TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴

後書き・独り言39/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言41

 2006/07 7月のテーマは【サラ、皿】です。
日記の先頭に行く
第23回7月の月例作品展です。
先月は【痛み】という難しいテーマでしたので、もう少し楽なテーマにしましょう。
【皿】です。血ではありません。サラですよ。
一枚でも複数でも良し。
どんな手を使っても構いません。(あなたの手を使うことも可。)
美しく撮っても良し、過激もあり。
哲学的、歓迎です。
勿論何かを盛ってもOK。
素晴らしい作品をお待ちしております。

月例作品募集要項
 43:07/30 ひ!氏 :その2
 新藤 様  東海地方は、なかなか梅雨が明けませんね。今日も雨が ぱらぱら降ってました。おかげで、少しはすごしやすくなったようです。  さて、回転すしの机の上のように皿もだんだん増えてきましたね。  私事ですが、先週北海道に行ってきました。たまたま旧道庁の庭の中で、 某有名なお菓子屋さんの出店があって、子供たちは かわいい雪だるまに入ったメロンシャーベットを食べて満足していました。  私のほうは、氷系は歯にしみるので、生メロンを購入、よーく みると皿なんですね。いわゆる、パックが皿になっているのでした。  楊枝1本が不気味ですが、気にせずに完食しましたよ。  もちろん美味い!帰りに、某農園で大玉3個買わされました。  肝心の写真ですが、400枚ほどシャッターを押しましたが、 3日目の写真からCCDにところにごみが付着・・がっかりです。  では、来月も参加します。                             ひ! P.S.前回のシャーベットは、ライチでした。   もうひとつです。レモンの花は管理不足で、知らぬ間に無残   にも全部虫に食われました。とほほ、です。 白ヒゲ:クロスの柄が夏らしいですね。 パッと見にメロンが主役、皿は気が付かないくらい目立ちません。(笑 でも、この平凡な一コマ。私は結構好きです。 もっと生活感があっても逆に良かったかも。 北海道の一コマですので日常ではありませんが、リアリティがありますよね。 (その部分を更に深めるともっと面白いもでは・・・) 追伸:あのシャーベットはライチですか・・・ハズレでしたね。
 41_42:07/30 菅 正輝

新藤 様

こんばんは。菅です。
締切りまで残り時間も少ないので簡単に・・・

1枚目
我が家にはホームベーカリーがあります。
最近は救ってなかったんですが、小麦粉と砂糖・塩・バター・スキムミルク
ドライイーストを入れるだけで簡単に食パンに出来、土鍋でご飯を炊くより簡単
です。
先日、友人からイランの小麦を頂いたので久しぶりに作りました。
それで写真なんですが、どう見ても主題が『皿』でなく『パン』ですよね。
(笑)

2枚目
主題が『パン』では課題が違うと思い、引き続き『皿』を撮ったものです。

*istD FA50mm/1.4
自然光+レフ

P.S
デジ一眼購入に付きあいお疲れ様でした。
PENTAXが好きってのもありますが日記を読んで良い選択だと思いました。
レンズのラインナップが若干弱いというのはありますが、仕事で必要とか
カメラ好きでない限りキットレンズがあれば良いでしょうし、
あの価格と機能なら不満はないですよね。
画素数も600万画素あれば普通に使うには必要にして十分ですしね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ 菅 正輝

白ヒゲ:間際の2連作、有り難うございます。(笑
さて、一作目。確かに主役がパンですね。(イランの小麦粉で作ったパンの味は如何?)
でも凖主役的には十分に皿。しかもお手製のパンですので良いかと・・・
2作目、あら?モノクロのように見えますね。
でも皿と皿の間には微かに色も見えます。
皿の寄りであることもありますが、質感が見事です。
組み合わせ方も面白いですね。

ペンタックスの件、有り難うございます。
そ、画素数は一般的には600万画素あれば本当は十分ですよね。
その辺りは意外にペンタックスバランスがとれてますよね。
 40:07/30 asa_k

アボガドが一つ
触ってみるとまだかたい
もう少し熟すのを
待つことにします
Nikon D-70 18-70 自然光 asa_k

---------------------
本当にギリギリですみません、

白ヒゲ:今月は出足が悪かったのですが、締め切りに土日が被ったためか
最終的には想像以上でした。
さて、今月の作品。
シンプルで美しいですね。
窓の様な皿の写り込みも美しい。
立体感も十分。
白いお皿とグレーの背景、そしてアボガドとのコントラスト。
素晴らしいバランス感覚です。
有り難うございました。
         



    
 39:07/30 松本成実:その2

今度はなんとか思い描いた絵になるように。
前回は真俯瞰で失敗だったので
お皿を垂直に立てて、少し離した場所に
赤い紙をたらしてセットしました。
結果は・・・思った通りの絵にはなりましたが
写真としての魅力がちょっと足りない・・・。
プレゼン用のカンプ写真ならOKといったところでしょうか。
レンズベイビーズなどを使えば面白かったかも知れませんが
今回の私の隠しテーマは「正攻法」なので
うーん・・・道は険しいぞ。

CANON 10D
580EX 1灯 ST-E2
EF50mm f1.8 オート

白ヒゲ:今回はホント正攻法ですね。キッチリとフレーミングされています。
基本的なライティングも悪くない。
ですがネガプリントしたような色の濁り・・・まったり感。
これは予定通り?
データを見ますと露出はオートになっていますねえ。
白いお皿に引っ張られてしまったのか? 惜しいですね。
皿を垂直たて、背景と離したこと。良い考えですね。
ライティングの自由度が大きくなります。背景の選択肢も増えそう。
松本さま、2作目の参加有り難うございました。

月例1作目。掲載と批評をありがとうございました。
1作目の背景ですが
床に敷いた黄土色のペーパーです。
紙自体には模様はありません。
最初は三脚にセットして撮っていたのですが
真俯瞰はカメラ位置とライトの位置調整、自分や三脚の影が入ったり
天上の蛍光灯の映り込みががなかなか難しく
電気を全て消して手持ちにしてしまった物です。
露光時間5秒というのは計算外でした。
ストロボの1発の発光でお皿が止まって
スリガラスから射し込む夕方のわずかな光で
多重露光のような結果になりました。
ブレが面白かったので何回か意識してブラしましたが
結局最初の偶然カットが一番きれいでした。
このブレが計算通りだと良かったのですが
たまたま偶然の結果だったことが少し悔しかった。
でも考えて考えて失敗して、またやってみないと?上はないのかな。
せっかく月例という素晴らしい発表の場をいただいていますので
毎月トライアンドエラーです。

 38:07/30 大河原利道

お世話になります。
新藤さま

最近のお気に入りは
ニコン50mmf1.8
画角がいいのか?
ボケがいいのか?
色乗りがいいのか?
ちっちゃいのがいいのか?
いろんな要素が組み合わせって
なんだかお気に入り!
D200_50mmf1.8
http://www.remus.dti.ne.jp/~toshim/

白ヒゲ:黒と白の組み合わせとフレーミングが絶妙ですね。ライティングもバッチリ。
ナチュラルな優しい雰囲気に仕上がっています。
ゆったりとした気持ちになれますね。
50mmF1.8。ニコンもキヤノンもこの手のレンズは隠れたヒット商品。
無理をしていませんし、値段も手頃、サイズも小さく単焦点を購入したい・・・
そう考えている方にピッタリですよね。(私は今は持っていませんけど)
作品に戻ります。
惜しい点が無い訳ではありません。右下・・・もう少し明るい部分があると良かったか?
ピントの位置が黒い皿ではなく白い器に見えますよね。
写真としては問題ありませんが、月例展的テーマから言えば黒い皿にピントが
欲しかった・・・惜しい。
 37:07/29 山形の鈴木

新藤様
こんばんは、「参加することに意義がある」山形の鈴木です。

母に「家になんかいい皿ない?」と聞いたところ、骨董商だった爺さんの形見のひと
つである「伊万里焼き」があるということで撮ってみました。もう何十年も前の物だ
そうです。

かっこいい構図もなにもアイデアがでてこないので、とりあえずシンプルにまっすぐ
撮っただけですみません。
20DでU2ライトセーバーにてライティング。光のうつり込みを少しフォトショッ
プでごまかしています。

PS:finepix f30 と防水ケース買いました。粟島の海で潜って撮ってきます!

白ヒゲ:こんばんは、鈴木さん。山形の天気は如何でしょうか?
久我山では、昨日ヒグラシの声が聞こえたようですよ。
さて、この形見の伊万里焼。チョット技術の時間を思い出します。
シンプルで大変に分かりやすい。色もシッカリとでています。(たぶん)
図鑑チックで見ていて楽しいですね。
足りない部分・・・
俯瞰撮影での立体感? もう少しシャドウ部があっても良かったかな。
光の方向性ってことでしょうか。
僅かに廻しすぎかも。
7月ももうすぐオシマイ。8月のテーマは全く未定ですが
また来月も新たなチャレンジして下さいね。
 36:07/29 廣畑 勝則氏 :その2
新藤先生、こんばんは。あっという間に夏ですね。 2作目は結局こうなりました。 ツートン、ペアの小皿です。 真俯瞰ですが私は写ってないですね、よかったよかった。 では、よろしくお願い致します。 1/60 f8 P.S.敢えて書かなかったですがバレバレでしょうか。   気合いを入れるも、皿の形状にこだわりすぎて演出ができませんでした。   期待はずれですみません...。   作ってて思いましたが、3DCGのリアルさは素材と正確な形・光ももちろんですが、   単純な形状では周りの小物やシーンが重要な感じです。今回の新藤さんの投げかけで   一つ理解出来たような気がします。ありがとうございました。 ---------------------------------------------   グラフィックデザインエディット 廣畑 勝則 http://www.sarumac.com/ 白ヒゲ:廣畑さま、私のわがままを聞いていただき有り難うございます。 さてさて、美しいですね! フォルムが美しい。背景とのコントラストが美しい。 ライティングが美しい。全体のフレーミングが美しい。 白は飛ぶことなく、黒は潰れることなく。 ・・・3Dに対する偏見を払拭する見事な作品ですね。 (言われなければ、矢張り気が付かない方が多いことでしょう・・・) 写真を越えていますね。 ヒョットするとその辺りが3Dっぽいということにこれからはなるのか?? イヤイヤ、そんなはずはない。これは廣畑さんの技でしょう。 ホント、見ていて気持ちが良いですね。有り難うございました!    白いほうの表面に僅かなノイズ?ムラ?が見えますが・・・何故?
 35:07/29 田中龍一
新藤様 7月7日のぞろ目会お疲れさまでした田中です。また月末の応募お忙しいところ失礼 いたします。 さて、「皿」ですが自分も「灰皿」にしてみました。オークションで落札して以来もっ たいなくて使っていなくて今回初デビューです(笑)映画「カサブランカ」の最後の シーンでルノー所長がボーンとゴミ箱に捨ててしまう「ヴィシー水」の灰皿です。 知り合いのバーの開店前にちょこちょこっと(準備から撤収まで30分)撮影させて いただきました。若干アングルが低すぎて煙がないと「灰皿」っぽくみえないのが反 省点です。何枚か撮影して、ラベルが写ってる物と逆光気味で煙が良い感じで写って いる物2枚を合成した物です。煙の部分だけストロボにアンバーのフィルターを付け ています。 EOS-20D TS-E45 580EX 2灯 ST-E2 CS2にて合成(煙) ぞろ目会8月も参加出来れば、と考えております(笑) では、本格的な夏の到来に備えてお体お気をつけ下さい。 田中龍一 白ヒゲ:田中さま、2回目の参加有り難うございます。 さて、作品。 全体のまとまり感は素晴らしいですね。アングルも良いんじゃないでしょうか。 何よりもバーの雰囲気が良くでています。 拘りの灰皿とカサブランカ。TS−Eレンズも活躍。決まってますね。 但し、一つだけ気になった部分があります。 それは煙の色。灰皿は標準的な色なのに煙りはアンバー。 紫煙と呼ぶくらいですのでアンバーでは具合が悪いか・・・ しかしながら・・・ここでしっかりと普通の煙りにしてしまうと 灰皿と煙りだけが浮いてしまうこともあります。 灰皿の左サイドがタングステンの色味でもう少し明るければ更に良かったのか? とは言え、煙りの合成もお見事。難しい状況でここまで仕上げた腕は素晴らしい。 8月のゾロ目会でまたお会いしましょうね。 そうそう、グラスもあっても良かったかな・・・
 34:07/28 松本成実

月例のテーマで具体的な物に
いつも迷ってしまいます。
何か技巧を入れないともたない(気がする)。
それは正面から物を捉える技術が
ないことの裏返しなのですが。
今回も普通で気持ち良い写真を目指したのに
思いとは裏腹にエキセントリック。
最初に思い描いていたものとは全く違う
出たとこ勝負。偶然の面白さに頼ってしまいました。
とりあえず逃げずに応募するということで。
失礼いたしました。

CANON 10D
EX580 1灯 環境光は窓からの極弱い自然光のみ
f4.5 5秒 手持ち

白ヒゲ:仕事で写真を依頼されるときはカンプやラフがありますが
月例ではそんなものはありませんよね。それだけ自由なわけです。
逆に言えば、それだけ難しい??
私も結構その場主義で月例に臨むことが多いようです。(笑
・・写真って偶然や失敗がヒントになることって多いですよね。
さて、今回の作品。
この背景はどうなっているのですか??
何だか素敵ですね。偶然???信じられません。
アッ、すいません・・・
目が背景にくぎ付けになっていました。
松本さんらしくない?今月の作品。
意外な一面を知ってしまった気分・・・
全体の色味の統一感が何とも良いですねえ。

・・・5秒手持ちですか・・・
 33:07/28 カンガルー大陸のM氏 :その2
新藤様 HPをのぞかして頂いて参考にさせていただいております。 カンガルー大陸の一番大きな町に住んでおります。 日本各地で雨災害のニュースをこちらでも聞いており心を痛めております。 こちらも今年はすっきりしない冬です。いつもは雲ひとつない青空が続くのですが 連日のすっきりしない曇り空で雨まじり。 キッチンにあったガラス製でちょっと紫の柄?模様?筋?がはいった皿です。 良く考えるとこの皿にどんな料理が盛り付けられ食卓にのったか覚えていません。 いつも見ているのに不思議です。 恥ずかしながら2点目をおくらせていただきます。 アドバイスよろしくお願いします。 20D, 550EX 1灯+ST-E2. ISO200, 200mm F2.8 CSにて600x400に変更のみ。 よろしくお願いいたします。 白ヒゲ:Mさん、2作目有り難う御座います。前作とは大分雰囲気が違いますね。 さて、このガラスの皿。涼しげで夏らしいのですが折角の紫の模様が 背景が黒っぽいために隠れてしまいました。勿体ない・・・ 透明感があるガラスでしたら矢張り透過光的な光りが必要でしょうか。 或いは明るい背景・・・かな。 但し、お皿の上の白いもの。(なんでしょう??)効いていますね。 お皿だけでは物足りなさがありそうですが、主張も強すぎず良い選択だったのでは ないでしょうか。
 32:07/28 三鷹のJQ

新藤様

 お世話になります。今月は時間がなく、瞬時に考え撮ったため、こんなものしか出せません。月例のクオリティを下げてしまいますね。すみません。撮る段になって気づいたのですが、100均皿なのでどれもイビツに歪んでいます。困ってしまいました(笑)。
 来月は後半ヒマになるはずなので、今回の反省をふまえて頑張ろうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
Jacquie Quartertruth Photography
http://jq-photography.blog.ocn.ne.jp/

白ヒゲ:百金でこんなにカラフルな皿があるんですか!知らなかった・・・
昔、撮影用にエアブラシやスプレーで彩色したことが懐かしいですね。
・・・この背景・・・珍しいものを選びましたね。
JQさんッぽく無い? 皿と微妙な違和感??
ところで。
ん・・・待てよ・・・コレってホントは一枚の皿をフォトショップで色味変更??
影が無いから絶対そうだ!!
見事にひっかかっちゃいましたね。
やられた〜。(笑
 31:07/27 伊藤英夫

新藤様
こんにちわ、いつもお世話になっています。
東大和市の伊藤です。出遅れましたが、今月も参加させていただきますのでよろしく
お願いいたします。
子供が小学生の頃、陶芸教室に一緒に参加し制作した妻の作品です。妻いわく、皿の
中央部がでっぱっており使用することはなかったそうです。
ボツボツ模様はタオルを押し付けてつけたとのことです。

ニコンD200 24-85mm f4 60分の1秒
モデリングランプと発砲スチロールのレフを使用しました
フォトショップでゴミをとりました
よろしくお願いいたします。

伊藤英夫

白ヒゲ:伊藤さま、こんばんは。
奥様の焼物、イイ味出してますね。木綿豆腐のような質感、好きです。
天板に写っているのは障子でしょうか?これも良いですね。
敢えて言うならば、物が中央過ぎかなあ〜。
もう一つ何か要素を追加すれば中央でもアリか・・・
そのもう一つが難しいんですけどね。(笑
今夜は何とかこのお皿を使ってあげましょう!!ね。
 30:07/27 wan-wan
新藤さま 月例展はご無沙汰してしまいました、wan-wanです。 某メーリングリストでも書きましたが、先週はついに蓄積疲労が爆発。 39度の熱を働きながら治してしまいました。とほほ・・・。 でも休まないのはやはり体に良くないようで、ぜんぜん疲れが抜けません。 絶不調なさなか、それでもテーマ「皿」で出せないのはいけないでしょう、と思 い・・・ データのバッチ処理の最中に撮る事にしました。 モチーフは4年くらい前に買った上海問屋・・・いやいや上海みやげ(笑)。 当然のごとく買ったはいいけど袋に入ったままでした。 テーマは・・・手抜き(笑)。 いや、まじめにアートレを使わないでそこそこ綺麗に撮れないかなと。 で、いろいろやってみましたが結果フローリングの白壁のスタジオで その場のダウンライト+スポットライトで撮ってみました。 ケチのつけようは山ほどあると思いますが・・・ひとつお手柔らかに(笑)。 Nikon D70 AF Micro Nikkor 105 F2.8 Nikon Capture 4 にてRAW現像 さて、CFカード+カードリーダーについてですが、 私のCF遍歴は取らん鮮度(すごい誤変換!) ・・・トランセンド-レキサー-サンディスクの順に替えてきました。 トランセンドはその昔自分でもトラブルを経験し、 その時期銀一でもあまりにクレームが多くて取り扱いをやめたほどでした。 どうも高速化の為に技術的にかなり無理をしているようです。 レキサーはその次に銀一がお勧めしていたこともあり、 特に不満なく使っていましたが、例のCanonとの相性問題でミソがつきましたね。 で、その後どこかで「サンディスクがCFカードの基幹技術を握っており、 その他のメーカーはその特許に触れないために技術的に無理をしなければならない」 という話を聞き(確実な話ではないので噂話と捉えておいてください)、 以後安全性の為に新規購入はサンディスクのみにしています。 もちろんExtreme3がベストですが、個人的にはUltra2でも充分なことが多いです。 カードリーダーについては会社ではレキサーのFirewireとUSBを使っていましたが、 あまりにもマウントしないなどのトラブルが多く、 最近はIOデータのUSB2-C8RW(小さくて速い)に全て取り替えました。 こちらはなかなか快調です。 もう次のモデル(USB2-C9RWG)が発売予定のようです。 以上ご報告まで。 天候不順の折、新藤さんも体調にはお気をつけ下さいませ。 早く梅雨が明けるといいですね。

