TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴

profileに戻る(後書き目次)/ 後書き・独り言15へ行く


2004/02/25 EOS1Dsを借りて使ってみた。
昨日、EOS1Dsをレンタルで借りて一日撮影しました。(レンタル料は一日24,000〜25,000程度)
朝の9時から夜の10時まで、室内を中心に外も有り
カレンダー用に13カットの撮影、1/23に紹介した【15年ぶりのEさん】との仕事です。
1Dsは何度か触ってはいましたが、本格的な撮影に使用したのは、恥ずかしながら初めて・・・
前日夕方に持ってきてもらって、一通り学習。
本番では然程まごつくことなく使用出来ましたが、操作系は設計が新しい10Dの方が使いやすい。
借りてきたボディには2コの電池が付いていましたが、50枚程撮影した時点でバッテリーが空。
(新品ではないので、電池がへたっていたのか??)
フルサイズですのでピントはかなり見易いのですが、背面液晶の拡大率がとても低くピントのチェックは絶望的。
持参したibookが活躍したことは言うまでも有りません。
RAW+JPEG書き出しはとても便利。10DのデータのようにFVUを使用しないと見られない・・何てことも無く
JPEGデータを直ぐにフォトショップで確認できる点はとても便利。
RAWをタマには使ってみようかという気にもなれます。
.
撮影は無事に終了してコインパーキング(渋谷区神宮前)を精算すると何と6700円!
都内でも最近は12時間以内1500円なんてパーキングも増えている中にあって、これは痛い。
(都心部ではこんな安いパーキングはないか? 西五反田にはあるけれど・・)
1Dsは翌朝回収に来てくれ、大助かり。今回は、ナショナルフォートからレンタルしましたが
集配が有るのは矢張り楽ですね。
.
追伸:・・・早く1Dsの後継機が出ないかなあ・・・
もっと小型軽量、1500万画素、電池も素晴らしくもって50万以内。ハ・ヤ・ク してくれえ〜。(願望?)
.
追伸:02/27 ibookへのデータ転送はUSBカードリーダーで行いましたが、1GのCFカードから
20分以上の時間を要したのには閉口しました。
1Dsのヒストグラムは大きく見易いのですが、液晶自体の拡大率が小さいことと、サイズが然程大きくないのは残念。
RAWデータにもサムネールが付いているのは便利。
ホワイトバランスはAWBとマニュアルを併用しましたが
AWBもEOS10D同様信頼が置ける感じ。
タングステン、外光、ストロボのミックス光でも大きく崩れず立派。
この日に撮影したデータは何れそのうちに。

2004/02/24 Firewire+HDDに関するT氏からのメール。
デジカメ研究室の記事、毎回楽しみに読ませていただいています。
最近ハードディスク交換についてのお話がありましたが、私は仕事にてMac用のドライブ(ATAおよびSCSI)を
販売したりメンテナンスを行っています。もし参考にでもなればと、メールしてみました。
我々の業界でもFireWireのドライブが多用されていますが、データ消失のトラブルの話をよく聞きます。
写真データではないものの仕事で使用しているデータのため、
どれも無くなったでは済まされないものばかりなのですが、
バックアップを行い損ねたなどで消失してしまい泣き入ることも多々あるみたいです。
Macの場合、FireWireドライブはハードウェア的にもソフトウェア的にも未熟な部分があるようでして、
OSのフリーズやコネクタの抜き差しなどによってHDDにデータを書き損じが発生し、
以後マウント出来ず「フォーマットしますか?」とのメッセージが出てくるのみ、といった最悪の状況に陥ることも多いです。
これらのデータ障害が起こった場合は「ノートン」などのツールを使っても復旧できることは少なく、
どうやらFireWireの場合はSCSIドライブ等の障害と違ってデータの致命的な部分が損傷しやすいようです。
あと、安価なドライブケースの場合、熱設計が不十分なために連続使用をしていると
HDDの温度が極端に上昇し、アクセス不能となる場合もあります。
この場合も上記のように論理障害を起こす原因にもなります。
私の場合、こうやってデータ消失されたドライブを持ち込まれ、様々な方法を使って復旧したりしているのですが、
そういう場面を日常的に見ていると、正直FireWireのドライブに全て頼るのはどうかと思いますね。
持ち運びも出来て確かに便利なのですが、やはりマスターはSCSIもしくは
内臓ATAドライブに入れておくのがいいかと思います。
ATAのドライブは壊れやすいとはいえ、
FireWireケースを使うことに比べたら経験上、数倍は安全が確保できるような気がします。
…とそんな怖い話もありますので、トラブルが起こる前にご参考までに。。
写真データの場合も、やはりお仕事で使われるものですから消失したでは済まない場合も多いと思います。
是非お気をつけください。
【管理人】T氏からのメールでした。
私もトラブル経験者ですので、手放しでFirewireを信じているわけでは有りません。
が、現時点でスピードを求めるならば矢張りfirewireになってしまいますよね。
信頼でき、且つ速い規格が一刻も早く完成することを望みたいですね。
.
.
話は変わりますが・・・昨夜久しぶりに恵比寿に食事に出掛けたのです。
以前良く行っていた「いらっしゃい」。
この店は良く流行っていたにも係わらず沖縄料理のお店に変わっていました。
次に「いーはとおぶ」(平仮名だったかなあ?)を覗いてみるとお店が無くなっていました。
その後、暫く恵比寿をブラブラしましたが、随分新しいお店が出来たのと
入れ替わった店が多いので驚きました。
また、流行っている店とそうでない店の二極化・・・これも凄まじい。
写真界に限らずテーヘンな時代はまだまだ続く、ということでしょうか。
FireWireのHDDの問題、私としてはもっと騒がれても良いと思うのですが、
なぜに公に出てこないのか不思議です。マックユーザーが少ないからでしょうか??
私の扱っている物に限ったことではないみたいなのですが…。
ちなみにFireWireにまつわるトラブルは他にもたくさん遭遇しています。
・一台のドライブを複数台のマックで使いまわすような場合、全部のマックが同じモデルでも、
特定の一台だけで認識できない。
そのマックのFireWireポートが不良かと思いきや、しかし別のドライブは認識できる…
・一台のマシンでも時々、ドライブが認識しないときがある。再起動や抜き差しを繰り返すと認識する。
FireWireという規格はありつつも、実際は機器によって仕様にバラつきがあり相性が生じるみたいですね。
特にマックに多いみたいなので、もう少しアップルさんに頑張ってもらいたいところ
です。。
【管理人】引き続いてT氏からのメール。
ナルホド言われてみればマッタクその通り。私のfirewireカードリーダーにも
思い当たる節有り。
富士フィルムのカードリーダは私のMACでは全滅だったことを思いだしました。
.
Firewire接続の私のHDDがこれから先どうか無事に動き続けますように・・・

2004/02/23 色収差の補正/EOS10D、キスデジ、久しぶりにピントチェック。
最近はパープルフリンジと呼ぶ方もいるようですが、正確にはレンズの色収差。
広角レンズを開放に近い絞りで撮影した場合の周辺部の輝度の高い場所、コントラストの高い場所に見られます。
ハイライトの脇に紫やマゼンタ等のあってはならない虹のような滲みのことです。
フィルム時代にもありましたが、デジカメになって非常に目立つ存在になったようです。
まだ体験したことが無い方は、レンズを外して虫眼鏡やルーペで絞り優先で光源が入った
室内を撮影してみて下さい。盛大に収差が確認できると思います。
(ファインダーを覗いてみるだけでもOKです。)
たった一枚のレンズですから当り前ですが・・・大きなレンズを使用すれば驚くほど被写界深度が浅い
色収差が出まくりの不可思議な世界が出現します。
さて、普段出てはいけない色収差。出てしまったらどうするか?
幾つかの方法があるようですが、先日ネット上で見つけた方法は簡単な割に効果的。
一旦RGBからLabモードに変更後、チャンネルaとbをシフトキーを押しながら同時に選択し
フィルタ内のダスト&スクラッチで補正するという技。
設定が微妙なこともありますが、使えます。
最終的には、更に元画像にマスクをかけたりと微調整が必要になるかも知れません。
お悩みの方、是非一度トライしてみては如何でしょうか。
.
話は変わりますが、先週のこと、友人のU氏がキスデジをもって現れました。
レンズは標準18−55ズーム。
久しぶりに一万円札テストをしてみたのです。
光源はタングステン+550EX+ST−E2。
私の標準レンズを10Dとキスデジに装着、次に18−55ズームでキスデジ。
結果は10D+50標準、問題なし。
キスデジ+50標準、3枚撮影してどれも5〜6cm後ピン。
(万札まで約1Mほど、絞りは開放f1.4)
しかし、キスデジ+18−55ズームではマッタク問題なし。(これも絞りは開放。)
最近話題にはなりませんが、未だにピント問題やはり健在。
レンタルショップで借りたレンズや、友人から借りたレンズの場合
撮影前にAFチェックは必ずしたほうが良いということでしょうか。
.
追伸:色収差の続き。コンパクトタイプのデジカメでは必ずと言ってよいほど出ます。
ニコンはローパスの利きが強いためか、レンズの設計のためか出にくいようです。
キヤノン、広角側はヤヤ出やすいようです。
速く単焦点広角レンズがデジタル用に開発されると良いのですが・・・
因みに、明日は珍しくEOS1Dsを借りてきての撮影。
一日で13カット。カレンダー用の撮影です。無事に終わりますように。
.
1Dsでピントテスト。開放ではチョット甘く感じるが2.8まで絞れば文句無し。
ところが細かい模様に偽色が・・・
EOS10Dでは滅多に出なかった偽色が1Dsでは盛大に?出ている。
で色収差の技を偽色にも使ってみた。結構イケル。
問題は偽色の出ている部分だけに上手にかけること。
そうしないと思わぬ場所の色が抜けている場合があるようです。

