TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴

後書き・独り言35/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言37

 2006/03 3月のテーマはCDです。
日記の先頭に行く
早いもので第19回・・・さて、3月。昨年は時計でしたね。
え〜今月はCD、DVDにしましょう。円盤型のメディアです。
音楽CDでも良し、新品のCD−Rでも良し。
形の面白さ、反射した色の美しさ、意外な表情・・・
SFチックもあり、何だか懐かしいもあり、素晴らしい作品お待ちしています。


月例作品募集要項
 34:03/31 平井伸造
今月のお題は石頭のぼくにとってはむずかしかったです。 降参します。 といっても何にも写真を投稿しないのも悔しいぞ、 と思い、出かける前の5分で撮影、10分で写真を整え、 お送りします。 締め切り当日なのでアップしていただけるかどうか。 ご多忙な新藤さんは本日ご在宅かなあ。 http://www008.upp.so-net.ne.jp/hirai-s/index.html 白ヒゲ:おっと・・・【降参です】か?? 今月のテーマは難しかったですね。私もついにリベンジが叶いませんでした。 でもこんな風にメッセージを込めた作品を送っていただけたことに 深く感謝する次第です。平井さんの人間味を感じました。 お疲れさまでした。
 33:03/31 牛ちゃん氏 :その2
新藤さん、こんにちは。 あれからいろいろやってみたのですが、全滅でした。 せっかくということで、今朝事務所でコーヒーを飲ん でいる間に適当に即撮りました。 (のせてもらうレベルではありません) EOS-1D / SIMGA 24mmF1.8 手持撮影 いい天気ですね。 ではでは。 白ヒゲ:2作目の参加有り難うございます。 確かに主役がiPODになってしまった・・・感じはしますが CDとiPODの操作部のデザインの共通項に気が付かれたことは素晴らしいですね。 (私は今まで全く気が付きませんでした。) コードの無造作感は【適当】さを感じさせますが 全体的には【アリ】だと思いますよ。
 32:03/31 菅 正輝
新藤 様 こんばんは。菅です。 今回のCDはなかなか手強いですね。 CDだけでなく撮影する周りのことも考えないと写り込みや反射の仕方など 上手くいかないようで・・ と、書いた割には結局、藍色の布の上にCDを置き光源は電気スタンドだけとい う横着な撮影です。 明日は朝から撮影とのことなので、締切り過ぎになってしまうのでしょうか? とりあえず、送っておきます。 毎度のことですが、遅くなってすみません。 次回はきっと早くします。 EOS 30D EF-S60mm f/2.8 Macro USM 白ヒゲ:菅さん、お早うございます。今朝7時20分、8時には出発です。 さて、作品ですが思った通り60のマクロですね(笑 思った通りでないのは・・・30D!如何だったでしょう?? オット話題がカメラになってしまいました。横着と言いながらも上手い具合に収めましたね 色もキレイにでています。 4月はどんな切り口を見せていただけるのか・・・楽しみですね。
 31:03/29 ぷーさん
CDの反射グラデーションが美しい作品が多いので フラッシュを焚いて、直接光を当てるとどうなるかを、 いろいろ試して見ました。 反射が抑えられた物が、皆さんと差別化できるかなと 思い、こんなものを送ってみます。 KONICA MINOLTA α7D + AF85mm F1.4G マニュアルF22 1/160sec ISO200 フォトショップCS2にて調整 http://digitalpoohsan.hp.infoseek.co.jp/ 白ヒゲ:ぷーさん、こんばんは。 新たな挑戦に感謝いたします。 誰もが捨ててしまうかもしれない可能性、それを追及する姿勢に先ず感動いたします。 その努力は、間違いなく生きていますね。 作品から受ける印象はアメリカン! そっか・・・アメリカの写真はゴリッとしている・・・とは思ってましたが 正にこの感じですね。 ハイライトの感じもそれですね。 背景の無機質な感じも良くあっていますね。 有り難うございました。
 30:03/29 尾苗 清、氏 :その2.5
何時もお世話になってます 僕もお花見行きたいです! 庄内方面へ遊びにいく予定が入ってますので行けません(残念....... blogにも度々書いてますが只今超大掃除終盤戦です(笑 色々整理していると以前見つけて面白がって購入した物が出てきましたので早速窓辺で 撮影しました。 安直な上にネタの内容もベタですが宜しくお願い致します。 http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/ 白ヒゲ:尾苗さま、こんにちは。 シットリとした大人の雰囲気、有り難うございます。 マイルス、エバンスに相応しいですね。 また、画面構成の美しさが秀逸。下部になるにしたがってダークになっていく感じも 最高ですね。 ではでは、大掃除頑張って下さいね。
 29:03/29 三鷹のJQ
 お世話になります。CD、思っていたより手強いですね。いろいろ考えていたのですが、 今月はなんだかバタバタしていて疲れてしまったので簡単に済ませてしまいました。 手抜き作品お許しください(笑)。 ちなみに、ボツにした方をブログに掲載しておきました。  先月に続いてフラッグフレーム使用の2作目です。どうぞ宜しくお願いいたします。 Jacquie Quartertruth Photography http://jq-photography.blog.ocn.ne.jp/ 白ヒゲ:美しいですね。全体の色味のバランスが見事です。 背景のグラデの感じも決まってます。 CDの微妙な色の変化も楽しめますね。 これで手抜き・・簡単に済ませたとは・・・恐ろしい方です。 下に敷いたビニール?もう少し滑らかなら最高。 花見の件。今週末辺り何処かで開きましょうか・・・ 参加希望者は御連絡下さい。土曜日の3時辺りからでしょうか、井の頭公園辺り? 追伸:今年のPIEは見送りました。花粉症は昨年ほどではないですが まだ続いています。ティッシュは手放せませんがマスクやメガネをするほどでは 無いようです。
 28:03/28 スガノ明
新藤様 デザインぽい写真になってしまいましたが、紛れも無く写真です。 CDを転がしてる間、ニコンのコンパクトストロボに付いてるチカチカ発光させる機 能を使って撮影したものを、合成してみました。 写真を保存してある不要になったCDを使ったせいか、RGBの色がクッキリ出てい る部分があるようです。(そんな訳ないか・・・) 1dsMKU 17〜40mm  ニコンコンパクトストロボ使用 スガノでした。 http://0000.fc2web.com/ 白ヒゲ:ウホ!アヒャヒャ!! やりましたねえ・・・ とは言え・・・まじ、一発ですか???  なんちうの、例の似非モデリング機能ってやつで撮影したわけでしょう?? ・・・・・・・スガノさんってば先月に引き続き飛ばしてますねえ・・・・ 自棄なのか、トンデモナイ閃きの持ち主なのか・・・ 多分両方かも(笑 イヤヤ感激しました。 コンパクトストロボの新境地が開かれた瞬間を目の当たりに見た私は幸せ者ですね。 スガノさん、有り難うございました! 今月のアイデア賞決定ですね。
 27:03/27 伊藤裕一氏 :その2
新藤様 こんにちわ。 やっと仕事も落ち着いたので、二作目に挑戦いたしました。 挑戦と言うにはちょっと大げさすぎました。 イメージ撮影で、商品と同色の色バックに使ったりする事が多々有ります。 CDと同色と言うと何かと考え、オーロラフィルムを背景に使ってみました。 データー 1D2MK2 TS-E 90mm f4.5 2秒  LEDライト使用 さっくり撮影ですが宜しくお願い致します。 四谷の伊藤より http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html 白ヒゲ:伊藤様、こんばんは。 今月二人目の2作目出品者ですね。 (私もリベンジすると言いつつまだですね・・・) さて・・・オーロラフィルム、これって意外に難しくないですか?? 動きがあることで美しく見える感じ、つまりスチールで使うと手ごわい? それでもここまで持ってきたのは伊藤さんの腕力。 忙しい中でのトライには頭が下がります。 有り難うございました。
 26:03/27 雨宮秀也

新藤様
こんにちわ。今月も月末になってしまいました。忘れていた訳ではないのです。お題が難しかったのです。
もうあまり考えずにファンク一発。sly and the family stone のCDです。このジャケットは1970年当時1カット2500ドルのアベドンが撮っています。ライナーに歌詞の日本語訳が付いています。「出来るぜ」「やるぜ」「いっちょやってやる」なんて書いてあって、この写真を見ると、これってかっこいいのかおまぬけなのか判断に迷います。まあ極左は極右に通じるという事なのでしょう。
ところで、この撮影はレンズからこのCDの穴をのぞいて見ています。あの、言い訳がましいですがちゃんとCDを撮ってるのです。隅が落ちた上にソフトがかって面白い雰囲気になります。人前でこれをやるとかなり謎でまぬけチックです。もしかして俺ってかっこいいの。

