TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴

後書き・独り言52/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言54 

新藤修一のお薦め
 2007/08 予定通り8月のテーマは【20世紀】です。
日記の先頭に行く
8月の月例展のテーマは既に発表しておりました通り【20世紀】です。
21世紀も7年という歳月が過ぎ改めて冷静な目で20世紀を見つめる時代に
なったのではないかという個人的な思いです。
勿論、例によって20世紀をモノで表現していただきます。
それぞれの思い入れの20世紀、良いですね。
時代を真正面から捕らえた20世紀、これも素晴らしい。
あなたから見える20世紀、お待ちしてます。



月例作品募集要項
 47:08/30 asa_k
3ヶ月連続してギター関係です このギター、バイトでお金をためて新品を購入したのですが 今やそろそろ持ち主も含めてビンテージの仲間入り? かなり酷使してきましたので、いたるところ傷だらけ 最近はあまりこいつを持ち出していないので これらの傷には若かりし頃の音が そして僕の中の20世紀の時が、刻まれています とはいっても一度中の配線が外れ、て修理しただけで 30年たってもまだまだバリバリ現役です 私自身もギター同様いつまでも バリバリ現でいれたら良いのですが・・・ nikon D70 50mm            asa_k 白ヒゲ:一つのことを続けられる方って尊敬しちゃいます。 思えばギターも、サックスも、ピアノも途中で投げ出した私です。 どうも忍耐力に欠けているのか?音楽センスが足りないのか? 辛うじて続いているのは写真くらいですね。(笑 機会が有ったらasa_kさんのギター聞かせて下さいね。
 46:08/30 田中龍一
新藤様 ゴルこと田中です。猛暑の中写真展お疲れ様でした! 猛暑にかまけていたらはや月末(汗) ぎりぎりの投稿ですが、大丈夫でしょうか? 20世紀と言うことで、 「ナウイヤングにバカウケ」(20世紀語?)などと今となっては死語になってし まった言葉を復活出来れば・・・と虎視眈々と狙っているゴルです。 さて、20世紀。 「50年後には石油が枯渇する」と、教えられ、 「じゃあ、石油製品のフィルムはどうなるの?!」と、危惧し、 写真の補正は「オペレーター」の時代。 「デジタル」は聞くものの、 「所詮フィルムの「粒子」にかなうわけが・・・・・・・」と、 今ではフィルムを凌駕せんと(すでにしてるか。汗)するご時世。 一体どうなってしまうのでしょうか?・・・・・ と、言うことで、散歩に、旅に、大活躍のろーらい君です。 目測ですが、非常に好きなカメラで、 「レンズ交換なぞ割り切ってこれ一台!」 な〜んてお供に旅行に行っていたものです。(笑) で、いざ、写真を送ろうと思い新藤さんのページを見ていたら菅さんも同じカメ ラ・・・・結構ファンが多いんですね♪ 嬉しく思いつつも、被写体が重複してしまったことお詫びしますm(_ _)m(〆切 時間が〜〜!!@rz........) 1DS-mk2 EF 24-70 2.8 1/125 F11 ST-E2  EX580x2 この調子だと九月は涼しくなりそうですね♪ -- 白ヒゲ:ダブること、一向に私は気にしません。同じ作品であるはずが有りえませんから。 さて作品ですが、上手く縦位置に収めましたね。カメラケースの使い方が抜群! カメラの質感も非常に良くでています。今月は締め切りがチョット緩めですが 私がヒマだって事ですね。(笑
 45:08/30 野口倫稔
新藤様 毎度お世話になっております。 先日は月例展にお邪魔させていただきましたが、こちらもあまり時間がなく、あ まり話す時間もなく帰ってしまいました。またぞろ目会など参加させていただき たいと思います。よろしくお願いします。 さて、月例展、どうしても応募したかったので、最終日過ぎている気もします が、26時ということで応募させてください。 20世紀というテーマで、20世紀は何の世紀かといわれると、 「半導体の世紀」であったと私なら答えます。 1947年のトランジスタ、1959年のICの発明といった聡明期から対して時間の経た ない、1965年のムーアの法則が発表されて以来、それを守るべく40年以上も半導 体業界は進んできました。 いえ、半導体業界ではなく、産業すべてかもしれません。実際、半導体がないこ とを考えると、このメールが打てない、そもそも添付の写真も取れない、電源の 電気も(制御を考えると)発電できない、車や電車も動かない、、、、とすべての 生活が止まってしまうはずです。 などと書き出して見ましたが、わたしも半導体のおかげでメシを食えている身分 なのですが。。。 さて、そんなわけで撮影対象は、半導体です。それもあんなこととか、こんなこ とをすると見れるそんなものです。まあ詳細は語れないということで。 ちょっと反則っぽい写真ですみません。 カメラ、レンズ:キーエンスデジタル顕微鏡 フォトショップ処理 以上よろしくお願いします。 白ヒゲ:野口サマ、こちらこそ申し訳ありませんでした。 折角お越しいただいたのにお相手が出来なくて。 さて、頂いた作品。実は一番に閃いたのは私も半導体でした。 ココまでアップではなく、大人しくトランジスタでも撮影しようかと企んでいたのです。 (結局撮影までは至りませんでしたけど・・・) 野口さんの作品、おもしろいですね。反則に近いといえば近いけど、へ〜〜〜って感じ。 イスラム系の寺院の内装にありそう。 それから当然かもしれませんが、キーエンスの顕微鏡のレンズ?歪みが無いですね。 レンズはこうでなきゃね。
 44:08/30 杉並の奈良
新藤 修一 様 お世話になっております。 大変遅くなりました杉並の奈良です。 【SEIKOSHAの振り子時計】 小さい頃祖母の家で良く鳴り響き時を知らせる振り子時計です。 時は変わり、現在は電池式のものを使っていますが 何年か前にゼンマイ式のものを処分するところを引き取りました。 この鐘の音を聞くとあの頃を思い出します。 たまにゼンマイを巻いて 使っています。 昔を思い出す映像はなぜかセピア色で蘇ります。 なのでセピアで表現してみました。 ライティングは電球2灯で1灯は揺らしてみました 補正はトーンカーブ、レベル補正で整えました。 使用カメラ:[ Nikon D80 ] 使用レンズ:[24-50mm F3.3-4.5] (↑先月購入したNikonのVRレンズが故障で修理中のためこちらのレンズでトライ) 設定:ISO100 15秒 F22 よろしくお願いします。 白ヒゲ:奈良サマ、こんばんは。どうやら8月のラストバッターですね。 今月の作品、良い味出してますねえ。 全体の色合い、フレーミング、黒枠。 (黒枠はもうチョット細くても良かったか?) 撮影技法、すべてがバランスよく心地よいですよ。 こうしてみますと、昔の柱時計は調度品だったんですね。(TVもか。) 誇らしげなSEIKOSHAの文字。 数十年の時を経て、未だに動き続けるその完成度。 大した時計です。大事にしてあげてください。
 43:08/30 尾苗 清、
新藤様 先日の合同展では大変お世話になりました。 「20世紀」何とか誤摩化しながらも提出させて頂きます。 20世紀を振り返れば恥のかき通し並びに上塗りの連続 赤恥、大恥、青恥(イカン画面に写ってない.........)小さな恥は数知れず..........。 散々上塗りして書き捨てる方が宜しいんでしょうか? 洒落にもならないつまらないものですが宜しくお願い致します。 尾苗 清、 http://www.elle-studio.com/ 白ヒゲ:旅の恥はかき捨て。 聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥。 ・・・ その恥に気が付くこと。 とても大事。 なのに・・・これって最近忘れられつつあるかも。 恥の文化が21世紀には絶滅するかも・・・。 特に女性の間で希薄になっていないか? 尾苗さんは、大丈夫。 古風な気質だし、サムライだ。 いや、棟梁と言ったほうが似合うか? イヨッ、大統領! ・・・この丸めた紙くずがナンダカ愛おしい地球に見えてきましたよ。 (シラフです。)
 42:08/30 加藤鉄男
新藤様 またまたご無沙汰しております。町田のこじゃんと加藤です。 色々な事情がありましてしばらくROMも休業させていただいておりました。 最近久々に拝見しましたら月例作品展も継続されているので感動いたしました。 前回はミニカーの募集に飛行機を出品してしまい失礼をいたしました。掲載頂き感謝です。 今年の夏も息子の追っかけで関東を駆け回っておりました。 ソフトテニスの試合を追っかけましたのでほとんどがビデオ撮影です。 やはりスポーツを記録に残そうと思うとスチール撮影では不可能な部分が多々あります。 ブログの方に試合の動画なども掲載しておりますのでお暇な時にでも覗いてやってください。 何を血迷ったか愚息が小学生の東京都の予選で優勝してしまい、 同行カメラマンとして関東大会、全国大会などに遠征してしまいました。 私の近況などはブログの方に譲らせていただきます。 写真は8-30の夕方応募を迷った末にあわただしく撮影しました。 EOS5D(現在のメイン機)EF24-105mmf4L IS 念のために確認しましたら写っている猫も20世紀生まれでした。 ルーペ上の画像はハメコミ合成。 撮影も処理もテーマもすべてイマイチですね。 ぎりぎりの応募で申し訳ありません。 次回はもう少し余裕のある時期に練ったもので参加させていただくつもりです。 URL メアドなども変更になっております。それでは失礼いたします。 加藤鉄男  URL http://homepage3.nifty.com/cojant/  ブログhttp://cojant.cocolog-nifty.com/ 白ヒゲ:お久しぶりですねえ。こちらも何とか生き続けてますよ。 こうして、またお会いできただけでも感激です。有り難うございます。 そして御子息の活躍、お目出度うございます。 9日のゾロ目会、良かったら参加しませんか。
 41:08/30 豪徳寺のKこと古浦
新藤さま 合同月例展では大変お世話になりました。 今回は心にある20世紀への思いを代弁する 被写体を見つけることが出来ず今日まで来てしまいました。 今回は代替え案になってしまうのですが、 以前は欠かすことの出来なかったモノを題材に・・ 今では灰色のペンに取って代わってしまいました。 フォトショップCS3にて現像、若干のトリミング。 データ Canon EOS1Ds2,EF180/3.5 Broncolor Satellite Staro1灯 豪徳寺のKこと古浦 白ヒゲ:ルーペ達。私も4〜5個は未だに持っているはずですが・・・ 最近は虫眼鏡ツールのみ活躍中です。 さて頂いた作品、ルーペの並びが美しい。180mmで撮影されているので 歪みも殆ど無く、実に安心して観賞できますね。 赤のダーマト。これが一番手強くなかったですか?(笑 何処に置くべきか、意外に悩むものですよね。 追伸:合同展では有り難うございました。引き続きヨロシクお願いいたします。
 40:08/30 広島の藤川
新藤様 広島の藤川です。 ギリギリの粗作ですがよろしくお願いいたします。 自分にとっては20世紀に一番影響を受けたのは父でした。 21世紀に入ってすぐ逝ってしまいました。 町の写真屋のオヤジはいつも友人がそばにいて 仕事もせずにサテンでコーヒー いつもゲラゲラ笑ってばかり たまに写真を撮る たまに暗室で手焼きする タバコを吸う 釣りに行く そんなの見てたら写真屋になりたくなりませんか? モノトーンでごまかそうかと思いましたが 恥ずかしながらほとんど撮って出しです。 よろしくお願いします。 EOS1Ds Mk 50mm Macro HPhttp://www.seikonet.ro/ 白ヒゲ:今月も参加頂き有り難うございます。 他界されたことは残念ですが、オトーサマの時代はどうやら平和だったようですね。 私の三人の子供たちが誰もカメラマンになりたいとは言わないのと対称的。(笑 さて作品です。ギリギリで焦りが出てらした??題材は素晴らしいのにチョット詰めが 甘い・・・惜しいです。 9月はセルフポートレイト。自分を出しきる覚悟で来て下さい。 お待ちしてますね。
 39:08/30 三鷹のJQ
新藤様  合同月例展お疲れさまでした。この場をお借りしまして、参加者ならびにご来場 いただいた皆様に御礼申し上げます。想い出に残る素敵な写真展となりました。  さて、例によって遅くなり申し訳ございませんが、お題の「20世紀」を お送りさせて頂きます。昭和45年に復刻された南洋一郎著『吼える密林』です。 少年向けの冒険小説で、初版は昭和8年。日本が国際連盟から脱退した年でもあり、 第二次大戦へと向かってゆく不穏な時代だったのでしょう。前書きにあたる 「少年諸君よ!」という文章からも、当時の世情を伺い知ることができます。 少々引いてみますと、「私の愛する帝国の少年諸君よ! この美しく尊い日本の国土を 護るために生まれてきた諸君よ。諸君はどこまでも強くなければならない。 何者にも負けない大国民とならなければならない」  と、こんな具合です。「美しく尊い日本」。 昨今、似たような言葉をしきりに耳にしますが、計り知れない違和感と暗く重苦しい 気配を感じるばかりです。最後の数行には、このようにも書かれています。 「勇敢なる大日本の少年諸君よ! いかなる危険も突破し得る體力と智力を養いたまへ。 そして御國のため大君のため、萬難に遇っても屈しない、強い精神力を養いたまへ」  子供の読む本にさえこんな言葉が踊る時代は、やはり尋常ならざるといった感が 否めません。今、「美しい国」や「愛国心」という言葉に触れるたびこの本の存在を 思い出し、我々が20世紀に何をしてきたかこれからどこへ向かうのかを考えてしまいます。 Jacquie Quartertruth Photography http://www.jqp.jp/ 白ヒゲ:南洋一郎氏に限らず、この時代にはお国のためと言う一言で多くの作家が 写真家が、画家が、企業が、市民が、近隣他国民が半ば強制的に協力させられたり 戦地に赴きました。 戦争経験者は次第にこの世からいなくなり、時代は移り変わります。 バブル後生まれの若者が大人になる時代です。 21世紀、この100年がどんな時代になるのか・・・。 恐らくは20世紀よりも更に渾沌とした時代のような気がします。 しかも、そのまだ入り口に私達はまだいるのです。 この国の行方、この地球の行方を思うとき、暗い気持ちになるのは私だけでは 無いでしょう。(今、若者たちは右傾化しているそうですねえ。) 作品、上部の黒が効いてますねえ・・・闇に包まれつつある20世紀? そんな感じがします。闇に天板と本の絶妙なバランス・・素晴らしいです。 それにしても・・・この本、どこで入手したんですか? マニアックなんだから〜。(笑e