白ヒゲ:お世話になっております。
さて39℃の熱の中で仕事をする。大変なことです。
50過ぎたらとても出来ません。
若いときは多少の無理はしておくもの・・・
まあ、御家族がお有りの場合には、限度がありますけど。(笑
さて、作品ですが、黒バックで黒い皿。そして硬い光り。
かなり手強そうですが上手くいきましたね。
影の部分も背景が黒いことで余り気になりません。
柔らかな光りは、切れに見えて当り前?
硬い光りで上手にとることの方が難しいですよね。
CFの件、トランセンドは私の場合ノートラブルですが、
そんなに沢山のトラブルがあったのですか?!
サンディスクは本家ですので安心感はありますね。
次は私もサンディスクかな・・
 29:07/26 墨田区のT
新藤様 いつもお世話になっております。 家中を探してなるべく良さそうなお皿を探したのですが 貧乏人の家に良さそうなお皿などあるわけも無く・・・このお皿となりました。 息子のア○パンマンのお皿とか、7-11で貰ったスヌ○ピー のお皿とかはザクザクでてくるのですが・・・(汗 普通のお皿ですので、イメージに合わせた青い模様を フォトショップにて製作し背景としました。 1/125 f8 FE100mm EOS?1DMark2 大型ストロボ2灯使用 ではよろしくお願いいたします。 墨田区 T 白ヒゲ:Tさま、こんにちは。 この背景の模様はジャストミートですね。バッチリ! 色味の統一感が素晴らしい。 全体のメリハリも申し分がありません。 ですが。 ブルーのお皿が歪んで見えるんですが・・・ 元々? もしそうでないのならチョット残念。 フォトショップで変形を加えたほうが好ましかったか・・・ とは言え、夏に相応しい色味。 気持ちが良いですね。 有り難うございました。
 28:07/26 Tessue

白ひげさまはじめまして。
沖縄のまだらひげ Tessueと申します。
カメラマンから足を洗って10年ほどWebの仕事をしておりましたが
デジタルの普及とともに復活してしまいました。
もっとも、撮影・ライティングその他もろもろの何でも屋といったところが現状ですが・・・。
白ひげさまのサイトは、D100云々の頃より愛読、参考にさせていただいております。
その間に、カメラマンに復帰。子供が生まれ、
さらに沖縄に移住と遅ればせな人生を駆け抜けております。
皆様の作品をいつも拝見させていただき、感心することしきり。
到底私ごときが・・・・と、日頃より考えておりましたが、
たまたま、エステ素材を撮る必要がありまして、皿に並べてみたので月例に送らせていただきました。
技術のギの字もございませんが、勉強させていただければと思います。

機材はS3pro MicroNikkor60mm SB80DX1灯 素材はエステに使うスクラブらしいです。

個人的サイトはこちらです。
http://bozo.a6m2.net/

どうぞよろしくお願いいたします。

白ヒゲ:ジャムの中のツブツブがスクラブですか?
何だか美味しそうに見えますが・・・
申し訳ありません、知識不足な上に不謹慎でしたね。

初めまして、新藤です。もっと早く月例に参加していただけたら良かったのに・・
さて、作品ですが、6種類の素材の違いが小さい図柄ながらも十分に判別できますね。
立体感も良くでています。
ですが、問題が無いわけではありません。
斜め俯瞰の場合、どうしても手前が大きく写ることは致し方ないことですが
律義に真直ぐ撮影しようとすると、それが目立ちます。
では、どうするか・・・
シフトレンズを使用する。(ここまでの角度ですとあおりきれませんね。)
フォトショップで変形をかける。(今時なら正しい判断でしょう。)
センターの中央線の垂直を諦める。つまりお皿を右に回転する。
これが一番簡単な方法ですね。
これが、私の感想ですが如何でしたでしょう?
また、8月もいらして下さいね。
 27:07/25 尾苗 清、:その2

何時もお世話になってます。
今日は久しぶりの晴れ間が.......................。

さて二枚目です
D2X+28-70mmf2.8
DXOで現像

不要品の余生はこんな感じになってます(笑

エアプランツですが
ウチのはまだまだ元気で
もうじき株分け出来そうな感じです。

http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/

白ヒゲ:元気そうなエアプランツですね。
株分け? ホントだ、根元に近い部分に子供!!
長寿の秘訣は何でしょう? 愛ですか??
さて、作品。
ブラボーですね。
何も言うことはありません。
エアプランツと余生君の組み合わせが素晴らしい! 感激!!
もたれ合い方がお見事ですね。
是非余生君が不要品のまま何時までも居続けられることをお祈りしちゃいます。
尾苗さま、有り難うございました!
 26:07/24 福岡の O:その2

新藤さま こんばんは。
福岡 O です。

月例その2です。
鉢なんでけど皿と言うことでお願いします。
釉薬調合の時に使ってましたが今は殆ど使用していません。
ここ数年は陶芸から遠ざかっていまして、、、台風で炉の煙突
が壊れてそのままだし。
小さいのは電気炉で誤魔化しています・・・

EOS30D 17−85
多色ライトセーバー

白ヒゲ:何だか懐かしい! 高校時代見かけたような気がしますね。
言われれば確かに鉢。皿とは呼ばないかもしれませんが
料理を盛りつけることは可能ですね。
一作目とはガラリと雰囲気が異なり、アルガママ!
奇をてらわず。
もう少しよってもアリだけど、素直な気持ちが嬉しいです。
Oさま、有り難うございました。
 24_25:07/24 fss2301

fss2301@仙台です。

新藤様、いつもお世話になっております。
長い梅雨のおかげで、外で写真を撮るのが多い私は青空が恋し
くてたまりません。では、今月の作品を送らせていただきます。
1枚目はすぐにアイディアは浮かんだもののくだらない出来で…
これだけを出すわけにはいかないと思い、2枚目はいろいろと
悩んだものの時間がなくなり、あまりひねりもなく撮ってしま
いました。

1枚目タイトル:フライングソーサー
紙製の皿2種を張り合わせシルバーのスプレーを吹いただけの
お手製UFOです。小雨の降る公園で一人で撮影しましたが、
左手で投げて右手片手手持ちで撮影するのは、結構難しかった
です。

D200 + SIGMA 28mm F1.8 MACRO 手持ち
絞り優先 f5.6 1/1250sec WB太陽光 ISO320
UFO部分のみフォトショでブラしてあります。

2枚目タイトル:仲良く並んで
シェルの形をした、すりガラスの皿を撮影しようと思ったので
すが、色が薄く立体感が出ない皿だったのでやめにして、プラ
スチック製のお子様向け菓子皿?を撮影してみました。
光源はインバーター蛍光灯を床に置いて箱をかぶせ、上に白の
アクリル板を乗せただけの手抜きです。

D200 + Nikon VR 18-200mm(VR Off) 三脚使用
絞り優先 f11 1/20sec WB太陽光 ISO100

http://fss2301.dyndns.org/dc_up/dc_up02.html

白ヒゲ:飛んでいるUFOの撮影は大変だったでしょう!
合成ではないので、光りは勿論バッチリあっていますし、イイ感じですよ。
もう少し建物が下部に入れば言うこと無し。惜しい。
2作目、透過光での撮影。キレイですね。
この透過光もアイデアモノですね。
柔らかく暖かみがあり、このお皿にマッチしています。
フレーミングも素晴らしい。
もう少し露出を切り詰めても良かったか・・

楽しい作品、有り難うございました。
 23:07/24 BEN
新藤さん、お世話になりまーす! お皿を送りま〜ス。 .. これは 14年くらい前に購入したガラス製のお皿です。 扇田克也さんのガラス展DMハガキ用に撮影したお皿だったのですが、 気に入ったので、そのまま返却せずに購入しちゃいました!(笑) Benが好きそうなお皿でしょ。 .. ところで、Ben Web 「気まぐれ日記」No.67 で複写の通信講座を やってます。 興味のある方はご覧になってくださいませ〜。 .. *-------------- スタジオ ベン --------------* Ben Web http://www.studio-ben.jp 白ヒゲ:BENさん、お早うございます。 このお皿サイズはどの程度なんでしょう?大きいような小さいような・・・ 色が何とも夏らしく涼しげ。BENさんらしいですね。 気まぐれ日記、ファインダーとデータのズレですよね。 視野率100%でない機種の場合には昔から指摘されていましたが 100%でずれていたら笑えないですよね。 表示に偽りありって事になるでしょう。 チョット前の発泡ケースライティング、あれも面白かったですが 矢張りカメラマンに必要なのは工夫ですね。
 22:07/23 関 行宏

新藤様

 こんにちは。今月は締め切りに「トム・苦しんでルーズ」の毎日が続い
ており、残念ながらすぐやる課返上です。

 一度はダジャレ路線でモチーフを考えて、「サラミとサラダを載せた皿
にサランラップを掛けて、さらしの上に載せて撮る」予定だったのですが
(笑)、時間の関係でままなりませんでした。

 適当きわまりありませんがこれでご勘弁ください。お皿はいずれも100
円ショップで買い求めました(制作費600円)

 EOS-5D + TS-E90mm
 室内照明にトレペがけ

関 行宏
http://www.sekitechnologies.com/

白ヒゲ:参加すること【にも】意味がある・・・ってことでノープロブレム。
室内照明にトレペかけと言う高等な技も疲労(披露)していただけましたし・・・
 このちょっとした工夫が実は重要。関さんの凄いところです。
でき上がったこの愛嬌のある顔も微笑ましい。


それにしても忙しいということは素晴らしいことです。
関さんの魅力でしょうか。

追伸:私の紙皿が約400円?でしたが、百金は侮れませんね。
 21:07/23 藤山寛治

新藤さまこんにちは、お世話になります。

日曜日なのですが事務処理のため、スタジオに出ました
作業が早めにおわりましたので月例投稿の作品を撮影しました。
よろしくお願いします。

D2x シグマ24-70D 2.8 お皿撮影のちフォトショで加工処理
背景(フィルター〜描画〜雲模様使用)

サムライキッチン http://www5a.biglobe.ne.jp/~kanphoto/

白ヒゲ:オッ? コレって背景はフォトショップ??
しかも左に90度回転させてくなってしまう感じがしますが・・・ワザとでしょうか?
その2点のためなのか、とっても不思議な作品に仕上がってますね。
皿に対してのライティングはパーフェクト。
とよく見ていると・・・お皿は一枚ですね!
それを合成した。
・・・良く読むとチャンと書いてあります。失礼しました!(笑
説明は初めにチャンと読む、基本でしたね。
ところで、雲ムラ。タマにしか使用しませんが、この応用範囲って結構広いんですよね。
時間があるときに研究するとハマルかも。
夏休みの宿題でしょうか・・・
 20:07/23 ヒゲMac
こんにんちは、雨続きですねぇ たまにはカラッとしたお日様が見たいものですが、 日が出ると尋常じゃない暑さでこれまた閉口・・・ そうしたこうしたで撮影していたらいつもはその場でパシャリ といったものがほとんどだったのですが、朝の朝食で食べた コーンフレークの皿が目の前にポッリ・・・ん〜これにするかなぁ〜 となり、まずはそのままパシャッタ!ん〜どうもぉ〜・・って事で スピードライトをごそごそ・・・SB−800とSB−600でリモート モード開始・・・目の前のパソコンの机であれやこれやとしていると プラ板デュフューズに光線カットを置いてモニターの光と天板を 片手で黒ボード持って写り込みを出来る限りコントロール。(結果ムリでしたが) 片手でS−1/4を切るために 椅子に座ったまま足を曲げて膝で三脚がわり・・・と三脚車から 取りにいけばいいものをおうちゃく根性でそのまま撮影・・・ NCで現像して少しすずしい色合いに調整。CSでフィニッシュ。 といった感じですじゃ。(汗) ヒゲMac 白ヒゲ:光りもキレイですし、構図も美しい。 説明を読んでしまったからなのか? ヒゲmacさんの作品にはどこか丁度よい生活感があって好みなのですが それが今回の作品に然程感じられない・・・ 皿の隅にへばりついたコーンフレーク・・・皿の脇の微かに残った飲みかけの コーヒー? 何となく・・いつもに比べて煮えきり無さを感ずるのは私だけ? 雨? 暑さ? 夏って私の場合はテンション下がっちゃうんですけど ヒゲmacさんは如何でしょう??  ・・今月も参加していただき有り難うございました!
 19:07/21 福井の谷口氏 :その2
新藤さま おつかれさまです、福井のn.u.谷口です 雨降りだからヒマなのか、ヒマなのに雨降りなのか、、、 表にも出られないので、2点目、おねがいします。(笑 古道具屋で買ったはイイけど、派手で使えない皿です。 こいつには、何も盛れません。。。(笑 これが最後のお勤めでもイイんじゃないかと、撮ってみました。 eos5D Distagon21mmf2.8 st-e2+580EX×2灯 マニュアル1/32出力 1/125sec f16 DPP CSライトセーバー、作ろうと思ったんですが、、、 やっぱり直置きで使ったほうが、便利な気がしました。(笑 光質的にも。。。 ボトルや反射ブツなどの写込み用に、いろいろ作れそうですね。 では、よろしくです。 -- std.nukes. ==Taniguti*syuzi*hidehalu== カメデジデメカ:http://nuphoto.exblog.jp/ 白ヒゲ:こんちは。こちらも今日も雨。いい加減にして欲しいですね。 さて、このお皿。確かに柄が沢山あるものは盛りつけにくいですよね。 大根サラダならOKですかね? 上の緑っぽいお皿なら、漬物全般OKでしょう。 ところで、巷の子供たちは既に夏休みだとか・・・ ここまで梅雨が長引く年も珍しい。 被害も出ているようですし。早く夏が来て欲しいですね。
 18:07/18 尾苗 清、

ご無沙汰しています仙台の尾苗です

前月は忙しさに負けて一回休んでしまいました
今月もちょっとナニですのでコレで勘弁してくださいましm(_ _)m
ロケ先で頂いた麦茶です。
仕事中にこんな物撮るなよって言われそうですが
取り敢えずでお願い致します。

GR-DのホットシューにSB800(マニュアル)

http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/

白ヒゲ:あらら! ホントだ! 先月は病欠だったの?
気が付かなかった私がオバカ。もう、必ず出していたくれたと信じていました。(笑
(他人のことは言えませんね?)
さて、今月の作品ですが、ちょっとナニなのでというわりには、かなり立派。
流石GR−D・・ピントが深い。
ホットシューにSB800。イイ感じですね。
で、今月の2本目はどんなものを出してくれるのかなあ〜。
お・た・の・し・み・・・・・ですね。
 17:07/18 新藤修一:白ヒゲ :その2
先日片づけをしていて見つけたのが、信楽の土。   何年か前に撮影用にハンズで購入しました。 信楽には何度か撮影で出掛けたこともあり、思いで深い地です。 大概の陶磁器のベースは土。 割れなければ半永久的。 人類の進歩とともに歩んできた。 皿や器が無ければ料理の進歩は無かっただろう。 土をいじったのは中学校以来か? 土のイジリ方については知識無しなんでお許しを。 追伸:この即席の皿。空しくスタジオの空気を短時間盛りつけただけで また元の土に戻る運命か。 それにしても・・・うちのひび割れた床は役立つねえ・・・ 追伸:2 珍しく【土】という文字に教科書体、つまり明朝系を選びました。 これがゴシック系ですとまるでプラスマイナス・・・みたいな感じです。 土。これは矢張り踏ん張らなければいけない文字ですね。 OSAKA(ゴシック系の書体)では絶対に違う! でも文章で明朝を使用すると、重いんですよ、これが。 (って言う割には名刺の文字は教科書体ですけどね。笑)
 16:07/18 ひ!
新藤 様   お久しぶりです。梅雨もそろそろ明けそうで、各地で 大雨、雷がなっているようですね。あと少しでカラッとし た夏が来ると思うと少しだけ元気が出てきます。 ここんとこ、パソコンの調子が悪く、添付ファイルを送ることができず。 とりあえず圧縮して張り付けやってなんとかできています。 なぜか、添付ファイル(写真)を圧縮して送ることにすると送信ボタンがどこかに いってしまうんです。 パソ2年半の私にはまだまだ手ごわいです。 ま、とりあえずですが送信できそうなので送りますね。 お題のお皿というか、料理になってしまいましたが、ある創作レストランの 料理のコースの途中で出てきましたお皿とさじとシャーベットです。 料理も美しいのですが、許可をいただいていないのでこれくらいにしておきます。 もちろん手持ちなので少々ぶれてますが、参加します。                           ひ! 白ヒゲ:洋梨のシャーベット? 何だかスプーンが渋い・・(スキです) 創作料理らしい取り合わせですね。お題はお皿でしたが勿論料理もありです。 食事をいただいている途中のライブな作品、良いと思いますよ。 気の向くままに、あるがままに・・・ これはこれで良し。もしお時間があるようでしたら、あるがままでない作品も トライしてみて下さいね。有り難うございました。
 15:07/17 京都のrinaさん

新藤様

 いつも楽しみに拝見しております。
 卵以来、テーマが難しく、しかもやはり私にはまだまだ力が及びません。
 でも、今回のテーマが【皿】とういうことで、私のお気に入りのお皿を
 撮ってみたくなり、挑戦してみました。
 黒いお皿なので、まわりの物が映ったりしてとても難しかったです。
 
 構図を変えたものを3枚送ります。
 自分でどれがマシなのかわからないので、新藤様にお任せします。
 よろしくお願いします。

http://homepage.mac.com/jurinan/

                   rina

白ヒゲ:rinaさん、お久しぶりですね。京都は祇園祭で賑わっているのでしょうね。
さて、3枚の中から選んだのは・・・折角のお皿の柄が分かりにくい作品・・・
ゴメンナサイ。
rinaさんにヒントを一つ。黒いお皿は確かに写り込みが多く撮りにくいものです。
が、写り込みは黒に限らず光沢のあるものなら全てのモノにあります。
写り込みを避けようとすると、ドツボにハマッテしまうのです。
ここは発想を変えて積極的に写り込みを利用する。例えば13番の雨宮さんの作品。
ハイライトの写り込みが美しいでしょ? まあ、難しく考えずにドンドン試してみて
下さい。きっと素晴らしい作品をモノに出きると思いますよ。
 14:07/16 山本耕司