2004/02/21 ハードディスク交換成功、ついでに外付けHDケース。
O氏、Y氏の助言もあり無事に120GのHDDは交換に成功しました。
G4に最初から積まれていたディスクは、何と30G。私は何かの間違いかと思ったくらい・・・
.
昨夜帰りがけ、またまたヨドバシによって外付けHDDケースを入手しました。
firewire接続、ブート可能、ビッグドライブOKというもの。
Y氏に教えられたのですが、oxford911、又は922チップが採用されていないとブートが不可能らしい。
どうも最近の事情に疎い私には初めての情報。
で、外された30GHDDを外付けケースに装着、データを移動した後は初期化
暫くは様子を見てみるつもり。
勿論、新調された120Gは快調に動いていますよ。
経験の無い方のために書けば、HDDの交換作業自体はマッタク簡単。
問題はその後。OSのインストールやらソフトのインストールやら・・・
真面目にやったら丸一日かかります。
はっ?私ですか。不真面目なので30Gからコピーでインストールしちゃいました。
どうやら不具合無く動いているようですので取りあえず○でしょ。
そうそう、外付けケースへの取り付けも呆気ないほど簡単。一台あると取っても便利ですよ。
お値段は6千円〜2万円くらい。売れスジはブート可で1万円くらい?
.
今までHDDは4台繋がっていたわけですが、久しぶりにテックツールプロでアクセス回数をチェック
   30G(デクスター) 9,670,812 初めにつけられていたHDD。不安を抱えつつ今は外付けに。
   20G(?)     1,105,218 懐かしのウルトラスカジーで接続、タマに使用するデータ。
.
   10G(デクスター)23,897,928 10Gと65Gは内蔵80Gをパーティションで区切ったもの。
   65G(デクスター) 2,079,492 65Gはデータ用。10Gはフォトショップの仮想ディスク用。
.
  160G(IO data)   1,363,132 ブート不可、データ用。firewire接続。
  120G(seagate)  昨日より使用開始、未計測。20Gと100Gに分割。内蔵。
              20GにOSとアプリを入れる。100Gはデータ用。
.
どうです、改めて仮想ディスクに割り当てた10Gのアクセス数には唖然とするでしょ?
それだけフォトショップが活躍している証拠でもあるのですが、酷使されている証しでもあります、気をつけましょうね。
さて、ここで問題が一つ。
firewireは増設しているのですが、CD−RW、外付け160GHDD、CFカードリーダーで既に一杯状態。
増設したので本来なら4個の機器が接続できるはずですが、残念ながら1箇所が死んでいる。
ウルトラスカジーボードを外して更にfirewire用のボードを追加するべきか・・・
まあ、当分は予備用のHDとして、或いはデータ移し替えようとして活躍してくれるのでしょうね。
.
追伸:嘗ては小まめにデータのバックアップを取ったのですが、最近横着になったのかハードディスクに溜めっぱなし。
HDの容量がズルズル増加したせいもありますが、
ホント気に入ったデータ以外はところてん式に溢れそうなら古いものから消去する・・
この方式でも2年近くはプールできそうです。
HDDは過去に5コ程度を壊した経験がありますが、幸いデータ専用に使用したドライブで
丸々お釈迦にした経験はない気がします。
フォトショップを酷使される方、仮想ディスクだけは気をつけて下さいね。

2004/02/20 120GのHDDが1万円以下!/私は貧乏性なのか?
Oさん、ゴメンナサイ! 
あれほど懇切丁寧なメールをいただいていながら
昨夜、新宿ソフマップで120Gのハードディスクを買ってしまいましたあ・・・
値段を見たらビックリ。料理写真家のY氏からも聞いていましたが
120Gキャッシュ8Mで1万円以下。メーカーはSEAGATE、Barracuda 7200.7  バルク品。
取りあえず仕事で使用しているメインマシンですから、安心して使いたい。そう思ったのでした。
(これで、3万以上なら何とかダマシダマシ使っていたのでしょうね。)
ついでではないですが、PHOTOSHOP CSバージョンアップ版、ヨドバシで購入しました。
未だOSXを走らせてはいないのですが、そのうちそのうち・・・いつかはG5・・・
確かに神保町の写真家O氏(メールをいただいたO氏とは別人)のスタジオで見たCSは
快適そうに見えました。
.
私は貧乏性なのか?
気が付くと型落ち品を買っていたりする。
中古のMACを買っていたりする。
始めて使用したのは8100〔程度の良い中古だった。度胸があるねとみんなに言われた・・・それでも40万位はしたか?)
互換機、UMAX RADIUS、SUPERMAC(珍しく新品・・・でも互換機。30万位)
PM9600(中古、17万位、その後G3/366ボードで強化、そのボードが当時17万!)
PMG4/450/DUAL(展示品 値段は忘れた・・・30万?)
ibook G3/500(これは悩んだ揚げ句珍しく新品。)
8100〔手放しました)以外は今でも何とか動いています。
貧乏性の証拠がもう一つ。
例えばクルマ。
最高グレードは買った例が無い。
一般的に日本人は何でも最高グレードを買う傾向にあるらしいのですが
そういう意味では日本人離れしている??
.
待て待て。苦渋年式〔90年式)を今でも所有している私ですが、コダワリでも何でもなく
単純に新しいクルマを必要としていない。
ではなく、買い替える金が無い・・・全くトホホが原因な訳で
これは貧乏性などではなく正真正銘の貧乏だ。
(チョットスッキリしましたね。そうか、ビンボーか。)
.
追伸:只今の時間、午前11時10分。仮復旧したG4でこれを書いています。
お昼を鋏んで午後一からハードディスクの交換作業開始予定。乞う御期待。
オッ、ヨドバシでG5の1.8Gが219800円(だったかな?)値下げが始まったようです。
お知らせでした。ピンポーン。

2004/02/18 リンクを張らせていただいたレンズ屋の永田さんからのメール。
こんにちは、レンズ屋の永田です。
レンズ屋サイトにリンクを張ってくださって、ありがとうございました。
お返しに当方からもリンクを張りたいところですが、レンズ屋サイトのリンク集
はレンズに関する技術情報が得られるサイトに限定しているため、見合わせま
す。すいません。
新藤さんのサイトを拝見しました。作品は美しく、文章は率直で、楽しめました。
> 追伸:ステッパーのレンズって凄いですね。
> あんなに沢山のレンズを使用しないとダメなんですか?
> 枚数が増えるとデメリットも増えてしまいそうですが・・・
デメリットはいくらでもあります。値段が高い、製作が難しい、大きい、重い、
材料が足りない・・・。
もちろん、できることならレンズを減らしたいのです。
しかし、1000本/mm以上の高解像力を直径20mmほどの広大なエリア全
域で実現する他の手段は見つかっていません。
リンクのページにレンズ屋を加えました。たまたま何かを検索していて見つけたサイトです。
名前だけ聞くと一体何者??と思われるかも知れませんが
三鷹にあり、各種のレンズの設計を仕事にしている会社です。
ヤヤ専門的になりますが光学サロン、Q&Aのコーナー面白いです。
またリンクのページも楽しめます。
レンズの図面も何だか凄い。
ステッパー用のレンズにはビックリします。1000本/mm以上の解像力!!
これを聞くとまだまだレンズは進歩の余地があるかも知れない・・・そんな気持ちになれますね。
私達が何気なく使っているレンズにも、レンズ屋の技が生きているかも知れません。
.

