TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴

後書き・独り言36/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言38 

 2006/04 4月のテーマはミニカーです。
日記の先頭に行く 
第20回4月の月例作品展のテーマですが3月が想像以上に難しかった反省として
今月はヤヤ優しいものをと考えました。
その結果は・・・ミニカーです。被写体として簡単かといえば手強い場合もないわけでは
ありませんが楽しめるのではないでしょうか。
またライティングの勉強には良い被写体と考えます。
さて、どんな手で攻略されるのか楽しみにしております。
追伸:ミニカーですがチョロQでも良し、木製でもOK。
プラモデルでもありです。

月例作品募集要項
思いの外、完成度が高いミニカーはお値段も高いことが判明してチョット反省しております。 でも高いだけが能じゃない。 ホノボノもまた良し。カッコ良さだけに拘らずに参加して下さいね。
 44:04/29 菅 正輝
新藤 様 こんばんは。菅です。 「次回はきっと早くします」と言いながら結局最終日です。 しかも、撮影用にKYOSHOで購入した「DAIHATSU COPEN」でなく 手元にあった、古いシビックです。 コンデジの深い深度と高感度での激しいノイズを活かす為(?)、 ISO800+デジタルズーム使用です。(35mm換算で715mmです) 窓の映りこみは全面に映るようにしたんですが、ちょっと強すぎたかもです。 PowerShotA700 http://kan.pinky.ne.jp/ 白ヒゲ:これも懐かしい! このシビック、フリーになって初めて購入した車が これでした。中古で20万。 頂いた作品は古色蒼然とした仕上がり、このシビックにピッタリ!! 利根川の土手に乗り捨てられたようなこの雰囲気は凄い。 写り込みは全く気になりません。 矢張りコンデジ侮れず・・・ですね。 今月のミニカーは想像以上に面白いですね。 さて締め切りは、月末一日前ですので29日今日で締め切りです。 皆様、お待ちしておりますからね。
 43:04/27 BEN
新藤さん、お世話になりまーす! お久しぶりですねぇ。 先月はちょっとサボってしまいました。すみません! でも今月からまた宜しくお願いしま〜す。 .. *-------------- スタジオ ベン --------------* Ben Web http://www.studio-ben.jp 白ヒゲ:BENさん、こんばんは。毎月いらしていたのに、先月はお休みだったので 心配しておりましたが、こうしてお会いできて改めて嬉しさ倍増ですね。 さて、作品ですがいつものBENさんとはテイストが異りますね。 でも、新たなBENさんの新たな魅力を見た気持ちです。 ・・4月ももうオシマイ。早いですね。
 42:04/27 尾苗 清、  :その2
何時もお世話になってます。 今日はちょっと暇でしたので月例の二つ目を(笑 ミニカーは1/43のポルシェ908スパイダーです。 此の時代のスポーツプロトは美しいので大好きなんです。 背景の車も同じ物でドライバーは恥ずかしながら僕です(笑 昔の写真から頭だけ切り抜いて貼付けました。 ちょっと遊び過ぎですかね?? 白ヒゲ:矢継ぎ早の2作目、有り難うございます! 遊び過ぎ??そんなことはありませんよ。 でもね・・・1作目の方がポイントは高いかなあ・・・(笑 と口で言うことは簡単なこと、その熱意と努力に感謝です。 尾苗さま、有り難うございました!!
 41:04/27 川井 淳
新藤様、こんにちは。 ご無沙汰しています。 月例写真出しそびれていました。 よろしくお願いします。 先日城南島海浜公園で撮ってきました。 いつも上空を飛んでくる飛行機と絡めようと思ったんですが この日は風向きがよろしくないようで一向に向って来ませんでした。 夕暮れを待ってボディに夕焼けを写し込みたいと思ってじっと待っていましたが、 警備員が来て『六時で門締めるよ!』と追い出されてしまいました。 動的な作品が多いようなのでこんなのがあっても良いかなぁ? 三脚が砂だらけになってしまいました。もうちょっと考えていけばよかった! 20D タムロン18-200 1/60 f13 自然光 AWB 白ヒゲ:これはまた・・・美しい! 波のスケールと車のスケールの差はあるものの 静寂の中に佇むZ、イイですね! 夕焼けが映し込めなかったのは残念ですが 十分に待った甲斐があったのではないでしょうか。 最近川井さんにお会いしていないので寂しく思っている白ヒゲです。
 40:04/26 廣畑 勝則
新藤先生、おひさしブリーフ(死語)! 事務所相方がDHLと契約してるので、ミニカーが送られてきてました。それを拝借。 OPEL VIVAROです。 DCS14nx+PB-4 s=1/4 f=5.6 自然光 追伸:PB-4がなんとか手に入ったので大判レンズをつけてみました。 補正レンズ(ニコン-FDアダプタ)を間にかまして無限遠画でます! 副作用で(笑)、周辺が流れまくりです!!仕事では使えませんのでやはり接写専用で しょうか...。 あと、いつものように関係の無い話ですが、最近使ってるPSのプラグインで、 ご存じだと思われますが、55mm for PSをよく使います。 商品ではあまり使わないですが、挙式アルバム作成時なんかは便利です。 カメラのレンズやフィルムのグレイン、カラコレをシミュレートするプラグインです。 デジタルになって、フィルム時代のようにいろんな手法・補正を撮影時にしなくなりましたね。 そんな時に便利です。29,800円とお買い得。 試用可能なので、ぜひお使いになられたい方、試してみては?? http://www.digitalfilmtools.com/55mm/ またまた蛇足が長いですがよろしくお願い致します! ---------------------------------------------      グラフィックデザインエディット  廣畑 勝則 http://www.sarumac.com --------------------------------------------- 白ヒゲ:廣畑さま、お久しブリッコ(何て言葉はあったっけ??) 相方さんはグローバルな方ですね。DHLとは・・・ ウチは全く無縁の存在です。トホホ。 追伸の情報、有り難うございます。PB−4では、どのレンズを使用されたのでしょうか? それほど周辺部が流れちゃいました?? 55mm for PS存じませんでした。 今度ダウンロードしてみますね。 新藤様、おはようございます。 お忙しい中いつも掲載と楽しいコメントありがとうございます。 HPのデザインもやってるのでHTMLベースの更新はさぞ大変だとということはよくわかります。 毎日の更新が楽しみでつい時間があればのぞいています(笑)。これからも頑張ってくださいね。 前回そのままだったので大変申し訳なかったですが、黒いCD-Rは eMARK Black Diamond CD-R50P(G)グレー です。50枚で1,365円、一枚あたり27.3円と普通のCD-Rとそうかわらないです。 ただし通販なので送料が...。 デメリットは書き込み欄がないので管理が大変(笑)。 メリットは、みんな驚きます。 それと今回のPB-4は新藤さんのようにしたかったのですが、時間とスキルの都合で(後者が強い)、 ただのPB-4のままです。レンズはホースマンのTOPCON 90mmです。DCS14nはM2リングを入れ なければPB-4にはつけられないのでながーいフランジバックになり、とうてい90mmでは 接写も厳しい状態です。そこで思いついたのがニコンーFDアダプターで、キャノンFDレンズを ニコンにつけ無限遠がでるように補正レンズが入ってた物です。もともと画質が良くない レンズなのと補正レンズ口径が小さいので画質は最悪です。が無限遠画出るようになりました。 はずせるように取り付けてるので良いのですが....。 やはり無限遠を無視するのがいのでしょうね、もしくは135mm以上のレンズでしょうか...。 つまらない事ですがいろいろ試して見ようと思います。 では、今日も一日がんばって下さい!!
 39:04/26 尾苗 清、
新藤様 何時もお世話になってます。 ようやく撮影できました(笑 仙台にもミニカー専門店があるのを発見しまして入ったら最後 物欲地獄へ落ちそうになりました.......。 ミニカーは1/43 背景のコースは福島県エビスサーキットのコース上 少々弄りすぎですが宜しくお願い致します。 GR-Dで自然光 エルスタジオ 尾苗 清、 http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/ 白ヒゲ:ウホホ・・リアルヴィルヌーブ!! カッコイイ!! 尾苗サンってばチョット飛ばしすぎ!(笑 それにしても見事なミニカーですね。本当は1mくらいの大きさ・・・ 何て事はないですよね。 素晴らしい作品有り難うございます。
 38:04/26 中野雅弘
新藤様 ご無沙汰しております。 いつもブログにコメントいただき、ありがとうございます。 仕事が忙しい事を理由に怠けていた月例写真を久しぶりに撮ってみました。 ブラーゴ製 1/18 フェラーリ456GT です。 お気付きかと思いますが自分の愛車のミニカーです。 念願叶って去年勢いで買ってしまいました。 実際手間のかかる車ですがプライベート・仕事と楽しんで乗っております。 実車もこの位置からのラインがとても好きです。 4:3比率だと力不足だったので16:9比率を考え撮ってみました。 コントラストも強めにしてみました。 また毎月投稿出来る様、頑張りたいです。 撮影データ Canon EOS KissDN SIGMA 18-50mm f2.8 HCL イルミックスにてライティング Raw DPP現像 PS-CSにて色調・コントラスト調整 16:9トリミング http://luceluce.blog31.fc2.com/  Luce 中野雅弘 白ヒゲ:中野様こんばんは。先ずはオメデトウございます。てっきり本物かと 思ってしまいました。(笑  ブログで拝見するところでは超忙しそうですね。 その忙しさの合間の作品提出恐縮いたします。有り難うございました。 是非来月も来て下さいね。約束ですよ。
 37:04/25 墨田区のT
新藤様、ご無沙汰しております。 実家に帰った際、兄に昔買ってきたCARTのミニカーがあるのを 発見し、息子に見つかると大騒ぎになるのでコッソリ洗面所で撮 影、フォトショップにて動きが出るように手を加えました。 EOS?1D Mark EF28?70mm ライトセーバー使用 よろしくお願いいたします。 墨田区 T 白ヒゲ:光りの感じ、構図、スピード感、全てにバランスがとれていますね。 ボディカラーの赤も効いていますね。 敢えて注文をつけるなら・・・ 写真ではカーブを走っているように見えますがタイヤは直線? 惜しい・・・ それから向かって右前タイヤ、回転していたらもっと素晴らしい。 出来が良いだけに逆に細かいところに目が行ってしまうのか(笑 素敵な作品有り難うございました。
 36:04/25 谷口正規
進藤様 ごぶさたしております。 VIVO 谷口です。 ミニカー自体はずいぶん早くに購入したのですが、かわいさが目に付い て衝動買いしたためにアイデアが浮かばず日が過ぎてしまいました。 しょうがないのでノーアイデアなまま、仕事ネタで購入してあったカメ のおもちゃ(ウォーキービッツ)と並べて撮影してみました。 レンズはLensbaby 2.0にクロースアップレンズと0.5倍のワイコンを取 り付けています。 近接撮影のために絞り込んだのでLensbabyぽさが薄れてしまいましたの でPhotoShopで若干調整しています。う〜ん、駄作。 ミニカー:ISETTA よろしくお願いいたします。 谷口正規 _V_I_V_O___________________________ _M_A_S_A_N_O_R_I_T_A_N_I_G_U_C_H_I_ http://www.vivo-design.com/ 白ヒゲ:これ可愛い車ですねえ。チョット谷口さんに似てる??(笑 これで駄作とは、厳しすぎないですか? レンズも凝ってるし・・・ 明るくて可愛くて平和で良いと思いますよ。
 35:04/25 ぷーさん
新藤様、ミニカーの写真投稿致します。 皆さんと同じく手持ちのミニカーが無かったので 最近はやりの食玩に無いかと思い、コンビニへ・・・。 色々ありましたが、好みの車種や色を選べないのが 難点でした。子供の頃にこんな物があったら、私の 性格から考えると恐ろしいデス(笑) EOS 5D + オリンパスZUIKO50mmF2.0マクロ 絞り優先AE F8.0 1/64sec ISO1600 AWB RAWで撮影 フォトショップCS2にて調整 http://digitalpoohsan.hp.infoseek.co.jp/ 白ヒゲ:ぷーさん、こんばんは。食玩とは目のつけどころが良いですね。 前左のシティターボ(懐かしい・・・)もそうなんですか?? 周辺部はフォトショップで加工ですね。 でも・・・僅かに物足りない?  ぷーさんなら是非女性と組みあわせて欲しかったなあ・・・(笑 (まさか・・・既に右の作品で女性と組み合わせてはいないですよね???) ところで、今回のレンズはZUIKO50mmマクロ。キヤノンはこんな遊びが 楽しめる点は良いですね。
 34:04/24 大河原利道
お世話になります。 新藤様 一時期はやった? ちっちゃいラジコン。 子供の頃、親戚のおばさんが 左側のドアが開かないのに 大切に、この車を乗っていたことを 思い出しました。 すごく乗り降りが不便だったことも! イメージは 夕方の山の上 http://www.remus.dti.ne.jp/~toshim/ 白ヒゲ:大河原さん、こんにちは。 今回の作品ですが、背景が凝っていますね。荒涼とした丘に立ち尽くすGT−R・・・ 風の音や、冷たい空気さえ感じるようです。 ハードな男の世界ですね。 今月は皆さんレベル高いですね。 素晴らしい作品有り難うございました。
 33:04/23 雨宮秀也
新藤様 ミニカー。もってないなー。困ったな。 なんて飲みながら悩んでいたら(ホントに悩んでました、ホントに飲んでましたが)。 ミニカーってマッチボックスカーなんて呼ばれているのもあったね。なんて思いだしました。 さっそくバーにある材料で車作りをしました。 車体はマッチ箱でタイヤは黒オリーブに妻楊枝、ペンネとピスタチオとコーヒー豆です。 飲みながら遊んで、20Dに100マクロつけて580EXでオート撮影しました。 夜の室内ですから当然ぶれます。そこで左右に流しました。 飲酒撮影禁止でしょうか。 雨宮秀也 http://www.hibihana.com 白ヒゲ:ずばりマッチボックス! スピード感も十分!! オリーブのタイヤが泣かせます。子供の頃はマジでマッチ箱でゴム動力カー 作ったことを思い出させてくれました。 飲酒運転はイケマセンが飲酒撮影はOKです。 で、この日はどんな酒でどんな酔いを楽しまれたのでしょうか?
 32:04/21 上野
はじめまして、大阪の上野といいます。 デジタル一眼を買う前(3年以上前)に機種選びで迷ってる時に参考にさせて頂きました。 参考にさせてもらった記事はAFの精度とかでした。 月例作品も皆さんの作品を色々参考にさせてもらってます。 今回以前に撮ったプラモデルの写真が有るので応募させてもらいました。 写真のデータ File name : p5284897.jpg File size : 45954 bytes File date : 2006:04:19 11:15:20 Camera make : OLYMPUS CORPORATION Camera model : E-1 Date/Time : 2004:05:28 13:52:13 Resolution : 413 x 550 Flash used : No Focal length : 283.0mm Exposure time: 3.000 s Aperture : f/22.0 ISO equiv. : 100 Exposure bias: -0.50 Whitebalance : Auto Metering Mode: center weight Exposure : aperture priority (semi-auto) Exposure Mode: Manual Exposure Mode: Auto bracketing ボディーOlympus E-1 レンズ50-200+テレコン ホームページは http://www.trashbox.jp/~ueno/photo/olympus_E1/ プラモデルの他の画像は http://www.trashbox.jp/%7Eueno/photo/ olympus_E1/040525/index.html 実車のように撮るにはどうしたらいいのかと色々試してました。 それで絞れるだけ絞り可能な限り望遠で撮ってみたのですが前や後ろから 撮ると全体にピントが行かず実車に近づくのは難しいものだと感じました。 白ヒゲ:上野さま、初めまして。月例展にヨウコソ。 先ず素晴らしい出来のプラモに驚きです。上野さんが作られたのですか?!! 最近のバイクをマジマジと眺めたことは皆無ですが、正にマシンと呼ぶに相応しい 感じですね。美味しい部分の切り取り方も上手い!見ていて新たな発見がありますね。 さて、機種選考や作品撮影にこのサイトがお役に立っているとのこと 嬉しい報告有り難うございました。来月のテーマはまだまだ未定ですが 是非またいらして下さいね。 
 31:04/18 シンゴ
新藤様こんにちは 月例送ります。 テーマがミニカーということで、早速近所のおもちゃ屋さんに行きました。 丸くてカワイイ車か、レトロな感じのモノが欲しかったのですが、いい物がありませ ん。しかし、プラモデルのコーナーでイメージ通りモノを見つけました。 有井製作所の1/32オーナーズクラブ '57 DAIHATSU MIDGET(前期型) ただ、プラモデルを組み立てたことは有りますがペイントの経験はなく、道具もあり ません。そこで、これを素のまま組立てて、PHOTOSHOPでどこまで、ペイント出来る か試してみました。 いい感じにペイント出来たと思っているのですが、実物は当然のことながら緑のまま です。機会があったら、今度はこれに実際にペイントしてあげようと思っています。 機材:D2X+Nikon105mmMACRO 露出:マニュアル F16 1/125 ISO:100 光源:モノブロック1灯 http://members.jcom.home.ne.jp/d.com/
白ヒゲ:フォトショップ上で色を変えることは私も良く利用しますが、これは凄い! 
お見事です!!!
同じ車には全く見えません。
均一に塗ろうとしなかったことが勝利の原因でしょうか??
それにしても後部の幌の感じ、エージングがかかったような古めかしさ。
暫く上と下を眺めてしまいますね。
いやいや〜大変だったでしょう、時間がかかったのではありませんか?
お疲れさまでした。
素晴らしい作品、有り難うございました。
追伸:これは一つの作品とカウントいたします。
もう一度の権利をシンゴさんは保有します。
今月はまだ時間がありますので、もう一つ行ってみますか??