雨宮秀也 http://www.hibihana.com

白ヒゲ:CDフィルターですか・・・流石目のつけどころがカッコイイ!
しかも懐かしいCDですねえ。【いっちょやってやる】・・時代を現してますね。
あの頃はそれでも窮屈に感じていましたが今思えば自由な時代だったんですね。
  自由、これがまた難しい言葉ですけどね。
今月もナニゲに哲学的な深い作品有り難うございました。
 25:03/26 廣畑 勝則
DCS14n Ai55mmマイクロ 1/60 f11 ISO 80 バンク1灯 トリミングとトーンカーブ調整です。 2枚を使って。 ちなみにおやっと思われたら通です。2枚目は作品ではありませんがCDの紹介です。 すみません。 書き込み面も黒いCD−Rです!ですから七色に輝きません。 表はレコードの用に溝が切ってあります。 たしかプレステも黒いメディアだったような(もってませんのでたしかではないです)。 長々とすみません、よろしくお願いします! http://www.sarumac.com/ 白ヒゲ:透明感があって美しいですね。イイ感じです! 実はこんな黒いメディアがあるとは存じませんでした。ヘエ〜ヘエ〜。 これで納品したら受けそうですね。これって高いんでしょ?? CDを見ただけでプロ!そんな感じですね。 情報有り難うございました!!
 24:03/25 asa_k
カッコよく題をつけると「0と1と光と影」 本当はさっきまでCDだった、今はゴミ こうなってしまってはもう読み取れません! 不要な情報を徹底的に破棄していますか? 私は?と言うと・・・・・ ---------------------------------------- D70 18-70mm  /// asa_k 今回もよろしくお願いします。 白ヒゲ:CD用のシュレッダーって見かけますね。 私は不要になったものは不燃ゴミの日に出してしまいますが それを誰かが拾ったとしても何の役にも立たないものばかりでしょう。(笑 こうして作品になってみると改めてその情報というものの意味について 思いを巡らしてしまいますね。 これから先更に密度が増大していくと思うと複雑な気分です。 問題提起な作品有り難うございました!!
 23:03/24 fss2301
fss2301@仙台です。 新藤様、いつもお世話になっております。 遅くなりましたが今月の作品を送らせていただきます。 タイトル:幸運のCD CDに雲を映して撮ろうと思いましたが、今日はいい天気過ぎてあまり雲がなくて 困りました。それで、雲を求めて移動を繰り返して何度か撮影していましたが、 最後に偶然にも幸運のシンボルが一緒に映ってくれました。 D200 + SIGMA 28mm F1.8 MACRO 絞り優先 f2.8 1/3200sec WB太陽光 ISO200 切り抜き、ゴミ消し、トーンカーブ調整、 リサイズ、アンシャープマスク、JPEGサイズ調整 http://fss2301.dyndns.org/dc_up/dc_up02.html 白ヒゲ:何だかすごく幸せな気持ちにさせていただきました。 管理人をしていて良かった・・・そんな気持ちです。 fss2301さん、きっと良いことがありますよ! ・・・もし仕事でこんな撮影の依頼が来たら・・・ 一発で撮るにはリスクが高いですので合成案でいきましょう。 そんな発言を尤もらしい顔で言ってしまいそうな自分がチョット恥ずかしい。 先ず努力をすることは忘れてはいけませんね。 涙出ちゃいました。
 22:03/24 大河原利道
お世話になります。 新藤様。 CDなかなか手強いですね。 ピントをぼかしてみたら、 あら不思議。 シマシマ模様が出てきました。 いい加減なセットで撮っていたので 周りの写り込みの方にピントが合ってきて 縞模様が出てきたんでしょうね。 http://www.remus.dti.ne.jp/~toshim/ 白ヒゲ:これもキレイですね!! センスを並べたようなセンスの良さ(イタタ・・・ 不可思議でいて気持ちが良い。 これが偶然だとしても素晴らしい。ポイント高いです! 大河原さん、お疲れさまでした!!   シャドウ部をチョットだけ締めても良かったでしょうか・・・ いやあ、ホント今月の後半は目が離せない状態に突入ですね。 着想の大胆さが新鮮さが、今月の勝負でしょうか?
 21:03/24 山本耕司
新藤さま いつもお世話になります。 なんか、ヘンな写真撮っちゃったんですよねえ。 ボツにしようかとも思ったのですが、 まあ、それも勿体ないかと思って、応募します。 EOS 20D + EF100mmマクロ http://home.j08.itscom.net/studio-k/ 白ヒゲ:オットこれは見事な和風ですね。 カラスウリでしょうか?? 春の夜の満月。 これでサクラがあれば言うこと無し・・・ 追伸:ビールも欲しいです。
 20:03/23 伊藤裕一
新藤様 ご無沙汰しています。 CDのお題ですが皆様苦労されていますね。 はい私も降参いたします。 お題「勘弁してよ新藤さん」と言う感じで、お仲間に登場して頂きました。 リベンジ頑張りますので、お許しくださいませ。 伊藤裕一 http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html 白ヒゲ:ここ・・これは・・・あまりにもファンタスティック・・ と言うべきなのか・・・ファンキーと言うべきなのか・・・フ〜 何だか凄いことになってますね。かなり濃い感じ。(笑 今月はスローペースですが、後半に入り新たな展開を見せてくれますね。 どうなることかと思っていましたが、それなりに楽しい。 伊藤さんのこの一枚で楽しさが倍増しましたね。 有り難うございました!
 19:03/22 伊藤英夫氏 :その2
新藤様 いつもお世話になっています。東大和市の伊藤です。 前回提出のリベンジをと挑戦いたしましたが、手ごわくて、全部のCDに美しく色を発 色させるのはダメでした。 ダメの結果作品で心苦しいのですが挑戦したという意味で提出させていただきました。 どうぞよろしくお願いいたします。 コダックDCS RAWで撮影、CS2で現像 ライトはタングステンを使用いたしました。 伊藤英夫 白ヒゲ:伊藤様、こんばんは。 透過光で撮影していただけたのですね、有り難うございます。 私はリベンジを約束したはずなのに・・・未だに実行していない・・・ 伊藤さんは、こうして再びくじけずに立ち上がった。 この差、この積み重ね、実はこれこそが何れ大きな差になるのです。   これだけの面積を透過光で撮影することは結構準備に時間がかかることですよね。 その努力と熱意に頭が下がります。 とっても嬉しいですね。 作品は一作目と比較して飛躍的な進歩ではないかもしれませんが、 今月チャレンジされたことは、間違いなく記憶の中に残ることでしょう。 正直言えば、今月のテーマをCDと決めたことを後悔していたのです。 でも伊藤さんにリベンジしていただきチョット報われた気持ちです。 助かりました。(透過光・・・チョット強いかも・・・)
 18:03/22 シンゴ
新藤様こんにちは 月例送ります。 投稿されるみなさんのようにくすっと笑えたり、 感心するようなアイデアがないかといつも考えているのですが全く浮かびません。 開き直ってとにかくライトをセットして眺め回しているうちにこんな感じになりました。 せれにしてもモノを観察することって大切ですね。いままでCDは丸くて薄い板のイ メージでしかなかったモノが、観察しているうちにとてもカッコよく見えてきました。 機材:D2X+Nikon105mmMACRO 露出:マニュアル F4 1/125 ISO:140 光源:モデリングランプ http://members.jcom.home.ne.jp/d.com/ 白ヒゲ:カッコイイ!! 美しい!! お見事!!  これは素晴らしいですね。参りました。 透明感、インパクト、静と動・・・ CDのエッジのともすれば雑にも見える味わいが物凄く効いてますね。 正にデジタル時代を象徴しているような作品です。 今月の超高感度作品賞に認定します。
 17:03/22 窪田勇
新藤さま 月例遅くなってしまいましたが提出いたします。 最近子供に宿題なんか速くやってしまえば親にも ゴタゴタ言われないで自分の好きなことできるのに・・・ なんて言っておきながらいざ自分の事となると実行できてませんね。 いつもプリンタブルホワイトのCD,DVD-Rのを買ってきて 写真のように納品時に必要事項をすぐに書き込めるようプリントしています。 入れ物はCELSUSから出している不織布のCD&DVDスリーブというのを使ってます。 撮影はスタジをの作業場では無く自宅のMac環境でサラッと 撮影してしまいました。EOS10D では土曜日のEー330テスト@新藤事務所はお邪魔したいと思ってます。 ではよろしくお願いします。 http://www.st-m2.com 白ヒゲ:窪田様、こんにちは。 シンプルで美しいデザインのラベルですねえ。 さて、作品ですが・・軽く流して撮影しているように見せかけて、意外にもスキが無い。 例えばペンの位置。DVDドライブの角度。DVDメディアの輝き。 余分な空間が存在しない。 ポイント高いと思いますね。 貴重な情報とともにさりげない作品、有り難うございました!
 16:03/22 すぎ
新藤様 こんにちは、すぎです。 月例写真投稿します。 CD面へ反射する光にピントが合わせにくいので ヤケになって塗ってみました。 結果、塗ムラだらけになってしまったのですが "月”っぽくなったような気がします。 苦しいでしょうか(汗) EOS-20D 50mm F2.8 自然光 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 白ヒゲ:すぎさま、お早うございます。 ピントが合わせにくいときMFを使用するという方法もありますよ。 さて、作品ですが何を塗ったのでしょう??そこが不明ですが新しい発想ですね。 考え方は独自で素晴らしいと思います。問題はここから先、もう一歩つっこんで 欲しかった・・・・。 数十枚のCDが濁った色水の中に雑然と入っていて、CDの一部が水面に顔を出している。 そんなイメージが私の脳裏には浮かびましたが・・・。   今月のテーマはどうやら難しいようです。 そんなテーマに果敢にアタックしてくれたすぎさんに拍手です。
 15:03/20 谷口正規
新藤様 こんにちは、VIVO 谷口です。 課題のCDですが手ごわいですねー、皆さんのようにきれいなグラデー ションがうまく出せないので、ちょっと違う表現を狙ってみました。 ライティングは以前使用した3W×5発のライト一本をCDの上から使用 しています。 (中央付近にライトの反射が見えています。) シャボン玉というか深海のクラゲというか不思議な感じになりました。 よろしくお願いいたします。 谷口正規 _V_I_V_O___________________________ _M_A_S_A_N_O_R_I_T_A_N_I_G_U_C_H_I_ http://www.vivo-design.com/ 白ヒゲ:こんばんは、谷口さん。 ホント、クラゲに見えますね!不思議な画像です。 厚みがあるようにも見えます。魚の目のようにも見えます。 誰もCDだとは気が付かないのではないでしょうか・・・・ 夢の中にいるようです。 デザイナーにしておくのは勿体ない!! (イエ、カメラマンでなくて良かった〜  笑)
 14:03/19 牛ちゃん
新藤さん、こんにちは。 牛です。 先月は応募できませんでしたが、今日仕事のかたわら に一枚撮ってみました。 本当は、CDにモデルさんが写るパターンをやりたい のですが.... EOS-1DsMK2 / TAMRON 90mmMACRO ST-E2 + 550EX x1灯 M撮影 今回はアップされるレベルに達していないかな。 白ヒゲ:牛ちゃん、こんにちは。 これは大分苦労されました?? CDはいざ撮影を開始してみてその手強さを再認識・・・ そんな感じだったのではないかと想像いたしますが この作品の中にこれはキレイ!! そう感じた部分が実はあります。 右上の一枚のCD。 写り込みや光り方、どちらも美しいですね。 もっとこの一枚に寄って撮影しても面白かったのではないでしょうか? この一枚に対する写り込みのために他のCD達が存在する。 贅沢でしょ。 モデルを写り込ませるというアイデア。 それも良いですね。 上手くいくかが問題ですが、合成という手もあります。 今時ならばそちらの方がリスクは少ないでしょう。 時間はまだあります。 是非トライしてみて下さい。
 13:03/17 Miraiさん
新藤さま こんにちは。カリフォルニアの未来です。こちらは真冬でも昼間は薄いセーター 一枚の有り難い気候ですが、数日前の夜間に雹が降っておどろきました。 突然ものすごい音がして雹が窓ガラスをたたきつけたので、一瞬何が起こったのかと 慌ててしまいました。 さっそくですが、今月も参加させていただきます。 EOS20D S:1/15 Av: F11 ISO:200 レンズ: タムロン 28m−300m 自然光 フォトショップでブルー系に仕上げました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 新藤さんのコラ画像素敵ですねぇ。携帯のボタンから人が飛んでいる方は 特に新藤さん特有の個性を感じます。 そういえば、東京にいたころ私も井の頭線常用者だったのです。 家は小金井公園の近くでしたが、吉祥寺は通勤の通り道でした。 吉祥寺の井の頭公園の近くと、高井戸に友人が住んでいました。 久我山にも友達の家がありましたよ。井の頭線沿線は私の大好きな都内でした。 新藤さんのサイトによく井の頭線界隈の話が載るのでいつも懐かしい思いで 拝見させていただいています。 それでは宜しくお願いします。 白ヒゲ:奇麗に撮影されましたね。オーロラのようでもあり、宇宙のようでもあります。 静寂の中に情熱を感じますね。バランス的には下部がやや空きすぎ? もう一枚チョコンと下の方に見えていても良いかもしれませんね。 有り難うございました。 miraiさんが井の頭線愛用者だったとは知りませんでした。 車両の色使いから始まり乗客も含めて全てのバランスがとれている路線ですよね。 住んでいるからというわけではなく、最も好きな路線ですね。 さて、お褒めいただいたコラ画像ですがアイデアはデザイナー氏が考えたものですので 私のオリジナルというわけではありません。褒めるならデザイナー氏を是非。(笑
 12:03/17 Plala
いつも楽しく拝見しています。 新藤さん100万アクセス遅れましたが改めておめでとうございます。 100万アクセスを記念しまして「記念CD」を作成してみました。 Mozart?に作曲を依頼しました。曲は100万達成にふさわしく厳粛ながらも Mozartらしく明るくテンポがありました。 次の200万アクセスに向けて大変でしょうが更新よろしくお願いします。 おことわり 「CD」の画は写真家の田中博さんのサイトから無断にて拝借させていただきました。 田中博様、新藤様の100万アクセスを記念してお許しのほどお願い申し上げます。 新藤様[CD]の画に問題があれば掲載を見合わせてください。                                     大阪 和泉 白ヒゲ:Plalaさん、嬉しいCD有り難うございます。 今月のテーマを正攻法ではなく?柔軟な発送でチャレンジした点も素晴らしいですね。 この作品で今月の流れがチョット変わるかもしれませんよ。 明日はオリンパスでEー330の勉強会があります。(捨て身研主催) 田中さんともお会いできるかな・・・
 11:03/16 ヒゲMac
お世話になります 新藤様 月例作品「CD」を送らせていただきました。 先月は案は浮かぶものの撮影のセットを組むのがおっくうになって どれも腰があがらずそのまま二月は逃げてしまいました。(笑) どうも真の牛根性がでてしまって仕事で火がつかないと どうしても撮影はその場でそのまま撮れる構図、光。雰囲気となってしまいます。 申し訳ありません。(悲) と言うことでこれもそのままパソの前で椅子に座ったまま撮影という そのままなんです、が、一応CSで合成して先月のコラ画像にはなっておりませんが、 合成作業件CDと言う形をとってみました。 「どういうこっちゃ?」みたいな意味です。 大雨の降る外光、室内蛍光灯 Nikon D70  手持ち ヒゲMac 白ヒゲ:一見何でもない風景。なのにアレッ??  カッコイイですね。CD以外をモノクロにした効果も効いています。 全体のメリハリ、コントラストの美しさ。 構図の繊細さ、全てが上手い具合に渾然一体となっている感じがしますよ。 ありふれた日常の中の一コマ、イイですね!
 10:03/09 藤山寛治
新藤さま、おつかれさまです。 今回のSB800+D2Xバーサス580EX+1D2、AWBテスト ニコンユーザーの私にとっては興味のあるところでして たいへん参考になりました。 テストに参加された皆様にお礼を申し上げます。 さて、今月のお題「CD、DVD」ですがやはり難問でございました。 過去にBUFFALOの外付けCD-RW時代にさほど知識のない私にとって 大量データーの書き込みに四苦八苦した経験は今でも思い出となってます。 かなりの枚数がこの写真のようにゴミ箱行きでした。 まったくトホホ・・・・。でございました。 ということでよろしくお願い致します。                                     藤山 :::::::::::::::::::::::::                       寛フォトグラフィ WEB Site http://www5a.biglobe.ne.jp/~kanphoto/ 白ヒゲ:初めに文章を読んで、次に作品を見て・・・ 笑ってしまいました!!  こんな手で来たか!! 楽しいです。フィルムの黄色い箱・・・懐かしい! さりげなく美しくもあり、シンプルでもある。 癒されてしまいました。 追伸:今回のストロボテスト、あれでパーフェクトとは思いませんが 参考になったようでテストした甲斐がありました。 有り難うございました。
 9:03/07 福岡の O
新藤さま こんばんは。 福岡 O です。 月例その2です。 イメージを狙いましたが土星の輪みたいな感じになってしまい ました、ナカナカ難しいです。 D2x  プラナーZF 50mm 1.4+MacroTeleplus 多色ライトセーバー(ディフューズなし) よろしくお願いします。 では。 白ヒゲ:多色ライトセーバー登場ですね。 まるでソフトフィルターをかけたようなメローな仕上がり。 若しくは銀座のネオンが写り込んだような夢心地気分。 しかもCDが回転しているようにも見えますね。 多色ライトセーバー使えますね。 有り難うございました。
 8:03/07 新藤修一:白ヒゲ
イキナリお詫びの白ヒゲです。 【これの何処がCDなのさ!】と言うブーイングが聞こえてきます。 え〜困ったときのマクロ撮影ですね。 しかも水で逃げるという姑息な根性。 我ながら情け無い。 必ずやリベンジする覚悟でおりますが、ストロボテストもしなくちゃいけないし しばし、これで御勘弁のほどを。 580EX、2台 1D2 EF100マクロ+接写リング
 7:03/07 伊藤英夫
新藤様 いつもお世話になっています。東大和市の伊藤です。 今月の課題提出いたします。 本日頭をひねらせていろいろ試みましたが、結局CDを並べただけになってしまいまし た。 RAWで撮影CS2で現像、何も画像をいじらずjpgにしました。 よろしくお願いいたします 遅くなりましたが、前回のコラ画像の兵隊さんの服は、仮装した人です。 伊藤英夫 白ヒゲ:伊藤さま、今月も参加頂き有り難うございます。 イヤ〜CDは結構大変ですね。 伊藤さんの作品、上部は大変美しい! この調子で下部まで美しければ 言うこと無し。 それから・・・贅沢な要望を一つ。 これで透過光にして抜けた部分が白ならもっと美しい? ゴメンナサイ、無い物ねだりですねえ。 来月はもっと撮りやすいものにしましょうね。 お疲れさまでした。
 6:03/06 福井の谷口
新藤さま おはようございます。福井の谷口です。 CD、手ごわい相手ですね。 特に埃との格闘が。。。(笑 そのうえ、画像処理用マックでは色がわかるんですが、 web閲覧用のmac『インチキじいさん、G3PB』では、 青の彩度が高すぎて、液晶上では色が全く再現できませんでした。 どんな色になっていることやら。。。 そんなカンジの虹を求めてさまようような旅でした。 『Lucy in the Sky with Diamonds』なカンジに、 少しは近づけたのでしょうか?(やや、不謹慎) では、よろしくお願いいたします。 -- std.nukes. ==Taniguti*syuzi*hidehalu== カメデジデメカ : http://nuphoto.exblog.jp/ 白ヒゲ:ウオ〜・・・ドハデで谷口さんっぽい!!(笑 イエ、谷口さんみたいにカッコイイ!!! 【光の迷宮にヨウコソ】 そんな感じですね。 私が想像していた絵に近づいてきました!!   言うは易しですね。失礼しました。 580EXの検証は少ししましたがヤッパリ優秀ですね。 でも、こうして芋焼酎なんぞも入りつつあり、今日オシマイにしようかと画策中。 今月も素晴らしい作品有り難うございました。
 4_5:03/03 尾苗 清、
今回も楽しんで撮影してみました。 撮り終わった後にiso1600になってる事に.....時既に遅かりし由良之助(笑 流石20Dですね何とか見られる感じなんでこのまま行ってしまいます。 ライトはフラッグフレーム越しの一灯 セッティング含めて撮影は10分程で済みました(笑 本当に重宝しています(感謝) PS:実はどちらを送ろうか迷ってます(笑 新藤さんがどっちを選ぶのか興味津々なので両方送らせて頂きます。 お手数ですが宜しくお願い致します。 http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/ 白ヒゲ:尾苗さま、こんにちは。 ISO感度はウッカリ800だったりすることは希にあります。 ですが・・・意外にいけることも多く冷や汗モノですが恐ろしくもあり。 キヤノンならではのエピソードと呼ぶのでしょうか? さて、作品ですがグラデが美しいですね。 背景は何でしょう?? 例の漆ですか???
こちらの作品・・・よく見るとkiyoshi onaeが美味しいところに
ついてますね! 尾苗さんらしいアイデアですね。


