TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴

後書き・独り言47/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言49

 2007/03 3月のテーマは酒のボトルです。 
日記の先頭に行く
第31回3月の月例作品展は、昨日発表した通り
酒のボトルです。種類は問いません。
日本酒、焼酎、ビール、ウイスキー、テキーラ、ジン、ウオッカ
何でもアリです。グラスと組み合わせても良し。ボトルだけでもOK。
・・・できれば何時も飲み慣れているボトルが良いのか・・・
力作をお待ちしております。
(お酒を飲まない方、申し訳ありません。そんな方は特別酒以外のボトルでも
OKにしましょう。)



月例作品募集要項
 57:03/30 杉並の奈良
新藤 修一 様 初めまして杉並の奈良と申します。 友人より紹介され応募させて頂きました。 一眼レフカメラを仕事で少し使っている程度です。 あとは趣味の範囲です。 少しずつ腕に磨きをかけて行きたいと思います。 ご指導宜しくお願い致します。 祖父の家に眠っていた スコッチウィスキーBallantine's もう飲まないということなのでもらってきました。 ボトルをムーディーに表現したいのですが 慣れないものでライティングがうまくいかず いろいろ考えた結果こんな作品になりました。 ボトルを車のホイールに固定して ライトを一灯ホイール内部から照らし、 上から弱いライトで照らしました。 補正はゴミ取り、トーンカーブ&レベル補正で整えました。 [ Nikon coolpix5700 ] 白ヒゲ:奈良さま、こんばんは。初めまして。 オオ!ナニかと思いましたが、これはクルマのホイールですか! 驚きです。 このアイデアは素晴らしいですね。焦点距離の正しい選択と相まって 雰囲気のある素敵な作品に仕上がりましたね。 下からのライティングも秀逸。 楽しみな方がまた一人増えたようです。
 56:03/30 菅 正輝
新藤 様 こんばんは。菅です。 締切り今日ですね。引越しのバタバタで数日前まで忘れてました。 そこで昨日、家にある酒のボトルを撮影したんですが、全部飲みかけなので ラベルから上が中身がないのが分かってしまう状態。 それでも良いんでしょうけど、撮りたいと思ったのは中身が全部入ってる状態の ボトルだったので何本かあるボトルの内、中身が目立たない黒糖焼酎のボトルに したんですが、それが間違いでした。 撮影途中で挫折しかけて、他のみなさんの作品見て参考にしようと思ってサイト を見ると関さんが黒ボトルを撮ってるじゃないですか。 そこの新藤さんのコメントを見て愕然。 真に挫折した原因がズバリ書いてる(笑) 黒布等、写り込みを処理をする物がなく、台所での撮影だと どう頑張っても写り込むんですよね。 結局、色々試して写り込みを処理する技術と道具がなく無理と判断しフォトショ のお力を借りました。 黒の光沢物。難しいです・・・ EOS20D + EF60mm/2.8macro 550EX + 傘 +トレペ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/ 菅 正輝 白ヒゲ:菅さま、こんばんは。引っ越しお疲れさまでした。 写り込み大変だったでしょ。フォトショップの力を借りたとありますが それは大正解。ライティングに時間をかけることは間違いではありませんが 効率的でないことは確か。 最終的に美しければ有りと思います。 ボトル一個では寂しいものですが、箱を上手く入れましたね。 黒の光沢物・・・そのうち月例展のテーマにしましょうね。
 55:03/30 BEN
 新藤さん、お世話になりまーす! 提出が遅くなってスミマセン。(汗) 今回はデジロモ写真で提出させていただきますね。 最近はお気楽なデジロモが、日記代わりになっております... では、宜しくお願いしま〜す! .. STUDIO BEN ----------------------------------------- Ben Web. http://www.studio-ben.jp 白ヒゲ:デジロモ。イイ感じですね。 遊び感覚がライトで楽しい。 BENさんのテイストに正にピッタリ。 さて、何処まで行くのでしょう?? (あまり遠くに行かないでね。笑) ファッションなぶるな作品、有り難うございました。
 53_54:03/30 ☆ぴぃ〜
☆Heart de Kiss Graphity(http://ktai.blogzine.jp/)☆ぴぃ〜です。/ 今月のお題「酒のボトル」…ぉお〜っとそーきたか、☆ぴぃ〜は酒を呑まない のでソフトドリンクOKと思われ、撮る前に飲んでしまった「Mountain Dew」 のボトルでリハーサル…これが中々良さ気なのでラベルのデザインに合わせて ディフューザの写り込みもクッキリとフチドリ風にメリハリ調仕上げでござる  今月の標語「撮るなら飲むな」… このボトル、月頭に買ってあったんですが派遣モード&有楽町までチャリ通で 朝8時過ぎには仕事場近くのマクドでコーヒー…などと自分でも信じられない 朝型モードのため夜寝も早く撮影は無し…で気が付けば月末駆け込み出展…(笑) 【撮影情報】 E-300:ISO:400, F2.8, 1/200sec, WB:蛍4500K+3STEP, Inverter Z-Light Tokina AT-X 300mm F2.8 SD /MF 600mm相当、無印コンビニ袋2重
その2【つづき】
って、おいおい今日は平日じゃろが…?仕事サボって撮影しちょるん?
「雨降りだからチャリ通出来ないんでお休みです〜!」ってのはウソで
クライアント年度末進行(レイアウト変えとか人事異動やら)で昨日から
5月GWのリハーサル連休?に突入…、夜更かしOKで夜中に近くの99
ショップで物色、「きっとこの色出ないだろーな…」と思いつつ深い碧に
惹かれ「お酒:SUNTORY BLUE SKYY」をゲットしてしまいました
なので新藤さんのスタジオで土曜日に某かの催しがある時に持参致します
きのう(29日)はポカポカ陽気の好天だったので日比谷経由で新宿まで
チャリん歩、中古カメラ屋さんで「Nikon Teleconverter TC-300 2X」
を発見!その勢いのまま深夜の撮影となりました
なので、当然300mmX2X2=1200mm相当での撮影です〜(笑)/
【ブログ情報】600mmで見る「PHOTO IMAGING EXPO 2007」掲載中
【撮影情報】
E-300:ISO:400, F2.8, 1/125sec, WB:蛍4500K+3STEP, Inverter Z-Light
Tokina AT-X 300mm F2.8 SD /MF+Nikon Teleconverter TC-300 2X
1200mm相当、無印コンビニ袋2重

白ヒゲ:1200mm相当で撮影ですか!! スイマセン・・私は135mmまでしか
持ってないので悔しいけど追いつけません。(笑
長玉で物撮り。引きの問題が出てくる可能性と何処まで寄れるのかと言う問題が
有り得ますがどちらもお見事! 素晴らしい。
(マウンテンデューがスキです、ホントは・・)
☆ぴぃ〜さんパワー全開。ハイライトの入れ方上手い!
2枚目のボトルのフカ〜イブルー。ウットリします。
(気が変わってこっちがスキです。笑)
有り難うございました!!
 52:03/30 かやまミート
白ヒゲ先生、おはようございます。 一昨日は間抜けな早とちりでご迷惑をおかけしましたm(_ _)m 月末ギリギリで誠に恐縮ですが もし間に合うようでしたら参加をお願いいたします。 今回は、地元久里浜の酒屋さんが販売している オリジナル焼酎「久里浜の港」を撮影しました。 真下から一灯、真上から一灯で撮影したのですが なかなかハイキーな感じにならず フォトショップでレベル補正しました。 そのため、ボトルにノイズがのってしまいましたが 何十枚も撮った中でいちばんまともな感じなので この写真を送らせていただきます。 (たくさん撮るとどれがマトモなのか自分で判断できなくなり ボトルが頭の中をグルグル回って とうとうこんな時間になってしまいました^^;) それではよろしくお願いいたします。 (いつも楽しいサイトをありがとうございます) ----------------------------- かやまミート http://www.kayamameat.com/scene/index00.htm http://fotologue.jp/scene 白ヒゲ:かやまミートさま、お早うございます。 なかなかハイキーにならない・・・? 580EXオートで撮影でしょうか?? もしそうでしたら意図的にオーバーやアンダーを狙うのでしたら マニュアルの方が良いですよ。 オ? ボトルの水面チョットした大きなゴミが・・・CCDに・・・(笑 スイマセン、つまらないツッコミしてしまいました。 私事ですいません。タマにしかいきませんが、三浦半島って大好き。 かやまミートさんのサイトを見るとチョット感動してしまいます。 あのテイストが物撮りでも再現できたらもっと素晴らしいかも。 ゴメンナサイ。独り言です。 ゾロ目会も是非お越し下さいね。 有り難うございました。
 50_51:03/29 向井さん
新藤様 お世話になっております。向井です。 月例テーマが発表された時点で「アレを撮ろう!」と 即座に浮かびました。 姉が昔友人からプレゼントされたもので、 気に入って大切に保管していたペッシェビーノのボトルです。 ≪干せません。≫ 生の魚数匹と一緒にぶら下げて撮ろうと考えていたのですが、 ちょっと恐くて、諦めました。 風が強くて思うようにいかず、苦戦苦闘。 ちょうど飛行機雲が通った時にパシャリ。 ○使用カメラ…Canon Power Shoto A80 ○撮影データ…1/500・F7.1・AUTO・±0・AWB ○加工(フォトショ)…背景に写っていた余計なものを削除・文字入れ よろしくお願いいたします。 “Re Moon”(http://remoon.nobody.jp 白ヒゲ:矢継ぎ早の2点、有り難うございます。 さて、どちらも自由な発想が気持ち良いですね。 (どちらかと言えば、こちら。カラーの方が好みかな・・) 書体の選択もピッタリ。飛行機雲も良い具合。 風が強かったことは感じませんね。 これはチョット来てますよ。(笑
向井です。
2点目をお送りします。
ボトルは前回のものと同じ、ペッシェビーノです。
≪焼けません。≫
“魚”という概念から離れられなくなってしまったと
深く反省しております。
魚焼き器に入り切らなかったのも、残念…。
○使用カメラ…Canon Power Shoto A80
○撮影データ…1/15・F2.8・AV・+1/3・AWB・ISO200・マクロモード
○加工(フォトショ)…コントラスト・彩度下げる・カラ