 30:04/17 牛ちゃん

新藤さん、こんばんは。
とりあえずです。
ごまかしですね。
コメント付けようがありません。(汗)
EOS-1DsMK2 / EF85mmF1.2L
牛ちゃん
白ヒゲ:ウオ! 一瞬クラクラしましたが・・・ポルシェですね。
例によってLEDを仕込まれたのでしょうか?(笑
これは意表をついた面白い作品と思います。
フレーミングも悪くない。写り込みも効いています。
敢えて言えばストップランプやライセンスランプが点灯していれば
パーフェクトですね。
どうも有り難うございました。

 29:04/17 福井の谷口氏 :その2

新藤さま
まいどです。福井の谷口です。
ミニカー、2つ目、送らせてもらいやす。
相も変わらず、知人某自動車屋さんコレクションの
『赤いくるま』シリーズ。
アレコレ物色して、エスロクとヨタハチをチョイス。
ノスタルジック・スポーツをレトロ風味で。。。
では、よろしくです。
eos5D  ts-e90
-- std.nukes.
==Taniguti*syuzi*hidehalu==
カメデジデメカ
http://nuphoto.exblog.jp/
白ヒゲ:どちらも一世を風靡した可愛いやつですね。
オオ、よく見ると相当手が込んでません?? アラを隠すために小さくしたん?(ウソ
イイ感じ。グッジョブ!
空の写り込みですが、苦労しませんでした??

 28:04/16 山形の鈴木

新藤様
ご無沙汰しております。山形の鈴木です。
雑な車、雑な撮影、雑な写真でお恥ずかしいのですが投稿させていただきます。
最近、視力回復に効果があるという立体視をやっています。
みなさん一度はやったことがあるとは思いますが、
2つの黒い点を寄り目にして見ていくと、真ん中にもう1つ点が見えてくるので
その点に焦点をあわせると画像が浮かび上がって見えます。
左右の目の間隔(6〜7cm)だけ平行にずらして撮影した2枚の写真があれば
この方法で簡単に立体視できるようです。
今回の写真はいまいち?はっきり立体に見えないような気もするのですが、
みなさんが美しい写真を立体視バージョンで投稿してくださるのではないかと密かに
期待しております。
よろしくお願い致します。
カメラ:20D+SIGMA50mmマクロ ミニカー:雑貨屋で350円で買ったおもちゃ
白ヒゲ:鈴木さま お久しぶりですね。そちらも大分春らしくなったでしょうか?
実は立体写真ってどうも苦手なのです。不器用なのかなあ??
カミサンも子供たちも見えた!!なんて喜んでいるでるんですけどね。
さて、作品ですが・・・黒っぽいバックで撮影すると光りの周り方が少なく
ヤヤ硬い写真になりがちかも。ですが立体感は十分、低めのアングルと相まって
迫力を感じさせますね。進歩してますよ確実に!

 27:04/16 伊藤英夫氏 :その2

新藤様
いつもお世話になっています。東大和市の伊藤です。
昨日ミニチュアカーを立川のビックカメラにて購入いたしました。
おもちゃ売り場など、おそらく50年ぶりくらいでしょうか、しばし楽しい時間を過ご
すことができました。
本日いろいろ撮影した中の一点を今月の課題2作目として提出いたしますのでよろし
くお願いいたします。
DCS14n
ニッコール24-85mm マクロで撮影
CS2で現像、リサイズしました。
また、いつも有意義な報告ありがとうございます。必ず目を通させていただいています。
伊藤英夫
白ヒゲ:2作目の参加有り難うございます。シルビアですね。
個人的にはシルビアといえば端正な初代シルビアを思い描いてしまう私は
へそ曲がり?? でもヒョッとして伊藤さんもへそ曲がり??
何故なら殆どの方は車のノーズを左に持ってきているのに右!!(笑
まあ、どちらでも良いんですけどね。
作品は、明るく元気があっていいですね。
活発な走りを予感させます。最近見かけなくなったシルビアですが
元気なシルビアを見たいですね。

 26:04/16 asa_k

子供の頃は車好きでミニカーをたくさん持っていたのですが
今の家には一台もないので、買い物のついでに
某有名100円ショップにて315円で買いました。
何車種かありましたがRX−7にした理由は特にありません。
潜在的スポーツカーへの憧れでしょうか。
屋外で何枚も写し縮小スケール感がなくカッコ良いアングルのを選びました。
背景合成及び画像処理しています。
カメラ_Canon PowerShot A70______________________asa_k
白ヒゲ:窓から抜けた景色、ボンネットへの写り込み。
ギラリと光るヘッドランプ。
車の魅力は男心を揺さぶる何かが矢張りあるのでしょうか・・・
私の息子も数十台のミニカーを持っていました。
車の話をすると今でも皆さん熱くなりそう(笑
今度是非。
カッコイイRX−7、有り難うございました。

 24:04/14 菅野 正文

新藤様
ご無沙汰しております。
もはや忘れられてるでしょうが、
久し振りに参加させて下さい。
ミニカーと言う事で、よそ様より拝借してきたベンツです。
こんな車に乗ってみたい気持ちはありますが
機材を考えると無理ですね。
それでは宜しくお願い致します。
5D+TS-E 45mm  大型ストロボ
白ヒゲ:菅野さま、お久しぶり。7ヶ月ぶり? 
噂は四谷の仮面ライダー氏から聞いていますよ(笑
さて、今回のミニカー美しいですね。
この金属の地面もカッコイイ。このまま後まで続いていたらもっとカッコイイけど
それは無い物ねだりですね。
今度はここにも遊びに来て下さいね。
最近、ビンテージカーは見かけなくなりましたね。
維持することが大変なのか、パーツが既に無いのか?

 22_3:04/14 ヒゲMac

お世話になります新藤様
ミニカーを今回は2点送らせて頂きました。
車は往年の名車・・(となるのか?)
ルマンで活躍したフォードのGT40です
このガルフカラーがひときわ目立っていたような。
お気に入りの一台です。
これは私のミニカーではなく、車好きだった私の
昔の仕事場の社長のもので、この間物置から(がらくた置き場)
ひっぱりだしましたらネズミの糞やらでぐちゃぐちゃ、、
二台あったうちのこれが辛うじてまとも、もう一台は
腐食されてお見せできるしろのものはありませんでした。
ライトは今日の曇りの自然光
例のごとくフォトショーであれやこれやと
いんちきがあります、それは(全部かもしれませんが・・爆)
ライトはどちらも後埋込みです。
片方のライトシールドが剥がれてなくなっておりましたものですから、
しかたなく格好がつかないので実写のをうめこみました。
まぁほとんどきにならないようにはしたつもりなんですが。
これ以外に売るほどミニカーがあります。
別に趣味ではないのですが、そのまま私の所に
置いていっているのでウィングが壊れようがそのまま箱に
放り込んでいる次第・・ヤフオクで売れば良いのかもしれませんが・・
でもこんな汚いものは誰も買わないでしょうね。笑
ヒゲMac
白ヒゲ:ヒゲMacさん、こんにちは。
この車も懐かしいですねえ。私が15才の時ですかぁ。
車はあの頃の少年の夢でしたね。
初めのうちはどうなることかと思いましたが
こうして、何台も懐かしいミニカーが登場してきて
或いは素晴らしい作品を目にして、杞憂も吹き飛んだ気分です。
頂いた作品はどちらも素晴らしいですね。
個人的には斬新さで2枚目を押したいところです。
後続のスリップストリームのマシンたちが見えるようです。
でもね、一枚目があるから2枚目も安心してみられる・・・
  逆に言えば2枚目だけでは情報量に乏しい。
写真の難しい部分ですね。
こうした古い車は多少のフォトショップ上でのレストアも
致し方ないでしょう。