今回2点送っていただきまして、どちらかと言うことでしたが
取りあえず、2点ともアップしました。
  私の一存ですので、本当はもう一つ送りたかったのに・・・
  何て場合には御相談下さい。善処いたします。
 3:03/02 中畑 佳久
ご無沙汰しております。中畑です。 今月のお題はCDですね。 CD-Rを並べると雨の波紋に見えない事も無いので、上に蛙の玩具を置いてみました。 宜しく御願い致します。 中畑佳久 白ヒゲ:中畑さま、こんばんは。お久しぶりですね。 今回の作品、美しいですね。カエル無しでも十分すぎるほど! 意外にCDを美しい色に撮影するって手強いこともあり・・・ なのに素晴らしい。 私もボチボチ明日辺り取りかかろうかなあ。 話題は異りますが 明日夕方からSB800 VS 580EX対決をする予定です。 興味のある方は是非連絡下さい。 この手のストロボに対するAWBってなんなんだ!!テストが主です。
 2:03/01 福岡の O
新藤さま こんばんは。 福岡 O です。 もしかしてフライングかもしれませんが・・・ なつかしのアナログプレイヤーにCDをセットしてリスニング。 このプレイヤーはまだ現役で偶に使用していますが古くて錆こ いています。 ターンテーブルを廻しながら撮影しています。 撮影後、CDを見るとしっかりと円形にキズが書き込まれてい ました(笑 よろしくお願いします。 D2x VR 18−200 -- 白ヒゲ:タマタマ関さんと被ってしまいましたね。 関さんも指摘した通りOさんってばマニアック! センターのウエイトがスンゴイ! カートリッジは何処のでしょう??  残念・・・今月のテーマをオーディオにすればよかったですねえ・・・ オーディオは撮り甲斐もありますしフォトジェニックですからねえ。 先ずはマニアックなメカニカルな作品有り難うございました!!
 1:03/01 関 行宏
新藤様  いつも楽しく拝見しています。  今月も「すぐやる課」です(笑)。  福岡のOさんがオーディオマニアだったり、  仙台のOさんがジャズテナー吹きだったり、  最近は新しい発見の連続。  ということで、アナクロ人間らしいモチーフにて  CDを取り上げてみました。  EOS-5D + TS-E90mm 壁バウンスで1灯(COMET)  CDだけフォトショで放射状ぼかし  オーディオファンの方向けに補足 プレーヤ DENON DP-6000 アーム SAEC WE-308N カートリッジ SHURE V15 type3  CDはキャノンボールアダレイのSomethin' else  よろしくお願いします。 関 行宏 http://www.sekitechnologies.com/ 白ヒゲ:オッ、デンオンのプレーヤーですね。懐かしいですね。 レコードはキヤノンボールアダレー、これまた懐かしい。 私も新発見!コメット持ってたんですね!! テーマと関係がありませんが・・・CDでアナログの溝があってもマジ面白いですね。 数曲分楽しめるってイイと思いません??(笑 最後になってしまいましたが、写真また腕上げたんじゃないですか?? やるなあ〜。
.
このページの先頭に行く
 2006/03/31 昨日今日。
昨日の花のカレンダー撮影は、朝8時半入、終了午後4時半。
全13カット。無事に終了しました。
大型ストロボx1 モノブロックx2 580EX x2 550EX x2 SB80DX x1
1Ds2、1D2、パワーブック、アシスタント2名
これがザックリとした機材と人員。
撮影場所がマンションと言う制約もあり、今年はモノブロックを含めて
大型ストロボの登場は一度も無し!! 自然光或いは580EX1台か2台で済ませてしまいました。
因みに移動はタクシーです。

今日は湘南方面で分析機の撮影。
大型ストロボ2台、モノブロック2台、580EX 550EX SB80DX
パワーブック、アシスタント1名
流石にこの日は580EXは登場せず、大型ストロボのみの使用でした。
10時スタートで終了が7時半。
流石にこの日は苦渋年式の登場です。
仕事で使用したのは今年初めて。プライベートを含めても4度目の運転。


本日の夕日@湘南方面 1D2+EF50mm
東京で見る富士山よりも遥かに大きく見えることに驚きました。


       
 2006/03/29 大型ストロボにキヤノン580EXをスレーブさせる方法。
キヤノン580EXは、大型ストロボとの相性の悪さは既に定評があります。

市販のスレーブが何故580EXで使用出来ないかは分解まではしていません
ので不明ですが、簡単なスレーブで間違いなく動作しましたので報告です。
左のフォンジャック型スレーブは、私が20年近く前に表参道スタジオで
使用していた大型ストロボPRO2のために制作したもの。
回路はその下、実に簡単なものです。
製作費は500円程度ですね。(因みに純正は1万円程度だったか? タカー!!)
   TPS601Aはジャックの頭から見えている透明半球の部分(受光部)
   ですが、厳密に言えばみえているのはTPS601、今は廃番になっていて
   TPS601Aが代替え品種です。そんな訳で形状が異るかもしれません。
   フォトトランジスタは他社製でもあると思いますがテストしていません。
   パラに入っている0.01μはPRO2ではこれが無いと勝手に繰り返し
   発光してしまいました。
こいつを580EXに接続してみると見事に使用出来ました。
また、私が愛用しているウルトラスレーブでも問題ないようです。
これを580EXに接続するためにはヤヤ面倒なので別に何か用意するべき
でしょうが、とりあえず。

このスレーブは580EXに限らず殆どのストロボに使用可能なはずです。
ホットシュータイプで幾つか作っておけば怖いもの無しでしょ。

たったこれだけのことですから是非キヤノンが580EXに初めから組み込んで
欲しいものですが・・・・


大型カメラ店で購入できるホットシュー付きのスレーブは初めの一発だけが
スレーブするだけで2発目からは同調不可です。
ですが、シンクロコードをとれるホットシュータイプでしたら、シンクロコード
での接続は可能です。



大型ストロボをメインにして580EXをスレーブ出来る方法について
 福岡のO氏からの情報の追試でした。Oさん有り難うございました。
左:ほらね、無事にスレーブしてるでしょ。
因みにホットシュー部分はペンタックス。
この辺り、意外に相性があるかも。
フォトトランジスターは実は東芝製ではない怪しげなやつ。
メーカー不明品。(姿はそっくり)
コンデンサーは噛ませなくても問題なかったみたいです。
このままテーピングする方法もありますが、ウルトラスレーブも
使いたいのでフォンジャックのメスを取り付け上のスレーブや
ウルトラスレーブを取り換え楽しむ予定です。

ではなく、明日のカレンダー撮影で活躍してもらうつもり(笑

朝9時スタートで3〜5時辺りまでに表紙を含めて13カット・・・
これは結構キツイですよ。
マジフィルムじゃ終わりません。

追伸:怪しげなものと東芝製を比較すると東芝TPS601が
高感度であったことを付け加えます。

追伸:2 昨日プロサービスでセンサークリーニングをしたついでに
質問してみました。
【大型ストロボをメインに使用して580EXをスレーブ発光させる方法はないの??】
暫くお待ち下さい、と消えた2分後
  【ありません】と、キッパリ。
あのね、こんな僅かな事で解決するんだからさ、そんな否定はダメでしょ。
新藤様
お久しぶりです。大型ストロボの同調でちょっと参考までに
最近料金払い忘れてサーバが消えてしまいましたが、ジェダイミーティングの時
にお見せした、noguchitek.comに乗せていた内容です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~pipin/20011117/index.html
市販の同調回路が動かないのは高圧用に作られているからではないでしょうか。
このページのCircuit1です。
一つこの回路の欠点は昼間の明るい場所では使えないといったことでしょうか。
ちなみに私のページのタイトル、Multi Flashは間違えで、Multi Flashesですね。
---
Michitoshi Noguchi
追伸:03/31 ノグチ氏からの考察頂きました。
既にテストをされていたようで・・・待てよ・・・上の話を聞いたのはO氏じゃなくてノグチさんだった???
(もしそうでしたらノグチさん、ゴメンナサイ)
シンクロ電圧は昔のストロボは確かに高電圧のものが多かったですよね。
300v近くあるものもあったように記憶しています。
最近のものは殆ど10V以下に設定されているはずで
高電圧のものはデジカメやフラッシュメーターには不向きなようです。
なのに相変わらず市販のスレーブが高電圧タイプなのだとすれば
あまりにも進歩が止まっているとしか思えませんね。
低電圧用を高電圧で使用して不具合が起きることを恐れているのか??
困った体質ですね。
貴重な情報有り難うございました。

追伸:04/01 フォトトランジスタは直接シンクロに接続して不安に思うかとがいるかと思いますが
シンクロ電圧が10V以下のものなら先ず心配はいりません。
  確か多くのフォトTRは耐圧が30V程度と思います。
ただしシンクロが200〜300v程度の高電圧タイプ(最近の小型ストロボは皆10V以下だと思います)は
ダイレクトではフォトトランジスタを破壊していまします。
抵抗をかませれば感度の低下は避けられず、高耐圧トランジスタ等を組み合わせる必要があります。
まあ、二〜三百円のフォトTRですので万一破壊しても実害は軽微でしょう。
2本の足は極性がありますが、ダメなら反対にして見ればOK。
何にも難しいことはありません。
器用な方なら550や580EX内部に組み込み事も可能でしょう。
受光部だけ穴を開けて飛びださせて、スイッチは無し。
使用しないときは黒テープで目隠し。これでOKですね。
  昔、ニコンのSB−23(ホントに小型な単3、4本タイプのストロボ)に
  ハーフスイッチを付け(チャージ1秒!)ミニフォンジャック、シンクロターミナルを増設したことを
  思い出しました。

2006/04/03 キヤノン580EXを改造する。これでどんなストロボともスレーブOK!!
   
 2006/03/28 一気に春来てますね。
一気に春来てますね。
今朝は久しぶりに銀座キヤノンでセンサークリーニング。(1D2、1Ds2)
10時ジャストに到着して仕上がりは10:30。
銀一に顔を出し、一路スタジオへ。

カミサンからは漁師のコートと呼ばれるカーキ色のコートをスタジオの流しで洗濯・・・
  (こんなタフなコートはそれが一番相応しい。)
で、今もう午後1時。これからmac作業に突入。
何とか明日までにケリをつけたい・・・まだ7ページ分の合成作業が残っている。
更に明後日に控えた花カレンダーの準備もしなければならない。
  センサークリーニングも実はそのため。
何だか気ぜわしい今週です。
  そんな時に限って洗濯を始める天の邪鬼な私をミッケ。

 2006/03/27 オリンパスEー330 テスト。/葛西貝塚、現代版。
土曜日のE-330テストには私を含めて5人の方が参加してくれました。
ボディは一台ですのでそれぞれの方がゆっくりと堪能・・・というわけには行きませんでしたが
幸いなことにE-300ユーザーの☆ぴぃ〜さんも参加してくれたので
E-300と比較しての話や、Eシリーズのメリットやデメリットが聞けたことは収穫でした。
さて、参加された方が実際に手にして最も興味をもたれた点は矢張りライブビュー。
私はAモードの必要性はあまり感じませんでしたが
  水中写真では大いに支持されるかも
そんな意見もあり、なるほど水中デジカメではオリンパスのシェアはかなり高いと
聞いていましたので妙に納得。
Bモード。実際の撮像素子でのライブビュー。
これは皆さんにとっても驚きのようでした。
時計や指輪でカーボン三脚に固定したE-330で覗いてみましたが
  ライトは大型ストロボのモデリングランプ
絞りの変化による被写界深度の変化がリアルタイムで、しかも明るいままに確認できることは画期的ですね。
また、例えば50mmマクロの最も切れがよく、被写界深度が稼げる絞り値はf8〜9
なんてことが即わかってしまいます。
  レンズの良し悪しが瞬間的に判断できてしまうわけですね。恐ろしいシステム!
Bモードの場合2.5インチ液晶パネルに視野率100%で表示する方法と
あらかじめ指定した部分を10倍に拡大表示する二通りの方法がありますが
いきなり10倍はチョット問題かも。連続的な拡大とまでは言わないまでも数通りの選択肢がほしかった。
  10倍にしたときにそのままでは液晶上で移動できない事は残念。
  一度100%に戻さないと表示を移動できません。
Bモードでライブビューにしておくとボディがジンワリと温かくなってきます。
取り説にも説明がありますがノイズ増加の原因にもなるようです。
その辺りは今後の進歩を待つか、使用時の注意が必要です。
テストはカーボン三脚に固定しましたがBモードで10倍表示させると、三脚のテストもかねているような感じ。
しっかりとした三脚の必要性を痛感しますね。
E-330の場合、レリーズはコンデジにオマケで付いているようなリモコン式タイプ。
問題はそのボディ側受光部がグリップ前部辺りにあって、後ろからでは反応しにくい。
これは早急に改善してほしいですね。

