り難うございました。
17:10/19 fss2301氏 :その2
新藤様、今月2作品目を提出させていただきます。 どうしてもグラスより、ミルクの方に目が行ってしまう作品 ではありますが、これでよろしくお願いいたします。 タイトル:一瞬のなめらかさ 大きめのグラスにミルクをいれて、スポイトでミルクを1滴 たらして撮影しました。最初はミルククラウンを期待してい たのですが、いろいろな条件が揃わないと王冠は出来ないと いう事があとで分かりました。光源は卓上蛍光灯のみです。 D70 + Nikon DX 18-70mm 絞り優先f7.1 1/160sec AWB 光源:卓上蛍光灯 フォトショップにてトーンカーブにより明るさと色味調整 http://fss2301.dyndns.org/dc_up/dc_up02.html 管理人:ミルククラウンってそんなに難しいのですか・・・・ 来月のテーマに良いかも(笑 ところで、照明は蛍光灯ですか!!!!! それでここまで速いシャッターですか??!!! 再び驚きです。 やってみるものですね。 コントラストも美しく、キレイです。 デジカメのお陰なのか、fss2301さんのスキルの成せるワザなのか・・・ 勉強させていただきました。
16:10/15 シゲ
新藤様 初めましてフリーでカメラマンをしているシゲと申します。いつも仕事の参考 にしながら楽しんで拝見しております。 今回は自分も月例作品に応募してみようと思います。 デジタル中心の仕事が多くなりすっかり使うことのなくなったフィルムビュー アーの光1灯で撮影しました。 オフホワイトの布を引いて、引き出物でもらったグラスを逆さまにおいています。 背景は壁にオレンジ色の布を貼りビューアーの光を当てています。 どうぞよろしくお願いします。 機材:EOS20D +タムロン28-75 1/5秒 F3.5  ハンドルネーム:シゲ、37歳、東京都練馬区 管理人:っということは・・・ビュアー1灯での撮影でしょうか? 結構ビュアーは場所塞ぎでもあり、隅っこでヒッソリとしているケースが 多いと思いますが、こんな風に使い方次第では現役復帰も可能ですね。 シゲさん、有り難うございました。 作品は、メリハリもありフレーミングも大胆。 SF映画の1シーンのようでもあり、インパクトも十分。 イイ感じですね。
15:10/12 雨宮秀也
新藤様 今月もよろしくお願いします。 古いガラスって魅力あります。波うっていたり気泡がはいっていたりします。 ガラスごしに透かすとレンズベィビーもびっくりです。 ぼくが使っているのは駄菓子屋のガラス瓶です。 これで覗くと世界は変わるのですがガラス器の撮影とはいいがたいので 理科実験のフラスコやらビーカーやらを集めました。 面白がって真剣に撮ってたらクラクラして気分が悪いです。 撮影は20Dで50mmをf11あたりまで絞りました。 PSにてグリーンに濁らせたレイヤーを部分的にブレンドしてます。 雨宮秀也 http://www.hibihana.com 管理人:究極のアナログ的雨宮式レンズベィビーズ完成、お目出度うございます! これで人物をとったら面白そうですね。 風景もイイですね。花も面白いか? 駄菓子屋のガラス瓶ですか・・・メモメモ・・・・ 中央下部の空き地に怪しげなキノコが山になっていたりすると更に面白い?? ケンコー辺りでこんなフィルター出してくれたら売れるかも。 どれ一つとして同じフィルターが無い。 3枚くらいなら欲しいですね。
14:10/11 fss2301
新藤様、いつもお世話になっております。先日の独り言で いつの間にかピントに狂いが生じているというお話があり ましたが、普通に使っていても微妙に狂いが出てくる事は 十分あり得ると思います。私はD70のAF時のピントを自分で 調整したりしていますが、その構造は案外単純なものの、 調整自体は非常にシビアであり、使われている部品の剛性 等を考えると、撮影回数や経年変化等で狂ってきても仕方 ないかな?と思っています。 さて、本題に戻って今月のテーマ1作品目を提出させてい ただきます。 タイトル:仲良く並んで 題材はパスタを入れておくビンでありますが、これは台所 に置いてあるそのままを(磨いたりはしましたが)撮影し ました。光源はライトセーバーのみです。 D70 + SIGMA APO300mm F2.8 マニュアルf2.8 3sec WB:蛍光灯 光源:ライトセーバー フォトショップにてトーンカーブにより明るさと色味調整 WEBネーム:fss2301 http://fss2301.dyndns.org/dc_up/dc_up02.html 管理人:明るく健康的、爽やかな作品ですね。 平和な雰囲気のキッチンの様子が目に浮かびます。 オッ!これもライトセーバーなのですね、気が付きませんでした。 しかもAPO300mm!ですか・・・ここまでよれるとは驚きですね。 有り難うございました。 ピントの件、D70辺りではご自分でピント調整できることは羨ましいですね。 ニコンの場合、全ての機種で可能なのでしょうか?
13:10/11 新藤修一 :その2
何の変哲もない安物の一つのグラスです。 グラスの中には何も入っていない・・・ 敢えて言うならばチョット冷ややかな秋の夜明けの空気でしょうか。 ナンチッテ。 実は先ほど(午後2時)スタジオで撮影したもの。 今日はヒマなんです。(笑 丁度静かなジャズが流れていて、スタジオの中は気持ち良く暗い。 気持ちはドンドンブルーな感じ。   (って何時もブルーぽく無い?と言う質問は却下です。) ライトはLEDアレー(ライトセーバーでも可能でしょう) 画面下側の僅かに赤い部分はフォトショップで加工しました。 EOS1D2+タムロン28−75
12:10/09 草野
新藤さま お世話になります。白金の草野です。 今月もよろしくお願いします。 毎日使っているグラスです。 氷は東急ハンズで買いました。 あんまり季節は合っていませんが。 いろいろ撮ってみて真俯瞰が一番しっくりきました。 10D EF100mm f16 1/40秒 ストロボ+ライトセーバー よろしくお願いします。 草野 http://taikopon.jp/ 管理人:草野サマ、こんにちは。 これは、かなり面白いですね。驚きました。 氷の質感が素晴らしいです。 また、グラスのハイライトの入り方もキレイですね。 難しい真俯瞰を上手く料理しましたね。 ライトセーバーのお陰もあると思いますが、お見事です。
11:10/07 伊藤裕一
新藤様 何時もお世話になっています。 私も今週は開店休業状態(笑えないのですが)、暇な時間を使い新作ライトセーバーを 作りました、名ずけてカメレオンセーバーとしておきます。 白色LEDライトセーバーに比べ、仕上がりが全く読めません 本当に偶然の写真とい う感じでしょうか、とりあえず一作目よろしくお願い致します。 EOS20D/TS−E45mm/15s/f4.5 http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html 管理人:ついにカメレオンセーバー完成ですね。お目出度うございます。 何と表現しましょうか・・・ワンダホー? 摩訶不思議?  既成の表現域を越えてしまった感すらありますね。 インパクトは十分!! 3色のLEDに掛ける電圧を微妙にコントロールできれば1677万色(或いはもっと) の発色が不可能ではないですよね。 更にそれをパソコンでコントロールすれば、もう何でもアリの世界。 正にデジカメ向きのスーパーライトですね。
10:10/06 福岡のTTH
新藤様、お世話になってます。 本日は開店休業状態です(汗) バブル時代を思い浮かべた作品となりました。 ワイングラスにシャボン玉です。D70ー55マクロ 宜しくお願いします。 管理人:ウワオ、シャボン玉ですか! 良いところに目をつけましたね。 一瞬何だか理解不能状態ですが、美しいですね。 ・・・ひょっとして光源は蛍光灯??ですか・・・ 追伸:大丈夫、私も本日開店休業状態です。〔笑
9:10/06 新藤修一
私のスタジオのグラスやフラスコを総動員。 安物ばかりでゴメンナサイ。 久しぶりに1x1.3mの強化ガラスを引っ張り出して並べてみました。 ライトは上方のフラッグフレーム越しに大型ストロボ一灯。 こんな時はアングルファインダー・・お薦めです。   私は撮影には必ず持っていきます。   これは、絶対にイイですよ。何故イイかは・・・まだ内緒。   外れやすいことがチョット難点ですけどね。 EOS1D2+タムロン28−75 F16 色味はCS2で調整。 追伸:アラ、ウチにあるコップと同じじゃない。 でも・・・並べて撮っただけじゃない、ツマンナイ・・・・ とはカミサンの言葉。ガビーン。
8:10/05 風間雅昭
新藤様 ご無沙汰しております。 毎月皆様気合いの入った作品ばかりで気後れしていましたが、 今月は硝子器、しかも拝見しているとブツ寄りから作品寄りへ。 またブツ寄りに戻らないうちにと、急遽応募です。 ものはピペット。発色の良い絵の具はなんだと聞かれる前にご披露します。 もう10年程前に苦労してアメリカ在住の友達に頼んで、 探して貰って、送ってもらったトランスパレンシー用ダイです。 スポトンのカラー版でしょうか。 当時で3万円程。送られてきた時に開けてみて、 これは一生使えるなと思ったら、ホントに一生ものになってしまいました。 もうフィルム使わないんですものね。 でもこれからは手に入らなくなるから、その意味ではよい買い物でした。 そんなわけで「ピペットが器か?」と思われましたら没にして下さい。 決してお恨みもうしません。 忘れてました、撮影はハッセル+150mm ベルビアからスキャンしてゴミ取り+トリミング+折れ直し です。 管理人:ウワッ! こりゃキレイだわ。 器かといえば確かに微妙だけど、凄いキレイ。 写真の域を越えてますね。 風間さんのセンスのよさを十分に感じさせてくれます。 気後れですか??  そんなこと言わずに是非毎月参加して下さいな。 これがその正体です。spotoneでしたっけ?〔風間氏提供)
7:10/04 dojou7
新藤様、ご無沙汰です。2ヶ月ほど(あれ、3ヶ月)さぼってしまいました。 グラス送ります。 dojou7 http://dojou7.exblog.jp/ D60 jupiter9 (ロシア製85mmF2) 絞り開放 1/30秒 シンクの上の蛍光灯 毎回手抜きで恥ずかしいー^^; 管理人:お久しぶりでした。お元気でしたか? 今回の作品ですが、ロシア製レンズですね。被写体のさりげなさもさることながら このレンズの選択も恐らくは正解だったのでしょうか・・・ 柔らかい温かい雰囲気のある写真に仕上がっていますね。 これだけ背景は重いのに印象はむしろ軽い。 手抜きと謙遜されていますが、それもワザのうち。 有り難うございました。 dojou7が写真展を開催いたします。お近くの方は是非お越し下さい。
6:10/04 福岡の O
新藤さま おはようございます。 福岡 O です。 生活にかかわるガラス器ということで、「マルティグラス」の 花器。 グラスの口から中を覗くと、目が廻る・・・・。 記憶はさだかではありませんが昔、テレビで「タイムトンネル」と いう番組があったことを思い出しました。 カメラ  : D2x   1/4  f 8 レンズ : マイクロ 60ミリ ライト  : ライトボックス+CCFL よろしくお願いします。 管理人:オット、これも不可思議な、そして美しい作品ですね。 私の想像を超えた作品です。 切り口は幾つもあります。このような自由な発想も大歓迎です。 Oさん、有り難うございました。
5:10/02 谷口正規
新藤様 お久しぶりです。 先月はとうとう投稿できずに終わりましたが、やっと仕事が山を越 え写真を撮ることができました。 フロストのグラスにおはじき状のガラス玉を入れ水を張っています。 ライトはライトセーバーで後方から当てています。 グラスの周囲に光が漏れていましたが、PhotoShopで黒く潰しました。 グラスより中身が目立ってしまっていますが許してやってください。 よろしくお願いいたします。 - camera:CANON 1D mk2 lens:TAMRON 90mm 露出: 0.3秒 : F5 ISO:100 - 谷口正規 http://www.vivo-design.com/ 管理人:これはまたファンタスティックな作品ですね。 美しいです。 被写体自体はどこにでもあるようなものを実に上手く料理していますね。 その着眼点には脱帽です。 ですが、惜しい点が一つ。それは背景です。 真っ黒にしてしまったのはどうでしょう・・・折角の柔らかいトーンに やや違和感を感じるのは私だけ?? 漏れた光も上手く利用してしまう方法もあったのではないでしょうか。
4:10/02  福井のn.u.(谷口)
新藤様、お世話になります。 福井のn.u.(谷口)です。 気がつけばもう10月、eos5Dも発売されてしまい、 転がるようにあっという間に年末になってしまいますね。 (気が早いって。。。) 今回のお題、『生活に関わるガラス器』ということで、 僕が大好きな『茶色いお酒』を飲むときに使用している ショットグラスの写真を、送らせて頂きます。 きちゃない手が写っているのは、5Dのシャドー部のテストってことで お許しいただければ、幸いです。(笑 まずは一点目、これでお願いいたします。 eos5D ts-e90 ISO 50 1/125sec F5.6 大型ストロボ グリッド1灯 DPP Ver2.0  PicStyle ニュートラル シャープネス 3 では、失礼いたします。 -- std.nukes. ==Taniguti*syuzi*hidehalu== http://nuphoto.exblog.jp/ 管理人:早速5D登場ですね。 さて、これも雰囲気が良くでてますね。 今月は何だか全体にレベルが高いですね、出足も良いですし・・・・〔汗 画面上に手が入る場合、その生っぽさに汗をかくことがありますが そう、この位アンダーならば生っぽさも消え安心してみられます。 美しい作品有り難うございました。
3:10/02 平井伸造
ぼくがいつも使っている安っぽいショットグラスをいかに高級 そうに見せるか。苦肉の策として、アクリル板の上に置いたグ ラスの底に金テープを写し込みました。なんだか、飲み残しの ウィスキーに見えるかなあ。 次なるアイデアが浮かんだらまた応募しますが、 まずは一投目(テストがちら)ということで...。 ぼくはガラス器などの透明感を写すのはいつも苦労しており、 今回のお題は痛いところをついてきますねえ。 追伸。ぼくも本当は一番乗りを目指していたけれど、尾苗清さん という方に先を越されてしまった、無念。 CANON 20D/タムロンMACRO 90mm 太陽光。 http://www008.upp.so-net.ne.jp/hirai-s/index.html 管理人:飲み残したウィスキーには見えませんが、無色透明なグラスにも見えません。 全体にフィルターをかけたかのような感じに見えます。 グラス自体のテクスチャーも大変良くでていますし、大胆なフレーミングも イイ感じです。完成度はかなり高いと思いますよ。 ピントの深さには驚きですね。相当絞ったのでしょうか?
2:10/01 伊田淑乃さん
久々の参加です。 グラスの撮影用にテストしていたら影絵のようなの表現もキレイと、 仕事から 脱線してしまった写真です。 実はSTUDIO M2 Photo File No.023にて先週発表済みです。スミマセン。 バックに大型ストロボ+ライトフィルター。 花にはLEDライトスヌート付きで照射の1発撮り。 種も仕掛けもありませんが. グラス支えのアクリルは外注で処理してもらいました。(トホホ) 1DsMk2 TS-E90mm もし、一番乗りでしたら嬉しいです。掲載宜しくお願いします。 -- 伊田淑乃 toshinoida@mac.com http://www7.ocn.ne.jp/~st-m2/ 管理人:伊田様、残念・・・・2番です。 さて、頂いた作品。 完成度が高いと思います。 背景の色味が絶妙です。花の入り方が心憎い。 何とも美しい伊田さんらしい写真ですね。 オヤ、ここでもLEDライトが活躍ですね。スヌート付き。 イイ感じに当たってます。 ライトセーバーだけでなく、自由に考えてみることも大事ですね。
1:10/01 尾苗 清、
何時もお世話になってます。 仙台の尾苗です。 月例一発目先ほど撮影しましたので宜しくお願い致します。 ブツはガラス製のコップですが 小さめの花瓶として使ってます。 今日は曇天模様の暗い天気なので窓辺においてあるそのままの花瓶を PLフィルター+8XNDフィルターで露出を8秒に ハイライト作りに5wLEDライトを使いガラスの透過光も演出 PSCS2で加工しました。 とりあえずの一本目宜しくお願い致します。 カメラ:S3-pro レンズ:PC85 f8 8sec http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/ . 管理人:ハヤッ!・・尾苗サマ、一番です。 グラスへのLEDライトによるハイライト、効いてますね。 台はフォトショでB/W化したのでしょうか? クールなトーンで美しいですね。 でも・・葉の入り方が中途半端? 全体にもう少し彩度を控えたらもっと自然な感じになっていたかも・・ 如何でしょう。 と思ったけど、暫く眺めていたら段々気に入ってきました。 これは今風なんですね。 計算され尽くしている??
.
                このページの先頭に行く              
 2005/10/28 テクモクラシックアーケード。
今年の4月、テクモの某氏から一通のメールが届きました。 内容はソフトのパッケージのための撮影依頼。 嬉しいことに私のサイトを見ていてくれての依頼で、翌日には早速スタジオまで訪ねてきてくれて打ち合わせです。 内容は過去のアーケードゲーム機用ソフトの復刻版をxbox用で発売したい。 そのアーケードゲーム機の基板を題材にして何か面白いモノは出来ませんか? との事でした。 お預かりした基板で数日後撮影し、作ったモノが上の2点+幾つか。(厳密にはこの時点では多少異りますが・・・) 左は却下。右の路線でと言うことになったのでした。 撮影はEOS1Ds2+TS-E90mm(左) TS-E24mm(右) どちらも奇妙な柄はKPT テクスチャーエクスプローラーを使用しました。 その【テクモクラシックアーケード】はついに本日発売!   アルゴスノセンシ   1986  ビンボールアクション 1985   ソロモンノカギ    1986  センジョウ      1983   ライガ        1991  スイマー       1982   スターフォース    1984  プレアデス      1981   ボンジャック     1984  テクモカップ     1985   テクモボウル     1987 以上の懐かしいソフトがギッシリと入っているパッケージです。 アーケードゲームに思い入れのある方は是非! ところで、初めてお会いしたときの某氏、長髪に革ジャンサングラスという印象的なスタイル。 1Ds2のユーザーでもあり、20Dもお持ちでしかも5Dユーザーにもなってしまったそうです。 こんな出会いも楽しいですよね、有り難うございました。