 21:04/14 地底

 ●ハンドルネーム希望です。『地底』で。
 ●URL:http://chitei.exblog.jp
 ●コメント:「ミニカーと聞いて、子供の頃に木の実や石ころと一緒にミニカーを
お菓子の空き箱かなんかに詰めていたのを思い出し、ちょっと再現してみまし た。
撮っているうちに、そういえば格納する順番とか自分なりのきまりがあったなぁなんて
言う事を思い出しました。」
 ●E0S20D 17-85IS 580EX DPP2.1
 ●2号印画紙で焼いてセピア調色かけた感じをねらいました。
 どうぞよろしくお願いいたします。
白ヒゲ:地底さま、こんにちは。
渋い車たちを集めましたね。ホノボノとしていてイイ感じ!
子供の頃の記憶ってふとしたことで鮮明に蘇ってくることってありますよね。
  最近のことは良く忘れるというヤバイ状況が増えつつある私ですけど・・・笑
地底さんらしい視点の暖かな作品有り難うございました。
 20:04/14 関口篤行
進藤様 はじめまして。神奈川の関口と申します。 いつも楽しく拝見しております。 今回初投稿ということでよろしくお願いいたします。 今月のテーマはミニカーということですが、手元に適当な素材がなかったのでネッ トで探していたところ何故かペーパークラフトに辿り着きました。 皆さん素敵な作品を投稿されているのでいかがなものかと悩みましたが、紙も面 白いのでは思い工作も兼ねて挑戦してみました。(コストも安いですし・・・) カメラ D200 レンズ SIGMA MACRO 50mm F2.8 液晶ディスプレーの前で クリップ付の蛍光灯 + レフ板 あまり強い光を当ててしまうと紙なのでのりしろが透けてしまうところが誤算で したが作成から撮影まで楽しむことができました。 よろしくお願いいたします。 白ヒゲ:関口様、初めまして。 これがペーパークラフトとは驚きですね。 でも・・・そのためでしょうか? 不思議な感覚がするのです。 精密なイラストレーションを眺めている気分? 元々印刷されている窓のハイライト・・・それに逆らうことなく見事に ライティングをされたスキルの高さを感じさせくくれました。 有り難うございました!
 18_19:04/14 新田倫生
新藤 様 新田です、月例写真展初参加写真。 友人であるプロのモデラーさんから頂いたコブラです。 「モデルカーレーシング」「スロットカー」のボディーです。 撮影が終わり、この車の名前がコブラでアメ車?と言うくらいは 知っていたのですが正式名は何だろうと思いネットで調べたら SHELBY AC COBRA 427?という車名でエンジンがフォードで イギリスで作っている、アメリカではSHELBY、イギリスではAC レースのために作られた車だったんですね、知らなかった。 「モデルカーレーシング」「スロットカー」といえば、新藤さんや私の 世代なら小学生の頃に流行ったゲームセンターのサーキットで走らせる レースゲーム。ネットで調べたら、今でもやってる人たちがいたんです。 http://www.ne.jp/asahi/60srace/models/HPcarscity2.html http://www.sakatsu.jp/index.html けっこう盛り上がってるみたいですね。 このコブラ6年ほど前に、塗装に失敗してお客さんに渡せないので棚の 奥にしまってあったモノ、ホビーの世界で「スロットカー」ブーム?は 続いていたのですね。塗装はきれいなブルーメタリック白いひび割れが、、、。 D200 / ISO100 Raw AWB / 60mm Micro F16 / BS-28+LightBox
白ヒゲ:スレーブの情報に引き続き月例展にも参加頂き有り難うございます。
コブラって懐かしい響きがしますね。
スロットレーシング・・・熱くなりますよね。(遠い目
さてさて、頂いた作品
写真も去ることながらモデルの出来が素晴らしい!(スイマセン 笑
しかもナチュラルなエージングがこの車の歴史を語っています。
何だか溜め息が出ますねえ。
最後になってしまいましたが、その素晴らしいボディを見事に切り取られた
新田さんの技に拍手を送りたいと思います。
お見事でした。
 17:04/13 三鷹のJQ
新藤様  お世話になります。気に入ったミニカーがなかなか見つからないので、手持ちのもので 撮ってしまいました。なんだかイラストチックになってしまいましたが、こんな雰囲気の ものもたまにはいいかなと・・・。  今月はまだ時間があるので、良い車が見つかれば再トライしてみようと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 Jacquie Quartertruth Photography http://jq-photography.blog.ocn.ne.jp/ 白ヒゲ:ウホ!!凄い走り!!!ですね。 チョロQでこのスピード感。嘗てない感覚。 天井の上にまで巻き上げた砂ぼこり・・やり過ぎ??(笑 しかしながら見とれてしまう存在感が間違いなくあります。 恐れ入りました!!
 16:04/12 大分のASADART
初めまして、大分のASADARTと申します。 たまに拝見させてもらっております。 新藤様のサイトは色々勉強になり、私の貴重な情報源となっております。 今回ミニカーと簡単そうでしたので応募します。 出来映えは? 笑ってやって下さいな。 データ カメラ・Panasonic DMC-F1 ミニカー・9ヶ月の息子の私物 他・自然光、レタッチ少々 URL http://clearwater.cocolog-nifty.com/blog/ 白ヒゲ:ASADARTさん、初めまして。 頂いた作品は笑うどころではなく、素晴らしい上がりではないでしょうか。 細かい部分にまで精密に描写されていて楽しめます。 全く違和感なく現実に溶け込んでいますね。 ASADARTさんのスキルの高さを感じます。 ぜひこれからも月例展に参加して下さい。 有り難うございました。
 15:04/12 STUDIO M2
新藤さま ミニカー第一弾送ります。 実は今回のエントリーは伊田との合作になってしまったので 応募者はSTUDIO M2として下さい。 子供の保育園時代から仲が良い人が確かミニカーを沢山持っていた はずだと思い打診してみるとスカイラインのしか無いけど良いよって 快く貸していただけました。 いざ撮影しようとスタジオに持ってきたら、これ私が撮影して良いの?って 半強制的にとられてしまい、撮影後の画像調整を自分がやりました。 なのでこれ以外にももう少しスケールの小さいのがありますので そちらでもう一度挑戦してみます。 EOS1Ds、TS-E90、f14、大型ストロボ RAW,C1で現像後PS2でトーンカーブ調整etc -- ********************************** STUDIO M2 KUBOTA Isamu 窪田 勇 http://www.st-m2.com 白ヒゲ:見事なライティングですね。立体感、滑らかさ、背景の選択・・・ 全てがバランスよく気持ちの良い作品に仕上がっていますねえ。 今にも走り出しそうな雰囲気を感じます。
 14:04/12 福井の谷口
新藤さま お世話になります 福井のnu、谷口です。 ミニカーを撮るなら、実車が撮りづらいモノを、、、 と、思ってましたもんで、フェラーリF-1を、、、 気がついたら、チラシになってました。。。嗚呼。。。 お目汚し、失礼いたしました。では、では、、、 -- std.nukes. ==Taniguti*syuzi*hidehalu== カメデジデメカ http://nuphoto.exblog.jp/ 白ヒゲ:谷口サンチのブログ・・・F1ネタで盛り上がってますね。 さて、作品ですがチラシはないでしょ。 少なくとも広告系な訳ですから作品としては多いにアリです。 ヒョッとして10台という大量なマシンが贅沢すぎた?? 是非一台で挑戦してみて下さい。  どれを選ぶかが非常に問題ですが、新たに購入された方は、その時点で  その問題に先ずぶち当たるわけです。 是非是非2作目を送って下さいね。
 13:04/12 関 行宏
新藤様  いつもなら御題が出たときに数案が浮かぶのですが、  今月は真っ白でプチ降参です。  こんなところでご勘弁ください。  ミニカーは子どものガラクタ箱から引っ張り出してきました。  (仙台方面から時代考証やカテゴリーがなっちょらんと   お叱りをうけそうですが(笑))  スリーブは1995年の鈴鹿F1。  今ではオーナーになってしまった鈴木亜久利が  クラッシュしてヘリで搬送されそのまま引退したレースです。  EOS-5D + TS-E90mm(ティルト)  ライトセーバーで車体を明るくした別カットから  スポットライトをイメージして貼り付け。  よろしくお願いします。 関 行宏 http://www.sekitechnologies.com/ 白ヒゲ:関さま、こんにちは。 習性でしょうか?つい背景のポジに目が行ってしまいます。 ほお〜キレイ!見事な適正露出!! ところで・・・これでプチ降参ですかあ??  あのね、願望は高みに置くことが重要ですが・・・高過ぎてもいけません。 関さんってばチョット欲張りかも(笑 文章も上手で写真もうまい、その上美男子・・・・ ついでに仕事もバンバン。爪の垢を煎じてのみたいくらいですね。
 12:04/10 横田 博史
白ひげ先生 こんにちは (^^) 「ひかりもの」については 辞書に説明がありました。 『背が青みを帯び、腹が銀白色に光って見える魚。 コノシロ(コハダ)・アジ・サバなどで、特に皮つきのまま 酢でしめて料理したもの。』 とあります。 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%D2%A4%AB%A4%EA%A4%E2%A 4%CE&search_history=%CC%AE%CD%FD&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=48& jn.y=9 さて お題ですが、下手なりに 北窓自然光で撮ってみました。 息子が小さいときに遊んでいた チョロQです。 カメラ: コニカミノルタ α Sweet Digital レンズ: AF28-75ミリ f2.8 (案外寄れますね、このレンズ) ニコンキャプチャーで切り抜き後 リサイズ。 横田 博史 @ 最近 桜 → チューリップを撮っています。 http://yumehana2.exblog.jp/ 白ヒゲ:横田さま、お久しぶりです。 ヒカリモノの定義有り難うございました。皮付きで酢で締めたものですか・・納得。 有り難うございました! ウチの息子達もチョロQにはお世話になったはずですが、狭い家なので ドンドン処分・・・悲しいかな昔のオモチャは何も残っていないかも・・・ 本当は一つ一つに思い出があったりするものですよね。反省。 さて、作品ですが・・・良い意味でチョロQに見えませんね。 高級感を感じます。デフォルメしてチョロQに見せてる感じ。(笑 カメラ側はもう少し明るくても良かった?
 11:04/09 福岡の O
新藤さま こんにちは。 福岡 O です。 ミニカーなど家に無く、近くの雑貨屋へ。 店内は若い男女ばかりで、、、居心地が・・・ ようやくミニカーを見つけたのですが、値段が 「にせんごひゃくえん!」(22x10センチの大きさ) 選んでレジに持っていくと「贈り物ですか?ラッピングしますよ」、、、 「違いますけど・・・」 完全に店内で浮いていました(笑 買ったものの箱から出すと「メタリック」でテカテカ 手ごわくて数日間放置、結局、俯瞰にしました。 D200 VR18−200 ライトビューアー CCFLライトセーバー X2 + レフ エンジン部分は紫LEDを当てています よろしくお願いします。 白ヒゲ:こんにちは、Oさん。 これって車種は何でしょう?? ローバー系ですか?? 何だかカッコ良く撮れてますよ。 図鑑チックで私は好きです。 でもね、諦めずに頑張りましょう。 ここまで出来たのなら、もう一歩ですよ。 写り込んでいいのです。どう写り込ませるかですよね。 2作目を楽しみにしております。
 9_10:04/09 伊藤裕一
新藤様 ご無沙汰しています。 平和な日曜日、自宅の洗面所で撮影しました。 久々にライトセーバーの登場です。 被写体は少し大き目の1/18モデルを使いました、この車は父親からの贈り物で お前、車好きだったよなと言い、40才を過ぎた大人に送って来た物なのです。 子供じゃないんだから、こんな物買って無駄使いするなと言いましたが 今回、役に立ったしだいです、何才になっても子供は子供と言う事なんですね。 使用カメラは20D、シグマ10-20mm ライトセーバー使用。 フォトショップでレタッチをしています。 では宜しくお願い致します。 http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html 伊藤裕一
白ヒゲ:伊藤さん、こんにちは。
伊藤さんからどんな作品を頂けるか楽しみにしておりましたが
ウワッチ! 本物みたいですねえ・・・
流石はプロ。
何も言うこと無し。
しかも自宅の洗面所ですよ・・・
ヒョッとして洗面所が20畳なんてことはないですよね??(笑
でライトはLEDライトセーバーでしょ。
大変な時代です。ホント。

洗面所で撮影するって、流行りそうな予感がしてきました。
 8:04/09 新藤修一 :白ヒゲ
恵比寿のミスタークラフトで見つけました。小さいけど中々良く出来ている! ボディ全長92mm・・・因みに1890円でした。(笑 人物は一昨年の年賀状に使用したもの1/50サイズ。丁度車とよく似合う。 能がないといえば能がない。でも・・・何かこの車を見ていると過激に撮影することは 相応しくない気がするのです。 光りもちょっと回し過ぎか、そうも思いましたが先程の理由で良しとしました。 もっと沢山の樹木や建物も考えましたが、主役を引き立てるという意味で それも無しに。(用意もしてないという事情もありますが) 飽く迄も正攻法での撮影ですね。 さて、今月もう一度トライするチャンスが巡ってくるのか・・・ EOS1D2 EF100macro ライト:大型ストロボモデリングランプ2灯+カーボンフラッグ+レフ板
 7:04/09 福岡のbon
初めまして。 福岡のbonと申します。 いつも楽しく、また興味深く拝見 させていただいております。 あまり面白くないのですが、送付させて 頂きました。 酷評お願い致します! 撮影データ NIKON D200 28-105mm 105mm域マクロ設定 フジ ライトビュアーとレフ版のみ オートホワイトバランス 白ヒゲ:bonさん、初めまして。 使い込まれたワーゲン有り難うございます。未だに街で見かけるとどんな方が 運転しているのかとつい見てしまう車の一台ですね。 私も先日ミニカーを物色したときに、このワーゲンの前でしばし立ち止まって しまいました。 さて、作品はビュアーの上で撮影されたのですね。ヤヤハイキー気味なホンワカとした 雰囲気がこの車によく似合っています。大らかさとでも言うべきなんでしょうか 上手く掴んでいると思います。 来月はどんな切り口を見せていただけるのか、楽しみにしております。 有り難うございました。
 6:04/08 ☆ぴぃ〜氏 :その2
「ミニカー」その2 ★前作「BMW Z8 on iBookG4」を撮っているときにアイデアが浮かびました… iBookG4:PowerBookG3 (Wallstreet)「白と黒」のコントラスト「いいじゃん」 とゆーことでレトロカーを探したのですが残念ながら適当なものが見当たらず 前作と同じシリーズの中から、黒の「Audi TT」をチョイスしてみました 黒系の光沢モノは、白系で分からなかったキズやホコリがバッチリ写ってしまう だけでなく、ディフューザなどの写り込みで画面を作っていくようなものなので 撮影だけで完成させようとすると難易度が格段に高くなりますが、テーマ発表で 新藤さんも書かれているように「ミニカーはライティングの勉強」とゆーことで 初心(少年?)に帰って…、新鮮な気持ちでトライしてみました…(笑) ▼ゲットしたミニチュアがあと2台(増えるかも)あるので、下記ブログに順次 撮影して追加する予定です、お楽しみに。/ http://ktai.blogzine.jp/heartkiss/2006/04/post_3f83.html ブログ「Heart de Kiss Graphity」http://ktai.blogzine.jp/ 撮影情報:[ ISO:100, 1/80sec, F5.6 1/2, WB:PRE4000K+2STEP, sRGB, ガンマ少々 ] BODY: OLYMPUS E-300, LENS: PENTAX SMC BELLOWS-TAKUMAR 100mm F4 LIGHTING: Z-Light (GE/HITACHI EFA13ED 3波長形昼光色13W) 白ヒゲ:難しい被写体に取り組む姿勢に感激いたします。 そうなんですよね黒の光沢はホント難しい。 今回の作品はそんな中でかなり上手く正攻法で攻めた良い作品です。 背景のグラデの感じが良いですね。 またミニカーの出来にかなり左右されることも事実・・・ 昨夜ミニカーを物色しましたが良いものは高い・・・一台ゲットしましたので 時間があるときに挑戦しますね。
 5:04/07 伊藤英夫
新藤さま いつもお世話になっています、東大和市の伊藤です。 今月も課題を提出させていただきますのでよろしくお願いいたします。 この車、車体は木製、タイヤは自転車のタイヤ、運転手は家の犬、ヘッドライトは家 の猫の目、動力は人力でこざいます。 無公害車の決定版だと思うのですが、なお、ボンネット上の木材は走行中ボンネット が開かないための重石がわりです。 よろしくお願いいたします。 伊藤英夫 白ヒゲ:今月も伊藤さんちのワンちゃん良い味出してますね。 さて、このスペシャリティカーがデザイン的にどことなくGMの軍用車ハマーを 思い出しますのは、広大な車幅のためでしょうか。 キャビンの広さも凄い! 中で生活が出来そう。 実際の風景と合成させたことも成功ですね。 屋形船ではなく屋形車? この車結構好きですね。