2004/02/18 サイトは写真家にとって名刺のようなものですよね。
【年鑑 日本の○○写真】のような大型豪華本が毎年出版されます。
実はこんな私でも招待されたり、或いは見開きで幾ら・・というような料金を支払い、掲載されたことがあります。
4〜5回お付き合いしたでしょうか?
昨年暮れ、久しぶりに某出版社から電話がありました。
こんなご時世のためか料金は随分下がっていたようで、正直グラッときましたが
ドサクサに紛れて忘れていたという理由が大きかったとはいえ、結局見送ってしまったのです。
.
見開きという限られたスペースで何枚の写真を掲載できるでしょう?
一般的には4枚程度でしょうね。
勿論沢山あればよいというものではありませんが、スペースが狭すぎます。
過去の経験から言えば、あれは自己満足。数年すれば単なるゴミ。(重りくらいにはなる?)
(このサイトも自己満足だろうって・・・それもあるか・・・笑)
こうして、サイトを立ち上げたほうがあらゆる意味で効果的。
その豪華本が、一体何部販売されて、何人の目に触れることでしょう?
.
へそ曲がりのカメラマンで無いかぎり名刺を持っていますよね。
そう、サイトは名刺の様なものです。
パソコンがあって、ネットに接続されていて、更にデジカメがあり(無くともOKか)
そして、僅かな時間があれば、あなたにもサイトを作れます。
私が開いている二つのサイトはどちらも無料! 
見る前に跳べ。悩むより慣れろ、でしょ。
サイトに限らずデジカメにも言えることですが。
.
追伸:今時、小中学生ですらサイトを持つ時代ですよ。
誰でもが初めは初心者。自転車と同じ。一度乗れれば簡単なことです。
さあ、さあ、あなたも始めましょ。
.
追伸:突然話は変わりますが昨夜からG4/450dualのメインHDDの調子が悪い。
正確には半年近く前からなのですが、macを立ち上げる途中、アイコンパレードの前でフリーズしてしまうのです。
昨夜は、何度再起動してもダメ。
内蔵は2台、外部に2台繋がったHDDには予備のOSがインストールされていて
そちらに切り替えて無事に復旧したものの、ノートンをかけてみると重大な・・・とでる。
だが、トラブったHDDの復旧は出来ていない。
早いうちにHDDを交換したほうが良いのだろうが、これ以上このマシンに無駄な出費はしたくないしで悩みは増える。
とは言え、こんな風に簡単に復旧(完璧ではないけれど)出来てしまう辺りはmac様々でしょうか。
.
ibook G3/500。使い初めて2年にはならないくらい。
これがHDDが遅い。17日ヨドバシに寄ったついでにmac売り場のオネーサンに聞いてみた。
「HDDを速いのと交換しようと思うんだけど・・・」
にこやかな顔をしてオネーサン「パワーブックなら良いんですけど、ibookはネジを100本くらい外さないと
交換できませんよ〜。」
オイオイ、マジですかあ?
くじけたことは言うまでもない。 
.
追伸:02/19 O氏からmac、HDDの件でメール。
ポリタンクのHDDですが、たぶん単純なフラグメンテーションのせいだと思うので、
だまされたと思って、一度ボリュームまるごと外付けのディスクにコピーして、その後
一度内蔵のHDDを初期化して、そこに元のボリュームを書き戻してみてください。
たぶんそれで解消すると思います。
いきなり余談ですがHDDのメンテナンスユーティリティとしてNUM (Norton Utiritiesfor Macintosh)
はあまりすすめられません。一番ありがちなHDDが読み出せなくなるトラブルの原因はディレクトリの損傷である事が多いのですが、
NUMはディレクトリの破損に対してNUM独自のパッチをあててつぎはぎにしてしまうので、かえって状態をややこしくしてしまいます。
OS9の環境であればDiskWarriorの方がお勧めです。DiskWarriorはディレクトリの破損に対して
HDD内のセクターをスキャンして(セクターというのはHDDの中に論理的に存在する情報を格納するマス目と。。でも思ってください)
実際の情報を元に新たなディレクトリツリーを再構成して、それを利用して全ての情報にアクセスできる事を確認してから置き換えができるので
安全にディレクトリの修復ができます。(HFS/HFSプラスであれば、読めなくなったMOも復旧できる場合も多いと思います)
OSXには未対応ですが春くらいには対応するらしいです。
http://www.senko-corp.co.jp/alsoft/DiskWarrior.htm
ただ、DiskWarriorにはデフラグの機能がなく、それは付属しているアプリケーションのSpeedDisk(スペル不詳)
の担当になっていますが、これはノートンの当該部分の機能と変わりないのであまりかけない方がいいと思われます。
万が一の時に利用するソフトとしてはNUMよりもDiskWarriorのほうがおすすめですが、
一番いいのは
デフラグの発生の要因になるHDDの空き容量のひっ迫を避け、なおかつ定期的にHDDのこぴー>初期化>書き戻し。。を行なう事です。
(もちろん。。自分もよくさぼって痛い目に遭うのではありますが)
これでディレクトリの再構成とデフラグが一気にできるのですからやらない理由はないです。
しかもバックアップまでとれますし。(笑)

ところで、ポリタンクの内部に一系統Firewire端子が実装されているのをご存じでしょうか。
そこにFirewire外付けケースを接続すれば簡単にバックアップできるので、バスパワーの
2.5"HDDケースを購入して(ibookの内蔵を交換するのであればそこで外した古い方の)
2.5"HDDを組み込んで、非常起動システムとデータパーテーションに分けてバックアップを作っておけば
ロケの時もスタジオでも利用できて便利と思います。
(もちろん外側のポートに接続もできるのですが)
私はPowerBook野郎なので、ポリタンクはあまり詳しくないのですが、新藤さんのポリタンクは
たしかAGPgraphicsという奴だと思うので、あまり高速なHDDを二個内装すると電源的にも
熱的にも厳しいものがあると思うので、内蔵を交換するにしてもあまり欲張らずに、
たぶん今は標準12G+拡張80GBくらいのスペックだと思いますが、それを内装120GB一基くらいにするに
とどめた方がいいと思います。

ibookのHDD交換を考えていらっしゃるならamuletに依頼すればスピーディに交換してもらえると思います。
ただの部品交換屋ではなく映像関係のソリューションもいろいろ提供しているショップなので、
自分の使い方と希望を伝えて相談すれば、予算に合わせてHDDの機種の選定の相談にも乗ってもらえると思いますよ。
http://www.amulet.co.jp/

繰り返しになりますが物理的なHDDの消耗限界でない限りはおそらくディレクトリの破損か
電源供給の不足が立ち上がらない原因と思います。
例えばここで清水の舞台から飛び下りてG5を購入するにしてもポリタンクを捨てるのは
惜しいといえば惜しいですから、まずはコピーによるデフラグの解消を試してみて、
それで解消しなければいま外付けにはいっているHDDそのものをポリタンクに移植するなどして
延命をはかるのは悪くないと思います。
コンピュータは金喰い虫ですし、基本的に古いものに金をつっこむよりも新しいものを吊るしで
買った方が安くて速いのは事実です。でも使い方で改善する部分についてはいまあるものを
従前に使う事を考えたほうが自分のスキルも上がりますし、今後新しく買うコンピュータよりも
高いパフォーマンスで使えるようなスキルが身に付くと思うのです。
自分が黒いお座布団を使い続ける理由も半分はそういうものです。(半分趣味ですが)

。。。以上はあまり余談ではありませんでしたね。(笑)

以下は本当に余談ですが。
新藤さんにケツを叩かれたわけではないのですが、仲間のサイトとは別に自分の個人サイトを
立ち上げるためにサーバーにMovableTypeをインストールしました。
まだうまく動いていないのですが、今日もう一度調整にチャレンジしますので、うまく行けば
来週半ばくらいには公開できると思います。(内容はまだまだ未整備ですが)
新藤さんのサイトはてっきりwebサービスを利用なさっているのだと思っていましたけどソースを
見たらGoliveで書いてあるということで少し驚きました。
仲間の拠点でもあるoptimagraphicsのほうももっとちゃんとやらなければならないのですが
そっちの方は他のメンバーにもやらせるつもりでゆだねている部分もあるので今ひとつ進みません。
変にかっこいい事を狙わずにひとつひとつ書いていけばそれでいいのですが。。
大体、webも回っていても派手なデザインやグラフィックで目を引くサイトよりも、
内容が濃くて作者独自の視点でしっかりとした情報がのっているサイトの方が遥かに面白いのです
が。。
ぶつぶつ。。
【管理人】ホントO氏は博学ですねえ。私も決してmacにシロートではないのですが
O氏と比較されると赤子になった気分。
(つまり、結構気持ちが良い? 笑)
このような方と知りあえた私は幸せ者ですね。

  

2004/02/17 物撮りテクニック 【その4】ミツワペーパーセメントソルベント。
デザイン事務所に必ずあったものの一つがペーパーセメント。
写植やら何やらをペタペタと切った張ったした時代の必需品でした。
その後、ペーパーセメントは写真右のスプレー糊に主役を奪われ
そのスプレー糊さえ、この先どうなることやら・・・
で、中央にある赤缶がペーパーセメントソルベント、薄め液です。
左の三角がディスペンサー。ここに小分けにして使用するのです。
シンナーのようなものですから大変揮発性が高く、臭いもきついです。
.
さて、このシンナー。物撮りをされている方には必需品です。
油汚れ、指紋、シールの糊、サッとキレイにしてくれます。
一缶あるとかなり長期間使えます。
5年前に買ったものが、ついに空になったのでヨドバシカメラで購入したのですが
ヨドバシで扱っていることは最近知りました。
売り場は移動してフィルム館2F。値段は1690円。
サイズは大中小3種類あり写真は中型。
ディスペンサーはデザインショップ(画材屋)で探して下さいね。
追伸:このシンナーの用法で業界では良く知られた必殺テクニックを一つ紹介します。
夜中に突如現れたにっくきゴキブリ。ディスペンサーでエイッとかけるのです。
これは効き目抜群。付近を汚すことなく一発で仕留めてくれます。
子供が張ってしまったシールを剥がすときも重宝するでしょう。
スタジオも去ることながら、一家に一台。お薦めです。
また、シンナーと書くと聞こえが悪いですが、塗料やプラスチックに悪影響を及ぼすことは殆どありません。
安心して使用出来ます。
ついでながら、思い込みなのか??私はズーッとソルベックスと呼んでいたような・・・大間違いだったの??トホホ。
.
追伸:02/18 大阪の江藤さんからソルベックス、デジタル化の話。
こんにちは
私もソルベックスと呼んでおります、知り合いのデザイナーもです、何故でしょう?