 2005/10/27 久しぶりにロックコンサートに行った。

カミサンの隣の40がらみ中肉中背メガネ浅黒、黒のタンクトップ男。
手を振り上げ、声を張り上げる。たぶんB型だね。(笑
後ろの若者達、ノリノリで合いの手を入れる。吠える。
コンサートが始まるなり埼玉スーパーアリーナは総立ち状態。

珍しくコンサートっちゅうの?クイーン日本公演に行ってきちゃった。
客層は女性もいるけど、おじさん、若者、色とりどり。
場内は熱気ムンムン、良くこれだけの人間が集まったものだねえ・・
妙なところに感動してしまう私。
一つの目的のために集まり熱くなる。
矢張りロックの持つパワーは凄いね。
チケットを譲ってくれたK氏に深く感謝です。

場内での撮影は禁止されております。
って訳で演奏前に携帯で一枚だけ・・・許してね。

*:ステージは右手(この写真では見えませんね)
撮影地点から50m程離れていましたが、それでも結構場内では
近い場所にも見えるほどスーパーアリーナは広大でした。
2005/10/26 日比谷界隈 F810

 2005/10/26 Photo  Mechanicの補足説明。


上はPhoto Mechanicのサムネール画面。左上のスライダーを動かすことによって一枚のサイズをサービスサイズ程度まで拡大できる点は評価。
下はサムネール画面から一枚を選択して更に拡大表示させたもの。

サムネール画面は下にサイズ固定で表示され、右側上はデータの情報と下にはヒストグラムが表示される。
右側中央にはZoomと書かれていて25〜200%までのスライダーがある。
現在の設定は100%になっている。
さて、ここが要注意。フォトショップ上の100%とは意味が異るようで
100%と言えどもフォトショップ上では50%表示のサイズになってしまう。
200%にすればジャギーが出てくる。この点は残念。
また最初に開いたサムネール画面に戻るためには拡大画面を閉じないかぎり戻れない。
フォトのつばさのように同時に二つの画面を行き来できない点はチョット辛い。
とは言え、現時点でmacでスイスイと動き、使えるブラウザはこれだけか?
  (つい先日まで知らなかった割りには大口を叩いているかも・・・・笑)
Appleが発表したApertureはかなりのマシンパワーを必要とするらしいので現時点では無視。
私は未だにデモ版のPhoto  Mechanicを動かしているけれど、期限が来れば取りあえず購入しようかと思っている。
ベタは既に何度も使っていて、CS2で作るよりも圧倒的に快適。
先日の裏技設定で無事にプリントしている。

追伸:フォトのつばさの陳さん、応援してますからね。慌てず・・でも急いでmac版作って下さいね。

2005/10/25 六本木 F810

 2005/10/25 Finepix F810の解像力。

300万画素

600万画素

昨日もFainepix F810の写真と話は載せましたが
万札テストをして見ましたのでアップします。
感度設定はISO100。
絞りは開放、焦点距離は35換算50mmあたりか。
データは等倍表示です。ハニカムですから等倍は避けるべきですが
300万画素では等倍でも全く問題ありません。
600万画素以上では50%表示が目安でしょうか。
1200万画素はオマケと考えるべきでしょう。

因みにこの写真は1200万画素を300万画素まで縮小したもの。
上の300万画素と同じですよね。

1200万画素

左は1200万画素から600万画素相当までフォトショップで縮小したもの。
これは立派でしょう。
上の初めから600万画素で撮影したものと比較してもかなりの解像度です。
600万画素クラス一眼デジカメに引けを取っていません。
コンデジ侮れず・・なのか
F810恐ろし・・・なのか微妙ではありますが立派であることに変わりは
ありません。

wideとノーマルの切り替えスイッチは意味なし。
このスイッチがRAWとJPGの切り替えだったらイイのにねえ。

追伸:改めて300万画素画像をチェックしましたが凄いですね。
ヒョットするとF810は300万画素が一番面白いのかもしない。
1200万画素までを謳っているので300万画素も画質が良いというべきか。
maxが300万画素ならここまでの解像力は絶対に無いと断言できる。
WEBでの使用が前提なら300万画素でも大きいくらいだし。
とんでもない数の写真を撮ることも可能。
300万画素でなければRAWか1200万画素を600万画素まで
縮小する。
でも・・そこまでするなら一眼デジの方が良さそう?
あとは被写界深度とノイズの問題ですね。
オマケにもう一つ。左はキヤノンPowershot S60。
こちらも既に製造中止になってますが販売時期はイイ勝負でしょう。
1/1.8インチCCD600万画素。
キヤノンらしいアッサリ目の色味ですね。(笑
参考までに載せておきます。
尚、アッサリ目はレベル補正やトーンカーブをチョット触るだけで
左のように補正できます。
また、もっとメリハリのある設定も可能でしょう。たぶん。
F810はクローム設定になっていたので強調されていたかもしれませんね。
 2005/10/25 急に重く感じるカメラバック。
昨日もいつものようにカメラバッグとストロボバッグを肩に下げて出掛けた。
ところが、掛けた瞬間から何か重いのだ。
体力の低下? 気力の低下?
撮影終了後、スタジオに戻ってそれぞれの重さを量ってみた。
ストロボバッグ5.5kg カメラバッグ 6kg
一年ほどの間に荷物が増えているのか僅かに重くなっているようだ。
でも基本は変わっていない。
【カメラバッグ】
EOS1D2ボディ1台、EF16−35L/2.8 EF28/1.8 
EF50/1.4 EF85/1.8 接写リング
アングルファインダー、予備バッテリー、ニッスイ予備8本
LEDライト(surefire L4)CR123A 予備バッテリー
ブロアー、レリーズ、CFカード、
EPSON P-2000、予備バッテリー

【ストロボバッグ】
580EX2台、スリック小型三脚兼ストロボスタンド 延長センターポール2本
アンブレラx1、ST-E2、2CR5予備バッテリー
オフシューケーブル2本、パーマセル白、黒、
コットン白布1m角、自由雲台
これで簡単な撮影は殆どこなせる。
同業者からは軽装ですねと言われるけれど、これでも12k近い重量だ。
二つのバッグの重量のバランスがとれている点は救いか。
電車移動を考えるとパワーブックは無理だよね。この年だし。

2004年の8月以前はEOS10Dで仕事をしていた私が
1D2を使い初めてまだ1年チョットだったことは驚き。
もう随分長いこと使っているような気がする。
10D時代はそのスペックからjpgでの撮影が殆どでしたが、今は半々まで進歩。
1D系の45点測距は慣れると手放せません。
また、x1.3という画角も丁度扱いやすい。
5Dも軽くて良いけれど、そこを考えると飛びつけない。
イヤ、5Dも良いボディですけどね。

追伸:数日前オギサクに5Dボディが何台かあったそうですよ。
お探しの方は連絡してみては?

 2005/10/24 福岡のO氏から、RGBカメレオンライトセーバーのメール。

新藤さま こんばんは。
福岡 O です。
私も四谷のイトウさまに習って「カメレオン」LEDライトセーバーを作ってみました。
三色LED(PARA/EP204K-35G1R1B1−CA)を10個連結。
(当初はLED5個で作成したのですが、色ムラが出たのでLEDの間隔を狭めて増設)
バッテリーは「CR123A」を2コ。
消費電流は「1.05A」・・・・・。
先日の測定方法でチェックすると、色温度が何と「24900K」!!
(どんな色??) 照度は「1580Lux」。
単体露出計で測定すると「ISO 100 1/4秒 f 16」程度。
 
 制御を何もしていませんでしたが、余りに酷いのでダイアル付
ポテンションメーターをつけまして何とか「5800K」位になりましたが1Ω単位でシビアに変化します。
(固定制御抵抗は別にあります)
ポテンションメーター(2W)は R 200Ω G・Bは 100Ωを使用
しましたが、これの半分ぐらいの抵抗のほうが微調整がやり易いと思いますが、残念ながら部品がありません。
また、ポテンションメーターだけでは制御しにくいので、RGBそれぞれにトグルスイッチも追加。
例によって「ACアダプター」も使用できるようにしています。
 形状はCCFL2号機と同じですが、2号機よりも少しスリムにしています。
色を撮影した画像を添付します。
RGBはマアマアですが、CMYが何か変。
-------------------------------------------------------
四谷のイトウさま、撮影された作品はHPで公表されていますが
「三色LEDライトセーバー」は公開されていない様子。
私も見習って非公開にします(笑)
先ずは、新藤さまにご報告まで。
新藤さまに、「何か撮影した画像を送れ」と言われそうな気がします。
では。
管理人:ついに3台目?ですね。しかもカメレオンタイプ!
美しいですね。これだけでも作品になりそうな・・・
RGBは全く問題無さそうですね。
Cは然程問題無いと思います。Mはブルーが勝ち過ぎですか?
YはRを下げて露出を上げればOK??
またLEDからディフューザーまでの距離が近すぎるのか?
或いはディフューザーが薄すぎるのか・・・
均等にこだわる必要は無いかも知れませんが、惜しいですね。
まあ、他人がとやかく言うことは楽です。(楽しみでもありますが・・・笑)
問題はそのコントロールですね。
ジョイスティックのようなものでRGB、CMYKをコントロールできると便利ですが
難しそうですね。