E-300と比較してE-330のファインダーが暗いのではないか・・・という不安は思ったほどではなかったようです。

具体的なデータはまた別の機会にサイト上でお見せしたいと思います。今回はここまででお許しを
☆ぴぃーさんのサイトにも早速レポートが上がってるようです。こちらもどうぞ。

Heart de Kiss Graphity☆ぴぃ〜です
土曜日はE-330テストの機会を設けて頂き有り難うございました
マクロレンズのインプレッションをブログにアップしました
http://ktai.blogzine.jp/

PCプレビューについて
OLYMPUS STUDIOに「OLYMPUS Studio Camera Control」が添付
されていますが、プレビューは出来ずリモート撮影・データ転送のみ
のようです
http://olympus-imaging.jp/lineup/digicamera/soft/oly_studio/
「カメラコントロール機能」紹介イメージにiBookがでてきてびっくり…

Pnasonicフォーサーズ
http://www.dpreview.com/news/0602/06022609panasonicdmcl1.asp
これを見るとE-300シリーズの形状はこのライカモデルのために作られたような…
こちらのほうが自然に見えてしまう…(笑)

お知らせまで。/

EOS20D、sigma17−70 左上、永福町大宮八幡のニワトリですが・・・珍しい種のようです。ウコッケイでもないらしい。 ヒナが2〜3羽いますがメスは絶えてしまったとのこと。ご覧になって譲っても良い!と思った方は大宮八幡まで御連絡を! 左下、27日の新宿御苑、サクラがイイ感じです。カメラを持った方が沢山!! 時代でしょうか、デジタル一眼+カーボン三脚。定番になりつつあるようですね。 代々木公園も行きましたが、こちらはカメラを持った方はヤヤ少なめ。 ですが気が付いたことが一つ。 景気が良くなったためなのか?力で排除されてしまったのか? ブルーテントが殆ど見当たりません。 先日の新聞では路上生活者の数は半減したとありましたので、復帰したのか・・・と信じたい気分ですね。 ところで・・・山窩(さんか)って知ってます?   山の民とも言われていて先住民の血を引いているとも考えられていた。 ここ数日、山窩に関する文庫を読んでいたのですが(タイトルは失念) 著者によれば、それは間違いで江戸時代の飢饉のために村や家を捨て山や川で放浪生活を強いられた方だったのではないか・・・ そんな話でしたが (1950年代辺りまでは関東以西に見られたようです。) それって現在の路上生活者と同じじゃん!! しかもどちらも世間に迷惑をかけているかといえば、そんな話は滅多に聞かない。 葛西臨海公園(右上)の突堤までいくと牡蛎のからが沢山捨ててあるのです。 よく見ると注意書きがあります。【牡蛎のからは持ち帰って下さい。】 つまりそれって、ここで採取してここで食べたってこと?? 隅田川辺りの【川の民】がここまで足をのばしたってことですか???【現代版葛西貝塚】の誕生ですか?? そんな風に考えてみると歴史は繰り返すというべきなのか・・・ 文化とか文明とかって何なの?? そう思ってしまった私です。 現代版川の民、山の民がくじけることなく平和に不自由の無い生活を送れる日が来ますように。
左:満開のプラム@我が家  右:つくし@玉川上水 追伸:タバコの話の続き・・・ 歩いていて前方に喫煙者がいると進路を変更して歩くと書いたことがあったけど どうしようもないときには呼吸を停めます。 2分程度なら苦ではありませんので。 
 2006/03/24 赤鼻のトナカイ。酒、タバコ。
赤鼻のトナカイといえば微笑ましい話です。
が、これが人の場合にはあまり褒められません。
ましてや男性で中年以上の場合には要注意です。
鼻の表面に近い毛細血管が常に拡張気味。
その原因として考えられることとはアルコール依存症・・・飲みすぎ・・・らしいです。
付き合いでショッチュウ飲みに行かれる方も少なくないでしょう。
でもほら、身体が資本ですよ。
飲み過ぎは禁物ですね。

タバコも同様。
2〜30代はまだ余裕があるかもしれませんが40過ぎたらもっと健康に気を使いましょう。
最近不思議に思うことがあります。
携帯灰皿を使用している方をあまり見かけません。
たぶん使用されていた方は、既に禁煙に成功されて次なるステージに移動した??
歩きタバコを見るとガンを飛ばすようにしていますが、彼らもそれなりに筋金入り。
東急目黒線不動前の小さな駅前広場は、駅が新しくなってから禁煙の表示が幾つも貼られていましたが
最近禁煙表示が改札辺りに僅かに残されたものの大分取り払われたしまいました。
残念です。
JRのホームの喫煙スペース。あれもいい加減撤去するべきでしょう。
国鉄時代の赤字の一部をJTに肩代わりしてもらったため?と言う噂もありますが
私鉄各社が健康増進法後に駅構内の禁煙化を進めても、未だに喫煙所が残されている・・・
ホントに迷惑です。
何で山手線の僅かな待ち時間にホームでタバコ吸うかなあ??
あまりにカッコ悪い、惨めったらしい。
昼時の食事中に喫煙も迷惑ですねえ。
一箱3000円くらいに値上げした揚げ句に路上喫煙、飲食店、等での
喫煙、ポイ捨てに対する罰則を厳しくするべきですね。
ライターを持っているだけで危険物所持の現行犯でしょ。マジ。

追伸:最近、何だか嫌煙気分が更に進んできたようで過激な発言ですが、ホントもうタバコ止めようよ。
新藤様
ご無沙汰しております。
禁煙、全くそうですね、おっしゃるとおりなんですが、
人形町でこんなことがありました。
日比谷線の改札を出てすぐの所にあったラーメン屋さん。
三年ほど前に「お昼は禁煙」を実施。
それまで、はやっていたんですが、それ以降客足が落ちて半年ほどで廃業。
まあ、他にも理由はあったんでしょうが、現実を見せられた感じはしました。
かくいう私はもう禁煙して15年ほどになります。
高校生から吸い出して、やめた頃にはピー缶、一缶を毎日吸っていました。
今思えば空恐ろしい。
24日の記事への感想です。
尚、同じ24日の山本耕司氏の作品の植物はハヤトウリだと思います。
失礼しました。
風間 雅昭 (^_^)
白ヒゲ:03/25 風間様こんにちは。確かに廃業に追い込まれてしまう何て事も
あるかもしれませんね。
大きなお店なら分煙するという手もありえますが小さな店ではそれも不可能。
すべての飲食店を禁煙にしてしまえばホントに快適なんでしょうけどね。
それまでに何年かかるかなあ・・・


Subject: お礼。

新藤様
いつもブログを楽しみに拝見させて頂いてます。
カメラ歴は古く(あの団塊の世代です)、写すのも見るのも写真が好きなものです。
毎日の日記もとっても興味深い話題ばかりで、時間さえあればROMさせて頂いてます。 
もうずいぶん前からブログを拝見してるのに、
いざお礼メールをとなると・・・。
今回、思い切ってメールを差し上げましたのは、3月23日の単焦点レンズの出ないわけ、
よくぞ言ってくださいました!このお礼も言わないと。
しかしながら、プロカメラマン(新藤さん)への会社(オリンパス)の言い訳の話に、、 
ため息しかでませんでした。
初めてのデジ一眼レフをE−1に、しかも最近選んだ当方には、
やっぱりアカンなこの会社と独り言、いや怒り(笑)かも。
少しマーケットリサーチをすれば需要があるのは、明々白々です。
現に新藤さんはニーズを言われた、
それこそ、凄い、ありがたいマーケット情報なのに!
勿論そんなこと承知でブログにお書きになったのだと思ってます。
フォーサーズ、規格のオープン化、など理想の裏にやっぱり象には太刀打ちできないアリかなど、
今更ながら、オリンパス=三流という言葉しかでてきませんでした。
プロ写真家に、「売れないから」の返事しかできない、
全く失礼な話と感じています。ビジネスからみたら、ありえない返事です。
最近自分の周りでも一流(名前が通ったの意)会社のミスでトラブルに巻き込まれてしまう
なんてのが立て続けにおきてます。
そして誰がみても分かる、自己都合の言い訳に終始され、呆れています。
すんません。長々と勝手な話、失礼いたしました。
いつかあの課題の写真が投稿できるようになったらいいな、
そう思いながら、いいな〜、この写真、とっても楽しい時間です。
今日も楽しく見させて頂き、ありがとうございました。
吉川和成 拝 
白ヒゲ:吉川様 初めまして・・・嬉しいメール有り難うございます。
私もトホホな人間ですので、涙したり怒ったり笑ったり酔っぱらったりします。
こんな拙いサイトですが、支持してくれる方もいるようで私にとってもとても励みになります。
さて、オリンパスですが・・・吉川さんが考えるよりはマトモナ会社ですよ。
真面目過ぎることが裏目に出ることはあるようですけどね。
単焦点はもう少し待てば出てくるでしょう。
私は今回のE−330、これは勇断だったな・・そう思います。
オリンパスならでは、でしょう。
この路線をこのまま推し進めるようですがある意味ニッチ
他社がやらない部分で勝負すると決めた以上は突き進むしかないのか・・・
まあ、4/3以外手を出さないと決めた訳では無し。
意外なフォーマットのカメラが登場ってことも無い訳ではありません。(妄想)
開発のスピードが遅いことはオリンパスが一番わかっているはずです。
人員の少なさや予算のせいにすることは簡単なことですよね。
今日はこれからE−330のテストをする予定です。
参加者は私を含めて5人、丁度良い数ですか。
全員がプロカメ、さて、みなさんがどんな評価をするのか楽しみです。
個人的には応援したい会社の一つです。
私が言うのもなんですが、見捨てないであげて下さい。(笑
サイトのほうへ書かれていた、喫煙/禁煙の件ですが、ここニューヨークでは、2,3年まえに、レストランやバー、
とにかく公共の一般の集まる場所での一切の喫煙が禁止されました。
もちろん、この街の癖のある喫煙者がそう簡単にそんな法律を受け入れるわけもなく、
その法律施行日の次の日のニューズでは、バーの店員が喫煙を客に注意したところ、
殴られたとか、そんなトピックスで賑わっていました。
それから、数年たった最近では、レストランでタバコの煙やニオイを嗅ぐこともなく、
僕のような非喫煙者には非常に快適です。
でもそのぶん、路上での歩きタバコや、建物の前での喫煙者が目立ち、しかも吸い殻をそのあたりに、
ポイっと捨てる(しかも火のついたまま!)ため、街が汚くなったような気がします。
こっちの映画なんかでもよくみかけるように、タバコを捨てるときに火を消さないのが、この街ではフツーのようです。
日本に帰ったときに、いやだな、とゆうか不快に感じるのが、レストラン等の飲食店い入った瞬間に匂ってくるタバコです。
もちろん、喫煙席と禁煙席とが分かれていたりするのですが、それでもニオイだけは、隔てようがないですから、
そのなんとも室内にこもったニオイが、いい料理を提供する店でも、なんかイヤになってきます。
そんな僕も10代から20代の半ばまで、タバコ吸ってたんですけどね・・・
ちなみに、ニューヨークでは、一般的なマールボロとかそのあたりのタバコが、一箱6ドルくらいします。高いですね・・・
だから僕は、タバコを吸っていて、お金がない、貧乏だとゆうヒトは嘘つきだと思っております。。。
それでは、春のいい季節を愉しんでください。
白ヒゲ:うみぞーー様、こんにちは。
NYはいいですね店内禁煙で・・・東京も早くそうなると良いのですが・・・
【タバコを吸っていて、お金がない、貧乏だとゆうヒトは嘘つきだと思っております。。。】
この件は全く同感ですね。
私がタバコをやめた2001年、恥ずかしい話ですが止めざるを得なかったのです。
そこまで追いつめられていたということですね。
(禁酒まではしませんでしたけどね  笑)
たばこのお話、とても感慨深いものがありました。私はヘビースモーカーですが、最近の禁煙ブームというか
社会意識というか、私たちヘビースモーカーは肩身の狭い思いです....が、先生のご意見はごもっともと思ってます。
自分自身禁煙も試みたのですが、どうしても意志が弱く、情けないかぎりです。お酒はともかくたばこには本当に
百害あって一利なしですものね。自分にとっても、他人にとってはすごく。
もちろんスモーカーとしては周りにも気をつかいますし、マナーに反することは絶対にしないようにしています。
子どもができれば家は当然禁煙、実家も甥っ子や姪っ子がくるので禁煙。それくらい我慢出来る大人になりました。
各自治体の迷惑防止条例もとっても良いことだと思います。
前に一度気を抜いて火のついたたばこを持ったまま、車のドア開けてしゃべってたら、よちよちの娘が走ってきて、危うく!!
顔面直撃でした。他人でも、自分の子でも最悪の事態ですよね...。
それから(じゃおそい)、かなり意識するようになりました。
公衆の場所でのマナーも、歩きたばこ、ながらたばこも当然しないようにしてます...。
Macの前だけは、ネッ!勘弁!
これからも吸い続けるような気がしますが、吸わない人・環境への対応、ずっと紳士でありたいと思ってます。
最悪なマナーの人々も沢山いらっしゃいますが、同じスモーカーとして注意できる人間になりたいものです。
非スモーカーのご意見大変ありがとうございました。
白ヒゲ:ヘビースモーカーの某氏からのメールです。
ここまで意識が高い方は、多分遠からず禁煙に成功するでしょう。
もう一息です!!
陰ながら応援しています。頑張って!
 2006/03/23 単焦点レンズが出ないわけ。
【明るい単焦点レンズを早く出して!!】
先日のEー330勉強会の時、要望してみたのです。
その答えは非常に興味深いものでした。
【需要が少ない】
国内でも最近はズームレンズ使用者が多いことは事実です。
ダストリダクションの付いていないボディでレンズを取っ換え引っ換えすることは
それなりにリスクを伴います。
ボディ2台にズーム2本を付けっぱなし・・・そんな強者も存在するくらいです。
更に海外では、日本ほどボケに拘る方が少ないらしいですね。
その結果開発はどうしても後回しになってしまうようです。
なるほど、キヤノン辺りが新設計の単焦点を中々出さない原因もこの辺りなんでしょうね。
でも、惜しいよね。
Eシリーズはゴミが付かないんだから。
せめて25mmF1.4(35換算50mm標準)程度のレンズは出すべきでしょう。ネエ。