白ヒゲ:こちらはチョット無理があるかな?
またモノクロにする意味が曖昧?
理由が絶対必要かといえば、そんなことはないのですが
カラーも見てみたいというワガママ。

楽しみな方ですね。
 49:03/29 平尾秀明
新藤様 またも締め切りギリギリですが、作品送らせて頂きます。 今月の被写体は、早々と決めてあったのですが、透過のセットを組むのが面倒で、 延ばし延ばしにしていました。 自宅でセッティングしたのは、何年ぶりだろう・・・。 ボトルは、猫の形をしたワインです。 これに生の猫をからめるという構想は、すぐに浮かびました。 でも、合成スキルはないから、一発撮りで撮らねばなりません。 あとはモデルさん次第・・・。 結局5枚しか撮れず、フレーミングも単調ですが、諦めました。 平尾秀明 おらひ日記帳 http://yukinaa04.exblog.jp/ 白ヒゲ:平尾さま、ライトルームの情報有り難うございました。 さて作品。美しいモデルさんがいて羨ましい。 我が家のカメじゃこうはいきません。 ところで・・・御自宅でのセッティングはしないのですか?  透過と言ってもバック飛ばしのようなものですから、それ程大変ではないでしょう?? 平尾さんのこだわり? でしょうか。 流石というべきか、ボトルの写り込みも美しい。 モデルさんの表情や仕草も愛らしい。 これをたったの5枚で仕留めたスキルは素晴らしいですね。 これからもヨロシクお願いいたします。
 48:03/28 三鷹のJQ
新藤様  お世話になります。飲んだことのないお酒をと思い、サントリーのレッドを 選んでみました。昔はバーボン党だったのですが、最近はめっきり飲まなくなってしまい ました。トシのせいでしょうか?(酩酊しているのは相変わらずなのですが・・・)  何のひねりも無い写真になってしまいましたが、今月は(も?)こんなものでご勘弁 ください。よろしくお願いいたします。 Jacquie Quartertruth Photography http://jq-photography.blog.ocn.ne.jp/ 白ヒゲ:ムム・・・こんばんは。 イヤイヤ、レッドさまですか。ご無沙汰しておりました・・・。 未だお元気いらしたなんて、涙が出そう。 と言う懐かしさはさて置き ヒネリが無さそうに見えて、意外に芸が細かい。 先ず背景の落ち方が素晴らしい。 渋い天板が嬉しい。 と思ったけど、このボトルこっち向きでOK?? 何かB面ぽく見えますが・・・気のせい?? 追伸:JQさんの作品は何時もクリアで良いですね。 有り難うございました。 今夜はこれで良い気持ちになって下さい。
 47:03/28 wan-wan
新藤様 こんにちわ、wan-wanです。 今月も遅くなりましたが無事投稿です。 さて、今回はテキーラです。 「サウザ」というメーカー自体はメジャーなのですが、 この「コンメモラティーボ」はちょいと高級版。 このテキーラを教えてもらったのはもう10年以上前、 京都の「ビクーニャ」というメキシコ料理店です。 マスターが素敵な方で、骨董屋のオーナーでもあり、ギターの弾き語りもできる。 アンティークのグラスや皿で、美味しい料理とともに いい時間を過ごさせてもらいました。 で、このお酒気に入ったのですがなかなか当時売ってない。 再会したのは5年位前のサンフランシスコ出張時。 さすがにメキシコ系の住民が多い街だけあって、 早速レストランにてストレートでオーダー。 その時知ったのが・・・トマトジュースをチェイサーにして飲むと美味しい! ライムと塩をなめなめ飲むとうまいというのはわりと有名ですが・・・ 是非テキーラを飲む時にはお試しあれ。 そしてその時現地でとても安かったので一本買ってきまして・・・ チビチビ飲んで空いたのが後ろのボトル(笑)。 そういえば誕生日プレゼントに「好きなお酒買っていいよ」 と言われいたのを思い出し・・・今回は麻布十番にて購入。 さすが外人さんや飲食店が多い街。 マイナーなこのお酒も2軒ほどで見かけました。 よって新品も買えたので2本セットでお願いします。 Nikon D200 Nikkor Micro60mm CaptureNX Comet CB-c1200 アートレ+1灯 「犬顔きゃめら」  http://wanwancamera.blog53.fc2.com/ 白ヒゲ:こんばんは。見事に高級感を演出しましたね。 ボトルサイドのレリーフ状の部分のハイライト、心憎いですね。 堂々としていて、メリハリも十分。 テキーラ・・・これも楽しそうですね。 素敵な作品、有り難うございました。
 46:03/27 野口倫稔
新藤さま お世話になっています。 今月は酒、、ってことでこれは専門分野ではないかっと思っていたのですが、 いざ撮影となると難しいもので、3作目にやっと応募する気になれました。 ソフトレンズだと、なんとなくボヤっと光った感じになるかと思って 試して見ました。ブツはcagoxinaという初留取りの焼酎です。 腕は綺麗なビンで誤魔化しました。 # 同じ酒でも、専門は“飲み”だけで、撮影は専門外でした。。。 EOS 5D Kenko SOFT 85mm F2.5 1/25 F2.5 ビンの下から自転車のLEDライト --------------- 大型ストロボまで手に入れたものの、古いジャンクで修理にてこずって います。月例に使えるのはいつになることか。。。 白ヒゲ:これはこれは・・・何とファンタスティック。 確かにボトルの美しさに助けれた感はありますが ここまで料理された感性は大したものです。 引き込まれるような魅力を感じます。 ん? ケンコーのsoft85mm F2.5 使えますね。 良い作品と情報有り難うございました。
 45:03/27 take525+氏 
こんばんは、take525+です。 ブツ撮りにはまったく自信ありませんので、怖いもの知らずを装って、バーに行くと 良く撮っている、酔っぱらい冩眞を送らせて頂きます。 この はちみつかジャムとかピクルスの容器のようなびんのお酒は、 「Georgia Moon」っていうコーンウイスキーです。 バーボンも同じく とうもろこしから作られているのですが、 原料のとうもろこしの比率が高いのがコーンウイスキーなのだそうです。 名前も容器も禁酒法時代の密造酒を意識したものだと思われます。 EOS 5D EF50/1.4 ISO 1600 1/20秒 2.8 白ヒゲ:take525+さま、先日は有り難うございました。 また月例初参加、有り難うございます。 さて頂いた作品。無造作感がこのボトルにピッタリ。シアンっぽい後のライトも 良い雰囲気です。とは言え、実はかなり計算された無造作? ISO1600とありますがノイズも目立たずさすが5D? 見事に使いこなしてますね。 私はコーンウイスキーを体験したことがないのですが、お味は如何でしたか?
 44:03/27 後藤匡人氏 
新藤 様 Lightroom勉強会@四谷で少しだけ挨拶させてもらった後藤です。 (斜め後ろに座ってました。) 初月例参加でございます。久しぶりにウルペ広げました。 本来なら、裏のラベルは剥がしてキャップのシャドーを出してでしょうか。 ウルペのムラは生かしてます(いい言葉、笑)色温度すこし下げ。 細かいゴミは見えない事にしてくださいませ。 Canon 5D TAMRON 90/2.8 MACRO iso 100 F4.0/0.6 sec  トゥルーライトスタンド一灯+小さなレフ P.S 銀一がDxo扱い初めましたね。未だLightroomかDxoか決めかねてます。 Dxoのネガシュミレーションが一発ドンでいい色出るので。。 後藤匡人 MasatoGOTO http://mgotopho.exblog.jp/ 白ヒゲ:後藤さま、こんばんは。先ずは月例展デビューお目出度うございます。 さて、ウルぺ!懐かしい。(御存じ無い方のために補足すればウールペーパーです。) そのムラの生かし方、上手い!イイ感じです。 ボトル裏のラベル。剥がしたほうが正しいのですが意外にしぶといラベルも ありますね。また、商品のゴミ。デジタルになってつい忘れていたりすること 私もあります。恐らく短時間で仕上げた作品と想像いたしますが、手慣れている印象を 受けます。これでもう一息インパクトがあればなあ〜。 ところで・・・現像ソフト。余裕があれば両方入れて上手く使い分ける。 これがお薦めでしょうか。
 43:03/26 愛知のひ!氏 
新藤 さま  いつもグレードの高い写真が多く、出そうか出さないか迷っていますが 参加することに意義あり!として、参加します。  先月はまだまだ所持しているケータイの更新もできず、ということは カメラも無いいわゆる悪名高き!?プリケーを所持のため参加できませんでした。 (今は、プリケーでもカメラ付きがあるようですが、基本的にかけることが無いため 単純平均で電話代は月800円を切っています。安くて手放せないのです。 それと、まだまだ使用でき、もったいないため、更新はまだまだ先か? 化石ケータイでしばらく我慢です。余談でした!)  肝心の写真ですが、なかなか中国系、紹興酒のボトルが出てこなかったので さきほど、蛍光灯下で撮ったものを即席ですが送ります。  うーん、なかなかうまく撮る事ができませんでした。そして、レンズの調子が悪い! 24?85mmを使用したのですが、ズーム時に途中で止まる!? 24mmまでいかず29mmくらいで止まる・・・だめだこりゃ!修理行きだね。とほほ。  だましだましで撮りました。メロンのようにと努力しましたが。 このくらいですがよろしくお願いいたします。                               愛知 ひ! 白ヒゲ:仕事場の入り口にも大きい紹興酒のボトル(壺)あります! 傘立てになってますが失念しておりました。 さて、【参加することに意義がある】その通りです。 こうしてお会いできること。嬉しいです。 色んなボトルに出会えること。良いですね。 ひ!さん。これからもヨロシクお願いいたします。
 42:03/26 asa_k
最近アルコールというと、 ほとんどビール&焼酎、たまにワイン こんなに美味しくて気持ちよい飲み物を 初めて作った人にカンパイです 焼酎と言っているのに撮影はバーボン レースカーテン越しの日差しとレフ 2年前だったら小道具にタバコを使っただろうな、と 喫煙時代を思い出しつつの撮影でした nikon D70 50mm            asa_k 白ヒゲ:asa_Kさま、こんにちは。 バーボンといえばタバコは付き物ですね。(遠い目) そう言えば、私も洋酒を飲んでいたころは喫煙組でした。 さて、作品ですが何だか不思議な雰囲気。チョット怪しげにも見える? 酔いつぶれて次の日の朝目覚めたあとの倦怠感・・・的。(笑 そのライブ感(勝手に想像してしまいましたが)良いですね。
 41:03/25 うみぞー
新藤さま ごぶさたしております。 今月のテーマは、僕の好きなトランスペアレント、これはちょっとがむばっていこか とか思っていたのですが、月日が経つのはあっとゆうま、、、 帰国の朝をむかえてしまいました。 結局、バックは撮れずじまい、Photoshopでちょこちょこと作ってお茶を にごしてあります。。。 このお酒は、タンカレイのTENとゆうジンです。 円筒形ボトルのフツーのタンカレイとくらべると、とても華やかで艶やかなな味がして なんとも気持ちのよいお酒です。 撮影は、ボトルのシェイプとトランスペアレントの両方を表現したかったので、 各面ごとにライトを作って、それぞれ別撮りしたあと、いいとこどりの合成です。 カメラ : Toyo-View + MegaVision T32 レンズ : Schneider 120mm さて、これから帰ります。4月のゾロ目会に参加させてください。 うみぞー www.norinori.us/ 白ヒゲ:うみぞーさま、こんばんは。 簡単に撮ったにしては流石です。 雰囲気でてますね。グラデのバックは意外に手強いものですが、それも違和感なく スッキリ。 敢えて言えば・・・奥行き感がもう少し。 それとボトルの下のハイライト。白ではなく明るいグリーンで良かったか? ボトル自体の存在感は凄いですね。 圧倒されます。 4月4日のゾロ目会、了解です。 お待ちしております。
 40:03/25 関 行宏
新藤様  最近スタジオにしょっちゅうお邪魔しております。^_^;  で、月例ですが、撮ってはみたものの満足いきませんが、  時間もないので出しちゃいます。  「黒猫」という名のワインから黒猫が飛び出してきて、  それを白猫が何だコイツと見ているという想定。  しかし、もうちょっとライティングに工夫の余地あり。  今後の課題ということで、どうぞお手柔らかに。 EOS-5D + EF100mm/F2.8 macro ライトセーバー フォトショでごにょごにょ  ということで、よろしくお願いします。  関 行宏 http://www.sekitechnologies.com/ http://bwphotography.jugem.jp/ 白ヒゲ:関サマ こんばんは。 これは結構難しいボトルです。 何が難しいかって黒の光沢物は映り込みがばれやすいんです。 これを白バックで撮影すれば白バックの端がバレルでしょうね。 恐らくフォトショップのお力を借りなければ私でも無理かも。 (そのうちテーマを黒のボトルってもの楽しいか?) そうだ・・・どなたか黒ボトルでリベンジしませんか??
 39:03/24 にしだ
新藤 様 こんにちは。 お酒のボトルで釣りをしてみました。 写真のタイトルは 「大物が居るかな?」「うんうん」、です。 泡盛のボトルですが、味は「その辺の焼酎の味」です。 それでも、釣り師にとっては楽しいボトルなので 色々と詰め替えては楽しんでいます。 釣り竿はイタリア製です。=(パスタ) 釣り糸を垂れているペケ君、 「此処は根掛かりが多いなー」=サンゴが散らかり過ぎ.. 沖縄の魚名が記載されていて、役にも立つボトルでした。 ハンドル名「にしだ」 カメラ:eos20D レンズ:35mm 楽しい写真が創れましたら、また応募差し上げます。 宜しくお願い致します。 白ヒゲ:いつものホノボノとした作品、有り難うございます。 ぶれの無い独自の世界、ファンタジックワールド。 キッチリとした物撮りも良いですが こんなテイストの作品も心が和みます。 お疲れさまでした。
 38:03/24 雨宮秀也
新藤様 いつもお世話になっております。 酒瓶の写真を送ります。 酒瓶というのはその宿命でしょうか。いつか中身は無くなります。 いつ、無くなるかというと。 知らぬ間に無くなっている場合がほとんどです。 酒をコップに注ぐ都合上、毎回もちあげる訳です。 ガラス瓶がほとんどですから、当然、逐一中身の減少を視認しているはずです。 なのに、毎回のように「もう、酒が無いじゃないか」と驚く。 お酒はふんだんにあってほしいな。とか、なくなって欲しくない。 なんて願望だけで現実を無視しているとは思えません。 どうやら僕の買う酒瓶にはマイクロサイズの穴が開いているのだと考えます。 浸透圧でもっていつの間にかこぼれてテーブルに吸われるか、大気のなかに 蒸発しているものと思われます。 Canon 20D  SIGMA 50mmマクロ f2.8開放 Iso1600 RAW撮影 CS2にて現像 ノイズ少々 雨宮秀也 http://hibihana.com 白ヒゲ:これはこれは・・・何と抽象的な作品。 正攻法ではなく攻めてきましたね。 いつもの雨宮さん的ではありませんが・・・ ノイズの入り方、光りの感じ。カッコ良いです。 チョット酔っぱらって眺めた気分でしょうか。 お疲れさまでした。
 37:03/24 たけやん

新藤さま

 遅くなりましたが、今月の2作目をお送りいたします。
 皆様の凄い作品の数々を見て凹み、新たなボトルを買ってきてはイメージと
違っていて凹み。
 と、なかなか思うようにいきませんで。前回足りなかった透明感を追求......
するつもりが、ハイライトが飛びまくっただけという感じですね(汗

 Pentax K10D
 DA40 Limited + ケンコークローズアップNo.2
 窓からの自然光

 余談ですが、新藤さんのせいで「FinePixF30fdがかなり欲しい病」に侵されて
います(笑

http://qatar.exblog.jp/

白ヒゲ:2作目の投稿有り難うございます。
たけやんさんの作品、ガチガチの物撮りでもなくナチュラルで気に入っています。
力んでもいない。肩の力が抜けている。
周りを気にすることなくこの調子で撮り進んで下さい。
きっとある時、更なる世界が開けることでしょう。

ブログも良いですね。
楽しみにしてますよ。
 36:03/24 カンガルー大陸のM
新藤様 いつも参考にさせていただいています。 安直でストレートな1点です。 このボトルは、日本からとある作家様と編集者がこちらを視察されたときにお土産で 頂きました。 まだ、封印(?)がボトルトップに巻きついているボトルです。 たぶん?美味しいモルトなんでしょう???ね?? お酒は私にとって、とても強烈な嗜好品のため、滅多に口にしません。 お酒を楽しく飲まれる方々がとてもうらやましい限りです。 (ビール一杯で次の日にダメージが残ります。) ただ、お酒の席はとっても好きなので、美味しい食べ物がある飲み会には参加しています。 そして、帰りはみんなのライフセーバー運転手にはやがわり。(笑 1Ds2 50mm 絞りF7.1  550EX +傘 CSにて色調整 頂き物のワイン、モルト、コニャック、ラム、ブランディーなど各種が そのまま眠っている我が家です。 ワイン(たぶん高価な品)はたまに奥様が料理に使っています。 カンガルー大陸のM 白ヒゲ:漆黒の闇に宙に浮いているかのようなボトル。 写り込みが美しくウイスキーの色も奇麗。 これが傘一灯とは驚くばかり。 細かい事言えば左下のハイライトが中途半端? とは言え、全体的にはポイント高いと思います。 ストレートの力強さを感じますね。 お二人とも飲まれないとは・・・勿体ない!
 35:03/24 ぷーさん

新藤様、こんにちは。

ボトルに挑戦ですが、コンデジの高感度を試してみました。
コンデジの1000万画素機ですが、画素混合で192万画素になりますが
ISO3200を実現しています。

ボトルはザ・グレンリベット18年です。現在キープしている
お店が暇な時に撮りました。私はウイスキー・ブランデーは
ストレートで飲むので、手前のグラスはテイスターグラスです。

キヤノンIXY DIGITAL 1000
シーンセレクトモード F2.8 1/40sec ISO3200
フォトショップCS2にて調整
http://digitalpoohsan.hp.infoseek.co.jp/

白ヒゲ:ISO3200!想像以上に立派ですね。
192万画素はA5までは十分にクリアします。
チタンボディ+手ぶれ補正+digic3+顔認識AF。
コンデジの進歩にも驚かされますね。
ところで・・・ボトルのラベル周辺が晴れっぽいように見えるのはCS2で調整した
ためでしょうか?