デジタル化がどれくらい進んでいるかは、現像所の数で決まる、と考えています、
現像所がポラ代わりに使えたり、一日に5回ぐらい回って来る様なところでは積極的にデジタル化しようとは考えませんよね、
でも不便ならデジタル化をすることは大いに意味があります、
(デザイナーレベルでも地方ではSOHO化が進んでいると云われています)
臨機応変に素早く対応が出来るからです、いちいちデータ化するために製版に送る時間がなくなることの意味も大きいですね
関西でも京都にコマーシャルスタジオなんかあるの?と訊かれるぐらいですし、
神戸もなんか半分営業写真館みたいな感じです
(震災の影響も大きいです、京都と神戸はそれぞれコダック系、フジ系一カ所ずつしかなっかたような?うろ覚えです)
このような不便なところでは、印刷会社が自社で一貫して仕事をしますので、時間と経費の切りつめが出来るデジタル化が普及します。
九州も殆どデジタル化しておると聞いております、
この点から考察すると、大阪が一番遅いのではないかと考えております。
東京では時間に追われる出版社がデジタル化を積極的に進めるため例外となりますが、
デジタル化は現像所の数に反比例する、と言う法則が成り立つのではないかと考えております。

 江藤
江藤さん有り難うございました。
【デジタル化は現像所の数に反比例する】これを江藤の法則とここでは名付けましょう。(笑
東京の場合、例外は確かにあるようですが、一般的には当たっているような気がしますよね。
大阪が一番遅れているとの指摘。
大阪は合理的な事象には高い価値を与える場所と認識していただけにこれは意外ですねえ。
タダ、どちらにしましてもまだ時代の過渡期なのでしょうか。
デジカメ一つ取ってみてもやっと使える物が出てきた、そう言えなくもありません。
私的には今年、かなりの方がデジタルにシフトするだろうと踏んでいますが・・・

2004/02/16 コーティングの改善、新製品ラッシュ、思考速度がスローに。
■コーティングの改善
デジタルカメラでフィルムカメラとは状況が大きく異なるのが、カメラミラーボックス内の内面反射です。
乱反射するフィルム面の内面反射とは異なり、CCDやCMOSなどのイメージャが鏡面のようになっているデジタルカメラでは、
レンズ側での反射防止対策が不可欠です。
 Model 272Eでは、デジタルカメラで問題になる「面間反射」が最小限に抑えられるよう、コーティングを改善致しました。
上記の文章はTAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (モデル272E)の解説文です。
私もSP90は時々使用しますが、TAMRONが指摘するほどの内面反射が問題になったことは然程無く
こだわったTAMRONを褒めるべきなのか、何か別の意味が隠されているのか判断に迷うところです。
(今までのところ、SP90は大変コストパフォーマンスが高いレンズ。お薦めできます。)
ですが、嘗て内面反射で苦労したことが無いわけではありません。
例えばD100+AF50mm標準。白バックで黒い商品、この組み合わせは危ないですね。
名古屋のタカポンさんからは
D1Xの発売以降「内緒でAFニッコールDタイプのコーティングを変えたらしいですよ!」
との話もあり、デジタルに関しては取りあえず新しいレンズが吉・・そんな感じは受けますね。
(コーティングは、この件に限らず時々変えているようですが。また、ニコンに限った話でも無いでしょう。)
.
ところで、ここ1週間程PMAを舞台にした新製品ラッシュは、デジカメへの興味を高めたのか?
困ったことに、どうも個人的には逆なんですよ。
出れば出るほど、これで良いのか? と自問してしまう日々・・・
何故か素直に喜べる気分ではないのです。
多分年のせい。変化のスピードに身体が付いていっていないってことでしょう。
或いは、ユーザーの頭を混乱に陥れ、どさくさに紛れて画素数がチョット増えただけの新製品をつかませる。
そんな集団催眠状態を狙った悪質な商売にさえ見える??(笑
.
仕事はクイックに、生活はスローに・・がテーマでしたが
適応速度と思考速度だけがスローになりつつある? 困ったトホホカメラマンでした。
.
追伸:小手先の技術ではなく、真からアッと言わせるような技術はそう簡単には無いものですね。
まあ、EOS1Dmark‖辺りは、本来アッと驚く製品なのでしょうが
何と人間とは都合よく出来ているのか、気が付けば当り前の様に思ってしまう自分がいる。
フラッグシップであることを維持することの難しさ。これは並大抵ではないのでしょうね、実際のところ。

2004/02/13 パントンペーパーって知ってますか?
インレタ。正確にはインスタントレタリング。
後からこすって転写させる文字等の大手だった会社がレトラセット社。
(多分今は廃盤、沢山の書体が英字を中心に揃っていた。
現在はコミック用のスクリーントーンだけが生き残っている?)
レトラセット社のもう一つの柱がパントンペーパー。(pantone paper  左写真)
嘗てはデザイナー御用達の定番でした。
単なる色紙といえば色紙なのですが、膨大な種類があり重宝がられていたのです。
サイズは51x66cmくらい。
今日の撮影で久しぶりに、背景にパントンペーパーを使おうという話になり、
準備をお願いしていたのですが既に製造中止。(大分前から既に中止になっていたらしい。)
幸い私のスタジオには数十枚程度の在庫があり
何とかそれで今日のところはしのげましたが、
確かに今時撮影でも必須かと言われれば、そうでもありません。
私は購入したことがありませんでしたが一枚7〜800円でしたか?値段が高すぎ。
そこらの紙とは格が違っていたわけですね。
淘汰されてしまったのは、その値段も多いに関係があったことでしょう。
.
但し、パントンカラーなる色座標は今でもmacの中に健在です。
ソフトによっては色見本を登場させることが可能です。
昔はTooがデザイン事務所にケント紙やパントンペーパーを届けてましたが
今時営業車もあまり見かけないし。
そう言えば、伊東屋にも暫く行っていないなあ。
.
申し訳ないですが、次に見かけなくなるのはラボの営業車?
それとも、カメラマンのステーションワゴン?
気が付くとを無くなっているものは実は沢山ある?
まあ、どちらにしても、こんな風に時代は変遷していくという一つの例えですね。
追伸:私のパントンペーパーはお宝なのでしょうか? ゴミなのでしょうか? 邪魔かと言われればそれ程でもないですが・・・ PMA:12日からPMAが始まりましたね。コンシューマー機では800万画素がめじろ押し。 ミノルタも一眼タイプ発表か? ライカのM型のデジタル化も決定したらしいですね。 でもでも、1000万画素以上の適正価格一眼タイプはまだですか? http://www.dpreview.com/(PMAの情報はこちらが早い。) . 追伸:02/13 15年来のお付き合いをしていただいている、新宿区のデザイナーのM氏からのメールです。
こんにちは。お世話になっております、Mです。
昨日は空振りになってしまい、申し訳ありません。
さて、パントンペーパーのお話を読ませていただき思わずメールしてしまいました。
確かに今はもうその名前さえも思い出さない毎日ですね。
昔、デザイナーになりたての頃カラスで線を引いて新聞広告の版下の枠線書きの練習と並んで
毎日のようにしていたのがDICのカラーチップを見ながらハードパステルで同じ色を調色して
B2版ぐらいの紙にその色を擦り込んでいく仕事がありました。
手のひらを色に染めて紙を擦り続けるので、指紋がすっかり無くなっていた時期があります。
パントンペーパーは高いので、プレゼン用には自作していたわけです。
先輩デザイナーに「出来ました」と持っていくと「ムラがあるじゃないか」とか
「うーん、やっぱりこの色じゃない方がいいなぁ、こっちの色にして」なんて
ずいぶんボツになったことを思い出しました。
昔はアシスタントデザイナーが1時間も掛けてやっていた仕事をMacが数秒でやってしまいます。
線を引く前に呼吸を整えて、息を止めて集中して。という儀式も必要ありませんし。
デザイナーも、うかうかしていられません。
いまや簡単な案内ハガキなどは、事務方の社員がワードなどできれいに作って
キンコースで出力してしまう時代ですから。
インレタは特殊な字体はだいぶ絶版になりましたが大半は休版(?)状態です。
カタログを見て商品番号を注文すると中1日ぐらいで出力して渡してくれるシステムになっています。
ただ、いまや主流になっているのは必要な文字をイラストレーターで組んで
ロゴなどと一緒にその仕事に必要な材料を
特注インレタ(クロマティックという商品名です)で作ってしまう方が多いようです。
版下のデータをメールで伊東屋に送ってしまえばOKですし。
仕事はクイックに。ですね。
ただ、美しく並んだアルファベットや様々な色の紙を並べてうっとりと眺める余裕は無くなりました。
長々と書き連ねてしまいました。
お忙しいところ、失礼いたしました。
【管理人】M氏とは、2/12日の午前中、神保町でお会いしました。晴れてはいましたが残念ながら抜けが悪く撮影は断念。
集英社地下の七条でエビフライを食べて解散したのでした。
2004/01/31 ヤマウド、フキノトウ、シメジの漬物・・・・高尾でシミジミしつつも。
実は1/31日高尾でシミジミした時もイヤシ系でもあり、ホノボノ系もちょっと入っている・・・M氏とでした。