キヤノンは85/1.2の新型を出しましたが需要がそれなりにあるって事なんですね。ホ〜・・・・
 2006/03/22 ミネストローネ。
3/21日 春分の日、善福寺川に行った帰り、久我山駅近くに新しい八百屋を発見。早速寄ってみた。
決して広くは無い店内、でも何だかお買い得な価格!
セロリ、タマネギ、国産大振り椎茸、チンゲンサイを購入、オマケにチンゲンサイを二袋貰ってしまった。
せっかくなので帰るなりミネストローネを大ナベに作りだす。
アッと言う間に完成・・・したのは良いんだけど
小一時間してカミサンが囁く。
  ねえ、あのミネストローネ・・・カレーにしない?
    エッ?!! ナルホドそれも悪くないか。
これから夕飯を支度するのも何だか面倒、意見が一致。
そんな感じで昨夜はカレーです。
まあ、ミネストローネも頂きカレーも食べ
新タマネギサラダにもありついた訳で、それなりに満足。
新しい八百屋が無くならないことを祈りつつ。


追伸:今週土曜日のEー330テスト、現在誰も希望者なし。意外・・・
目黒の窪田さん、参加表明有り難うございました。
03/23 参加希望者2名です。

EOS20D SIGMA17-70
 2006/03/20 大した話じゃない。
お昼から新宿区で撮影(スタジオでモデル撮影)、4時頃一旦スタジオに戻り、7時にオリンパス田中さんを訪ねる。
勿論Eー330セットを借りるためです。
ひとしきり話をして8時からの虎ノ門界隈、取材撮影に向かう。
今(pm11:30)戻ってきて、サイトの世話、ベタ・・・・
どちらのデータも水曜日午前中には欲しいらしい。
あ〜、電車無くなる〜。
明日は善福寺川界隈を、仕事で撮影予定。
忙しぶってみる。(最近アンマリ忙しくないんだけどね、実際のところ。)

で、Eー330テスト@新藤事務所は・・・土曜日3時辺りから如何でしょう??
参加希望者は御連絡下さい。
 2006/03/19 OLYMPUS E-330  捨身研勉強会。
左上、小川町交差点。 右上、新開発nMOS撮像素子。(Live MOSセンサーとオリンパスでは呼んでいます。) 左下、ダストリダクションシステム本体。 右下飯島研究員による天体撮影におけるEー330のプレゼン風景。 土曜日午後3時、小川町オリンパス、プロサービス内でEー330勉強会が行われました。(捨身研主宰です)   その時の様子は田中さんちにも沢山アップされてます、こちらもどうぞ。 オリンパス勉強会はEー1、Eー500、Eー330と私は3回目の参加です。 さて、今回のEー330の目玉は何と言ってもライブビュー機能搭載です。 ライブビュー機能とはコンパクトデジカメでは当り前の機能ですが一眼デジ(レンズ交換式)としては世界初。 Eー330のライブビュー機能にはAモードとBモードの2モードがあります。 Aモードとは、一言でいえばコンパクトデジカメとほぼ同様の感じ。 AFも使用可能です。 ただしライブビュー用のCCDは撮像用ではなくライブビュー専用に設けられたCCDで行います。   そのためにファインダーは如何なるときもEー300に比較すればヤヤ暗く見えます。 さて、Bモード。これが驚きでした。 Bモードはアイピースシャッターを閉じ、ライブビューモード設定にしてBモードを更に選択しますが この場合には撮影用の撮像素子を使用しています。 撮像素子を使用するためにミラーアップ状態、そのためにAFは使用出来ず フォーカシングはMFになりますが2.5インチ液晶は10倍拡大でき(視野率100%も選択できます。) 画面内の僅かな周辺部を除きピント確認が出来、指輪やジュエリーなどの撮影では圧倒的な強みを発揮することでしょう。 絞り込んだ場合にも液晶上でプレビュー出来、しかもゲイン調整された画像は暗くなることもなく 被写界深度が変化する様子を正にライブで確認できる様はホントに凄い。     レンズの絞り込みによる解像力低下現象をリアルタイムに確認できる画期的なシステムとも呼べますね!!!     殆ど蛮勇と呼んでも良いかも(笑   この機能のためにダストリダクションシステムは多いにメリットがあるようです。   真面目なレンズ設計が、こんなときにも効果を発揮することは言うまでもありません。   また4/3と言う規格が被写界深度の深さというメリットを十分に発揮します。   尚、光源が暗い場合や絞り込んだ場合には液晶表示はモノクロになる場合もあります。 これでティルトが出来、接写可能なレンズが登場すれば相当に面白いかも。   マウントアダプターで他社製レンズ(キヤノンレンズは無理)を使用するという荒技を使用する選択肢も・・・ 物撮りの世界に革命をもたらすか? オリンパスってば!   キヤノンST−E2やニコンSU800のようなワイヤレスリモートコントロールも   そう遠くないうちにデビューする予感。 来週から、新藤事務所にEー330が短期滞在予定です。 興味のあるかたは御連絡下さい。
 2006/03/17 CD−R+冷陰極線管ライト。

福井の谷口さんから要望があった冷陰極線管を使用したCDです。
これを使うとこんな風。管自体はCD上空約5CM辺りに浮いています。
ついでながら、種明かしをもう一つ。CDなら何でもこんなキレイな色がでるかといえばそうでもない。
写真撮影に使用したCD−Rは実は記録面ではないほう。つまりラベル面側。
一見どちらが記録面か判断がつかないタイプ。
CD−Rも色々なタイプがあって多少選ばないと上手くいかないかも・・・
まあ、参考出品ということで。
 2006/03/16 ロケハン・・・。
今年も假屋崎氏の花カレンダーの撮影をする事になりました。
で、今朝はロケハンです。場所は渋谷区東、假屋崎氏の仮住まい、マンションのワンフロアです。
さて、行ってみて驚きました。
19年から15年前にかけて、4年間の渋谷時代の新藤事務所。
假屋崎氏の仮の居宅が、そこから僅か10M程の距離だったのです。
ですが、私が借りていたマンションは取り壊され新しい小奇麗なマンションになり
近くの白根記念館も木造から鉄筋になり、ホーマットパインデールは新しいマンション建設のために取り壊され
ホント、時間の流れを思い知らされました。


中央の白いビルの場所の一画に私の渋谷時代の事務所がありました。
  当時はもっと古びたマンションで窓からは庭の竹が風に吹かれる様子が見える、そんな事務所。
その右手の森は常陸宮邸という静かな場所でした。
  その後、恵比寿に8年、そして今不動前でもうすぐ7年です。ハヤッ。
 2006/03/15 7年間の低空飛行。
今朝は、渋谷。駅から遠くないIT系企業に撮影で出掛けた。
社長も若く(今回はお会いしていないけれど・・・)社員も皆若い。
会社全体に活気があり、勢いがある。
20代で仕事を任され、そして無事にこなす。
人材自体が優秀なのかもしれないけれど
任されれば何とか出来るということもまた事実。
今日お会いした方々はクリエイティブ系の職種
仕事を終えるのは毎日午前1〜3時!!
タクシーで帰りますとの事。
それでも前向き。

景気が良い会社・・・とも言えますね。

午後、スタジオに戻り電池の充電からスタート。
1D2、F810、新たに購入した2700のニッスイ。
  2004年8月に購入したニッスイはついに寿命を全うしたみたいだったので・・


昨日、90年以降の新藤事務所の売上を検証してみたのだけれど
99年以降の落ち込み方は目を覆わんばかり。
思えば、その年に恵比寿から不動前に移転している。
好判断だったのでしょうか。
振り返れば不動前でもうすぐ7年。
低空飛行も7年続ければ運転も少しは上手になったのか?
さて。
 2006/03/14 コラ画像3連発。

コラ画像3連発。右上のレインボーブリッジは二月の頭に撮影したもの。
つまり全ての撮影はその辺り二月に行われたわけですね。
レインボーブリッジを消し去る作業は思いの外大変。
最終的にはA3クオリティに仕上げなければならないので結構手間暇がかかる。
直ぐ上が元画像。後の工事中のビルやカネボウのビルは何とか復元しなければなりません。
左の宇宙の携帯。印刷物上では想像以上に墨っぽくなりチョット慌てました。
  宇宙空間は真っ暗やみに近い感じでした。(笑 最終的には大分良くなりましたけどね。


最近合成作業は減りつつありますが、それでも無いわけではありません。
  減少した原因は・・・デザイナーのフォトショップスキルの向上でしょうか?

渋谷駅南口側駅中のジューサーバー、時々ここでお世話になります。 例えば何も食べずに家を出たとき、前日飲みすぎてしまったとき・・・ 大変良く冷えていて一気に飲みますと鼻につんと来ますが 一日元気でいられそうな感じになれます。   それなりに流行っているようですよ。 そうそう、今日は卒業式が多かったのか、袴姿の女性が目立ちましたね。
 2006/03/13 特許電子図書館。
EOS BBSを見ていたら私のサイトにも時々投稿してくれているぷーさんが特許のことで書き込んでいました。
特許電子図書館についてです。
どれどれと覗いてみました。先ずは仰せの通り【キヤノン デジタルカメラ】で検索です。
ハ〜、ナルホド出てくる出てくる・・・
こんなことを研究してるのねって感じ。
例えば撮像ユニットのゴミ取りにワイパー取り付けとか、AF精度のこととか出てきます。
次に検索してみたのは【キヤノン ストロボ】
2004-258430
【課題】距離情報の精度に応じて、最適なストロボ発光制御を行う。
【解決手段】予備発光による被写体からの反射光を、分割された複数の領域で測光する測光手段と、
被写体距離検出手段と、距離精度判別手段(#111〜#117)と、被写体距離検出手段により検出された
被写体距離より適正測光レベルを算出する第1の演算手段(#121)と、距離精度判別手段の判別結果に応じて
設定される距離精度と前記適正測光レベルをもとに、異常反射領域を識別するための識別レベルを演算する
第2の演算手段(#121)と、前記複数の領域の測光値を前記識別レベルと比較することで
異常反射領域を判別する判別手段(#121)と、前記複数の領域から前記異常反射領域を除外した領域による
被写体反射光の測光値を算出する第3の演算手段と有し、前記測光値により本発光量を制御してストロボ撮影を行う(#124)。
AF検出で得られた距離情報の利用と被写体反射率の高い部分は除外するって事ですね
2004-258431
【課題】被写体反射率の影響を受けにくく、かつオートフォーカスの検出誤差を受けにくい、適正なストロボ撮影を行えるようにする。
【解決手段】予備発光による被写体からの反射光を測光する測光手段にて得られた測光値に基づいて第1の測光データを演算する第1の演算手段と、
被写体距離情報を検出する被写体距離検出手段(#120)と、前記被写体距離情報を基に該被写体距離情報に応じた
適正な第2の測光データを演算する第2の演算手段(#121)と、前記第1と前記第2の演算手段の演算結果を基に
第3の測光データを算出する第3の演算手段(#122,#123)と、該第3の演算手段の演算結果を基に
本発光量を制御してストロボ撮影を行う制御手段(#124〜#126)とを有する。
先程の特許と同時期ですが予備発光で精度を上げるって事ですね。
2005-142830
 【課題】  ストロボバウンス撮影時においても適切なホワイトバランス調整を行うことができるデジタルスチルカメラ
及びそのホワイトバランス調整方法、並びにプログラムを提供する。
 【解決手段】 デジタルカメラ100は、外付け又は内蔵型のストロボ125と、
デジタルカメラ100全体の動作を司る制御部121とを備える。制御部121は、
ストロボ撮影時であり、且つストロボバウンス撮影であるときは、ストロボ撮影時のホワイトバランス調整に用いられる
ホワイトバランス補正値WBstrobeでなく、撮影画像に基づいて算出された
ホワイトバランス補正値WBnon-strobeで撮影画像のホワイトバランス調整を行う。
バウンス時にはストロボ設定ではなく撮影画像を元にWB調整をする。
2005-148164
課題】 主被写体が画面内のどこにある場合でも、最適なストロボの発光制御を行うこと。
【解決手段】  ストロボ装置に対して、本撮影用の発光前に予備発光を行わせるストロボ制御システムであって、
複数の測光領域毎に測光値を取得する測光手段(106,100)と、被写体までの距離を検出する距離検出手段(18)と、
予備発光の光量と、前記距離検出手段により検出された被写体までの距離とに基づいて、
適正な測光レベルを求める適正レベル演算手段(100)と、予備発光を行って得られた各測光領域の測光値の内、
前記適正測光レベルに最も近い測光値を有する測光領域を判別する判別手段(100)と、
前記判別手段により判別された測光領域の測光値に基づいて、前記ストロボ装置の発光量を制御する制御手段(100)とを
有することを特徴とするストロボ制御システム。
2005-167476
【課題】  ストロボ発光時に撮像された画素に対して、ストロボ光による色温度と外光の色温度の線形補間を施して
ホワイトバランス係数を画素毎に求め、適切なホワイトバランス処理を施す。
【解決手段】 プリ露光時に撮像された画素データと本露光時のそれとを減算した結果から、
現画素がストロボによる反射光か外光による反射光かを判定し、補間処理により画素毎に適切なホワイトバランス係数を求め、
各画素に適切なホワイトバランスを施す。
あの小さなボデイの中では、かなり複雑なことをしているって事ですね。(笑
2005-198097
課題】  ストロボの発光色温度が変化しても、適正な白紙撮影が行われる撮像装置を提供する。
【解決手段】 撮像装置は、撮像データの全部或は一部に対する色成分データ毎の代表値或は該色成分毎の平均値のデータを基に
第1ホワイトバランス制御用データを求め、ストロボ装置から送信される第一の発光情報と撮影時にストロボ装置から送信される
第二の発光情報との相関関係を基に第1ホワイトバランス制御用データを補正した第2ホワイトバランス制御用データを求め、
その第2ホワイトバランス制御用データを用いて本撮影時のホワイトバランスの調整を行う。
・・・・難しい、これだけでは理解不能・・・