グレンリベット18年をストレート。
ぷーさん渋すぎ。(笑
気になるコンデジのデータを送っていただき有り難うございました。
 34:03/23 大分のASADART:その2

新藤様

大分のASADARTです

お言葉に甘えて2作目を送らせていただきます。
このボトル非常に厄介でしてなんとか写ったのが
これ・・・
なんかじっくり遊びたいけど
スタジオのない身の上、ここまでか!(笑
20D
EF28~70
1灯使用

白ヒゲ:引き続き【イイチコ】での挑戦有り難うございます。
スタジオがあると無いでは、あったほうが都合が良いことは沢山あります。
が・・・ここに参加されている方全てがスタジオで撮影されていると言う訳では
ありません。
現実にASADARTさんもここまで出来ているはありませんか!
足りないところは努力や工夫で補いましょう。
意外に何とかなることも多いのではないでしょうか?
さて2作目、1灯でここまで仕上げたこと、立派です。
緊張感もあり、象徴的な作品になりましたね。
・・・もし1灯しかお持ちでないのなら、ここから先はアルミ板やレフ板を
上手く使うことで更に変化が付くと思います。
くじけず、頑張りましょう。
お疲れさまでした。
 33:03/22 新藤修一 @白ヒゲ
安直でストレートで申し訳ありません。 このボトル、今朝恵比寿アトレの成城石井で見つけました。 2006年IWSC金賞受賞だそうです。   そのお陰なのか?駅張りのポスターを最近見かけますね。 私の恵比寿時代(あの頃はまだ景気が良い時代でした。) バー、リベロのマスター秋山さんが作ってくれたまーるい氷で タリスカーを始めとする洋酒をロックで頂いたものでした。(遠い目) 因みにこのボトル、200ccと言う中途半端な容量。 お陰でニセモノ氷が立派な大きさに早変わり! このニセモノ氷。セットショップで購入。一つ12000円でした。 それが何と8個も箱に入っていました。(笑 一財産ですね。 ・・3個くらいは持っていたと記憶があったのですが・・・ たまには開けてみるモンですね。(ヤバッ   ボトル左の凛とした氷はアクリル製ではなく   光学ガラスの欠片。   ヤッパリ透明度が素晴らしい。     タリスカー10年。      EOS1Ds2 TS-E90 絞りF2.8     力強いピートの香りと 580EX x2     スモーキーな味わい。     いつまでもつづく     潮の香味のフィニッシュ。     スコットランド スカイ島唯一のシングルモルトウイスキー     ・・・・・だそうです。 バー、リベロは今でも元気です。 島物や樽出しが充実したバーでしたが、最近私の界隈で島物といえば、泡盛。 時代は変わって行くようです。

 32:03/21 広島の123 :その2

新藤様

お世話になっております
早いもので気付けば3月も後半になり月例の二作品目の投稿に焦りを感じておりました
毎日、サイトを拝見する度に「ため息」の出る作品ばかりで落ち込みは隠せない
状況になっております
実は今月のお題「酒のボトル」
お酒はあまり飲まない為、何のお酒のボトルがいいのかサッパリ分からず、
ディスカウントのお酒屋さんに行き色とか形で選んだボトルを数本買い
撮影致しました (汗・・・
ですから、今回の二作品目のお酒が「日本酒」だろうとは理解しているのですが
あとは何がなにやら・・・
多分、この後このお酒は店舗にある神棚のお酒の容器の中に入ることになると
思われます (笑
宜しくお願い致します。

EOS-1Ds
TS-E90mm f2.8
ST-E2 with SPEED LITE-3灯

広島の「123」でした
白ヒゲ:美しいボトルを探す技も大事なこと。
このボトルは私も初めて目にしましたが、爽やかなデザインですね。
そのボトルを見事に撮影されました。
全体のバランスやライティングもバッチリ。
白バックでここまでにセッティングするのは大変だったでしょう。
123さん、メキメキ腕を上げてますねえ。
今すぐにでも転職できそう。(笑
完成度の高い作品、有り難うございました。


 31:03/21 伊藤裕一

新藤様
お世話になっています。
度々お遊び写真に使っているグランパをまた使ってしまいました。
撮影はとっても手抜きで、夕焼け写真をモニターに表示して
ライトは室内の蛍光灯のみ。
暇モードになってきましたので、二作目に挑戦したい所です。
こんどのぞろ目会は参加したい思っています。
よろしくお願いいたします。
Canon20D 50mm 1.2L 1/125 f1.6

伊藤裕一
http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html

白ヒゲ:ナナント、やられました・・・(笑
モニターバック!! 十分いけてます。
一瞬早朝ロケの合間に撮影したのかと思いましたが、この手法では
大きなモニターがあると嬉しいですね。
この技法で月例も面白いですね。
有り難うございました!!
4月のゾロ目会お待ちしてます。

 30:03/21 大河原利道氏 

お世話になります。
新藤さま

普段飲んでる物ではないのですが、
焼酎カクテルを教わったので、
忘れる前に一回作ってみようかと、
小さいボトルを買ったところでした。
本当は甲類焼酎がいいらしいのですが、
小さめのボトルがなかったので、
乙類iichikoで試してみます。

nikon D200+フォクトレンダー40mm(コシナ)
コメットツィンクル2灯
homepage: http://www.remus.dti.ne.jp/~toshim/

白ヒゲ:大河原さま、こんにちは。
今回の作品、ブラボーですね。
寝かせて撮影したことが先ず正解。
そして何よりこのラピスラズリのような美しいブルー
これ凄い効いてます。(これはどのような仕組みなのでしょう?)
ブルーとボトルのハイライトの対比。
イイチコ・・・・飲みたい!そう思わせますね。
素晴らしい作品有り難うございました。

 29:03/21 琥珀亭

新藤修一様

写真撮影はすっかり趣味の世界になってしまい、まじめに物撮りするのは
何年ぶりか・・・
手元に以前ロシア土産に貰ったウォッカが有りましたので久しぶりに撮ってみました。
写真がウェブ上で表示されるバックがグレーですから、明るく撮ってしまうと
埋もれて見えるかと思い全体的に少し暗めにしてみました。
背景は黒に近いグレーにしようと思いましたが、中々思った色になりませんでした。
アクセントにと思い背景紙を波打たせてみたのは良いのか悪いのか
判断が着きませんでした。
別の背景紙のバージョンを撮れば良かったと片付けてから後悔してます。
ボトルの透明部分への写り込み、ボトルキャップの写り込み
色々と難点がありますが、まあ、初作品と言うことで、このくらいでご勘弁ください。
冷静に見ると、やはり素人のため全体のバランスへの配慮が足りないですね。
ハンドルネーム:琥珀亭

使用機材:EOS 20D EF24-70/2.8 ISO 400 シャッタ− 1/125 絞り 11
     ストロボ600Wを1/8に減光し1灯+天井灯+被写体背面からの自然光

白ヒゲ:琥珀亭さま、月例点に参加頂き有り難うございます。
背景のグレーですが、心配御無用。もし埋もれそうな場合にはこちらで
白枠をつけることもあります。(枠をつけて投稿される方もおります。)
さて、この背景紙、黒なんですね? 確かに明るく写ってますね。
背景の波を打たせたこと、良いと思います。(波に変化があると更に良し。)
ストロボの出力が約60Wと強めのためにF11まで絞りましたが、ここはもっと
開けて撮りたいですね。惜しい。(こんな時こそ580EXが活躍しますよ。)
何年かぶりの物撮り、お疲れさまでした。
自転車と同じで一度乗れれば時間を置いても直ぐに乗れるようになれるのでは
ないでしょうか?
今は趣味の世界とありますが、それが一番贅沢で高尚な楽しみ方です。
どうかこれからも参加頂き私たちが唖然とするような作品を送って下さい。
楽しみにしております。

 28:03/20 藤山寛治

おつかれさまです、新藤さま。
お世話になります。

どうにも迷いましたが(27:大田区の松本氏)の作品
ミニチュアボトルがでましたので引き続いてわたしも
便乗させていただきました。

ボトルは「JACK DANIEL`S」。なつかしの西部劇では定番のお酒。
作品も「ジョン・ウェイン」がらみで表現したかったんですが、
じつは、いじりまわしていたらなにがなんだかわかんなく
なりまして・・・・。まったく西部劇ではなくなりました。

:::::::::::::::::::::::::
    
    サムライキッチン 藤山 寛治  

WEB Site http://www5a.biglobe.ne.jp/~kanphoto/

白ヒゲ:西部劇的ではありません。またミニチュアボトルを使った意味は曖昧ですが
とても気持ちの良い空間を感じます。
B倍駅張りポスターの雰囲気ですね。
私の好みです。この色味、このシンメトリー。
  ヒョッとして読まれてる?(笑

もし西部劇に拘るならテンガロンハットでしょうか・・・。

 27:03/20 大田区の松本

新藤様
先月に引き続き参加させていただきます。
先月の評価コメントありがとうございまし。大変勉強になりました。
今月の御題、2つ程イメージしたのですが、この習作になりました。
このボトルはミニボトルで、いつの間にか集まったボトルを並べてみました。
前作、背景についてのコメントが有りましたので、いろいろ考えのですが、
英字新聞を購入し背景としました。
(少し赤みが強いか?)皆様の様な重厚感が乏しいのですが・・・、
先月同様評価をお願いいたします。

CANON 1Ds-m2
      EF24-105  1/30  F:4.0
      ISO・100
      自然光+白レフ

よろしくお願いいたします。

白ヒゲ:松本サマ、こんにちは。
今回の作品、これで自然光ですか! ライティングをしたような雰囲気ですね。
レミーの透明感もバッチリ!ボトルのハイライトも美しい。
赤みは全く感じませんよ。
重厚感は必須ではありませんし、好みの問題でもあります。
余り大げさに考えなくて良いのではないでしょうか。
全体的には非常に完成度が高いと思います。
が・・一つだけ惜しいと思った点があります。
ミニチュアボトルであることが言われないと気づかないくらい上手に撮れている。
ミニチュアであることをもっと対比で見せても良かったか・・・

実は私もミニチュアボトルを考えていたのですが先を越されてしまいました。(笑

 26:03/20 スペインの丸山:その2

新藤修一様

 スペインの丸山です。
今月の二作目です、宜しくおねがいします。
友人に貰った焼酎の瓶で桐の箱に入っていました、箱には
本格麦焼酎25%「義経物語」創業 享保五年(1720)奥飛騨蔵元
高木酒造株式会社、と、あります。
中身はとっくに飲んでしまい、今はこれを撮影した日本間の花瓶
になっています。
ライティングは障子越しの自然光、背景は部屋の下地窓です。

EOS 1Ds Mk2 , PC Micro Nikkor 85mm

白ヒゲ:2作目の投稿有り難うございます。
1作目も良かったですがこちらも良いですね。
スペインであることを忘れてしまいそう。(笑
写り込みが奇麗。
シャドー部が僅かに強い感じも受けますが、
静かな空間を強調しているようにも見えます。
丸山さんの作品はバランスが良く、安心して観賞できますね。

う〜、私も早く取り組まないと。(汗

 24_25:03/18 Mitsuya

始めまして、Mitsuya(@東京都武蔵村山市:39才)と申します。
こちらには初めての投稿となりますがよろしくお願いいたします
私はほとんどお酒は飲まないのですが、たまに飲むチョーヤ梅酒を題材としました
あまり絵になるようなボトルではないのですが生憎これしかありません
本来ならば梅の花を差し込むべきですがそんなものウチにあるわけもないので
ありあわせの花を用いております。
とりあえずライティングを変えて2作品をお送りします
白バックのほうは花の彩度を上げ、2枚ともコントラストは強めに仕立てました
ではよろしくお願いいたします
撮影データ(白バックのほう)
EOS5D TAMRON 90/2.8 MACRO
モノブロ1灯
撮影データ(赤バックのほう)
EOS5D TAMRON 90/2.8 MACRO
モノブロ2灯
白ヒゲ:Mitsuyaさま、初めまして。
月例展へ参加していただき誠に有り難うございます。
しかも・・・いきなりの2作!!
どちらもチョーヤの梅酒ですがチョットした撮影方法でこれほど異るという
良い作品をいただきました。
(パッと見には同じ商品に思えないほどですね。)

個人的には白バックがスキですね。
但し、ラベルはもう少しだけ見せても良かったか?
バックが飛ぶことを恐れずもう少しだけ露出を大目でも良かったか?
とは言え、左右に2分割した大胆さ。
左右のコントラスト、気持ち良いですね。

ピンクバックの方ですが、気持ちは良く伝わってきますが
結果として中途半端感は免れずか。
惜しい!!