 38:08/30 菅 正輝
新藤さま こんにちは。菅です。 月例展、お疲れ様でした。 20世紀。何を撮るか最後まで思いつかず、結局20世紀に発売されたカメラを2台。 Rolleicord Vb と Rollei35S です。 21世紀の現在に、このままのスタイルでデジカメとして発売して欲しいものです。 EOS30D EF24-105mm/4.0 ST-E2+580EXx2 スチレンボードディフューズ使用 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/ 菅 正輝 白ヒゲ:2台のローライ。良い顔をしてますね〜。 工業製品全てに言えることですが、最近のデザインはつまらない。 無駄が無さ過ぎるか、無味乾燥であることが多い。 残念なことです。 さて今月の作品。 黒バックで黒いカメラ・・・難易度が高い撮影ですがお見事です。 ムリして2台同時に撮影しなかったことも好結果の原因でしょうか。 如何にもドイツらしい端正なデザインが図鑑のように並べられ 微かな凄みさえ感じます。 ローライの4x4版?二眼、あのサイズ、デザインでデジタルがでたら・・・ 私も欲しいですね。
 37:08/30 川井 淳
新藤様、お世話になります。 合同月例展お疲れさまでした。 お忙しそうでしたので早々に引き上げさせていただきましたが、 とても盛況でしたね。 僕も出せばよかったか?あんまり参加していなかったけど。 と言う事で、またまた駆け込みですが提出いたします。 僕にとっての20世紀はコーラ(瓶)です。 子供の頃憧れた大人の飲み物コカコーラ! ファンタもスプライトもあったけどあの色がいいんですよね。 歯が溶けると言って飲ませてもらえなかった。 お店に返しにいくと10円くれたし、リサイクルしてたんですよね。 ペットボトルに押されて瓶のジュースはあまり見かけなくなってしまいましたね。 透過光でボトルのシルエットと液体の色だけ出してみました。 kissdigitalX lensbaby 580EX 白ヒゲ:川井サマ、先日は御家族でお越しいただき有り難うございました。 次回の合同展には是非参加して下さい! さて、コカコーラのボトル。 ボトルはガラスに限りますね。ペットボトルは便利だけど何だか味気ない。 最近はコーラ自体も余り売れてない? 時代はお茶からミネラルウオーターに移っているとか。 マア、怪しげな飲み物よりは美味しい水が一番ということでしょうか。 そんな20世紀スタイルのコーラのボトルをレンズベイビーで気持ち良く 仕上げてくれました。 ハイキーな感じ。デジタルにとって最も手強そうな雰囲気。 上手くいってますね。 遠くないうちにハイキーなテーマも一度しましょう。
 36:08/30 五十嵐孝夫(GALLA)
新藤さん、こんにちは。 GALLA 、五十嵐孝夫です。 毎度、締め切りギリギリで申し訳ありません。 20世紀と言えば 『夏目漱石』 と思ったのですが、はて本当に20世紀と疑 問が湧き調べてみました。 処女作の 『吾輩は猫である』 が 1905年発表ということで、無事20世紀で した。 写真の漱石本は全て初版です・・・といっても本物なら大変なオタカラですが、 昭和56年に日本近代文学館から刊行された完全復刻版でした。 カメラは三十数年前に使っていた ASAHI PENTAX SV (電池は全く使用してい ない)、ミラーの跳ね上げが壊れています。 EOS 20D, EF28-70mm F2.8L  1/2sec F4  RAW SILKYPIX セピアで現像後、 PhotoshopCS でセピアの彩度を少し上げました。 白ヒゲ:五十嵐サマ、こんにちは。 文学とは良いところに目をつけましたねえ。 夏目漱石も良い選択です。 でも、ちょっと欲張りすぎ? カメラと文学はどうもイマイチ馴染んでいないかも。 私ならどうする・・・ 畳に座布団+復刻本。こんなでどうでしょう?
 35:08/30 伊藤英夫
新藤様 いつもお世話になっています、東大和市の伊藤です。 月例展ご苦労様でした、そしてありがとうございました。 今月の課題20世紀、思えばしみじみよい時代でした。 写真は、今では使わなくなったポラホルダー、ローラーをよく掃除しました。 4×5ホルダー、ブロアーでゴミをとばしました。 どちらも、もう使うことはないでしょうネ。 ニコンD200 18-200 f4.8 90分の1秒 トリミングしようと思いましたがやめました。 よろしくお願いいたします。 東大和市 伊藤英夫 http://blog.goo.ne.jp/studionow/ 白ヒゲ:合同展ではお世話になりました。有り難うございます! 4X5ポラホルダー、まだ二つ持ってます。 フィルムホルダーこちらも20枚くらいは仕舞ってあるかな・・・。 ホースマンISS(電子シャッター)誰か必要な方いませんか?(笑 さて今月の作品。 このグリーンがかった色調が、どこかもの悲しい。 ヤニで?黄色くなった引き蓋が20世紀っぽい。 今にも崩れそうに見えるところが現代的でもある。 20世紀・・・虹ッ世紀だったのかなあ・・・。
 34:08/29 玉内公一 (dojou7
新藤様、月例展では大変お世話になりました。 さて、20世紀、私には大きすぎるテーマでした。 でも何も出さないのも、いい年こいて何きどってんだよ〜っていわれそうで...。 重い写真は撮れないし、やはりモットーとしている、ちょっと斜にみた手抜きパシャで いこうかと。1980年代に手に入れたライカの1号機と2号機を出してベランダで 曇り日の光でパシャッと^^; たまにはフィルムを通してやらないとかわいそうだな〜。やはりコダックのモノ クロだな、プラスXはないからトライか。明日買いに行こう。 M3は1954年、M2は1957年に発売されました。私の成長とほぼ同じ時代を。学生時 代には触れもしなかったカメラでした。 写真が良くないので照れ隠しに縁などつけて。...^^; E300 Aiニッコール50mm F1.4 自然光 白ヒゲ:ベランダパシャ・・・ですか?!! ッタク大胆なんだから〜。(笑 とは言え、この軟調なモノクロプリントのような仕上がり、流石です。 不要なカメラは殆ど手放してしまった私とも異なる、カメラへの拘り・・・ そうですね、持っている間はかまってあげなければバチが当たるというものです。 ましてやほぼ同時代を生きてきたカメラ達。 可愛がってあげて下さい。 1954年生まれの私からのお願いです。
 33:08/28 r.g.beer
新藤様、 毎月お世話になっております。r.g.beerです。 合同月例展ご成功おめでとうございます。 また中越沖地震被災者にご寄付いただいたこと、 被災関係者の一人として皆様に厚く御礼申し上げます。 さて、今月のお題ですが、 私の実家の20世紀的有形物は地震であらかたゴミに。 よって今回はこんなもので参加させて戴くことにしました。 物撮りでなくて大変恐縮です。 これは地震から5日目にあたる7月21日に撮影した 海岸線に沿って走る地面の亀裂。 その先にある鉄塔群は柏崎刈羽原子力発電所です。 亀裂自体は5cmほどの隆起を伴った一見小さなものですが、 原発に向かって一直線に、延々と続く景色は 例えようのない不安を感じるものでした。 原子力は20世紀を象徴するものの一つ。 これが負の遺産とならなければいいのですが。 D70s/AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm CaptureNXで各種加工。 よろしくお願いします。 白ヒゲ:これも良い作品です。 今回の地震は原発の恐怖を改めて感じさせてくれました。 日本という島がどこで大地震が起っても可笑しくない。 絶対に安全というということが有り得ない。 そう再認識いたしました。 時にはルールを破る勇気も必要? この様な優れた作品でしたら大歓迎ですよ。 追伸:一日も早く復旧が進むと良いですね。
 32:08/28 BEN
 新藤さ〜ん、お世話になりまーす! 20世紀には、液晶モニターなんて絶対に信用できないと思っていました。(笑) だって、コントラストが強くてダイナミックレンジも狭いんだもん。 ところがどうでしょう...      技術も進化し、常識も変わるもんですねぇ〜 . [ ※ご注意 ] モニターの分解は、専門の知識と技術が必要です。 電源を切っても高電圧が帯電し、人体に有害な物質も塗布されています。 又、ブラウン管は些細な衝撃で爆縮を起こす可能性もあり大変危険です。 一般の方がモニターを分解する事は絶対におやめください! . STUDIO BEN ----------------------------------------- Ben Web. http://www.studio-ben.jp 白ヒゲ:これカッコイイ〜。20世紀も悪くないかもって思っちゃう出来です。(笑 仰せのように出始めの液晶は酷かったですね。デジカメもそうだったか? それが今や・・・液晶以外のモニターは殆ど駆逐され、フィルムカメラも同様です。 チョット寂しくもありますが、これが21世紀なんですね。
 31:08/28 福井の谷口
引っ越し荷物を整理中、引き出しの奥から出てきたモノ。 消えモノにお金をつぎ込むのがカッコイイと勘違いしていた20世紀。 ここまで『おバカ』だったのかとあらためてこのブツを眺めては、 反省する僕さまの夏の昼下がりなのでした。 ブツ:某ワインのコルク、1972 昨今のユーロ高で、Sの付いてないまぁく3なら買える値段になってました。 なんだかなぁ。。。 (この物語は一部フィクションです) 追伸 合同月例展、おつかれさまでした。 こんなに暑くなくてもイイだろってくらい暑かったですね。 準備にかかわられた皆様、参加された皆様、御来場頂いた皆様に、 感謝いたします。ありがとうございました。 -- std.nukes. ==Taniguti*syuzi*hidehalu== カメデジデメカ:http://nuphoto.exblog.jp/ 白ヒゲ:チョットチョット・・・これってこれですか? そんな文字が見え隠れしてますが・・・。 一部フィクションとありますが、どこよ? と言うことはさて置き、チョットハイキーな抜けた気分が最高です。 (コルク栓だけに、流石抜けてる?・・・オヤジだ) ついでに影がよく見ると女性だったりしたらもっとハイになれるか?(笑 マーク3模様の座布団1枚進呈です。 追伸:合同展への参加、オープニングにも参加頂き有り難うございました! 引っ越し! 来年のゾロ目会に向けての準備ですね。流石〜。
 30:08/28 にしだ
新藤 様 こんにちは。 先日は、楽しい時間を賜り、本当にありがとうございました。 20世紀、私は何処にいて何処へ行くのか.. 私に出来る事は..そんな思いに駆られる日々がありました。 早いもので、もう21世紀を生きているのですね。 写真のタイトルは 「ボク達はどこへ行くのかな...」「北北西に進路を取ろう」 「ウンウン!」、です。 いつもの「ただ置いただけ」の写真で失礼致します..。 楽しい写真が創れましたら、また応募差し上げます。 宜しくお願い致します。 ハンドル名「にしだ」 カメラ:20D レンズ:EF17-40mm/F4L 白ヒゲ:にしだサマ、合同展に参加頂き有り難うございました。 さて作品ですが、先ず立派なコンパスに吃驚。船舶用でしょうか? いつものように一見さりげない作品ですが、ここにはメッセージがありますね。 にしださんらしい作品、何時も有り難うございます。
 29:08/28 Outliner
新藤様 2度目の参加ですが、ずいぶん間が開いてしまいました。 最初は、SD10で時計で参加しました。 いつも時間が無くて参加できずにいたのですが、家の片付けをしていたら今回の  テーマにピッタリのものが… ポケベルです。私はNTT移動体通信よりもテレメッセージの方がデザインや機能的に 好きだったので愛用していました。これは、最後に使用していたもので かなり後期のモデルです。 一緒に使っていた、トーンダイヤラー(プッシュ信号を送る器機)も 探してみましたが発見できず(--;) クリップオンストロボのバウンスのみですので、技術もへったくれもありませんが。 SIGMA SD14 MACRO 70mm F2.8 EX DG EF-500 DG SUPER 天井バウンス Photographic Outliner  Professional Photographer & Modeling Agency  Outliner  Web: http://outliner.jp/ 白ヒゲ:久しぶりでもOK。参加有り難うございます。 さて作品のポケベル。私はNTTを使用していましたが当時はポケベルと留守電・・・ 常識という時代でしたね。 次に消え去るものはなんでしょう? FAX?フィルム?カメラマン?(笑