新藤さま

お世話になります。

皿とくれば、私の場合は皿まわしです。

未発表、富士山頂にて6枚まわしってのもあるんですが、
過去作品なので、一応新たに撮影しました。
日本皿まわし協会理事 公認六段 山本耕司

http://home.j08.itscom.net/studio-k/

白ヒゲ:初めて皿回しと聞いたときは、DJ系なのかと思いましたが
サイトをちゃんと見るとマジ皿回ししてる! 
変な人だねえ〜(笑  でも何だかホント平和だし精神集中的な鍛練も必要そう・・
公認6段って6枚まわせれば6段?? 単純すぎ???
写真にオーディオに料理に皿回し。
・・・マルチな山本さんに一票!(って何を?!)
 13:07/15 雨宮秀也
いつもお世話になっています。 伊田さんの作品を見て、ちゃんとしたストレートな写真っていいなあ。 と思い、ぼくも普通に撮ってみました。 シンプルな白い皿ですが思ったとおり難しかったです。 ライティングは580EXを1灯です。 レンズを開放近くで使っています。 こんな時はこのストロボは便利ですね。 ところで、プレートとコーヒーカップは同じラッセル ライトのシリーズですが微妙に白の 具合が違います。 どっちの白が基準の白にしたらいいのか迷います。 Canon 20D  EF50mm F2 RAW撮影CS2現像 雨宮秀也 http://www.hibihana.com 白ヒゲ:普通って簡単そうで難しいですよね。 自分らしさをどこかに出したくなってしまったり・・・ ・・・頂いた雨宮さんの作品、やっぱり雨宮さん出てる。(笑 白の色味が微妙に異る点。 実はどちらもピュアな白とは異る場合もあり、悩ましいですよね。 最終的にはRGBのバランスで決めるしかないか。 まあ、この辺りのバランスがまた難しいんですけど。 雨宮さん・・有り難うございました。
 12:07/14 伊藤裕一氏 :その2

新藤様

二作目は写真でいきました。
旅行行った時など、撮影に使えそうな小物を購入しているのですが
まったく出番が無いのが実際の所です。
このセットはバリで購入してきました。
撮影データーは20D コシナ125mm 開放 ASA800 
ライトはLED懐中電灯一灯で手持ち撮影。
撮影時間は1分位の手抜き撮影になってしまいました。
では宜しくお願い致します。

http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html

四谷の伊藤より。

白ヒゲ:伊藤さん、忙しそうなのに2作目有り難うございます!ハヤッ!!
ISO800とは言え手持ちですか・・・125MMで・・・やりますね。
撮影時間が1分とは言え、上がりと所要時間は比例しない良い例かと。
チョット絵画的、あと1分かけて人の気配を何処かに残してくれれば言うこと無し。
ところで・・・旅行先で購入した小道具候補。確かに仰せの通り。
日の目を見ることって少ないですよね。(笑
ああ〜、私も今日は時間が合ったのだから2作目に挑戦するんだった!!
 11:07/14 伊田淑乃さん

新藤さま

皿の写真撮りました。
どうも磁器系の器のスタジオ撮りが苦手〜でして、ロケーションだとそうでも ないんですけど...。
場の力を借りられますから。
フォーカスをどこに合わせるか、悩んでしまったり。
また、合わせてみたものの、フォーカスが本当に合っているのか判断しにくか ったりしますよね。
白いものが多くてFP100Cでは、トーンの判断しにくかったり、ポジが上がって みると気にもしていなかった写り込みがでてきたりと...。それはポジ時代の ことですが。

今回は友人にアンティークのデミタスカップを借りて挑戦してみました。
ドイツのDresdenというところのものです。
デジタル撮影になっても、やはり難しかったです。
壊さないよう緊張してしまいますし。
もう2つ借りてあるのでまた挑戦します。

Canon1DsM2 100mm ひいて撮影、トリミングしました。
背景と一緒に一発撮りC1現像。ゴミ取り。

http://www.st-m2.com

白ヒゲ:これ背景と一発ですか!!影が見当たらないので合成かと思いましたが・・・
相変わらず決まってますね。表紙にピッタリ!そんな感じです。
でも待てよ・・・もし表紙だとするとカップが傾きすぎ?
もうチョット反時計に回転させても良かったか??
って、勝手に表紙って決めちゃいましたが(笑
程よい硬さのライティング。立体感もバッチリ。
美しいですね。
 10:07/13 廣畑 勝則

ご無沙汰しております、新藤先生。
蒸し暑い夜が続きますよね、東京もそんな感じですか?

さて透明の耐熱・強化ガラス皿3枚、回してみました!!
落としても割れないから大丈夫、心配なしです。
バンク2灯、部屋の中を黒ウールで囲みまくって3コ目回したときに...1コ目の...
回転がおちてき.......て、でですね、ああ、すみません、

もう、ウソつくのはこれくらいにします。すみません。
また伊藤さんに触発されて、規定外でしたら没ってください。

モデリングは皿と棒で10分、レンダリングは12分くらいです。
ちょっと嘘くさい3Dですね、Carrara5というソフトです。
フォトショップで皿のぶれを出す方が時間かかりました(涙)

リベンジは正規の写真でいきたいと思います(^^;)
---------------------------------------------
     グラフィックデザインエディット
廣畑 勝則  
http://www.sarumac.com/

白ヒゲ:ホントだ!月例は、お久しぶりだったんですね。(意外!)
さてさて、廣畑さんの3Dのスキル、アッパレですね。
カメラマン諸氏にカツを入れるためにもこんな作品バンバン送って下さい!
・・・って口では言っておきながら・・・いやヤバイ・・・なんて思ってますけど・・
これで22分ですか! 撮影よりも間違いなく速いですね。
嘘臭いですか? そうでもないでしょ。十分いけてますね。立派!

東京も何だか真夏になったような感じです。
スタジオから出たくない気分ですね。

追伸:お願いがあります。廣畑さんの正規の写真も好きです。
が・・・渾身の力を振り絞った3D【皿】作品も見てみたいのです。
欲張りな私ですがお許しのほどを・・・(選択肢は勿論廣畑さんにあります)
ではでは、2作目を楽しみにしています。
 9:07/13 福井の谷口

白ヒゲさま、お世話になります。
福井のnu(谷口)です。
皿、と、お題を頂きまして、いまだ思いついてしまうのは、
『灰皿』だったりしてしまう自分に、軽い嫌悪感を覚えながら、、、
の、こんなカンジです。。
白い皿を撮ると、今さらながら、センサーの汚れが気になりますね。。。
(最近は極力、絞らない方向でやっちゃってますが、、、)
例の静電くるくるブラシ、調子はどうですか?
レポート、気長にお待ちしております。。。(笑
では、よろしくおねがいいたします。
eos5D TS-E90 f11 2.5sec 光源:蛍光灯

-- std.nukes.
==Taniguti*syuzi*hidehalu==
カメデジデメカ:http://nuphoto.exblog.jp/

白ヒゲ:エッ!これって灰皿なんですか? 一日6本限定??
私なら何に使おうか・・・小銭入れ?・・・パレット・・・ここに土を入れて
種を蒔くのも良いかも・・(水はけに問題あり?)
タバコ愛好家の気持ちも分からないではありませんが・・・
今回の値上げ幅はちょっと少なすぎたか? 
一箱2000円辺りだったらかなりの効果があったはず(笑
止めてみると世界が変わりますよ〜。何かキッカケが大事。
次のキッカケは何でしょ?

例のブラシですが、まだ使ってないんです。すいません。
なるべくなら使いたくないという矛盾する気持ち、分かって貰えます??
 8:07/12 カンガルー大陸のM
新藤さま はじめて投稿させていただきます。 新藤様のHPは、シンガポール在住の先輩フォトグラファーから、「参考になるよ。」 と紹介され、かれこれ3ヶ月ぐらい前から時間があるときに拝見させていただいており 今回、恥ずかしながら送らせて頂きます。 ほとんど使わなくなった550EXとなつかしの480EGをST-E2でいろいろライトを作って 遊んでみたなかの1点です。 いろいろ光が作れそうでなんか楽しいです。 ロケなどにも持ち出してみようと思っています。 アドバイスよろしくお願いいたします。 よろしくお願いいたします。 使用機材 1Ds2 ST-E2 550EX & 480EG+WEIN+傘 画像処理なし ありがとうございました。 白ヒゲ:初参加有り難うございます! 全体に流れる柔らかな雰囲気、いいですね。 背景の選択も言うこと無し。コンパクトストロボとは思えない出来です。 しかし、惜しい点が無いわけではありません。(笑 ピントの位置です。この様な被写体の場合・・・普通なら手前に持ってくる事が セオリーだとしても微妙ではあります。 美味しい場所が隠れてがちになってしまった。残念! このバスケット?にフルーツの一つか何かが載っていて・・そこにピントを合わせれば 誰もが納得することでしょう。 カンガルー大陸って事はオーストラリアで活躍されているのでしょうか? もしそうならそちらの事情も今度お知らせ下さい。 では。
 7:07/07 にしだ

新藤 様

こんにちは。
楽しく、また美味しい時間を提供してくれる、普段使いの「お皿」です。
我が家では、湯飲みや何枚かのお皿、絵付け遊びで創った物を愛用しています。
価格は付けられませんが、とても生活が楽しくなりますよ、、。

写真のタイトルは
「釣れたよ!」「ウンウン」
です。
応募者ハンドル名=にしだ
初めてなので、趣旨と違っていましたら申し訳ありません、、。

白ヒゲ:にしださん、初めまして。
凄い!大漁ですね!!、御自身で絵付けされた皿に、釣り上げた魚達。
皿がメインかというと微妙ではありますが、これもまた良し。
でも・・・肝心のお皿の絵付けが良く見えない・・・(笑
で、この魚達はどんな料理をされたんでしょう?

新藤 様
こんばんは。
掲載ありがとうございます。
カワハギ_身=お刺し身、さっぱり感を増すため、氷水での洗い仕立てに
カワハギ_キモ=時期的に小さいので、生姜煮です。
メゴチ(カワハギの周り、黒いお魚)=てんぷら
タコ=明日のパスタ用に湯通し後チルド
キス=てんぷら
アナゴ=蒲焼き失敗、その辺の焼き魚に降格...。
何れも、大変美味しく頂きました。
..が、最近、写真より「お魚釣り」に夢中になっている私を、家族が心配し始めてい
ます。
カメラ=EOS-20D
写真、自分のH.Pと違い、掲載されると、とても楽しいです。
「00カメラ」等に応募していた頃を思い出しました。
ありがとうございました。
白ヒゲ:詳細な料理方法頂きまして有り難うございました。
お魚釣りと写真・・・どちらが安全かと問われれば写真??
どちらも時間とコストが問題?
でもどちらも本人は楽しい。ご家族もメリット沢山?
絵付けも釣りも写真もどれも素晴らしいんじゃないでしょうか。
 6:07/07 大分のASADART

新藤様 お疲れ様です。
7月に入って出足の良くない大分のASADARTです。
いずれおとずれる我が家の食料危機。
なんとか食い止めなければ!

データ
カメラ・EOS10D
他・レタッチ少々

http://clearwater.cocolog-nifty.com/blog/

白ヒゲ:ASADARTさま、こんにちは。
うちも7月に入って出足、良くないですね・・・
巷じゃバブルを越えたなんて話もあるのに、蚊帳の外状態です。
さて、頂いた作品。
ゴリッとしたハードな雰囲気。メリハリがあっていいですね。
B/Wにしたことも正解でしょう。
フレーミングも計算されています。
4月のミニカーとはまた異るテイストを見せてくれました。
有り難うございました。

追伸:これはASADARTさん自身ですか? セルフポートレイト??
 5:07/06 新藤修一:白ヒゲ
今朝マーケットで使い捨ての紙皿を購入しました。 全部で60枚あります。 もう少し並べ方に気を配ればよかったか・・・という反省点はあります。 今月は是非もう一度トライですね。 EOS1Ds2 TS−E45mm LEDライトセーバー使用。(振り振りは無し。)
 4:07/04 伊藤裕一

新藤様

お世話になっています。
久々に3Dソフトを使ってみました。
ダサイ皿に銀紙に巻かれたチョコをイメージした置物、
ライティングはカメラマンなので、ちゅっと力を入れて5個のライトを配置。
フォトショップではリサイズとシャープネスを使用。
今月は暇そうなので、二作目はカメラで参加しますね。

http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html

四谷の伊藤より

白ヒゲ:伊藤さんのサイトで3D【皿】作成の様子を見ていましたが
サッカーボールがてんこ盛りになるとは・・・(笑
背景は例の3Dソフトですね。
右からの青い光が美しい!皿のデザインがカワイイ!
緊張感に満ちた静寂。
嵐の前の静けさ。
w杯開催中に相応しい作品ですね。

アイデアや試行錯誤を入れると大変なことになりそうですが
さて・・・これでどのくらいの時間がかかったのでしょう??

新藤様
早速の掲載ありがとうございます。
製作情報を追加させて頂きますね。
使用ソフトはStrata 3D CX 4.2J背景とボケも全てこのソフトで作りました。
フォトショップでは解像度の変更のみ、作業時間はモデリングに2〜3時間
横700pixサイズのレンダリングをラジオシティー(間接光を計算するモード)
で約2時間(G5 2.5dr)と言う感じです。

追伸 7/7は残念です(涙)8/8を楽しみにしてます。

白ヒゲ:伊藤さま、早速のなぞ解き、有り難うございました。
strataですか・・・昔はホンのチョット触ったことがあるんですけど・・・
もうすっかり忘れました。(笑
 2_3:07/01 ☆ぴぃ〜

Heart de Kiss Graphity☆ぴぃ〜です。/
今月から派遣モードに入るの予定なので、早めの出展ですー
「皿…、血…、且…、凸…?…!」なんと目の前に「皿がっ!」
余りにも見慣れてしまっていて「皿」と認識するのに半日…
コレ、昭和31年モノの「PHOTO CHINA」です
「写真中国…?」ではなくて、「磁器」(CHINA)の皿に感光乳剤を
塗布して写真を焼き付けた「写真飾り皿」ですね
何年かごとに突然、積った埃が気になって拭いて…乳剤面の周囲が
かなり減っていますが、大切に保管しているワケでもなく適当に吊り
下げて半世紀…、先月のお題「痛み」の「皿」バージョン状態ですが
「裏」を見たら「PHOTO CHINA "Paloma" MADE IN JAPAN 」の
何ともレトロなデザインに惹かれてしまい…表裏一体の出展でござる
美しい「1:07/01 福岡の O氏」の後で、どーなんでしょ?コレ

ブログの見どころ:「auto110super」の行方や如何に…?
おぉぉいっ「auto110super」と「20-40mm F2.8 ZOOM」、出て来ぉ〜いっ!
http://ktai.blogzine.jp/heartkiss/2006/06/auto110super204_635b.html
【撮影情報】
[ISO:400, F5.6, WB:PRE4000K+2STEP, sRGB]
E-300, SIGMA 28-80mmD F3.5-5.6 ASPHERICAL MACRO
LIGHTING: Z-Light (GE/HITACHI EFA13ED 3波長形昼光色13W),無印コンビニ袋

白ヒゲ:これは、これは・・・良いものを見せていただきました!
ヒョッとした背中の愛らしい笑顔のお子ちゃまは☆ぴぃ〜さん? 
  もしそうでなかったら・・・一体誰でしょう??
それにしても、いいですね。
皿の出来もイイですし、皿にプリントされた写真もイイ!
それを美しく撮影された☆ぴぃ〜さんも凄い!
質感も良く出ていますし、雰囲気もあります。
正しい皿の作品、有り難うございました。
 1:07/01 福岡の O

新藤さま こんにちは。
福岡 O です。

お題の「皿」。
見ての通りの安直な撮影です。
中に蝋燭を立てたり、水、ビーズ、花を入れたりとしましたが
結局そのままです。

30D EF70−300 DO IS
黒ケントに穴あけ
ライトビューアー

よろしくお願いします。

では。

白ヒゲ:先ずは一番乗りオメデトウございます。
さて・・・思い切りましたね。超シンプル、無駄をすっかりそぎ落としてしまいました。
燃えるような美しい皿。個人的にはもっと見せて欲しい・・・そう感じました。
例えば、色々な角度から見た皿をデザイン的に配置する、そんなのも悪くはなかったかと。
う〜ん、素敵な【皿】ですねえ。これだけでゲージツ品ですね。
.
このページの先頭に行く
 2006/07/31 駒場にて。
11:00、駒場で待ちあわせ。撮影のロケハンをする。
もう既に何度も出向いている場所なのだけど、久しぶりに行くと景色が随分変わっていることに驚く。
この日の機材は、EOS1D2、EF16−35、TAMRON28−75、EF135、三脚、ストロボ。
ここで(リサーチセンター)笑えるのは建築物の何号館という呼び名。
例えば43号館・・・なんて建物があるとする。でも42号館はない。
第一、そんなに沢山の建造物は無い。
じゃ、どうしてそうなの??と聞いてみると
【建築された年なんですよ、43号館なら43年ですね・・・】
最近の建物はA棟とかになっていたりするので、その公式が崩れたんでしょうか?