そうそう、勿論このライトを使用した作品もお願いしますね。では。

初めの5枚は日曜日の玉川上水辺り。

CS2で歪みを若干補正しました。32.5mm側。
F810と言えば富士Finepix。
これも短期で滞在中です。
1/1.7インチハニカムCCD630万画素(最大1230万画素)デジカメです。
  ハニカムCCDにはSRとHRタイプがあり、810は解像力重視HRです。
  ハニカムの特徴として等倍での鑑賞は避けなければいけません。
  50%までが宜しいようです。
  残念ながら2005年7月製造終了いたしました。
詳しいスペックは富士フィルムのサイトをごらん頂くとして
解像力は物凄いですね。驚きました。
万札テストで襟の模様まで写し取ったのはコンデジでは未経験。
1230万画素でのテストでは600万画素一眼デジと同等の解像力。
周辺部のピンでは優っていたくらいです。
起動も速い。フルマニュアルも選べRAWも選べる。
広角側32.5mmはチョット嬉しい。(4倍ズーム)てんこ盛りの機能です。
問題点はないわけではありません。
電池容量が小さい。広角以外ではマクロが使えない。XDピクチャーカード。
画素数の切り替えとRAWの切り替え設定が異なるメニュー、ボタンに割り振られていて
使いづらい。
AWBの効きはヤヤ微妙? ポジフィルムに結構近いか?
液晶の色実はヤヤ青い。拡大再生が遅い。
メディアのフォーマットに時間がかかる。
コンデジ全般に言えることでしょうが、環境光が暗くなるとノイズが目立ってくる・・・
話は変わる。 朝日新聞日曜朝刊によれば、公共料金納付のコンビニ利用者が 銀行利用者と方を並べ金額では4兆円を超えたと報じた。 私のその口の一人だ。 可能なものはコンビニで支払うようにしている。 考えてみれば不思議なことが多すぎる。 銀行の窓口では何をするにも伝票への記入が避けられない。 伝票はあちらの都合で存在するわけで、客にその記入を求めることは本末転倒。 整理券を引かせ、伝票に記入させ、金を持って窓口に進む。 最近は多少改善されたようだが、月末など酷い店では30分も待たされることがあった。 しかも多くの銀行は窓口が3時でクローズ。 サービスという基本精神を忘れている。   ネットバンクや一部の銀行では多少改善されて入るが・・・振り込み手数料のあのフンダクリも許せない。 オット、先日反省したばかりなのに・・・噛みついている自分を発見。 話はここまで。(笑
【瞳の色】このキーワードでググルと面白い。 東北地方には瞳の色がブルーやグリーンの方が存在するらしい。 ここ数年遺伝子的な調査でもDNAレベルで白人系の因子を持つ方がいるらしいとは 聞いていましたが、それは瞳の色にも出ているわけですね。 残念ながら、私はお目にかかったことはありませんが、一体そこにはどんな歴史が潜んでいるのでしょうか? 同じ日本に住みながら東北地方の青い目の方は、どんな色彩感覚を持っているのでしょうか? 何であれ、つい自分を基準にして物事を判断しがちですが それは横暴、あるいは危険なことかもしれません。 色に限らず、視野は広く持ちたいものですね。
先日シリコンシーラントで埋め殺してしまった苦渋年式のサンルーフ。 施行方法に問題があったのか、効果はイマイチ・・・ イヤ、悪化したかもしれない。 想像しただけで気が滅入りますね。トホホ。
9/29に書いたソニー15分急速充電器。 幸いなことに?快調です。 売り場で更に観察しますとパナソニックであるとか似たような商品はあるようですが 実質充電時間はソニーが一番のように見受けられました。 ボチボチひと月ですが、無事に充電されている様で 今までよりも580EXで使用時に電池の交換回数が減少しました。 つまりは正しく充電されている証しですね。    逆に言えばそれまで使用していた富士フィルム製が一部破損していて    4本中1本が充電されずに、使用不可能或いは短時間で使用不可能になったという証しでもありますが・・・ 2005/09/28 ニッスイ15分急速充電器 ソニーBCG-34HUE。
 2005/10/22 X氏のコンデジ遍歴。
       
 新藤さんこんにちわぁ〜
        メールどうもです、いまコンデジ病とのこと、なんとなくわかるわかる!

        ご質問の件送りますネ。

        まずはコンデジの件ですが、過去何台購入したのでしょうか?もう、不明です。
        と言ってもココ9年間(と、言ってますがもっと以前からかも?)で20数台?ですからそんなに多くないと思いますよ。
        ただし今年は既に6台ですから突出してますネ。でも既に4台売却(アハハ)。

        では、正直に書きますね! 一応CANONのQ?picはフロッピーカメラと考えてそれ以降で話しますね。

FUJI  製品には良い思い出がありません、購入した製品全部壊れました。数機種(4〜5台?)とも購入1ヶ月以内で。
       ただし黎明期ですからしょうがない。いわゆるスマートメディアの時代ですから、一時F401系統が世間でいいと言う時期あったけど、
       見向きもしませんでした。それ以来FUJIの購入実績無しです。今でも最初の印象は続くものですネ。あのXDピクチュアーメモリー
       イヤン!です。

KODAK  機種名不明ですWEBで探せばわかるでしょうけど、今更ねぇ〜 例のカメムシみたいな形のものです、ファームUP出来る
       機種でしたがイカンセン、ブチャイク過ぎて、人前にはなかなか出せませんでしたねぇ〜。あの大きさってコンデジと呼べるのかな? 

サンヨー  もう8〜9年前でしょうか?もうわかりません、愛称は確かマルチーズ85万画素機当時動画撮れる数少ない機種でした。
   面白いのが、付属ソフトなんとアグファー製で輪郭補正込みで135万画素に変換するシロモノでした。液晶も2インチこれ一台のみです。

CANON   多分購入機種が一番多いと思います。現在全部処分してありませんが、IXY320のレンズが良かったですネ、
  「いわゆる濡れるレンズでした」薄暮(夕暮れ時)のボケ味が好きでした。なだらかなグラデーションが素敵なレンズでした。
   パワーショット系は全く購入無しです。G系統も購入実績ありません。友人のを借りて「フ〜ン?」って感じを思い出しました。
   IXY55結構手になじむので欲しかったのですが、レンズを囲むギザギザの輪あるでしょ!店頭で既にメッキが剥がれてた(涙)。
 
SONY    ナイトショット付きのV1という機種でした、過去のコンデジの中でピンが最高にイイ機種でした。色・コクもあり甚だ綺麗
      メモリースティックと専用リチウムがネックでした。ソニーはこの機種のみ。

RICOH G4WIDE(328万画素)のみです。意外とGXやGX8買ってないです。(フィルム時代のGR?1sまだ処分してませんヨ)
      (7月新宿で買おうと(GX8)としたら、あの書き込みの遅さ一瞬に買う気が失せましたし、あのノイズ夕方、既にダメ!)

オリンパス&コニミノ&京セラ&PENTAX 全く購入無し。

NIKON 新藤氏とお付き合いが始まった記念的クールピクス5000当然ニコンに返品返金でございません。ニコンはこれのみ。
      ついにあの問題!表に出ませんでした(謎)ねぇ〜当時はRAWの連写する人少なかったのでしょうか(謎2)

CASIO QV10が初めてじゃなく、QV-100が初めての機種、当時QV-10 QVー10A QVー100が陳列してあり
       見得を切って最新の(当時ですよ)QV-100を買っちゃったのです。

      現在手元にあるコンデジ君は、QV-R61とEX-P600の2台のみです。 


      私のコンデジのイメージではRICOHなのですが・・・・・何かチガウ。

      現在欲しいのは、パナの9:16が撮れる機種、でも何だか一ヶ月で飽きそうですネ。
      次に欲しいのはペンタの防水の機種です、欲しい気持ちで購入しても、なにか使わないような気がします。
      (なら、欲しがるな!って言われそう)

      RICOH GRデジは購入は多分しないでしょう。
      
      実売でGX8 3万円 GX1,8万円になったら考えようかなとも・・・(まだ未練があるのか??)
      現在GX8 3.8万 GX2.5万が実売価格ですね。
      で結局購入し、やはり書き込みの遅さとノイズが嫌になり売り払う運命か?(なら、買うな!かな)

      こんなに飽きっぽい私が残す程のCASIOの2機種のなかでも、

      個人的にはQV-R61とっても気に入ってます。(今のところ私のベストかなってとこです、意外かな?)
      この2機種、まことにブチャイクなんですが、具合が良い!

      でもね、購入の際、4回交換しましたよ(笑) 1回目ズームレバー完全固定不動(駅前)状態(2日目でOUT!)
      2機種目、ズーム不能(1日目)3機種目、電池(ニッケル水素)単三2本仕様で電池が抜けない(笑)症状
      店頭で確認。販売店店長も笑うおまけ付き。現在使用中のものは4台目。

      
      コンデジ君も好きですが、入門用の軽量一眼デジ好きですよ! だって軽いもの!
      現在軽量機ではキスデジ刹那君がお出かけの友です。(購入後3ヶ月ちょいで、またまた飽きちゃった。)

      とにかくバッテリーの持ちの悪さには平行(閉口)四辺形!グリップ付けて2個挿入しても3時間くらい!しかもたない!
      夕方になると焦点合致して合致ランプ点いても、シャッター切ろうか止めようかカメラが迷う?(謎)
      ファインダー正直どこにピン来てるか判らない、マニュアルでピント合わせると7割の確率でハズレル!(いや8割以上か?)
      ロシアンレンズ等で困惑(合わせられない)露出補正ボタン下の、ボタンの位置の悪さ致命傷!いつの間にかその下のボタンに触れてて、
      シャッター切ったら、セルフが作動・・・・Oh OUT!

      そのような機種わかってて先代に引き続き購入するのが悪いんじゃん! (そんなこと言わないで〜ぇ。) 先代はキュッキュッ君で
      今回は購入当時から短いつき合いだろうと思い命名は「刹那君」。言葉通りに刹那かな。

      あとはD70、これはイイ機種です(突然死するようですが!)液晶の青さとAWBの偏り、ファインダー見にくい、JPGの連写コマ数が
      公称通りとは思えない、等(アレ?結構不満あるじゃん!)

      ペンタ・コニミノは何か肌が合わない感じで敬遠です。オリンパスE-300 オリンパスのカメムシ君ですねどうも購入意欲が
      わきませんでしたネ。多分E?500も購入しないのではと予測しています

      そうそう、パッコン10D(EOS10Dの別名・購入後2週間でミラーがミラーBOX内でパコンと落下事故)ですがついに、引退させましたよ!
      つなぎに何を購入するかのお楽しみの最中です。エッ!5D 今のところ様子伺いです。多分1DMK2Nかな?

      それより、来年4月1日発売?のニコンのフルサイズ1号機まで待ちますか。またまた来年の秋口??のフルサイズ???キスデジを買ってたりして。

      この頃、不謹慎にもこのようなことを想像しています、
      「木造の3階建ての古びた地方の湯治温泉旅館に女性と2人で投宿し、朝日が昇る前の青の帳のなかから布団から出ずに
      雪見障子より、川面に浮かぶ石の上に積もる雪を眺めるような旅をするときに似合うコンデジは?」
      う〜〜ん悩みます。ペンタの黒シボ皮張り機種かな?
      
      新藤さんはどうですか、このような状況設定の時に持参するコンデジは?

      ではまた、楽しいHPを心待ちにしております。
管理人:X氏の並外れたコンデジ遍歴に着目し、是非にとお願いして書いていただきました。
二十数台も体験された方には滅多にお目にかかれないのではないでしょうか?
メーカにより或いは機種により一長一短ではありますが、体験者のみが知る意外な真実?
これは私だけではなく、コンデジを物色している方に某かの有意義な一つの情報ではないかと思います。
その結果手元に残っている機種は・・カシオが2台・・・ですか?!!
私も自宅にはQV-R51、ありますが、確かに不思議と良く出来ています。
  AWBはチョット問題がありますけどね。
最後の質問ですが・・・万が一この様な状況に置かれた場合(ありえないとは思いますが)・・・
さて、コンデジは何にしましょう。
ウ〜ン、初代ixyLの黒。こんなでどうです?(所有はしていませんが)
Xさん、詳細な報告有り難うございました。
追伸:カメラは当たり外れもあります。また、進歩も大変に速いために
数年前の機種で判断することはフェアでない場合もありえます。
飽く迄も参考として、或いは放言として楽しんで下さい。
(お願いして書いていただいたのに放言は無いですね、失礼しました。)
 2005/10/21 3840x2400液晶モニターですか!!
私は以前よりこんなディスプレイを使っています。
多分、新藤さんならご興味があるかと思いまして。。。飯山製のQUXGA液晶で、3840
X 2400という解像度で、一千万画素級の写真を一対一で表示してくれます。写真は、
失礼ながら新藤さんのページを左に、右にOutlookのメールを表示させ、手持ちなの
でブレブレですが。。。一枚の液晶のようですが、実際は4枚のUXGAパネルを張り合
わせて製造しているようです(でも勿論境目は全く見えませんが、念のため)。従っ
て、半導体の修正をしているような作業で、歩留まりは極端に悪く、高価。イイヤマ
ももう採算が悪いので製造を中止したとか???マウスを動かして端から端へ行くの
が大変です(笑い)。もともとは医療用として開発されたものを私はPhotoshop用に2
台購入。これを使った後に普通の液晶画面を見ると、視野があまりにも狭いのにびっ
くりしてしまいます。発色も医療用ということで頗る素晴らしいです。勿論、グラフ
ィックスカードも選びます。エルザのFX1000以上でないと使えません。私はFX3000を
使用中。写真の腕が表示装置を泣かせてます、はい。