 28:08/26 hanmo
新藤様 hanmo(http://blog.goo.ne.jp/hanmo_2006/)でございます。 なかなか20世紀というテーマが難しく・・色々迷ってしまいました。 世界大戦・・・高度成長の日本・・・湾岸戦争・・・物質消費の世の中・・・。 しかし、人類は何かを忘れてきたような気がします。 その反動が人類に環境破壊と言う難題を突きつけているのかもしれません。 これからどうなるのか・・・いや、どうやっていくのか?。他人事ではなさそう です。 hanmo。 白ヒゲ:hanmoさま、こんばんは。 頂いた作品、物で表現という規定から僅かに距離を感じますが 素晴らしい作品です。 もしこの場にいたら、暫く空を眺めていたかもしれません。 今回の地球の温暖化。 恐らくは人類がその主たる原因です。 私には、地球が風邪を引いて熱を出しているようにも見えます。 肺炎になりかかっているのかもしれません。 早期治療。これが大事なのでしょうね。
 27:08/26 雨宮秀也
新藤様 合同月例展ではお世話になりました。 20世紀の写真を送ります。 海岸で拾ったスパナです。 ここまで錆びるにはどのくらい時間がかかるのでしょうか。 Canon Eos-20D シグマ50mmマクロ 自然光 雨宮秀也 http://hibihana.com 白ヒゲ:こんばんは、雨宮サマ。 合同展ではお世話になりました。 有り難うございました。 さて、この朽ちたようなスパナ? どんな方が使っていたのでしょう? どんなことに使われたのでしょう? そのスパナが味わいのある天板の上に佇んでいる。 たった一本のスパナにも歴史を感じますね。 錆ってカビのようでもあるけれど、最後の一花のようにも見えますね。
 26:08/25 おおかわら
お世話になります。 新藤さま -20世紀- なかなかいい知恵が浮かばず、 結局20世紀で一番お気に入りのカメラになりました。 オリンパスOM-3なのですが、 冬寒い日に低速シャッターのガバナーのオイルが粘って、 シャッター速度が遅くなってしまったり。 いろいろと思い出(思い入れ)のあるカメラです。 レンズも100F2、お気に入りで、ファインダーを覗くだけで楽しくなるレンズでした。 S5pro+40mm よろしくお願い致します。 おおかわら 白ヒゲ:カメラ。これも20世紀らしい選択ですね。 物の並びも心地よいです。 光も感じも美しい。(もう少し露光を与えるか、左サイドからレフを入れても良かったか) 細かいところをチェックすると本当におおかわらさんのこのカメラへの思いが 伝わって来ます。 ストラップを外して撮影されていること。 非常に丁寧に扱われた機材であること。 そう、相思相愛の関係とでも呼びましょうか。 幸せなカメラたちですね。 どうぞ、これからも大事にしてあげてください。 有り難うございました!
 25:08/25 平井伸造
新藤様 写真展、ご盛況のようでなによりです。 会場へ行き、皆様とお会いしたいですが、 都合がつかず欠礼します。 --------- 20世紀にふさわしい写真とは? やっぱり古さを感じられる写真にしたいな。 では、私が生まれた57年前頃を写真にできないか? いやもっと古いものはないか?と考えていたら 結局、今回の被写体は、20、19、18世紀どころか、 たぶん紀元前にも存在したはずの、こんな石ころに落ち着きました。 白ヒゲ:平井さま、こんにちは。 今月の作品、一枚の写真として拝見いたしますと空の雰囲気や全体のトーン そしてフレーミングと心憎いものがあります。 が・・・20世紀かといえばビミョー。(笑 時代を超越している。 敢えて言えば地球でしょうか。 石というテーマは一度やってみるのも面白そうですね。 追伸:テーマを抜きにすれば素晴らしい作品ですね。
 24:08/24 仙台の杉原
新藤 様 仙台の杉原です。先月に続きお世話になります。 今月の写真なのですが、21世紀になってから使用した記憶が ほとんどない公衆電話しました。 昔は遅刻しそうな時など必死で探したりしましたが・・・。 写真の電話は家の近くにある古いマンションにポツンとたたずんでいます。 ほぼ毎日見ていますが、誰か使っているのを見た事がありません。 小学生からおじいちゃんおばあちゃんまで、みんな「無線電話」ですものね。 使用カメラ CONTAX U4R よろしくお願いします。 白ヒゲ:ピンク電話、正しく20世紀ですね。 もう何年も見ていないかも・・・。 (家庭用黒電話もこれに近いものがありますね。) 一体ひと月幾らの売り上げがあるのでしょうか? この電話に蔦が絡まっていたら最高ですね!(ありえないでしょうが) 或いは、トカゲが休んでいたり。(笑 ノンビリとした時代を思い出しました。 有り難うございました。
 23:08/22 萩原貞範
新藤様 この度の「月例合同作品展」開催おめでとうございます。 しろうとな写真すきが立場も考えず大胆にもチャレンジしますがよろしくおねがします。 さて月例の20世紀のものですが私に与えられたメダルです。 このメダルは私が国鉄の運転士時代の物で無事故記録証書で10万キロ無事故であれば 与えられ5個溜まりましたが、しかし私にとって特段に価値のある物と思えませんでした。 改めて見ますと昭和の高度成長期を駆けてきた「証」と思えてなりません。 東京オリンピック、新幹線、万博、列島改造などなど当時の沸き返る日本を 思い出させてくれます。21世紀入り20世紀の「つけ」を解消すると称して改革、 ぶっこわしてまうと叫ばれ、結果は格差と選別の今日となり、 時代から振り落とされたくなく、もがく日々です。 うつくしい うたい文句に 裏ありて D200 18-200mm (44mm)使用 自然光+室内灯 追伸 新藤さんのホームページも間もなく200万アクセサスで凄いですね、 200万記念に向けなにか企画を考えて下さい。忙しいでしょうがよろしくお願いします。                                 大阪 萩原貞範 白ヒゲ:荻原さま、初めまして。 国鉄、JRと仕事では私も随分お世話になりました。 私が利用した車両の運転をしていた可能性もあるかもしれませんね。 さて、50万キロ無事故の証し。これは荻原さんにとって歴史ですね。 21世紀に突入し、時代は慌ただしく変化の速度を増し益々不確実な時代になって いるように思えますが、この50万キロ無事故の証しのようなシステムが社会に必要 なのかもしれません。少なくとも正直者がバカを見るような事では困ります。 頂いた作品は、その辺りを問いかけているように思えます。 200万アクセス企画。アララ確かに9月中にオーバーしそうですね。 近々に何か考えてみますね。 では、来月もお持ちしております。
 22:08/21 イトケー
新藤さん。こんにちは。イトケーです。 21世紀に撮った写真を手に持って、20世紀へ行ってまいりました。 場所は大正池。1915年に焼岳の噴火で梓川が堰き止められてできた池です。 立ち枯れの樹が今はだいぶ減ってきていますが、美しさは今も昔も変わりません。 いつまでも残したい景色です。 昔のネガを探し出して合成してみました。よろしくお願いします。 背景;1978年の大正池 手に持ってる写真;2002年の大正池 EOS20D EF24-70/F2.8L 580EX天バン  http://www5d.biglobe.ne.jp/~monokuro/ 白ヒゲ:参ったなあ〜・・・世紀を越えた作品ですよ。 このスケールの大きさ、飄々としたイトケーサンらしい。 しかもこのモノクロのトーンの出方、お見事です。 20世紀からプロとして生きてきた自分が恥ずかしくなりますね。 座布団2枚、進呈。 追伸:会場にも是非20世紀馳せ参じて下さい。
 21:08/21 fss2301
fss2301@仙台です。 新藤様 今月も投稿させていただきます。 20世紀というお題で真っ先に思いついたのはコンピューター でした。そこで、IntelのCPU、pentium4 1.6GHz をマクロに 撮影してみました。 上から卓上蛍光灯で照らし、露出中に右手からスピードライト を手動で発光させて立体感を出してみました。 なるべく広範囲が写るようにとレンズのズームは20mm域です。 ひねりも面白みもないですが、今月はこれでお願いします。 D200 + リバースアダプター + SIGMA 10-20mm F4-5.6 光源:卓上蛍光灯、スピードライト 三脚使用 マニュアル露出 絞り不明 2sec ISO100 フォトショップにてトーンカーブ調整 白ヒゲ:こちらも先程と同じ思い。Z80辺りが出てくれば私的にはジーンと 来ちゃうかも。(笑   でも頂いた作品、美しく撮影されてます。間の取り方が良い。 それにしても立ち並ぶピンが20世紀の墓標のようにも見えますね。 これはシュールな作品だ。
 20:08/20 ジョージ
一ヶ月ぶりに投稿させていただきます、山本です。 先月は悩みに悩んだ結果投稿出来ず、自分に喝! 冷房無しの作業場で、汗にまみれて撮りました。 テーマが20世紀と言う事であれば、真っ先にこれでした。 僕の中のキングオブ20世紀です。 思えば、最初に親父に買ってもらった物を、 修理に修理を重ねて使っていたので、完全な初期型、 2コンが四角ボタンのままです。(色んなシールでカスタムされてますが) よろしくお願いします!! 室内光、発泡スチロールレフ 5D+100mmマクロ Photoshop Elements4.0でモノクロ化 HP http://seventh-tablet.com 白ヒゲ:これもかなりキテマスネ。(笑 凄い使い込んでいる!! 私の時代ではファミコンは十分に大人の時代でしたので何だか20世紀がピンと来ませんが そうですね、あれからずいぶん長い時間が既に流れてるんですね。 今気づかされた様な気がします。 有り難うございました。(歳もとるはずですね。)
 19:08/20 高山 透
新藤さま こんばんは。 20世紀、20世紀と考えながら・・・ 今回は、私が高校に入学する時(26年前)、両親に買ってもらった腕時計を撮影しました。 20世紀、はじめて手にした腕時計です。 いつの間にか、ベルトは切れてしまいました。 液晶は壊れて写りません。 でも、捨てないでとってあります。 21世紀、同じ物がヤフオクなどで手に入れば、復活させたいです。 外観は、そのままで、中身とベルトを代えて。 これを付けると、20世紀の思い出とともに若返るかも・・・ よろしくお願い致します。 撮影機材 Caplio GX100 レンズ35ミリ換算72mm f4.4 1秒 iso100 ライトセーバ ベランダの鉢に生えている苔の上に置き撮影 Photoshopで調整 http://d.hatena.ne.jp/Islay/ 高山 透 白ヒゲ:20世紀と言っても100年の歳月があるわけで、やや後半の20世紀ですね。 この腕時計、デザインがシンプルでカッコイイですね。 高校入学の祝い。これも良い話です。御両親は26年後の姿をどんなふうに想像して いたのでしょう? カメラマンというやくざな商売?を想像されていたのでしょうか? あれ?外でライトセーバーですね。これは新しい!イイ感じですね。 注:高山さんは紳士で優しい素敵な方です。 決してやくざな方ではありません。
 18:08/19 福岡の O
新藤さま こんばんは。 福岡 O です。 お題の「20世紀」を送ります。 被写体は「英文タイプライター」、購入は昭和47年と書いています。 最近?は「電子メール」などPCに押されて姿を消しましたね。 このタイプライターのおかげでPCのキーボードにも抵抗ありません でした。 久しぶりに打ってみましたが、ストロークの大きいのにビックリ。 かなりの年数が経ってますが、まだ完動品です。 被写体: レミントン社製(のちのユニシス?)トラベルライター カメラ:  F31fd よろしくお願いします。 では。 追伸: 合同月例展お疲れさまです。 何もお手伝い出来ず申し訳ありません。 白ヒゲ:35年前とは思えないロゴの先進性。デザインの端正さ。 キートップの書体もシンプルで読みやすい。 レミントン、或いはUSの合理的精神の成せる技なのでしょうか・・・。 しかも未だに感動品。 一生モンということですね。 作品、キリリとしていてバランスも良く必要にして十分。 美味しい部分を見事に切り取りました。良いと思います。 アラ? レミントンから打ちだされた文字 私の仕事場の住所だ!(笑 嘗て広告写真の小道具といえばタイプライターは定番だった時代があります。 懐かしいですね。
 17:08/19 愛知のひ!
 新藤 様  こんばんは! 愛知のひ!です。  お題結構難しいですね。昔懐かしいと考えて、お盆の支度のフライ物 (エビフライ、鳥のから揚げ、トンカツ、イカリングフライほぼ20から30人前づつ) を屋外で揚げていたところ、あ、あ、これいけるかと思ってパシャリ。  油とびの恐れもあったため、コンパクトカメラの登場でした。 うーん、コンパクトカメラ、炎天下でちょっときついですね。  ただ、このかまども家の増築の際に屋外に出されてから35年以上経過し、 年に数回しか使用しませんが何とか使用できます。  かつては、中学校の頃すでにかまどの当番を任され、かまどで稲の藁を3から4束を ゆっくりくべて(燃やして)1升から1升5合のご飯を炊いていたことを想いだ しました。もうこのような風景ってないだろうなー。そして、ときどき焦がして 叱られたことも、想いだしました。  たいした写真ではありませんが送ります。  それでは、暑さに負けないようお元気でご活躍ください。                     愛知 ひ! 白ヒゲ:かまど!これはまた素敵な被写体ですね。 未だ現役というかまどは皆無でしょうか?  何だか20世紀が急に愛おしいものにも感じてきました。(笑 作品的には一見平凡(ゴメンナサイ)なのに引き込まれるような魅力があります。 暖かい作品有り難うございました。  