目ぼしい収穫もないままに、再度のロケハンを約束。(夕方時にもう一度)
チョット遅いランチを担当女性と一緒に。
  ところで、この辺りには食事の場所が殆ど見当たらない。
  渋谷までも近いし、悪くない場所なんだけどねえ・・・
渋谷で銀行によりハンズで材料を買い込み、駅に向かう。
久しぶりの機材のせいか・・・妙に肩に食い込む。
時計を見ると14:30。かれこれ4時間半、11キロの荷物を担いでいたわけだ。
幸い今日は涼しかったけれど、これが35度だったらと思うと想像しただけで汗が流れる。

新藤さんこんにちは

水川さんのワイヤレス調光裏技、知らなかったので衝撃でした!
マスターの580EXを発信器としてのみを使うのは贅沢な気もしま
すが、キャノンとすればこの裏技が知れ渡れば、さらに580EXが
売れるからそれも良しかもしれません。(笑)

っていうか、ST-E2の機能がもう古いんですね。
--
はんちゃんJP(半田勇二)
http://www.hanchan.jp/

白ヒゲ:半田さま、メール有り難うございます。
サイトも拝見させていただきました。
楽しそうに仕事されてますね!
撮影中のセット等も公開されていて、参考になる記事が沢山!
お互いに刺激しあうことが大事ですよね。
これからもヨロシクお願いいたします。
 2006/07/30 デジ一眼購入に付きあう。
お世話になっているY氏から
【カメラを購入したいのだが付きあってくれないだろうか】
と相談を受け、昨日ヨドバシに行った。
Y氏は60才、仕事も一段落。全国の灯台をめぐり歩く予定らしい。
で、そのお供に連れていくカメラを探しに行ったのだ。
初めて相談を受けたとき、キスデジが良いかと思った。
が、液晶が小さい。メニュー画面が見にくい。最新機種と比較すると非常に辛い。
秋には新型という噂もあるものの、確定かどうかも分からないし、そこまで待てない。
コンデジという選択肢もあるかと思ったけど
液晶が大きくなったとはいえ、老眼のY氏には意外に手強いような感じ。
だからといって、お高いボディも薦められない。
売り場で改めて見回し幾つかの要素を考え候補に残ったのは
ソニーα100
ペンタックスK100
オリンパス Eー500 これら大型液晶装備の3台。
  ニコンD50とキスデジは液晶問題で早期脱落。
次に脱落したのはEー500。原因はファインダーのサイズ。矢張り小さい。
さあ、残りはソニーとペンタックス。
画素数ならソニー。手ぶれ補正はどちらも装備。
さて、どちらにしたのか・・・・
ソニーはミノルタの延長線上にあるとはいえ、第一作目。
APSで1000万画素という点での不安もある。
専用ホットシュー端子への嫌悪感もある。
スペック上ではホントに見事なんだけどねえ・・・
最終的には600万画素のこなれたスペック、地味だけど真面目な気質。
電池が単3タイプ4本ということも悪くない。ファインダーも悪くない。
等の理由でペンタックスレンズセットに決着。

ボディ内手ぶれ補正・・・どの程度の効果があるのか興味津々。
レンズ内手ぶれ補正の方が優秀と言われても便利だよね、これ。

追伸:【CLEやTC−1って良かったですよね!】
ミノルタに詳しい某氏に聞いたことがるのです。
【新藤さんTC−1の生産って何人で組んでいたか知ってますか?
3人ですよ。
それでも作るほど赤字だったはずです。】
ボーゼン。
作るほど赤字・・・ですか? 
何だかピンと来ません。大量販売が期待できないカメラなのでしょうか。
まあ、たぶんあのカメラたちは良心の塊。
メーカーのプライドとも呼べるか。
今はプライドも良心もかなぐり捨てる時代・・・なのですね。
と、書いていて
【オトーサン、これ捨てても良いわね?】と
玄関から声がします。
【今年はダメよ、ホラ、カビだらけ!!】とカミサン。
写真では分からないかもしれませんが
よく見ると中も外もカビだらけ。

実はこの靴。もう5年くらい履いていませんでした。
存在すら忘れていたかも。
私にしては珍しい・・・ハロッズの靴です。
もう履くこともないでしょう。
処分することに同意しました。

ゴミ袋に入れる前にパチリと一枚。
サヨナラ〜、サヨナラ〜。

新藤様、こんにちは。ペンタックスの話題でしたのでメール致しました。
ペンタックスK100Dは発売日に購入して主としてM42のレンズで遊んでいます。
ノーレタッチ・ノートリミングの作例を以下にUPしておりますので、ボディ内
手ブレ補正の効果は分かると思います。かなり有効です。

http://photo.www.infoseek.co.jp/AlbumPage.asp?un=134856&key=1607971&m=0
http://photo.www.infoseek.co.jp/AlbumPage.asp?un=134856&key=1611784&m=0

また、市販のアルカリ電池でも200枚以上撮影でき、ボディも軽いので
旅行用のスナップ機としては素晴らしいと思います。

白ヒゲ:07/31 ぷーさんからK100Dについて連絡頂きました。
有り難うございました。
さて、各社から一眼レフが出揃い、楽しみも増えたわけですが
見回してみますと、それぞれの個性の差が明確になってきたような感じがしますね。
究極の姿は一つなのかもしれませんが、行き着くまでには何通りもの道が用意されている・・・
そんな感じです。
 2006/07/29 580EXのマニュアル調光について水川敏治さんからのメール。
新藤さま
いつも、WEBを拝見して、参考にさせて頂いております。
先に、書いておきますが、極、当たり前のことを書いているだけかも知れませんので、
もし、掲載される場合は、自由に編集してくださってけっこうですので。
580の話題に便乗です。
色温度のばらつきについては、あまり気にしないというか、現場の環境光とのミックスでの撮影が当たり前なので、
厳密を要する場合は、ホワイトバランスをしっかり取るしかないと思うのです。
ただ、明るさに関しては、ETTLフレーミングを変える度にコロコロ変わられるのは困ったもんですね。
特に逆光時は、本体側で+3、30Dあたりのボディでのコントロールなら+2までしかできませんよね、
これは、ちょっと不満の残るところです。
で、ここからが本題なのですが、ボディに580をクリップオンさせてマスターにして使えば、
スレーブの580(550でもOKですが)達も簡単にマニュアル調光できるんですよね。 
これなら、いちいちストロボを触って回るようなことをしなくてもOKですよ。
 マスターストロボA:マニュアル
 スレーブストロボB:ETTL設定
この状態で、ZOOMボタンを押していって“RATIO A:B”にすれば、
ストロボのジョグダイアルでA、Bそれぞれのマニュアル発光量を簡単に変更できます。
もちろん設定次第マスターを発光させないことも可能です。
これらのことは、マニュアルに書いてあるので、「そんなことは、判ってるよ!」って感じでしょうが、
私自身、気づいていなくて、最近になって、友人から教えられて目からウロコだったもんで書きました。
まだまだ、瞬時に切り替えてというほど、カラダになじんでいませんが、慣れれば簡単かと思います。
しかし、ST−E2を使うより580をクリップオンさせたほうが賢いってのはねぇ・・・
そうそう、予断ですが、折り畳み傘タイプの軽いストロボ用アンブレラ、欲しいですね〜 
では、
                 水川 敏治

白ヒゲ:水川さま、初めまして。
上記の裏技? 気が付きませんでした。580EXをカメラ側でコントローラーとして使用したことが
皆無だったことが原因の一つ。
説明書を隅まで目を通していないことが一つ・・・ですね。
ニコンのSUー800のように全てをコントロールできれば何も問題が無いだけに悔しいのですが
この方法は結構使える場面もあるような気がします。
近日中に一度テストしてみます。
イヤ〜、それにしても・・・・
この方法を知ってる人ってたぶん少ないかも。
水川さん、素晴らしい情報を有り難うございました。
 2006/07/28 580EX出力のバラツキと色味のバラツキについて。
先日某氏と会話をしていて580EXの話題になりました。
小型ストロボは余り信用できない・・・そう彼は主張するのでした。
何故信用できないのか。・・・・出力が安定していない。色も飛ばすたびに異る・・・・とね。

ん〜、たしか今時のコンパクトストロボは100%チャージでないとチャージランプは点灯しないはず・・・
と思ったんですが、自信がなくそのままになっていました。
先程思い出してテストしてみましたが、思い違いではなく100%チャージ表示でした。
  580EXの場合、グリーンランプがついたところで発光可能。但し規定電圧に達していない状態。
    このグリーンランプって滅多に付かず、いきなり赤ランプって事が多いですけどね。
  赤ランプが点灯で100%チャージです。
実際マニュアル出力設定で580EXを発光させフラッシュメーターで測定しても
1/10EV程度の誤差。(これはメーターの誤差かもしれません。)
では、色味は?
カラーメータで測定しましたが、これは測定値ではヤヤバラつきます。
コンパクト機の場合、閃光時間をカットする方法で出力を調整していますから
小出力の場合、色温度が上がる傾向にあるはずです。この辺りをETTL2で制御しているのかは不明。
  CPSで質問したときはチューブの劣化を情報としてやり取りしていると思います。といわれましたが・・・
が、私の経験では実際の撮影でマニュアル出力でバラついていたかどうかハッキリと記憶にありません。
ってことは、それ程でもないんじゃないの?
実際にコンパクトストロボを使いだしている方が物凄く増えていることも事実だし・・・
どう思います??


新藤 修一さま 
カメラマンの小城@NewArk,NJ,USA です。
こんにちは。

  >何故信用できないのか。・・・・出力が安定していない。色も飛ばすたびに異る・・・・とね。

ニコンSB-800の間違いではないですかと言ってみる(笑)
(ちなみにニコンだと、確かに某氏主張の「色も」のくだりは確かに現象としてあり
ます)
  >どう思います??
私も以前テストしてみたことがあります。
カラーメーターの測定値的に確かにバラツキはありますが、だからと言って100〜200Kも違うことはなかったような、、、、、、
カメラ側のAWBとストロボの色温度がどのようにコントロールされているのか、使用
者側には分からないブラックボックスとなっているので、何とも言えない部分ではあります。
そういえば今回、カラーメーターこっちにもってきていないなぁ。
前回来たときはN>C変換したばかりだったので、何となく不安でPMA取材に来る某氏に
「グレーカードでいいから持ってきて!」とお願いしたことを思い出してしまいました(笑)。
(ちなみに「使うこと多分ないだろう」と思いながらも、マクベスのIDカードサイズ
はカメラバッグの中に忍ばせておりますが)
それでは。
白ヒゲ:小城さま、USからのメール有り難う御座います。
コンパクトストロボが他メーカーに対して非常に排他的な作りになりつつあることは
大変に嘆かわしいことです。
ソニーのα100にいたってはホットシューの形状すら異りますのでSB−800や580EXを
取り付けることすら不可能です。
まるで世界が民族独立のために争っているようではありませんか!
悲しい・・・。
って、話題がちょっとずれてましたね。失礼。(笑
エイッ!!ズレついでだ・・・カメラボディ内で色温度が計測できると便利なのになあ。

カメラマンの湯浅です。 お世話になっております。 この話題、覚えておいていただき光栄です。 僕自身、すっかり忘れていました。 さて、この件ですが、ご丁寧にテストまでしていただきありがとうございます。 バラツキに関してはパワーと色温度、この二つの面があるのはお書きの通りです。 僕が使えないと言ったのは、この二つがコントローラブルではないという意味です。 まず、パワーに関して。 ニコンも以前使っていましたが、今はキヤノンオンリーですので580を前提に書きますが、 明るさの調整はETTLかマニュアル発光か、いずれかの方法になると思います。 ETTLでは、当然のこと、撮る度に主となる被写体の明るさが違ってきます。 これは撮影者がフレーミングを一定にしていないからでしょう。 が、シャッターごとにフレーミングを換えるのは取材ものではよくあること。 その度ごとに主被写体の明るさが変わっては使えないと、僕は判断いたしました。 その点、マニュアル発光をさせれば主被写体の明るさはほぼ揃いますが、 ご存じのようにあの580でパワーを変えるのは、僕には瞬時に出来ません。 「おまえがバカだからだろう」と言われればその通りなのですが。 現場で手間取る、これはカメラマンがやってはいけない、大事な部分かと思います。>新藤さんには釈迦に説法ですけど。。。 次に色温度の点。 これはテストしていただいたとおり、変化してしまいます。調光方式がシリーズカット式を採用しているためと思いますが。 僕の仕事は「使えそうな」カットを「少しでも多く」と望まれるケースが多いです。 クライアントは多くのカットから「自分で」選びたいのです。 結果的に、大量のカットを「同じ」調子、明るさで納品しないとなりません。 これはほぼ一枚一枚の調整作業になってしまいます。 この点、性能の劣ると言われているモノブロックでさえも、小型ストロボよりは数段、安定した発光を致します。 戻ってからの後処理の時間は、小型ストロボを使ったときの数分の1でしょう。 これは人それぞれ、やっている仕事と、カメラマン個人の個性によります。 新藤さんには新藤さんの仕事に適したやり方があり、僕には僕の仕事に適したやり方があると言うだけです。 結構心配しているのは、新藤さんのサイトを見た若手のカメラマンが、単純にマネをして、 失敗しているケースが多いんじゃないかなと思ったからなのですが。 新藤さんは特別だと言うことが、なかなか分からないしょうね、サイトだけでは。 そんなことで、、、、長くなりました。 来週は写真展があります。 平尾さんと一緒なので、いらしていただけると思いますが、、、その時にゆっくり。 (有)Y2 Photographer 湯浅 立志 http://homepage3.nifty.com/y2/
白ヒゲ:湯浅さま、こんばんは。御連絡有り難うございます。
実名で載せるべきか迷いましたが、何も記入が無かったのと
良く知っている間柄ですのでそのままアップいたしました。(笑
さて、湯浅さんの仰せのように、コンパクトストロボがコントローラブルでないことは事実です。
ETTLの出来も便利ですがイマイチですね。
  大型ストロボやモノブロックよりも優れている部分も多々ありますけどね。
  ST−E2の後継機はマニュアルもパーフェクトに使えるようになって欲しいものです。
カメラマンは、それぞれが異るスキルと感性を持っており
仕事上でクライアントから望まれる質も確かに違うのでしょう。
ですから色んなカメラボディやレンズの存在理由があるわけです・・・よね。
その数ある機材を使いこなすということ。
これはプロである以上必要なこと。この点に異論はないでしょう。

湯浅さんが心配されている点。・・・若手カメラマンの失敗?
この点につきましては、未だ私には情報が上がってきておりません。(笑
  上がってきても困惑しますけど。

来週の写真展、恐らくはヒマそうですので伺いますよ。
この続きは平尾さんも交えて是非もう少し・・・
楽しみにしていますね。
 2006/07/28 マイティマウス/SH702iD。/ノグチさんから韓国傘情報。

今日もまた・・・私のトホホ2連発です。
上のマウス、マイティマウスとか呼ばれてるんでしたっけ?
うちの愚息がワイヤレスマイティマウスを入手したようで【お下がり】です。
  存在自体はウッスラ知っていた程度、今まではマイクロソフトのマウスを使用していました。
  ワイヤレス式はブルートゥースで繋がるようでパワーブックにはバッチリですね。
いざ使ってみるとマイティマウス、ナカナカ進歩しています。
小さいグレーのお目目。このお陰で上下左右にスクロール可能になります。
また、見た目にはボタンがついていませんがダブルボタン機能付きですので便利。
デザインは如何にもmacっぽくてグッド。
このグレーのお目目、つまりはトラックボールですね。
もっと大きく設計してくれたらもっと良かったのに・・・(無い物ねだり??)

左の携帯。docomo SH702iD。シャープ製最軽量小型foma。
今まで使用していたNEC製N506iのtodo機能の使いにくさについに堪忍袋の緒が切れた・・・
まず不動前の電気屋でドコモのカタログを入手したがtodoに関しての説明は何処を見ても不明。
メーカーやドコモのサイトを見ても分からない。
先ず軽量小型で使いやすそうだった三菱に電話をしてみた。
担当者:申し訳ありません。今は富士通(だったかな?)と共同開発しておりまして、ちょっと前までの機種でしたら
todoがあったのですが、今は付いてないんですよ・・・
  対応は悪くはなかった。
次にドコモに電話した。
小型軽量でtodoが操作無しで日付順に並ぶ機種を調べてくれとお願いしたのだ。
  NECの機種に話が及んだが、こちらはパナソニックと共同開発になり
  それ以降、todoのソートが理不尽なことになっていると担当者。
さて、小一時間ほどして担当者から連絡があった。
お客様の御要望にピッタリの機種が御座いました!!
と教えてもらったのがシャープだというわけだ。
ここまで、話が進むともう換えるしかない。
早速五反田の携帯屋まで行ってみると、思ったよりもリーズナブルな値段。
ドコモポイントを使用して二千円程度でゲット。
しかし・・・・・
液晶が小さいためか文字が小さい。
基本的には若者仕様なの? 50代の使用は想定外? 
いつまでこの携帯を使用出来るんだろう。
今のところは何とかまだ使えるけど、微かな不安が脳裏をよぎる。 トホホ・・・

新藤先生
こんばんはお久しぶりです。

1年ほど前に韓国に出張で行ったときに気づいたのですが、
韓国の傘は裏側が銀色になっているものが多いのです。
現地の人に聞くと、どうやらどうやら防水用のコーティングとのこと。

一目見て“これは使える”と思いましたが、残念ながらその時は
購入しませんでした。

裏技っぽいですが、とりあえずご報告まで。

白ヒゲ:ノグチさんから、傘についてのメール頂きました。
小型軽量であるならばシルバーでもアリといえばアリ。
本当は無蛍光の白が望ましいですけどね。
どなたか韓国に行かれる方! ヒトバシラーになりませんか?!!
  因みに私のカバンに入っている折畳みは重量150g程度。
  この位の軽量が望ましいですね。
ノグチさん、情報有り難う御座いました!!
 2006/07/27 サンパック、ディフューザーを実戦使用した。/パワーブック不吉なアラート。
左上:昨日撮影。EOS1Ds2、EF28/1.8 開放。 開放ですのでストロボは当然580EX2台。大型じゃ無理ですね。   写り込んでいるタングステンは大型ストロボのヘッド。 本当は注ぎ口にピントを持ていきたかったんだけど、ここまでしか寄れない。 シグマならOKか? ところで、ヤカンは手強いですよ。全てが写り込んでしまいますから。 う〜ん、来月のテーマにピッタリ? ステンレスのヤカン・・・どう?(笑・・未定 右上:サンパック、ディフューザーキット実戦で使用しました。 エレベータ周りで撮影したいと提案されて、とったのがこんな感じ。 環境光だけではつまらない。傘を立てるのも大掛かり。 直では硬すぎる。そんな時は有効ですね。 左手にサンパック付き580EX、右手にEOS1D2。予定通り。 この警告をご覧になったことがありますか? 私のパワーブックでは2〜3度現れました。 原因は不明ですが、飛鳥のカードリーダーをちょっとだけ疑っています。 デュアルモニターだったのでこのサイズで現れたのか? 初めて現れたときはもっと巨大なアラートだったように思うのですが・・・