追伸:厳密に言えばこれがミニカーと呼ぶべきか微妙ではありますがOKとします。(笑

 4:04/07 fss2301
fss2301@仙台です。 今月のお題:ミニカーの写真を投稿させていただきます。 投稿が少ない今のうちなら、ストレートな写真でもいいだ ろうと思い、昨夜パパッと撮影しました。 タイトル:いつかはポルシェ ポルシェカレラGTの1/18モデルを使用しました。最初に手持ちでカッコ良く見える アングルを決めるための撮影を行ったのですが、それと同じように見えるよう 三脚にセットするのに結構時間がかかりました。 慣れていない素人には難しい作業だと実感した次第です。 D200 + Nikon ED 70-300mm(145mm域を使用) マニュアル露出 f4.5 10sec AWB ライトセーバー トーンカーブにて青かぶり調整&露出補正 リサイズ NeatImageにてノイズ調整 ところで、先月の投稿写真において新藤様より過分なお褒 めの言葉を頂戴し、恐縮している次第です。 あの時はシャッターを切ろうとファインダーを覗いていたら、ハトが数羽飛んでいる のが見えたので、瞬間的に撮りましたが、絶妙の位置に写ったのはあくまで偶然であり、 私の力量ではありませんので…。 ちなみに、もしかしたらあんな幸運をプレゼントしてくれたのは、先月5年にわたる 闘病生活の末に他界した父なのでは…と思ったりしています。 「fss2301さん、きっと良いことがありますよ!」と書いてくださいましたが、 新藤様から褒めていただいた事が私にとっては良いことでありうれしいことであります。 ありがとうございました。 http://fss2301.dyndns.org/dc_up/dc_up02.html 白ヒゲ:正直クルマには何の未練も持たない私ですが、「いつかはポルシェ」 確かにそんな気持ちもありますね。走る芸術品とも言えましょう。 さて、作品ですが誰かと被ろうが何時出そうがストレートなものは不滅です。 (それゆえに難しくもありますが・・・) 美しいアングルですね。画面上での大きさも堂々としていていいですね。 角度的に見ると止まっているというよりは闇夜を走り去るポルシェの様に見えます。 その辺りをもう少し工夫されると更に素晴らしい作品になったのではないでしょうか。 他界されたお父様の御冥福を陰ながらお祈りいたします。
 3:04/07 ☆ぴぃ〜
みなさん、Heart de Kiss Graphity☆ぴぃ〜です。/ テーマ発表を見て早速ミニチュア探し…1週間経っても、これがなかなか難しいっ! 樹脂製は精巧に見えてもイマイチ重量感に欠ける、鋳造品で精巧なものは値が張る… で、落ち着いたのがコレ、鋳造品で1/60スケールのいかにもミニチュアといった作り さて、いくらぐらいに見えます? 我が町、墨田区本所界隈の歩道はこれから秋まで季節の花が絶えることなく咲き乱れ、 差し詰め「下町のフラワーパーク」に…そんな歩道の花たちを今年も撮り始めました Heart de Kiss Graphity:http://ktai.blogzine.jp/ OLYMPUS ZUIKO DIGITAL Macro Lensのインプレッションは下記URLをご覧ください http://ktai.blogzine.jp/heartkiss/2006/03/zuiko_digital_3.html 撮影情報:[ ISO:100, 1/80sec, F5.6 1/2, WB:PRE4000K+2STEP, sRGB, リサイズのみ ] BODY: OLYMPUS E-300, LENS: PENTAX SMC BELLOWS-TAKUMAR 100mm F4 LIGHTING: Z-Light (GE/HITACHI EFA13ED 3波長形昼光色13W) 白ヒゲ:iBookの上のBM・・・オシャレですね〜。 写り込みが美しい! これで絞りが5.6半ですか。フォーサーズと言えども想像以上に浅いですね。 アッ!レンズは先日見せていただいたペンタックスのあのベローズとレンズですね。 あれは小さくてカッコ良かったですねえ。 改めてベローズの魅力を見せつけられた気がしました。
 1_2:04/06 松本成実
1枚目 タイトル 「ドンガラ」 子供の頃、川沿いの空き地には ずいぶん長いことバスの廃車体があり わたし達のかっこうの遊び場でしたっけ。 今ではすっかりきれいなマンションになって バスの秘密基地を思い出す人もいないのでしょう。 きれいにすることは正しいのですが ほんのちょっぴり寂しいなぁ。 Canon 10D 50mm f2.8 1/200 ライトテーブル上にトレペで簡単なホリゾンド 透過光のみ 白ヒゲ:なつかしい!! ボンネットバス!! 私が子供頃はこんなバスでした。 まだ川口市辺りの道路は未舗装で穴ぼこだらけ。 車掌さんは女性。記憶の微かな向こうには方向指示器がランプではなく 黄色い耳が飛びだすものも覚えています。 運転席の窓が前方に開き夏場の熱さをやり過ごす。 そんな時代を懐かしく思い出しました。   それを知っている方は・・・50以上でしょうかねえ・・・笑
2枚目
タイトル
「力をかけるのはそこなのか?」
棚にあったモーガンスリーホイラー。
形も面白いし、すぐに被写体に決定。
セットを組んでファインダーを覗く。
・・・。存在感が足りない。
量産品なので仕方がないが
安っぽいメッキとラフな塗装。
プラスチックの成形のままの部品。
あぁ、我慢できない。
バラしてシンナーにドボン。
メッキを剥がして磨きだし
ボディもペーパーかけて塗装し直して
プアな部品はとっぱらってレーサーに。
3日後に無事に撮影終了。
Canon 10D
50mm f5.0 1/200
ライトテーブル上にトレペで簡単なホリゾンド
透過光+サイドから580EX1灯
白ヒゲ:この一枚にそこまでの努力を払っていただいたことに
深い感銘を抱きます。有り難うございました!!
光りの感じと言い、その存在感と言い、申し分の無い仕上がりですね。
今、背景では陽水の【限りない欲望】が流れていて何だか妙にマッチしています。
力を何処にもかけないことは寂しいことです。
ナニカに一生懸命になれることは良いことですよね。
でも・・・バスが良いな・・・
.
このページの先頭に行く
 2006/04/28 ブレッドボード 他。
左の物体は通称ブレッドボードと呼ばれています。
まあ、似非ではあるのですが機能的には十分。
本家はそれなりなお値段と思っていましたが、似非は驚くほどリーズナブル。
秋葉原に寄ったついでに一つお買い上げです。(例によって秋月です)
  ブレッドボードの説明を更にすれば実験的に電子回路を組むことが
  とてもラクチン。何度でも作り直せます。
  どうです?あなたもお一つ。
さて、これで何を企んでいるのか・・・・
580EX用スレーブ回路・・・それもあります。
実はもうひとつ!
1Dシリーズ用小型軽量充電器を考えています。
そのためにswレギュレータ式の超小型安物DC電源も入手しました。
  600円程度だったか?
キヤノンの純正充電器は大きすぎ!!
電車移動の私的には、とても持って歩く気は起りません。
  勿論予備電池は持っていくのですが、事務所に戻れないこともあります。
  泊まりのロケもありえるでしょう。
連休中の課題の一つですね。
もしうまくいったら(多分うまくいくでしょう)また報告いたします。

この小型充電器に興味がある方は(或いは私も欲しい!)そう思われる方は
御連絡下さいね。

追伸:キヤノンマーケティングジャパンから封書が届いていた。
CPSの制度見直しの準備期間として2007年3月まで
新規会員の募集を一時中断するとあった。
さてさて、どんな見直しになるのでしょうか??
 2006/04/28 ■第3回オフ会は竹富島!(不動前)に決定。05/19金曜日。
2週間程前に初めて入った、然程広くないお店に辿り着く。西五反田3丁目。
午後9時。店内は賑わっていた。殆ど友人の家に遊びに行った感じ。
入って右手から【あれえ〜新藤さん?】と声を掛けられた。
何度もGでお会いしているYサンだった。
  聞くと私同様2度目だった。
そそくさと、その席に混ぜてもらう。
暫くしていると、肩を叩かれた。俊ちゃんだった。
彼とは2年近く御無沙汰だったかも。(かむろ坂の飲み屋で良くお会いしていた方)
こんな風に2度目にして馴染んでしまったお店は
不動前【竹富島】です。
  最初は目黒の窪田氏に紹介していただきました。
何故今日竹富島に寄ったかといえば、オフ会の下見。
相談してみると、20日はもうダメ。
19日。金曜日ならOKとのこと。
店内は私が見たところ20〜25人程は収容可能か?
  勿論、本日仮キープしました。
竹富島は御主人のサンシンとシマウタ。お母さんの踊り・・・
ホント癒されます。
生きていて良かった・・・マジ涙でます。

竹富島でオフ会ってことは小難しいことは無し。アンケートも今年は無し。
月例展経験者ならば出品作品持参、程度でしょうか。(一点でOKでしょう。)
オフ会も3回目になると、大らかになる??
過去と最も異る点は土曜日ではなく金曜日開催でしょうか?
エ〜!!と言う声も聞こえてきそうですが、今年は19日金曜日に決定です。(午後6時スタート)
人数はお店の広さからmax20〜25名。
先着順とします。
予算は4千円以内を考えています。メールお待ちしております。
尚、お店の都合上、なるべく連休明けまでには連絡下さい。
皆さんで本音を語り合えるオフ会になれば私も嬉しいですね。

追伸:04/28 そうそう、皆さん自慢のスペシャル機材や内緒の秘密兵器自慢大会ってのもアリかもしれませんね。
・・・当然のことですが、初めての方も歓迎です。
プロでない方も歓迎です。写真が好き。ここがポイントですね。

05/20 オフ会報告 竹富島での賑わい
 2006/04/24 キヤノン580EXスレーブ実験のその後。
2006/03/29 大型ストロボにキヤノン580EXをスレーブさせる方法。
2006/04/03 キヤノン580EXを改造する。これでどんなストロボともスレーブOK!!
先月もチャレンジをしましたが、それの発展型です。
3/29のタイプの欠点は感度が・・ややイマイチ?
改めて今回検証してみたことは
A点についてです。
通常A点は約5V。AB間を抵抗で接続してみますと約10KΩで580EXは発光し
その時のA点の電圧は約3Vでした。
  Ωの法則からシンクロ接点には580EXでは0.3mA電流が流れることが判ります。
  シンクロ接点を含めてフォトTRやTR1には大きな電流は流れないということが判ります。
前回の回路ではフォトTRが明るい場所では抵抗値が下がりすぎ、スレーブしない。
或いは同様な原因からシンクロがONになりっぱなしになる可能性がありました。
感度を上げるためにTR1を追加し、ストロボ光のみに対応するためにC1を追加しました。
  R2とC1は省いても動作しますが、LEDランプでも誤動作します。
TR1は小出力のNPNタイプならどれでもOKでしょう。
R1はテストの結果ではこの辺りが良さそう。R2は大雑把でOK。
TR1はBE間電圧、つまりR2の両端が約0.6VになればONになりますので
A点が3Vのノーマル状態から比較すれば最大約5倍の感度アップが狙えます。
追伸:と実験では上手くいきましたが、580EXに組み込むことまではまだしていません。 ノグチさ〜ん、セイイチさ〜ん、助け船下さい!! エロイ方からの御連絡まってま〜す。

初めまして

いつも拝見させて貰っています。

ちょっと的はずれかも知れませんが
キヤノン580EXスレーブ
http://www.prokizai.com/item/acc/index.html
フォトセンサー
(マルチタイプ・キャノンEX 可)
ここで売っているモノではだめなのでしょうか?