 16:08/19 井上 廣
新藤様 いつもお世話になります。 20世紀で私にとって一番大きな出来事は子供の誕生でした。 30年近く前になりますが、子供を動画で残したくて8mmカメラ を手に入れました。カメラはごみに出してしまい残っていないので すが、映写機だけ残っています。 カメラ EOS20D レンズ EF50mm F1.4 照明は、ケント紙から少し離して蛍光灯スタンドです。 井上廣(横浜) http://inou164.exblog.jp/ 白ヒゲ:良い話ですねえ〜。これも泣けます。 井上さんらしい。 それぞれの20世紀。 難しいかもしれませんが、このテーマにして良かったと 思い始めている私でした。 井上さん、有り難うございました。
 15:08/19 伊田淑乃さん
新藤さま いつもいつもお世話になっております。 20世紀の写真です。ピン留め展示できるように早めに撮ったつもりですが、途中参加 も可能でしたっけ? 写真はプリントとネガフィルムの両方が取れるType55を入れたポラロイド モデ ル545フィルムホルダーと郷里の北海道赤平市、北炭赤間炭鉱の廃墟の写真です。 そもそも、入植開始が19世紀末のこの町で、最初の炭鉱の開坑は1918年。私の生家の すぐ近くにも1967年に閉山した豊里炭鉱がありましたし、この町で最後まで残ってい た赤平住友炭鉱(遠景に立坑跡が小さく写っています)の閉山は1994年。 石炭はまさしく20世紀のエネルギーだったということで、21世紀になってからほとん ど使わなくなったType55との組み合わせでした。 Canon 1DsM2+100mm 伊田淑乃  http://www.st-m2.com/ 白ヒゲ:今は何も語ることの無い時代の遺物。 キテマスネ〜。チョット涙が出ちゃいそうです。 伊田さんがこれほど重い作品で20世紀してくるとは予想外でしたが コレ好きです。 ポストカードも宜しく。(笑
 14:08/19 琥珀亭
新藤修一様 お疲れさまです。先日は楽しいひと時ありがとうござました。 私にとっての「20世紀」は、やはり写真を始めるきっかけになった小さい時に貰った ビューマスターの3D写真でした。 その時に見たアメリカのディズニーランドの写真やナショナルパークなどの写真から 強烈な印象を受けました。 残念なことに当時のオリジナルのビューマスターや写真リールは無くなりましたが ほぼ同じ頃のビューマスターと写真リールを見つけたので、当時の自分には夢の地であった アメリカの地図に乗せて撮ってみました。 地図の紙や写真リールの台紙の質感とビューマスターの質感を同時に出そうと 四苦八苦してライティングしました。 使用機材:EOS 5D+TS-E 45mm F2.8、スピードライト550EX+傘トレ 580EX2+白レフにバウンズ、ST-E2、銀レフ 感度:ISO 100、シャッター:1/125秒、絞り:F22、現像:Lightroom 琥珀亭 白ヒゲ:私達が子供の頃のアメリカは、もっと大らかで夢の地でしたね。 US製のドラマも沢山放映されていて、USの豊かさに驚かされたものです。 さて作品ですが、面白いものに目をつけられましたね。地図との組み合わせも良いです。 左サイドからのライトもメリハリが効いてきてグッド。 僅かに惜しい点・・・物の配置・・・か。 説明的になり過ぎかもしれません。 琥珀亭サンの子供の頃のその興奮、手に取るように感じます。 着眼の素晴らしさ。良いと思います。
 13:08/17 かやまミート
白ヒゲ先生こんにちは 先日は合同月例展覧の準備、オープニングと大変お世話になりました。 さて、私の20世紀は、情報と通信のパーソナル化 (大げさですね(^^;)・・・ということで 大昔に購入したオリンパスのパールコーダーを撮影しました。 20世紀と聞くと、世紀末を経験していますので やはり夢のある“未来”をどうしても想像してしまいます。 そんな子供時代に、このマクロカセットレコーダーは 未来をかなえてくれたような、眩しい存在でした。 20世紀フォックスって(来たる20世紀には) 21世紀フォックスになるんだろうか?とか 昭和が終わるとどんな元号になるのか? 梨の“20世紀”は21世紀梨になるのか? 勉強もしないで、そんなことばかり話し合っていた おバカな子供時代^^・・・それも私の20世紀でした。 白ヒゲ:20世紀がキラキラしていた時代であったことも事実です。 敗戦後の僅かな時間は、焼き畑農業のように希望に溢れていたはずですよね。 それが何時からでしょう?・・・ ウ〜ン、バブルが大きなキッカケだったのではないでしょうか。 追伸:9月のゾロ目会。横須賀編、楽しみにしてますよ。
 12:08/17 新藤修一 @白ヒゲ
私の中の20世紀と言えば・・・喫煙。 右は当時使用していた携帯灰皿。 引き出しの奥で発見しました。灰皿の周囲の背景はコーヒー。 これも21世紀私は卒業です。 とてもプライベートな20世紀の話題です。 しかしながら、私の中では大きな変化でした。 追伸:会場に20世紀作品を出品された方で、サイトにアップされていない方。 お手数ですが、もう一度小さい画像と文章をお送りいただけると助かります。 宜しくお願いいたします。
 11:08/17 杉並の向井さん
新藤 様 お世話になっております。向井です。 8月の月例作品です。 展示会のことで焦ってしまいました。 厳しいご指導の程お願いいたします。 ≪地球温暖化≫ 20世紀から世界的に問題になっている 地球の温暖化。 ここ最近の暑さを感じるたびに、温暖化の文字が頭をよぎります。 この日も、じりじりと太陽の光が、新宿の街を照らしていました。 ビル群をバックに撮ろうとしましたが思うようにいかず、諦めて道端にて撮影。 申し訳ありません。 ○使用カメラ…PENTAX K10D ○使用レンズ…SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO ○撮影データ…ISO100・1/25・F4.5・AF・WB太陽光 ○加工…………トーンカーブ よろしくお願いいたします。 "Re Moon" http://remoon.net 白ヒゲ:ウ〜ム、確かに焦りが伝わってきます。 コンセプトは素晴らしいのにチョット安直だったか? でもこの温暖化の問題。予想を越えるスピードで現実の問題として迫りつつあります。 問題意識を持つことは大事ですよね。 一人ひとりが行動しなければ手遅れになってしまうでしょう。 それだけに、今月の作品・・・惜しい。(笑
 10:08/17 弘明寺太郎
新藤様 先月は私のつたない写真に厳しくも暖かいコメントありがとうございました。 懲りずにまた応募してしまいます。 私にとって20世紀と言えば、20世紀ののフルート音楽の名曲の数々です。バロッ ク時代に数多く書かれたフルート作品も、演奏形態や嗜好の変化で19世紀ロマン 派にはこれといっためぼしい作品が残っていません。それが、19世紀後半からの フランスを中心とした楽器の改良と共に再び花開くのが20世紀でした。 そんな数ある名曲の中でも、私の中で最右翼は、フランスものではありませんが、 このプロコフィエフのフルートソナタ(1943年)です。大きなスケール、そして多 彩な曲想と情感は、何度聞いても演奏しても飽きません。この曲を聞いたヴァイ オリニストのオイストラフが感動してヴァイオリン・ソナタに編曲してもらって からは、そちらの方が比較的有名な感はありますが、やはりこの曲はフルートだ と思います。もっとも、とても高い技術と体力を必要とする難曲ですから、私ぐ らいのレベルではなかなか思うようには吹けませんが…。 写真の楽器は愛用のムラマツSRです。私の楽器は21世紀の製作ですけど、この四 角くて大きな歌口は、音量とパワーを求めた20世紀型の改良で、アメリカのヘイ ンズあたりが手本と思います。20世紀はまた主要なフルートメーカーが欧州から アメリカ、そして戦後は日本へと移っていく時代でした。 写真は40W白熱電球クリップライト一灯で照らし、ホワイトバランスを白熱電球 にしたF31fdでお手軽にとってます。ちょっとアンダーですがこの方が曲想にあっ ている気がしましたので、補正はせずそのままリサイズのみです。 写真も楽器も下手の横好きの範疇を出ませんが、これからも楽しんで行ければと 思っております。 blog : http://blog.goo.ne.jp/gumyojitaro/ 白ヒゲ:クラシック音楽の話題には疎い私ですが、ジーンと来る話ですねえ。 人それぞれの20世紀。同時代を過ごしてきたはずですが、国や経済や宗教で 異る価値観を持ち、私達はこの21世紀を彷徨っているのですね。 追伸:作品の掲載が大幅に遅れてしまい申し訳ありませんでした。 お許し下さい。
 9:08/16 松本成実
私がまだ小学校に入ったばかりの頃だったか。 お湯も出てくる自動販売機で売っていたと記憶しています。 お箸ではなくフォークで食べるのも目新しかった。 ラーメンではなくヌードルというその響きに 裸のおねーさんを想像してしまう小学生の私。 浅間山荘事件の機動隊員に振る舞われたり、 エベレストのベースキャンプで食べられたり、 徹夜作業のデザイナが泣きながら空腹を癒したり、 最近はついに宇宙にまで進出しましたね。 そんな20世紀的なカップヌードル。 もしかしたら100年後も存在しているかも知れませんね。 Canon 10D いつものライトテーブルに白ボードで起こしを作って。 横須賀の日本海洋機構(海底調査船しんかいを運用しているところです) に見学に行くと特殊なポンプにカップヌードルを入れて100気圧の水圧をかけると みるみる小さくなって行く課程を体験できます。 白ヒゲ:小さくなってしまった20世紀です。 カップヌードルには、確かにオモイデや歴史が間違いなく秘められていますね。 汚れた20世紀の歴史や、不幸な事件、事故も100気圧の威力で見る見る小さくなると 良いのですが・・・ 追伸:松本サマ、合同展の図録作成、素敵なデザイン、有り難うございました。 改めて感謝したいと思います。
 8:08/16 リトアニアのkeisha
新藤様。 ということで、初めて月例に送らせていただきます。 20世紀にのみ存在した国で作られたカメラ、2眼レフのロモ・リュビテル。 それの撮影対象はエストニアのスクラップ・センターに置かれたレーニン。 こんな写真じゃダメですかね? EOS20D シグマ18-50F2.8 Rawshooter essentialsで現像。 白ヒゲ:ということでkeishaさんの作品です。(笑 ピントグラスに写るレーニン像。時代を感じさせる2眼レフ。 そして長く伸びた影。 これはスケールの大きな作品ですね。 胸が締めつけられます。 お国柄も出ていて、素晴らしい!! 座布団2枚差し上げます。
 7:08/15 宮岡 宏
新藤修一様 お世話になりまして、ありがとうございます。 私は木工関係の仕事をしていますが、去年、なじみの製材所でヨーロッパブナの丸太を製 材していると、突然火花が飛んでのこぎりが進まなくなりました。(日本はブナの丸太を ポーランドから輸入しています。) よく調べてみるとブナ丸太の中に異物が混入していたとのことで、それにのこぎりの刃が 当たって火花が散りました。 その異物を苦労してとりだしてみると、鉄らしき物の破片らしいということでした(磁石 にくっつくので鉄と判断)。 でも、なぜブナの樹のなかに鉄片が埋まっていたのか。 以前、同じように丸太の中に電柱の碍子の部分が埋まっていたことを思い出しました。こ れも製材の時の火花でわかりました。電柱のそばに生えている樹が成長していくうちに、 碍子を自分の体内に抱き込んでいったという話でした。碍子は樹の内側に埋まってしまう ので、外から見てもまったくわかりませんでした。   ここからは想像ですが、このちぎれ、ひん曲がった鉄の破片は戦場で爆発した砲弾の破 片がそばのブナの樹に突き刺さって長い間にそれを巻き込んでいったのではないかという ことです。 そのヨーロッパブナの産地がポーランドであることからドイツ軍との戦闘でのできごとで ある可能性があります。 スペインの丸山さんも20世紀は戦争の世紀だと言われているように、過去の遺物が現代 によみがえったと考えたのです。何を根拠にと言われると反論できませんので、やっぱり 空想もほどほどにと言うことになりますね。 私は昭和29年生まれで戦争を全く知りませんが、NHKスペシャル「映像の世紀」をずい ぶん前に見たことで、ふとそんなことを思い出しました。   写真はその鉄の破片を地球儀の上に乗せただけのことでして、横着ですみません。 でもこんなものが飛び交う戦場に、放り出されたら、まともではいられません。逃げ出す こともできなければ発狂するか、どうなるのか。今の時代が多くの人の犠牲のうえに成り 立っていることをあらためて感じた次第です。 これが主旨からはずれているようでしたら、掲載お見送り願います。 下手ながら次回も挑戦しようと思っております。 こちら飛騨高山も今30℃です。 暑いさなか。新藤様も健康には充分ご留意ください。 FinePix S2pro+AFNikkor 35-105f3.5-4.5マクロ付き WB 5000k 3秒 F9.5 iso100 フジカラーライトボックス使用 photoshopで少々レタッチ 鉄片 厚約6〜8ミリ 長辺約55ミリ 短辺30〜40ミリ 重さ85g 宮岡 宏