以上、独立行政法人 工業所有権情報・研修館から引用しましたが、私たちのような門外漢にも
各メーカーがこんな研究をしているのか・・・と言うことが判る仕掛けになっていることは
素晴らしいですね。
暫くはハマリソウですね。

  EOS20D SIGMA17−70 実家にて 苦渋年式で土曜日、実家に行きました。 苦渋年式が公道を走行することは今年2度目。 益々ホコリまみれ。滅多に見かけないくらいの凄い状態に!! なのに苦渋年式ってば、悲しいくらい軽快な走り。健気なやつだ。なのにスマン。
 2006/03/11 データセンターの恐怖、カメラが誤作動!
金曜日午後、予定通り某社データセンターに撮影で出掛けた。
持っていった機材はEOS1Dmk2、レンズ沢山、モノブロック2灯
580EX 2灯、550EX 1灯、SB80DX 1灯
カーボン三脚、スタンド、ラジオスレーブ等々
入り口で身分証明書(免許証)を見せ、用紙に記入、セキュリティ厳重なデータセンターに足を踏み入れる。
  データセンター内では携帯の電源はオフにするようにとのこと。
室内は例によってサーバー達が唸りを上げている。
早速ロケハンをして撮影場所をフィックス。
ストロボを用意する。
モノブロックは持ってきたがACコードの取り回しやラジオスレーブや使用はダメということで
580EXが必然的にメインになる。
カーボン三脚に1D2を取り付け、テスト撮影を始める。
レンズをシグマ12−24に取り換え、レリーズを取り付け準備完了。
・・・・アララ、シャッターが下りない。(出ましたね!!)
スイッチを切る。スイッチを入れる。今度は何もしていないのにシャッターが落ちる!!
書き込みっぱなしになる!スイッチを切っても電源がオフにならない。
電池を引っこ抜く。スイッチを入れる。シャッターが落ちる。何処を触っても何も受け付けない・・・・
悪夢の連鎖!!!!!汗!!
ヤバイ。予備ボディはいつものように持ってきていない。
咄嗟に電磁波の影響かもしれないと思いサーバールームからドア二つ隔てた外の通路に非難してみる。
それでも回復しない。
幸い大型カメラ店は然程遠くない。観念しようとしてレリーズを抜く。
奇跡的にボディは復活。
サーバー室内に戻り試しにレリーズを再び取り付ける。
忌まわしい状態に再び陥る。
レリーズを外す。回復する。
どうやら純正レリーズケーブルがアンテナの役目をしてイタズラをしているらしい。
本番はレリーズ無しで無事に乗りきったが、こんな経験は初めて。

イヤイヤ、危ない一日でしたが、室内にはどれほどの電磁波が飛び交っていたのでしょうね??
新藤 修一様、初めまして。カメラマンを職としているNと申します。
データセンターの恐怖の件を読んで他人事でなく感じてメールを綴ります。
以前、某カメラメーカーの新製品開発テスターをしていた時、
やはり同じような事態に陥った事が有ります。
場所は、高圧送電線塔の近く、某TV局内、それに電波塔 (特に東京タワー近郊)、
某ショッピングセンターの電力施設等、様々な場所にて
シャッター作動不可、Cモードシャッター(連続シャッ ター)可動不安定、
メモリーカードへの書き込み異常等を経験をしてきました。
現在では、ある程度までの電磁波なら、カメラ筐体自体に処理を施して
ガードする技術を導入しているため皆無?と聞いておりましたが、
実製品になったデジタルカメラでも今回のように
外部アクセサリー使用での作動不具合は、まれに発生します。
特に電磁レリーズはコード部分自体に何の防磁処理も施していないのが 現状です。
現在、商品化されているいくつもの一眼レフデジタルカメラで日々仕事を
していますが、ロケ地での電磁波の影響でのシャッター不具合、メモ リーへの書き込み異常は、まれに起こります。
そんな時、当方ではアルミホイル、板鉛板、レスキュー用(アウ トドア用?)のアルミシート
(4x5の暗幕のような使い方ですが)でカメラやカメラに接続しているリモートコードを覆って一時しのぎをしています。
撮影されたデータは、異常有りませんか?
シャッターが切れても、データの意外な部分にモアレのようなモノが発生したり、意外な疑似カラー発生を確認するケースも確認しています。
フィルムからデジタルに写真が移行してから以前には無い様々な問題を抱えるようになりましたが、
1つ解決策を見いだすと、また次の問題が.....と言うようなイタチごっこを繰り返しています。
これって、写真を取り巻く環境だけが、デジタルに移行しているのでなく、
周りすべてがデジタルと言う根幹可変環境に多発同時的な移行をしているからなんでしょうね。
新規格が生まれ、その規格をボーダーラインとしてそれ以下のものがすべて切り捨てられていく。
どこかでボーターラインを引かないと新旧の共存はできない、よりよい結果が得られない。
そんな時代の節目を感じています。
長文になりましたが、季節の節目にご自愛第一で、新藤様の健康とご発展をお祈り申し上げます。
今後も新藤様のサイトを楽しく拝見させていただきます。
では、乱筆、乱文にて失礼いたします。
管理人:N氏からのメールを紹介いたしました。
矢張り私の体験は偶然ではなかった訳ですね。
今までその様な話はあまり聞いていなかっただけに、改めて電磁波の恐ろしさを感じましたが
相手は目に見えないだけに気が付かないケースも有り得ます。
どうぞ、お読みになった方は心の片隅にしまっておいて下さい。
Nさん、貴重な体験談有り難うございました!!
また、これからもヨロシクお願いいたします。


先日月例展にチャレンジしたときのセカンドデータです。
 2006/03/10 野菜パパイヤ。
実は今週、ヒマです。お陰でストロボのテストは出来るし月例展もこなせたし・・・
普段出来ないこともこなせたようです。
嬉しいような悲しいような毎日。
ですが、今日は異ります。
午後は会社案内の撮影でデータセンターへ、夜は別件で物撮り
その後、カメラマンの某氏と打ちあわせ
慌ただしい一日になりそうです。

数日前、目黒駅地下のマーケットで見つけたのが上。野菜パパイヤ。
沖縄辺りでは炒めて食べると何時だったかTVで紹介していたことを思い出して買ってみた。
切ってみると白い乳液のような液体がジワッと出てくる。
  熟す前の果実のためか、切るとチョット青臭い。
水にさらしてアクを抜き千切りにして肉などと炒める。
悪くない。
何か体に良い感じがする。
意外にクセも少なく、食感で味わう感じ。健康指向の方にお薦めかも。

追伸:例えば今日、誰か知り合いのカメラマンとバッタリ出会う。
チョット話をする。
【そう言えば三菱がGEKKO(白黒印画紙)生産中止だってね・・・】
ニューコアの新しいチップがデジカメにもたらす影響について】
何て話題に花が咲く。
多分新聞には載らないような話題だ。
多くのカメラマンは朝、メールチェックとネットをチェックするだろう。
お陰で一般人は知らないような話題で盛り上がるわけだ。

そもそもフィルムを2年以上使用していないのと、B/Wプリントも8年?近く遠ざかっているので
現存する白黒印画紙すら興味もなく知らない。
  実家に帰れば以前は恵比寿の暗室で使用していたべセラー4X5伸ばし機とラッキーが今でも鎮座している。
時代の流れではあるけれど、そうして一つ、また一つと灯が消えていく様は悲しい。
 2006/03/09 無題。
軽く肩を叩く。
右手で右の頬を辺りをつつく仕草をして見せる。
12時過ぎ、込みあう井の頭線の車内
私の後から乗り込んできた35才くらいの男性の頬に
2粒の御飯粒を発見してしまい、そっと教えてあげたのだった。
男は怪訝な顔をしつつ窓ガラスに自分の顔を映し
「ダセ〜ッ・・・アリガトー」と言った。
秘密を共有した妙な連帯感? 二人で声を出して笑いだしてしまった。
どこか定食屋か牛丼チェーン店辺りで慌てて食べたに違いない。
レジの店員は茶目っ気があったのか? 無関心だったのか・・・
男は下北沢で降車したようだった。

数日前、久しぶりに中二の三男と二人で外食をした。
久我山駅上に出来た小振りなファミレス。
二人だけだったためなのか、家ではないためか
いつもよりも沢山の話を交わした。
携帯の話になった。
【結構友達は持っているの?】
  【ウン、クラスの中で持っていないのは2〜3人じゃないかな】
驚くべき数字だ!
水増しされているとしても相当数が所有していることになる?
    クラスの中の待っていない2〜3人の中の一人がウチの三男・・・
小学生辺りでも安全上の理由から持たせるケースも増えているらしい。
つい2〜3年前まで頑なに携帯を拒んでいた知り合いも数人いたけれど
流石に今も初心を貫いている人はもういない。
私が携帯を使いだして約10年。
macを使いだしたのも11年前。
そう考えると、ホントこの10年の変化はとてつもなく大きい。

 2006/03/08 改めてSB800+D2X、580EX+1D2、AWBテスト。
昨夜、藤吉氏山田氏そして私の3人でSB800+D2X、580EX+1D2のテストを行いました。
今夜テストと思っていた方申し訳ありません。お許しを。


如何でしたでしょうか? 想像していた通り? 想定外??
上の結果をどう判断するかは、各人の自由です。
また、飽く迄もコンパクトストロボとの組み合わせが基本になっていますし
AWBがこうであったということで、通常の仕事でこんなことは意味がない・・・
そうお考えの方も多いことでしょう。
まあ、参考程度にはなったのではないでしょうか。

藤吉様、山田さま有り難うございました!

追伸:キヤノンの場合、距離情報を持つレンズと持たないレンズが存在します。
今回使用したレンズはEF50/1.4 記憶によれば距離情報を持たないレンズです。
実は昨日、EF28/1.8 EF85/1.8でもテストしてみましたが黒バックのテストでは
大きな差は認められませんでした。
ストロボの設定はニコンではiTTL キヤノンはETTLオートです。

また、SU800をキヤノンで使用可能かという疑問も解決しました。
結論は無理でした。
エラー表示は出ませんので一瞬期待しましたが、全く飛ばず、でした。

追伸:2 中央部のグレーカードの値、フォトショップのスポイトでそのまま測定しますと
バラツキが出ますので、グレーカード部分を別レイアーにしてボカシをかけ平均化させ
改めて測定しておりますので、誤差は多いものではないと思います。
 
 2006/03/07 四谷版、奥の細道。
EOS20D SIGMA17−70 午前中、四谷三丁目に打ち合わせで出掛けた。 初めての場所、デザイナー氏とはかれこれ15年近いお付き合い。   考えてみると、長い付き合いの方が多いですね・・・ 三丁目の某社M氏とは初対面。顔合わせ兼、打ち合わせは順調に終了。 デザイナーK氏と昼食を頂き、三丁目で別れた。 その後四谷まで靖国通り北側の路地を散策。  私好みの奥の細道、発見! 都心部と呼んでもいいような場所にこんな細道。 何時まで存在できるんだろうか? 心配。 追伸:昨日の580EXテストの続きの前に今月のお題にトライしているのですが 中々手強いですねえ! CDってこんなに難しかったっけ??!!(汗 出足が悪い感じがするのはそのためでしょうか?
AWBテストお疲れ様です。
昨日、ニコンカスタマーに電話しましてD2xのAWBについて
聞いてみました。
・AWBは測距点に連動していない
・AWBの測定基準は1005分割RGBセンサーの全面を使用して
 白の部分を探して、そこから無理矢理?にWBを取っているので基準の数値はない
 また、軍艦部についている環境光センサーも同時に使用している
 白い部分が無かったらと聞きますと
 答)「・・・・・」でした
 また、環境光センサーを使用しているならば、カメラ位置と被写体
 位置の照明が違うときはどの様に判断しているのかと聞くと
 答)「・・・・・」でした

個人的実験ですが・・・
被写体が蛍光灯で環境光センサーにタングステン光マグライトを当てて
撮影後に比べると色温度が300k〜400kぐらい違っていました。
また、環境光センサーをパーマセルで隠すのと隠さないのでも、若干違いがありました。
(あくまでもシルキーピクスで表示される色温度です)
まだ、公表できるようなデータがありませんし、カラーメーターを持っていないので何とも比較が出来なくて・・・
要望として、撮影メニューに「環境光センサー」使用のオン・オフ
が選択できるようにと、AWBも基準数値が選べるようにして下さいとお願いしました。
色温度の絶対値を指定して撮影するのと、AWBの基準数値を設定して
AWBで相対的に撮影するのは違うように思えたものでから・・・
(私が間違っているかもしれませんが)
長くなりましてすいません。
白ヒゲ:X氏からD2XのAWBに関する情報をいただきました。
キヤノンでは1D時代には環境光センサーがあったような記憶があるのですが?
最近の機種には少なくとも搭載されていません。
ニコンでもセンサーがついている機種は少ないですよね。
センサーが何処まで有効に動作しているのか、非常に興味が湧くところですね。
カメラ周辺と被写体に当たる光が異るケースはままありますし
ましてや大型ストロボならモデリングランプと実際の光質は全く異ります。
  ニコンユーザーの場合、大型ストロボでAWBを使用する方は皆無のようですけどね。(笑
キヤノンの場合、悩んだらAWB。これが定説になりつつあります。
そんな意味でも改めてAWB或いはAWB+580EXのテストは
更に進めなければいけません。