管理人:これは凄い!!! 噂には聞いていましたが・・・・
実際に使用されている方が身近にいたことに吃驚!!
3840x2400ですか! フォ〜〜ですね。
シネマディスプレーの30インチでもスゲ〜ナンテ思うのに、つまり・・・何インチ?
しかも、2台ですか!!! ヒョエ〜。
つまり、23インチシネマディスプレーを4台繋いだサイズ!!??
上の写真で見るかぎりツナギ目も全くわかりませんし、色味のバラツキも無いようですね。
一度は触ってみたいですね。首が疲れそう・・・目が回る??
でも何か、新らしい技が使えそうですね。
この大きさのサイズが10万円になるのはいつの日なんでしょう??
一見の価値有りですね。有り難うございました。
あまりの驚きに、承諾も得ずにアップしてしまいました。すいません。
(って言う割りには、ショッチュウ事後承諾なんですけどね。笑)
取りあえず、名前は名前はまだ伏せておきますね。

とある日の来訪者のモニター解像度リスト。マジ凄いね。
 2005/10/20 湯浅さんと【うみぞー】さんからのメール。
ドライバが日本語版と英語版の2個入ってしまっているためです。
僕もエプソンを使っていたときはコレで参ったことがあります。
いつ、自分で入れたのか?あまり覚えがない状態で、ホントいつの間にという感じでした。

解決法はPrinterSetupUtilityで英語版の方のドライバをリストから削除することで立ち上がらなくなると思います。
英語版かどうかの判別が着きにくいのですが、リスト に二つ同じ名前が並んでいますので
それの上の方からでフォルト指定してみて、その 後プリントを指定、英語版になるようでしたらそれが英語版ですので、
再度リストに 戻って今度は削除を指定するというやり方で日本語版のみ残していきます。
日本語版と英語版のドライバは同一機種でも同じではありません。
というか、同一機 種ではないと言うべきです。
型番が微妙に違っていて、外見上は同じでも、メーカー 的には「違う機種」というものです。
ドライバもそれに合わせて、というか、その国 の事情に合わせてあるようです。
好みに合わせてあるという見方もあります。
ちなみに、CDからのドライバ再インストでもこの現象は直りません。
システムを完全 に入れ替えるしか完全消去は難しいですね。
以前何度かコレが原因でシステムを入れ 替えたことがあります。
それとPhotoMechanicの件ですが、プリンターセッティング、大変参考になりました。
 僕の場合、セレクトにしか使っていなくて、コンタクトシートはフォトショップ一本 槍だったので、、、
今後も参考に致しますので、がんばって更新してください。
それでは。

Photographer Tats Yuasa
管理人:湯浅さん、先人の知恵有り難うございます。
私もEPSON  USAのサイトを覗いてみて愕然としました。
日本での機種名と全く異っているではありませんか!
色の道はこれほどまでに遠いものなのでしょうか??
新藤さま、

ハロウィンを目の前に、短い秋のその最盛期を迎えているニューヨークです。
お久しぶりです、お元気でいらっしゃいますでしょうか?
毎日、スタジオで、もしくは自宅で、新藤さまの仕事場を興味深く拝見させていただいております。
さて、今日、お便りしておりますのは、Epsonのドライバーのサポートの件でちょっと思うところがありましたので、
僕の感覚的な感想も含めて、ちょっと書いてみたいと思います。
Epsonは、日本と米国では違う商品名で同じプリンターを販売しています。
たとえば、日本では、MAXART PX-6500が、米国では Stylus Pro 4800とゆうような感じです。
で、これはもう6年も前の古い経験なんですが、その当時のEpsonの写真品質のプリンターを買ったのですが、
これに添付されてたドライバーはもちろん英語バージョンなんですが、
日本語OSと英語ドラバーのマッチングが良くなかったのが、Epsonドライバーがところどころ文字化けしてしまって、
ちょっと使いにくかったので、日本のEpsonのサイトから、同じ機種(もちろろん名前は違う)のドラバーをダウンロードして、使ってみたんですが、
いくつかのトラブル、(認識しているプリンターの名前が違うとか、インクを純正だと判断できなかったり)をクリアして、
ようやく、プリントできるようになったのですが、プリントアウトされた写真をみると、どうも色味が、英語ドライバーのプリントと違ってるんですね、
気になって、何枚か違う写真をプリントしてくらべてみると、やはり違ってて、Epson USAのサポートに問い合わせしてみたら、
案の定、他国 使用のプリンターはサポートしてないとゆうことで、一切の話を聞いてもらえませんでした。

ここからは、僕が普段感じてることなんですが、どうも我々(日本人)と米国人では色の見え方(感じ方?)が違っているのではないかと思うのです。
日本人(黄色人種)と白人、そして黒人、それぞれに光の強さ(明るさ)や色の感じかたは結構違ってるような気がするのです。
肌の色とゆうよりも、瞳の色(とゆうか濃さ?)によって、同じものをみても、
それに対する感じ方が明らかに違ってる、といいいかえたほうが適切かもしれません。
詳しく書き出すと、あまりにも長くなるので、端折りますが、普段の僕の撮影では、
フォトグラファーである僕がアジア人で、モデルが白人、アートディレクターが黒人なんて組み合わせは、あたりまえのようにあるわけで、
そうすると、やっぱり光に対する感じ方がそれぞれ違うなと思うことがしばしばあります。
ひょっとしたら、Epsonはそのあたりを加味して、日本人が好む色の設定を、日本使用のドラバーで設定していて、
アメリカには、また違った使用のドライバーを、同じプリンターでありながら、提供しているのではないかと思ったりしています。
たとえば、FujiとKodakaのフィルムでは、肌の色に関する表現のしかたが違っていたように、プリンターなんかも同じようなものがあるのかもしれません。
ちなみに、Canonのプリンターに関しては、日本もアメリカも、言語が違うだけで、同じ内容のドライバーなんだそうです。

めったにメイルを書かないのに、書き始めると不必要に長くなるのは、僕の悪い癖なんですが、長くなりついでに、もうちょっとだけ・・・
LEDライト・セーバー、仕事で使っております!
先日、クライアント立会いのもとで、腕時計とジュエリィの本番撮影に使ったんですが、アートディレクターがたまげておりました。
ついでに、そのときに、レギュラーのアシスタントが忙しかったため、フリーランスのアシスタントに来てもらったのですが、
彼が、この撮影のことを、友人のアシスタント仲間に話したらしく、後日問い合わせがあって、実物と実演をみたいとゆうことで、僕のスタジオにきてもらったのですが、
その撮影結果をみた、将来スティル・ライフ・フォトグラファーを目指す大柄な(1m90cmはあろうか)彼は、ヒジョーに興奮して、
なんてゆうブランドのライトなんだ?セーバーの中身はどうなってるんだ?
オレにも作れるか?と矢継ぎ早に質問を浴びせてきてたので、ひょっとしたら今頃はアメリカ人初?のLEDライトセーバー使いになってるかもしれません。
それにこっちでは、フリーランスのアシスタントがいろんなフォトグラファーのスタジオで仕事をしているので、
来年くらいには、LEDライトセーバーがムーヴメントになっているかもしれません!!
いやー、いい商品?を紹介していただきました。
も特に腕時計とかジュエリィなんかの光モノなんかだと、後のリタッチ作業がほんとに簡単になります。
この忙しい時期、レタッチ作業の時間がなかなかとりにくいので、かなり助かってます。
伊藤さんとお会いすることがあったら、ニューヨークでも、LEDライトセーバー流行ってますよ、とお伝えしておいていただけますでしょうか。。。
(僕個人としては、伊藤さんのこと存じ上げないものですから・・・)

さて、あまりにも長くなってしまいましたので、今回はこのあたりにしておいたほうが、いいかもしれませんね。
あ、imaconのFlexTight、ぜひOS-X機にフックアップして使いましょう!

あと、OS-Xといえば、今日、新しいG5が発表されましたね。2つのデユアルコアCPUですか、なんだかなぁーとゆう感じでしょうか・・・
個人的にはApertureにコーフンしております。リリースされた瞬間に手に入れることでしょう(断言!)
ただ、Appleのサイトのデモだと、ハッセルブラッドにPhaseOneのディジタルバックをつけて撮影してるようですが、
サポート機種には、いわゆるディジタル・バックは一つも書いてないのですが、はたして真実はいかに!

それでは、ながながと失礼しました。
あ、12月には、休暇を兼ねて日本への帰国を考えております。
その節には、また、おじゃまさせていただけますでしょうか?

それでは。。。


うみぞー
管理人:NYのうみぞーさんからのメールでした。
EPSONは日米のドライバーが異なりキヤノンは同一という点は面白いですね。
また、瞳の色で異る色を見ている可能性があるという件も興味深いものです。

新しいmacと同時に発表されたApertureというアップル製のソフト。
特にApertureは詳細は不明ですが、カメラマンならばかなり興味を引かれるソフトですね。
499ドル、日本のサイトにはまだ上がってませんが、要注意です。

ついにNYでもLEDライトセーバー旋風が吹き荒れるのか!!!
これは楽しみですね。

12月に帰国されるなら、是非声を掛けて下さい。伊藤さんにも連絡をしておきます。

昨日は理不尽なことに過剰反応してしまい、ヒンシュクをかってしまいました。(笑
まあ、世の中的にはそんなことは山のようにあるはずで、いちいち反応していると身体が幾つあっても足りません。
そんなわけで今日は気持ちを入れ替え行きませう。

エプソンのサポート嬢は、風邪気味で気分がすぐれなかっただけだったのでしょう。
ドライバーは国民性を考え抜かれて作られたものなのです。多分。

キャノンの修理センターは私の20Dにニコンのストラップが付いているのを見て
微かな反感を持っただけかもしれません。
或いは、忙しくてたった一度のピントチェックだけでOKしてしまったのかもしれません。

たまたま、二つの出来事が重なっただけ。
冷静に冷静に・・・
	10/21 カミーユさんからもメール頂きました。
こんにちは HP拝見させていただきました。
プリンタもそうですが、フィルムもそうですよ(この場合は現像所の違い)だから理
解されている上
での発言だと思っていました(^^;
kodak社のフィルムですが米国向け(日本向けは米国仕様です)と欧州向けで同じ
フィルムで
ありながら求められる色が違いますので、まったく違う発色をしますし、米国内のプ
ロラボと国内
のプロラボでは発色が違います、だから途中のトラブルを避ける為に現像をするとか
ありますが
発色が違うので意味無いんですよねぇ(^^;
色にまつわる物については指向地に合わせてある、というのが実情ですね、色は万国
共通だけ
れども欲する色は各国違います。
PhotoshopでCMYKで設定する色を変えてみると、理解できますよ。
だから、国内向けのカタログ撮影と米国向けのカタログ撮影で、色を変えなければい
けないの
で手間なんですよねぇ(^^;

日本人、欧米人、好む色 この先、仕事で接することもあるかと思いますので、一度
ネットで
お調べになることをお勧めしますよ(^^;
http://www.watsonkun.com/shujunsha/barrierfree1-9.html
http://www.linkclub.or.jp/~yes/no/ess/e11.html
管理人:私の無知をまたさらけ出してしまった訳ですね。(笑
こんな風に指摘をして下さる方が周りにいる私は幸せ者ですね。
多いに助かりました。
皆様、これからもおさがわせする事があるやも知れませんが、フォローお願いいたしますね。



    
 2005/10/19 ヲイヲイ・・EPSONってば。ついでにキヤノンモナー。
昨日は雨のために撮影中止・・・・
ラッキーとばかりに先ず四谷に行きました。
月例にも参加されているdojou7さん(玉内さん)の写真展です。 
  モノクロの美しいプリントが展示されていましたが、驚くべきことにその殆どはプリンター出力。
  写真としての魅力も十分、これは間違いなく美しい上質な写真です。
  突然の打ち合わせが入ってしまい、オープニングパーティに出席できなかったことは残念。
四谷のあとは、銀座。CPSでピント調整済みのボディの引き取りです。
  20Dはピントに問題なしで戻ってきましたが・・・ホント大丈夫?? 心配。
  1Ds2は無事に?ピント調整済みと書かれていました。
  替わりに1D2をピント調整に出したのでした。
  戻ってきたボディ達の検証はこれからです。

話は変わって、今日の話題です。
Photo Mechanicのコンタクトの件でエプソンに電話してみたのです。
プリント時にUS版プリンタードライバーが立ち上がってしまい
CMSの様子が日本版と異なり正しいプリントが出来ない事を告げたのです。
電話口のサポートの女性曰く
  US版のソフトのことには答えられません。
  US版のドライバーのことについてはUS現地法人にお聞き下さい。
  CDからドライバーを再インストールしてみて下さい。
はあ? もし現地に聞けば・・それは日本版プリンターですから日本でお聞き下さい。
になるんじゃないの??
更に追及すると、日本版とUS版とではプリンターやドライバーが同一機種でも微妙に異るというではありませんか。
マジですか??
そりゃエプソンは日本でこそメジャーですがUSではhpが優勢と聞き及びますので、仕方ないのかも知れませんが
デジタルというものは世界共通でなければ意味がないでしょ。
もしそれが事実なら、エプソンだめじゃん。
今までエプソンのサポートには好印象を持っていただけにチョットガッカリ。
  直ぐにダウンロードして検証してみます。
どうしてこの一言がでないのかなあ。

ヒョッとして日本は世界の異端児なの? 言語的にはそうかもしれないけれど
コンピュータの世界までそうなんだとしたらヤダネ。
神国日本の国民的には、神頼みが残された唯一の道なんでしょうか??(笑

ここは矢張り陳さんに頑張ってもらって、一日も速くフォトのつばさmac版を完成してもらうしかないか・・・

追伸:PM14:00 戻ってきた2台のボディのピントテストしてみました。
EOS1Ds2は惚れ惚れとするくらいのピント精度を回復していました。メデタシ。
でも・・・ピント調整の必要なしで戻ってきたEOS20D・・・
どこ見てんのよ!!(青木さやか調で皆さんご一緒に!)
ったくもう・・・今日は厄日か。
って訳で再入院です。代替えで1D2を出してもらうことになりました。

ところで、ピント調整は昨日の受付氏によれば
10m先のチャートで2cm刻みでピント状態をチェックしている 。
とのことでしたが、これってホント?
10m先で2cm刻みなら全身でもピント外さんでしょ。マジですか。
 2005/10/18 Photo  Mechanic  VS フォトのつばさ
昨日最後に紹介したPhoto Mechanic
元は電塾で紹介されたソフトらしいのですが、こちらはmac版とwin版の両方があります。
20日間無料のデモ版もダウンロードできます。
早速テストしてみましたので報告です。
スピードや使い勝手はフォトのつばさが優っているでしょう。
しかしながらPhoto Mechanicも健闘しています。
mac版が存在することだけでも価値があります。
更にCMSに対応していること、ヒストグラムも付いていること・・・です。
とは言え、つばさも年内には対応してくれるはずですし
バージョンアップも今までは無料でしたのでwin機の方は迷わずつばさが良いでしょう。
  新しいバージョンまで待たずに、さっさと使用することがお薦めですね。

     一覧画面での表示をつばさのSML3段階表示と比較してみると
     Photo MechanicはPHOTOGRID程の自由度はないものの
     モニター上でサービスサイズほどまで拡大表示できる点は相当評価できます。
     この機能はつばさにも是非欲しいです!