白ヒゲ:宮岡サマ、こんばんは。
私と同じ昭和29年生まれなんですね。

さて、今月の作品。良いと思いますよ。
いえ、これで良いのです。
難しくこねくり廻すことだけが技ではありません。
その思い。感情。文章とともに伝わってきます。
先月の真空管アンプの作品も良かったですけど
宮岡さんの作品。私は好きです。
この調子で是非続けましょう!
 6:08/11 広島の123
新藤様 いつもお世話になっております 今月の月例作品を投稿させて戴きます 随分と悩みましたが、今月の月例は非常に身近で又、オール電化が普及している現状の原点 電気に絞り「電球」と致しました 「20世紀」のお題ですがたぶんにリンクしていると自分では思っております(汗・・・ 「今月は詰めが甘い!」との声が聞こえそうですが、ご容赦下さいませ(笑 追伸 14日の「オープニング」には夫婦で参加させて戴きます    宜しくお願い致します。 EOS-1Ds  ST-E2 with 580EX 1灯   TS-E90mm 広島の「123」でした。 白ヒゲ:ムム・・・コレって実は難しい被写体。 何気なく簡単そうに撮っているようにも見えるけど・・・ でも確かに詰めが甘い・・・かも。(笑 美しく撮れています。 でも、何か足りていない。 会場で新しい【20世紀】作品・・・期待してます。 ではでは、楽しみにしてますね。
 5:08/08 東京の清水
新藤様 こんばんは 私の20世紀と言えばレコードです。 貧乏な学生で古本は売ってもレコードだけは手放せない。ジャケットもいい。 馴染みのレコード屋にCDが登場し占有面積を徐々に広げていき、 新譜レコードが20世紀から消滅するまでCDプレイヤーは購入しませんでした。 関川さんの作品のような柔らかいトーンを目指しましたが無理でした!(あたりまえ です) ギブアップ。柔らかくきめの細かい、そしてムラのない0から30くらいの 30cmのグラデーションがどうしても出来ない。結局アンダーでまとめてしまいました。 宜しくお願いします。 天井の蛍光灯、スタンド式蛍光灯、白色LED電球、D70、シグマ18〜50、 不織布、紙、 東京の清水 http://acac.exblog.jp/ 白ヒゲ:レコードをどう料理されるのか、と思いましたが見事に意表をついてますね。 ユニークだと思います。レコードが何処に置いてあるのかは不明ですが、この天板に 色があっても面白かったか? オレンジとかグリーンとか・・・ ところで、この黒い塊で柔らかいトーンは不可能に近いでしょう。 溝も邪魔をしますしね。 全体的には非常に面白い。 ・・・これは努力賞ですね。お疲れさまでした!
 4:08/08 スペインの丸山
新藤修一様 「20世紀」、ばっと浮かんだのが「戦争」と言う言葉でした、 20世紀は、人類史上最も人の命が戦争によって失われた世紀、しかし これを物で表現するのが難しい、散々考えた挙げ句、こんな感じの写 真になりました。 特に仏教徒という自覚はありませんが、犠牲になった人々への哀悼、 平和への祈りの象徴としての数珠(ガラス板に載っています)、後ろは タバコの煙です。 この写真見方によっては、禁煙キャンペーンの様にも見えますね、 「タバコを吸うと、お陀仏だよ。」と言っている様にも。 宜しくお願い致します。 EOS 1Ds Mk2 PC Micro Nikkor 85mm 白ヒゲ:哲学的な作品ですね。 大量殺戮兵器の進歩は第一次、第二次世界大戦を始め、その後の局地戦でも 過去に例を見ないほどの犠牲者と難民を生み出したはずです。 それらを思うと、心が痛みますね。 さて頂いた作品。ガラスの上に乗っているようには見えませんね。 タバコの煙が上手い具合に写り込みを消し去ってくれたのか? 不思議な引力を感じます。 8月は終戦の月、正にタイムリーな作品と言えましょう。 丸山さま、有り難うございました。

 PLフィルターを使用しました、それでもこの角度では全ての
写り込みを取り除く事は不可能です。

アッ・・・納得です。最近PLを使用することがメッキリ減ったので
忘れていました。(笑
 3:08/04 ハナポンパパ
お世話になっております。ハナポンパパです。 20世紀の歴史を1枚の写真にまとめる難しさでだいぶ悩みましたが、 ちょうど20世紀後半から21世紀が銀塩からデジタルへの変わり目 とも取れるかな〜と単純に考えてその当時から自分が頻繁に使ってる物で 表現してみました。銀塩の時はダーマトを使ってましたが、20世紀後半 からはデジタルを使い始めコンタクトや色見本プリントに多色ボールペン の赤(メイン)や青(サブ)と使い分けてセレクトするようになりました。 ノックボタンひとつで色んな色を使いわけられる多色ボールペンもまた 20世紀の隠れた代表作のような気もしました。色んなタイプのペンを 使ってるので最初はデザインの良いBIC 2-Colours(黒・赤)を撮影しよう かと思ったのですが、大体3本ずつ買うのにどこ探しても1本しかないので、 無名メーカーの4色ボールペンにしました。波のような木目の背景の机は ひと昔まえに中古で買った学校の机です。宜しくお願いします。 使用機材 NIKON D70・Ai Nikkor 28mm F2・COMETモノブロック1灯(天バン) 銀レフ1枚・グレーケント紙1枚・黒カポック1枚を使いました。 Photoshop AWBで撮影したので露出と色補正、あと陰影を滲ましたかったので ボールペンの白のボディ部分を切り抜いてレイヤーマスクでエッジに フィルターを使ってウォーターペーパーを処理。不透明度30%で統合。 シャープネスは今回有りです。最後にweb用に保存。 家族と写真が好き♪ http://hanaponpapa.blog80.fc2.com/ ハナポンパパ 白ヒゲ:これは予想外のセレクト。(笑 意表をつかれました。 背景の学校の机。懐かしい! 青春時代を久しぶりに思い出しました。 そうか・・・20世紀ってそういう時代でもあったんですね。 癒し系の作品、有り難うございました。
 2:08/04 関川真佐夫
新藤様 関川真佐夫です。 http://moonisup.exblog.jp/ 合同展では色々とお世話になっています、 何もお手伝いできずに申し訳ありません。 さて、8月の月例テーマ「20世紀」です。 紅茶が大好きなので、ティーバッグを選びました。 紅茶の歴史は20世紀以前からですが、 ティーバッグが発明されたのはWikipediaによると、20世紀だそうです。 絹、綿ガーゼ、紙、と色々な商品が開発されていて、 紅茶の本場イギリスでも、現在消費される紅茶の85パーセントはティーバッグだとか。 何度かイギリスでお茶を飲みましたけど、たしかにほとんどがティーバッグでした。 僕にとって紅茶を飲むのは休憩時でもあるので、できるものなら、 食器を選び、お湯をわかし、茶葉の選択から楽しみたいのですが、 締め切りに追われているとそんな余裕もなく。 仕事場ではティーバックでいれたお茶を飲みながら、Macのモニターを見つめています。 たしかに便利なものではあるのですが、 心のゆとりをなくすことに拍車をかけている気がしないでもない、 でもないと困る、紅茶のティーバックです。 20世紀の発明って、そんなものが多いと思うのは気のせいでしょうか(苦笑) ちなみに自宅では茶葉、事務所ではティーバック、と使い分けています。 白ヒゲ:時間との戦い。これは間違いなくありそうですね。 心のユトリや僅かな無駄。逃げ場が無い仕事場はひたすらきついものになりがち。 【昔は良かった】じゃ寂し過ぎです。 さて、作品ですがホント毎回トーンが揃っていて、素晴らしいですね。 まとめ方も上手い、光が柔らかで美しい。 物どりの基本がぴっちり!! 有り難うございました。
 1:08/04 ☆ぴぃ〜
☆Heart de Kiss Graphity(http://ktai.blogzine.jp/)☆ぴぃ〜です。/ 「ぇえ〜っ!『20世紀』」と思わず呟いてしまったのは☆ぴぃ〜だけ… ではないと思う今月のお題…新藤さんのサイトにもまだ月例作品は載って いない…ならば何でもアリでしょ、と送ってみる  ☆ぴぃ〜の中で最もエポックメイキングだったのが、この「auto110」 仕事で使ってた暗箱もOM-2ももう手元にはないけど、きっとこれだけは 存在し続けるんだろーな…ってことで、これが☆ぴぃ〜の『20世紀』 今月は新藤さん直々に「合同月例展の作品は…?」とお電話を頂いちゃう ほど慌ただしく、この写真も昨年に撮ったもの  月例作品は570x427Web掲載を前提にしか撮ってなかったんでA3サイズ に伸ばせるのがなく、コレだけってのも思い入れがそうさせたのか…(笑) 【撮影情報】 E-300, TAMRON SP AF20-40mm F2.7-3.5 Aspherical (166D)/f=20mm [ISO:200, F5.6, 1/45sec, WB:PRE4000k+2STEP, sRGB Z-Light (GE/HITACHI EFA13ED 3波長形昼光色13W),コンビニ袋ディフューザ 白ヒゲ:どうも20世紀を難しく考えすぎ・・・かも。 もっとプライベートな細やかな20世紀も大歓迎ですよ。 (ペンタの110。勿論素敵な20世紀です。) お忙しいところを無理を聞いていただき有り難うございました!! さて、私の20世紀・・・確かに手強いか?(笑
TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴
このページの先頭に行く
 2007/08/31 涼しくなりましたね。
  