 2006/07/26 大阪の江藤さんからのメール。

新藤修一 さん こんちは

返事が遅くなって申し訳ありません。
月曜日に届きました。                           >B&H共同購入で一品だけ到着が遅れたのでした。
さすがウェインの製品、手持ちの受信機2台のうち片方しか同調しません、外装
をはずすと中にボリューム二つありました、パルスと感度調節用だと思います、
暇なときに調節してみます。
プロ機材ドットコムなどで売っているラジオスレーブ、中国の製造元に発注すれ
ばFM16チャンネル送受信機セットで4000円位で買えます、当スタジオで
テストした限りでは感度に問題有り、で受信機を二台にすると同調したりしなか
ったり不安定、一台で使用した方がよいです、シンクロコードがアンテナの役目
をするのでを利用した方が感度が上がります、問題はあるけどちゃんと使えます、
でも4000円がプロ機材ドットコムで28000円!
高いですね。                               >高いといえば高い・・・
                                      せめて倍程度の値段にして欲しいものですね。
デジタル撮影におけるストロボライティングの色被りですが、これは機材を統一
することです。ジェネレーターはコンデンサ調光式、ヘッドは新旧混ぜない、同
じ製品同型のチューブを使用、傘を使用するなら同じメーカーの同じ古さの傘を
使用し全てのヘッドに傘を使用する、と言うように光源を全て同じ条件にしなけ
ればなりません、バンクも同じ、アナログ時代のようにバンクと傘、トレペと傘
バンク等混ぜるのは御法度です。よって透過光の撮影は硝子板にユポ、ライト側
もトレペではなくユポを使用、これで硝子板の色だけ色被りにできます。レフバ
ンも白紙などは問題がありカポック、つや消しのスタジオ用白ペンキで塗った板
等を使用する必要があります。
アクり板を使用するならば、ライト側も同じアクリ板越しにライトを入れなけれ
ばなりません
アクリ ユポともにシャドウ部はアンバー系に転びます、厚いトレペを使用した
方がよいかもしれません。
どうしてもヘッドが新旧混じったり、傘を一部使用しなければならないときは、
ヘッドにリーフィルター等の光源用フィルターを短冊に切ったものを貼ります、 >これはショッチュウ使用してますよ。
補正が足りなければ増やししすぎの時は減らします、傘等反射させるものを使用
するときは、その内側に色紙を適とーに貼ったりします、で結果を確認する方法
ですが、被写体のところにカポック等の白い立体物(東急ハンズ等で売っている
玉、楕円、円錐物)を起き撮影します、これをフォトショップ上で開き彩度を極
端にあげることによって各光源の色傾向とシャドウ部の色被りが確認できます
補正は差が気にならなくなればOK、この方法が一番簡単で早い。       >良い方法ですね。使わせていただきます。
カラーメーター等で光源を補正した方が簡単そうに思えますがカラーメーターは
色温度とM Gしか表示しないしメーターとデジカメは色域が一致しません、ミ
ノルタのカラーメーターはミノルタの考えている写真的なものを表示しているに
すぎません、正確に測定するにはミノルタの200万位するメーターを使用しな
くてはなりません。
ではまた                                 >確かにカラーメーターの指示値にデジタルとは相いれないものを
                                      感じることは事実です。
                                      デジタルカメラボディ内で色温度が測定できるようになると
                                      便利なのですけどねえ・・・


(有)江藤写真事務所
江藤新太郎
白ヒゲ:私の経験では、同じディフューザーを使用してもバウンスを行えば
異る値になりますし、それにもかかわらず、画面内に光源自体が入り込むと
またややこしいことになったりします。
フィルム時代よりも、その辺りが神経質にならざるを得ないことは事実ですね。
  厳密に言えばフィルム時代も体験していたはずですが、余り誰も騒がなかった・・・
  これが真相ではないでしょうか。
デジタルならではの測定方法・・・確立することは大事ですね。
これを機会にもう少し深くテストしてみます。
江藤さま、有り難うございました。
 2006/07/25 上海問屋のカードリーダーはお薦めですね。CFとカードリーダーのテスト。
A:DATAFAB firewire(かなり古いです)
B:LEXAR   firewire
C:上海問屋    USB2.0
D:IODATA  USB2.0
E:SIGMA   USB2.0

気が付けば新旧取り混ぜて5種類のカードリーダーが・・・
CFとの相性問題もありAを使用したりBを使用したり
こちらも気まぐれ(笑

新たに購入したものはCの上海問屋製
スロットは5個。
CFカードがまたマチマチ。
呆れてしまいますね。サンディスク96Mは友情出演。
  カードが色々あることに言い訳的には・・・
  リスクの分散って事にしておきましょう(笑
PQIは散歩用。
新たなものは上海問屋2G徳川家康!
  家康の裏側は何もシール無し。
  金属むき出し。ピカピカしています。
4Gマイクロドライブは私の場合、滅多に使用しません。
SAN 96MT1GPQI 1G(x40)T1G (x45)T2G (x45)2G extreme2G 家康(x133)T4G (x120)H4G (MD)
上海問屋    Write125s(50M)108(500M)61.484.391.73811660193
                        Read
21.4s95497071.533.361.334.3124
sigma62
65
lexsar39.6
40.3
DATAFAB114107
111107
IODATA176
上が読み書きに要した時間です。空欄は未計測。
カードリーダーの評価ですが、USB2.0規格でも想像以上にスピードが異りますね。
上海問屋のリーダーはfirewireよりも高速、驚きました!
CFのマウントに弱冠時間がかかる場合もあるようですが、マウントしなかったりするfirewireよりは優れ物?
まだ長時間使用していませんが、お薦めでしょう。値段も1980円ですからね。
さて、CF。
データはフォトショップで作った500.1Mのtifデータ。
  96Mには50Mのデータでテストしましたが、製造が古いためか超遅いですね。
  勿論最近のCFはこの様なことはないと想像します。
リーダーのスピードが早くなるとその差が顕著に現れます。
エクストリーム3は矢張りダントツ。
上海問屋の家康は公称133倍速ですが、見たところ40〜45倍速程度・・・ガッカリ。
  2Gで6980円ですので期待しすぎた私が野暮天?
  でも・・・表示に異議有り!!
  何時かは家康と思っていた私も気持ちが落ち着いたことは事実ですね。(オバカ
トランセンド4Gは書き込み時間にヤヤバラツキがありました。ちょっと心配。
4Gはまだ時期尚早なのか?

追伸:書き忘れましたが、カードリーダーを繋いだマシンはG5 1.8dualです。
話はコロリと変わります。
数日前からメインで使用しているフォトナ、ヒーローα1600wの一台から異音が聞こえます。
どんなかと言えば、発光と同時にパチッと言う音がゼネの内部から聞こえるのです。
夕方、思い切ってケースを開けてみて驚きました。
発光時にコンデンサーと基板の間から火花が見えます。
この火花が音を発しているようです。
明日にでも修理に出そうかな。
このフォトナも気が付けば15年選手?!!
苦渋年式(エアコンから風が出ない・・)に続いて私にタテツイテイルノカ・・・・トホホ。

追伸:07/27 パワーブック17インチ(1.5Ghz)でもテストしてみました。
このマシンでは普段はアスカのCF−32Aで読み込んでいました。
カードリーダーを内蔵できるのでコードが邪魔にならず便利です。
テストは上海問屋リーダーとの一騎打ち、メディアはエクストリーム3のみ。
大変分かりやすい構図ですね。データ量は500Mtifファイル。
CF−32A 書き込み 51.7s
       読み込み 47.3s
上海問屋   書き込み 39.7s
       読み込み 33.2s
CF−32Aも十分な早さですが、上海問屋ここでも差を付けたようです。
サンディスクのCF専用カードリーダーも早いらしいのですがどうなんでしょう?
新藤まさ こんばんは。福岡のO氏、
福岡 O です。
日記の物真似です。
新藤さまのカードはCF−32ですか、それともCF−32Aですか?
CardBusは速いと聞いていましたが、大差ないようでPCの性能
の方が重要みたい。
バイオはカードバス対応なんですけど・・・
飛鳥のCF−32Aはディスコンになってますね、新しいのが出るのかな?
カード   飛鳥CF−32A
CF    エキストリームV 2GB
データ   500M TIFF
ノートPC パナ  CF−W4 1.2G メモリ 1G
デスクPC バイオ       3.6G メモリ 4G
        ノート     バイオ(CF−32A)   バイオ(専用スロット)
書き込み    54.4秒        72秒         64秒
読み込み    54.6秒        36秒         56秒
では。
白ヒゲ:07/28 福岡のOさま、追試有り難うございました。
御指摘の件はCF−32Aでした。
新藤様

御無沙汰しております。
私のCFカードは手元に無かったので入っていませんが確か64MBのLexarからだったと思います。

当時EOS?1Dで画像が壊れるという現象に何度かあい
それからLexarは私の中では使用禁止となりました。
(画像の壊れ方は画像の半分がグチャグチャになり七色に輝く謎の画像になるといった感じでした。)
それからハギワラ⇒IOデータ⇒ハギワラとなり現在は全てSandiskとなっております。
色々と試したいとは思うのですが、やはり相性や画像消失
が怖く、転送速度の速いSandiskを使い続ける事に・・・

昔から変わらない購入するポイントは2万円以下で買える容量の物となっており、
現在は4GB程度まで射程圏内に入ってきましたので選び放題な感じがあります。

今と比べるとLexarの8x転送64MB・・・・
1万5000円・・・
驚きですよね。

ちなみにカードリーダーはIOデータのUSB2?W12RWを使用しております。
わりと高速でExtreme3との組み合わせで500MBのTIFFデータを
書き込み⇒31.5秒
読み込み⇒30秒
となっております。

使用マシン
WindowsXP
PentiumD930(3G Dual)
メモリ 2GB
白ヒゲ:07/28 墨田区のT氏からのメール紹介いたしました。
どうやら皆さん、最近はサンディスクに落ち着きつつあるようですね。
IODATA製カードリーダー、速いですね。
windowsマシンが速いため??
さてさて、どちらに致しましてもCFメモリー、カードリーダーそれぞれが高速でないと
基準として意味がないことがよ〜く分かった感じ。
また、仕事となるとトラブルは避けたいですよね。
安物買いの何とやら・・・ですね。
有り難うございました。

追伸:10/08 上海問屋のカードリーダー、大いに問題ありに変更します。

私は2コの上海問屋製カードリーダーを使用しましたが

僅か2ヶ月余りの間にどちらも内部のピンがまがり読み込み不能に陥りました。

絶対にダメ!!


    
 2006/07/25 ワーキングプアのための安直物撮りライティング。
御存知カシオQV−R51。
シンプルなデザインですね。
ナカナカ美人にとれています。
影が柔らかい!
メリハリも丁度よいか。
悪くないでしょ?
言わずと知れたEOS1D2。
こちらも問題なし。
イイ感じにとれています。
ま、カメラ位置が更に低いほうが本来は好ましいですけど・・・
右手の棒が邪魔?
全くその通り。(笑
上の2カットのセットがコレ。
何もここまで・・・と思う事なかれ。
スタジオなら天トレでも何でも出来ますが
出先で電車移動の場合には荷物の都合上、そうもいきません。
  壁バンが出来ない場所も意外に多いし・・
切り抜きでないと手強い場合もありますけど結構使えます。
人物撮影だけのつもりで出掛けたら、【これも宜しく】
ってことあるでしょう?
苦し紛れで考え出したのがこれですが
セッティングは僅かに10秒です。
写り込みが気になる場合にはNGです。
大きなモノの撮影には向きません。
傘が2コあればパーフェクトですね。
それにしても・・・この傘の棒さえなければねえ・・・
そうそう、折畳み傘の照明用の傘も欲しいですね。
棒が短くなりそうですし・・・
ユニクロ辺りで売ってくれないかなあ。
新藤さま おはようございます。
福岡 O です。
「月例その2」掲載ありがとうございます。
日記の「折畳み傘の照明用の傘」ですが下記のURLに、、、
http://www.velbon.com/jp/catalog/accessoriesdollyetc/uc5/uc5.html
目的は違いますが「当たらずとも遠からず」ってことで。
では。
--
白ヒゲ:ホ〜、ベルボンでねえ、あったんですね。
もうちょっと軽いと更に嬉しいけど、贅沢は敵?
今度マジで探してみます。有り難うございました。

さて、今日は午後霞が関ビルで撮影です。
ボチボチ準備をしようかな。
 2006/07/24 ワーキングプアですね。
先週の土曜日、一通の葉書が届いた。
内容は、創業以来19年にわたり営業をしてきたが解散することにした。
という内容だった。
差出人は某デザインプロダクション。
最近は一緒に仕事をする機会が減少したとはいえ、ちょっとショックだった。
そんな気持ちが何処かに溜まっていたのか
日曜日に購入した本は【起業と倒産の失敗学】畑村洋太郎著 文春文庫だった。
更に、その日の21時から見たものはNHKスペシャル【ワーキングプア】の番組・・・。
  ワーキングプアに付いて説明を加えれば
  働いても収入が少ない階層の方を指し、最近正社員の減少や地方の地盤沈下に
  呼応したように増えているという話だった。
生活に余裕がないという点では、正に自分自身がワーキングプアじゃん!
そう思えてくる。
写真業界やデザイン業界、これがデジタルに移行して大いに変わった事は事実
その変化に合わせて需要と供給はこれも変化し価格破壊も起る。
今まで何とかしのいできたし対応もしてきた。
が、更にこの先もこのペースが続くようなら極めて深刻な事態を予想しなければならない。
今まで以上に気を引き締める必要がありそうだ。
・・・さて、そうは言ってもねえ・・・ここに書くまでもなく何年も前から覚悟もあったし
引き締めもしてきたつもり。どうしましょ。どうします??

追伸:話は変わります。
今週土曜日、60才近辺の知人の一眼デジ購入に付きあう予定です。
値段的にキスデジかとも思いましたが、液晶が1.8インチは年齢的にヤヤ辛いか・・・
ここは一つソニーα100? ニコンの新型もあり?(まだ出てないけど)
キスデジこそ大きな液晶が必要なんじゃないの??ねえってば。
 2006/07/24 平尾秀明氏、岡本氏からのメール。
新藤様
毎日拝読させて頂いております。
さて、手前味噌で恐縮ですが、以前、PowerBookとナナオのL997のガマットを比較してみた事があります。
http://yukinyaa03.exblog.jp/m2006-05-01/#2032932
ここにも書きましたが、Safariは、タグなし画像はモニタプロファイルを当てて表示しているのですが、
それがPowerBookとL997では見え方に随分違いがあるのに気がつきました。
タグなし画像の大半は、sRGBだと思うのでsRGBを当てはめた時、
L997ではそんなに見え方が変わらないのに、PowerBookでは、かなりの違いが見られます。
その原因は、モニタプロファイル(モニタの色域)にあるようです。
ガマットを比較してみると、こんなに違うんですね〜。
これじゃ、PowerBookで色を見るのは、だめですね〜。
白ヒゲ:平尾秀明氏からのメールを紹介いたしましたが
平尾さんの学習帳(上のリンク)これは勉強になりますね。
早速のshindoのアンテナに追加させて頂きました。

メールには触れてありませんでしたが、平尾さんを含めた16人が
7/31日からキヤノンギャラリー銀座で
EOS DigitalWorks 2006 16人の写真家たち
という写真展を開くんですよね。
都合をつけて31日には伺いたいと思います。有り難うございました!

あら? この回路ですと電源は1.5v!!ですか・・・ 主コンデンサーが100μ、かなりの小出力? (でかければ良いと言うものではありませんけどね)
もともと写るんですの部品流用から始まったので電池1本です。
GN10位でしょうか?
最初はスレーブを作成し、その後遅延装置付きを作成
ミルククラウンを撮影して、調光が欲しくなり、
現在に至ります。先日添付しました回路中の調光回路に行く
電圧(5V)を作成するのにトランスを手巻きしたくらいで、
後はフィルム付きカメラの部品の寄せ集めです。
そうそう、私が試みたスレーブはワンショットでパルス幅30msに広げて、
シリアル通信部分をカットして使っています。回路図添付します、
フラッシュ部分(フィルム付きカメラ利用)
トリガー部(スレーブと外付けトリガー兼用)
ディレー部(ミルククラウンを撮るためだけに作りました)
割と調子良いですが、グループ多灯には対応出来ないかもしれませんね。
ミルククラウンもおまけに添付、露出不足でした。残念!
これでマクロ100mmをミルクだらけにして、もうやりません。

白ヒゲ:岡本さんからのメール。
話が見えないかもしれません。
(回路図はかなり専門的でしたので省略させていただきました。岡本さん、申し訳ありません。)
ですが、そう【写るんです】を利用する技はアリですよね。
何よりもコストが低いですし、何処でも入手可能です。
小型ストロボを作ってみようと思われる方は是非一度トライしてみて下さい。
因みに私が以前写るんですで挑戦したのは
ニコンのSB23と呼ばれる小型ストロボの改造でした。
ホント小さくてチョットしたときに便利していたのですが
マニュアルですとフルしか選択できず不便だったんです。
でSB23の主コンデンサーを写るんです2台を壊して2コの小容量コンデンサーを
SB23に移植、切り替えスイッチを取り付け外部シンクロ端子を増設
(2コのコンデンサーを合わせた容量は元とほぼ同じ程度)
この結果、ローならチャージ約1秒になり、必ずカメラバックに忍ばせて撮影にいったものです。(フィルム時代)
話を戻しますが
【写るんです】は発光チューブやトリガー回路、昇圧回路まで入っているのですから
チャージタイムさえ気にしなければ面白いものを作れる可能性は大ですね。
 2006/07/23 モニターって手強いですね。
日曜日ですが・・・出てます。(笑
今日はWEINプリ発光対応版スレーブ、OKでした。
さて、4台のキヤノンコンパクトストロボとニコンSB−80DX達には
それぞれのストロボに異る色の過激なゼラチンフィルターが付けられ
見事に美しい描写をしてくれましたが・・・・
問題は何処にでもあるものです。(笑
先ず、カメラボディの背面液晶では当り前ですが微妙な色味がわからんのです。
とりあえずパワーブックに取り込み、photomechanicで確認しますが
これも過激な色の場合怪しいのですね。
何を信じていいのかわからんのですよ。マジ。
パワーブックとナナオの液晶(デュアルモニターになってます)をi1で合わしても
当然見える色は異りますし・・・
古くて新しい問題ですね。
ま、色ってそんなものなのかもしれませんね。

信じられるモニター、ナナオカラーエッジAdobeRGB対応モニターですか?
私が使用しているシネマディスプレー20インチよりは百倍いいでしょう。
パワーブックのモニターと比較すれば五百倍いいかも。
良いということは頭では判ってますよ。でもなあ〜・・・

スタジオ部分ではパワーブック、中二階ではパワーmac、G5という布陣ですが
もう少し信頼できるモニターが欲しいことは事実ですね。
数日前に撮影したお隣のメロン、ジワジワとこんな風に模様が出来るのですよ。 西五反田では、今日初めて蝉の声を耳にしました。 どうやら、やっと夏がやって来るのでしょうか・・
 2006/07/22 大内田スペシャルスレーブを見せていただきました!/580EXをオシロで測定。
大内田さんがスペシャルスレーブを持ってきてくれた。
一枚目、二枚目がその内部の様子。
一枚目白い樹脂のセンターに黒いつぶらな瞳が見えますが
これがフォトTR。
580EXでテストもしましたが、明るいところでは流石に
感度が低下するものの、大変立派!
こちらがカウンター回路内蔵の新型。
ちょっと大型ですが、何だかロジックアナライザーのようで
見ていて楽しめます。
でも・・・580EXをマスターにしてこのスレーブから
もう一台の580EXをスレーブさせようとすると光ったり
光らなかったり・・・

で、この受光部にオシロを接続して観察したものが
下の二枚。
オシロの横軸一目盛りは10msです。
EOS1Ds2に580EXをETTLモードで取り付け
シャッターを押し、その時の波形です。
ちょっと見には3回発光しているようにも見えますが
よ〜く見ると物凄い発光回数。
Cが本発光でしょう。
う〜ん、AからCまでの時間が60msある計算ですね。
この間隔はせめて30msまで縮められればうれしいかな・・

AからCまでの時間が一定ならば福岡のO氏が製作した
遅延回路付きスレーブはは非常に有効ということになりますね。
Aの部分をアップにしたものが左ですが
始めの部分は山が重なっているようにも見えます。
重なりをカウントしないでもAの部分だけで
7〜8回は発光していますね!
設定を色々変化させて測定してみたらもっと面白かったか?