問題はmac版です。リリースまでの一年は長いですね。
ツナギでPhoto Mechanicはありです。
  因みに代金は150ドル。
また、コンタクトプリント時のCMSの具合が微妙に日本のドライバーとは異なり
最良の設定がまだ見つかっていません。
  次第に近づきつつはありますが、見つかりましたら報告しますね。
macユーザーの方はどうぞテストしてみて下さい。

追伸:陳さん! 早くmac版だして下さいね!
新藤修一さま
 ご無沙汰しています。
私もレキサーを買った時に付いてきたお試し版を使い気に入りましたので、製品版を買いました。
当時はレキサージャパンのネット通販で取り扱っていました。
新藤さんがホームページで書いておられるように
サムネールプリントしたとき、モニターと色があいにくいですね。
私は添付したスクリーンショットのようなセッティングで使っています。
Color match to:にパルスカラーエリートで作った用紙プロファイルを選びます。
Output onlyのチェックは外したほうが色が合うようです。
プリンターはPX-5500です。プリンター側の色補正はなしです。
一度、テストしてみて下さい。
追伸
 「フォト翼」のユーザーから聞いた話ですが、キャッシュが
残っていれば表示は早いのですが、最初にファイルを読み込んだ時は時間がかかるそうです。
デモをするときはキャッシュのあるフォルダーを表示させているので、
早く感じるそうです。
Photo Mechanicもキャッシュが残っているフォルダーの表示は早いですよ。

           Web Site http://www.ymd.ne.jp/
管理人:10/18 神戸の山田哲也氏からのメールを紹介いたしました。
ナルホド、キャッシュですか。そこまでは気が付きませんでしたが・・・でも早かったですよ・・・。
Photo Mechanicのプリンタ設定ですが、今日辿り着いた一つの方法は
ペーパー設定はNo Color Matchingかi1で作ったプロファイル。
プリンタ設定が 下のような感じ。

ここでの肝はガンマが1.5 そしてAdobe RGBを設定したこと。
元データがAdobe RGBでないと意味が薄れることと
i1で作ったプロファイルが殆ど無意味・・・という噂はありますが
コンタクト程度ならまあ、良しとするかという諦め・・・なんですが・・・
  Preset:Photoーoffと言う部分は私が光沢紙用に付けた名前です。
  追伸:10/19 【フォトのつばさ】キャッシュの件について
開発者の陳さんから連絡を頂きました。
山田さんが指摘された【デモをするときはキャッシュのあるフォルダーを表示させているので、早く感じるそうです。】の件ですが、
  つばさはキャッシュを全く使用していません、但しOSが自動的にキャッシュすることはありますけど
との事でした。
また、つばさは凄いスピードで進歩しているようですのでバージョンの古いつばさの場合
RAW展開に時間がかかってしまったりしたことはあったようです。
個人的には【つばさ】は十分に信頼できるし、期待したいソフトですね。
真面目に真正面から取り組んでいる姿に心を打たれます。

ですが、mac版完成までのツナギにPhoto Mechanicを使う気持ちも理解して下さい。
違いの分かるプロ達は、mac版が完成したときには【つばさ】に戻るでしょう。
心配するには及びません。
私は、これからも陳さんの戦いを応援しますよ。
mac版の開発に私でお手伝いできるようなことがあれば、何時でも声を掛けて下さい。
 2005/10/17 【フォトのつばさ】で・・・あなたはぶっ飛ぶ!
【フォトのつばさ】はサクサク動くらしいと先日書きましたが
その予想は大きく裏切られたと言わざるを得ません。
何故? 
そのスピードは軽快感とかサクサクとか今までの形容詞では語れないほどの
ポテンシャルを参加者に見せつけたからです。
今回の開発者である陳さんが持参したマシンは、セレロンM 1.3GHz メモリー512M 
デルのマシンで廉価と言っても良いほどのノートPCです。
  そのマシンをしてこのスピード。
聞きしに勝るとは正に【フォトのつばさ】のための言葉ですね。
つばさはブラウザに特化したソフトで、RAW現像は出来ません。
飽く迄もセレクトのためにあるようなソフトです。
ですが、RAWデータも含めて圧倒的なスピードでサムネール一覧や
更に等倍表示まで行うことが出来る。
  D2Xや1Ds2の大量のRAWデータを扱う場合にはメモリーは多いほど良さそうです。
勿論等倍だけでなく好きなサイズで表示も出来ますし
このときのモアレの出来にくさも特筆モノでしょう。
  アプリでこれほど異るものとは存じませんでした。
そうそう、忘れてはイケナイ点がもう一つ。
JPGやRAWが開けることは当り前としてTIFF16ビットもOK
更にPSDファイルもOKです。
  レイヤー付きでも表示が可能です!!!
お望みならそのスピード感のままにコンタクトシートまで作成できます。
  嬉しいことにお好きなロゴまでコンタクトシートに入れ込むことも可能です。
  残念ながらCMSには未対応ですが、年内には対応するそうです?
  来月の次期バージョンではヒストグラム表示も追加されるようです。

例えば私の例で言えば、今まではAdobe Bridgeでセレクトしていました。
  PHOTOGRIDも時々使用していました。これも便利です。
・・・Bridgeも随分進歩したものだねえ・・・ナンテ思っていましたが
知らないということの愚かしさを痛切に感じましたね。
これなら起動項目に入れておきPCの立ち上げと同時につばさも起動させる・・・のも悪くないですね。
つばさのためにウインドーズ機に乗り換えた方がいるという話もオーバーではないという感じです。
  mac版も来年後半リリースする予定だそうです。
  どなたかバーチャルPC辺りでmac上で動かしてみた方はご連絡下さいね。(笑
     湯浅さんから、これはナンセンスだとの指摘がありました。

DPPやFVUを立ち上げEOSキャプチャーで撮影し、読み込まれたデータを
同時に立ち上げたつばさで瞬時にチェックすることも可能だったかな、確か。
このソフトのディスク占有スペースは僅か1M!!
CFに入れておきどこのPCでもその気になれば立ち上げ可能。
これは陳さんの努力の結晶ですね。
他メーカーには真似が出来ない。
つばさは陳さんが開発者でもあり社長でもあり営業でもある・・・信じられません!
  
あなたの探していたソフトはここにある。
恐らくこれ以上のスピードがあるブラウザは、これからも現れることは無いでしょう。
http://www.cimage.co.jp
こちらから50日間無料ダウンロードが可能ですので是非テストしてみて下さい。
購入しても僅かに5800円。これまた信じがたい。
  JPGデータだけを扱うのでしたら1800円です!!

  こんなソフトがエプソンのP-2000辺りに標準装備されれば天国になれるのに・・・
  エプソンさん、どうですか? プロは全員買いますよ・・多分。

いやあ〜一日経過してもショックから抜け出せないでいるトホホの新藤でした。
【フォトのつばさ】でぶっ飛んだのは・・・私ですね。(笑

下は今回参加してくれた方々です。
イヤア、今回はホント有意義でしたね。皆様有り難うございました。
下の写真を送ってくれた出版系のSさん(右下)有り難うございました。
後列中央が開発者の陳さんです。
アタシャ、もうすっかりファンになってしまいました。


追伸:PhotoMechanicと言うソフトがmac版であるそうです。かなり快適なスピードで動くようです。
これも湯浅さんからの情報でした。有り難うございました。
こちらのソフトもデモ版があるようですので、わたしもダウンロードしてみますね。
 2005/10/16 ライブビュー単焦点デジカメ、若しくはライブビュー一眼デジ。
写真家の新藤修一さんと電話で話をしていて、意見が一致したこと。それは、レンズ交換出来ないデジタルカメラが欲しいということだった。
つまり、現在考えられる最高性能の単体レンズ(開放f2.8以上 の明るいもの)に適当なボディをつけて、レンズに合わせて何種類か発 売する。
35mm換算、24mm 28mm 85mm などの単体レンズに適当な1000万画素程度のボディ付きカメラが欲し い。
85mmなどはある程度マクロにも対応していて欲しい。
三年 使ってボディが古くなったらボディのみ交換するシステムならなお良 い。
一眼レフである必要はなく、2.5インチ液晶によるライブビューでOK。
レトロフォーカスのレンズである必要もないし、単 体レンズなので、レンズの歪みや周辺光量の低下はボディ側で修正す る。
一人勝ちしているキヤノンに他のメーカーが対抗するにはこれしかないだろうと思う。
こういう物を定価12万ぐらいで出してくれれば欲しいと思う。それでも名機リコーGR1の倍の値段だ。 
管理人:山本耕司氏と先日電話で長話。その時の話題が氏のサイトにアップされている。
私も以前からそんな機種がでればいいのに・・・そう思っていたもので意気投合と言う訳です。
このコンセンプトに近い機種・・・矢張り意外に無い。
RD-1・・・・・ 悪くないけど、マニュアルフォーカスはチョット辛い。
Lumix LC1・・・ズームレンズになってしまいますが、かなり明るいレンズであることと
         欲張らないズーム比、シンプルでカメラらしいデザインは好感が持てます。
         液晶も2.5型。いいね。
         APS-C(LC1は2/3インチ)ならかなり高得点かな。歪みは不明だけど。
         これと得意の手ぶれ補正まで付いていれば、単焦点でなくても許し・・・ちゃおうかな。
         山本さん、どう?
追伸:自分で書いておきながらLC1って全く眼中にありませんでした。
気が付かなかったと言ってもいいかも知れません。
今度売り場で触ってみなくちゃ。
ところで・・・ソニーのズーム付き高画素EVF一眼(DSC-R1)今度でますよね。
まあ、ズーム比が高すぎるので今回の趣旨では相いれないものですが
光学ファインダーではなくEVFであることは、その液晶精度やスピード、再現力が大幅なアップ等で
正にデジカメの将来のスタイルを予感させると言えなくもありません。
光学ファインダーにしがみついているうちは、フィルムを引きずっている訳ですから・・・
コンパクト機では既に光学ファインダーと決別した機種が増えていますよね。
一眼タイプで主流がEVFになるには時間がかかると思いますが、何れそうなることでしょう。
その結果は、ペンタ部が不要になりますね。その分重量が軽くなります。
絞りや、深度がリアルタイムで確認できます。
色温度も露出もピントもそのまま確認できているわけです。
仕事で使えそうな機種がでるためには・・・まだ最低3年は必要?かな。
   ミノルタレンズが使用可能なレンズ交換式EVF一眼がソニー、コニカミノルタ両社から
   先ずは発売でしょうか?(手ぶれ補正付きでね)
 2005/10/14 コンパクトストロボ用ディフューザーの製作。その2
昨日に引き続き。挑戦してみたのがこれ、ルミクエスト風。 白いケント紙をカッターでいい加減に切り込みを入れ、3次元的な形になるようにしてみました。 写真左では良く見えないかも知れませんが、580付属のキャッチライト用の白レフプラ板が飛びだし、効果を高めています。 さて、撮影したものが右。 昨日のものと比較しますと、更に手軽いですが影が汚いですね。 背景の部分を比較すると良く分かると思います。   本家ルミクエストは使用したことが無いので、影がこんな風かは存じません。      色味が異ることはWBが昨日と迂闊にも異るためで大した意味がありません。 ストロボを直では使いたくない。 傘を立てれば機動性に難あり。 でもストロボは使いたい・・・ そんな場合に、この手のディフューザーは何か一つあると便利。 今日の午前の授業は、ここまで。
午後の授業を始めます。 昨日のAの反省から、Cを試してみました。   Bは午前の授業でテストしたものを拡げたところですね。 素材は厳密には不明ですが2m幅のアートレ?をカットしてAと同様に作ったものです。 透過率はAよりも優れていそうです。   右の写真は5000kにセットして撮影しました。 背景の影も予定通り素直です。 顎の下の影を見ると、昨日のAよりもクッキリとしていますが、この辺りは好みの範疇でしょうか。   で、これを実戦投入するのか・・・   ここが問題ですね。   取りあえずストロボバッグの中に忍ばせておくこととします。荷物にはなりませんからね。
エ〜、番外編です。上左・・・・折畳み不可。 上右、スペシャルディフューザーの撮影結果、色温度は5000kに設定です。 表面はハンズの白ポリを両面テープで貼り付け、はみ出した部分をキレイにカット。 光源の大きさも程よく(飽く迄も被写体と光源の距離の関係では・・です。)影も美しい。 瞳に入るキャッチライトも見事な円形になるはずです。 さて、問題のスペシャルの素材ですが・・・ ユ〜フォ〜  フォ〜ッ!! 只今ポロロッカで一つ105円で入手できます。今月限り。(笑 つまり・・・なんでもOKなんですね。 買うことばかりが能ではありません。   ストロボの直は避けたいと書きましたが、時には直の方が良いこともあります。   何でもフラットが良いかといえばそんなことはありません。     ティッシュやハンカチをストロボにかぶせるという荒技を使う方も存在すると聞き及びますが     あれは気休めでしょう。     発光部からの距離が稼げませんからディフューズ効果は殆ど期待できないと思います。 上左のオネーサンが好き!ですか?  こちらは窓からの自然光、サイドライト気味。 そりゃコチラがキレイですわな。フ〜。 自然光は侮れません。 条件さえ許せば、ストロボなど使用しないほうがキレイに写ることは良くあります。 仮に使用するときでも壁が白ければバウンスにするなど チョット工夫するだけで随分印象は異りますよ。
蒸し暑い一日。 今日は夏みたい。 なのにサンタさん・・・もう出番ですか?・・・ 追伸:10/14 唐突ですが本日、旧サイト、表紙も含めて閉鎖しました。 ホント突然。そんな気分の日ってありますよね。 深い意味は何もありません。まあボチボチってことですね。 未だgoogleで【新藤】を検索してみると、今日も旧サイトが一番トップに出てきます。 さて、この先どうなっていくのでしょうか??
 2005/10/13 コンパクトストロボ用ディフューザーの製作。