 23:03/17 r.g.beer

新藤様、

お言葉に甘え今月も参加させていただきました。
参加2回目となります r.g.beer です。

普段はビール党ですが、この季節は別。
毎年自宅前の桜並木が華やぐ頃は
夜な夜な一升瓶を抱え窓越しに花見三昧です。

個人予想では今日が開花日。
先週ちゃぶ台(サイドテーブル代わり)をセッティングし
準備万端だったのですが、寒の戻りで大外れ。
桜をバックにしての撮影はかないませんでした。

しかも肝心の酒、数少ないお気に入りの銘柄であるこいつは
残りわずかな上に季節ものなので今は買えないときています。
よって、開花までお預け、杯は空であります。

そこはかとない寂しさが伝われば幸いです。

Nikon D70s
Tokina 100mm/F2.8マクロ
CaptureNX

よろしくお願いします。

白ヒゲ:こんばんは、今日は朝から寒い一日になりましたね。
サクラは月末近くまで持ち越しでしょうか?
サクラの時期は夜な夜な酒とともに花見三昧、それは素晴らしい!!
日本人であることにチョット感謝ですね。
この使い込んだちゃぶ台、イイ感じです。
さて、今月中にサクラは開花することでしょう。
ってことは・・・その頃2作目を頂けるって事でしょうか??(笑
楽しみが一つ増えました。
お待ちしてますね。

 22:03/16 伊田淑乃さん

新藤さま
月例撮りました。今月はアイロンかと予想しておりました。
撮影したのはオランダのビール、グローシュビールのボトルです。
中身は既に飲んでしまってボトルのみ。栓付きなので保存瓶としても重宝。
子供にカルピスなど入れてテーブルに出したりして使っています。
よろしくどうぞ。
Canon1DsM2 + TS-E90mm +大型ストロボ2灯
伊田淑乃

http://www.st-m2.com/

白ヒゲ:伊田さま、こんばんは。
4本のグローシュ(って言うんですね)見事に写し取りましたね。
ホント伊田さん、素晴らしいセンス。
参りました!(笑

ところで・・・大型ストロボ2灯でこのピントの浅さ。
ここまで出力を絞れるストロボは何でしたっけ??

 21:03/15 wave 穂積:その2

新藤様
wave 穂積です、懲りずに2作目です、今度はオーソドックスに撮りました.
義理の父よりボトルを、借りての撮影でした。

eos1dmark2n pc micro nikkor 85 with adptar
580ex2灯 +st-e2

白ヒゲ:穂積サマ、こんばんは。
早速の2作目有り難うございます。
さて作品。天板は黒のアクリルでしょうか? 映り込みとグラデが美しいですね。
オーソドックスは見ていて安心感があります。
但し、些細なことですが気になったことも・・・
ボトルの上空もう少し空間を開けても良かったか?
或いはボトルをもう少し下の方が落ち着きが良いか?
カメラ位置をもう少し下げても良いかもしれませんね。

全体的には好印象です。お疲れさまでした。

 20:03/13 福井の谷口

新藤様
嘘みたいに暖かかった2月を過ぎたら、
嘘みたいに寒い雪降る3月となってしまいました。
どないやねん!な、カンジで、体がついていきません。
で、気が付けば、月例の撮影前にボトルは1本2本、、、
3本と空いていき、このままじゃヤバイと、また、新しいボトルの封を切り、
『写真的に素敵な場所に液面が来るまでだけ飲まなきゃね、しょうがないなぁ』
などと言いながら、この位置で飲むのを止めて撮影。(笑
酔って写真撮るのは久しぶりです。
(過去に酔ってeos5を無くしてから初です)
商売用カメラを壊したりしないかと、ちょっと、ドキドキでした。
お酒は、彼の地大英帝国はアイラ島のシングルモルト、ラフロイグ。
ちょっと磯臭いスモーキー・フレィバーですね。
eos5D ts-e45
DPP PScs
では、よろしくお願いいたします。
studio_nu Taniguthi syu-zi
カメデジデメカ:
http://nuphoto.exblog.jp/

白ヒゲ:谷口さま、こんばんは。
数本のボトルを空けた効果でしょうか?
良い気持ちで撮影に臨んだ結果でしょうか?
来てますねえ・・・・・!!!!
素晴らしい。
これからの仕事はスキットルを忍ばせてグビッとしてから
おもむろにカメラを構えるに1票!!!!!!

 19:03/11 wave 穂積

新藤様
wave 穂積です
ようやく月例参加させていただきます。
,家に酒のボトルがないので、オリーブオイルのボトルで失礼いたします。
背景塩ビ越しに、380EX1灯 フロントサイドより380EX+傘バン ST-E2にて
S 500/1 F16 ボトルは手持ちで、ぶるぶるとふっています!!!
(オイルのなめらかさ〜?)
500/1では、やはりぶれてますね 1作目とりあえずこれで勘弁して下さ〜い。
1dマーク2N +TS-E90 

白ヒゲ:穂積サマ こんばんは。
ハイスピード写真+ボトル的な作品有り難うございます。
この様なときには、絞りを開け気味にしてISO感度は200〜400までアップ。
そうすることで580EXは相当小出力になり閃光時間が短くなる確率が増えます。
全体の雰囲気は良い感じですので、今度トライしてみて下さい。
そうそう、tiff型式で参加していただきましたがjpgで長辺600ピクセル
くらいで次からはお送り下さいませ。

 18:03/11 吉永智彦

新藤さま

ご無沙汰しております。
今年初の応募です!
僕はあまり強いお酒は飲めないのですが、これなら結構何杯で
も飲めたりします。
それでも、最近はもう若くないのか(27歳)あまり飲めなくなりました(笑)

今回はディフューザー越しにプロジェクターの光を当てて撮影してみました。

撮影データ

EOS20D
EF24-70 F2.8
ISO800
シャッタースピード 1/2秒
絞り F13

白ヒゲ:吉永サマ、こんばんは。
ZIMA、飲みやすくてチョットオシャレ。
ディフューザー越しに入れたプロジェクターの色味が酒場っぽくて良いですね。
飲みすぎて酔いつぶれた??(笑

ところで・・・
私の年ならば当てはまりますが27才にしてもう若くはないとは・・・
これは大問題。(沢山飲めれば若いとか偉いとかということではありません。)
そんな自覚症状のある場合の処方せんですが
4月のゾロ目会に通院すると良くなるかも?
美しい作品、有り難うございました。

 17:03/11 西出篤夫

いつもお世話になっております 
沖縄土産の泡盛
このお酒を昼間から飲んで
ほろ酔い加減でファインダーをのぞくと
こんな感じにみえるんじゃないかな〜と思って撮影しました

CANON5D
EF24-105レンズ
ピントのはずれたのと、あったものを合成

注。撮影時にお酒を飲むことは最近はありません

白ヒゲ:西出さま、こんにちは。
ハイキーで何処までも明るい。
沖縄のビーチで昼間から良い気持ちになっているとこんな風かもしれませんね。
待てよ・・・
その割に極めて真正面で中央に位置してますね。(笑
なんて事をは野暮ですね。失礼いたしました。

 16:03/11 コウヤマ

新藤さま
コウヤマです。
今回はじめて応募させて頂きました。
お酒は、寝る前に少し飲むぐらいですが。好きです。
この写真は、今飲んでいる辛口の日本酒です。
ボトルの写真と言うことで、少し飲みながら撮影!
光源は、読み書きに使う机のライトです。
普通の日本酒一升瓶、それも飲みかけで恐縮ですが。
よろしくお願い致します。

EOS 5D
EF24-105mmf4(105mmで使用)
http://d.hatena.ne.jp/Islay/
高山 透

白ヒゲ:コウヤマさま、お早うございます。
月例展への初参加有り難うございます。
最近すっかり焼酎派になってしまい日本酒は遠い存在となりつつある私ですが
このボトル、そそりますね。
大吟醸、限定とかかれたこのラベル。
日本酒の方が焼酎よりもセンスは良いものがあるかな?
さて頂いた作品ですが、今月のお題は飲みながら撮影すること。
そう定義するべきだったか。〔笑
良い気持ちになって撮影することも大歓迎ですね。
家人達は眠りにつき、静かになった部屋でちびりちびりしながら
カシャリとシャッターを切ったのでしょうか?
小細工に走らない、ナチュラルテイスト。
【朝しぼり】の存在感も手伝い味わい深い作品に仕上がっていますね。
改めて有り難うございました。

 15:03/10 大分のASADART

新藤様

大分のASADARTです

今年はなるべく参加しようと思い、先月に引き続き
応募させていただきます。

私は日頃あまりアルコールは飲まないので、酒瓶はないよなぁと
台所を物色してたらありました!
そういえば昨年三和酒造に撮影に言った際いただいたiichiko。
しっかり未開封のこのボトル、斜めに立つのが特徴です。

こんなんですが宜しくお願いします。

EOS 20D
天トレ
モノブロック1灯

白ヒゲ:これがiichiko? こんな素敵なボトルがあったのですね。
斜めに立つということは角が削ってある感じ?
映り込みが見事。ライティングも丁寧で好感が持てます。
僅かにアンバーな中身から察するに樽の中で熟成されたものなのでしょうか?
美味しそう・・・ですね。
このボトル、別のアイデアでもう一度トライしませんか?
チョット見てみたいのですが・・・宜しく。

 14:03/10 inoue

新藤様 いつもお世話になります。

「もうすぐ大人の時間」
背景紙以外に道具がないので、物を入れたとたんボトルへの余計な写りこみや、
光の加減が調整できなくてギブアップしました。
でも、ドアを閉めないでやっていたのでリビングが写りこんでいます。
次回はちゃんと閉めよう(笑
時計は別撮りし、合成しました。照明は娘のトレース台です。
レンズは60mmF2.8のマクロを使いました。
3時間もかけてこんなものですが、撮ってる間は楽しかったのですね。
inoue
白ヒゲ:撮影風景が目に浮かびます。
お嬢さんのトレース台、イイ感じですね。
物撮りという概念で判断した場合、ラベルの文字も十分、ハイライトの入り方も
丁度よい。背景に時計を入れたこと、素晴らしいアイデア!
これで琥珀色が更に出てればなあ〜。

 13:03/10 広島の123

新藤様
いつもお世話になっております
今回の月例、申し訳ありませんが直球勝負では歯がたちそうではないので
お笑い路線での進路変更させて頂きました (笑
何故「養命酒」を寝かせているのか?
何故「メッセージボード」ならぬものがあるのか?
何故「酒のボトル」ではないのか?

えーと・・・、一応「養命酒」のアルコール濃度は14%ありまして・・・

すいません!
二作品目は真面目にします

ごめんなさい!
EOS-1Ds
EF-100mm macro F2.8 USM
SPEED LITE 2灯

白ヒゲ:細かいことは抜きにして、時にはこの様な作品もアリと思います。
ほのぼのしていて、平和で良いですね。
ところで・・・ボトルの写り込みをチェックすると実はライティングも丁寧。
その努力を認めます!
お疲れさま!! 修一(笑

 11_12:03/10 fss2301

fss2301(RJST)@仙台です。

新藤様、今月は早めに撮影できましたので、早速提出させてい
ただきます。
私は夏に缶ビールぐらいしか飲まない人間なので、お気に入り
のボトルなどもありません。しかし、今回は撮影時のイメージ
が固まっていたのでそれに合うボトルを探して(本当はペッシ
ェビーノという魚の形をしたボトルを探したのですが、近場の
酒屋では見つかりませんでした)買って来ました。
背景に写っているのは地元宮城にある航空自衛隊松島基地所属
のブルーインパルスです。今回はこのアクロバット機が出すス
モークと酒のボトルでのコラボレートが私のテーマでした。
ブルーインパルスは通常6機でアクロバットフライトを行いま
すが、平日の訓練時は機数が3〜5機になることも多く、今回
は3機しか飛ばなかったので、絵を作るチャンスがあまりあり
ませんでした。
撮影は半分ぐらいに量を減らしたボトルを砂浜に少し埋めて、
それを広角レンズで下からあおるように撮りましたが、ノーフ
ァインダーなので水平が出せず、傾き修正後にトリミングして
います。
1枚目はボトルの下がだいぶ切れてしまったのと、広角レンズ
によるゆがみが出てしまったのが残念です。2枚目は機体が遠
くを通過したので迫力が今ひとつでした。

D200 + SIGMA 10-20mm 光源:太陽光、SB-800
露出優先AE f22 ss1/125 WB晴れ
傾き修正、トリミング、トーン調整、リサイズ、シャープネス

http://rjst11sq.seesaa.net/

白ヒゲ:一枚目の作品、素晴らしいタイミングですね。
ノーファインダーで水平がでなかったとありますが、イメージ写真ですので
水平にこだわる必要は然程無いと思いますよ。
SB−800によるデーライトシンクロが効いていて不思議な作品に
仕上がっていますね。
  超広角レンズによる歪みはフォトショップで補正を掛ける方法もあったかも。
どちらの作品にも言えることですが、このレンズで撮影してブルーインパルスが
このサイズで入っているということは実際に現場で見ていると相当な迫力が
あったのではないでしょうか?
楽しくもあり苦労もある。
お疲れさまでした。

 10:03/07 谷口正規

新藤様

VIVO 谷口です。
ボトルのデザインがシンプルな上に透明でいい感じなので、ボトルのすぐ後ろ
の床面にLEDライトの光をあて、その光越しに撮りました。
よろしくお願いします。