まあ、こんな風にあの小さなストロボの中では複雑な処理を
してるわけです。
ダテに高いわけじゃないかも。
毎度です。  日記に書かれていたストロボの波形ですが、AとBは発光パルスではなくて、  カメラ本体とストロボ側でなんらかの情報をシリアルで通信しているんじゃないんでしょうか。  A→Cの60msのタイムラグって、1D系のシャッター押下→実際にシャッターのラグとほぼ一致ですよね(たしか54msでしたか)  シャッター押下時点(推測:A)で情報を交換して、シャッターが開くCで本発光。  途中に変な?アダプタを介在させると、容量が増えて波形がナマり、うまく発光しなくなることがあるとか。  もしそうだとすると、負荷容量を少なくする工夫が必要かと。  あくまで想像ですけどね。  ではでは
白ヒゲ:実はこの時、頭に取り付けた580EXはETTLモードに設定しましたが
単独での発光です。つまりもう一台の580EXが存在するわけではありません。
もう少し時間をかけてテストしてみないと何ともですね。
御指摘有り難うございました!(関さんからメールでした)

追伸:岡本さんから情報いただきました。【特許公開2000−89306】
上のオシロのグラフはこれではないでしょうか・・・とのこと。
チラッとみただけですので、何ともですが
恐らくはそうなんでしょう。
ストロボの発光ってそんな器用なことが出来るといことが信じられません!
って古すぎ??
 2006/07/22 580EXと他社製ストロボの混在は未だに手強いっち。
昨日の撮影は、立ち会いは無し。
カメラはEOS1Ds2、レンズはTS−E90mm
ST−E2、580EX2台、550EX2台、SB−80DX1台という豪華?な布陣。
580EX等はマニュアル出力調整およそ1/16辺り。
さて、問題はSB−80DX。
先ず、飛んだり飛ばなかったり。
飛んだと思えば同調しなかったり・・・・
スレーブはSB−80内蔵や先日B&Hで購入したWEINのスレーブに換えてみたりと
あらゆることを試してもダメなときはダメ。
【さっきまで飛んでいたのに何故だあ〜】の連続。
これで立ち会いがあったらヤバイジャンという状況(笑
  WEINは購入後のテストでは問題なかったのですが・・・
  580EXの使用台数が増えると問題になってくるのか・・・
そうそう、550EXってマニュアル出力調整がフルから1/128まで調整できることは
580EXと同様なんですが調整が1段ステップ。
これも中々辛いですね。
まあ、大型ストロボを5灯も使えば出力が大きすぎ
オーバー露出になってしまうでしょうし、何とかチビストで今回は仕留めたいものですが・・

新藤さま こんにちは。
福岡 O です。

7/22の記事で
  
>スレーブはSB−80内蔵や先日B&Hで購入したWEINの
  >スレーブに換えてみたりと

ですが、

WEINのスレーブに交換された時、SB−80のスレーブ
(受光窓)をパーマセル等で目隠しされましたでしょうか?
(私は、コレで失敗しまして同じ様なことになりました)

SU−800しか判りませんが、SU−800で2台設定まで
は問題ないのに、3台目を設定すると他のストロボ含め
SB−800まで動作が不安定になりました。
ST−E2を持たないので何とも言えませんが・・・

では。

白ヒゲ:噂をすれば福岡のOさんからのメール!
スレーブの窓部分は塞ぎませんでしたが
これって影響あるのですか??!!
設定上では内部スレーブはoffにしましたが・・・
まだ、セットは残ってますのでその辺りも注意をして撮影してみますね。
有り難うございました!!
 2006/07/21 無題。
20日は夕方から神保町。O氏、W氏と飲み会。
初めに讃岐うどん、で芋焼酎、次は山形そばで蕎麦焼酎。
どちらも美味い。
神保町は新しいモノと古いものが絶妙に混じりあい、イイ感じなんである。
便利だし、本屋は沢山ある。
不動前も悪くないけど、神保町にはかなわないか?
  最近電話も鳴りゃしない・・・なんてことで結構盛り上がってしまった夜です。
  ヒマなのは私だけじゃないみたい。(笑

話は変わる。
一昨日から【乙一】を読んでいる。
驚くべきことに彼は1978年生まれ、弱冠28才。
17才でデビューしたらしい。
私が読んだのは【平面いぬ。】短編を数話まとめた文庫本。
切なく懐かしく、チョットじんわり来るホラーとでも呼べばよいのか・・・
最近珍しいタイプ? かも。
結構気に入りましたね。お薦めです。

追伸:ピクトロメールマガジンが久しぶりに届きました。

__________________________________
(1)ピクトロ機器販売終了のご案内
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆昭和63年ピクトログラフィー1000の発売開始以来、
 他に類を見ない銀塩方式超高画質カラープリンターとして、
 高画質を求める市場で高い評価を得てきましたが、近年の販売量減少により
 安定供給が困難となってまいりました。
 つきましては、ピクトログラフィー4500/4500Nならびに
 ピクトロマイティA3SPを販売終了とさせていただきます。
 永らくご愛顧を賜りましたこと、心よりお礼申し上げます。
 詳細につきましては、下記URLをご覧ください。

URL: http://fujifilm.jp/information/20060630/index.html

という内容でした。時代に逆らうことは出来なかったようです。
 2006/07/20 コンパクトストロボライトセーバー(CSライトセーバー)完成す。

コンパクトストロボライトセーバー、完成です。
例によって材料費0円。
サイズはもう少し細いものがあってもいいでしょう。
まあ、黒ケントで覆ってしまうという手もありますので
邪魔にならなければ良しとしましょう。
LEDライトセーバーのように振り回すことは出来ませんが
光りのアクセントを付けたいと思うことって良くありますよね。
そんな時には間違いなく重宝するはずです。
大型ストロボでこれは作れんでしょう!
高速閃光のコンパクトストロボですから、手持ちでもOK。
さて、これを使って昨日の続き、スタートです。

追伸:LEDライト用と共用出来るように作ると便利かも。
まあ、二兎を追うものは何とやら・・・かもしれませんが・・・

追伸:2 CSライトセーバー・・・本日は活躍の余地無し・・・でした。
生の光の方がインパクトがあり、好ましい感じ。
光の硬い、柔らかいの使い分けは結構難しいものですね。
  イヤ、CSライトセーバー、勿論活躍の場は沢山ありますよ。
  負け惜しみではなく。
 2006/07/20 3枚目の皿。 
 左、本日の仕事を終えた後にそこにあった材料で撮影をした。
 セットは大型ストロを2台とSB80DXを使用。
 カメラはEOS1Ds2、TS−E90mm。
 真俯瞰手持ち。絞りは16辺り。
 
 今月の月例展は既に2点出してしまったものなので
 管理人的特権?でこちらにアップ。(笑

 これらを撮り終えてから思ったのだけど
 580EXやSB−80DXなどに使用出来る
 小型細長ボックスライトがあると良いかと・・・
 具体的に説明すると、高さは5〜10cm
 長さは30〜60cm
 丁度LEDライトセーバーの中にコンパクトストロボを
 仕込んだといえば分かりやすいか? 
 (たぶん今週中にトライします。)

 今回の仕事の分ではヤヤ特殊な色味(ブルー系)に仕上がるように
 設定したのですが、現像ソフトを3種類使ってみて驚きました。
 CS2・・・馬脚を現しまくり。
 キャプチャーワン・・・そつが無い仕上がり。
 DPP・・・流石は純正現像ソフト。
    だが、動作が遅い。(パワーブック 1.5G)
    ピクチャースタイルはメッタに使わないのですが
    恐らく全体をブルーっぽい仕上がりにしたために起ったのか
    スタイルを変えるごとに驚くほど色味が変わったのです。
   
    詳しくは後ほどお知らせすることになると思います。

    
 
 2006/07/19 検索エンジン。 

サイトを検索で訪れた方が使用した今月の検索エンジンの比率。
この比率は何時もだいたいこの程度でgoogleがダントツのトップ。
ところで、日本での検索エンジン支持率トップは一般的にはヤフーらしい。
そのヤフー、嘗てはgooogleエンジンを使用していたこともあったけど
今は独自のエンジン。
私は普段はGoogleを使用しているけど、たまにはヤフーでも検索してみる。
googleとヤフーの検索結果は驚くほどの差があり
googleの検索が妥当に思えることに対してヤフーが探しだす結果は何だか予想外。
一般的に何故ヤフーがもてはやされるのかも全く不明。
  初心者はヤフー利用率が高いという噂もあります。
今日の新聞にexciteが検索エンジンをgoogleからヤフーに変更すると出ていたが
それはビジネス上の問題。
さて、あなたのサイトのアクセス解析からみる検索エンジン順位はどんなでしょう?
Heart de Kiss Graphity☆ぴぃ〜です。/
検索キーワードの多くはE-300でマニュアルで使用している望遠レンズが多いですね
6-7月の検索エンジンのアクセス結果です
2006.7.1-19/-18:00

白ヒゲ:☆ぴぃ〜さま、検索エンジン結果有り難うございます。
さてさて、驚く点はgoogle(US)からの検索が多いことでしょうか・・
ウチとは異なりインターナショナルですねえ!
また、日本とUSを加えると80%近いシェア! これも驚きですね。
☆ぴぃ〜さんちの来訪者は上級者が多いって事でしょうか。
 2006/07/18 サンパック ディフューザーキットを使ってみた。 


サンパック ディフューザーキット
カメラ売り場では極めて内容がわかりにくい、中が見えない!
  存在に気づいてない方も多いかも?
でも覗いてみたい! そう感じた方は多いのでは??
私もその一人・・・
売り場で聞いてみると中身はコンナですと見せてくれましたので
試しに購入してみました。
袋の中身は何と大小二つのディフューザーが入っています。
小さいほうは余りに小さすぎ・・
小さな物撮りや小動物、花のアップ等以外では登場する機会が少ないか?

組立はいたって簡単。580EXにベルクロを両面テープで
貼り付けるのみ。
発光部はかなりシッカリとした乳白プラスチック。
黒い側面も内側がシルバー処理されていて良心的。

左上:EOS1D2+EF28mmに580EX直付け。
   この時の580EXは105mmにセットしてあります。
右上:ワイドパネルをセットしたうえにディフューザーをセット
   影が柔らかくなりました。

この時、被写体と背景の距離は60cm、カメラと被写体の距離は
170cmです。
左:580EX 35mm位置でのノートリミング画像。
これはこれで面白い。
しかしながら・・・ライトが当たっている場所と
当たっていない場所の差は想像以上に大きい!
左上:580EXはズーム位置を35mmにセット。
   被写体まで左上1m辺りにスタンドに固定した580を移動。
   コントラストが美しいとも呼びますが、普通はきつすぎますね。
   この2枚はトリミングしてあります。

右上:同様の条件でディフューザー(+ワイドパネル)を追加。
   想像通り柔らかくなりました。

このテストの結果は、どちらが良いとか悪いという話ではありません。
硬い光りと柔らかい光り、という意味では
このディフューザーを使用してもタカが知れています。
大型ストロボに直トレみたいなものですから。
それでも使い方次第では非常に役に立つことも事実。
畳めばカメラバックに忘れるくらい小さく収まり、セットもモノの
10秒で完了します。
被写体にかなり接近してライティングしたい場合には相当有効です。

この手は輸入モンがメジャーのようですが
これはお薦めでしょう。

まあ、自分で作ってしまうという方法もありますけどね。

発光部の面積:Lサイズ190x150mm、Sサイズ140x110mm

   
追伸:カメラに直付けは普通良い結果をもたらしません。
そう、仕方がない場合・・・使用する感じ。
真後ろや被写体の直ぐそばに現れる影は、余り美しくはないでしょう。
遅延回路付きのサンパックのスレーブは数度使用したのみで壊れました。残念!
 2006/07/17 大内田スペシャルスレーブ、その後の進化。/月例作品展@白ヒゲ。

連休を使い今までに紹介した各スレーブを改良したので紹介します。
左から紹介すると05/03に紹介した第一作で無電源タイプのスレーブでTrをダーリントン接続したものを
東芝IC(TC40107)に置き換えたものでTrより感度Upを図りました。
中央は05/14に紹介したICを使用した電源電圧3VタイプをPanasonicアルカリ乾電池LRV08に
置き換えて実験したものです(電池が大きいので未改良で改造予定)感度Upするので是非電源の電圧Upして見て下さい。
右側は遅延回路付スレーブ06/11紹介した第三作で電源を3Vから12V(LRV08)に変更したものです。
白ヒゲ:何度見てもその工作精度の高さに感嘆いたします!
一番右の遅延回路付き・・・大型ストロボのゼネレーター的な風格さえ感じますね。
  遅延回路の切り替えはジャンパーピンの差し替えですか?
さて、私はと言えば・・・自宅での工作はスタジオとは異なりチョット無理なのですが(工具や部品が何もない!)
スレーブの製作を諦めたわけではありません。
大内田さんのスレーブを見ると勇気が湧いてきます!
ところで、遅延回路付きは580EXやSB800に対して有効に機能したのでしょうか?
こんど是非また遊びににて下さい。
weinとの比較も楽しみですね。

第三作ではIC4個で10進カウンターを使い少し作りにくいので発光回数を4発までとし
IC(4175,4584)2個とし作りやすく小型に組むことができると思います。(ブレッドボード上では前作と互角に動作してます。)
第一作改の回路図です常識的には変な回路ですが
ストロボのシンクロ端子からの電源供給に限定すると少ない繰返し試験?で問題は出なかったです。
白ヒゲ:07/18
大内田サンから回路図が届きました。
毎度貴重な情報有り難うございます!!
さて、この先どんな進化を見せてくれるのか・・・楽しみな大内田スペシャルスレーブです。


話題は変わります。 先日から、月例作品展@白ヒゲのページをオープンさせました。 開始以来の私の作品を集めたページです。 改めて全てを見回すと、変化に乏しい・・・ 冒険が足りていない。保守的。 発想が貧困・・・ 反省点が幾つも見えてきます。 本当は参加者全員の作品についてこのようなページが欲しいのですが かなり沢山の参加者です。(汗 参加者の方でサイトを持っている方、賛同される方にこのような 御自身が出品された作品ページを作っていただけたら・・・と思うのです。 で、そのページに対してリンクを張らせていただく。 勿論私のサイトでの月例展は今までと同様に行います。 より有機的な関係が持てればよいか、そんな思いです。 御意見等いただければ幸いです。

Heart de Kiss Graphity☆ぴぃ〜です。/
先月(6月)が月例作品展に応募して一周年で、その時に過去の出展作品一覧をブログに
作ってあったので、URLをお知らせします

その一覧にはボツにした未公開作品も掲載しているのですが、未公開作品やメイキング
シーンなどが見られると、月例作品展の連携リンクとして、より楽しいかなと思います

自分の出展作を通しで眺めてみるのも、色々な発見があって一興、月例作品リンクが
増えることを楽しみにしています…(^。^)/

Heart de Kiss Graphity月例出展作品一覧
http://ktai.blogzine.jp/heartkiss/2006/06/post_c890.html

白ヒゲ:07/17
☆ぴぃ〜さんから、私よりも先行して出品作品一覧をブログに載せてらっしゃるとのこと。
有り難うございます!

新藤様

「月例作品展@白ヒゲ」拝見しました。
いつも感心するんですが、こうして通して拝見するとまたさらに、ですね。
ものを前にしてそれを写真にするパターンが変幻自在ですよね。
新正卓という天才のそばで獲得したものなんでしょうか。
なんか、本当に写真になっていますよね。
うまく言えないんですけど、写真にしかできない仕事になっている、っていうんでしょうか。

わたしは怒りから写真に入って、十年ほど怒っていて
怒りが大分おさまってきたら、何を表現していいか分からなくなっちゃたんです。
そのまま三十年も経ってしまった。
写真に向いてないなあ、と時々思います。
いまさらですが。

ですから新藤さんの写真を見ると、すっきりします。
本当に写真に向いている人が、自分で写真を見つけた、いい例として。

なんかラブレターみたいになっちゃいましたけど、
「すごくいいなあ」と思ったこの気持ちをお伝えしたくて。
これからも気持ちよくさせて下さい。

失礼しました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

風間 雅昭
http://kazama-foto.com

白ヒゲ:07/18 
褒めすぎです!(笑
自分で冷静に見るとワンパターンになっていると反省してしまいます。
確かに、それが私のトーンだと言えなくも無いかも知れませんがもっと冒険するべき。
でも、並べないと気が付かない事ってありそうですよね。

風間さんの写真は路地シリーズの目が私にも通じるものがあるし
全体に流れる優しい眼差しを感じます。
こうして何度かメールでもやり取りしているせいもアリ
とても近しい感じがします。
ですので怒りから写真に入ったこと意外に思います。
何を表現するべきかって・・・
私も芸術家ではなく職人なので・・・
本当の意味で独自の表現って難しいですよね。

頂いたメール、半分お世辞だとしても、褒められると嬉しいですね。
いや、多少なりとも認めてくれる方がいることは幸せ者ですね。
今度ゾロ目会にも是非いらして下さい!(勿論、私が遊びに行っても良いし!)

まだお会いしていないことが何だか不思議な気分です。

ヨッシャ! これで今日一日良い気分で仕事が出来る!(笑
(って、実は今日撮影はなくてヒマなんですけどね・・・泣)

新藤さま
福井の谷口です。
土砂降りで仕事どころじゃありません。(笑
なので、月例まとめページ、作ってみました。
http://nuphoto.exblog.jp/pg/blog.asp?dif=m&acv=2001-01-01&nid=nuphoto
気がつけば20点オーバー、、、いやはや。
毎月、お忙しいところを遊んでいただきまして、
ありがとうございます。。。です。。。
では、では、

-- std.nukes.
==Taniguti*syuzi*hidehalu==

白ヒゲ:07/18 
谷口さま、こんばんは。
早速の御協力有り難うございます!
初めの部分のみ未参加ですが、それ以降は素晴らしい参加率!
雨が降ろうが槍が降ろうが参加してくれた?(笑
もうすぐ2年ですからね、ホント早い!
この企画が何時まで続くのか・・・
力の続くかぎり頑張りますのでヨロシクお願いいたします!!