昨日はニコンユーザーの方は参加しませんでしたので
明日の山田さんに期待です。やはりキヤノンだけでなくニコンも参加したほうが面白いですよね。
新藤さん おはようございます。
PLIEです。
AWBのテストの時は行きたかったのですが
突然次の日までに写真を仕上げる仕事が入ったので行けませんでした。
AEBのテストですが カメラ側は恐らく モノトーンの色を探して
それをAWBの基準色としていると思うのです。
よって
1.複数の有色を撮影したもの
2.上記の中に 白 あるいは 黒 あるいは グレエ
 のパッチを含ませたもの
の2点を評価したら良いのではと思っています。
モノトーンのない1.だけで 元の色が出るとすれば
優秀はAWBとなります。
厳密には 元の色パッチをi1で測色して ...
と色々とやれば数値的にもっと正確になるように思えますが(シンドイですね)
2.のパターンだと AWBも簡単だと思うのですが
1.のパターンだと どうやってやるのでしょう。
私の方は ストロボについて もっともっと基本的なテストをやって行こう
と思っています。何十年かぶりにセコニックのフラッシュメータも買ったことだし
白ヒゲ:レスが遅れて申し訳ありませんでした。
お二人の意見も参考にしつつテストを行いたいと思います。
有り難うございました。
 2006/03/06 ストロボ再テストを考え中。
3/4日のストロボテストはテスト方法に問題があったようです。
もっと簡単で、再現性が高いテスト方法を考えつきました。
床に白、グレー、黒、ピンク、ブルー、グリーンのペーパーを置き
その中央部にグレーカードを配置する。
  同時に6色ではなく、その都度背景色は交換します。
それを、ストロボで撮影するわけです。
背景色が変化することは環境光が変化することと同じ・・・ではないでしょうか。
本日夜、先ずキヤノンだけでテストしてみます。
お楽しみに。
  ニコンユーザー(D2X或いはD200+SB800ユーザー)で
  参加してみたいという奇特な方は歓迎します。電話で御連絡下さい。
  私は4時から渋谷で撮影があり、スタジオに戻れるのは6時半くらい。
  テストはその後でしょうか。

先日のレポートに書き忘れた件がありました。
ニコンボディで黒い服を撮影すると色が転ぶという話。
嘗てプロユーザー間では有名な話の様でしたが、D2X以降は改善されているそうです。
また、ニコンキャプチャー。随分進歩しましたね。
私はD1時代のニコキャプしか触ったことがありませんでしたが
グレーポイントを広い面積を指定できることを始めてとして
幾つもの独創的なアイデアが非常に使いやすそうでした。
JPGやTIFならばEOSのデータも触ることが出来るそうです。
  勿論RAWデータは無理です。
これでmacでもスピード的に遜色のない時代になれば是非欲しいものです。
新藤様
先日はありがとうございました。
そしてご馳走様でした。
久しぶりに新藤さんに会うのに、毎日HPを見てるせいか、まったく久しぶりという
感じがしませんでした。
ところで・・・・

マニュアルで使う分にはSU800+SB800ってキヤノンでも使えない???
    勿論オートは無理かもしれないけどね・・・
と、HPに書いてありましたが、実は私も気になっていました。
もし機会があったら是非テストをお願いしたいと思いメールしました。
それでは、また。
菅野
白ヒゲ:菅野さま、先日はお疲れさまでした!
さて、上記の件ですが一つ良いアイデアが浮かびました。
キヤノンボディに付けるまでもなく、SU800とSB800だけでテストしてみるという方法です。
他社の接続しない分リスクが避けられます。
単純にSU800をマニュアル設定にして、底部のターミナル中央とベース金属部を接触させてみる。
  昔は中央部だけでしたよね、これで必ず発光するはずです。
もしこの方法でマニュアル制御が可能ならば、キヤノンボディで使用しても原理的には可能ということになります。
どなたかSU800+SB800でテストしてみて下さい。
レポートお待ちしております。
ご無沙汰しております。大阪の山本です。
SB800 580EXのAWBテスト、大変参考になります。ありがとうございます。
まだ両方(SB800SU800)とも導入してないので一つ気になるところがあります。
ファインダー内でTTLケーブルを繋いだ時のようにチャージ確認とかもできるのでしょうか?
私の使い方が1/2〜1/4でマニュアル発光を多用するんです。
ストロボバッテリーはオキシライド+外部バッテリーでも数発目にはチャージ待ちをする時が
あります。そんな時にチャージ確認ができれば便利かな?っと、、、
あと、スタジオでジェネのスレーブ機能を利用してSB800をジェネの脇に固定してカメラには
SU800で面倒なシンクロコードから解放されそうですね。
白ヒゲ:山本さま、こんにちは。
始めの部分、これはチェックしていませんでしたがスイマセン、ニコンに聞いてみて下さい。
1/2〜1/4ですと確かに厳しいですよね。
でも、SB800の場合、単3、5本駆動が選択できることは便利ですよね。
ニッスイ電池ですと管理がややこしくなりそうですが。
また、ラジオスレーブ替わりに使用するというアイデア、これはグッドですね。
どうして今まで気が付かなかったんだ!! そんな感じです。
580EX+ST−E2で早速テストしてみましたが、580EXをマニュアルセットしておけば
大型ストロボをワイヤレスで発光できました。
御連絡有り難うございました!!

夜間、改めてテストしてみると上手くシンクロしないようです。
矢張りST−E2のプリ発光(赤色光)に大型ストロボが反応してしまうようです。
上手く動作させるためには大型ストロボのスレーブ受光部に覆いを付けるなどの対応が必要なようです。
新藤様、
ラジオスレーブ的使用
は、SU800ではダメだと思います。
マニュアル設定でも前信号にモノブロックが早反応してしまうととう以前の話なので、 
この件もダメだと思います。
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
カメラマン 山田彰一
白ヒゲ:山田さま・・・先日は有り難うございました。
そうですか・・・SU800ではダメなんですね。
ってことはマニュアルでキヤノンボディ+SU800もダメっぽい予感がしてきました。

尾苗さん情報です。富士のS3proはSB800を使用出来ますが
SU800を取り付けただけでエラーがでるそうです。
となると益々キヤノンで使用することは難しそうですね。
キヤノンさん、早くST−E3発売して下さい!! 


いつもの散歩コース、玉川上水から吉祥寺です。
真冬のような出立ちで歩き始めたら途中で汗ばんできました。
散歩している方とも沢山すれ違い、春らしくなってきたことを実感です。
半分辺り歩いたところで、花粉の影響か洟が止まりません。
しまった! マスクしてくるんだった。
  今季、電車内でマスクをしている方は、昨年に比較すると少ないですね。
  やはり花粉の量が少ない影響でしょうか。

帰りがけは、、いつものようにロンロンに寄りました。
ぶつ切りの鳥肉、ロース薄切り、豚バラ、ハクサイ、等を購入。
この日の夕食は鳥鍋に決定です。
 2006/03/04 SB800 580EXのAWBテストなんだけど・・・
新藤さま
佐藤@昨日は書記係、でございます。
昨日はお疲れ様でした。
下り方面の僕でも終電でしたから、
考えてみたら新藤さんはお帰り大変だったのでは?
酔っ払っていて自分一人サクッと店を出てしまい失礼だったかな、と反省しております。
    >大丈夫、心配はいりません、無事に家に辿り着きましたよ。
    >それよりも、佐藤さんが書記をしてくたお陰でホント助かりました。
    >有り難うございました。
さて、書記係といいながら、どうやってまとめればいいのやら(笑)。
とにかく思いつくままザッと書いてみます。
[1] まず、マニュアルでのストロボ色温度・
重さ(電池4本入り)・発光の形。
  Nikon SB-800
   FULL・・・約5200°K
   1/16・・・約5400°K
   1/128・・・約5500°K
   重さ472g
   発光の形・・・丸形
  Canon 580EX
   FULL・・・約5200°K
   1/16・・・約5500°K
   1/128・・・約5300°K (何故下がる?)
   重さ498g
   発光の形・・・四角形
    >1m程の距離、どちらも当然直打ちです。
    >どちらの機種も色温度の安定性には驚かされますね。
[2] 肝心のAWBテストは・・・私には良く解りませんでした(笑)。
新藤さんのお手元のデータの分析待ちです。
お気づきの点ありましたらよろしくお願いします。
[3] 昨日のテストで一番解りやすかったのは
  「TTLオートの発光量制御はNikon・Canon共優秀。
  そしてマニュアルよりも発光量が小さくなる!」
てなところですかね。
個人的にはテスト以外にいろいろ皆さんとお話できて収穫がいっぱいでした。
ありがとうございました。
昨日は予定通り午後6時辺りから、じわじわスタート。
参加者は、山田氏、佐藤氏、菅野氏関氏、高橋氏、片桐氏、そして私
いざ開始してみると、何からテストするべきかが、或いは、どうテストするかが難問でした。
テストに用いた機材はニコンがD2X、SU800、SB800
キヤノンがEOS1D2、5D、580EX、ST−E2と言う布陣です。
先ず始めに試してみたのが上、D2X+SB800。(オフカメラシューコードでSB800と接続) 左、1/125s F3.5 iTTLオート。右、マニュアル1/128出力発光 1/125s F3.5 現在580EXもSB800もマニュアル出力では1/128までしか設定できませんが、 右の1/128マニュアル出力では、この様に2段近くオーバーなことから推察して、少なくともオート露出では1/512辺りまで出力を制御していることが判ります。 個人的には是非マニュアルで1/512辺りまで設定できるようにして欲しいと思います。 ニコンSB80DX時代、私の記憶によればオート設定で確実にオーバーになっていたので SB800がこの辺りでも大分進歩したと言えるでしょう。   尚、キヤノンは550EXから既にこの程度は出来ていました。(それ以前は全く知りません、)
上、どんな環境かと言えば・・・背景は白のセットペーパー、そこにタングステン光。 女性へのライトはピンクペーパー(1x1.5m程度の大きさ)にSB800をバウンス。 設定はAWB、絞り優先F3.5 ISO400 ニコンD2Xのデータです。 右と左の写真を見て女性の色味が異ることにお気づきでしょうか? 右は恐らく背景のタングステンにAWBが引っ張られた結果ではないかということで参加者の意見は一致。   勿論、キヤノンでもテストしました。   5Dでも同様な現象があったようです。1D2では、この様な現象は再現できませんでした。   ・・・と言って・・1D2でこうならないという保証はありません。   また、上のテスト結果を以て全く使用に耐えない・・・と言うほどのものでもないことを付け加えておきます。 メインライトの色味を変化させてみることも大事ですが、振り返ってみれば背景の色味を 変化させてみるべきだったと反省する次第です。
因みにそのピンクとは左のような色。このテストにどんな意味があるのか?
壁バウンスの場合、必ずしも真っ白でないことは毎回のこと。
それでも、デジカメの場合それを決行しなければならい場合もありえる・・・
そんな判断でのテストです。(チョット過激ですけどね・・笑)
まあ、先程のテストは過激でしたが、天井の蛍光灯+ストロボで撮影もしてみましたし(どちらも、ほぼ問題なし。) ストロボ無し、蛍光灯、AWBだけでのテストもしてみました。  その結果は、ニコンはGが強く(左上)キヤノンの方がデータに赤みが強い(右上)。 グレーチャートから判断してみると正確なグレーに対して丁度反対方向に同程度。 人を撮るならキヤノン的な色味の方が好まれるかもしれませんが メカニカルなものならクールなトーンの方が好ましい場合もあるでしょう。   どちらも正確でなかったという点では一致していますけどね。   これは、蛍光灯の種類による差も大きなことですので、普遍的な結果でないことを申し添えておきます。
追伸:03/06 上の文章、写真は間違いでした! 写真はグレーっぽい壁にストロボをバウンスさせたものです。
それでも、これほどの差がありましたが想定の範囲内でしょう。
但し、山田さんからの連絡では、その時のデータが蛍光灯だけの場合ニコンのG被りは
20Gまでは行ってないけどかなり被っていたそうです。
また、今回のテストは、2/25捨て身研主催で行われたニコンCLS勉強会の取りこぼしを
検証するという意味もあったことを申し添えておきます。
お出しできるデータは申し訳ありませんが、この程度しかありません。

カタログや取説、或いはメーカーのサイトを覗いてみても、AWBの厳密な定義は見当たらないのではないでしょうか?
コンパクトストロボとボディとのAWB色制御についてもまた然り。
もっとこんな状況を想定している的な詳しい情報が欲しいですね。
  それが判らないとテストの仕様がないという場合もあるのではないでしょうか?
今回のテスト自体が、更に混迷を深めてしまったかもしれないという自戒もありますが
それでも数人が集まり、一つのことに向け協力しあう、これは良いことでしょう。

  最近のコンパクトストロボが大型ストロボと相性が悪いと、シバシバ私は書いてきましたが
  ニコンはSB80DXを初め、SB800でも内蔵スレーブは動作するようです。
  またSU800(リモートコマンダー)の出来も新しい分、機能が充実
    SB−800のマニュアル出力をSU800からワイヤレスで調光出来る点は、羨ましいですね。
  少なくとも現時点でニコンがコンパクトストロボで後塵を拝している何て事は全くありません。
    と書いていて、今脳裏に浮かんだことが・・・
    マニュアルで使う分にはSU800+SB800ってキヤノンでも使えない???
    勿論オートは無理かもしれないけどね・・・
    鼻からオートに多大な期待はしてませんから。(笑

  仙台の尾苗さん!! 検証お願いいたします!!! ヨロシクデス。

今回のテストで気が付いたことがもう一つ。
今回集まったプロが、多岐のジャンルに亙り、カメラやコンパクトストロボに期待することがそれぞれ異る。
ある人はAWBの精度だったり、ある人はミックス光での使いやすさだったり、ある人はRAWデータの取り回しだったり
ある人はAF精度だったリする。
メーカーにしてみれば、恐らくアマチュア、プロを含めてその全ての希望に添うことは無理がある。
最大公約数的な対処の仕方が、避けて通れないとすれば
その公約数とはプロユーザーではなく、アマチュアなのかもしれないということ。
35タイプのデジボディって・・・デジボディって・・・・・・

それでも私は好きです。(笑

追伸:遠路遥々お越しいただいた福島のスガノさん、お役に立てなくて申し訳ありません!
久しぶりにお会いできて良かった!