随分と大げさなタイトルですが、内容はいたって簡単です。
簡易ディフューザーは販売もされていますが、何か心に訴えない!(これも大げさか?)
以前から何か無いかと考えていたのですが、ついに辿り着いた答えがこれです。

:CD-R納品袋用に私が使用しているシーラー(ハッコー製)です。
:先日ハンズで商品を入れてくれたポリ袋を20cm角くらいに切り取り
  二つ折りにして三辺を圧着したものです。
    このシーラーは大変優秀で、ご希望ならば水を入れて圧着することさえ可能です。
  角の一つを切り落とし空気を入れてあげれば、ホラ出来上がり。
  テープや接着剤で3辺を加工しても有りですね。
:580EXを何もせずそのまま発光させたもの。
  当然キツイ影が出ます。
    環境光を上手くいかせばここまでの影は出ませんが、多くの場合直で使用すると美しくは無いことが多いですよね。
:今回のお手軽ディフューザーをパーマセル等で580EXに取り付けたもの。
  大分柔らかくなりイイ感じでしょう。
  色温度は多少下がります。
    ミノルタカラーメーターで測定したところ5600kが4770kに・・・チョット下がり過ぎか。
  四方八方に光が広がりますので、その辺りは微妙・・・良い点と悪い点があります。
  光量もその分ロスしますが、絞りを開けたいときは大変にグッドです。
    これもミノルタフラッシュメーターで測定しましたが何と4EVも下がっていました。ショック。
    そんな訳ですから薄手のポリ袋など、袋の選定には注意が必要かもしれません。
    ハンズの大型ポリ袋は厚過ぎでしょうか?
       580EXが50mm状態での比較でしたので大きな差が出ましたが
       ワイドパネル状態と比較すれば約1EV差ですの有りですね。

空気を抜けばアッと言うまに四角い袋に変身します。軽い安い超小型。
やる気になれば円形も可能でしょう。(眼球への写り込みでは円形の方が望ましいか)
まあ、考えようによってはポリ袋でなく薄手の紙袋でも可能でしょうか・・・
或いは白いコンビニ袋でも有りですね。

カッコ悪い?!! そう思われる方は、どうぞ不自由な市販品をお使い下さい。(笑
そうそう、市販品でも円形タイプで空気で膨らませるタイプがありますね。
でも、こっちの方が思いきりが良いと思うのは私だけか??

所要時間2分、材料費0円・・・でした。

追伸:【ヒョッとして新藤さん、今日もヒマでした?】
そう思われたあなたは、かなりの通です。
 2005/10/13 ローズマリー。
ローズマリーは1mを越すような巨大なものも見かけますが 意外に気難しい部分もあり、気が付くと枯れ始めていたりすることもあります。 我が家のローズマリーは10年モノでしたが、すっかり痩せこけてしまい 先日、新しいローズマリーとともに新しい鉢に移されました。 その甲斐あってか、少し元気になったようです。(写真のローズマリーではありません)   因みにローズマリーは大変沢山の種類があり、横に延びるタイプと縦に延びるタイプがあるようです。 玄関の近くにオリーブの鉢もあります。 これは4年モノくらい? 恐らく鉢から根が飛び出して地面に根を下ろしたのでしょう。 今年は物凄い勢いで背丈ものび、枝も繁茂して随分立派になりました。  
 2005/10/12 16日 14:00 【フォトの翼】勉強会に参加しませんか?
10月16日、日曜日 午後2時から私のスタジオにフォトの翼の開発者である陳さんがいらっしゃいます。
フォトの翼は現在、ウインドーズ版のみですがmac版も開発中とのこと。
突然ではありますが、ご都合がつきそうな方はご連絡下さい。
既に【フォトの翼】を使用中の方、考慮中の方、macユーザーの方
これからデジカメを始めようとしている方も勿論どうぞ。
狭いスタジオですので必ず参加希望の方はメールを下さい。
  【フォトの翼】はかなりサクサク動くという噂です。先ずはその動作や機能をチェックしてみませんか。

追伸:正確には【フォトのつばさ】です。http://www.cimage.co.jp
   先ずはこのサイトをチェックして下さい。陳さんの会社ですので大きく登場しています。
   【フォトの翼】で検索すると陳さんの会社は出てきません、念のため。
 2005/10/12 苦渋年式、サンルーフの雨漏り対策。
またまた苦渋年式(90年式ボルボ740GLEエステート)の話。
この車はバブル時代の申し子。そのためかサンルーフが標準装備なのです。
もう何年も使用していないサンルーフですが、ジワジワと雨漏りしていて
天井内張が次第に剥がれて下がってくるという悲しい状態。
しかも、最近その雨漏りが酷くなってきているのです。
先週の日曜日改めてサンルーフ辺りを観察してみましたが
雨が入らないのが不思議・・・そんなふうにも感じる構造です。
  このままじゃヤバイ。
決心しました。
シリコンシーラントでサンルーフを生き埋めにしたのです。
さよならサンルーフ。
  無事にこれで改善されたのかは未だ不明・・・ですが天に祈る気持ちです。(笑

3年前にディーラーで車検を受けたときにも相談はしたのですが
エラク見積が高かったのと、
【新藤さん、これならまだ良いほうですよ・・】
という慰めとも諦めともつかない言葉に惑わされて、その後もそのままにしてあったのでした。

今時こんな長期テスト?を敢行する勇気がある方は少ないとは思いますが
サンルーフって年式が古いとこうなる運命のようですね。
十分ご注意のほどを・・・

追伸:シーラントは透明を選んだのですが・・・これは失敗。
何だか目立ちます。黒が正解だったようです。(トホホ)
追伸:2 上の2枚の写真を見て【オヤッ】と思った方、あなたは間違いなくプロです。 比率が4:3。 ハイ、予想通りコンデジです。キヤノンパワーショットS60。 暫くの間ここにいることになりました。 今日は【良い雲注意報】を発令し忘れましたが、結構良い空でした。 さて、右上の空、このサイズでも確認できますね、ノイズ・・・です。 ISO100 RAWで撮影したのですが・・・1/1.8 500万画素。これでもそれなりにでるものですね。ガッカリ。 そうそう、昨日は久しぶりにカメラマンのN氏が現れました。 【LEDライトセーバー見せて下さい。】と言う希望に応えて実演までしちゃいました。 例によって被写体用として一眼ボディ1Ds(借り物)を三脚に据え、1D2で撮影したのです。 軽くライティングの練習を一度して、エイッと15秒間・・・・ 直ぐにパワーブックで確認。N氏の呆れにも近いその時の顔は見物でした。(笑 その後N氏自身による体験コーナー。 これも直ぐにモニターでチェック。 流石プロ、たった一度の観察で見事にLEDライトセーバーの極意をモノにしたようでした。 下左:私  下右:N氏の写真です。
    
追伸:3 スイマセン。追伸の方が長い日ですね。

本日午後18:40分辺りのアクセス解析の一部です。
日英中韓、ここ辺りまではいつもですが今日は色んなところから来てますね。
でも・・・なんで5:イタリア語の次が7:ドイツ語なの???
6はどこよ????
マジ、ワカラン。
 2005/10/11 RAWデータからの後処理増感について。

またですか?? というブーイングの声を無視しつつ・・・(笑
上はRAWでISO800適正露出
下はRAWでISO100 ー3EV、つまりISO800相当で撮影したとも言えるわけです。
現像はどちらもCS2。
巷で良く言われていることの一つは、上の二つは実はカメラ内部では全く同じデータとして格納されていて
後処理で補正している・・・と言う話。
私もこれは事実だと思います。
しかしながら現像後のデータはこの様な差が見られました。
CS2の場合では、矢張りISO感度は撮影時に相応しいものにセットしたほうが良さそうですね。

最後にアップしたのはC1(キャプチャー1)でー3EVのデータを現像したもの。
シャドー部のノイズはCS2と変わらないか、或いは更にノイジーではありますが
その手前の中庸部のデータはかなりキレイですね。
RAWと言えども、これらから見るかぎり後処理での3段増感はチト辛いですね。
 新藤様、初めまして。いつも楽しく拝見しています。
 本日アップされた「RAWデータからの後処理増感について」について似たような
質問を先月のEOS5D発表会にて説明員に教えて頂いたことがあります。
 EOSでは撮像素子から出力した信号をアナログ状態のまま設定されたISO感度に
相当する倍率で増幅し、A/Dコンバータに送っていると説明して頂きました。
 確かにRAWファイルを現像ソフトで増幅するならば、ISO値を後から設定出来るこ
ととなりその自由度は格段に上がりますし、その需要は高いと思われます。こうし
た機能は搭載されるべきでメーカも気付いていないはずはないでしょう。ただそう
なっていないのは前述のように現像ソフト(または映像エンジン)で増幅処理されて
いるわけではないためだとのことでした。
 これはあくまでも説明員からの伝聞です。この文章を転載等頂いても構いません
が、事実かどうかの責任は持てません。そのようなお話があったことをお伝えした
く思いました。
管理人:名無しさんからのメール紹介いたしました。
なるほど、アナログ状態で既に増幅してしまうわけですね。
その辺りの差がここにでているのでしょう。
そのような作業は、なるべく初めに行ったほうがS/N比の都合上は正しいような気がしますね。
責任は持てませんとありますが、恐らく正しいのではないでしょうか。
有り難うございました。
 2005/10/10 RAW  vs  JPG  ホントはどうなの?? その2
秋・・・来てます・・・東京にも。
8日のテストの続きです。カメラはEOS1D2、レンズもタムロン28−75です。 一見同じように見えますが・・・何が変わったのか?  光源が変わりました。インバータ70W蛍光灯(エナジーランプです)   AWBで撮影。JPGを見るかぎり1D2のAWBの効きの良さが十分に発揮されていますね。     時々効きすぎる点は困ったものですが・・・ 均一な光ではなく、ハイライト側はより明るく・・・左右で厳密ではありませんが4EV以上の明暗差があります。 その結果グレースケール上の反射光露出的明暗比は11EV近くになっているはずです。   上、JPGのグレースケールの背景部を見ると左右の明暗差が良くわかるでしょ?   ハイライト側に蛍光灯を設置することで明暗比を稼いだわけです。   前回2枚に分けてお見せした部分を何とか一枚で再現できないかと工夫したわけですね。 上、JPGの画像では飛ぶ潰れると言うことになります。 下、RAW、CS2で現像しましたが辛うじて再現できています。   先ず現像時、露出をアンダーにしてハイライト部をあぶり出し、同時にシャドー部はトーンカーブで持ち上げています。 しかし、暗部は既に限界を超えていますね。まあ10EV、D=3この辺りが良いところでしょうか?   飽く迄も今回のテストでは、ですよ。     10EVとは明暗比で言えば1:1000 10の3乗ですからD=3ですね。 さて、このダイナミックレンジですがタダ広ければよいというものではありません。 単純にダイナミックレンジが広いだけですと軟調になりすぎてしまうのです。 TRY-X D76 1:1の現像を想像してみて下さい。飛ばず潰れず、でも中央部が鈍らない。 フィルム時代の特性曲線で言えばS字カーブ。 足の長さと肩部の緩やかなカーブ。ここが大事なんじゃないでしょうか。   シャドー部とハイライト部のなだらかなカーブです。   但し、この恩恵に与るためには、適正露出、これがキーポイントになります。意外でしょ。 その緩やかさを確保するために、ダイナミックレンジがもっと欲しい・・・常々そう言っているのは、このためです。   理解頂けましたでしょうか?? 広いDレンジを狭くするのは実に簡単なことですが、狭いものを広くすることは非常にコンナンです。 8日にも書きましたが、Dレンジを広げるためのもっとも簡単な方法は 撮像部の一素子の面積を広くする方法と、ノイズを減らすこと、現時点で考えられるのはこの二つ。   オンチップノイズキャンセラーや後処理によるノイズ除去もありますけどね。 EOS5Dのダイナミックレンジが広がったと言われているのは、このノイズが少ないためではないでしょうか。 では・・・ノイズが全く無いとどうなるのか・・・ 空やなだらかなグラデの部分にトーンジャンプが発生します。 これは8ビット256階調の限界が意外に早く現れてしまうためでノイズレスを攻めるべきではありません。   トーンジャンプを避けるためにノイズを使用することはシバシバありますが   大きな値のボカシを入れる場合もノイズは必須です。 ノイズは使用者の判断で入れるべきものです。 追伸:上のグレースケールの3の部分にある濃度の増した部分は撮像素子(厳密に言えばその手前のフィルターについた)のゴミです。(笑) 下のRAWでは再現できた部分がJPGでは再現できていない。 これは一つはRAWからJPGへの変換エンジンの出来の善し悪しも当然ありますよね。 或いは、JPGはこの程度で良いんじゃない?と言う判断があるのか・・・不明。 少なくともJPG変換時のハイライト部の描写はもう少しデフォルトでも何とかして欲しい・・・