2004/02/12 デジカメの新機種発売数から思うこと。
2003
2002
2001
2000
1999
1998
2003
2002
2001
2000
1999
1998
65_ソニー
1514141066
17_パナソニック
642311
56_オリンパス
129111374
19_サンヨー
434233
40_キヤノン
11119423
9_エプソン
22122
41_コニカミノルタ
111110243
19_東芝
263242
18_京セラ
951111
2_ポラロイド
2
52_富士フィルム
81212965
17_コダック
13454
18_ペンタックス
75222
2_シグマ
11
22_リコー
723433
2_日立
11
31_カシオ
677533
1_ライカ
1
28_ニコン
676243
合計
1119889645353
上図は各社が1998年から発売したデジカメの数。(中判以上は除く。)デジカメジン(デジカメ歴史館)から集計しました。
合計111機種。(2003年)驚きの数字ですね。6年間の合計では468機種!!
(手作業で計算したので記入ミスがあるかも・・・笑)
2002年との比較で見てもかなり楽しめます。
ソニーが最も新機種を出していたとは意外。
2002年よりも機種を絞ってきた富士も意外。
ニコンの少なさも意外。
オリンパス、沢山だしている割には印象がやや薄い?
コダックはコンシューマー機に対する取り組みへの悩みが現れている?
上位陣は更に物量作戦?パナソニック、京セラが急激に追い上げ、ペンタックスもやる気満々か。
機種の多さが品質や性能や人気に比例しているかはさておき、
開発陣の規模や各社の戦略が垣間見える様な気もします。
これは、勿論デジカメへの支持と進歩を表す数字でもあります。
が、2002年の98機種中生き残っているのは何機種?(元々一年サイクルで考えられている場合もあるか?)
実際に店頭に並んでいるのは何機種?
あなたは、幾つ脳裏に姿が浮かびますか? 幾つ触ってみましたか?
.
カメラメーカーといえば、ニコン、キヤノン、ミノルタ、オリンパス、ペンタックス、(京セラ)コンタックス、富士フィルム、コニカ、・・・
だったものが更に家電メーカーまで加わって乱戦模様と言えなくもありません。
今年辺りは脱落(本業に戻る?)していくメーカーが幾つか現れやしないかと心配してしまいます。
さて、今年は何機種登場するのでしょう??
画素数競争的にはボチボチ一段落だと思うのですが・・・
(もしそうなら、次の作戦は何? デジカメの次??)
追伸:書き忘れましたが、私の記憶に間違いが無ければデジカメの最王手はサンヨー。
上の表を見ても判りませんが、多くのカメラメーカーのコンパクトタイプを実際に製造しているメーカーのはずです。
しかもデジカメという言葉。サンヨーの登録商標だとか、意外。
ついでに言えば、ニッケル水素電池。これも殆どがサンヨー製だとか。

2004/02/11 1Ds、PowerShot Pro1、F610、福岡のI氏から。
ごぶさたしております.HP,毎日楽しく拝見しております.
さて,2/6や今日の記事を拝見すると,PowerShot Pro1 ,F610など,
一眼デジなみか,それ以上の高画素機が続々登場しそうとのこと,
これでは,大枚はたいて一眼デジを購入した人のなかには,
心中おだやかでない方もいらっしゃるのではと思い,お便りしました.
(案外,私や新藤さんもふくまれてたりして...笑)
そこで,1Ds,PowerShot Pro1 ,F610の比較画像をお届けしたいと思います.
ちょうといい具合に,ほとんど同じ構図のポートレートがありましたので,
それらの横画素を2448画素にリサイズしたものの等倍表示です.
(ただし,PowerShot Pro1は元々2448画素)
1DsはISO 100,アンシャープマスクは1画素,100%です.
(他の機種は当然かなりの程度アンシャープをかけていると思われるので)
まず,画素数と解像度(感)は,いちがいに比例しないことを強調したいです.
ご存じのように,ローパスフィルター,画像処理などで大きく変わるからです.
黒毛,茶毛,ブロンドと毛色が様々で比較しにくいのですが,比較画像の眉の
目頭側や,肌の質感に注目すると,画素数以上の差があると思いませんか?
ちなみに,1Dsは,解像度重視でローパスが控えめなため,この画像右下の白い服の模様に偽色が出ています.
さらに,ノイズや階調のなめらかさを考えると,画素ピッチが重要です.
3機種の画素ピッチは,8.6μm,2.7μm,2.8μmです.
(ただし,3番目のF610は,有効画素数の約600万画素で計算)
開口率が同じで,単位面積あたりの感度が同じだと仮定すると,
実効感度は,PS Pro1を1として,10.1:1:1.08となります.
つまり,同じISO 100表示のとき,Pro1やF610は,1Dsの約10倍,つまり
ISO 1000くらいの増幅を電気的に行っているはずです.
(どなたかが,デジカメのISO表示はUSO表示だ,と提唱してましたね)
ところが,実際の絵を見ると不思議なほどノイズは見あたりません.
多分,ノイズだらけの元絵からノイズを減らす処理をソフト的に行っているはずです.
その弊害のため,階調が乏しく,油絵のようになるのだと思います.
結論:画質を最優先させると,10Dなども含めて,まだ一眼デジがかなり有利ですが,
携帯性なども考えると,よくここまで健闘しているな,と脅威さえ感じます.
新藤さんがおっしゃるように,要は最終出力に合わせたTPOということでしょうね.

【管理人】何時もタイムリーにメールを頂ける福岡のI氏(間違いなく1Dsユーザーです。)、有り難うございました。
如何です?こうして並べてみますとコンシューマー機、想像以上に健闘していると言っていいのではないでしょうか。
物凄いコストパフォーマスですよね。
もし、ISO1000相当からこれだけの画質が出来るなら一眼タイプにも欲しいですね。
勿論プロ用機もドンドン進歩しているのですが、その差は確実に縮まっている様に感じます。
追伸:もし唇で選ぶ・・・Pro1の女性がイイナア。オイオイ画質で選べ!ダメだってばあ。

2004/02/10 バルカーA1200、PowerShot Pro1、ニコンショック。
バルカーストロボ輸入発売元の(株)ケーエフシーより、下記の連絡がございました。
メーカーである、バルカー社より旧型製品のコンデンサーはじめ主要な修理パーツの製造を中止するとの連絡がありました。
今後製造終了後10年以上経過している、下記モデルの修理パーツおよび主要なパーツが入手不能となります。
(株)ケーエフシーでは、現在多少のパーツストックがありますが
今後部品の払底により、修理ができなくなる場合がございますので、ご了承ください。

修理パーツ製造中止に伴い、修理不可能となる製品
・A1200、A2400、A5000 ・ラピッド600 ・スーパーA1200、スーパーA2400
・スターフラッシュ1600、3200、6400 ・ミニスター800 ・ストロボ1(1600)
・モノブロック1、2、3 ・ミニブロック800 ・PSU400、800、1600
・P2、P4コントローラー
今後入手不可能なアクセサリー
・パイレックスカバー85(クリア、イエロー、アンバー) 
・パイレックスUA・UBバイチューブ(クリア、イエロー、アンバー)
・フラッシュチューブUS、UC−L、US−S
(以上nationalphotサイト 2004.01.16より転載)
A1200といえばバルカーのこと。
電子ピアノをヤマハエレクトーンのごとく、ストロボをバルカーと呼ぶ方がいるくらいの商品だ。
(コピーをゼロックスと呼んだ方もいたそうですね。)
スイッチを入れるとリレーがカシャカシャ忙しない、あのプロ用ストロボである。
私の使用しているストロボの中にも1台混じっている。
ゼネは滅多に登場しないが、ヘッドはモーラに取り付けてフォトナやコメットでしばしば使用する。
(モーラとはアルミ製直径1m程度の大型のオカマのようなもの。当時は高かった。)
そうか、もう製造中止してから10年・・・
そんな時代までリレー式のストロボを製作していたことも驚きだが
当時の機械の長寿にも驚く。
以前にも書いたことがあるが、使用しているエボニーSV45は約20年、コメットCXもそれに近い。
どれも故障知らず。
デジカメもこれくらいの寿命があると良いのだが・・・
.
デジカメといえばEOS12D??・・噂が広まっている。写真も何処かにでていたか?
コンパクトタイプデジカメは正式にUSでは発表されている。
PowerShot Pro1は28−200相当ズームに2/3インチ800万画素CCD。
sample.html
これを見るかぎり画質はかなり良い。つい昨日までF610に感動していた自分は何処へやら・・・笑
PMAでは更に何か発表されるという噂もあり目が離せない。
.
12CH午前の日経ニュース。朝からニコンショックが兜町を巡ったという話。
今期業績見通しの下方修正を行ったニコンが値下がり率トップに(ー10%)
巡り巡ってハイテク系やデジカメ各社が影響を被った。
キヤノン、ニコン。どちらも使用している私的には、双方が元気であって欲しい。
出来ることなら良い意味でのニコンショックを世界に与えて欲しいものです。
.
追伸:PowerShot Pro1はニコンで言えばクールピクス8700。
8700はD70と同時に発表されましたが、どちらもニコンの原寸データは
まだ発表されていない?ような気がします。(間違っていたらゴメンナサイ。)
早く見たいものですね。
.
久しぶりにスキャナー(フレックスタイト)を動かしました。
フィルム撮影をしたわけではなく、ポジからのプリントを頼まれたのでした。
(つまり、久しぶりにピクトロも動かしたわけですね。)
ポジポジでプリントもアリですが、チョット修正する部分もあったので・・・
さて、HDDに残されたスキャンファイルの日付を見てビックリ。最後が昨年の11月24日。
2ヶ月以上使ってなかったわけです。時代は矢張り変わっていきつつあるようです。

2004/02/09 EOS10D、何故かミラーが曇る・・・不思議。
今朝、9:30東京駅で山手線を下車、約束の時間まで間が合ったので10Dを取りだし
取り壊しの時が迫りつつある新丸ビルを何枚か撮影する。
「アラ?」ファインダーの画像が白っぽく滲む。
寒い朝で急に曇ったか、ハレが入ったせいに違いない・・・
15分後、某会議室、550EXを改造スタンドにセット傘を付け、女性を撮影開始。
「アララ?」ファインダーのコントラストが妙に低い。
天井を見ると蛍光灯が滲む。
ファインダーの汚れを見る。(残念ながら近くの物が良く見えない・・・笑)
レンズを見る。キレイ。
レンズを外しミラーをチェック。ウッスラ雲って見える。
原因はこれらしい。でも突然何故? 金曜日はマッタク異常無しだったのに。
撮影に支障は無いと判断、続行。
新しくなった丸ビル6Fで担当のKさんとランチ。銀シャリナンタラ定食、1300円。旨い。
(流石に最近は落ち着いてきたらしく混んではいたものの、ごった返してはいなかった。)
2時からは西新宿だったのでついでにキヤノンSSに寄る。
8分待ちで順番がくる。
係のオジサン。チョットファインダーを覗き曇りを確認するや「何かしましたあ?」
オイオイ、する訳ないでしょ。(スクリーンはミノルタに交換しているけど・・)
アッと言うまにキレイにしてくれたけど原因不明。(因みに無料でした。)
何かの予兆でなければよいのだが。
.
追伸:係の方に過去の撮影枚数のチェックをお願いしたのですが
ここでは判りません・・・とキッパリ。残念。
.
丸ビルのランチ、食べ終わった後5〜6F全ての店を暇に任せてKさんとチェック。
5Fはヤヤ空いている店が多かった。6Fの和食系の方が人気が高い?
値段はヤヤ高だけれども、これだけあると随分楽しめる。イイナア。