CANON 1Dmk2
EF50mm F1.4

谷口正規
_V_I_V_O_
http://www.vivo-design.com

白ヒゲ:谷口さん、こんにちは。アップが遅れて申し訳ありませんでした。
さて、いいちこ。透明感があって良いですね。
素晴らしい!! 白からダークグレーのトーンがまた見事。
正方形にやや近いフォーマットもボトルのずんぐりとした形態ににあっている。
全てが高次元にバランスがとれています。
ボトルの文字だけで広告として完成されてしまった感じ。
これが新聞や雑誌に載っていれば、きっと売れますよ!!
この作品、私は好きですね。

 9:03/06 スペインの丸山

 スペインの丸山です。
先月はパスしました、作品を撮ろうにも、デジカメ付き携帯電話
どころか携帯電話すら持っていません。「今時携帯持ってなくて
よく仕事が出来るな、」と思われるかもしれませんが、無ければ
無いでなんとかなってます、そのうちカミさんから持つように強
く言われそうですが。
作品ですが、オリジナル3点からの合成です、葡萄の葉はこんな
事も有ろうかと撮っておいた物です。

不味いワインを美味しくする方法を一つ、
試飲して苦みや、渋みが強かったり、アルコール臭い時は指で
瓶の口を塞ぎ強く振ります、指を外して外の空気を入れる、
ソムリエがこれを聞いたら眉をひそめそうですが、絶対御進め
です、これを三~四回繰り返すとワイン通でなくても違いが分か
る位味がまろやかに成ります、ただし最初にすっぱく感じたワイ
ンは酸化が進んで酢に成りかけているのでこの方法は逆効果です、
こういうワインは肉料理の隠し味に使うか、ワインビネガー変わ
りに使うしかありません、お試しあれ。

Nikon D-100 . PC Micro Nikkor 85mm

白ヒゲ:これはこれは・・・3点合成!ですか・・・
一発でこうはイカナイでしょうけど、お見事ですね、美しい。
全体のバランスの良さは如何にも丸山さんらしい。
合成とは言え、非常に正攻法でシンプル路線。
それが実に効果的に作用してますね。
写真はこうあるべきだという自信を感じます。
良いものを見せていただきました。
有り難うございます。

 8:03/06 関川真佐夫

新藤様

関川真佐夫と申します。
先日、四ッ谷でのライトルーム勉強会でご挨拶いたしました。
「はじめまして」
でしたので、覚えいらっしゃらないかと思います。
そちらの記事
http://shindo-s.com/end0509/photo/0702/0226_0570.jpg
この写真の真ん中に写っているチェックのシャツを着ていた男です。
勉強会では、大変有意義な時間をすごせまして、あらためてお礼申し上げます。
以前からすっと、そちらのサイトを拝見して色々と参考にさせていただいていました。
はじめてですが、月例応募させてください。

酒のボトルとのことですが、僕はまったくの下戸でして。
料理が趣味で、毎日の食事だけではなく、ケーキなども焼いたりします。
なのでブランデー(安い物です)が、常にキッチンにおいてあります。
ドライフルーツをブランデーに1ヶ月漬けます。
それを使ってパウンドケーキを焼いて、すぐには食べずに
一ヶ月冷蔵庫で寝かせます。
準備から口に入るまで2ヶ月も要しますが、それだけ時間かけると、
とてもおいしいケーキが焼けます。
最初の工程の写真を3カット添付します。
1カットということでしたら、02でお願いします。
カメラはニコンD2Xで、レンズは60ミリマクロです。

またこれからも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

僕のブログです。
http://moonisup.exblog.jp/     関川真佐夫 masao sekigawa

白ヒゲ:関川さま、こんばんは。
先日は有り難うございました。
さて、関川さんのケーキ、2ヶ月がかり!
凄いですね・・・きっと美味しいフルーツケーキが出来るでしょうね。
〔写真のスキルの高さがそれを現しているような気がします。)
料理と写真は非常に似てますが、私も料理は嫌いでは無いほう。
まあ簡単なものしか作らない点が如何にも私的。
写真にも通じている??〔笑

頂いた作品は、何も言うことが無いほど安定したスキルの高さを
感じさせます。
ライティングもアングルも全てが高次元でバランスがとれている。
そう・・・プロを感じます。
有り難うございました。

追伸:今度はゾロ目会にもお越し下さいませ。
  
 7:03/05 PLIE

新藤さん おはようございます。

3月月例作品をお送りします。
ライトセーバで という思いもありましたが
できる限り手元にある機材で基本に忠実に撮影した ツモリ です。
ボトル以外の背景は3D画像との合成です。
(このボトルのお酒は嫌いなんですけど 自宅にあるボトルと言えば
これしかなかったので)

撮影データ
EOS5D TamronMacro90mm シャッタースピード1/125 絞りF8.0
TWINKLE04F2 ×2 + 550EX(背景からの透過光用)

HP http://www.plie.org/ballet.html

白ヒゲ:PLIEさん、先日はゾロ目会に参加頂き有り難うございました。
そして久しぶりの月例展。嬉しいですね。
さて、頂いた作品。見事な物撮りです。
ラベルもキッチリ透明感も十分。堂々としています。
このままキャッチコピーを入れればポスターになりそう。
・・・ラベルって結構難しいものですよね。

もし私がこのシチュエーションで撮影を依頼されたらどうするか?
細かいところですが、上げてみれば・・・
ウ〜ム、キャップにハイライトをもう少し入れる。
左サイドを強めに、右サイドはチョット。
キャップの下、液体の上。抜けた部分は背景の黒を拾うかな。
そして影。もう少し方向性を持たせる。
こんなところでしょうか。

PLIEさん、たまには物撮りも面白いでしょう?
新たな発見がきっとあるはずです。
来月も是非お越し下さい!
 6:03/05 コーミン
コーミンです。 お酒のボトルがテーマとのことですが、日本酒のボトルが含まれた情景ということで 拡大解釈しました。 神奈川県津久井の地元に久保田酒造という歴史のある造り酒屋があります。 ここの出来立ての原酒は本当にうまくて一度飲んだら忘れられない味です。 この酒屋さんのお宅は180年ほど前に建造された純日本的な由緒ある家屋で その家屋の中でお酒を並べて売っています。 今日、ここで日本酒のびんの写真を撮らして戴きましたが、酒瓶だけの写真ではなくて ついでに撮ったお酒の売り場の写真を応募することにしました。 もちろんお酒も買も買いました。 この奥のお部屋では数年前に八つ墓村のロケに使われたそうです。  白ヒゲ:コーミンさん、こんにちは。 拡大解釈、時にはOKということで・・・ さて、久保田といえば和食のお店に良くあるあの久保田でしょうか? 日本酒の歴史を感じさせますね。 最近個人的には日本酒離れしていましたが、造り酒屋を見ると日本酒が 恋しくなります。 良い作品を送っていただき感謝です。 こんな仕事私もしたいなあ・・・(笑
 5:03/04 たけやん
新藤さま 初めてメールいたします。 月例作品展、いつも楽しく拝見しています。しかし、見ているばかりでは面白く ありませんので、是非参加させて頂こうかなと、今年に入って決意したところ へ、いきなりの「携帯写真」で挫折。よし次からがんばろうと待ち構えていた ら、なんと「酒のボトル」。 私の住んでいるところ(中東のカタールという国。一部の方には「ドーハの悲 劇」で有名なところです)ではお酒が手に入りませんし、私自身お酒は飲まない ので、これまた涙を呑んで見送りかと思っていたら、酒以外のボトルでもOKとの ことで早速近所のショッピングモールへ出かけて、ボトルっぽいものを調達して きました。 写真はペリエ、炭酸水です。ラベルがアラビア語で書いてあるのがミソ(笑 左からミニ蛍光灯(非常灯)を当てただけの簡単なものですが、最初ということで 生暖かく見守って頂ければ幸いです(汗 機材は、ペンタックスK10D+SIGMA30F1.4 今日、日本から外付けストロボやクローズアップレンズが届いたので、また違う ボトルで再挑戦する予定です。 では、よろしくお願いいたします。 ※HN「たけやん」、URL「http://qatar.exblog.jp/」でお願いいたします。 白ヒゲ:たけやんサマ、こんばんは。初めまして。 中東のカタールから! ますますここも国際的ですね。(笑 さて頂いた作品ですが、ペリエを選ばれたこと正解ですね。 3種類のサイズを組み合わせたことも良いでしょう。 簡単なライティング、ウン確かに。 影の出方が面白い。 これでもう少し透明感が描写できると更にグッド。 寄り引きは僅かに半端か? もう少し寄っても良いのかもしれませんね。 と思ったのですが、ブログを拝見しますと【たけやん】さんのカラーや テイストが改めて良く理解できました。 このままが最も相応しい。そう感じました。 さて、次は違うボトルで再挑戦していただけるとのこと、楽しみ! お待ちしております。有り難うございました。
 4:03/03 尾苗 清、

新藤様
先日はお疲れさまでした。
先月は栄えあるワースト携帯の名誉を授けて頂き光栄でございます(笑
お忙しいでしょうが今月の月例送らせて頂きますので宜しくお願い致します。

Canon5D+Tamron90mmMacro

エルスタジオ 尾苗 清、
http://www.elle-studio.com

白ヒゲ:こんばんはぁ〜。(チョット酔ってます。)
今月の酒ボトル、カッコ酔いですね。
赤と黒ざんすね。
流石黒ビール。
ではなく、オネーサマ、でもなく流石、尾苗さま。
この研ぎ澄まされた感覚。
映り込みがまた影で主張してるし・・・
ギネス、飲みたくなりました!!

尾苗さんのこだわりがフルパワーで出てます。
まじ、文句のつけようが無い。

これはポイント高いですね!
 3:03/02 福岡の O

新藤さま こんばんは。
福岡 O です。

「酒」という文字は入ってはいますが、「酒のボトル」の
お題に相応しくないかも・・・

本日、配達されました「お子様の白酒」、、、我が家では
大人が頂きます(笑゛
(表示は「清涼飲料水」でアルコール分1%未満)
この様な物が販売されているとは思いもしませんでした。
何のヒネリもなく、ただ写しただけですが、「雛祭り」と
いう事でよろしく。

D200 Ai-s 85ミリ 1.4

白ヒゲ:これ楽しいですよ! 色も奇麗。
なんだかホノボノとしていて良いですね。
意表を突かれた感じもありますが、見事です。

白酒なのに濁りがない!!(笑
安直なのにここまで見せる技。
恐れ入りました。
 2:03/02 玉内公一

2ヶ月パスしてしまいました。申し訳ありません。

このお酒、名前がいまだに読めません。数年前にオランダで見つけていらい好き
になったもの。ジンです。
ドイツの有名なのもありますが、こっちの方が口にあう柔らかさが。
残念ながら今はこのメーカーつぶれてしまった様です。
「Corenwyn」というメーカです。

撮影はいつもの手抜きで、ベランダに出してパシャっと。
D2x Aiニッコール180mmF2.8
自然光のみ
玉内公一

白ヒゲ:玉内さま、こんにちは。
180/2.8でここまでボケるんですね。美しい!
前回の作品もそうでしたが、手抜きという割には十分美しい。
この辺りに玉内サンの秘密、或いはスキルの高さがある?
玉内マジックと名付けましょー。(笑
  最近ジンやウオッカを飲んでいないなあ〜。
  玉内さんてば意外にオシャレ。
 1:03/02 ぬまっち
新藤様 仙台のヌマッチです! 先日のLightRoom勉強会ではお世話様でした。 また懇親会での無礼の数々失礼いたしました。(反省) さて月例のお酒のボトル、私大好き!!! と言う訳で一つ目行きます! 焼酎入門用で主に何かで割る時に使用します。 癖が無さ過ぎて物足り無いときもあります。 最近は芋焼酎が美味しい。。。 ネーミングの雰囲気で海をイメージしました。 ですがお酒のボトルっぽくなかったかな〜。 新藤様に教わったハイスピードで撮りました。 次も必ず行きます!!! ライトセーバーで行きたいなー。。。 ではよろしくお願いいたします。 http://nu4602.exblog.jp/ 白ヒゲ:先日はお会いできてホントに良かった、楽しかった! そのぬまっちサンの早くも3作目! サザン、今風焼酎ですね。 焼酎や酒って段々クセのあるものが欲しくなりますよね。 でもこんなタイプも時には良いですね。 さて、作品ですがイキナリ凝ってますね。 その冒険心と努力に脱帽です。 透明感があり、インパクトも十分。 画面下部の海。これは一瞬木目かと思ってしまいましたが(笑 それは私の想像力の欠如ですね。申し訳ありません。 2作目、ライトセーバーですね。これも楽しみ。 お待ちしております。

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴
このページの先頭に行く 
 2007/03/31 飲食店の全面禁煙化を公約にする候補者はいないのか?
昨夜は名古屋からタカポンさん、NYからはうみぞーさんがやって来ました。
EOS1D3の話、中判デジの話、うみぞーさんの新しい作品のはなしで盛り上がりましたが
個人的に一番面白かったのはNYのタバコ事情。
公共施設では当然禁煙。飲食店も禁煙。ビル内全館禁煙もかなり増えているとか。
  歩きタバコが有りってのは不可思議ですけどね。(笑
飲食店禁煙は羨ましいかぎり。

東京都知事選スタートしてますけど
タバコ関連を口にしている方は誰もいない様な気が・・・しますけど。
誰か飲食店の全面禁煙化を公約にしてくれたら絶対に投票するのに。

追伸:3月の月例展は、お陰様で大盛況でした。
総参加点数57点、新記録です。
  ・・・ウッカリ締め切りを過ぎて送ってこられた方が2名。
  申し訳ありません、今月はいつになく締め切りを厳守にしました。
4月の文房具、これも沢山の参加があるのではと期待しております。
ではでは、皆様ヨロシクデス。
 