EOS20D SIGMA 17-70
やっと涼しくなってきましたね。
お陰で、夜もぐっすり寝られます。
夏バテからもやっと回復、昨夜から久しぶりに20D+17−70をバッグに入れ
今朝仕事場に向かう途中の2枚です。
猫達もホット一息か?
・・・今日はEOS40Dの発売日ですね。盛り上がってるのかなあ??

小さい文字が見えない!
って事は有りますよね?
頂いた名刺のメルアドへ添付ファイルを付けて送信したつもりでした。
翌日帰ってきます。宛先不明で・・・戻ってきてます。
よく見ますとメルアドの先頭に余計な一文字がくっついていました。
イカンイカン。修正してまた送信。
さて翌日。再び戻ってきています。
何故〜〜。
メルアドをよく見ると@以下の部分のスペルが違ってるじゃないですか!!
トホホ〜
改めてもう一度。
そんな具合です。
私のモニター周辺環境が十分に暗いという事情と
頂いた名刺がデザイナーらしく十分に文字が美しく小さいと言う事情。
更に加齢によって小さな文字が見えにくいという三重苦。
さて、明日はもう土曜日。間に合うのかしら??
ヤバ〜。
 2007/08/29 アスクルってば。
アスクルといえば、殆どのオフィスで利用しているサービスです。
たまにですが、ウチでも利用していました。
さて、仕事場ではFAXはもう使用していないことは御存知のことと思いますが
アスクルの場合、基本的に注文はFAXを利用と言う形態です。
確かネットでの注文も受け付けているはずと思いネットでアクセスすると
iDとパスワードを要求されました。
・・・
仕方なくアスクルに連絡をして見ると、【iDとパスワードをFAXで送ります】・・・ですと。
ダメじゃん。
FAXが無いから電話してるのに。

結論から言うと、アスクルはFAXが無いと利用不可のようです。
時代はどんどん変化しているのに、どうやらその変化に着いて行っていないようですね。

追伸:macでFAXを受けるという技もあるようですけど
ウチの場合、転送電話も使用しているのでビミョー。
アスクルさんサヨーナラでとりあえずは良しとするか・・・。
はじめまして。
突然のメールで失礼します。
Webサイトをときどき拝見しています。
FAXがないとアスクルは使えないという日記を読んで、
とりあえずお知らせしようとメールさせていただきました。
僕は以下のFAXサービスを使っています。
http://www.d-fax.ne.jp/
FAX専用番号に届いたFAXを画像にしてメール添付してくれるサービスです。
TIFFファイルがGraphicConverterでないとうまく表示できませんが、
有料オプションを使うとPDFにしてくれるようです。
以上、すでにご存知でしたら失礼しました。

‖ 新井 由己(遊民。)
 http://www.yu-min.jp/

‖ 新・ハンバーガー愛好会を立ち上げました!
http://love-burger.net/
白ヒゲ:新井サマ、初めまして。
御指摘のサービス、始めて知りました。
探すと実に色々なサービスがあるものですね。
有り難うございました。
新井さんのサイト(ブログ)拝見いたしました。
武蔵野市に仕事場があるのですね。御近所!
文章も書き写真もお撮りになる、マルチな方。楽しそう。
これからもヨロシクお願いいたします。

追伸:11/04  後日改めて電話してみました。
対応してくれた女性は勿論前回とは別人で
パスワードを郵送で頂き、無事にネット注文出来るようになりました。
その日の午前11時までに注文すれば即日納品。
矢張りあると便利ですね。
また、カタログから注文するよりもメリットもありそう。
  あのカタログを製作するだけでも気が遠くなりそう。
  委託された製作会社さま、お疲れさまです。
 2007/08/28 iPOD用スピーカーiP200は、お薦め。
片隅に置いてあったのと、大音量で使用してはいなかったので気が付いた方はマニアックな方。 今回の合同展で秘かに活躍してくれたマシンの一つがこれ。 iPOD用のスピーカーiP200(ハンファ・ジャパン社)。 昨年個展で使用したアルテックのiPod用小型スピーカーは三男の元で活躍中で、今回改めてアマゾンで購入しました。 値段が値段(5938円)だけに正直なところ余り期待はしていなかったのですが・・・ これがイケル! リモコンも付いているし、音質もこのサイズとしてはすこぶる立派。 色も白黒揃っていて歴代iPodにほぼ対応しているのでは? デザインもシンプル、音量を上げると・・特定の周波数でどこかが僅かにビビったりしますが、もう許しちゃう。(笑 いや・・・このC/Pで文句つける方は存在しないでしょう、多分。    iP200・・・生産終了だそうです。    在庫限りか・・・買うならお早めに!    マジで3万クラスのものと大差無い出来ですよ。    因みにハンファ社は韓国メーカー、で中国製です。そういう時代なんですね。 追伸:上の写真、カーボンフラッグフレーム+レフ。大型ストロボ一灯のみです。 撮影時間僅かに30秒。手持ち。(ACコードのみフォトショップで削除。)
新藤さま、合同展お疲れ様でした、一度しかいけなくてすいません。
ところで、IP200は大正解です、さすが違いのわかる男(^^)。 
実は私もずっと狙っていまして、買おうとすると、黒しかなかったり、ついついほかの物に走ってしまったりで、
今日USBワンセグチューナーを買ってしまったので、また後回しです(^^;)。 買う前にディスコンにならないことを祈るのみ。
以前店頭で実際に聞き比べしたんですが、この大きさと価格帯の中では、音ではトップクラスだと思います。 
費用対効果ではズ抜けているでしょう。 惜しいとすれば、たしかPCとのUSB接続が出来ない?ことぐらいで、リモコンもありますし。
店頭販売で安いところは、PCDEPOTが6500円くらいで、知っているところでは特に安いです。
最近マイルームは、ワンセグとiTunesで、テレビもオーディオも要らなくなりそうな勢いで、急速に未来化しております…ただし安価な順で(- -;)。
※ところで、私のページにVistaに5D付属のCD-ROMから、インストール時のトラブル事例を載せました。レアケースだと思いますが、ではでは。

忘れてましたが、前にお話ししましたエネループの安い店は、秋葉原のZOAでした。
店内窓際のワゴンで、8本入りパックが1575円!です。 
いつまでかはわかりませんが、もうずいぶん前からで、まだ店頭に20セット近くはありました。
http://www.zoa.co.jp/shop/zoa01.html
では、お休みなさい。
金子
白ヒゲ:金子さん、メール有り難うございます。
iP200御指摘のようにPCとのUSB接続は出来ません。
マアこの値段ですので、高望みはイケマセン。
が、この値段とこのサイズ。ホントにお薦めです。
エネループ8本1575円って・・・半値に近いじゃないですの・・・
大人買いしちゃいそ。(笑
 2007/08/28 合同月例展終了。
  
2007年8/14〜26日までギャラリーコスモスで開催された合同月例展は
お陰様で無事に終了いたしました。
出品していただいた皆様、有り難うございました。
暑い中お越しいただいた皆様、感謝いたします。
次回の合同展は・・・2年後辺り?(未定です)

さて、8月も残すところ数日ですが、8月分月例展は受け付け中です。
皆様、ヨロシクお願いいたします。

今回の図録はもう暫くお待ち下さい。(申し訳ありません。)

左上:関川さんのお友達が持っていたEOS新型内緒のボディ!!EOS400D。軽量小型・・・
実は国内ではキスデジと呼ばれているボディですね。(笑
右上:合同展開催中にその作品或いは作者のプライベート作品を展示販売を致しました。
一枚100円以上と言うお値段。
ラックの隣には募金箱が置かれ、売上は中越沖地震の被災者の方のために全額寄付いたしました。
総額48131円。
ポストカードを提供していただいた皆様、御購入していただいた皆様
有り難うございました。
ポストカード用のラックを用意して頂いた新山社長、その心意気に感謝です。

 
8/24日にも書きましたが、最近購入したauのケータイ MEDIA SKINです。
GPSも結構使えるし、電話帳の検索も名字だけからでなく、名前でも検索できたりして
とっても便利。キーワード検索という機能です。
姓名の途中の一文字からでも検索可能です。(この機能の惜しい点、全角での検索が不可。)
さて、今日紹介するのは・・・
超ローテクの新機能。
写真でお分かりかと思いますが、流石フラップの裏だけに裏技の極地かと・・・。
  フラップの裏もざらざらしてますので、表面にセロテープのようなものを一度貼り付け
  その上に付せん紙を取り付けるがお薦めです。

そうそう、SH702iDの文字の細かさには閉口気味でしたが、それも全くOK。
かなり快適です。

追伸:日本でも欧米並にSIMカードに個人情報や電話番号を記憶させ
そのカードさえ挿入すれば、どの機種でも使用出来るようになるはずですが
(そのSIMカードは既に殆どの携帯に内蔵されています。)法的な整備がもう少し・・・。
そうなるとキャリアの善し悪しでマジに選択する時代になります。
  キャリアをドコモ、携帯本体はソニーと言うふうに選ぶ時代になるのです。
  自分のケータイの電池が尽きてしまったら、友人のケータイをチョット借りて
  SIMカードを差し替えれば自分のケータイに早変わり・・・らしいですよ。
さて、生き残るのはどこ? 
通話料で勝負するのか?通話品質で勝負するのか?電波のカバー率で勝負するのか?
お財布ケータイのような付加価値で勝負するのか?
ナンバーポータビリティの次の波は直ぐそこに来ているようですね。

追伸:08/28 ドコモより解約を受け賜りましたとの封書が届きました。
それを読むと何と2年間はメルアドやポイント等も保存されているそうです。
何時でも戻ってらっしゃいと言う親心? チョット嬉しい、というか泣けるサービスだ。
 2007/08/26 合同月例展、最終日。
本日26日はコスモスギャラリーで行われている合同月例展最終日。
前回の個展よりも長く感じたのはこの異常とも思える暑さのせいでしょうか?
参加者の方の尽力よって無事にここまで来ることが出来ました。
協力して下さった皆様、心より感謝いたします。

会期中、同時に販売されているポストカード。
お陰様で売上快調のようです。
  売上の全ては中越沖地震の被災医者の方に寄付いたします。
  明日もヨロシクお願いいたします。

反省点も沢山あります。
未だにネット上で図録がアップできていない。
  (忘れたわけではないのですが、申し訳ありません。)
今やっと最終日の撤収に関する告知を行うという、後手後手の対応。等々。

さて、その26日の撤収ですが午後6時辺りより開始いたします。
お手すきの方はお手伝いお願いいたします。
作品はマット付きでお返しいたします。
カルトンバッグのようなものを持参頂くと好都合です。
   マット付きのサイズは60x50cm程度です。
明日参加が不可能な方。
コスモスで暫く預かっていただけると思いますので、後日取りに来て下さい。
遠方の方。
マットが不要なら紙菅に入れて着払いで発送いたします。
マット付きを御所望の場合には、ベニヤ板に挟んで発送いたしますが
お時間と若干の負担をお願いすることになる予定です。
 2007/08/24 続けざま・・・ってやつ。/11年目の翻意。
  
昨夜のcosmos。楽しかったですよ!