2004/02/08 エツミライトスタンドM型の軽量化に挑戦する。
左のスタンド、エツミライトスタンドM型。
縮長72cm、伸長205cm、重量950g、定価5600円
新宿辺りでは4000円以下で入手できる。
最も安価なスタンドの一つ。
私も入手したのだが重量が950gと重い。
何故? 良く観察すると3本の足の部分、これがスチール製なのだ。
で、写真の2本のスタンドの右側、
そのスチールの部分をアルミパイプに改造したもの。
(材料はハンズで購入。)
たったこれだけで重量は650gにダイエット成功。
僅か300gとも言えるけれど、2本で600g
バカにならない。
最近電車で移動することが増えた私的には重量は大問題です。
作業は金鋸とドリル、ヤスリでOK。
作業時間は20分程度か。
そうそう、補強ステーの取り付け穴。
これは更に5cmくらい上の方が足が大きく開くので
安定のためには良いかも・・・
(と思ったけれど格納時に問題が起る。残念。)
.
追伸:スタジオ用ではズーッとマンフロットを使用していましたが
アルミ製とは言え、何分重量がそれなり。
エツミは元々肉が薄いのか、ある意味ラッキーですね。

2004/02/06 IXY L、EOS1Dsの真実??
南青山のデザイナーS氏とも長い付き合いになります。
先日デジカメを購入するというのでお薦めしたのが、例によってIXY L、F700、QV−R40でした。
デザインでIXY L(シルバー)を購入されたのですが、カンプにしばしばその画像が使用されていて
昨日も某社のパンフの表紙A4に貼り付けられていました。
クライアントも代理店も【良いですね】とべた褒め。
流石S氏、良いセンスをしておるワイ。フッフッフ。
.
「Sさん、これ大丈夫だよ。このまま使って。」
正直に白状してしまいました。400万画素あれば条件さえ良ければ
コンパクトデジでもA4イケマス。(多分)
EOS10D、600万画素でA3がいけるように大丈夫なはずです。
しかも、ピントは何処までも深い。
何が何でも一眼デジは間違いです。コンパクトタイプを侮ると恐ろしいことになりますよ。
.
ところで、S氏の知り合いでC社のお仕事をしてる方がいて聞いてみたそうです。
「あの100万もするカメラ(つまり1Dsのことですね。)はプロしか買わないでしょ?」と
知りあい、「プロはそんな高いカメラは買わないらしいわよ。専らお金持ちのアマチュアがユーザーですって・・・」
え〜?? それってマジ〜・・・
トホホでなくともEOS10Dを使用しているプロが多いってこと?(しまった。1Dの方もいますね。)
(1Dsってどの位売れたんでしょうねえ・・・??)
.
今年は、使える1000万画素超クラス(コスト的に使えるってこと)が登場するのではないかと踏んでいますが
また、上の話が多少オーバーだったとしても
プロがこのクラスに移行していく年なのか・・・そうも思います。
アマチュア用が800万画素の時代ですからねえ。
600万画素じゃマズイでしょ。
(そうは言っても、仕事でなければ400万画素で十分だと思いますが・・・ね。)
.
追伸:Sさんのオクサ〜ン。お元気ですかあ?
ご無沙汰してま〜す。これからもよろしくお願いしますね〜。
それから、早くADSL入れるように奥さんからもつついてあげてくださいね〜。
(S氏の奥さんとも嘗てお仕事をしたことがあり、私のサイトを時々見て下さっているという噂を聞きつけたもので、つい。笑)
追伸2:コンパクトデジ。そう言えば富士からF610が出ていたなあ・・・
そう思ってサイトを覗いてみる。630万画素!(水増し1230万画素)
比べれば当然F700よりも解像度が高い。
A3、350dpiに目伸ばしして観察しても十分にイケテル感じがする。オソロシ。
しかも、実売価格が4万円台!
ハニカムは他社のCCDと作りが違うので比較がしにくいのだが、F610悪くないか。
(デザイン的にはチョットビミョー。弁当箱みたいだけど・・・)
http://www.finepix.com/lineup/f610/sample.html
等倍で観察するとハニカムノイズが気になるものの単純画素数1230万画素はEOS1Ds以上ですよ。
.
カシオQV−R51も悪くない。ダークホースか?(実直なデザインは良い悪いというレベルを超えた存在。)
どちらにしてもトンデモナイ時代に突入しつつあるのかも知れない。
(職を失ったら何しよう・・・笑えない。)
.
10Dユーザーの用賀のK氏から電話。EOS1D Mark‖予約したそうです。
ついでに言えば、シグマ12−24ズーム。
私よりも早く手に入れてたみたい。やることが早い。
.
追伸:02/09 C社の方にタマタマ合う機会があったので聞いてみた。
「ネーネー、1Dsってどのくらい売れてんの?」
「ナ・イ・ショ・・・。」ですと。ガックリ。
因みに私の知りあいでは、メル共?の中に約2名1Ds所有者がいます。
10Dが7名、D100が4名、D1Xが2名、1Dが1名、D1Hは0名、キスデジ1名。

2004/02/05 X氏からEF17−40L、交換に至るまでのメール。
2004/01/24 広島のX氏からEF17−40に関するトラブルのメール。2度有ることは3度有る?
【管理人】最初に1/24日、26日のメールを読まれることをお薦めします。
新藤さま こんばんは。
例のレンズの件で、とりあえず結論が出ましたのでお知らせします。
その前に一つ。実は先月、趣味の道具としてEF500mmF4L IS  
USMを大金をはたいて購入しました。ピントのキレ、ぼけ具合など素晴らしいレンズで
さらに一脚だけでの撮影でも手ぶれ補正がしっかりと補助をしてくれ、助かります。
仕事を忘れて趣味の撮影に出かけるときはルンルン気分。
「さすがキャノンのレンズ」と思ってしまうシロモノで、高かったけど良い買い物 ができ、とても満足しています。
 さて、本題に入ります。「あめとムチ」のような話になるかもしれませんが(笑)。
例の画像が流れるEF17-40mmF4Lですが、結局「新品と交換」ということになりました。
これで私の所有するキャノン製品はフランジバック精度がおかしいと考えられた(ただし真相は不明)EOS10Dに次いで、 
この1ヶ月の間に2つ目のリコールとなりました。
 EF17-40mmF4Lは縦にカメラを構えると画像の一部が流れ、横に構えて流れにくいという症状から「疑わしきは光軸のブレ」でした。
レンズ技術者の友人によると、仮に内部の光軸が微妙に動いている不良だった場合は「調整だけでは修理不能。組み立て直すしかない」との見解。
一応、修理に出す時点 で九分九厘、新品が帰ってくるだろうなという予測はしていました。
 しかしながら、腑に落ちない点があります。
画像が明らかに流れているサンプル画像も添付して修理に出したのですが、
同社の見解は「レンズの精度は規格の範囲内でしたが、何度も修理に出していただいたので交換します。」
不良品説は否定されました。はて?それではあの流れるような不良はいったい何だったのでしょう?
複数の同僚カメラマンが「絶対おかしい」とプリントを見たのは一体何だったんだ・・・?
大いなる謎を残したまま、一応の決着を迎えました。
 ちなみにレンズ技術者の友人によると、設計の段階で光軸が微妙に動くズームレンズというのは存在するそうで、
いかにLレンズとは言え、仮にそういった 基準に基づいて正常ならば、こちらはお手上げ(あくまでもこれは私個人の感想ですが)。
彼曰く「別のレンズに乗り換えてみてはいかがか?」との助言も。
 結局、10Dにせよ、このレンズにせよ、交換理由は修理回数が重なったため、との理由。
「じゃあ何がいけなかったの?」という疑問は払拭されませんでした。
相次ぐ無償交換で、今、私が抱いているのは、設計そのものに問題がある製品が出回っているのではないか、という不信感です。
果たして新品にしたら大丈夫か、今のところ何とも言えませんが、様子をみてから、使用を続行するか見切りをつけるか、判断したいと思います。
また続報がお知らせできればメール致します。 
 それでは失礼します。
【管理人】EF500F4L ISですかあ!!凄い。
私の持っている如何なるレンズよりも高そうですね。笑
.
さて、17−40の件、予想はしていたものの、正に・・・という感じでしたね。
しかし、基準内というその一言は多いに考えさせられます。
その程度の基準でいいのか??
もっと情報公開をするべきですね。仮にも世界のキヤノンです。
こんなことでウヤムヤにするのはイケマセン。
私達の期待と信頼に正面から答えるべきです。