一度ご確認下さい。

----------------------------------
村田 臣矢

白ヒゲ:村田さま、情報頂き有り難うございます。

プロ機材ドットコムは最近人気のようですね。
私も時々サイトは見るのですがこのスレーブは気が付きませんでした。
造りも悪くなさそうですし、一度テストしてみる価値はありそうですね。

新藤様

初めまして○○というものです。
新藤さんのHPいつも楽しくみています。

580EXのスレーブですが、自分の買った「UNのマルチスレーブユニット」を使うと
ストロボが一発だけで無く、何回でも飛びます。

商品HP
http://www.un-ltd.co.jp/products/camera/lighting/index02.html

もしよければこれで試してみて下さい。

もしHPに名前載せる事があるなら「京都人」でお願いします。
それでは宜しくお願いいたします。

白ヒゲ:京都人さま、御連絡有り難うございます。

これですよね? 実はこれは私も持ってはいるのですが・・・ウチのは上手く飛びません?

先日新たにテストしてみたのもUNで上のもの。矢張りダメでした。
何故でしょうねえ??

過去にも何度か書きましたが、そもそもスレーブくらい標準で組み込むかオプションでも良いですから
キヤノンが用意するべきなんですね。
どうして私がここまでしなきゃイケナイの??(笑
何とかして欲しいものですね。
ニコンでの実験ではC1を、ダイオードに変え2個程度シリーズにし抵抗(1〜51kス)も入れましたが
あまり関係が無いみたいですが保護の為に入れ実験しましたが、
そこそこの結果が出たのではと思い報告させていただきます。
白ヒゲ:大内田様、追試報告有り難うございます。
C1をダイオード2コに置き換えてしまうと折角のBE間電圧0.6vを1.8vにしてしまうことに
ならないでしょうか? つまり感度的にはフォトTR一個との中間になってしまうのでは??
机上の空論ですのでテストしてみますね。
貴重な情報有り難うございました。
新藤さま こんばんは。
福岡 O です。
例のUNスレーブですが、手持ちの「SB−20」に接続すると、1発目だけ発光、2発目からは不発。
(遅延回路を経由すると発光する)
発光前のトリガー電圧 4.59V
発光後  〃     0.67V
UNのスレーブは1回目発光後、オンのままの為か2度目以降発光しないしトリガー電圧も戻らない。
ストロボ電源をオフにするか、スレーブを外すとトリガー電圧が元に戻る。
「SB−800」については2度目以降も発光、トリガー電圧も元にもどる。
旧来からあるスレーブ(例PW−4Nパナ)は何れのストロボも問題なく発光。
SB−20(580EXも?)にリセットが無いか、UNスレーブ側にリセットが無いのか、、、
それぞれの仕様の問題で双方で対応していない、ミスマッチと言うことでしょう。
--------------------------------------------------------
新藤スペシャル回路もブレッド上ですがテスト。
明るい所(1400Lx)で、R1を47kにするとスレーブがオンのままです。
47k〜100kまでトリマーでテスト、50kだと感度及び2回目以降の応答性も良いようです。
60k以上にすると誤動作は少なくなりますが、連続発光時の応答性が悪くなります。
見通しの悪い文章ですいません。
では。
追伸:
月例2作目は出来損ないまして・・・失敗です。
--
白ヒゲ:こちらも追試報告有り難うございます。
2発目がスレーブしない原因はシンクロ接点電圧が下がったままだったのですね。
   トリガー電圧というと発光チューブへのトリガー電圧(かなりの高電圧です。)を普通は指すようですので
   混同を避けるためにシンクロ接点電圧と言い換えました。
どうしてしこをチェックしなかったんでしょう!!Oさん、流石です。
R1の抵抗値は御指摘の通りチョット低めだったかもしれません。
こちらも更にテストしてみますね。
 2006/04/24 大阪の山本さんからグレタグマクベス【huey】発売のメール頂きました。
お世話になっております。
先日こんなものをみつけました。
15000円でモニターキャリブレーションがwinとmac両方に使えるとは
リーズナブルですよね。
http://www.koyoshagraphics.com/news/releases/press_060419.html
白ヒゲ:大阪の山本さまからのメール紹介しました。
私もこのニュースは読んでおりましたが、アップし忘れていました。
山本さん、有り難うございました。
ヒューイ、名前が可愛いですね。
まだ使用してもいないので何ともですが、どうして今まで出さなかったのさ・・・そんな感じ。
とは言え、この価格で登場してきたことは素晴らしい。
誰でもがキャリブレーション出来る時代になったわけですね。
問題はディスプレーです。
カラーエッジ(ナナオ)クラスを使用すれば良いのでしょうが
色々事情もあり、簡単には買い替えも出来ず・・・
信頼できる液晶モニターがヒューイの様な価格で出ればねえ。
  それなりなモニターでないと、どんな優れたキャリブレーターを使用しても
  正確な色再現は絶望的です。
新藤様 ご無沙汰しております。こじゃんと加藤です。 初回のオフ会に参加させていただいて以来お目にかかっておりませんが、何とか生きております。 またまたレギュレーション違反です。一応車輪は付いてますし、地べたを転がすことも出来ますので・・・。 (多分模型飛行機という募集は一生ないとおもいますので強引に投稿します。) 私はサイトを開設したのは97年10月。動機は飛行機のプラモ写真を発表しようということでした。 当時WEB上の模型サイトをサーフィンしてましたが模型の出来はいいのだろうけど写真がねぇ・・。 というものばかり。ここは一発・・。と腰を上げたのでした。 当時私が使っていたのはFUJIX DS-300 20円万を超える130万画素カメラ。 ある程度接写もできたので色々試しながら撮影しました。 http://www.geocities.jp/cojant_com/cojant/cojant.html 当時製作したHPを改装しながらいまだに掲載しています。 写真は数年後に撮り直したものもありますが」、97年当時のものがいまだに掲載されています。 私も久々に先ほど見てみましたがちょっと恥ずかしい内容です。 当時私は飛行機プラモに命を懸けていましたね。 ところで新藤さんに影響されてドメインを取得し、サイトを改装しました。 さっぱりWEBから仕事が来なくなったと思ったら仕事の募集をしていませんでした。(馬鹿です。) 夫婦揃って息子の追っかけをしてましてサイトもそんな内容になっています。 仕事が来るわけないっすね。 今回の作品はレギュレーション違反と言うことで掲載されないことを覚悟しております。 とりあえず近況報告ということで・・・。 そうそう。 写真は今朝ほど棚から機体を引っ張り出して撮影。2枚撮ったうちの一枚目。 EOS5D EF20mm f2.8 1/48の大戦機ですので全長20cmほどです。数年前に命がけで作りました。 照明は松下のグリップストロボ3灯。飛行機を置いてシャッター2発で30秒。レタッチ10分。 自室の撮影スペースを使用しましたがワイドレンズを使うと背景紙が画角をふさげないため スタンプツールで拡大してあります。 次回はテーマに沿ったものを応募したいと思っております。 それでは失礼します。 http://cojant.com/ 
白ヒゲ:加藤さん、お久しぶりですね。
おっしゃるように・・・ルール違反ですので月例展ではなくこちらにアップさせていただきました。(笑
今回頂いた飛行機の出来は素晴らしいですね。
プラモとしても一級ですし、写真としても実に素晴らしい!
それから・・・何よりも、こうしてまたメールを頂けたことが嬉しい。
お会いしたのは初めてのオフ会の時でしたっけ。早いですね。
今年もそんな季節が近づいてきました。
いつもの年なら5月後半。今年はどうしようかと思案中です。
決まりましたらサイトに書きます。是非またいらして下さい。
 2006/04/23 個人向けアルミ部品加工のアルミプラス 小池製作所
私は大概のものは作る、或いは改造する。
でも何でも作れるかといえばそんなことはない。
しかしながら、市販品に見当たらないときは作る以外には方法が無い。
例えばコンパクトストロボ用アンブレラホルダー。
これは中々優れ物が存在しない。
  私はマンフロットを改造して軽量化を図っています。
個人向けアルミ部品加工のアルミプラス 小池製作所 http://al-plus.jp/
こちらはそんな自作派にピッタリの製作所。
アルミブロックや板からの加工を一点からでも引き受けてくれるらしい。
調べてみると値段もリーズナブル。
まだお願いしたことはないけれど、覚えておいたほうが吉。
お客様ご使用例、ここを見ただけでも、小池製作所の実力が良く判る。
丸棒からの加工が出来ないことは残念。
初めに戻ってアンブレラホルダー
B&Hのサイトには実に沢山のアンブレラホルダーが載っています。
http://www.bhphotovideo.com/bnh/controller/home?O=breadCrumb&A=search&Q=&ci=3536
値段も確実に日本よりはお安い。
 2006/04/23 TENBAトートバック/横田さんからのメール。
カメラバッグはホント悩みの種です。電車移動の多い私的には大きいものは×
如何にもカメラバッグ然としているものもチョット引きます。
ヨドバシに行くたびにカメラバッグ売り場に足を運んできた私ですが
ついに、一つ購入しました。
TENBAのトートバッグ。(TOTE 1000 テンバのトートバッグでは最も小さいタイプ)
これだけではカメラバッグになりませんのでクッション付きインナーバッグを2コ購入。
これで今までの機材は十分に収まりました。
1Dmk2、EF16−35、28、50、85、予備電池、ニッスイ、黒テープ等
重量を計測してみると5.5kg!!
今までよりも0.5kgほど軽量化にも成功です。
500gは侮れません。レンズ一本分ですからね。
   内部にはまだ余裕があり、580EXなら2台、レンズなら2本
   まだ追加する余裕があります。
これでEOS5Dならもっと軽くなるんだけどねえ・・・・
カメラバッグってそれだけでも結構重量がある場合も多く、軽量化の敵だったりします。
何事も工夫が大事ですね。
インナーバッグを上手く使用すればどんなバッグでもカメラバッグに変身できて
すごく便利です。もっと色々なサイズがあると更に良いのだけど。
右手のスタンドバッグはマンフロットの最も小型のバッグ。
小さすぎて撤収が大変!(ホントにスタンドバッグも丁度よいのが見当たりません!)
580EX2台、カーボン三脚、傘、などで4kg
追伸:福岡のO氏が購入したUNのプロスレーブ。
580EXでは使用不可でした。
例によって最初の一発のみ発光して、2発目からは不発。
残念報告です。(スレーブは返品ですね。)
白ひげ先生 こんにちは。
先日神代植物園に撮影に行った後新宿に出ましたら
添付画像のような車が...
ただの運送会社なんでしょうか? それとも音楽CD配送専門? (^^;)
ところで 某ニコンデジタル系掲示板で紹介があったので
Faststone Image Viewerなるソフトをダウンロードしてみました。
Windows系専門のフリーソフトなのですが、比較的速くRAWデータを
見ることが出来るので WinノートPCなどで使用するには便利かも
しれません。もうすでにご存知の方が多いかもしれませんが。。。
http://ringonoki.net/tool/view/faststone.html
横田 博史@川崎市
http://yumehana03.exblog.jp/
白ヒゲ:横田さんからのメール紹介いたしました。
win機のことは良く判りませんが、まだ試してない方は一度トライしてみては如何でしょうか?
この右の車ですが・・・CDは多分お化粧かと私は思うなあ・・・
追伸:2 バッグを換えたことでトータル9.5kgに減量成功したわけですが 何よりも問題なのは自分自身の体重かもしれません。 20代の頃に比較して12kgも増加しているのですから! (まあ、それでも67.5kですから、太り過ぎではありませんけどね) 先日も某氏と体重の話になりました。 某氏は25kg増加して85kg・・・ 身長も私よりもあり、決して太っているという印象ではありません。 でも、5kの米袋5個を常時携帯していると同じわけですから半端じゃありません。 マーケットの帰り道25kgの米は持って歩けんでしょう・・・   と、某氏と大笑いしてしまいました。 イヤイヤ、他人事ではなく70kを越えぬよう要注意ですね。 (幸いその一線はまだ越えたことはありません。)
 2006/04/22 ソフトライトボックス(SD)とST−E2の相性。
久しぶりにソフトライトボックス(SD製)を昨日使用しました。
光りのロスも少なく写り込みもキレイ。
簡単な撮影では傘ではなく、こればかり使用していた時代があったほどです。
さて、甲府で580EX+SDを使用したのですが
ST−E2の反応が極めてよくない。
SD自体が陰になりST−E2が届かないためだ。
仕方なくST−E2をオフカメラシューコードに接続して右手でシャッター、左手でST−E2・・・
これで撮影は可能でしたが、ST−E2が正面しか向かないことが原因ですね。
・・・ヤッパリ傘に戻るか。
ST−E2を改造するか・・・
悩みどころですね。
追伸:SD自体にも問題はあります。
そもそも大型ストロボ用に作られているのでヘッド取り付け部周辺の布がゴツイ厚い。
580EXや小型ストロボ用にもっと小型でコンパクトで軽量のタイプが出ると嬉しい。
50cm角(これは現在販売中、でもゴワゴワ)さらに30cm角程度のサイズもあると嬉しいなあ。
 2006/04/21 マミヤOP、カメラ事業から撤退!
甲府で浮かれていた間にビッグニュースです!
マミヤOPがカメラ事業から撤退・・・ですか。
カメラ事業の譲渡先はコスモ・デジタル・イメージングですと。
  千代田区飯田橋、社員2名。資本金1000万円。
マミヤといえば、RB67、RZ67、マミヤ6、マミヤ7と幾つもの中判カメラを
手掛けてきたメーカーでしたが、デジタルでしくじったということでしょうか?
コニミノに続いてマミヤ。
ウッスラと予想をしないわけでもありませんでしたが
こうして事実となってみて初めて思うことは沢山あります。
  私は今でもRZボディと50、65、110、180の4本のレンズを所有しています。
  勿論フィルムを通すことは3年間で皆無。
  使用してもジナーp2+EOS1Ds2+STUDIOTOOL*STM+マミヤレンズとして使用する程度。
デジカメの世界も勝ち組と負け組(嫌いな言葉ですが・・・)に別れつつあるのでしょうね。
改めて自分を見直した場合、ではどうなの??
写真業界でも2極化は既に始まっていて、おいてけぼりを食った方も存在する。
私にしても次は自分かという不安は拭いきれない。
しかも、気分的にはコニミノショックよりも衝撃が私には大きい。
中判といえば広告業界では圧倒的にマミヤだったからです。
  誤解を受けぬように付け加えれば・・・出来の良さで支持されたというよりは
  他の選択肢がC/P等の理由で存在しなかった、そう考えていますけどね。
先月だったか?タマタマお会いした某メーカーの方が
【生き残るデジカメメーカーはキヤノンとソニーとパナ。この3社だけかもしれない。】
そう呟いたことを思い出さずにはいられない心境ですね。
最早、立ち止まることは許されないのですね。
進むか、退場するかの2択の時代。
それを巷では構造改革と呼ぶのでしょうか?・・・・たぶん。
追伸:私のショックさが伝わりきれていないかもしれませんが・・・チョット涙が滲んだ。
そのくらいショックでした。
マミヤ自体はスキでも嫌いでもありません。(敢えて言うなら嫌いか?)
なのに、これだけのショックを受けたということなのです。
 2006/04/21 甲府に行く。
車の撮影に行ったわけではありません。 この車の同乗者となり撮影に出掛けたのです。 ホント天気も素晴らしく新緑も美しい。正にドライブ日和。 そんな金曜日、中央道をまっしぐら。 このタバコのピースのようなマークは御存じ無い方のために説明すればマセラティというイタリア車。 エンジンは4.2L V8 フェラーリ製401PSだそうです。 室内はルーミーで明るい色使い、オサレな高級車!(しかも2月納車の走行2000k) 車には殆ど離縁状態の私ですが、そこはそれ。タマには良いもんだねえ・・・(笑  お前には無縁の存在だろうって? ゴモットモです。 でもね・・・冥土の土産が出来ましたって。(ヲイヲイ・・・まだ早いってば) 六本木の制作、I氏に深く感謝です。 追伸:イワユル新車っぽい匂いがしなかったのは、革張りのせい? それとも高級車はそんなものなの?? ウ〜ム・・・知らぬ存ぜぬ。
 2006/04/20 Eー330。
昨夜、オリンパスEー330返却してきました。
長期間貸しだしていただき有り難うございました。
さて、改めてEー330を振り返るとライブビューという機能のお陰で
誠に個性的、画期的なカメラであることは疑う余地もありません。
トータルとしてのフォーサーズの布陣はまだ完成されているとは思えませんが
まだまだ進歩の余力を残しているとも言えるわけです。
例えばレンズ。単焦点は欲しいですよね。
AWB・・・ミックス光にもっと大らかにね。
連写機能・・・物撮りなら今のままでも十分か?
などなど、注文を付けたいことはあります。
  実は返却時に色々話もして、意見の交換も無事に済ませました。(笑
フォーサーズ自体はパナソニックも参入して、やっと市民権を得つつあるのか?
ゴミゼロも大分認知されてきたことでしょう。
Eー1、Eー300、Eー500、Eー330と進化してきたEシリーズ。
次はEー1後継機??
どんな姿を見せてくれるのかなあ。
何時でるんだろう?
楽しみですね。
真面目な会社の真面目な方が作った真面目なカメラ。
真面目すぎるきらいはあるけれど、独自路線を選んだ運命の中で
正に真価が問われる時期に入りつつある。
さてさて・・・待ちましょう。
ホントに良いものは残ります。残さなくはイケマセン。
陰ながら応援ですね。
 2006/04/18 ROLODEX、いいかも。など。
朝10:00神保町、12:30代々木で別件撮影。
終えてついでにヨドバシにより、午後4時スタジオに戻る。
最近忙しくなかったためか、妙に荷物が重く感じる。
戻って計測してみるとストロボバッグ(580EX 2台、ST−E2、カーボン三脚、傘、等)が4kg
カメラバッグ(EOS1D2、EF16−35、EF28、EF50、EF85 等)6.7kg
プロとしてはかなり軽いほうでしょ。
いつもならどうってことないんだけどなあ・・・ヤッパリ年??・・・