EOS20D sigma17−70 久我山から三鷹台まで・・・ 春来てますよ!!
 2006/03/03 50を越えたら要注意!
気が付かない方も多いことかと思いますので、改めてここで告知です。
今夜当スタジオにおいて、ニコンSB800、キヤノン580EXによるAWBを中心としたテストを行いたいと思います。
お時間がある方は、是非お越し下さい。

本題です。
1月25日水曜日、いつものように10時チョイ前にスタジオに到着。
さて、今日はサイトに何を書こうかなあ・・・何て思っているときに携帯が鳴りました。
  【新藤さん、今何処ですか??!!】
【あ、どうもお早うございます】と涼しい声で答えたものの
待てよ・・・ヒョッとして10時に青山で撮影??・・・・汗
頭の中が暫し真っ白。

  【何分で到着できますか? 直ぐ出て下さい!!】
  【11時にはお店がオープンですのでそれまでには終わらせなければイケマセン】
ヤバー、最低!!
慌ててタクシーに飛び乗りました。
10:25分辺りには表参道に到着
  行き先は、外資系有名ブランドファッションショップ!!
  【新藤さん、クルマが故障したって事になってますからね】
有り難うございます・・・涙
いやあ、危機一髪。
遠くでなくて良かった〜。

撮影は順調に終わり、ワビのメールを入れたことは言うまでもありません。

その担当のY女史とは、しかもまだ2回目の仕事。
まだ、それほどお互い判りあえる関係でもなく、ジ・エンドかあ〜
もう諦めておりましたが、天はこのトホホ男を見捨てなかったようで
来週渋谷で撮影の依頼がありました。
とは言え、こんな私でもここまでドジなことは滅多にあるわけではなく
【時間に正確な新藤さん】で通っていたんですよ、マジ。
メモ帳にもシッカリ記載されていたのに、それを見落としている。
若いころには考えられないことです。
年のせいにするわけではありませんが、50を越えたら要注意。
EOS20D sigma 17−70 新宿 追伸:例のPSEマーク施行が間近いせいでしょうか。 巷から粗大ごみ回収業者の軽トラが消えた様な気がします。 リサイクルは大事なのに何でこんなこと決めるかなあ〜。   実は自宅のテレビ、換えました。 長男からのお下がり! 頂いたためです。 で、今まで使用していたものは、やっと廻ってきた回収業者にだしたらしいですが 何と6300円手数料を徴収されたそうです。 まだ映るんですよ! ソニー製ですよ! 29インチ平面でないタイプブラウン管式でしたけどね。   そのお下がりが大して代り映えがしない! 平面にブラウン管になった程度。映りはチョットましか?
30分の高速撮影お疲れ様です。
回収業者の「無料でお引取り〜」とのうたい文句に私も一度出した事があるのですが、最悪ですよね〜。
私はビデオデッキだったのですが「黒色ビデオデッキ、リモコン式テレビ、映らなくても、動かなくても〜・・・」
を確認して持っていったら「あん?ビデオ?・・・しばし沈黙・・・まーいいや、荷台に積んどいてっ・・・」ですよ。
再利用して再びどこかで使われる事になるのならば、第二の命を与えてもらおうとお願いしたのですが、
あまりのやる気無い感じの返答でがっかりしました。
お金は払いませんでしたがそれ以来、手数料を払ってちゃんとした業者に回収してもらう事にしました。
どうせ持っていくならなぜ明るく「後ろの荷台へどうぞ〜!」とか言えないかな〜と。
嫌なら断ってほしいし、嫌でないなら気分良くお願いしたいです。
墨田区 T
白ヒゲ:Tさん、こんにちは。30分撮影の話お恥ずかしい限りです。
さて・・・フリーの回収業者には今までに原付き、パソコン、スキャナー、プリンター、
少なくとも4回は利用しています。
大概は無料で持っていってくれたのに、PSEマークがスタートのためなんでしょうね。
しかしながら・・・腑に落ちません。
この法律には産業界も一枚加わっているのかなあ? ダメじゃん。
また、回収業者のサービス精神の欠如は、御指摘の通りですね。
意識が低い方が多いような感じがします。
まあ、日本の平均的な対応が良すぎて目立っているとも言えなくもないですが・・・
新藤さま こんばんは。
福岡 O です。
「50を超えたら要注意!」、身につまされます。
忘れてしまうのですよ、、、用件・約束を、、、
それも手帳に書いていて!!!
で、「どう防ぐか」。
私の場合は、前日に「明日の行動予定」をB5用紙に書き写して
毎日必ず「見る・通る・触る」場所に貼り付けています。
車での外出が多いので上記「行動予定」から行先だけを書いた
紙を「車のハンドル」にテープで貼り付けています。
遊びに行くことは忘れないのですが・・・・(笑
まあ、これで大半は防げますが完璧ではありません、念のため。
では。
--
白ヒゲ:Oさん、こんにちは。
そうですね、明日の予定を別紙に記入する。私も実行してみます。
それを何処に貼るかが問題ですね。
多分、前日に書きだすだけでも相当な効果は期待でそうな予感がします。
有り難うございました!!
 2006/03/02 iPF5000、12色顔料プリンター/Suicaペンギンキャラクター。
昨日品川キヤノンで開かれた12色顔料プリンターiPF5000の発表会に
お茶の水の山本氏と連れ立って行ってきました。
ボディが大きい重い、これはウチ向きではないと観念。
  A2ノビだそうです。
アッサリ諦めましたが、今年中にA3ノビ機も出ます。
デジカメ(EOS30D)で撮影した女性のプリントを拝見しましたが髪の毛のシャドー部にヤヤ難あり。
β版なのか、不明。
朝一で行ったためもあるかもしれないけれど、比較的空いていましたね。
プロカメラマン風の方は更に少ない感じ。

ところで・・・NEWDAYSって知ってます?
恐らくJRの子会社、駅内コンビニ。
待ち合わせ時間に余裕があったので初めて覗いてみましたが
スイカペンギンキャラクターコーナーがあり、ついペンギンマグネットを買ってしまいました。
このキャラクターのデザインは好感が持てます。カワイイ。

この日、午前中にヤフー光の撤去作業、午後はBフレッツの取り付け作業の予定でしたが
午後一スタジオに辿り着くと取り付け工事は既に始まっていて
しかも聞いてみると、撤去作業は行われていないという・・・何故??
まあ、そのままでも問題はないということで作業は終了。
その後PC設定のために、別の方が来てくれましたがエアマックは置いてきぼり。
マックのことは良く判りません!!ですと。
まあ、こうして無事に繋がってはいますが困ったものです。

その設定に来た方に測定した接続速度を聞いたところ【74M出てますよ、立派じゃないですか・・・】
との事でしたが、自分で測定してみるとそこまでは出ていない。
まあ良しとしましょう。

追伸14:20 Airmac経由のパワーブックも無事にネット接続できました。
airmac管理ユーティリティ>設定>【IPアドレスを割り当てる】と言うチェックを外せばOK。
この時、パワーブックとairmacベースステーションはLANケーブルで接続し設定を行います。
Tech Info Libraryに出てました。
オオタカさん、お世話になりました!
新藤様
初めてメール差し上げます。
カメラマンをしている○○と申します。
webでは、Gattoだの、○○○だの名乗っております。
いまや新藤さんのサイトをウォッチしていない人は、いないのではないかと思うくらい、
新藤さんのお名前はあちことで聞きますが、私もだいぶ以前よりROMさせていただいております。
新藤さんご自身のお姿も、Photoshop Worldでお見かけしました。
webでお顔を拝見していると、何か知り合いのように勘違いしてしまいそうですが、面識はないのでご挨拶はしませんでした。
さて、私も昨日、朝一から品川にいました。
新藤さんの姿はお見かけしなかったように思うので、すれ違いになったのかも知れませんが・・・。
で、デモ出力されていたプリントは、あそこに組まれたセットで平山ジロウさんが撮られたものですが、カメラは1DMK2Nです。
そして、撮ったまんまをそのまま出していたようです。
昼にそのデモをやっていたのですが、DPPのプラグインドライバが用意されているので、現像しなくても、DPPのプラグイン画面からそのままプリントを流せるようです。
お分かりですよね。
820万画素からA2。
まずは、データ側が解像度不足ですね。
それと、撮ってピクチャースタイルのスタンダードで流してます。
スタンダードはメリハリがありますが、ややシャドウつぶれ気味、ハイライト飛び気味、ですよね。
それで、シャドウ部に難があるとお感じになったのだと思います。
ですんで、プリンタが悪いわけではないと思います。
とは言うものの、向かって右側の壁側でデモ出力していたプリンタは、最初スジスジが出ていました。
説明員の方は、始め気がつかなかったようですが、うるさい私が突っ込む(笑)と、「そうですね、こんなはずでは。。。。。」と焦っていました。
挙げ句に、「これはまだβ機ですので・・・」とかおっしゃるので、「あ〜〜〜、そのせりふは聞きたくない!」といじめちゃいましたが。(笑)
機体が調整不足だったのでしょう。
ノズルがつまったら、他のノズルがリカバーする機能が搭載されてると説明にはありましたが、朝一一発目からしくじってましたね。
でも、プリンタ自体は良いものだと思います。
エプソンのPX-6500といい勝負でしょう。
付属ソフトウェアなどの使い勝手を考えると、iPF5000のほうが勝っているかも知れません。
ということで、影響力甚大な新藤さんのサイトですので、その一言が誤解を与えることもあるかと思い、お節介なメール差し上げました。
これからも拝見させて頂きますので、よろしくお願い致します。
白ヒゲ:Gattoさんからのメール紹介いたしました。
あの場所でお会いできなかったことは残念!
また、私のサイトの常連とのこと、有り難うございます。
さて、Gattoさんの御指摘は尤もです。
このプリンターを開発された沢山の方に軽率な発言だったかもと反省しております。
しかしながら、A2と言うサイズが800万画素にそもそも小さすぎると
キヤノンも了解してのことであるならば、これもまた妙な話。
せめて5D、或いは1Ds2程の画素数をもつボディを使用するべきではなかったのか・・・
そもそもの誤解はここからスタートしていますよね。
  逆に言えば・・・シャドー部以外が大変奇麗だったのでそれが800万画素のデータあることを忘れさせたとも言えますね。
Gattoさん、今回のメールはお節介でもなんでもありません。
御指摘に感謝しております。
勢いで在らぬことを書いてしまうこともあります。
どうか、気づかれたときは御連絡下さい。有り難うございました。
 2006/03/01 トホホ道を行く。
自分自身が物凄く物持ちが良いと思うときがある。
例えば苦渋年式、冷蔵庫、衣類、機材・・・
  つまり貧乏で買い替えないって事ですね。
逆に思いきりが良い場面も多々あります。雑誌、写真集、資料・・・
  つまり場所を圧迫して、触りもしないものは処分するって事ですね。
  しかも処分対象に紙媒体が多いという点は興味深い。
ところが・・・最近、処分は紙以外にも及んでいる。
暫く使用していないスプレー塗料、シンナー、ベンジン
スカジー接続のMOドライブ、フロッピーディスク!
200連奏CDプレーヤー、200vから100Vへの変換トランス
  この変換トランス1KVAタイプはまだ一つあります。欲しい人は連絡下さい。まだ大変奇麗です。
今日は大判グラペ2枚を処分した。
  お陰様でスタジオが少し広くなった様な気がする。
処分したいものはまだある。スタジオの冷蔵庫。
2ドア200リットル。
嘗てはフィルムで占領されていた冷蔵庫ですが、今は僅かな飲み物と、冷凍庫には氷のみ。
既に15年以上使用している冷蔵庫ですので効率も多分良くないでしょうし
何よりも場所塞ぎでしかない。これは時間の問題か・・・(イヤ、カネの問題ですね。)
  中2階にあるので降ろすのが大変という物理的制約もある。

そうは言っても、積極的に入れ換えているものも無いわけではない。
デジタル系機材。デジカメ、パソコン、ソフト等
フィルムを使用していない私的にはこれは避けて通れない。

まあ、そこまで切羽詰まっている。追い込まれているということに他ならない。
トホホ道を極めることも中々難しいものですね。
  昨年の決算を終えた独り言でした。

追伸:火曜日、2月28日。
税金や支払いのために朝、銀行のATMに並んでいると
  月末でもあるし混んでいるかと思いきや、それ程でもなく一安心。
背後で案内係に食ってかかっている男の声が聞こえます。
  案内方法が良くないとクレームを付けているようでした。
そうか・・・私以外にも大変な方は少なくないのね・・と聞いていたのですが
その後、税金の支払いのために階を移動して間も無く
【支店長を呼べ!!!】と何度も叫ぶ男の声。
私の目の前、多分先程の男。案内係の男性に【ジジイはすっこんでろ!】
と乱れ気味、長めの髪の毛を振り乱し罵声を浴びせる。
チラッと顔を見ると40代前半。顔色はあまり良くない。(かなり悪い。)
膝の辺りに小さな震え。この人大丈夫?とこちらが心配してしまう・・・
ATMでの振り込みが上手くいかなかったみたいで食ってかかっているようでしたが、聞いていてとても辛い。
案内係の必至の説得で階下に降りていきましたが
何が彼をそうさせたのか・・・なあ。

このページの先頭に行く 日記の先頭に行く

後書き・独り言35/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言37

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