残念、花見は出来ませんでしたが土手のサクラを楽しみながら10分ほど歩きました。
 2007/03/30 EOS1D系 2台入院。コンデジの構え方。
  
 
左上:1Dmk2の接眼部。ゴムパッドを外してみると欠けている! 反対側にもヒビ発見。ナンデダ?? 
右上:1Ds2の画像。シャッター幕のバウンドらしい。
  上部が白くなってるでしょ? 多重露光状態になってるらしいです。
  1/500以上の高速シャッターで現れるようでした。
CPSの判断ではシャッターユニット交換ですと・・・(泣
ついでなのでシャッター数を確認してもらった。1D2が61793回 1Ds2が7802回
想像通り1Ds2のシャッター数が少ない。なのにシャッター故障・・・
(対応は良かったです。)

代替えを出してもらい、帰り際ショールームに寄った。
ixy1000購入者のための講習会が丁度開かれるところ。
受講者は年配の男性1名。
私もチョット座って聞き耳をたてる。
当然先ずはカメラの持ち方からスタート。
美人の女性が教えてくれた方法が上の絵。
左手の親指が上に来るように 左手に置く感じ。
実際試してみると右手と左手で力を打ち消しあう感じ。
ストロボを隠してしまう心配もなくいいかも。
知ってました??
勿論ixy1000にも触ってきましたが、広角側の歪みが想像よりも少ないですね。
チョット驚きでした。
新藤さま
日々の更新お疲れさまで〜す。
サイトの記事の1DsM2の高速シャッターでの現象、この間うちの子も同じ現象で先日
入院しました。
シャッター回数は1万5千ということでキヤノンは15万回と謳っているらしいので、交
換したシャッターユニット代金は請求されませんでしたが、仕上がってくると今度は
ファインダーの中の液晶(AV値だのTV値だの表示されるところ)が欠けて戻ってきて
再入院。現在代替え機使用中です。
退院時にその場でチェックした方が良いかもです。
===================================
伊田淑乃 
白ヒゲ:伊田さまこんばんは。あらら、それは困りものですね。
そういえばJQさんがセンサークリーニングでローパスにキズをつけられ交換という話題があったばかり。
もうチョット信頼感が欲しいかなあ。
ところで、1D3のシャッターは30万回でしたっけ。
信頼性が上がっていると良いのですが。
新藤 修一さま
カメラマンの小城です。
すっかりご無沙汰ですがお元気そうでなによりです。
さて、シャッターの件ですが、、、、、
スポーツ撮っているウチと比べちゃいけないと思いつつ白状しますと、
今月頭のMLB取材終了時点でウチの1D2N一号機が65,000回、二号機が38,000回、
そして5Dが24,000回。とりあえず今のところ三台とも無事動いております(笑)。
シャッターユニットだけ交換しても他とのバランスがあるでしょうから、やはりデジカメの時代は
二年サイクルで買い換えていくようになるんですかねぇ。はぁ、、、、、、(溜息)
ところでCPSの募集再開が4月中旬までずれ込むみたいですね。募集停止期間中に
「再開したら入れてくれ」で待っておられる方も相当数いらっしゃるのだとか、、、、
これで1Dmk3が出たら一体どうなるんだろう?とちょっと心配です。
(でもOPLF清掃は確実に減るから、窓口に来る人も減るのかな?)
ニコンから変えた当初、キヤノンがどんなサポート体制を敷いているかが全く分から
ない状態だったので、不安も抱えつつのスタートだったんですが、一年経ってみて色々
なことを経験した結果「キヤノンのサービス体制は普通にちゃんとしてる」という印
象を受けています。そうと分かっていればもっと早く乗り換えればよかった(笑)
玄光社デジタルフォトテクニックのレビュー作例にも載せましたが、ISO3200が実用
になる1Dmk3、待ち遠しいです。
ではでは。
白ヒゲ:小城さま、ご連絡有り難うございます。
また先日は1D3有り難うございました。
流石スポーツ系! 1D2N1号機が早々65000回!!ヒュー。
まあ、工業製品の常として当たり外れがあることは仕様のないことですが
バウンドの件はどうやら良くあるらしいですね。
ところでCPSに行ったのは珍しく午後一。
混んでいるかなあ、と覚悟していったのですが
意外にも先客は一人。拍子抜けでした。

>ISO3200が実用になる1Dmk3、待ち遠しいです。
改めてヒトバシラーヨロシクお願いいたします。
 2007/03/29 簡単撮影セットの新兵器、エツミ Eー010改。
先日、仙台の尾苗さんから見せていただいたエツミの小型三脚、Eー010。
アンテナを伸ばすようにサッと伸ばせる。
カメラを載せるにはチョット不安はあるもののストロボなら全くOK。
但し、全高が約1m。縮長は20cm(雲台無し)!!
そこで白ヒゲは考えました。
もっと高くしよう!!
早速手持ちのAを取り付けました。銀一のカメラネジ付きパイプ。
次に眠っていたB、ハクバ3段伸縮センターポール?をたたき起こし取り付ける。
オオ!完成です。全高190cm位はありそう。
Aを2本使用するという技もありますが、そうすると先端に手が届かなく恐れがあり
ストロボのセッティングが困難に・・・
元々センターポールが無い三脚ですので高さ調整は不可能なんですね。

このセット、【非常時】には活躍しそう。
でも問題が無いわけでもない。
先ず三脚の重量だけでも465g(雲台無し)、A+Bが238g
つまり約700g。結構バカになりません。
常時持ち歩ける重量かといえば微妙。

いつもの簡単セットの小型スリックカーボンだけでは絶対に無理という場面でしか
登場する機会はなさそうですが、スタンドバックに入れてもかさばらずに便利そう。

小型カーボン+梅本クリップ+エツミ改があればほぼパーフェクトじゃないですか?

追伸:Aの先端はカメラネジになってますので雲台でも何でもお好きなものが
取り付け可能。このパイプは何本かあると便利ですよ。
銀一オリジナルです。
   Finepix F31fd 星条旗通りの某所屋上にて。 またまたF31fdを褒めちゃうけど・・・露出の取り方が上手。 背面液晶で見てるとチョット心配するような場面でも、想像以上のバランス。 とにかく目をつぶってシャッターを切ればヨロシ。 オッ!! AmazonのEOS1D3。値段が下がってますよ〜。お一つ如何でしょう?(笑
 2007/03/28 ヤフー検索結果って・・・??
 
上はヤフーの【新藤】を検索した結果。
60と69番目に登場です。
が・・・・60番目のURL、2005年の8月でshindo-s.comに移転したはずなんですけど・・・
それが上位に来てるってどうして??
何かヤフーの検索結果って理解に苦しみません?
 
止めたはずのinfoseekで検索した結果が上。
3番目に登場ですが、infoseek本家でさえそうなのにね。
  infoseekの検索エンジンはgoogleを使っているようです。
一体何処からそんな古いURLを引っ張り出すんだ〜???ヤフーさんってば。

って・・・前にも書いたっけ???(笑

追伸:ってほどのことじゃないけど月例展のスタートした辺りを見ていて驚いた。
始めたのが2004年9月、既に2年半の歳月。
その9月界隈の日記のタイトル・・・
  EOS20Dに触ってきた。
  EOS1Ds2を推理する。
  ニコンD2X登場?
そんな時代だったのか??
この僅かな時間の間にもデジカメは進歩し、私達は年を重ねる。
中村由真さんを撮影したのもこの頃だっけ?ハヤ〜。

結構大変な時代に生きてるって事を改めて実感しちゃいました。

追伸:2 AdobeのサイトにLightroomの操作に関するチュートリアルムービーが上がってます。
日本語で説明がありますのでご覧になると分かりやすいですよ。
全9部構成。トータルでは1時間近いシロモノ。
まだ3部を見ているところですが、中々です。
(平尾さん情報でした。)
Finepix F31fd  左はマクロモードで最も近寄った辺り。 中央:素晴らしく暗い池尻大橋の近く。ISO800 1/4 F2.8 立派。(このボックス、かわいい!) 右:梅本クリップ。実戦使用す。(お試し安直モード。)
 2007/03/27 RADEON9600proでモニター回転可能って知ってました?
  
Finepix F31fd (たる型歪みはフォトショップで補正)
左:雨宮さんのお土産【天の刻印】カッコ良いし美味しい。入手困難な麦焼酎らしい。
有り難うございました。
右:仕事場のシネマディスプレー20インチ。
グラフィックボードはRADEON9600pro。このユーティリティソフトがATI Displays。
存在に今まで気が付かなかったのですが、試しに触ってみると上のようなことも可能のようです。
90度回転。(180度も可能です。)
は〜・・・デュアルモニターにして90度回転。これ良いかも。
横位置でデュアルにしても使いにくかったりしますよね。
まあ、モニターは一つなのでウチでは活躍の機会が無いのですけど・・・どう?

オオ〜、ユキヒロさんちでは正にそうしてるらしい。

しかし・・・デュアルモニターってイマイチ使いにくいことってありますよね。
AdobeRGB対応で30インチ10万円以下。重量10kg以下。
ナナオさま、私はこんなのが欲しいです。

私の水玉透かし入り横長省エネ名刺。A4一枚で16枚プリント出来ます。
手持ちが大分無くなってきたので、A4で6枚プリント、96枚分ですね。
さて問題はFAX番号。
未だに新しいFAXは入れていないのです。
壊したのが2/4日。今のところ不便に感じたことは一度も無し。
そんな訳で名刺からFAX番号を削除。ヨシヨシ。
 2007/03/26 目玉クリップにストロボを取り付ける技。
 
私のマンフロットのクリップを見かねた梅本製作所の梅本さんからクリップをいただきました。 イワユル大型目玉クリップ(幅100mm)にカメラネジを取り付けたものです。 くわえられる厚さも45mm程度までOK。(くわえる部分には保護のためにテープを貼りました。) 恐らく加工無しでもカメラサイズのネジさえあれば即使用可でしょう。 この組み合わせで計測の結果は約50gの減量。(笑 スタンドやテーブル、ドアにまでハンディストロボを取り付け可能になります。 しかも文具店で購入でき安価! コイツは便利だ。
新藤 様
いつもお世話になっております。
サイト拝見しました。
目玉クリップの、目玉の穴は意外に大きいです。
今回のクリップで、Φ10.9mmあります。
通常の1/4のおねじの頭では、すり抜けてしまうのです。
あと、ネジ足が長すぎるとか。
そこで、くだんの加工が必要なのですね。
クリップが小さければ、そうはならないのですが、
今度は、くわえ幅が小さいとか、保持力に問題があったりします。
で結局、その加工をせざるを得なかったのです。
穴の小さい目玉クリップがあると、一挙に解決なんですけれど。
では、よろしく願いします。
----------------------------------
有限会社 梅本製作所
          梅本 晶夫
白ヒゲ:影の支配者ラジオさんからもメール頂きました。
詳しい検証をせぬままに、ここに書き連ねたことお許しのほどを・・・
あらためて書きますが、あの目玉クリップ。
素晴らしいことに何も変わりありませぬ。
ラジオさん、有り難うございました。
追伸:上の目玉クリップの写真はF31fdで撮影しましたが流石コンデジ、被写界深度が深い。
手持ち、自然光、でここまで撮れれば矢張り立派。
20Dでここまでのピントの深さを実現しようとすれば
かなり絞り込まなければ不可能、三脚必須か?
新藤さま、
こんばんわ。
写真が小さくてすいません。 1は以前作ってサイトに載せたやつです。
私のは用途が逆ですが、クリップを雲台に付け外しできるように、クリップの穴に、エツミの「ネジ穴付止めネジ」の
長いやつをナットで固定しました。 
緩み止めにスプリングワッシャをかますのが、ミソかもしれません。
クリップは”ソニック”という会社の「目玉クリップ”中”」という奴で口幅は51mm、
口には熱収縮チューブをかぶせて保護しました。 
これの穴はきつめのピッタリで良かったのですが、口幅が小さいので、
丸レフの支持には使えましたが、ロールレフの支持には使えず、用途が限られました。
そこで、スタジオ用のエレンクリップと組み合わせたのが2です。
穴が大きいので、3/8インチの大ネジが入るかと思ったのですが入らず、結局そのまま、
やや大きめのワッシャと、スプリングワッシャをかませて、ナットでクリップの穴周りがやや変形するぐらいに
ギュウギュウに締め上げたところ、うまいこといってます。 
このての市販品もありますが、はるかに安く済むし、雲台と簡単に取り外しができるので、
ロケでも普通にクリップとしてもっておいて、必要になったら手持ちの雲台につけても使えます。
新藤さんのもののように、クリップに雲台を付ける場合だと、市販の止めネジの、両方がオスのものを使って、
雲台が取り外しできるようにしても、面白いかもしれませんね。 大物を付けると回っちゃうかもしれませんが…(^^;)。
金子
  
白ヒゲ:こんばんは。
実は梅本さんから頂いたクリップ。雲台を外すしてネジを外せば三脚にも取り付けOKなんです。
クリップに被せた熱収縮チューブ、グッドですね。
次に遊びに来るときには見せて下さいね。有り難うございました。
 2007/03/26 コンデジの進歩。
  