上の写真は、最近入手した優れ物、ROLODEX。
名刺の整理のための便利グッズ。INDEXは日本語も用意されています。
何が便利かといえば、名刺を見つけ出すことが簡単。並べ替えることも楽。
何時だったか有名IT系の社長一派が皆これを使用していて、ナルホドと思った次第。
但し、意外にデカイ。場所を占有する。

Oさま お世話になっております、新藤です。
3/20日撮影の○×△の見積もりです。
撮影料					○○○○+tax
こんな感じで如何でしょうか?
ご連絡お待ちしております。
ではでは。
新藤さま
いつもお世話になっております。
■■のOです。
3/20の撮影のお見積もりですが、
はい、○○○○でよろしくお願いいたします。
順調にプレも通りましたので、
ご連絡させていただきます。
ありがとうございました!
また、どうぞよろしくお願いいたします。
ウッス! 有り難うございましたッス。
では。
新藤さん・・・
飲んではります? 笑

※おもしろかったので、つい返信をしてしまいました。

いえ、や〜。チョットだけ飲んで春です。(笑

呑んで春。
なんてステキな響き・・・。笑

でもね、MAC作業中・・・・シ〜ッ。

ジャ。今度不動前で飲みましょ。
先日素晴しい沖縄系見つけました。
まるで、知り合いの沖縄のうちって感じ。
ジーサンがサンシン弾きがたってくれるのよ。まじ。
平和の極地。
春ですから。

ステキすぎますから、それ。
いきましょッ 
ぜひッ ( ̄- ̄)ゞ
昨夜9時過ぎ、見積もりを送ったときのメール合戦の図。
でも最後の( ̄- ̄)ゞって何だか涼しすぎる??
まだ春だからでしょうか??
ところで・・・撮影料ってあってないようなもの。お互い納得すればそれでOKですよね。
でも何だか平和すぎ? これじゃダメ???
あなたの見積もり状態はどんなですか??
追伸:沖縄系のお店とは目黒の窪田さんに教わった竹富島です。
有り難うございました。
 2006/04/17 女子大に見る景気の回復。
本日より某女子大に撮影に行ってます。
もう何年目? 3年?4年??
大学側のとある事情により、ことしから学生の数が増えているのですが、何か今までと違うのです。
私の観察では、彼女達のファッションが小奇麗になりつつある。
平均身長が少し伸びた? 足が長くなった??
チープでカッコ悪いことがカッコイイ・・・そんな時代は終わった感じ。
巷の景気回復はヒョッとして真実なのか。
巷の外の私たち(勿論、巷の中のカメラマンもいるらしいですが・・・)には羨ましい話ですね。
チェルノブイリから20年、バブル崩壊から15年。
今日会った彼女達は私たちが苦難の15年を過ごしてきた間にスクスクと大人になったんですね。
そりゃあ、ヒゲも白くなるわけだ。
追伸:デザイナーのMさん、チョット見ない間に白髪が増えています。
何て思っていると、あちらから【新藤さん、最近急に老け込んだよね。】何て言われてたりして。トホホ・・・
 2006/04/15 押上、梅本製作所。
4/14日金曜日、押上にある梅本製作所を訪ねた。 捨身研の勉強会に出席するためだ。 梅本製作所は三脚の自由雲台を製作しているコジンマリとした会社。 聞けば初めて知ることの多いこと多いこと、勉強不足を痛感。 午後4時からスタートして気が付けば夜9時を過ぎている! 熱が入っていた証拠か。 どんな話をしたかは内緒(笑 今回の参加者は13人。最近出席者増えたよね。 チョット早目に付いたので僅かな時間ぶらついた。 川があるためか、道が広いためか、何だか空が広く感じる。 私の好きなチョット地味めな場所もある! 押上には初めて電車で降りたけど、人が住む場所って感じがしましたね。 捨身研、藤吉様、快く相談に乗って下さった梅本様、有り難うございました。 追伸: 梅本さんのブログ らじおのじかんはかなり楽しめる、お薦め。 追伸:2 捨身研 梅本製作所勉強会に出席の方に業務連絡です。 昨日頂いた例のものは苦難の末に、実用可能なものができ上がりました。 今まで使用していたものマンフロット製264gに対して170g。でした。 もっと簡単に考えていましたが、意外に手強いものですね。 追伸:04/19 更に肉抜きに挑戦しましたが(ドリルで穴を多数開ける) これは思ったほど効果が少ない。僅かに6〜7gの減量でした。
 2006/04/14 DigitalColor Meter・・・知ってます??
DigitalColor Meterって知ってますか? macなら標準で何処かに入っています。 OSXならアプリケーションのユーティリティ辺りだったか。 立ち上げると上のようなボックスが開き、画面上の如何なる場所もカーソルのある場所のRGBやLabでデータの数値を現してくれます。 また対象範囲を指定できるのでこれも便利。 先日のDレンジを判定したいのに自分の液晶では判断できない・・・ そんな場面では活躍間違いなし。 起動項目に入れておいても良いくらいですね。 これお薦めですよ。OS9にも入っています
 2006/04/13 Olympus その4:E-330 EOS20D マクロレンズをテスト。
以下のテストはEー330のテストというよりはレンズのテストですね。
ライブビューの活躍の場面にはこんな被写体が多いかも・・・
そんな意味で自家製指輪(石は偽物です)を撮影しました。
光源はストロボモデリングランプのみ。
絞り込んだときの解析による画像劣化の様子が良くわかると思います。
カラーバランスはオリンパスの方が低くまで設定できご覧のように
比較的正しい色が得られましたが、キヤノンは2800kまでしか設定できないために
アンバーが強い色味に・・・
初めはEー330のデータです。

1:35mmマクロ 開放F3.5 Eー330

2:35mmマクロ F5.6

3:35mmマクロ F8.0

4:35mmマクロ F11

5:35mmマクロ F16

6:35mmマクロ F22

7:50mmマクロ F2.0開放 Eー330

8:50mmマクロ F2.8

9:50mmマクロ F4.0

10:50mmマクロ F5.6

11:50mmマクロ F8.0

12:50mmマクロ F11

13:50mmマクロ F16

14:50mmマクロ F22
ここからEOS20Dのデータです。

15:90mmTS−E 接写リング付き F2.8  EOS20D

16:90mmTS−E 接写リング付き F4.0

17:90mmTS−E 接写リング付き F5.6

18:90mmTS−E 接写リング付き F8

19:90mmTS−E 接写リング付き F11

20:90mmTS−E 接写リング付き F16

21:90mmTS−E 接写リング付き F22

22:90mmTS−E 接写リング付き F32

23:EF100mmマクロ F2.8開放

24:EF100mmマクロ F4.0

25:EF100mmマクロ F5.6

26:EF100mmマクロ F8.0

27:EF100mmマクロ F11

28:EF100mmマクロ F16

29:EF100mmマクロ F22

30:EF100mmマクロ F32
追伸:04/14 4/11日にテストを☆ぴぃ〜http://ktai.blogzine.jp/さんと二人で行いましたが とりあえずその時のテストデータはこんなものでしょうか。 たったこれだけと思われる方も居られるかもしれませんが これでも午後一時スタートで終了は午後9時辺りだったか。 結構時間の経つのは早いものですね。 ☆ぴぃ〜さんはEー300ユーザーですからEシリーズの取り扱いには私よりも はうかに慣れていることと、元々のスキルの高さと相まってテストはかなりスムーズに運んだと思います。   ☆ぴぃ〜さん、遅くまで本当に有り難うございました。 ライブビューに関する記述が少なすぎる!!?? そう言われても仕方がないのですけど、その辺りは3/27日の記事を見て下さい。 何度も言いますが、この機能は文字で読んでも理解しにくい。 実機をじっくりと触らなければその良さは体感できません。 売り場でチョコッと触る程度では難しいでしょう。 ライブビューという機能が全ての方に必要なのかといえば、そうではないかもしれません。 ですが涙が出るくらい感激する方もいることでしょう。 これから先、オリンパスがどんな路線を作り上げていくのか? ライブビューという機能が一過性のものなのか? そもそも4/3という規格を選んだ時点で何処まで考えていたのか?? 現時点ではオールマイティではありませんが、ホント真面目なメーカーです。   真面目すぎるほどか。 画素数的には1000万画素あれば、十分なケースが殆どでしょう。 そんな意味では4/3を選択したこと自体は間違ってはいないはずです。 プロの意見を聴く耳を持っています。(これは重要です)   勿論プロに限らずユーザーの意見を聞く耳も同様に重要です。 さてさて、これから登場するであろうEー1後継機・・・ どんな姿を見せてくれるのか、楽しみですね。
 2006/04/13 新田倫生氏からSB−28等用のスレーブ便利グッズのお知らせ。

新藤様、集まられた皆さん。
先月は、楽しい時間を過ごさせていただきましてありがとうございました。

SB-24、25,28と3台で、なんちゃってCLSを実現するためにスレーブを作りました。
下部のホットシュー付近の隙間がなく580EXのような改造が出来ませんでしたが、シン
クロ接点に差し込む方式です。いろいろ問題点はありますが、これができあがりました。
新藤さんが書かれているように、正常にスレーブしないことがあるのでもう少し改善し
なければいけないようです。実はこのスレーブを制作中、発行テストしていたらSB-25が
ものすごい発熱とともに急逝してしまいました、13年も使用したのでしかたないですね。
もし修理出来ればと思いニコンに電話したところ「部品がありませんので無理です」と、、、残念。
これは、SB-800を買いなさいとのお告げかな?