昨日は、またまたビックニュースが飛び交いました。
そうニコンの新機種、D3とD300です。
どちらもライブビュー搭載。
D3はフルサイズC−MOSイメージャー。
画素数こそ少なめながら、その健闘に敬意を払いたいと思います。
   大画素数機は年末発表? 
   それにしてもD3、D300。どちらも測距点が51点は凄い進歩。
   しかも受光素子のサイズに合わせて最適化されているのか?(型番末尾が異ります。)
   こうなるとキヤノン5D後継機かAPS−H新機種が楽しみでもありますね。 

一昨日の夜、長男からメールが届きました。
ドコモからウイルコムに変えたとのメールでした。
早速、私のケータイ(ドコモSH702iD)の電話帳に
上書き登録しようと次ページ次ページとスクロール。
ところが、それを何度か繰り返しているうちに突然電源がオフに・・・。
2〜3秒後、突然電源が入り・・・次にはまたオフに・・・
それを何度も繰り返すという素晴らしい裏技を披露してくれたのです。
私は暴走と思い、電池を引っこ抜きました。
無事に復帰したのですが、電話帳を開くと何もありません!!空っぽ!!!
23日の朝ドコモショップへ直行。当然ですよね。
さて、渋谷公園通りのドコモショップ、何と開店は11時。
ブランドショップじゃあるまいし、それはないでしょう。
11時まで待ち、ミニSDカードに保存してあった電話帳を復旧して頂きました。
本体も要修理で2週間程預かりたいという申し出を断り
11年お世話になったドコモを後にしたのでした。

目指した先はauショップ。
手続きに時間はチョットかかったものの、無事にMEDIA SKINユーザーになりました。
まだ、乗り換えて半日。その性能差は把握していませんが
私の周りでのauの評価は高いようです。

早晩三男もドコモからau辺りに移転することになるでしょう。
  学校内での電波状況が厳しくドコモは役に立たないらしいのです。
  私もfomaになって以来、電波状況の悪さにはイライラしていた口です。
こうして僅かな時間に新藤家だけでも3人のユーザーがドコモを
去ってしまうことになります。
それってあたかもカメラ業界のシェアに通じるものもあり
つい先日の政治ショーでも体験したところですね。
いや、私たちにも当てはまる? 油断禁物、対岸の火事では済みません。

まあ、ケータイで言えば・・・各社に言えることですが
改めて基本性能の向上に一度立ち戻っていただきたいものですね。
 2007/08/23 EOS新機種に思う。
EOS40D、1Ds3。予想通りの発表です。
昨日今日と何人かと話しをしましたが、イマイチ盛り上がらない。
イワユル想定内って感じ。
順当すぎる進化、サプライズが無いんですね。
10Dや1D2の頃はここまでやるか・・・という驚きがありましたよね。

ライバル他社が付いてこないという状況で、サプライズを披露する必要がないという状況だとしても
チョット寂しい。

じゃ、そのサプライズって何?
ボディ内手ぶれ補正。(ISレンズとの併用で8段分の補正とか・・・)
3層式イメージャでローパスフィルター無し!
圧倒的なDレンジの確保。
AFの革命的進歩。
背面液晶の劇的進歩。
ボディの小型軽量化(1D系)
ニコンのようなクロップ機能・・・・。

新機種のライブビュー、液晶の大型化、内部14ビット処理、画素数等
確実な進歩もありますが、大胆とは呼ばないレベル。
あそ・・・なんですよ。

まあ、それでも大きな液晶は欲しいし、ライブビューも欲しい。
1D3、1Ds3、40D。(或いは5D後継機)
せめて1台は欲しいものですね。
最近小さな液晶がチョット辛い事は事実。
  最近疲れてくると眼に来ます。
  パソコンの前にいる時間が多くなったため? 年のせい?
  もっとも・・・写真は心で撮るものですのでノープロブレム。(笑
  仕事的にはダイジョブ・・・です。新藤心眼流家元って事で。
  
 
 2007/08/22 茂手木秀行氏写真展@銀座
 
昨日から銀座で開かれている茂手木秀行写真展【道の行方】に行きました。
茂手木氏とは、先日Kさんの事務所開きパーティで初めてお会いしたのですが
先週は合同作品展にもお越しいただき、相互リンク状態。
会場にはYさん、Kさん、Sさん、Cさん、Mさん・・・見知った方が何人も。
東京といえども世間は狭い・・・ですね。
茂手木さん、素敵な作品を見せていただき有り難うございました!
 2007/08/21 タマタマってやつですけど。
重なるときは重なるもの。(これが撮影の依頼であって欲しいものですが・・・笑)
某社が取材に来てくれたのです。
メチャ暑い中、思いの外大人数。予定よりも1時間早くない??(汗 

さて、同伴のカメラマン氏。
30代半ば??
性格は良好。カメラは5D? 
始めはコメットモノブロック2灯+傘。
後半、中二階での撮影になって580EXを使いだす。
ST−E2は見かけませんでした。(お〜、露出計持ってるし・・・)

しかも結構大きなカーボン三脚持ってきてる・・・。
自分が被写体になることって皆無なわけで
は〜、とか、ほ〜とか思ってしまいました。
(狭く汚い場所で苦労したでしょうねえ。)

液晶モニターを見せてもらおうかと数度思いましたがジッと堪える私。
どんな絵が撮れたのかな??

追伸:昨日夕方、カミサンからメールがありました。
山口小夜子が自宅マンションで孤独死ですって・・・と。
小夜子といえば、それはもう、当時超有名モデル。
スタジオマン時代、ヒョットすると立ち会ったこともあったか?
メールを見て、早速検索してみたけれど孤独死と書いていたところは皆無。
真相は知る由もなし。
50代後半でこの世を去ってしまった小夜子。
また一つ20世紀が遠くなってゆくということでしょうか。
小夜子さん、安らかに眠って下さい。

そうそう、EOS40Dと1Ds3が発表になったらしいですね。
あそ。欲しいけど。
 2007/08/20 合同作品展折り返し点。
 8/14日にスタートした合同月例展。
 早、折り返し点を通過。
 お陰様でゴールを目指す体制に入りました。

 左はギャラリー入口等に張ってあるA3ノビポスター。
 案内状とはデザインが異なり、写真も入れ換えてあったりします。
 (実は気づかれる方が少ないのですけどね・・・笑)

 昨夜は参加者の奥様やお子さん達も参加で大賑わい。
 何だか楽しい雰囲気でした。

 今日月曜日は(原則として)休館日。
 明日から平常運転。
 26日(日曜日)が最終日です。
Finepix F31fd 左上、金曜日午後東京駅。皇太子さま御一行が那須の御用邸に出発されるとのこと。 ギャラリーが詰めかけておりました。
 2007/08/17 合同作品展スタート。
 
報告が遅くなりましたが・・・
8/14日。合同月例展(ギャラリーコスモス)スタートしました。
準備を手伝っていただいた皆様、有り難うございました。
素敵な図録を作ってくれた松本サマ、有り難うございました。
オープニング当日、美味しい料理を作ってくれた関川さん感謝いたします。
パーティに参加していただいた皆様、暑い中を本当に有り難うございました。
会期は26日まで。
何分、気が狂わんばかりの酷暑ですが、まだの方は是非!

追伸:上の写真は広島の123氏が撮影したもの。
サイトから拝借いたしました。こちらも有り難うございました。

暑い話。
15日の朝、9時半辺り。強烈な日差しの中仕事場に辿り着きます。
鍵を開け一歩踏み込むとナンダカ涼しい。
さて、温度計を見ると・・・・ゲッ31.5度!!
これで涼しく感じる時代ってことですね。
16日の夜、撮影を終えギャラリーにも顔出し仕事場に戻ります。夜9時くらい?
鍵を開け一歩踏み入れると・・・・暑い!!
温度計は何と36度!!!!
中二階のmacの前に置いてある湯呑に触ってみると暖かい!!
macの電源をオンにすると立ち上がるやいなやファンがブンブン回る!!!
子供の頃は30度で暑〜〜と思っていたんですから
人間の適応力も大したモンなのでしょうかねえ。

そう言えば、74年ぶりの最高気温更新だそうです。

埼玉の熊谷辺りで40.9度だったそうで・・・。

早く涼しくなると良いのですが。
  
Finepix F31fd  仕事場近くにて。
 2007/08/12 コマフォト9月号。
  
Finepix F31fd  不動前  右:EOS1D2
 
この連日の暑さは尋常ではありません。参りました!
さて、本日仕事場に出てみるとポストに郵便物が・・・(右上)
コマーシャルフォト9月号(玄光社)。送られてきました。
フォトグラファーのWebサイト活用ケーススタディ特集の一人として登場させていただいたのです。
91ページ辺りに出てます。
中央部の集合写真。仙台ゾロ目会での記念写真です。

ところで明日午後3時からコスモスで合同展の準備です。
ついにココまで来ちゃいました。早いですね。
 2007/08/11 Portraitpro導入時の注意点、西田さんからのメール。
新藤 様 
こんにちは。
いつも有り難うございます。
月例展の準備なども重なり、お忙しい事と思います。
ところで、先日こちらに記載されていました「portraitpro+MAXオプション」を導入し
てみましたが、
当方では、購入はしたものの「使用出来ない」状態になっています。
導入を検討中の方の参考にして頂ければ幸いです。
*****
Portraitproは稼働時のインターネット接続環境が必要で、接続環境のないPCでの使用
が出来ません。これを知らずに購入した私も「ぬけさく」かも分かりませんが、
動作環境ページなどにも、目立った表記はありません。
(後に確認しましたら、Q&Aにはありました)
英語版では、ネット環境がなくても動作する「Ver.6」=(間違っていたら申し訳ありま
せん)の発表があったようですが、こちらの導入の方が良いかも分かりません。
参考
http://www.portraitprofessional.com/
日本語版、現行Verはネット環境にないPCでの動作が出来ませんので、注意が必要です。
しかし、こんな重要な事柄、製品ページでの記載も必要ではないのでしょうか?
そんな事を考えている、暑い日々です、、。
白ヒゲ:土日も【出】の白ヒゲです。(笑 
今年は夏休み返上。何だかバタバタしております。
さて、頂いたメール。
マア今時ネット環境から独立しているPCは滅多に存在しないとは思いますが
ハッキリと表示が無いことは、チョット酷い。
早急な改善策を打ちだすか、大書して欲しいもの。
西田さん、メール有り難うございました。
 2007/08/09 夏は暑いモノだけど・・・。
 
OR TWO GO THE IMAS.   
いや〜暑いですね。毎年のことながら、余りの暑さに外を歩く気がおきません。
こんな暑さでも元気なのは子供とセミとゴキブリ位かと思っていましたが
   もうチョット良い例えが無いものなの?というバッシングが来そうですが
   マア、お許しのほどを・・・。
夏大好きの方も当然ながらいらっしゃるわけで
自分中心に物事を考えてはいけないという反省の今日一日です。
 2007/08/08 ディーゼル排ガス規制のその後/アルミフラッグフレームの強度。
三鷹ー久我山間には、私も一度だけ利用した事がある京王の路線バスがある。
朝、人見街道で久我山行きのバスと時々遭遇するのだが
昨日の朝もちょうどそんなタイミング。
踏み切りを前にしてちょっと渋滞気味。
さて、バスといえばディーゼルエンジン。
そしてディーゼルといえば黒煙(PM)が大問題になった事は記憶に新しいですよね。
2003年10月から首都圏等では規制が始まり、改善されたはずです。
が・・・ボディに書かれた車両番号は919だったか?(ナンバ−ではありません)
アイドリングからスタートまで見事な黒煙です。
このような事は今回だけではなく、数度目にしています。
路線バスといえば始業点検は毎日でしょう。
じゃ、何故???見て見ぬふり?コストカット?人員不足?
いずれかは不明ですが、大手の会社ですらこうですので
中小の運送会社がどうなのかは・・・でしょう。
たばこの煙も困り者ですが、ディーゼルの黒煙やガソリン車の排気ガスも困り者です。
一体どうなってるんでしょう?