新藤修一様、
はじめまして、岸本と申します。”新藤修一の仕事場”をいつも読ませて頂いております。
"RAW vs JPG ホントはどうなの??"を読み、ダイナミックレンジのことが非常に良く分かりました。
実は今まで10Dのダイナミックレンジは結構広いのではないかと思っていました。
ほとんどの場合、コントラストを最低にしてJPGで撮影しています。
ですので、新藤さんがダイナミックレンジの広いカメラが必要だとおっしゃっている意味が
いまいち分からないでいました。今回の説明を読んで、そういうことかと納得しました。
私は360度ぐるぐる回るQTVRを発表しています。( http://www.ksmt.com )
10Dとシグマ8mm円周魚眼を使用しています。QTVRは全方向の撮影をしますので、
本来露出の決定が難しいはずですが、実際には適当に撮影しても10Dはいい結果を出して
くれます。QTVRの撮影はほぼ全てマニュアル露出、マニュアルフォーカスです。
他にも少年野球の写真を大量に撮影します。こちらはAFと自動露出です。
野球の撮影は、ピント、露出、WBとも難しいですね。特に顔が日焼けして黒い上に
帽子の影になるので、ますます顔が黒くなって困ります。RAWで撮りたいといころですが、
枚数が大量なので、やむを得ずコントラストを最低にしてJPGで撮影しています。
こちらはHPには掲載できないので、プリントして差し上げるのが主です。
私の10Dも6万枚を超えたあたりからシャッターボタンの調子がわるく、ボタンを押しても
シャッターがきれないことがあります。そろそろ修理かなと思っています。5Dの記事を読んで
大いに魅力を感じました。特にAFの精度がいい点です。10D修理中のボディーが必要と
いうのはなかなかいい理由になります。
新藤さんのまねをして、以前ピントテストやらバッテリーのてテストやらもさせて頂きました。
結果の良し悪しはともかく、技術的に理解し、納得して使うことが重要だと思いました。
今後も新藤さんのホームページ楽しみにしています。いつかは月例作品も出してみたいと
覆います。
岸本陸一
http://www.ksmt.com/
管理人:10/11 岸本さんから嬉しいメール頂きましたのでご紹介いたしました。
 2005/10/08 RAW  vs  JPG  ホントはどうなの??

またまた、反省です。
先日のEOS5Dテストの折り、ダイナミックレンジについての正しいテストをしていないのでは・・・・
  RAWでのテストをしていませんでした。
  また、安易にダイナミックレンジに大きな差が無いと判断してしまいました。
そんな思いからEOS1D2ですが改めてRAW vs JPGのテストをしてみたのです。

被写体はコダックのグレースケールです。
  レンズはタムロン28−75 ISO100 RAW+JPG同時保存です。
  光源は窓からの自然光。
ご存知とは思いますがグレースケールは1マスずつ1/3EVの明暗差があります。
の部分で左が+3EV、右がー2EVと上下で繋がっていることがお判りでしょうか??
  同じグレースケールを露出を変えて撮ったものです。
また、その結果上下を合わせて判定するとダイナミックレンジは約8EVと判定出来ます。
  +3EV、撮影後の液晶では白飛びマーカーが盛大に警告してくれている状態ですね。
  一般的に言われているようにポジフィルム並のダイナミックレンジと言えなくもありません。
     ここがまた微妙です。
     データとして比較した場合、どんなスキャナーで読み取ったかによって多いに異るからです。
     ハイエンドのドラムスキャナーでシャドー部重視で読み取って下さい・・・
     そうお願いしたときのシャドー部のデータはフレックスタイトでも味わえない、一般的なスキャナーとは異次元のデータです。
次にを見て下さい。
RAWで同時記録したデータをCS2で現像時に調整したものです。
JPGでは失われていた白場のデータがあぶり出されてきました。
  ハイライトに近い部分がマゼンタ被りしてますが、これはグレースケールに起因しているかも知れません。
  正確なグレースケールを作ることは非常に困難な作業です。
シャドー部も結構出てきています。
この状態でも上手に調整すれば11EV以上のダイナミックレンジが確保できることを確認できました。
  一枚のデータにここまでワイドレンジなデータでもCS2現像時のトーンカーブを上手に調整すれば再現されると思います。
       +4EV、ー4EVまでテストしてみましたが、まあ、この辺りが限界と呼んでよいでしょう。
はJPGデータをレベル補正で調整したものですが、ハイライト部はどうしようもなく
シャドー部もグリーン被りがかなりきていて見苦しいですね。

と言うことは、RAWで撮影すればダイナミックレンジについては現在でも、かなりイケルということになりますね。
但しの右側、シャドー部側のデータはノイズがそれなりに出てきます。
少なくとも2EV以上の増感をしているはずですからノイズ的には好ましいはずがありません。
シャドー部を明るくするということはISO感度を上げることと同じですから要注意です。
とは言え、ここまでのポテンシャルをRAWデータは内包しているということは疑う余地がありません。

EOS5Dでの正しいテストが行えなかったという反省からスタートしましたが
結局、最終的にダイナミックレンジを広くすると言うことは
現時点ではノイズを減らすということになるような気がします。

それが次世代オンチップノイズキャンセラーなのか1素子の面積を広げることなのか
ノイズ低減のためのペルチェ素子のような冷却装置を内蔵することなのか・・・・
定かではありませんが、RAWで撮れる状況ならばJPGを避ける、これは正しい判断ですね。

追伸:それでも、それでも・・・何でもRAWでの撮影は大変なことも事実。
その辺りの判断はご自身のスキルと体力、PCの能力を考慮して判断することが吉。
私ですか? これからもRAW:JPGの比率は50:50もしくは30:70辺りでしょうか。(笑
バランス感覚を養うこともワザのうちですね。

色温度で悩むならRAWで撮ることが一番。悩む必要はありません。
あとは撮影枚数との戦いですね。

それから・・・これからのキーワードは手ぶれ補正・・・
コンデジに限らず、デジタルならではの手ぶれ補正機構は多いにありですね。
フルサイズ800万画素、ボディ内手ぶれ補正、次世代オンチップノイズキャンセラー、自動ゴミ取りネット?
ホスィ。
(フルサイズ2000万画素オーバーも是非お願いしたものです、当然。)
 2005/10/07 シグマさん、ごめんなさい。
シグマの30mm/F1.4とは別れを告げたことは既に報告しましたが
その原因はAFピント問題でした。
ところが、先日の久しぶりのAFテストの結果はシグマを使用していた20Dボディの
ピントに問題があったのではないか・・・そういうことになってしまったわけですね。
もう既に手元にはありませんので、絶対かどうかは不明ですが
レンズは無実だった可能性が急浮上。冤罪だったかも知れないのです。
もしそうならば、シグマさんゴメンナサイ。
誠に申し訳ありませんでした。
あのレンズの描写は悪くなかっただけに悔やまれる感じですね。

さて、AFピント調整はサービスセンターやプロサービスにお願いすると
10日間という期日を要求されます。土日も入りますので約2週間と言っても良いでしょう。
短いようでいて長い時間です。
それをキラって我慢している方もいるのではないでしょうか。
せめて月曜日に出せば金曜日には上がってくる程度の作業時間で済めば良いのですが・・・
想像では作業自体にそれほどの時間がかかるはずもなく
順番待ちだったり、輸送時間だったりがかなりあるのではないでしょうか?
この時間が短縮されれば、多いに信頼感のアップに繋がると思うのは私だけ?

正確で経年変化も少なく、光源を選ばず、スピ−ドも早いAFシステムを開発してくれれば
それで済む問題ではあるのですが、その様なAFシステムの開発に成功したという話は耳にしておりません。
せめてAF精度の検証が簡単にユーザー側でできる方法をメーカー側で用意してくれると助かりますよね。
レンズ側なのか、ボディ側なのか、それすら判明しないことは結構あるはずです。
まあ、フィルム時代には気づかなかったことが随分と問題点としてでてきましたね。

辛子色を薄めたサンドカラーにキリンやシマウマのイラストが描いてあるパジャマ。
このままアロハにしたら結構イイかも・・・と言うと分かりやすいか?
流石に夜はすっかり秋モード、短パンにTシャツと言う夏モードから
一年ぶりに昨夜から着ている薄手のコットンの私のパジャマだ。
さて、風呂から上がり鏡に写った我が身を見てみる。
そのパジャマと私の間に、何か違和感を感じる。何故だ??
深く考えることなしにソソクサとリビングに移動する。
案の定って言うのか・・・【どうしたの?去年と印象が違うわね、似合って無い。】
カミサンがキッパリと断言した。
そうか、気のせいじゃなかったんだ。
自分でも分からない。カミサンにもその原因がハッキリとは分からない。
が、自分の中で何かがきっと変わったんだね。
それとも暫く着ていれば、向こうがコチラに馴染んでくれるのか。
 2005/10/06 ガーリックトースト。
ガーリックトースト。私は大好きです。
イタメシ系辺りのお店に行くとシバシバ注文します。
今朝も実はガーリックトーストしてしまいました。
エッ、自宅で出来るんですか??と思うでしょ。
エ〜、先日長男がバイト先からガーリックマーガリンなるものを頂いてきたんですね。
開けてみるとナンテ事はない、マーガリン、ガーリック、パセリフレークが混ぜ込んであり
パンに塗ってオーブントースターで程よく焼けば出来上がり。
とっても簡単です。
多分お店でもこんなものを使っているのでしょうね。
頂き物のガーリックマーガリンが残り少なくなってきましたので
オーゼキ(スーパーマーケット)で探してみるとバター売り場で発見!
同じものではありませんでしたが、そっくりさん。
こりゃ便利だわ。
値段的もリーズナブルなもので、一つあると結構楽しめます。
ウイークデイの朝からこれを食して電車通勤は、勇気がいりますが
   つまり、私は勇気がある?  
土日なら思いっ切り・・・OKでしょ。
絶対のお薦めですね。
   まだ試してませんが、ガーリックライスにもバッチリでしょ。

●話題は変わって、メールの話。
タマにだけど不思議なメールが来ます。
差出人、空白  タイトル、空白  本文、空白・・・・
今日は2通そんなメールが来ていました。
これは何??
また、迷惑メールは最近更に増えていますね。
本来のメール5通に対して迷惑メールが50通。
多くは迷惑メールホルダーに自動的に格納されますが、それでも何通かは通過してしまいます。
macでは殆ど問題を感じませんが自宅のwin機では時間がかかります。〔単純にマシンが非力なため??)
いい加減にして欲しいものですね。

●メールで思い出したが
ここ数ヶ月【NTT東日本代理店○○の××と申しますが・・・】と言う電話が良くかかってきます。
大抵は間に合ってますからと切ってしまうのですが
昨日は最後まで付きあったのです。
【光回線は導入済みでしょうか?】 はい!
【フレッツですか?】 イエ、ヤフーです。
【・・・・】【では、オンラインストレージは如何でしょう?】 ハイ、既に利用していますが。
【・・・・・・】 アラ、もうお終い???
思えば数日前に提案書がポストに入っていて、その提案書は彼だったらしいのだが
オンラインストレージもこの値段ジャね・・・そんな提案書だった。
固定電話は既に減少しているし、ネットも乱戦気味。
民営化の先駆けと言えなくもないNTTですが、今までの営業努力がひょっとして足りていなかったのか?
何もしなくても、安泰だったのだとしたらナンテ素晴らしい会社だったんでしょ。ねえ。
 2005/10/05 コンタクトプリントはA4横位置が正解。
今日はコンタクトプリントの話題です。
皆さんは何でコンタクトを作成していますか? 
殆どの方はフォトショップですよね。
昨日銀一のM氏から教わったソフトがhttp://www.kani.com/software/、Indexer。
日本の方が作ったフリーソフトです。
残念ながらOS9、クラシック環境でしか動作しませんが、かなりサクサク動きます。
進捗状況も目視できますので安心感があります。
jpgファイルが出来ますので、それをフォトショップからプリントしますが白場の入り方が丁度いい具合です。
RAWデータには勿論未対応です。

で、プリントした後にハタと気が付いたのですが、CSやCS2でコンタクトを取るときって
デフォルトの用紙設定が縦位置になってますよね、これを横位置にしたらもっとスペース的に
都合が宜しいんじゃないと思ったんです。
  アラマ、気が付かなかったんですか・・・と言う方はここから先はパスして下さいね〔笑
スピード的にはindexerにかないませんが、簡単さはコチラに軍配。