白ヒゲ:角度が自由になりこれは便利そうですね。
シンクロターミナルがあればこちらの方がお薦めでしょう。
ボディ本体にキズをつけることもありませんしね。
素晴らしいアイデア有り難うございました。
 2006/04/13 Olympus その3:E-330 EOS20D 色収差をテスト。
お待たせいたしました。色収差のテストです。
テスト方法は左のような方法で行いました。
中央のブロックでピント合わせ、判定した場所の右上時計では
ピントは微妙にずれている場合も有り得ます、念のため。
ライトはオパライト(直径30CM程度のリフレクター)に
トレペを貼ったもの一発です。
フォーサーズはCCDのサイズ面積からレンズの焦点距離は
35換算で50mmが100mm相当になります。
つまりx2になる計算です。
  露出は色収差の判定がしやすいように約一段アンダーに撮影しています。
全てをデジタル専用に設計したと豪語するだけの描写をしていますね。
マクロレンズは50も35も素晴らしい!

1:Eー330/50mmF2.0マクロレンズ 開放F2.0

開放絞りから色収差も少なく立派な描写です。
ここらのデータは全て等倍表示です。

2:50mmF4.0 

F4.0で色収差は皆無に近いですね。

3:50mmF8.0

4:35mmマクロF3.5 開放

5:35mmマクロF5.6 

6:14-54 zoom 54mm F3.5 開放

7:14-54 zoom 35mm 開放

8:14-54 zoom 25mm 開放

9:14-54 zoom 19mm 開放

10:14-54 zoom 17mm 開放

11:EOS20D EF50 F2.0

初めにもかきましたがここでは色収差のみに注目して下さい。
ピントは時計には元々あっていない場合が有り得ます。
キヤノンの単焦点レンズは設計が新しくなく
開放に近い絞りではこのような色収差が盛大にでます。
85mmだけでなく他の単焦点レンズも早くデジタル用に
設計し直して欲しいものですね。

12:EOS20D EF50 F4.0

13:EOS20D EF50 F8.0

14:EOS20D SIGMA DC17-70 zoom 70mm開放

丁度よいズームレンズを持ちあわせていなかったために
シグマのズームレンズを使用しました。
全て開放絞りです

15:EOS20D SIGMA DC17-70 zoom 48mm開放

16:EOS20D SIGMA DC17-70 zoom 36mm開放

17:EOS20D SIGMA DC17-70 zoom 25mm開放

18:EOS20D SIGMA DC17-70 zoom 17mm開放

 2006/04/13 踏み切りで。
踏み切りを渡ろうとして、私の隣にはベビーカーと母親
その向こうには4〜5才の男児と母。
男の子がベビーカーを覗き込み【あれ〜、この子何か頭に被ってるよ〜】
と嬉しそうに母親に報告した。
ベビーカーの母親は誰に言うでもなく【まだ寒いかと思って・・・】
私もベビーカーを慌てて覗いてみる。
端正な顔で色白なまだ生まれて数ヶ月の赤子が
頭には白い綿ニットのキャップを被りスヤスヤと寝ているのが見えた。
幸せの結晶と呼ぶに相応しい赤ちゃんだった。
踏み切りを渡り用を済ませ、もし先程のベビーカーの母子がまだ近くいたならば
声を掛けて写真を撮らせてもらおうかと思ったけれど
残念・・・見失ってしまった。
赤ちゃんの、汚れを知らぬその魅力には誰も勝てないことを改めて認識。
今日は朝から幸せを分けて貰えた気分。
 2006/04/12 Olympus その2:E-330 ノイズテスト。

1:E-330 

収差テストではなく申し訳ありません。
前回のグレースケールと同じものですがISO400、ー2EVで
撮影されたもの。等倍表示です。
フォトショップ上でノイズをあぶり出すためにレベル補正で
通常255に設定されているハイライト側を100まで圧縮してみました。
330は300に比較してノイズ的には減少しているように見えます。
また、レベル補正で強調していますからここまでノイズが見えますが
通常の撮影ならISO400まではOKと感じました。

上はE−330画像のレベル補正をかけていない等倍データです。

2:E-300

蛍光灯被りが強いので判断しにくいですが・・・
画像のシャープさには驚きです。(330も20DもAFで測距)

3:EOS20D

予定通りと言うべきか、ノイズ的には安心感がありますね。
でもでも・・・ピントこれで良いの??
因みにどの機種も絞りはF5.6
追伸:Eシリーズの場合、RAWで撮影後オリンパススタジオやオリンパスマスターで現像すれば ノイズを大分減少できるはず・・・そんな指摘を某氏より頂きました。有り難うございました。
 2006/04/12 Olympus その1:E-330 Dレンジテスト。

1:E-330 

AWB インバータ70W蛍光灯
JPG sRGB FLAT設定
センターの露出が1/5s F5.6
シャッター時間で+2、ー2EVを撮影
背景はグレーのボール紙。
+2が妙にアンバーに転んでいるが数度トライしても
同様な結果。このボディだけの問題かもしれない。
原因は不明。
また、背景の色味が不思議なことにMっぽい。

2:E-300 

全体にアンバーが強い。
が、全体なので補正はしやすいか・・・
330も300もシャドー部のDレンジは健闘!
しかし・・ハイライト部が微妙。
もう少し滑らかさが欲しいか?
蛍光灯光源に対してどちらのボディもあまり得意では
ないのかも。

3:EOS20D 

AWB
JPG sRGB デフォルト設定
+2はMが僅かに浮いている。

4:E-330

AWB  大型ストロボ使用
モデリングランプは1/4の明るさ
(自然光も入る状態ですが露出的は僅か)
ストロボ出力50W
絞りでF4、8、16と段階露光。
蛍光灯光源以外でテストしました。

5:E-330

カメラ側色温度設定は5100K
大型ストロボ出力50W
ストロボでのテストではヤヤ露出がオーバー目だった
こともあり白場が早めに飛んでいるように見えますが
そこは差し引いてみて下さいね。
始めにアップするものがDレンジテストなのですが、蛍光灯光源でテストしたためか 意外な結果になってしまいました。蛍光灯光源の難しさが見事にでた感じ??   テストに使用した蛍光灯は東京メタル製70W 大型高出力で重宝するのですが残念ながら製造中止品です。     コダックのグレースケールは一マス1/3段、+ー2段の露出差ですので6コマ分フォトショップ上でずらして置いています。 Dレンジ的には4/3インチサイズという制約の中でハイライト側は微妙なもののシャドー側は健闘しています。 露出はアンダー目で撮影し、フォトショップ上で或いはオリンパスマスターなどで調整したほうが好結果が得られるかもしれません。 また、コントラスト設定も下げて撮影してみましたが、だからといってDレンジが広がるわけではなく トーンカーブ中央部をいじっている感じ。ガンマカーブを変化させているわけですね。   ところで・・・スタジオのEIZO(普及品的液晶モニター)で見るとシャドー部が比較的良く見えるのですが   中二階のシネマディスプレー20インチではシャドー部が困ったことに良く見えません。   i1で調整しようが何をしようが・・・元がダメなものは何をしてもダメってことですね。 本日のアップはここまで。 Eシリーズにシビアな結果でしたが、この後に続く収差のテストではオリンパスが圧倒的な強さを発揮します! 乞う御期待。 2006/04/14 DigitalColor Meter・・・知ってます?? モニターでは判断できない・・・もしあなたがmacユーザーならデジタルカラーメーターでどこまで再現できているのか チェックが出来ます。これは便利ですよ。
 2006/04/12 Olympus E-330 再テスト近日公開。
昨日、秘密裏のうちに(笑)☆ぴぃ〜http://ktai.blogzine.jp/さんと二人でオリンパスEー330の再テストを行いました。
  ☆ぴぃ〜さんちでは既にデータが上がってます! ハヤッ!!
詳細は現在まとめている最中です。もう暫くお待ち下さい。
一応予告編ということで・・・・
因みにこの時の比較ボディは Eー330、Eー300、EOS20D という3台体制。
何をテストしたのかといえば
Dレンジ、ノイズ、収差、AWB、ライブビュー辺り
近日公開いたします。
 2006/04/10 サクラ散る。
上:本日の不動前のサクラ情報。殆ど散っていますね・・・ 下:3月の代々木駅近くから見た風景。(左の代々木公園は緑を強くしています。)
 2006/04/09 白身魚、ヒカリモノ。
白身魚・・・・耳にしますよね。無意識のうちに私も使ってたりします。
一般的にはヒラメ、カレイ、タイ、タラ、ムツ、これらは間違いなく白身魚ですよね。
でも待てよ・・・身が白けりゃ何でも白身魚なの??
例えばカサゴ、ホウボウ、キンメダイ、キス、サヨリ、ハマチ、シマアジ、フグ・・・
ハマチやシマアジは白身とは言わんよね??
ヒカリモノ?? (ヒカリモノの定義がまたわからん・・・)
ネットで検索しても詳しい定義は出てきません。
どなたか詳しい方、教えて下さい。
ヒョッとして相当いい加減なもの???
日曜日だというのにmac作業していて頭から離れません、困りました。
04/10 横田さんからヒカリモノの定義頂きました。有り難うございました。
白ひげ先生 こんにちは (^^)
「ひかりもの」については 辞書に説明がありました。
『背が青みを帯び、腹が銀白色に光って見える魚。
コノシロ(コハダ)・アジ・サバなどで、特に皮つきのまま
酢でしめて料理したもの。』
とあります。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%D2%A4%AB%A4%EA%A4%E2%A
4%CE&search_history=%CC%AE%CD%FD&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=48&jn.y=9
   

むか井さんから教わった食育大図鑑には左のような説明がありました。
ナルホド、筋肉の違いなのですね。
有り難うございました!!

私は海の釣りはやらないのですが
シマアジは青ものですね

ブリ ヒラマサも青ものですし
ネットで調べてみたら
イワシやサバ カツオも青ものですね

たちばな

白ヒゲ:青ものですか・・・なるほど、なるほど・・・

  
 2006/04/08 Kさんの個展、月光茶房。
玉川上水を三鷹台まで歩き、神宮前に向かう。
Kさんの個展を観るためだ。案内をよく見ると12:00からとなっていて
アララ1時間も時間がある。仕方なくマイセンで早お昼。15年ぶりに入ったけど
随分賑わっていた。
さて、時間・・・改めて地下の月光茶房に向かう。
まだだ・・・しかも雨がぱらついてきた。ひさしのある場所で文庫本で時間を潰して
いるとお隣の茶店の主人が出勤、【きっと12:30くらいには開きますよ】
【中でお待ちになったらどうですか?】そんな優しい言葉を頂き(左中央)
一息ついたところで月光の御主人も到着
無事に作品を見ることが出来ました。
Kさんはまだ20代の女性、作品は初めて見る?? 
これからどんな人生を歩むんだろう・・・私はその頃どんなだっただろう・・・
そんなことをボンヤリ考えながら御主人が丹精込めて入れてくれた美味しい
コーヒーを頂いた。店内はカウンターのみ、心地よい音楽が流れている。
振り向けば、後にはKさんの美しい写真も勿論!
個展は4/22日まで
月光茶房 神宮前3−5−2 EFビルB1 03−3402−7537
で開催中です。
 2006/04/07 五反田図書館。
スタジオから図書館までは徒歩5分程度。
今日が返却の期限でしたので朝、寄ってきました。
替わりに借りたもの
 CD5枚(jazz、pops)
 文庫2冊 
 日本の聖地 窪田展弘 著
 戦後六十年史九つの闇 有森隆 著
その五反田図書館は、入り口から正面にカウンターがあり
入るとカウンター内の係の女性が必ず挨拶をしてくれます。
「お早うございます」のように
返却を終えれば「ありがとうございました」と声を掛けてくれます。
・・・中々出来ないこともあるけれど、挨拶って矢張り大事だよね。
さて、今日もmac切り抜きの続き・・・まだまだ終わらない・・・
(もっとスピードアップすればよいのだけれど、ねえ。
追伸:ソニーが Cyber−shot DSC−T30を発表しました。
先ずデザインがシンプルでスッキリしているうえに高級感もソレナリ。
レンズが飛びでないので駆動系のトラブルも少ない??
今時ですから当然手ぶれ補正付きの上にISO1000の高感度もOK。
サンプル画像を見てみるとDレンジの拡大はウソではない感じ。
  但し白の滲みとアウトフォーカスの部分の汚さはチョット目に付く。
とは言え、これは悪くない。
コンパクト機としての一つの完成型に近づいてきた印象を受ける。
3インチ液晶も豪勢!! チョット触ってみたいよね。
追伸:2 午後2時mac作業を中断してミニカーを物色しに近所の電気屋に行く。
  何故かその電気屋は店頭に数台のミニカーを並べていて勿論販売もしている。
今日改めて見てみると小さいものばかり。出来もイマイチ。
590円というリーズナブルな値段にはグッときましたが、ちょっとパス。
帰りがけにでも恵比寿のミスタークラフトにでも寄ってみようか。
 2006/04/06 永福町から駒場辺り。
EOS1D2 EF16−35zoom 仕事で井の頭線沿線を制作担当の女性とお散歩状態。 今日はホントに暖かく気持ちが良い一日でした。 右上は電車から見える駒場の田圃。多分子供たちが稲を育てる。 秋口には可愛い案山子が沢山電車から見えるんだけど この場所から眺める風景は東京とは思えないでしょ? 山の中の谷あいの田圃って感じ。 で、今スタジオ。外はジワジワ夕方。 分析機の切り抜きスタートです。(笑
 2006/04/05 Justsystem  Internetdisk  只今ボーナス容量付き。
一太郎で有名なJUSTSYSTEMInternetdisk(オンラインストレージ)、500Mコースを便利に使っています。
アクセスも快調で今までトラブったことは皆無と言っても良いでしょう。
  アクセス速度はアップルのidiskとは比較になりません。(最近は知らないけれど・・・)
先月まで500Mで月840円と言うコースでしたが
今月一杯までに増量契約、或いは新規契約の方には更にボーナスが付くというサービスを行っています。
例えば1Gコースに増量した場合、ボーナス容量500Mがオマケで付いて1365円のまま。
1.5Gあればかなり嬉しい容量でしょう。
新規で500Mに加入すれば300Mのボーナスが付いて840円。これはお薦めでしょ。
データをオンラインストレージに置きっぱなしにしてパソコンは持ち歩かない。
こんなことも可能です。
お試しコースもあったはず。まだ利用経験の無い方一度トライしてみて下さい。
 