但し、Xさんのメールを掲載してから大きな反響は無いようなので意外にそんなケースは希なのか?
自分だけは大丈夫とタカをくくっているのか?
シビアな目で判定していないのか?判断はつきかねます。
素晴らしいレンズを沢山作っているだけに、何故??との思いもあります。
(17−40は良く出来たレンズと評判ですし私もそう思っていました。)
.
恥ずかしながら??実はデジカメを使用するまでレンズに関してメーカーを疑ったことは殆どありませんでした。
お人よしだったとも言えるでしょう。
ですが、一眼デジカメを使用するようになり気が付いたことは驚くほどの数です。
冷静になれば、物ごとに出来不出来があることは仕様がないことです。
ですが、そのために幾重ものチェックがあり(多分)多くの人間が係わって作られているはずですよね。
お願いします。
更に良いものを作って下さい。
.
追伸:02/14 X氏から報告がありました。新品交換されたEF17−40Lはピントバッチリだったそうです。
それにしても、マッタク困ったものですね。

2004/02/05 O氏とお会いしました。PTMac、istD。
度々登場するO氏と昨夜、初めてお会いしました。
OS−Xがインストールされ鍛え上げられたパワーブック(黒ボディ)、ペンタックスistDと共にやって来てくれたのです。
(私が誘ったのですが・・・)
.
何時も的確な指摘をしてくれるO氏ですから流石詳しい、素晴らしい。
早速、私が不勉強な辺りを教えていただきました。
PTMacの操作法も一通り。PTMacはご存じ無い方のために改めて説明すれば
シェアウエアのパノラマソフトですが、オマケで付いてくるソフトとはレベルが違うようです。
O氏が持ってこられたデータはDCS760+20mmレンズ(縦位置)で撮影された銀座の風景。
(実質28mm換算ですね。)
約30度刻みに一周し、そのパノラマの制作過程を実演してくれました。
周辺減光や多少のズレは自動的に、或いは手動で補正できるようです。
今までのパノラマソフトで不自由な思いをしていた方、これでバッチリですよ。
パノラマカメラが衰退した原因は、こんなソフトのせいだったようです。
(OS9でもOSXでも動作するようです。)
.
続いてistD。一見地味なボディですがデータを見てビックリ。
気持ちがいい。
周辺部もシッカリ。
電池の持ちも良いそうです。(単3、4本)
D100と同じCCD、D2Hと同じAFセンサーといわれていますが
ピントもシッカリ来ている感じで、「万札テスト受けて立ちますよ。」とO氏も譲らない構え。笑
残念ながら相応しいレンズが無かったために断念しましたが
広告が下手なのか? 地味すぎるのか? 
良心的なメーカーに違いないペンタックスの片鱗を見た思い。


下は上の写真の等倍、周辺部にある白い空の電線は、結構デジカメ的には難しい被写体。
それを、そつなくこなしている。レンズは30mm(確かシグマのズームだったか?)
1/400 F10 iso200。勿論O氏撮影。

追伸:Oさん、わざわざ有り難うございました。これからもヨロシクお願いいたします。
.
追伸:02/08 PTMacの正規ユーザーになったのですが・・・
私の語学力がプア〜なのか、或いはG4/450dualがプア〜なのか、どうしてどうしてナカナカ手強いのです。
MAC内での処理にもかなり時間がかかるうえに更に上がってきた画像が予想と違う。
先日O氏の実演を見ていたときはそんな難しくは見えなかったのですが。
まだ研究不足ってことですね。

2004/02/04 カメラバッグが肩から滑り落ちませんか?

なで肩の人、カメラバッグが肩から滑って困っている人、いませんか?
コートを変えてから私も困っている一人になりました。
2〜3週間前ハンズに行ったついでに1階鞄売り場で見つけたのが上の写真の商品。
売り場を見回すと結構沢山の種類が売られているのですが
その中からえいっと選んだのがこれでした。
商品名は不明。(勿論ホントはあるはずです。)ネオプレンゴムの裏にベルクロを取り付けてある感じ。
フリーサイズです。(正確にはLとMサイズがあったような気がします。)
裏表リバーシブルにもなるようです。(意味があるかは不明です。笑)
暫く使用しましたが、すこぶる調子が良いようなのでご紹介します。
お値段は750円?くらい。高からず安からず。
標準ですべり止めが付いている鞄もありますが、僅かな使用時間でその効果が半減してしまうものも多いもの。
長期に使用しているわけではありませんが、取りあえずお薦めです。
肩に吸い付いて離れない感じですよ。
クッション効果も高いので重い荷物でも安心です。

2004/02/03 一眼デジタル 2000万画素以上は何時でる?
一眼デジカメの進歩は目覚ましい。
Kodak Professional DCS Pro 14nが1350万画素、
EOS1Dsが1098万画素、EOS-1D Mark IIは820万画素
次期1Dsは何画素でくるのか? D2Xは?
では画素数競争はキリがないのか?
冷静に考えれば、限界は何処かにあるはず。
アマチュアレベルで言えば600万画素あれば矢張り十分でしょう。
少なくとも50万以上出費してまで高機能高画素機を購入してくれる
そんな、お人よしは然程多くはないか。
(出荷台数が見込めないから販売価格が高いと言う事情もあるが・・・)
.
自分に当てはめてみる。
D100とEOS10D、どちらも600万画素。
(ちょっとトホホではある。)
今までこれで十分と自分に言い聞かせてはきた。
A3でもOKと言い聞かせてきた。
またまた冷静に考える。
ホントは4000X6000ピクセル欲しい。つまり2400万画素だ。
これだけあれば多分、これ以上は望まない。
これで35MMタイプの資産が生かせて軽快なボディが
登場すれば言うこと無し。
EOS10DやD100はサブボディとして生き残れる。
.
さて、35mmタイプで2400万画素。
これは何時登場することになるのでしょう。
今年は無理でしょうね。来年?再来年? 
その辺りのタイミングでキット出てくるのでしょうか。
(現在のレンズでは無理?)
.
で、その先・・・
と言っても数年後ですよ。どうなっちゃうの?
35mmレンズを使用するかぎり2400万画素辺りが限界としても
燃料電池搭載、ハイスピード100Gコンパクトフラッシュメモリー、
超高精度高速多点AF、ボディー内手ぶれ補正機構
高ダイナミックレンジ、ローノイズ、受光素子に画期的進歩
クイックリターンミラー、シャッター構造に革命的進歩
AWB機能付き新型高精細高品位大型液晶搭載
(AWBとは環境光にバックライトを適応させる)
・・・こんな感じで、どう? ありえる気がするでしょ。
上の図は女性が10Dのサイズ。3072X2048ピクセル
ちょっと目伸ばしでA4はマッタク問題なし。
他機種との画素数での比較。判りやすいでしょ。
4000x6000・・・
簡単に画素数で言えば4x5、1000dpiですね。
一概に大は小を兼ねるとは言えないのですが
これさえクリアすれば言うこと無し。
ホラね、いいでしょ。
更にその先ですか?・・・・
想像したくないですね。
デジタル8x10・・・(ナイナイ)
全ての単焦点レンズがデジタル用に新設計(これは結構早いか)
プロカメラマンが不要になる。
(全員がではないが、かなりの確率でこれはありえる。笑)トホホ。
フィルムカメラが秘かにブームになる。(きっと必ず・・・)
液晶でTVが見られる。
電子辞書を搭載。
携帯機能付き・・・
シャッターチャンス自動判別機能付き・・・
紙媒体の終焉。
高画素機が不要になる?
写真という言葉が消える。やっぱりカメラマンが不要?
オイオイ チョット待て・・・

2004/01/31 ヤマウド、フキノトウ、シメジの漬物・・・・高尾でシミジミしつつも。
土曜日、つまり今朝。眠い目をこすりながら7時に家を出て高尾に向かった。
井の頭線に乗ると、軽登山靴を履きザックを背負った年配の二人連れが
少なくとも2組、同じ車両に乗っている。
明大前から京王線下り急行に乗り換えると先程の人達も乗っている。
間違いない。彼等も高尾を目指しているのだ。
.
私はデザイナーのM氏と高尾駅前のマックで落ち合う。
私達二人は、高尾山ではなく予定通り某大学を目指しバスに乗る。
到着すると土曜日でもあり、試験休み中でもあるためか広々とした校内は閑散としている。
今年の東京は改めて暖冬を感じているのだけれど高尾までくると流石に冷える。
冬を実感する。
屋上に上がり360度のパノラマを撮影開始・・・
天気も良くお昼前に無事に終了、高尾駅前に戻る。
駅前の蕎麦屋で昼から軽く一杯。
ヤマウド、フキノトウ、シメジの漬物・・・・
どれも微かに春と土の香りが感じられて二人でシミジミしてしまった。
.
15年以上の付き合いがあるM氏はカメラにも詳しくD100ユーザーでもあります。
シミジミしつつも当然話題は、D70やEOS1DマークIIの話になる。
デザイナーとしては今時フィルムしか使用しないカメラマンにはお願いしにくい・・・・
そう語っていたことが印象的。
28、29、30日と3日間ハードな撮影を共にしたデザイナーのO氏らも似たようなことを話していた。
嘗てのデザイナーの例で言えば
溝引き(これすら死語になりかけていますが・・・)を使って1mmに何本直線を引けるかが
腕自慢だった時代もあったらしい。
.
さて、フィルムカメラは第2の溝引きになりつつあるのか?
何よりもコダックや富士フィルムがデジカメの研究に熱心であることは
私が言うまでもなく流れがデジタルに向かいつつあるという証しでしょう。
.
京王線に朝早くから乗っていたザックと軽登山靴で身を固めた年配の方達のように
スローさを満喫するためにフィルムを愛する姿は、美しくさえ見えます。
或いはプライベートの作品のためにフィルムを使用することは正しい選択とも思います。
が、もしあなたがプロ、或いは仕事で撮影をする立場の方なら
しつこいくらい何度も書きますが最早デジカメの時代です。
.
仕事はクイックに、生活はスローに。
.
追伸:クイックという観点から言えば矢張りJPEG。
どんなにPCのスピードが上がってもJPEGの方がクイックでしょう。
断固として私はJPEGを支持します。(断固というよりは頑固??笑)
尤も、プライベート作品のためにRAWで撮影してスローを満喫するという楽しみ方は
道理にかなっているとは思います。
また、写真の勉強をされている方には上達のための近道でもありますね。
追伸:02/02 溝引きの補足。
溝引きの技は、遥か30年以上前に全滅状態・・・
その後はロットリングをデザイナー諸氏は使用していました。
しかしながら、それも最早語りぐさ。勿論今はMAC職人になっているわけであります。