上が、横位置A4に5x5、25枚をCS2で配置したもの。一枚のサイズは55x36mm、十分な大きさでしょう。
余分な白場が無いのでスッキリしてます。
当り前といえば当り前、でもチョットした工夫が大事ですね。
  今まで気が付かなかったのはひょっとして私だけだったか?? 恥ずかし・・・
たいへんお久しぶりにメールいたしますことをお許し下さい。
連絡はしていなくても「新藤修一の仕事場」は、いつも楽しく拝見して おります。
今回はコンタクトシートの話題が出ていましたので、私の場合をお知ら せします。
失礼ながら、勝手に添付させていただきましたが、私の場合、コンタク トシートにて天地の方向が
ハッキリ示されていた方が親切ではないかと思いますので、画面は小さ くなりますが
天地を統一した形で納品しております。
最近は水平垂直を無視して斜に構えた写真を望む若い女性デザイナー が、私の周りに
繁殖していますので、(おまけに決まったようにピントは浅めを望むと です。)
天地が意図した通りに印刷されない危険性が増大しております。
そう言った点をふまえて一目でわかるようにコンタクトシートを作って おります。
また、ケチな話ですが三・四カットの納品の時、紙がもったいないので 縦並びで作っています。
紙の余りを切り取ってまた、三・四カットの納品時に使います。
まったくトホホのホですね。
管理人:10/06  熊本のHさんからコンタクトに関するメール頂きました。
ここも一つ悩むところですね。縦横を混在させますと、縦位置が小さくなってしまいます。
分かりやすくはありますし、見るほうも楽ですが・・・
おっしゃるように斜めっぽい写真ではどちらが上か判別しかねる場合もあります。
後から上マークを付けてあげるも有りでしょうか。
 2005/10/04 EOS1Ds2、1D2、20D、改めてAFピントテストをしてみたら・・・
10月2日のテストで私の1Ds2と1D2のAFピント問題が再燃したと書きましたよね。
改めて本日EOS20Dも加えてテストしてみたのです。
同じ環境、つまり窓からの自然光・・・あいにくの曇り空ですので1/50 F1.4と言う悪条件でした。
結果は、2日と同様1Ds2は後ピン、1D2は微妙にあったり合わなかったり、20Dはかなりの前ピン。
幸い仕事で使う1D2は比較的良いほうでしたが、微妙。
そんなにハードにカメラを振り回すほうでもないし、不具合を起こる原因となるような記憶もありません。
でも単なる経時変化で済ましてよいものか、悩みどころですね。
一体原因が何なのか、全く不可思議なことです。 
  不可思議ではなく、当り前のことと考えてみる必要もあるかも知れません。
  そもそも一眼レフという機構上の制約があり、その辺りは避けて通れない?
  画素数が増えれば増えるほどピントがシビアになってくることも事実です。
  狂うものだという事を前提にするくらいの気持ちが必要なのかも。
幸い今回は、比較対照として新品のEOS5D4台がありましたので私のボディの不具合と判定出来ましたが
私のボディ達だけで判断できるかといえば、それは大変に難しいことです。
何故ならば、レンズに不具合がある可能性も否定できないからです。
そのためか、ピント調整時にはレンズとボディ両方の提出を求められるケースも多いと聞きます。
でもねえ、全ての機材が手元から離れては仕事になりません。
代替えのボディもあったり無かったり。
3台のEOSボデイをまとめてピント調整に出そうかと思いましたが代替え問題で1Ds2と20Dを先ず出すことに・・・
そんな意味でもニコンの確保が必要であると痛感してしまうのです。
  或いは、もう一台EOSボディを調達すると言う手もあるか? えっ!!それが常識??
  そう言われるとそうですけどね。
  購入時のボディに関するAF精度は最近問題ないようですし。

1Dsボディならありますとのことですので、暫くはそれでしのぎます。

追伸:AFピント問題はキヤノンだけでなく、どのメーカーにも存在する可能性があります。
他社のカメラをお使いの方も十分に注意をして下さいね。

追伸:2 念を入れてMFで1Ds2と20Dのピントテストをしてみました。
しかもアングルファインダーx2.5を取り付けてのテストです。
とりあえず1Ds2、問題なし。
20D、かなりの前ピン。意外だったのは2.5倍のアングルファインダーを取り付けてさえ
ピントが非常に見づらかったこと。
矢張りファインダーは大きい程よいですね。
 2005/10/03 福岡のO氏が冷陰極タイプ蛍光灯CCFLを使用してライトセーバーを製作いたしました。

新藤さま こんばんは。
福岡 O です。
先日お手間を掛けました「CCFL」を使用した2号機ライトセーバー
完成しましたので出来上がり写真お送りします。
全長は、1号機で使用したライトより少し長いのでその分伸びています。
また、今回「スイッチ」を2個使用しています。
左手の黒スライドスイッチは「内蔵バッテリ」、「ACアダプター」切り替え用
及び「ON/OFF」です。
右手の赤スイッチは「押している時」OFFスイッチです。
「CCFL」ですから撮影前のエージング点灯とシャッターを押す時に暗黒
が必要かなと思いまして付けましたが有効性は??
内蔵バッテリーはテスト点灯の時は良かったのですが、組み込んで点灯
すると、少し暗いですね。リチウム電池2本では辛いかもしれませんが
3本はね〜。(失敗かも・・・)
明るさは先日と同じ測定で
 12V     1/4    f 16 1/3
  9V     1/4    f 16
7.5V     1/4    f 11 1/3
6.0V     1/4    f  8 1/3
CR123A   1/4     f  8
先日の1号機より約一段暗いようです。
i1のアンビエントライトで「色温度」「照度」を測定すると下記の値に
なりました。測定は上記の条件と同じ(アートレ紙密着で)
色温度     5300 k
照   度    3701 Lux
それと今回はスリム?にしました。
タフアートレ紙の巾は3cm、振り回すので広い必要があるのかなと・・・。
スペキュラーライトになるのかな? 
どの様に思われます。
画像を添付しますのでよろしくお願いします。
適宜、端折ってください。
では。
管理人:福岡のOさんが冷陰極タイプ蛍光灯を使用したライトセーバーを組み上げましたのでご紹介いたしました。
スリムなボディがイイ感じですね。
消費電流は1本辺り170mAでしたっけ?2本ですから340mA。LEDタイプよりも省エネですね。
これで電池駆動でも光量可変ならパーフェクトですね。
有益な報告有り難うございました。
 2005/10/03 EOS5D、4台集結!そのテスト結果。
予告どおり10月2日、EOS5Dのテストを行いました。
キノコのO氏、音楽系のK氏、雑誌系のI氏、バレエ系のP氏が
それぞれEOS5Dを持ってはせ参じるという豪華キャスト。
勿論EF24ー105 ISも参加です。
初めのテストは例によって万札ピントテストです。
窓からの自然光。レンズは私のEF50/ 1.4です。
4台の5Dが次々に三脚すえられシャッターを切ります。
続いて、私の1Ds2、1D2も友情出演。
それぞれ3枚開放で撮影後、パワーブックでピント確認。
  17インチ液晶モニターとのデュアルモニターです。
4台の5Dは、どれもよく調整され開放からほぼ問題なし。
続いて私の1Ds2をチェック。
ゲッ、どれも後ピン。1D2もなんか芳しくない。
恐ろしくショック!!!!!
薄々最近ピント問題が再発してるんではないの??という疑惑が見事に証明されてしまったのか??
20D以降ピント問題は一段落と安心していた私ですが経時変化って言うんでしょうか、
新品時には問題なくとも使用するにつれてピント問題が再発、若しくは使用しなくても安心は出来ないのかもしれません。
今回のテストでのもっとも大きな個人的な収穫は、少なくともEF50mmには問題がなく
1D系のボディ側のピント精度に問題が新たに生じている可能性が明らかになったということでしょうか。
続いて、24ー105で横位置全身、絞り開放テストです。
ボディは、5Dの中から一台を選び行いましたが
全域にわたり開放から全く問題なし。
IS効果も十分であることが判明しました。
  因みに2.5インチ背面液晶もこのときチェックしましたが、
  幾ら2.5インチと言えども液晶でこの引きでのピント確認は不可能でした。
  一発等倍表示スイッチが欲しいです。
  また、液晶自体巷で言われるようにやや暗いのと色味が青い。
  チョットニコン的な青さで一瞬慌てますね。これは早急な解決策を望みます。
24−105で万札テストも行ってみましたが開放からどの焦点距離でも全く問題なしでした。
が・・・・この後行った歪み確認テストでは広角側はたる型、望遠側は糸巻き型
が確認され、しかもその歪みは無視できる量とは言いがたい。
建築系での用途には手ごわい感じでした。
24mmで撮影された画像をCS2のレンズ補正で修正を試みましたが
端の部分にどうしても歪みが残ります。
まあ、建物を正面から狙わなければ気にならない問題ですが、無いに越したことはない、ですね。
  そうは言ってもISレンズを全く所有していない私としては、いずれは欲しいレンズですね。
24mmでのたる型歪み。
次に行ったテストはダイナミックレンジ。
EOS5Dはダイナミックレンジが優れていると宣伝されていましたが、さて。
コダックのグレースケールをプラス2段、マイナス2段で撮影し比較してみました。
5D、1Ds2、1D2。モニターで確認する限り大きな差異は認められませんでした。
殆ど区別がつかない感じと言っても良いでしょう。
今までの印象よりも好結果だったのは1Ds2。
  私的には1Ds2のダイナミックレンジに少々不安を感じていましたが、杞憂だったということです。    
次はノイズテスト。
ここでも1Ds2が意外に健闘。1D2はチョット分が悪い。
勿論5Dは流石新型。3機種の中でもっとも優秀でした。
完全にISO400が常用域という感じですね。
 左がEOS5Dの画像。コダックグレースケールを
 撮影し【5】の部分を等倍表示しました。
 下はEOS1Ds2のもの。大きく表示されているのは
 画素数が多いためです。
 ISO1600では粒状感が目立ちますね。
追伸:10/06 この上の2枚のデータをダウンロードし、フォトショップでサイズを揃えてみて下さい。
1Ds2と5Dのデータが区別がつかなくなりませんか?
それだけ5Dの素性が良いのか・・・じゃ、画素数って何なの・・・
改めて、画素数ではなく、真に正しい美しい、フルサイズ800万画素・・・
   まだコイツ言ってるよ、ナンテ言わないでね。
でもね、ホント画素数に拘る時代は終わりを迎えつつある、そう思うのは私だけじゃないでしょ?
さて、数値的には表せないものの中のひとつにシャッター音があります。
5Dはコマ数こそ秒3コマと地味ですが、控えめな音が好ましいですね。
またRAWでの撮影時17コマ分のバッファーが用意されていることもポイントです。
1Ds2では9コマあたりでバッファーフル・・・・
モデル撮影時の余裕度は大いに異なるでしょう。
  これで5コマ/秒なら素晴らしいのに。
  いつかも書きましたが、AF測距点が中央によりすぎていることは残念。
  更に測距点を増やて欲しいですね。

短時間でのテストでしたが、5Dは薦められる機能を持ち合わせている。
驚くべきコストパフォーマンス。〔と言っても十分に高価ですが・・)
10Dや20Dをサブとして使用するにぴったり。
1D系を使用されている方でも、予備ボディとして所有していれば心強い存在になるでしょう。
今回参加していていただいた4人のユーザーの方誰もがEOS5Dを高く評価していたことは間違いありません。
このEOS5Dが売れないわけが無い?
大変なシロモノであることは事実でしょう。
さて、この先の一眼デジカメがどのような進歩を見せてくれるのか。益々楽しみですね。

個人的には、このボディでフルサイズ800万画素、真にダイナミックレンジが広いと実感できるボディ・・・
EOS20Dの後継機に是非お願いします、キヤノンさん。

そうそう、しつこいようですがピント調整は年に一度くらいは出したほうが身のためかも。
当然ピントチェックは怠らないこと。
近々に1Ds2は調整に出すつもりです。
参ったなあ・・・・

追伸:EOS5Dと共に参加していただいた4人の方に深く感謝いたします。
有り難うございました。

追伸:10/04 
キノコのO氏こと大作さんが当日EOS5Dで撮影してくれた2枚の写真です。
〔上はお店のご主人にシャッターを押してもらいました。)
下はISO1600・・・
知りあいのご家族にバッタリ遭遇。
結構遅い時間、つまりかなり周囲は暗い状況です。
それでもここまで撮影できちゃうって凄いですね。
これにISレンズをつければホント鬼に金棒ですね。
WEB用途なら全く問題なし。
印刷用でもかなりいけるんじゃないでしょうか。
2005/10/06 福井の谷口さんから【後光ライティングに最適】EF24−105 ISについてのデータ頂きました。
新藤様
お疲れさまです。福井のn.u.谷口です。
新製品で浮かれてましたら、なにやらきっつーい罠が待ち受けていて模様です。
EF24-105F4L IS で撮影した、サイドからの点光源の写真です。
私、こんなフレアの入り方するレンズ、初めてなもんで。(笑
ま、めったに無い条件ですが、(夜景とかならママありますか)
これは、ちょっと、『やられた』って感じですかね。
ちなみに1D2でも出ますので、5Dのセンサーのせいでは無いです。
いやはや。。。。。
後光ライティングと称して、人物、撮ってみますかねぇ?
では、失礼いたします。
-- std.nukes.
==Taniguti*syuzi*hidehalu==
最近巷で話題になっている例のものですね。 ここまでの素晴らしい芸術的な写真が誰にでも撮影できる時代になったということですか?? C社恐ろし。 まあ、歪みの件と言い、この件と言い、出鼻をくじかれたような感じですが もう一息頑張って欲しいレンズですね。
 2005/10/01 玉川上水/GYAOって知ってます?

10月1日、例によって久我山から井の頭まで玉川上水を散歩です。
至る所に彼岸花が咲いていましたが、途中見つけた白い花
彼岸花に似ていますが何か違う。
さて、何でしょう??
追伸:検索してみたところ、結構白い彼岸花はあるようです。
つまり、矢張り彼岸花ってことですね。
個人的には初めてのことでしたので、驚きでしたけど。
GYAOって知ってます?  最近は車内の中吊りでも広告を打ってたり次第に知られてきたようですが USENが提供する無料ネットTVがGYAOです。 チャンネルもそこそこ、内容もまあまあ。 友人からも【結構面白い】とは聞いていましたが やっと昨夜、我が家のDellノートでログインしたのです。 画面が小さいことはやや残念ながら、当然ゴーストはでないですし 意外にイケル感じですね。 で、味をしめて今macG5にも登録しようとしたのですが・・・・ ナンとmacには対応してませんとの冷たいメッセージが・・・・ 最近はmac非対応って大分減ったような気がしていましたが 非対応のサイトを見ると 【この会社は閉鎖的】若しくは【傲慢】或いは【ケチ】・・・何て思ってしまいます。(笑 ところで、地上波デジタルやら衛星デジタルやら新しい技術が 始まっていますがネット配信することで事足りるはずなのに 何で電波でとばさにゃならんの?? マア、大画面の場合にはチト難しいかもしれませんが 小さい画面でもOKという向きも結構あるはず。 上手く棲み分けることが大事でしょう。 USENさん、早くmacにも対応させて下さいね。

                このページの先頭に行く                                日記の先頭に行く                

後書き・独り言30/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言32

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