新藤さま
四谷の伊藤です。
谷口さんではないですが、天候に悩まされ暇だったので
応募写真コーナーを作ってみました。
作っていて、新藤さんの大変さが頭をよぎってしまいました。
どうか、これからも無理のない範囲で楽しませて下さい。
さて、数少ない皆勤賞組として自分の写真を眺めて見ると
何とも自分のカラーの無い、小手先で作った写真も多いと
深く反省を致します。
ですが、毎月何を撮ろうかと考えるだけで、きっと脳内
トレーニングになっていると思い、これからも楽しんで
撮って行きますね。

下記私の作品コーナーになります。

http://ito-y.jp/ito_odai/getsurei

白ヒゲ:07/19
伊藤さま、賛同頂き有り難うございます。
忙しいときも、或いはそうでないときも・・・
皆勤賞の伊藤さんに拍手ですね。
私は主催者ですのである意味当然としても
第三者が毎月参加してくれるということは
大変な努力と気力が必要です。
伊藤さんの魅力の一つですね。
これからも宜しくお願いいたします。

新藤さま こんにちは。
福岡 O です。

月例展をまとめてみましたが、保存していない物もあり新藤さま
のところから持ってきました。
ブログを初めて間もないのでどのようにすれば良いのか???
ページ指定の方法が?・・・一先ず下記のURLで。

http://bonzinlife.blog43.fc2.com/blog-entry-171.html

見えるかな?

私は2005年1月から参加していますね、もう19回も拙い
ものを送っているのですね。
しかし、1回目はドキドキものでしたよ(笑
今のところ仮病なしで連続参加できていますが、ソロソロ、虫
が騒いで危ないかも。

よろしくお願いします。

では。

白ヒゲ:07/19
Oさま、有り難うございます!
まとめたものを拝見いたしましたが、沢山参加してくれたんですねえ〜。
素晴らしい!
【虫が騒いで危ないかも】
じゃ、そんなときはこちらから催促のメールを出しましょう!!(笑
継続は力ですよ。
是非この調子で頑張りましょう。
 2006/07/16 茶葉の消臭効果。
コーヒーメーカーを仕舞ったことは書きました。
その後は日本茶かハーブティを飲んでいます。
(ハーブティならコーヒーメーカーと言う手もあったんですけどね・・・)
それはさておき、一人なら大抵日本茶を飲んでいるんです。
で、急須からデガラシの茶葉をステンレス製の小さな穴が沢山開いたカップに捨てるんですね。
  そのカップは流しのシンクに置いてます。
一日が終わり、そのまま帰ります。
さて、翌日・・・朝スタジオに出てみると・・・
何だかスタジオが清々しい。
臭いがしないのです。
例えばゴミ箱の臭い。食事後の臭い。(食事後の臭いは翌日までは続かないか・・)
ネットで検索してみると茶葉には消臭効果が間違いなくあるようです。
私の感想では、かなりある。
茶葉の具合や、条件によってかなり異ることもありえますが
下手な脱臭剤や、消臭剤よりも効くんじゃないの??
 2006/07/15 久我山から明大前まで/神田川界隈。
朝、自宅を出発。珍しく神田川に沿って下流を目指す。 どちらも高井戸駅界隈。環八に面して駅はあるが環八駅前には横断歩道は見当たらない。 数十メートル歩けばあるものの、駅前にも是非欲しいものだ。
右上、電柱の左手の樹木。この大きさでは分かりにくいけれど立派なオリーブの木だった。
コンバースではなく珍しく履いた革靴。久しぶりに履いたら(2年ぶりくらい?)何だか小さい・・・
川沿いに歩くのも飽きてきて、チョット道を外れる。 と思えば、この道は何時かも歩いた道。何回歩いても同じ道を選んでいる自分が可笑しい。 右:金網に身体をすり付けるように寄ってきた柴犬。
道を外れて歩くうちに気が付いたら桜上水だった。
下高井戸から明大前に向かい、ランチ。
それにしても熱い。
万歩計は12000辺り。
久しぶりに歩いたためと熱さで身体はバテ気味。
軟弱な精神の持ち主としては新宿まで京王線を利用することとする。
(正確には行き先は何も縛りが無かった・・・)
いざ新宿に着くと雷を伴う土砂降り。予定外。

で今ですが・・・スタジオに到着です。涼しい〜・・・天国〜。

追伸:この日最高気温36度ですか! そりゃ、きますね。
追伸:7/8日の晩、長男がマックブックを持って現れました。 【オトーサン、Gメールする?】 アア、グーグルが始めたやつ? 私も頼んでいるんだけど外れたみたい・・・ 【だったら一つあげるから。10個以上当たっちゃって】 ・・・じゃ、一つ。 そんな感じでその日にアクセス。無事にメルアドをゲットしました。 でもね、それ以来忘れてたんですわ。Gメール・・・実際のところ。 久しぶりにあった長男が、【Gメール使ってる?】って聞くので素直に忘れてたと白状 直ぐにアクセスして驚きました。 誰にも教えていないし、誰ともやり取りしていないはずの新アドレスの迷惑メールホルダーに 早くも10件ほどメールが入っているではありませんか!! 指定もしないのに迷惑メールホルダーに入れてくれたグーグルも凄いけど 早速送り付けてくる迷惑メールも凄い。(ドッチを褒めてんだか・・・) さて、そんなGメールのメリットとは?   え〜と、ですね・・・幾つかあるらしいのですが・・・詳しくは各自調べるように(笑   最も優れたところは、検索機能がメチャ良いらしいってこと? ところで・・・悔しいことに最近の長男ってばブラインドタッチは物凄く速いし マックのことも私より詳しかったりする。ヤバ〜?OR メデテ〜??
 2006/07/14 引き出しから出てきたもの。/父の写真。
実は撮影が中止になってしまい、時間が沢山。 で、殆ど開かずの間になっていた引き出しの中を整理してみたら出てきました。 右のドル紙幣。ザッと250ドルあるようです。 イヤイヤ、これは嬉しい!ラッキー!! たまには整理してみるモンですね。 左の男性。 私の父です。残念ながら既に他界しています。 実はこのポジをズーット探していたんです。250ドルと同じ場所から出てきました。 遺影にも使用した父の写真。(今でも実家に帰れば飾ってはあるんですけどね) 父と久しぶりに伊豆を旅行したときの写真です。 当時のことだからボディはミノルタ、フィルムはコダクロームでしょう。   私が写真学校時代に旅行に行ったんだったか・・・ その夕方に近づきつつある浜辺でこの写真を撮ったことは今でも思い出します。 この父がいなかったら私はカメラマンという職業には就いていなかったかもしれません。   元銀行員だった父が250ドルと共に私の前に現れてくれた。   不思議な因縁と感謝の気持ちを抱かないわけにはいきません。 ・・・・ _合掌_
 2006/07/14 着るものが無い。
暖色系の色味でペイズリー柄(ミジンコっぽいやつ)のお気に入りのシャツ。
先日、胸ポケットに切れ目を発見!
携帯の重みが原因?
お気に入りの一枚だっただけにショック!
その落ち込み方を見かねたのかカミサンが上手く繕ってくれた。
が・・・その後、よく見ると胸ポケットだけではなく全体的に生地が弱ってきているようで
やばそうな場所が幾つか見つかってしまった。
まあ、随分長い間愛用してきたシャツなので、これもボチボチ釈放してあげないといけないのか?
  遠目には色も褪せていないし、生地もしっかりしているように見えたし、
  ホントに良いシャツだったんですよ、これが。

さて、皆さんは衣類を誰が何処で調達してきます??
私ですか?
ズーッと自分で調達してきました。
昔だったらパルコだったり、渋谷、青山辺りだったり・・・
でもね、最近ですと自分に相応しい店が無いんですよ。
ブランド物は高価ですし、似合わない。
デパートも何か違う。
どんな店に入っても違和感を感じてしまうんですよ。
そんな訳かどうか・・・最近服を買ってないかも
着るものが無いって訳じゃないけど・・・どれも随分長期間着てるかも。
・・・(ユニクロ辺りでは時々買ってますけどね・・・笑)
今度、玉川上水を吉祥寺まで散歩したら久しぶりに服を見てこようかなあ。

話は変わり今朝10時過ぎ。
スタジオにつきmacの電源を入れ【さーて】なんて思っていると
突然全ての電気がオフになりました。
慌てて外にでるとお隣さんやお向いさんも外にでてます。
御近所一帯が停電。
ものの5分で復旧しましたが、雷でもなく停電は珍しい〜。
作業中じゃなくて良かった〜。
 2006/07/13 今回の反省点。
敢えて言うなら10、11日のバック飛ばし。結構神経を使ったはずなのに今一歩。 改良の余地があることが判明。(右上はそのうちの一枚です。左は無関係です。)   バックライトの均一性がもう一歩。   具体的には、そのためもあってメインライトとバックライトの色合わせが意外に大変。 今回の真俯瞰撮影ではFATIF(カメラスタンド)+studiotool*stm+EOS1Ds2の組み合わせが活躍。 studiotoolを使用したと言ってもレンズはTS−E90mm。   TS−E90mmは絞り込んでも画像の劣化が少なく重宝しますね。 atudiotoolはxyzマクロスライダー的に活躍です。 ジナーp2用延長レールを取り付けることで高さも稼げました。   TS−Eは70mm辺りもあると良いなあ・・・それから135辺りもね。
 2006/07/12 真俯瞰バック飛ばし。
左は例によってカシオQV−R51。修理後は快調!
敢えて問題をあげればAWBの出来。
これが期待できないことは既に衆知の事実??
で、対抗策としては太陽マークに設定するのですが
これがまた微妙なんです。
何かブルーっぽく写ることがあるんですよね。
2枚の写真はフォトショップでその辺りを修正していますけどね・・・

でも、起動の速さ、Dレンジの広さ、シャッタータイムラグの少なさ
操作性の良さ等々・・悪くないカメラです。
こちらは、一昨日昨日と撮影に活躍してくれた真俯瞰バック飛ばし用スタンド
16mm角のアルミ製、ハンズで調達。7/9日の撮影風景に登場した台です。
25mm角で作るべきか悩みましたがコストの問題でこちらに。
組み上げてみるとちょっとユラユラするのですが、まあ許せる範囲内。
枠同志の固定はジョイントではなくスーパークランプで締めました。
  この枠同志を指定の樹脂ジョイントで組み上げると分解が不可能になり
  置き場に困ります。こんな時にマンフロットのクランプは重宝しますね。
  8個のクランプで固定です。
上面には強化ガラス。
ガラスから40cm下に乳白アクリルを設置、と言う具合です。
因みに使用した乳白片面マットのアクリルですが
4x6のアクリルを半分に切ってもらって2枚購入しています。
このサイズ(つまり3x4・・・90cmx120cm)は
大変使いやすいサイズです。お薦めですね。
 2006/07/11 不燃ゴミ・・・粗大ごみ・・・
不要になったものを処分するときって不燃ゴミなのか粗大ごみなのか
悩むことってありませんか?
30cm角以内なら不燃ゴミ?・・・
大きなものは分解したりと、結構気を使いますよね。
  粗大ごみで出すと面倒ですし・・・
その後遺症なのか、何かを購入するときって処分するときのことまで考えてしまいます。
不燃ゴミか粗大ごみになってしまうのか・・・ですね。
  オークションで処分することも良い方法ですね!
  もっと長期間使用するという方法もグッド!

分別回収が定着して、資源ゴミも分けるようになり
ゴミに対する意識は随分高まった様な気がします。
収集日以外に出す方も見かけなくなったようです。
が、粗大ごみのシステムは更なる改善が必要かなあ。
そう言えば・・・PSE問題はまだ記憶に新しいでしょ。
使えるものは使ってあげるって事が大事でしょ。

追伸:今日はアクセサリー集合の二日目の撮影。
9:30スタート、午後3時 十数カット終了。
今日も順調でした。
明日はこのデータの仕上げかな。
 2006/07/10 本日は晴天なり。
昨日準備を怠らなかったお陰か・・・今朝9時からスタートした撮影は順調に進行。
アクセサリー集合の撮影を夕方6時には16〜7カット撮影終了。
驚くべきことに来られた方々を送りだしたスタジオの外はまだまだ明るい!

クライアントの方達は辺り11時の終了を覚悟して来られたそうです。
【順調すぎて何だか怖い】
こりゃ、誉め殺しですか?(笑
まあ、順調であることは目出度いこと。
明日はスタートも9:30。残りが10カット程度・・・
ヨシ、もう一踏ん張り!

使用したライトは、久しぶりに大型ストロボ3セット、さらにカーボンフラッグフレーム、銀レフ。
ニコンSB−80DX。
ボディはEOS1Ds2+TS−E90mm一本。
RAW+jpg同時記録、キャプチャーワン+firewire接続。

ところで・・・もし11時まで掛かっていたら・・・こりゃ疲れますよね。
和やかな雰囲気も暗い物撮りに逆戻り。デジタルで良かったぁ〜。
 2006/07/09 明日の準備完了・・・かな。
ヨッシャ! 先ずは明日の撮影準備完了。
(正確には明日明後日の二日間。)
バック飛ばし。ほぼ真俯瞰。カメラはEOS1Ds2。
上空3mからファインダーを覗くことになる。
  天井が4mあって良かったと久しぶりに思う場面。
  ま、中二階があるだけでもメリットは十分ですけどね。

物を置くであろう強化ガラスのサイズは92x130cm 厚さ5mm
高さは90cm。
メインのライトはまだ流動的かな?

ほら!こんな時は植木屋さん用の三本足の脚立が大活躍。

黒布の下が良く分からない??
それは各自想像するって事で(笑
 2006/07/08 七夕ゾロ目会@不動前、竹富島。

七夕ゾロ目会、予定通り竹富島で開かれました。
写真に写っていないけど、この後参加してくれた目黒の窪田さん、
美人女性3人組。(珍しい!)
つまり13人も集まったわけですね。(初めてお会いした方が2名。)
参加していただいた皆様、お疲れさまでした。有り難うございました!
  上の写真は隣のテーブルの美人女性がQV−R51で撮影してくれたんだけど
  女性が構えるとみんないい顔してるねえ・・・
  っていうか、皆さん正直(笑

さてさて、気が付けば12時。一番酔っぱらったのは私??

追伸:来月は8月8日です。メモしときましょうね。

イワユル湯呑にしてしまうと、幾つもの湯呑を運ぶことが難しい。
トレイが必要になるのですね。
月曜日の準備のために、朝一でハンズに行き撮影のために必要なものを購入
ついでにトレイも物色したのですが、どうにも気に入らない。
決心して有り合わせのチーク材で作ったトレイが上。
小さく見えるけど48x19cmの大きさがあります。
結構シンプルで悪くない出来かと自画自賛。(笑
 2006/07/07 コーヒーから日本茶へ。でも湯呑が・・・
QV−R51 今日も快調。 7/3にコーヒーメーカーを片づけたと書きました。 その代わりに登場したのが上の湯呑など。 一番上に見えるコーヒーカップ。EASTWEST SIGMA・・・懐かしい! いったい何年使ってきたんだ!! 15年以上じゃない?? これが10個あったんだけど、冷めにくいし割れないし悪くはない。 でもね、流石に飽きてきました。 使い込んでも味もでない。つまらないんですよ。 客人用に使っていましたがどれが誰のか分からなくなるし・・・ 2コを残して処分しました。(もういいよね?) で湯呑を用意したのですが、これがね、意外に良いのが無いのね。 昨日も帰り際、東急東横店に寄ってみましたが無いんです。気に入ったのが。 そりゃ、金額に糸目をつけなければありますけど、そうもいかない。 意外に気に入っているのは一番左の器。ホントは蕎麦チョコ。 シンプルなカタチで悪くないでしょ。 ・・・焼酎や泡盛を入れても似合いそうだし・・・(笑
 2006/07/06 RAW現像・・・・。
 この世に生きていれば、迷うことばかりだ。小さな迷いもあり、大きな迷いもある。迷わな
い、という人があればそれは自分を偽っているのだ。迷ったら、立ち止まればいい。立ち止ま
って新鮮な空気を思いっ切り肺に流し込めばいい。迷ったことで初めて得られる体験、という
ものがあると思えばいい。
 迷って遠回りをすることを恐れることはない。百の道のうち一つを選ぶということは、九十
九の道を失うことになるのだ。失った九十九の道に執着することはない。どの道を選んでも、
たくさんの道を失うことに変わりはない。それよりも、自分が選んだ道をたのしむことだ。
   中略
昔、四十三番明石寺にこんな立て札があった。「サトリは迷いの道に咲く花である」
【四国遍路 辰濃和男著】から引用。ついに私も四国遍路三周目に突入。
今まで文章を全く紹介しなかったのは、全てがこんな調子なので切り取れずにいたのだった。
辰濃氏は長らく天声人語を担当されていた方だそうですが、なるほどと納得しますね。
casio QV−R51 今日も快調だった。 さて、話題は変わります。 昨日の偽色の続きなのですが・・・ Y氏とも話していたことですけど、そもそもデジカメは撮影した直後は全てRAWデータと呼んでも良いはずですよね。 それをdigic等の画像エンジンでAWBならば色温度を、そうでなかったとしてもコントラストや彩度等を 各社それぞれのパラメータで現像してjpgに変換しているわけです。 あの小さなカメラの中でRAWからjpgに速い機種では1秒間に8コマという物凄いスピードで処理しているわけです。 私のG5Dualをもってしても歯が立たないスピードですね。 しかも電池駆動ですよ。 ウインドーズのニコキャプが早いと言っても・・・大したことなくない??(笑 現像時のパラメーターが増えることで現像時間が大いに伸びてしまうって事はありそうですけど 不思議な気持ちになるでしょ? ついでながら、折角ボディ内でその場で高速処理してくれているjpgデータ。 矢張り利用しない手は無いでしょ。問題が無ければ。 (大事なシーンではRAW+jpgをお薦めしますけどね) この青さは、当然RAWで撮影して現像時に調整したものです。背景はフォトショップで作成。 ついでなので、更に説明すると左から2台目の装置の内部。 本当はこれほど明るくはない。 中にSB−80DXをスレーブモードで仕込み、大型ストロボに同調させた。 スレーブは大事なんだってば! 追伸:最近右腕の痛みは以前ほどではありません。 ですが、これが体力の低下が原因の一つと疑われる節もありこんなものを購入しました。 ニギニギマシン? 握力を増強させるための器具ですね。 3段階切り替えになっています。 効果のほどは・・・まだ不明です。
 2006/07/05 偽色。/水川さんからモーリスバーンヘッドの話題。
左の2枚はEOS20D、右の2枚はオリンパスEー500。
どちらもRAW+jpg同時記録データ。
上はそれぞれRAWからCS2で現像。(通常は25に設定されている偽色の低減は0)
結構面白いデータでしょ。
20Dの偽色は結構盛大にでています。それがjpgになると見事に消えています。
DIGIC2の効果と呼ぶべきか・・・
  500%なんて拡大は滅多にしませんが、たまには意外なものを見ることも必要かも。
さて、これがフィルムならどうか?
色の粒子が盛大に見えるでしょう。R、G、Bの粒子の集まりとなるでしょう。
ところでフォトショップでトーンカーブなどでグレーポイントを指定する場合
左上のようなデータの場合、スポイトツールは絶望的。
スポイトを当てる僅かな場所でグレーはころころ変化してしまうこととなります。