 
Finepix F31fd リコーGR-D。コンデジの中にあって数少ない持つ喜びを与えてくれる大人カメラでした。 使い勝手も悪くない。レンズも優秀。 なのに半年余り使用してシャッター数は400枚チョット。 何故? 私の場合、EOS20D(あるいはEー300とか)とコンデジを同時に持ち歩くことが少なくないのですが GR−Dと一眼デジを持ち歩くとどうしても一眼デジになってしまうのです。 ピーカンで広角パンフォーカスでOKという場面って思ったよりも少ない?   ISO感度が200以上はノイズ的に辛いのでとりあえずピーカンと書きました。 さて、F31fd。2/15に手許に来て僅かに40日。 シャッター数は747枚。 今も一眼と同時に持ち歩くことが多いのですが、この活躍ぶり。 スナップなら、ボケを求めないなら、広角を必要としなければ、接写をしないのなら、これで十分と感じてしまうからでしょう。   ISO800までOK、そして優秀なレンズ、安定したAWBという安心は大きいですね。      カタログによれば広角時5cmまでの接写が可能と書いてある。      思ったよりも接写が可能なのね。 ところで、最近のコンデジの進歩には全く驚かされますが その一つはレンズの解像力でしょうか。ひょっとして何か技術的なブレークスルーがあったのか? 小さいレンズだからこそ安価に高性能が可能になった・・・なんて事は無い?? あの小さなCCDに小さなレンズでこれほどの解像感が可能ということは 35一眼タイプのデジタルもやる気になれば画素数はまだまだ可能って事にはならないか?? 一段落したかと思っていると、次の波がやって来る・・・凄い時代です。   F31fdに限らず新型のコンデジには驚くような性能の機種が増えているようですね。 追伸:最後の写真。不動前の韓国料理店。数回利用しましたが閉店したようです。 このお店以外にも利用したことはありませんが高級フレンチが一軒閉店。・・・駅前のミニガストも店じまいしてたっけ。 時間の流れが比較的ゆっくりとした街、不動前ですが こんな街でも飲食系の浮沈は激しいようですね。
 2007/03/25 mac G5の起動ディスクが昇天です。
DXOをバージョンアップ。
製品版ライトルームをインストール。
ついでにOSXを10.4.9にアップ!の最中のことです。
G5が挙動不審。【このmacについて】を確認したのがいけなかった??
インストールが途中でストップ。
マズイ!!!
再起動させると動作が緩慢。矢車が廻りっぱなし。
CD起動させてディスクのチェックを試みるも
デイスクのマウントを解除できませんでしたとつれない返事。
消去も出来ない。
OSの再インストールを試みればあと一歩という場面でエラー表示。
mac HDのクローンHDから立ち上げても矢車君がグルグル・・・
  月一くらいのペースでクローンを作っております。
万事休す?
ところが・・・あれこれヤッタ揚げ句にクローンHDをパワーブックに繋いでみると問題なく起動する!!
ふむふむ
G5の内蔵HD2台を引っ張り出し外付けクローンHDからもう一度起動。
何とか無事に成功。
いやあ〜焦りました。

ところで私のG5、丁度3年です。
今までディスクの交換を怠ってきたタタリ??
250G辺りのHDを物色してきます。
 
引っ張り出した内蔵HDD2台。

追伸:大したことないようにも見えますが当事者は大変。
途中PRAMクリアをしてCD起動すればモノクロソラリ画面?なって文字が殆ど読めない!!
ギャー!!!ですよ。

HDは購入リストにもう一年も前から記入されていたんですけどねえ。(笑
まあ、どうやら無事に復旧。
購入したHDは日立製の320G。(1万円以下でした。笑)これで内蔵は2台共に日立製に。
但し・・・何の気まぐれか、to doソフト(do it)が起動しません。
これでけで済むのか微妙ですが・・・まあ良しとしましょうか。

内蔵HD 320+160G
外付け  400+500+160+160G トータルで・・・1700G、 1.7テラ・・・
(500+160+160 これらは繋がってはいますが必要なときだけ電源ONです。)
 2007/03/24 take525+さん/梅本スペシャル自由雲台SLー40AZ/+9 photographers展。
昨夜は博多からの客人がありました。
take525+さんです。
昨年12月の博多ゾロ目会でお会いして以来。
mixiには報告してありましたので
最終的には10名ほどが馳せ参じてくれました。
take525+さんを始め、皆様有り難うございました。

さて、参加された中に珍しい方も約一名。
らじおさんです。(別名ガッツ梅本さん)
知る人ぞ知るあの梅本製作所の影の支配者(笑。
折角ですので改めてこの自由雲台について説明をしていただきましたが
実物と梅本さんの説明で皆さんイチコロ。
次々に購入希望者が・・・(これはホント)
  殆ど何とか商法状態??
冗談はさて置き、超軽量200gにしてシッカリ者。
今まで値段のことには一切触れてきませんでしたが
今なら何と驚きの一万円!!
限定品ですので早い者勝ちですぞ。
設計のこだわりとその完成度の高さは私が自信をもってお薦めします。
  注文は梅本製作所にメールでお願いいたします。
  因みにアフィリエイトは一切無しでスウ。
    色はグレーのみだそうです。残念。
好評なら増産もアリらしい。
続いて私のマイミクであるMYAさんらのグループ展。
南青山2−11−14イチーズビル3F
ICHYS GALLARYで明日まで開催されております。
ワークショップ仲間が集まってのグループ展。
なかなか良い感じ。
気持ちが優しくなれる作品群でした。
(最終日は10:00ー16:00です。)

しもはらさん?
左目のテカリ、ゴメンナサイ。


アマゾンに注文していたLightroom。
本日到着!!
取りあえずご報告まで。
 2007/03/23 気が付いたら夕方。
  
  
Finepix F31fd
渋谷から西麻布まで歩く。ヘアメークのAさんの事務所に向かったのだ。
用を済ませ、帰りはまた渋谷まで歩く。
渋谷ではデザイン事務所で撮影商品を受け取り、仕事場に。
ってなことをしているうちに外は夕方の雰囲気。
今日はPIE2007にも行きたかったけれど、明日かな・・・。

F31fd、撮影後液晶を見ると【ウ〜ン、微妙】と思うことも時々。
液晶が青く感じるのだ。
macで開いてみると、富士独特の青さはあるものの思ったほどではない。
結構いけている、良いカメラだ。

追伸:03/25 何度かWBの青さは書きましたが、決して気まぐれな色味でもない。
好みの問題の範疇です。
 2007/03/22 進化した580EXセッティングの様子。
 昨日、簡単ロケセットの話をしましたが、その詳細をもう一度。
 新たに加わったものの一つ、マンフロットクリップとはEの部分。
 F部分にはにはスリックの自由雲台(Cと同じもの)が付いていて自由な方角にセットOK。
 当然ですが三脚やスタンドだけでなく、加えられれば何処にでもセットOK。
 A、Bの580EXヘッド先端部分。
 サンパックディフューザーのためのベルクロが貼り付けてありますが
 Bを見て下さい。
 アルミ板にもベルクロが仕込んであり、ハレギリなどにも大変便利。
 秒速で取り付けOK。

 Dはマンフロットのアンブレラホルダー(と呼ぶのかな?)
 軽量化のために肉抜きをしたり涙ぐましい努力。

 C部分にもスリックの小型自由雲台。
 580EXを支えるためには小型で軽量、意外にしっかりしていて重宝しています。
 これはお薦め!

  
 話は変わって、LEDライトセーバー。
 久しぶりに実戦使用しました。
 被写体は模型SL。
 黒い金属ボディ、金属光沢部分もある。
 意外に手強い存在。
 そこでLEDライトセーバーの登場となりましたが
 改めてその良さを再確認しました。
 何?
 もしストロボでライティングするならば
 とても1灯では無理な被写体。
 ところがライトセーバーならば一灯で済んでしまいます。
 つまり・・・
 ヘッド間の色温度の相違を気にしなくて済むのです。
 チョットしたことですが、これって大事なこともありますよね。
 追伸:なのに今回の撮影はモノクロ原稿・・・  折角の良さが埋もれていく〜。(笑
 2007/03/21 春。/簡単撮影機材セットのその後。
Finepix F31fd
  
右上:自宅のプラムの花が満開。シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリ達もやってきて大賑わい。
  
左上:椿の葉の裏にチャドクガのタマゴを発見。
右上:春とは言え、未だ冬眠中の我が家のカメ達。(枯れ葉を被せた水の中です。)
  
久しぶりに玉川上水を散歩。井の頭公園は春を探しに来た方で賑わっておりました。
  
  
最後の2枚は Eー300 14−54zoom

カメラバッグ 6.5kg スタンドバッグ 4.5kg
先日久しぶりに計測してみました。
合わせて11kg。これを担いで簡単な撮影ならば電車移動する訳ですが
バッグの中身は気が付くと次第に増えていることが多いようです。
EF16−35、EF28、EF50、EF85・・・・そして最近はEF35/2.0も加わりました。
(レンズは100均のポーチを使用しております。)
25mm接写リング、サンパックディフューザー、小型丸レフ
オフカメラシューコード2本、ST−E2外付け用アルミステー
予備エネループ8本、アングルファインダー、リモートレリーズ、水準器
EOS1D2、1D2用予備電池、新藤スペシャル小形充電器
メモ帳、携帯用充電器(単3、2本使用)、CFカード7枚
   首からかけたり、バッグに入れたりでFinepix F31fd。これも連れていきます。(笑
以上がテンバトートバッグ(インナー保護バッグつき)

580EX2台、ST−E2、スリック小型カーボン三脚
延長センターポール4本(これでストロボは3m近くまで高くなります。)
マンフロットアンブレラホルダー改、アンブレラ
梅本スペシャル自由雲台、白布(切り抜き用)
5WLEDライト、ライト用予備リチウムバッテリー
黒パーマセル、ブロアー、マンフロットクリップ+小型自由雲台(580EXが取り付けられる)
5x6cm程度のアルミ板、色温度変換用ゼラチンフィルター
1m角ビニールシート(傘代わりになったりゴミ袋になったりします。)
以上がエツミ三脚バッグに納まっています。

   最近頭をよぎるのは、広角ズームEF16−35
   重い大きい高い、しかも写りはイマイチ。
   いっそのことシグマ20mm/F1.8に換えてみたらどうだろうか・・・と思ったり・・・
総重量11kg、コンデジで仕事をすれば話は別ですが、かなり究極の軽量化機材ではないでしょうか。
CFカードさえ足せば何日でも出張撮影が出来ます。
イヤハヤ、電車移動は快適です。
 2007/03/20 Finepix F31fdのその後、ノイズ編。
 
上はFinepix F31fdのISO感度設定によるノイズの出方です。
1600以上になりますととっと辛い感じはしますが800まではかなり使えますね。
因みにこのグレーッシュな被写体。仕事場のシネマディスプレーのグレー画面です。(笑
勿論AWB。
チョット蛍光灯被り(バックライトの冷陰極線は蛍光灯のようなものですから・・・)を感じますね。
  
こちらもF31fdで撮影したもの。AWB設定。
左が縮小しただけのもの。どうですこの色味・・・富士クロームっぽい青さでしょう。
  若しくは車の窓越しに見た風景の色にも似ているか。
右はフォトショップで青味を取り去ったもの。(過剰補正か?)
空の青さや雲の色味は左に軍配。右はジーッと見ているとつまらなくも感じる?
うぬぬ、色の作り方って難しいものですね。
 2007/03/19 Finepix F31fdのその後。
2月16日に購入したF31fd。
その後も極めて快調に動いている。
富士クローム風のチョット青めのAWBは、個人的にはもう少しウオームの方が好み。
とは言え、ほぼ必ず持ち歩いている。
仕事に行くときも首から下げているか、カメラバッグに忍ばせている。
ほぼ一月で682回のシャッター数。
この間、充電は購入後初めての充電のみ。
電池マークは今日初めて一目盛り減りました。
想像以上の電池の持ち。(F810は電池も小振りで大食いでした。)
今回は予備電池の購入を初めて見送ったのですが、正解だったかも。

今まで何台かのコンデジとお付き合いしてきて
【嗚呼、ヤッパリコンデジってこんなもんだよね。】
と言う諦めにも似た気持ちに必ずなるのが普通でしたが
F31fdは、未だに毎日持って歩けるだけのポテンシャルを持っているということですね。
細かいことを言えば、もっと接写できればよいのに・・・とか
広角側の歪みがもう一歩・・・とかありますけど
・・・・・これはもう許しましょう。
 
廃校になった日野中(品川区西五反田、仕事場の直ぐ近く) Finepix F31fd

追伸:何時かチャンスがあったなら、31fdを仕事で使ってみたいと秘かに企んでいます。
サブ機として使用してこちらのデータを納品する。これも痛快。
勿論これで撮影できるケースは相当限定されるでしょう。
でも、ありえると思うなあ。
このカメラを教えてくれたハナポンパパ野村さんに感謝ですね。
 2007/03/18 MAC+パラレル=バラ色?
数日前、私が朝自宅から出掛けようとすると丁度黒猫ヤマトが荷物を抱えてやって来た。
荷物の発送人はアップルコンピュータだ。
受取人は・・・・
残念ながら私ではない。長男だ。
iMac20インチ、インテルmac。
そして昨夜
【オトーサン、興味あるでしょう・・・】
ニヤリとする息子につられて覗いてみるとwindowsも走っている。
bootcamp、これは有名ですよね。
ところが・・・彼が使っていたのはパラレル(79.99ドル)。
再起動無しで同時にMacOSXとwindowsが走るらしい。
スピード。これはbootcampを使用するよりも劣るようですが意外に健闘している。
しかもXPだけではなくVISTAまでOKなんですと。