書き忘れましたが、契約期間中は増量は、そのまま継続できるようです。
追伸:O氏>仙台の尾苗氏>経由の情報ですがFILEBANKでは何と100Gのオンラインストレージが
無料で利用できるそうです。これはゴッツイ話ですね。
但し僅かな制限事項があるようです。
それは3日に一度はアクセスしないと内容は消去されるというもの。
それにしても豪勢な話ですね。

      
 2006/04/04 銀一16mmパイプは便利グッズだ。
左は何度もお見せしている580EX用スタンド兼三脚。
三脚はスリック製カーボンスプリント614pro
センターポールまで伸ばせば160cm程度まではOK。
ですが、ストロボスタンドとして見ると低すぎ。
以前紹介したときはセンターポールを取り寄せて延長するという
方法でしたが、今日紹介する方法は似て非なるもの。
右の写真がそれ。
銀一オリジナル?16mmアルミパイプです。
パイプの両端はカメラネジのオスメスになっていて
センターポールの延長が簡単に可能です。
  左は1m+50cmを延長してありこんな高さまで・・・
この16mmパイプは1m、85cm、50cm・・・
幾つかの長さがあるようですが今銀一に在庫としてあるものは
1mのみかも?
一旦品切れすると暫く入荷が無いようです。
ショッチュウこの高さにするわけではありませんが
あると便利。
これ以外にも何かと便利なことも事実。
リーズナブルな価格もグッド。
(センターポールを取り寄せるよりも割安です。)
 2006/04/03 キヤノン580EXを改造する。これでどんなストロボともスレーブOK!!
皆様、お待たせしました! 私が人柱になります。
初めは550EXでテストしてみる予定でしたが、いざ下部のネジ4本
を外して中を覗いてみると意外に混みあっている。
ではと、580EXを同様に下部のネジ4本外して確認すれば
技術の進歩を正に確認した感じ。スッキリとしてこれならフォトトランジスタ
も楽に組み込める!!ラッキー。
しかもハンダ付けも楽そう。
フォトTRの穴の位置をいい加減に決めエイッと穴開け。
差し込んでハンダ付け。モノの5分で終了。
  左上のプラスとマイナスの箇所にフォトTRをハンダ付けします。
  穴は上手い具合にきつめだったので接着剤は使用しませんでした。
こんな簡単なことなら初めからこうすればよかったと思うくらい。
これはお薦め!!
  但し、問題が一つ。万一580EXに不具合が起った場合
  保証外宣告もありえます。
  この改造で故障を誘発することは有り得ないとは思いますが
  自己責任の範疇で改造して下さい。
左:チョコンと顔を出したTPS601A。
(下部に見える透明半球型プラスチック部分)
大げさでなく使いやすそう。使用しないときは黒テープで目隠しして下さい。
追伸:他のスレーブ受光部分同様、直射光や明るい環境下ではそれだけでフォトTRの抵抗値が下がっており 正常にスレーブしない場合があります。アルミホイル等で遮断するなどの対策が有効な場合もあります。 尚、感度的には通常の大型ストロボ並、立派という感じですね。 そうそう、当然ですが特製スレーブを使用するときはETTLでは動きません。 マニュアル設定にして下さい。ETTLを使用する場合には必ずスレーブ部分を黒テープで塞いで下さい。 たった2箇所のハンダ付けでバラ色の人生が・・・何て事はありません、念のため。 追伸:2 複数の580EXや550EXのみを使用するならST−E2が矢張り便利です。 飽く迄も大型ストロボや他社製ストロボと混在して使用したい方にお進めの改造です。 580EXほどの空間があれば外部シンクロコード用ミニフォンジャック程度なら取り付けることも楽ですね。 改造をしたいけれど・・・そのスキルに自信が無い・・・そんな方は御相談下さい。 追伸:04/04 TPS601がどこで入手できるのでしょうか?と言う質問を頂きました。 東京ならば秋葉原のパーツショップで2〜300円で購入できます。 遠方の方は若松通商で通販してますので御利用下さい。 若松ではTPS601AではなくTPS601が入手できるようです。(基本性能は変わらないと思います。) このTPS601ってもう25年以上も前から存在する古典的なフォトTRです。 でもチョット調べてみるとあまり進歩していないようですね。 単体で使用することは余り無いためでしょうか?
580EXを2台とも改造しました。
2台目は調子に乗りすぎて穴を大きく開けすぎ接着剤を使用するハメに・・・トホホ
ご覧のように無事に同調しています。
この時のメインライトは、何と20D内蔵ストロボ。
A露出ではプリ発光しますので同調しませんがM露出モードならこの通りOKです。
さて、問題が一つ発覚しました。
タマタマ私の手元にはTPS601が4本あったわけですが
初めの1台よりも2台目の方が感度が悪い。
残りの601に交換して同程度の感度を得ましたが、個体のバラツキが半導体の
宿命としてあるようです。
試された方で感度がイマイチと感じられた方は、601の交換をしてみて下さい。
一台の受光部をこちらに向けてスタンドにセット。
手に持ったもう一台の出力を1/128にセット。
発光部はスタンドに固定された受光部目がけて発光。
この状態で8mまでは問題なく同調しましたが、601の受光感度は結構スポット
受光部の向きはメインライトの出力が小さい場合には神経質になるかもしれません。
メインが大型ストロボなら全く問題はありません。
ニコンのSB80DXとスレーブ感度の比較もしてみましたが、悔しいけれど80DXの勝ち。
フォトTR、1個ですのでこの位で御勘弁。
下部は空間がまだまだありますのでTRを一石追加すれば更に感度アップは可能ですが・・・ 私ならこうする!!或いは、こう改造した。 そんな方からのメールも歓迎いたします。 2006/03/29 大型ストロボにキヤノン580EXをスレーブさせる方法。
04/05 WEIN ULTRA SLAVE+580EX
左は3/29に書いた完成型です。
で改めてwein ultra slaveをテストしてみました。
その結果は予想通り素晴らしい感度。
TPS601では物足りない・・・そんな方にはピッタリ!!
ウルトラスレーブは環境光が自然光バリバリでも十分働くことも
メリットです。
普段は大型ストロボに差しっぱなしになっていますが
もう一つ欲しくなってしまいますね。
  
  唯一の問題点は感度が良すぎることでしょうか。
  蛍光灯のONでは必ず同調してしまいます。
  これを使うことで大型ストロボでもシンクロコードレスで
  撮影が可能です。
  専用赤外送信機も購入できます。
テイクB&Hカメラでしょうか。
新藤さま こんにちは。
福岡 O です。
月例の提出ではありません(現在、苦悩中・・・)
スレーブ記事、興味深く読んでおります。
先日の一件(笑)以来、私もTPS601Aを購入しましてテストしています。
クリップストロボは電圧が4〜10VでTPS601Aの耐電圧以下ですが、
保有しています大型グリップストロボ(3台)は39V〜48Vで耐電圧を超えています。
(同一機種なのに何故か電圧が違います)
壊れても安いからと接続しまして発光させていますが、いまのところ壊れていません。
多分、発光すると端子電圧が下がるためではないかと考えてはいますが、、、
そこで、耐電圧を稼ぐために2個直列接続してテスト、発光しますが少し斑があります、製品のバラツキかも。
ついでに並列接続テストも考えています、ストロボの左右にあったほうが
ストロボの置く場所によって発光しない事が少なくなると思いますので。
今日、無謀にもSU−800を購入しました、SB−800とか持っていないのに・・・
先程からテストしていますが、純正以外のストロボはスレーブ
同調しませんね、ファインダーの中でストロボ発光が見えます。
すこし早めに発光していますね、で、ふと思ったのですが
TPS601Aと遅延回路を組み合わせてスレーブを作ればOKじゃないのと、、、
捕らぬ狸の皮算用ですが。
では。
白ヒゲ:福岡のOさん、こんばんは。
耐電圧オーバーは少々なら大丈夫と思いますが、御心配ならば
ツェナーダイオード(定電圧ダイオード)
を利用すれば上手くいくでしょう。
2コ直列は微妙・・・並列は面白いかもしれませんね。
遅延回路は一度発光の具合をオシロスコープ等で確認して見ないと何とも・・ですね。
と、書いていてハタと気が付きました!
ウチには遅延回路付き赤外スレーブ(ケンコー)があるじゃない!!
写真左がそれ。手前に見える部分が受光部。
  本当は送信部もあり、水滴の撮影などに使いました。
  しかも・・例によって改造が施されています。
  左端のポテンショメータ。
  微妙な遅延時間を調節できるようになってます。
大まかな切り替えは1ms 10ms 100msと切り替え
細かいところはポテンショで行います。
さて、テストしてみました。
カメラは20D+ST−E2。
タイミングさえ合えば下の写真のように同調します!!
でも・・・
試しにカメラ側を580EXに変えてオート設定にすると同調しません。
カメラ側とストロボ側は実は短時間の間に、相当複雑なやり取りを
しているらしいのです。
  このことはニコンCLSの勉強会でも聴いてはいました。
そんな訳ですので、限られた条件ならば不可能ではない。

若しくはスローシャッターならばもう少し楽かも。
(左の場合には1/125設定です。)
ところで左上のケンコー製赤外センサー。
チョット大掛かりですがスレーブとしての感度はこれまた素晴らしい。
マイクをセンサーにすることも可能。
もう10年近く使用していませんでしたが、これは手放せませんね。
  残念ながら製造中止らしいですけどね。
 2006/04/02 いつもの道。
いつもの週末のように玉川上水を吉祥寺まで歩く。
距離にして約3km。どんよりとした天気、何時降りだしても可笑しくない空模様。
週に一度ここを歩くと気持ちが落ち着く、洗われる。季節も見える。
久我山から井の頭公園までの道中は未だに多くが未舗装。
雨上がりにはぬかるんで困ることもあるけれど、足の裏の土の感覚が嬉しい。
井の頭公園に辿り着くとサクラも満開、賑わいもピーク状態。
横目で眺めながら公園を通りすぎ、カルディでカミサンに頼まれた紅茶
ついでにチョコと岩のり、ココナツミルクを調達。
更にロンロンでホワイトアスパラと肉を調達して帰路につく。
帰りは電車で久我山に、駅を出るとポツポツと雨が降りだしていた。
(3月の月例展にチラッと書いた井の頭公園での花見は、残念ながら中止。)
 2006/04/01 PhotoMechanic でコンタクトプリント、快適です!
3/30、31日と珍しくパワーブックを撮影に持ち込みましたが
30日(花のカレンダー)では場所の制約の問題や、A4プリントを残すという問題から
キャプチャーワンは使用せず(ケーブルの問題)CFからmacにデータを流し込む。
そんな手法をとりましたが、その時に活躍したのは勿論PhotoMechanic。
撮影の度に最新のデータのみを自動的に移動してくれることと
ブラウズ画面が一枚サービスサイズ辺りまで大きく出来る点が先ず重宝。
また選択した画像をA4サイズでプリントできることも便利。
更に、この時に各種のデータやキャプションまで同時にプリントさせることも可能。
31日は、撮影中の移動はありませんのでキャプチャーワンが活躍。
  FIREWIRE接続ですね。
しかしながら本日のセレクトでは矢張りPhotoMechanic。
セレクトした画像を一括して小型化し(リネームも可能)とりあえずネット納品。
フォトショップを立ち上げることなくここまでなら可能です。
mac使いの方にはホントお薦めです。
さてさて、タイトルのコンタクトプリント。これは勿論フォトメカニックが早くて素晴らしいです。
フォトショプで未だにユルリと作業をしている方には申し訳ないけど・・・
但しエプソンプリンターの場合にはスペシャルな設定が必要です。
US版のドライバーが立ち上がってしまい、そのままでは正しい設定が出来ません。
詳しくはこちらを参照して下さい。これで解決です。
2005/10/18 Photo  Mechanic  VS フォトのつばさ
追伸:ネット納品ですが、ヤフーBB光りかたBフレッツ光に変えて実際のスピードは
どうなのかと思い測定してみました。
JustsystemのInternetdiskに66Mのデータをアップすることに要した時間は、僅かに37秒。
まあ土曜日の午後ですので空いている、という事情もあるかもしれませんけど
これは良いタイムでしょう。

このページの先頭に行く 日記の先頭に行く

後書き・独り言36/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言38

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