このデータは偽色低減を0に設定しましたのでこれだけ盛大に現れましたが
標準の25を指定すればdigicに劣らず消えてしまいます。
まあ、化粧をしたようなものですね。
が・・・改めて見るとEー500結構健闘してますね。

簡単なことですのでお持ちのデジカメの偽色ので具合、チェックしてみては如何でしょう。
   Aはグレーのコンクリ。Bはユニクロメッキの鉄。

新藤さま
はじめまして、大阪でカメラマンをやっております、水川です。
デジタル導入以来、いつも、ホームページを拝見させていただいて、情報源として活用させていただいております。

アンブラレラマウントなんですが、私は、“モーリスのバーンヘッド”を使っております。
http://www.morrisccc.co.jp/shouhin/shouhin3.htm
”モーリス”から、ネット通販で買いました。これにシュー部分と、下にダボを取り付ければ、完成です。
注文番号  9043−011 希望小売価格
ネット価格 :¥6,500(税込
以前は、hamaのものを使っていました。軽くて小型なのは、とてもよいのですが、
使用中ネジ部分が取れてしまって危うくストロボが落下の危機に・・・
ここの強度が確保されればいい商品なのですがね、残念です。
そうかといって、フォトフレックスや、マンフロのものは、結構かさばりますよね。
これは、軽いとは言えませんが、つくりもしっかりしていてお勧めかなぁと思います。 
金額的にはかかりますが、もっともスマートで実用的だと思いますよ。
ところで、580EX 2台+ST-E2での撮影の場合、主にオートでお使いですか?
マニュアルで発光させる場合、高い位置にセットしたりすると、
いちいちストロボの方で光量を変えないといけないのでめんどうですよね。
どのように対処されていますか?いい方法がありましたら教えてください。
ST-E2が、もうちょっと賢ければよいのですが・・・

                 水川 敏治
白ヒゲ:オオ!コメットの雲台風・・・使いやすそうですね。
パン棒がもう少し邪魔にならなければ最高かも。重量は何グラムでしょう?
これは探していたものにイメージが近い感じがしますね。
hamaは私も持っていますが、そうなんですよ・・ネジが壊れます。
小さくて軽いんですが・・・マジストロボの落下経験者です。(無傷でしたけど)
さて、580EXですがETTL以外では非常に使いづらいですね。
私はETTLで使用することが多いですけど
ニコンSU800のようにマニュアルまで制御できるといいですよね。
ホントST−E3の登場が待ち望まれますね。
水川様、貴重な情報有り難うございました。

追伸:昨日はY氏、神保町のO氏、富山のS氏、石川のF氏、そして私。
ゾロ目会よりもひと足早く竹富島で・・・
S氏とF氏は友人。東京に来たついでに寄ってくれました。
お土産に大量の入浴剤! コレって結構楽しいですよね。極楽気分になれるかな。
(写真はY氏が撮ってくれました。)

話は変わってコンパクトデジカメ。
カシオのEXーZ1000。御存知ですか?
例の1000万画素機です。
1/1.8インチCCDですのであまり期待していませんでしたが
サンプルを見てみるとこれが結構イケテル。
ソフト上での手ぶれ補正については未検証ですが
2.8インチ液晶と言い、益々恐ろしい時代になっているようですね。
いやあ〜A3原稿に使えちゃうんじゃないですか? マジ。
  被写界深度の深さはコンパクト機でなければ無理なケースが多々あるでしょう。
  仕事で使えますよ、これ。
最近登場した富士finepixF30も健闘、大変な時代です。
 2006/07/04 目黒線、地下化工事/ニッスイからエネループに全面移行。
朝、チョット寄り道をして武蔵小山で下車したのですが驚きました!
何とホームが地下になっていたのです。
工事を進めていることは知っていたのですけど・・
不動前に戻ってきてホームから武蔵小山方向を見ると(3枚目の写真)
ホームのチョット先が、もうトンネルになっています。
警備の方に聞いてみると日曜日の夜、線路の付け替えを行ったそうです。
7〜800人の作業員で5時間。想像しただけで汗が出ますね。
ウ〜ン、大したモンですね。
右の物体、充電池の充放電器。(中古品)手に入れました。
5Aまでの充放電が可能です。
改めて私のニッスイをテストしてみると(4本単位で行いました)
1400〜2100mAH。4A定電流放電、4vストップ。
まともに使えそうな電池セットは7セット中、3組かも。
一本一本調べることは時間がかかりすぎ。
先ずは、今まで成績の良かったエネループに移行することが
最も良い結果を生むと信じたわけです。

ついでなのでアルカリ電池もテストしてみました。これが驚き。
  テストは富士フィルムエバレディ。
4A放電では僅か数秒でシャットダウン。
2A放電でやっと520mAH。
  その前の4A放電時の容量を足しても600mAH程度ですね。
まあ4A放電は、電池にとって過酷ではあります。
  580EXあたりでチャージ時瞬間的に1.5〜2A程度の電流が
  流れます。

ストロボで使用するならエネループかニッスイが矢張りお薦めであることは
揺るがない、ってことですね。
さて、これで安心して580EX等のコンパクトストロボを使用出来るのか・・・
戦いはまだまだ続きます。
新宿Yカメラでは、通常のニッスイとエネループは売り場が僅かながら離れていて 思わずエネループは何処??と聞いてしまいました。 別にする真意を測りかねますね。サンヨーの作戦? だとすれば大外れな気がしますけど・・・
新藤 様 菅です。いつもとアドレスが違うのは携帯からです。 新藤さんの今日の日記見ました。 武蔵小山のホームが地下になったんですか。 知りませんでした。 3枚目の写真は丁度、新藤さんと同じあたりの場所から撮った写真があったので送ります。 1枚目の写真を見て添付のような写真が撮る場所が減ったことで寂しい気持ちになりました。 PS 写真を見ると武蔵小山って板橋の大山に雰囲気が似ていて住みやすい感じがしますね。 6/27に電池の持ちに関して指名が入ってたんですね(笑 最近は*istDばかり使っているので、単3ニッスイ仕様のコンデジ(PowerShot A520)は 最近少しご無沙汰になっているので今まで使ってきた感想になります。 A520は光学3倍ズームですが、その殆どをW端で撮影するのでズームしない。またフラッシュを使った撮影もしない。 そういった使い方で5〜10枚/日だと半月使ってもバッテリー切れした経験はありません。 半月も経つとバッテリー警告が出る前に充電してしまうので普段メモ代わりに使用する用途に関しては 全く問題を感じたことがありません。 A700に関しても同様です。 また電池2本ということもあり、4本使用する機種やストロボと比べると電圧が揃う確率も 4本よりはリスクが少ないのではないでしょうか? 新藤さんが電池についてサイトに書く数日前のことだったと思いますが、 *istD(単3ニッスイ4本使用機種)の電池の持ちが悪くなったことがありました。 5枚/日くらい撮る使用状況で、それまでは1週間以上は間違いなく持っていたのに、 充電した電池を入れた日にバッテリーが半分を示す挙動を示しました。 その時に計った電圧は3本は1.3程度でしたが1本だけ1.15程度だった記憶があります。(SANYO 2300mAh) その後、同程度の電圧の電池に交換してからは問題が解決しました。 QV-R51とオキシライドに関しては憶測でしかありませんが、発表・発売時期が同じ頃なので QV-R51側がオキシライドに対応してないと思われます。 アルカリ・ニッケルとオキシライドでは減衰特性に違いがあるので、オキシライド対応の機種でないと通常の状態では 使用出来てもローバッテリー時に変な動作を示すかもしれません。 ただ、あまり詳しいことは分からないので何とも言えませんが・・・
白ヒゲ:菅さん、ホームの写真有り難うございました。そう、つい先週まではこうだったのですから・・・
ホント吃驚。この付け替え工事は深夜にも関わらず見物人が結構でていたらしいです。
電池の件、その後の検証でも確認しましたがアルカリはデジカメには向いていないようですね。
(オキシライドについては見検証です)
QV−R51に関して修理完了後、暫くはオキシライド、今はニッスイを使用していますが
電池容量警告は、幸い初めの一度のみでその後はでていません。
基板交換の意味はあったということでしょうか・・・
 2006/07/03 T−FAL ジャスティン1.2L/4x8パネル等、欲しい方いませんか?
最近コーヒーを飲むことがホントに少ない。
客人が来たときに飲む程度。
替わりに、日本茶、ハーブティ、冷たい水・・・
(暗くなれば、ビールやアルコール分も摂取します。)
   アルコール分といえば・・・最近まで芋焼酎派でしたが
   不動前の竹富島に行って以来、すっかり泡盛に傾倒。
   いいですよ、泡盛、お薦めです。
ついに今日、スタジオのコーヒーメーカーをしまっちゃいました。(笑
じゃ、お湯はどうするのか・・・
今まで通りキャンプ用のバーナーとケトルはまだありますが
自宅でも最近使いだした電気ケトルを購入しました。

取っ手の形状が自宅で使用しているこれよりも良い感じですね。
保温できるタイプが一般的と思いますが、実は保温時の電力消費もバカにならない。
ボディも大きい。
必要なときに必要な量を調達する・・・ジャスティンって訳ですね。
  これから先は、客人にもコーヒーを出すことはもう無いのか??(未定)

追伸:08/11 ジャスティンにも問題点はあります。
最上部の口を全開でボディを逆さにすると、ころりと注ぎ口のフィルターが落ちてしまいます。
ニューヴィクテスエクスプレスではストッパーがあり問題なし。
先日T−FALにヴィクテスの取っ手の問題とジャスティンのフィルターについて
電話を入れましたが【仕様です】と冷たい返事。チョットガッカリ。
新藤さま
4×8で、白っぽい壁紙が貼ってあるパネルが7枚余ります。
どなたか欲しい方いらしゃいませんかねえ。
レフ板を作ると良いと思います。
厚さは、3cmほどで、裏には桟が入ってますから、
蝶番でつなげば自立します。
捨ててしまいますので、取りに来て下されば、無料で差し上げます。
あと、黒い遮光カーテンもですが、
こちらは改装工事がはじまるまでは必要なので、
7月の下旬頃ならOKです。
W310×H190が二枚あり、カーテンレールもあります。
9年間使いました。
レフ板は、いつでもOKです。
僕のサイトはカメラマンはほとんど見てないので、
新藤さんのサイトに出していただけないでしょうか?
誰も欲しいひとがなければ捨てることにします。
よろしくお願いします。
白ヒゲ:お茶の水のY氏からのメールです。
4x8のパネル、これはグッドですよ。7枚! 凄い!!
遮光カーテン。これも簡易スタジオなら必需品!
早い者勝ちですね。
必要な方は私まで御連絡下さい。
07/03  遮光カーテンはK氏が挙手しました。
 2006/07/03 岸本氏から5x7にEOSデジタルスペシャル。
新藤様、

岸本です。ご無沙汰しております。
5x7 inchのビューカメラとデジタル一眼レフを使ってマルチショットで5x7"をカバーする
デジタルフィルムバックを試作してみました。木製の引き戸を縦と横に置いた簡単な
構造ですが、何とか使えそうな気配ですので、報告します。

きっかけは収集している古典レンズのテスト用に5x7 inchのイメージサークルをデジカメで
撮影できないものかと思い作り始めました。以前お見せした岸本レンズでは、広大な
イメージサークルのほんの一部しか撮影できないためです。ビューカメラのリヤを大きく
シフトできれば、何とかなるのではと思いました。

実験的に作ってみると、問題なくデジカメで5x7 inchをカバーできそうです。当初心配された
ミラーボックスによるケラレは問題にならないことが分かりました。私のようにシートフィルム
というものを扱ったことのない者でも簡単に5x7"カメラを使うことができます。
もちろんフィルム代や現像代はダタです。また将来5x7"以上のフィルムが入手困難に
なった時、非常手段として使える可能性があると思います。ただ5x7"カメラでなければ
撮影できない条件がこれからも存在するのかどうか分かりませんが。

今はまだまだ問題があります。
・デジカメのファインダーでしかピント合わせができない。それも画面中心部だけ。
・5Dで5x7"をカバーするには56枚ほど必要で、つなぎ合わせが大変。
・動くものがある場合、明るさがどんどん変化する場合などではうまくつながらない。
・装置が巨大で持ち運び困難。軽く作ったのですが、逆に風に飛ばされそう。

詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.ksmt.com/eos10d/eos_nikki_body11.htm#060701
http://www.ksmt.com/eos10d/eos_nikki_body11.htm#060618
http://www.ksmt.com/eos10d/eos_nikki_body11.htm#060611

使いながら少しずつ改善して行こうと思います。今はあまり役に立ちませんが。
(役に立たないのが道楽なのですが)

一番軽くて安いCamboを買ったのですが、それでも十分でかくて重いですね。
車でしか移動できません。大きな三脚もいるし、思ったより大変ですね。

岸本陸一
www.ksmt.com
白ヒゲ:岸本さま、お久しぶりです。
前回の優れ物に引き続き、素晴らしいアイデア有り難うございます。
今回の5X7、凄いですね。
私も以前よりstudiotool*stmを使用してアオリとタイリングに
時々利用いたしますが、5x7とは・・・驚きです。
岸本さんが使用された330mm。ここがポイントかもしれませんね。
短い玉、つまり90〜180辺りですと受光部までの距離が近いので
EOSのマウント部分でけられやすくなり、5X7までは到底カバーできないでしょう。
(4x5すら不可能かもしれません。)
また仰せのように、数十枚のデータをタイリングさせることは後作業が大変!
とは言え、往年の懐かしいレンズや、大型カメラが
この様なカタチで復活できることは全く楽しいものです。
手作りの楽しさと撮影する喜びを味わうことが出来るのですからね。
  段ボール箱を利用した大型カメラは、感激しました!
  無ければ作るという、自由な発想にココロを揺さぶられます。
私も岸本さんに負けずに、先ずは組み込みスレーブの改良を目指しますね。
 2006/07/02 カメキチの脱走。ノンビリとした日曜日。
今朝も朝一でキッチンから外を眺めた。
・・・結構補強したはずのカメの網をくぐり抜けて
カメキチが涼しい顔をして庭を歩いている。
やられた。
その後、小一時間ほどもかけて徹底的に網を補強。
たぶん、もう大丈夫。
ふと気が付くと風で落ちたのかプラムが幾つか落ちている。
樹を見上げてみると今年の豊作は絶望的。

今日も昼はスパゲッティ。
夕方はミネストローネを作る。
ノンビリとした一日。

追伸:今月のゾロ目会は7月7日。
今回も竹富島(03-3491-1966)で行う予定です。
オフ会ほど大勢ではなく、コジンマリと楽しい話で
盛り上がりましょう!
 2006/07/01 メール2通。/intelMac+Photoshop CSトラブル脱出!

Subject: intelMacPhotoshop CSトラブル脱出!

新藤様、いつもお世話になります。
長崎のたも。です。先日のトラブルの件、脱出出来ました。暗くて長いトンネルのようでしたが、やっぱりという具合…
トラブル解消法は10.4.7へのバージョンUPでした。
トラブルはどうやらAppleも認識していたようで、その修正がHPに掲載されていました。
問題はAppleのケアサポートセンターです。いくらAdobe商品が現在サポート外でも、
そういう修正しないといけないような問題があるなら、私だけでなく多数の報告や問い合わせがあったと思われるのに、
『サポート外のソフトですから…Adobeさんに聞いてください』ってそれは冷たいですよね。
怒りを通り過ぎてあきれてしまいました。なんの為の相談センターなのか…
単に客の怒りを買う為の物なのか…もう少しどうにかしてほしいものですよね。
今月のお題は『皿』ですか…ウチにはまともな皿がないな〜(笑)出せる様に頑張ります!

たも。
白ヒゲ:appleを始めとして、サポートセンターのあり方が問われている時代と感じます。
技術の進歩や規格の変更のスピードが速すぎて、誰も把握できていない。
次から次へと新たな問題点が発生する。
ユーザーが人柱状態・・・これじゃあイケマセンよね。
でも、まあ、無事に動作されたようですのでホッとしましたが
その間の気持ちのやりどころを思うと、他人事とは思えません。
ホント、お疲れさまでした。
新藤様、

今月も参加させていただき有り難うございました。(月例6月分の35番です @白ヒゲ)
新藤様の独特な批評が楽しみなので参加させていただくことは
なんといっても格別な喜びです。
お褒めをいただくとそれでいいのだと思ってしまうからそれ以上
努力しないということがありますが辛口の批評は勉強になります。
ただ新藤様の言われている貴重な意味がわかったような
わからないような情けない私ではありますが、、

そういえば、あのこぼれた液体、、良くないですね。
色も良くないし、こぼれた形も良くない、、
どこかへんだなぁとおもっていたのですが、、悩みに圧倒され
ていたせいか(悩みがあったもので)気がつきませんでしたの
でご指摘いただいてありがたいです。
なるほど、、、。
たしかに考え事をしながら写していたようです。

とにかく新藤さんの批評がお聞きしたいのでとりあえず参加させていただきました。
「写真」というもの、なんとも難しいものですね。
でも、だから追求のしがいがある、、、
時々疲れますけれど(笑)

それでは新藤様、良い日曜日をお迎えください。

白ヒゲ:Miraiさんからのメールでした。
こんな風に言って下さると、こちら側も月例展を開いてきて良かったなあ・・・
そう思えます。
今月は【お皿】。身近な皿で十分。
だかたこそ、簡単そうで難しくもある。腕の奮いどころでしょう。
では、月例展でお会いしましょう。

追伸:話題はガラリと変わります。
土曜日の朝(今朝ですね)目覚めてキッチンに行きガラス越しに庭のカメ達を眺めますと
アララ、コバンしかいない!
更に見回すとカメキチが庭の端をモゾモゾしています。
どうやら力ずくで脱出を図ったようでした。
見ていると、最近外に出たがるようです。
恐らくは、産卵の季節が近づいてそのための場所を欲しがっているのかと思うのですが・・・
サイトを溯ってみますと7/18日にカメキチの産卵の話が登場します。
正にこの時期ですね。
カメキチ(♀)申し訳ない!
(カメキチもコバンもメスなんです。) 

追伸:2  一月半ぶりに苦渋年式を引っ張り出し、カミサンと高井戸まで買いだしに。
エンジンは快調に一発で始動。ヨシヨシ。
ガソリンはゼロ!(そうだった、フューエルゲージが壊れてたんだった。)
・・・オヤ? エアコンのブルーのランプが点滅している・・・
(通常は点きっぱなしです。)
・・・それだけではなく、風も出ない。
恵比寿のスバルに連絡すると、たぶんファンモーターが壊れたんじゃないですか・・
修理には8万位でしょう。・・・軽く言い放ちましたね。
まいったねえ。まあ、ドッチにしても月一くらいしか運転しないので
暫く我慢するか。汗かけば済むことだし。
(この子にはもう散財したくないと決心してますので。笑)

このページの先頭に行く 日記の先頭に行く

後書き・独り言39/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言41

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