今度息子にお願いしてフォトのつばさをテストしてもらおうかな・・・(笑
まあ、便利になったものですね。

追伸:気が付くと私よりもMACに詳しい息子がいる。
頼もしいのか、私が出遅れているのか・・・ちと悔しい。

上の写真、一昨日の井口さんをFinepix F31fdで撮影したもの。ISO800辺り。 どうです? イケテルでしょ。このローノイズ! これだけで見るかぎり1D2よりもローノイズかも!?(笑    何故コンデジで撮影してみる気になったか・・・周りの女性が皆コンデジや携帯で撮影していて    液晶をチラッと覗き込むと、結構撮れている雰囲気。    チョットチョット・・・ヤバイじゃないですか。    で私も負けずにF31fdを登場させたわけです。      開放が暗い分どうしてもスローシャッターになりがち。      この画質なら思い切ってISO感度をもっと上げても良かったか?    サイト上での使用ならば全くノープログレムですね。(印刷でもOKですね。)
 2007/03/16 井口弘子さん。
  赤坂グラフィティ午後7:00
 井口弘子さんのライブがスタート。
 3才から詩吟を習い始めた彼女の歌唱力は抜群。
 バックにはアコースティックギター、バイオリン、ベース、ドラム。
 新しい詩吟の誕生です。
 
 その彼女の初アルバムが5月にリリースされます。
 (そのカバーフォトを私が撮ることになりました。)
 私の心を揺さぶった彼女の詩吟。
 日本人の心に届いて欲しいと思うのは私だけではないはず。

 このサイトにお越しいただいた皆様も応援してあげて下さいね。
 










 左:EOS1D2 EF85/1.8 ISO1600
 2007/03/15 六本木ミッドタウン。
  
EOS1Dmk2
昼間は神保町、夜は六本木ミッドタウン。
3月末のオープンに向けて着々と準備は進行しているようです。
上の2枚はミッドタウン内某銀行。

明日の夜は珍しく赤坂でライブを聞きに行く予定
追伸:お茶の水のY氏から携帯に連絡があった。
どうやらFinepix F31fdを購入したらしいのだが
【新藤さん、これ凄いわ。参った!】と早口でまくし立てた。(笑
実際のところ、ホントに良く写る。これで歪みが更に無ければパーフェクトに近い。
コンデジってチョット遊ぶともう持って歩く気がしなくなる機種が多いものですが
これは必ず持っていきますね。
一眼デジ顔負けの解像力。軽量小型。この値段でこの画質は驚きです。
 2007/03/14 懐かしのスタートカメラ作品展開催中。
目黒のギャラリーコスモスで昭和20年代に作られたスタートカメラによる写真展が開かれています。
撮影はコスモスインターナショナル社長のお父さんがメイン、そして社長。
時代は昭和30年代。平和で大らかな時代。
私の子供時代にもだぶっているので、何とも懐かしい気持ちになりました。

追伸:PIE2007(カメラショー)に行こうと思うけれども入場券が・・・・
何て方、ギャラリーコスモスに無料招待券が沢山あります。
施肥お越し下さいとのことでした。
 Finepix F31fd
左:新山社長の子供時代! 右:スタートカメラ
 2007/03/13 本日の進行報告。
昨日の物撮りの現像、及びズーッと放置プレイ中だったこちらも物撮りの現像切り抜き作業
   物撮りはEOS1Ds2、大型ストロボ5台、スタンド沢山、トレペ・・・・
   流石に電車移動は無理ですのでお願いしたアシスト氏から車を出してもらいました。(笑
 
午後一件打ちあわせ。
ひょっとするとプレゼン用の物撮り。
プライベートな話ですが12年目でついに壊れた日立製洗濯機の後がま探し。
   5人家族で酷使された割に12年は、結構立派?
  
本日の進行報告でした。

追伸:中学卒業を間近に控えた三男。数日寝込んでいます。
昨日検査してみるとインフルエンザB型であることが判明。
まあ、受験中でなくて一安心。
 2007/03/10 EOS1Dmk3、その2。
土曜日の午後、友人のK氏が1D3を持って仕事場にやってきた。
私の1D2、K氏の1D2N、そして1D3の3台が揃い踏み。〔D2Xも友情出演)
先ず背面液晶をチェック。
3インチの大きさは圧倒的。
マクベスカラーチャートを撮影して並べてみる。
どれも問題なし。
 

 
   1D3の液晶・・・ピントが外れてますね。(笑
   まあ、外れていることは一目瞭然ですが、ご覧のように拡大率は思ったほどではない。
次にチェックしたのはノイズ。ISO800でグレースケールを撮影。
面白いのは1D2よりも1D2Nの方がノイズが多い。
   D2Xのノイズ、思ったよりも健闘!!ファームウエアのバージョンアップで
   大分改善されたらしい。
グレー自体は3台の中で最も奇麗。
次にライブビューのチェック。レンズはEF50/1.2L。
x1、x5、x10の3段階に倍率が変わるのだが
x10で液晶を見ていると開放でのレンズの甘さや
絞り込んだときの回折による画像劣化も即座に判断でき便利。
勿論MFによる正確なピント合わせが可能です。
小物の物撮りでは重宝するでしょう。
最後のテストは20本分のAF登録。
これは思ったよりも簡単。〔撮影現場での作業はビミョー)
私のタムロン28−75も何の問題もなく登録できました。
駆け足のレポートですが、取りあえずこんな風。

追伸:D2XはY氏所有。レンズは17−55/f2.8ズームを装着。
グレースケールを等倍で見たときのピント精度が実に素晴らしかったので
【これ今日の中で一番じゃないの?】と褒め称えると
このレンズで合うようにとお願いしたからなんですよ。
そのかわり他のレンズではピント合わなくなってしまいました・・・とのこと。
なるほどねえ。
ってことは1D3の20本までAF登録できる新しいシステムは矢張り嬉しい機能ということでしょうか。
 
Finepix F31fd
 2007/03/08 EOS1Dmk3。
olympus E-300 
昨日午後、某所でEOS1D3にも触れました。
サイズは大きいままですが、持ち上げると確かに軽くなった様な気がします。
液晶は3インチになって悪くないですね。色や明るさもOK。
ボタンの数も減ってメニュー周りの操作性は上がったか。
2ボタン設定もほぼ解消。ヨシヨシ。
想定外のライブビュー。物撮りでは重宝するでしょう。
ピントの確認のためだけにノートPCを繋ぐような事は不要になりますね。
10コマ/秒。ここまでのコマ数は私的には滅多に使用しないと思いますが
コマ数を自由に設定できるようになったことは嬉しいですね。

AFセレクト。これはチョット。
クロスタイプセンサーが増えたことはプラスですが、まだ馴染めません。
ここが一番のネック?(設定に問題があったかもしれません。)
いっそのこと・・・45の測距点全てをクロスセンサーにしてくれたら感激だったんだけどね。
   20本までのレンズのピント設定を登録できるようになったことは進歩と考えますが
   新聞社や雑誌社では複数の同じレンズがあり、このシステムでは複数を認識しないらしく
   個人使用では問題になることは少ないと思いますが、更なる進歩が必要か?
バッテリーチャージャー。折角バッテリーは小型軽量化されたのに
バッテリー2連装タイプの充電器はどうにも大きすぎ。
新新藤スペシャル小形充電器が必要になるのか??(笑
ヒストグラム表示、液晶が大きくなった分見易くなったはずですが
基本的な進歩は無し。がっかり。
SD14の様に拡大に合わせてヒストグラムも拡大部分を表示してくれたら良いのに・・・

新型580EX。これはスポーツ系の方のための進化?
ST−E3は今回は見送りになったようですね。これも残念。

プロは益々ニコンからキヤノンに移行する方が増えているようですが
ニコンはニコンで売れ行きも悪くないようで、先ずはメデタシ。
この先の35タイプ一眼デジプロ機は、このEOS1D3がスタンダードとなるのでしょうか?
私の周りでは既に予約した・・・と言う話を耳にすることが多いようです。

追伸:03/09 何度も書いてきたことですが・・・
私も永らくニコンユーザーでした。
スナップや風景ならば全く問題ありません。
フィルムライクな点に好感を抱く方も多いことでしょう。
キヤノンにしてもニコンにしても、作品という観点で考えれば
何で撮るかではなく、何を撮りたいのか・・・この一点になることは言うまでもありません。

先日の江の島、現像時に更にフォトショップでチョット遊んでみました。
心の中の印象はこうなのです。
いや、こうあって欲しいという願望でしょうか。
 2007/03/07 小川町。
  
  
Finepix F31fd
朝一で小川町のオリンパスへ。Eー300の修理上がりを引き取りに行く。
T氏とちょっとスリムになってアクが抜けた?(笑)H氏と新機種の話題で盛り上がる。
Eー410にも触れました。あのコンパクトさでライブビュー機能付き。
驚くことにライブビュー時にもAFが動作可能のようです。
今回E-410E-510が同時に発表され、年内に更にEー1後継機、そして5本のレンズ!
矢継ぎ早に新製品を出す予定のようですが
レンズで一番興味があるのは14−35F2.0 SWDでしょうか。
超音波モーター駆動、開放F2.0。
これは4/3ならではの企画でしょう。
510。こちらはボディ内手ぶれ補正内蔵。これもついに来たか・・・そんな感じですね。
さて、2007年のデジカメ戦線の行方は如何に??
 2007/03/04 3月ゾロ目会/IKEAに行く。
  
   
以上、EOS20Dモノクロモード、(関氏撮影す。)後半の2枚はLEDライトでダイレクト照明。
昨日のゾロ目会、ライトルームの話からCS3。EOS1D3の話題・・・勉強会というよりは飲み会モードでした。
1D3の優秀らしいことはもう今更言うまでも無く
ライトルームとCS3の関係で結構盛り上がりました。
結論ですか? どちらも購入というのが正解でしょうけど
ライトルーム+CS2の組み合わせが当面の方向でしょうか。

 

4日(日)苦渋年式の最後の仕事は、ショッピングに変更。
新横浜に出来たIKEAに昼過ぎにカミサンと出掛けました。
辿り着くと駐車場は既に満杯に近く、店内に入っても物凄い客数。
30台並んでいるレジも会計待ちの行列!
家具屋さんとは信じられない感じ。
品数も多い〔雑貨も充実)、値段が驚くほど安い。使いやすそう。
店内で気に入った商品をチェックした後、巨大な商品倉庫?から自分たちでワゴンに載せますが
結構重かったりで女性一人では不可能。老夫婦でも無理。
  ノックダウン商品が多いので組立作業もあり、これも女性やご老人では無理か?
道理で客に若者が多い訳だ。
買い物を済ませ、苦渋年式に載せ(これがまた結構重くて大変)
店舗をでたのは何と夕方6時でした。
未だ店舗は船橋と港北の2店舗のようですが、これは在来店に相当なショックがあるのではないでしょうか?
但し現時点ではネット販売は無し。
来店のみの販売だそうです。(宅配便での発送はして貰えるそうです。)
恐らくは自社製品のためだけの巨大店舗。今まで日本には無かったことは間違いない?
追伸:20代の頃、IKEA製ワードローブを持っていましたのですが
今回港北店に行き全く同じ商品を見つけて嬉しいやら驚くやら・・・
し・か・も・・・値段が当時よりも安い!! 何だかな〜。〔笑
 2007/03/03 江ノ島、茅ケ崎、物撮り。
  
  

昨日の一部。朝一で江ノ島界隈に行く。ややもやっている湘南の海。想像しただけて手強そう。
一度の撮影ではきっとキレイな絵は撮れないだろとタカをくくっていたけれど
思ったよりも良い雰囲気。ラッキー。
右上はその後の物撮り。何と会議室に50インチのモニターがある!
試しにパワーブックに繋いでみた。
でも・・・色味が合わない・・・・(最後の方でやっと調整が出来良い感じになりました。)
大きいけれどドットが粗い。
まあ、会議では十分か?
左下、あるものは何でも使うという技。
ミラーを何処からか調達。その上にマットPPのプラスチックケースをお借りして即席背景!
これがグッド。思った通りの感じに仕上がりました。(笑
右下、この日の夕食の一品。
白魚(しろうお)つぶらな瞳でチョコチョコ泳いでいます。
醤油をたらし、クイッと口に。
口の中でも泳いでいます。白魚君ゴメン!
 2007/03/01 ソフト上の補助光。
 
 

ウチに来たことがある方は良くご存知の風景。
EOS1D2で撮影。上は撮りっぱなしのjpg、下はDXOのDXOライティングをONにして
全体の調子を整えたものです。
このシャドー部を持ち上げてくれる機能は、オリンパスマスターの自動トーンカーブ補正や
Lightroomの補助光など、最近は何種類もあるようです。
今日は今上げた3種類のソフトを使用して上の画像から調整してみたのですが一長一短。
まあ・・・最近立ち上げる機会が増えたLightroomが慣れという点で使いやすいか?

当然ですが、ここまで調整するためにはJPGからではチョット厳しいこともあります。
余裕があるならばRAW+jpgの同時記録が宜しいかと思います。
α100辺りはカメラ内にこの機能を内蔵しており、RAW状態でこうした処理が出来る?
でも・・・欲張り過ぎは良くない? 悩ましいところですね。

追伸:17年間、苦楽を共にしてきた苦渋年式。
ついに来週の月曜日、お別れを告げる決心をしました。
引っ張りすぎ・・・・と言う噂はあります。もうこのサイトを始めた頃からの懸案でしたから・・・
まあ、やっとその決心がついた、そういうことです。
ここ数年、一月に一度くらいの利用率。
ネットで探した廃車屋?に連絡してみると無料で引き取ってくれるとのこと。
長い間、有り難う。
ずぼらなオーナーで申し訳なかったね。
引き取られた後のことは知る由もない。潰されちゃうのかな? 部品取りになるのかな?

冷静に振り返ると、激動の17年だったよね。
長くもあり、短くもあり。これはもう一つの歴史だ・・・・・。
合掌

このページの先頭に行く  日記の先頭に行く

後書き・独り言47/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言49

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