アルミフラッグフレームの強度。
カーボンに比較して劣っていると書きましたが
アルミがフレームのみ、カーボンはアートレが張ってある状態での比較という
フェアでないものでした。
カーボンもディフューザーを外してみるとたわみや歪みが盛大にでました。
つまり、その差は最初の感想のように想像ほどではない・・・ということです。
お騒がせいたしましたが、ココで改めて訂正いたします。

  
 
上の3枚はwanwanサンのところから拝借しました。
なおwanwanのブログ8/8日分にこのときの製作手順が写真入りで詳しく説明されております。
興味のある方はどうぞ!
左上は今回大活躍してくれたウチの万力とvivoさんのパイプカッター。
(翌日には私もパイプカッター購入しました!)

あるときは工房、あるときは居酒屋、あるときは私の遊び場、あるときはスタジオ(ヲイヲイ最後でどうする!笑)
このとき紹介し忘れましたがブルーのポロシャツの男性。
大内田スペシャルスレーブで有名な大内田サンでした。
白ヒゲ さま 
いつもお世話になっております。 
さて、 
アルミフラッグフレームの強度についての記事を拝見しました。 
「アートレが張ってある状態」で必要な強度が出ているとのこと。 
なるほどフレームのみでは、多少やわなのかもしれません。 
とそこで提案(思いつきですね)です。 
フレームの対角線に、 
釣り糸のような、細く強靭な糸をつかって、 
張線をしたらどうでしょう。 
さらに、張線の交点を結合すると強度が高まると思います。 
(影ができては、ダメなのですが) 
アートレを貼ってしまえば問題はないのかもしれませんが、 
「貼る作業」はやりやすくなるように思います。 
実物を見ていませんから的外れだったら、すみません。 
それではよろしくお願いします。 

梅本製作所   梅本晶夫

白ヒゲ さま 
はやっ。 
> テグスで対角線を引っ張った場合 
> アルミフレームの辺が四角から円のようになる予感が 
そうなんですよね。 
ただパイプの太さに対して、全体の寸法が大きいので、 
いくらかでも足しになるかなあ、って感じだと思っています。 
> 強度的にカーボンパイプ、FRPパイプ、アルミパイプでは 
> かなりの差があるものでしょうか? 
この場合、 
フレームに力がかかったときの変形を問題にしていますので、 
「剛性」の大きさが効いてきます。 
材料の物性は例の「縦弾性係数」ですね。 
アルミは合金によらずほぼ一定値です。 
カーボンなどの繊維強化プラスチックは、組成によって縦弾性係数が大きく異なります。 
でも一般に、いわゆる「カーボン」は鋼以上の剛性をもたせますから、おおむねアルミの3倍以上の剛性はあると思います。 
ですが、実際にはパイプの太みで、形状の剛性「断面2次モーメント」が変わります。 
これは肉厚が一定だとすると、おおむね直径の3乗に比例します。 
この形状の効果のほうが、大きいように思います。 
一例として 
今回のΦ8mm肉厚0.5mmでは、パイプ4本の質量は約130g、 
これをΦ10mm肉厚0.5mmとすると、剛性は1.75倍となり(つまり変形が1/1.75)質量は約160gです。 
もし30gの増加が許せるのであれば、 
値段はあまり変わらないので、アルミのパイプ径を大きくしたほうがよいように思います。 
(実際には、つなぎ目の目方も増えてしまいますけれど) 
コストの問題もありますから、材料は最後の手段として、形状と補強でなんとかしたいですね。 


それでは、よろしくお願いします。 
梅本製作所   梅本晶夫
白ヒゲ:梅本製作所らじおサンからのメールでした。
アルミなら直径10mmのパイプも有りですね。
ウムム、ココは悩みどころですね。
でもまあ、次のメールにもあるようにアートレさえ張れば強度はアップするようです。
て事で、ココは良しとしましょう。
新藤様 
アルミフラッグフレームの強度の早速の実験ありがとう御座います。
さすが新藤さんです〜♪で家でもアルミのフレームにアートレ装備済みの
のをさわると昨日新藤さんのカーボンと同様、横のたわみやゆがみは
全く出ませんでした。これで皆様もアルミで安心してご使用いただけますね♪
ありがとう御座いました。
ゾロ目の日に何も無いと何だか落ち着きません(笑)
では失礼いたします。 
白ヒゲ:ハナポンパパさんからのメールでした。
矢張りアートレを張れば強度が十分ということですね。
私も安心いたしました。
 2007/08/06 勘違い/加齢臭。
昨日月曜日は撮影は無し。
お昼前に横須賀のK氏がデータをもって現われ、話し込む。
午後はプリントを仕上・・・コスモスに届け
6時からの打ち合わせのために目黒駅まで歩く。
  【目黒からバスが出てますから・・・西麻布2丁目でおりていただければ】
と聞いたいたことを思い出し、バス停を探す。
新橋行きだったか東京タワー行きのバス停があり
丁度止まっていたバスに乗り込む。
天現寺までは予定通り、ところが・・・
明治屋の手間でバスッてば右折・・・
あれ?真直ぐ西麻布に行かないの?
気が付けば愛育病院前、チョットヤバイかも
そのまま乗っていると【次は元麻布2丁目】という電光表示。
ハタと気が付く。
バス停の途中停車バス停の元麻布2丁目を西麻布2丁目と読み間違えたか
勘違いをしたに違いないのだ。

反省しつつ、元麻布2丁目で下車、西麻布2丁目に徒歩で移動。
バス停側でT女史が笑って待っていくれた。

こんな間違いは40代ならしない。いやしなかった。

追伸:【オトーサン、風呂場に緑の歯ブラシ出しておいたから。】
【これで頭皮をこすると良いんだって。】
はあ?と私。
加齢臭の原因になるんですと。親切なカミサンだわ。

追伸2:カーボンとアルミ製フラッグフレームの強度の差を改めてテストしました。
・・・申し訳ありません!
カーボンの方がねじれやたわみに強いようです。
まあ、トレペ等のディフューザーを貼る程度ですので絶対的な強度については
全く問題なし。安心してお使い下さい。
次回はカーボンで実習行いましょー。
 2007/08/05 10個のタマゴ/アルミフラッグフレーム製作実習。
 
  Finepix f31fd  2枚撮影したのにどちらもピンボケ、何故だ〜・・・。
朝起きてキッチンの窓から外を眺めるのは殆ど日課のようなもの。
昨日のキツツキの件もあるので、先ずは上空チェック・・・異常無し。
続いてカメ達をチェック。相変わらずノンビリしている・・・が
目を凝らすと何か白っぽいものがチラッと見える!
確か昨日は無かったはずなのに。
勇気を出して(蚊が凄いんですよ。)カメのそばに行きチェック
数を数えてみると約10個!!
御苦労さんでした、カメキチ。(♀です)

今日は午後2時からアルミフラッグフレーム製作実習。
参加者は約10人+α。
予定では購入希望者は6〜7人。
材料は10人分用意したのですが、全て売り切れ。
私の2個目も無し。(笑
作りはカーボンフラッグに準ずる方法で作りましたが
重量も殆ど変わらず、中々良い感じに仕上がりました。
(会場で実習をした方は3名、残りは途中まで加工済みのパーツお持ち帰りでした。)
今回のパーツの殆どはvivo谷口さんがジョイフルホンダで調達してくれました。
有り難うございました!
 
この加工、一見簡単なのですが一番気を使う部分は8mmアルミ棒(青いライン)
ピッタリのサイズに曲げることはチョットコツと万力がいるか?
予定通り総重量は400gでした。

追伸:9月のゾロ目会は9日土曜日朝10時辺りから横須賀方面(かやまミートさん)で
横須賀散策とバーベキュー大会の予定です!!
 2007/08/04 ウッドペッカー/楽天生活。
今朝日曜日8時半。キッチンに降りていくとカミサンが窓越しに外を見ながら手招きしている。
何事かと思い近寄り、庭を見る。
【もっと上。】とカミサン。
逆光で良く見えないけれど背中が縞模様のヒヨドリよりもチョット小型の鳥が忙しなく動いている。
クチバシで幹を突いている。
幹の柔らかい部分なのか音は聞こえない。
コゲラか?
上に行ったり下に行ったり、忙しいやつ。まだ子供かもしれない。
一旦飛んでいったと思ったら直ぐに戻ってきて私達から僅かに1.5m程の柿の木に・・・
無防備なウッドペッカーだね〜。
今朝はチョット幸せな気分。
  アオゲラ(中型のキツツキ)は玉川上水で目撃しているけれど
  コゲラは初めて目撃。

車を手放してネットショッピングの機会が増えたことは既に書きましたが
チョットはまっているショッピングは食べ物なんです。
昨日も注文したモノが届きました。
トロサーモンのハラミ。マグロカマのみりん干し。
間宮塩蔵で購入です。
早速夕飯で頂きましたが、どちらも素晴らしい。
エ〜、最近頼んだもの。梅干し、梅翁園。こちらも正解でした。
お米、米屋ふくち。ここも美味しかったですよ。
ゲランデの塩、とうもろこし(これはまだ届いていませんので味は不明)
牛肉。これはマア、普通だったか。

お店や商品の評価が見えますので、安心ですよ。
騙されたと思って一度如何でしょう・・・。
 2007/08/03 負け犬の遠吠え。
とある方のポスターの仕事をする。Z氏としましょう。
依頼はZ氏の友人からである。
撮影は無事に終了、ポスターも出来上がる。
私はいつものようにサイトにアップする。
暫くして友人から連絡が来る。
【Z氏からじゃないんだけど、Z氏の所属している事務所から連絡があったんですよ〜・・・】
【サイトにアップするのは止めてくれないかって・・・】

アッソウ、判りました。
物分かりのよい私は(というよりは弱腰だったわけですね)、その数分後には削除しました。

でも・・・どうよ?
Z氏の所属している事務所がこのポスターに関わっていたとは聞いていません。
勿論撮影にも立ち会っていません。
しかも・・サイト上ではZ氏のことを褒めてるんですよ。
その何処が問題なのでしょう??
  まあそれを許せば、キリがないとも言えますけど・・・

・・・プライベートなポスターなので友達価格だったんじゃなかったの?
こちらにも著作権はあるはずですよね?

って今更書いてどうするんだ。
その時に抗議をしなければダメなんだよね。
って判っていても、どうにも頭の回転が悪い。
負け犬の遠吠え・・・だね。

追伸:カメラマンが一つの仕事ごとに契約を交わすことは今でも希でしょう。
結果としてこんなことになる。
契約社会が最良とは思わない。困ったものだねえ。
 2007/08/02 再び歯医者通い。
先週のとある明け方、悪夢で格闘してしまい目覚めると左上の奥歯が酷く痛んだ。
歯をくいしばった揚げ句に、きっと親不知が疼いたに違い。
痛み自体は2〜3日で収まったのだが、モノのついでで半年ぶりに
予約してあった不動前駅前歯科の門をくぐる。
担当は前回同様小林先生である。
状況を説明する。
【新藤さん、左上は親知らずは無いですよ。ポケットにゴミが詰まって炎症起こしてますね・・・】
ガビーン。
【半年の間に大分汚れてますね、お掃除しましょ。】
【ハイ、じゃ次は9日】
ウ〜〜。また歯医者通い。
もっと歯磨きをシッカリ!!ですね。
・・・実は、これでも最近は気をつけて磨いていたつもりなんですけどね・・・ショック。

合同月例展、8月に入り俄に焦り始めています。
現在プリントは31人分揃い、あと6人ですね。(早くね〜)
紹介文は未だ1/3以下、皆さんお願いしますよ〜
100文字程度で書いて下さいね〜。

このページの先頭に行く 日記の先頭に行く

後書き・独り言52/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言54

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