2004/01/29 一眼デジカメ春の陣、予断を許さず・・・・・ニコンD70、 キヤノンEOS-1D Mark II
これは大変なことになってきてしまいました。ニコンはD70を正式に発表する
キヤノンはキヤノン EOS-1D Mark IIを発表する・・・・
どちらも予想を超えたパフォーマンス。
ここでスペックを書く気にすらならない気分。
私が愛用しているEOS10DやニコンD100の運命は如何に?
キスデジの運命は如何に?
勿論600万画素あれば取り敢えずは十分なのですが
人間の欲深さが技術を進歩させたことを如実に証明した感があります。
ここまで来ると最早デジカメを避けられない事態とも言えるでしょう。
.
キヤノンは3D?が控える?、ニコンはD2X?が控える。
オリンパスはEー1の廉価版が控える。
.
また、今年はプロラボにとっても益々試練の年になるでしょうね。
デジカメ春の陣、予断を許さず。ですね。
.
追伸:昨日、今日、明日と超ハードなので今夜は短めです。

2004/01/28 4Gマイクロドライブの不思議、広島のMさんからのメール。
新藤様
いつも楽しく拝見しております。広島在住のMと申します。
現在はウエディングフォトとスクールアルバムのカメラマンとして活動中です。
さて、ここ数日ネット上で「4GBマイクロドライブを安く入手する方法」が話題になっているのを ご存知でしょうか?
4GBマイクロドライブは実勢価格で6万円台後半〜7万円の商品ですがこれが3万円弱で
入手できるというのです。
参考HP http://www.digicamezine.com/mt-static/archives/000556.html
4MBのマイクロドライブを内蔵したオーディオプレイヤーからマイクロドライブを抜き取る少々
荒っぽいやり方ですが、たしかにフォーマットをかけ直すとEOS10Dで使用できるようになるようです。
保証もなく、新しいロットではハンダ付けなどの対策が施されているとの噂もありますので
個人的におすすめは出来ませんが(笑)
ただ、この記事から今のマイクロドライブの価格は適正なのか?という疑問が湧いてきますね。
私自身は信頼性の面でマイクロドライブは緊急時のスペアとして考えていますが、この先
多画素化が進んだ場合、大容量メディアとしてはマイクロドライブの方が先行しそうな気がします。
この一件で価格がこなれてくれれば良いと思う次第です。
【管理人】私も掲示板に書かれていたことを知ってはいました。
4GのMDが一体幾らで取引されているのか・・・6〜7万でしたっけ?
あまりに私達が入手するときには高過ぎますよね。
恐らく適正価格は1〜2万でしょう。
(と言うことは単品で販売している会社はかなりの利潤を得ていることになりますね。)
個人的にはCF派なので壊してまで内部の4GのMDを使用するつもりはありませんが
あまりと言えばあまり・・・
チョットなあ・・・ですね。

2004/01/27 前後不覚も悪くはない。
オトーサン、熱はかったら・・・と今朝体温計を渡された。
あれ?何故カミサンってば風邪気味なこと、知ってるんだ・・・
大人しく熱を計る。36.5度。
ヨッシャー。
でも気が付くとセーターを着て寝ている・・・何故?
キッチンに下りていき改めてカミサンに尋ねた。
昨夜は大変だったんだからあ。
足下はフラフラしてるし、帰ってくるなりテレビの前で寝ちゃうし
朝から身体の調子が悪いっていうから息子達に助けられて寝所に行ったの覚えてないの?
揚げ句に「ウンコするから待て〜、」その次は「風呂に入るう。」
大変だったんだからあ・・・と楽しそうな顔で解説してくれた。
どうやら家人を大分困らせたらしい。
.
昨夜は15年ぶりのE氏、初めてお会いしたデザイナーのY氏と青山で飲んだのだ。
E氏と別れ、Y氏と渋谷に向かう。
止せばいいのに、のんべえ横丁でもう一軒よってしまった。
そのお店に入ったことは覚えている。出たことは覚えていない。
きっとY氏にご迷惑をかけてしまったに違いない。トホホ
.
そんな私ですが、巷では飲んでも崩れない新藤さん・・で通っていたのに・・・
酔いつぶれてしまったってわけです。(それだけ気持ち良くお酒が旨かったと言う事情が大きくもありますが・・)
でも、迷惑をかけても許される相手がいることに何だか急に感謝の気分。
布団に横になって発した言葉が
「息子達に介抱してもらうとは思わなかった。」だったそうだ。(勿論覚えていない。)
.
たまには前後不覚になるまで酔っぱらうことも悪くはないか。
.
追伸:「酔っ払いはイヤだね。」と大学受験の次男は言っていたらしいけれど。

2004/01/26 40Mのファイル送信が無料! 大阪ガス【宅ふぁいる便】
データの受け渡しの方法は今までにも幾つか取り上げてきましたが
大阪ガスの提供する宅ふぁいる便もすぐれものです。
いわゆる期間限定のオンラインストレージですね。
40Mまでのファイルを無料で送信することが出来ます。
使い方はいたって簡単。送信すれば相手に通知がいき誰にでも簡単にダウンロードできます。
一度の送信で5回までのダウンロードが出来同時に3人に送付することが出来ます。
idiskを契約しているので使用することはなかったのですが
最近idiskの調子が良くないケースもあり、初めて使用してみました。
お薦めできます。
預かり期間は5日間。それ以上経過すると自動的に消去されます。
ともあれ、無料が嬉しいですね。
(アップルコンピュータのidiskも嘗ては無料だったのですが、今は100Mで年12000円、トホホです。)
http://www.filesend.to/
今すぐここにアクセス!!でしょう。
.
追伸:宅ふぁいる便、いやあ便利です。idiskよりも面倒くさくない。
サイズが40メガまでですが、40メガ以内でしたら10通でも送れます。
受け取る方もホント楽。
大阪ガスは偉い、大阪をかなり見直しました。(笑
東京ガス辺りが張りあって100M無料・・・なんてしないかなあ。
FTTH(光ファイバー)で気勢を上げる東電でも良いけれど。

2004/01/26 X氏からEF17−40に関するメール再び。
新藤さま おはようございます。
レンズを振ったら音がする、との書き込みがあり、実際に私も振ってみました。
音がした以上に驚いたこと。
それは今朝、メーカーに送る不具合のサンプル画像を撮影したところ、なんと、流れが和らぎ
そこそこの写真が撮れるように なっていました。
今度は逆に四隅がちょっと甘いのですが、これまでの写真の上から6分の1を境にだれがどう見てもおかしい
と思う流れは見事に消えていました。なんとも原始的なショック療法です。
とはいえ、これで光軸がガタついているというのが明 らかになったようなものです。
夕方までカメラを担いで色々撮っていたら、また元に戻るでしょうから
もう一日様子を見て修理に出すこととしました。
【管理人】
私のレンズも振れば音がしますが、そういう意味でのテストはまだしていません。
もしこのような事態が多発するようであれば大変なことです。
原因は幾つか考えられますが
設計に問題がある
パーツの精度に問題がある
パーツの不良品が混入
組立工程に問題がある
のどれかですよね。(出荷されてしまったという事実は変わりません。)
で、そのどれかによって不良品の出現率は多いに変わってくるはずですが
どうぞ、振ってみて音がして気になる方はテストをして見て下さい。
ご連絡お待ちしております。
.
話題は変わりますが
「新藤さん・・・掲示板は作らないの?・・・」
時々問われます。
サイトを立ち上げたころ、それも脳裏をよぎったことは事実です。
が、荒れてしまうのも困りますし賑わいすぎて管理が大変でも困るし
(始める前からそんなことは考えない・・・か?)
と言う訳でズルズルと現在に至っています。
いただいたメールで楽しいものやオッと思うものは紹介させていただいてます。
ネットの特性であるリアルタイム、これを放棄していることにはなりますが
スローな生活にあこがれている私にはぴったりということで了承していただければ幸いです。
.
ところで、タイトルデザインを僅かに変えたのですが、気づいてくれた人はいないでしょうねえ・・・笑。
何分上部のバナー広告がうるさいものであまり小さくも出来ないし、これでも悩むんですよ。
01/28:X氏から途中経過の報告。
新藤さま こんばんは
ご返事が遅くなりました。
例の問題児(笑)は、本日キャノンサービスセンターへと旅立ちました。
実際、地方では修理部門がなく、こちらからですと大阪送りとなってしまいます。
詳細のご報告が果たしてどうなるやら、という感じです。
思えば新藤さんのサイトへは、YAHOO!検索にてEOS、ピント精度、という二つのキーワードで辿り着きました。
これも何かのご縁なのでしょうかね?
今後とも宜しくお願いします
2004/02/05 X氏からEF17−40L、交換に至るまでのメール。

2004/01/24 広島のX氏からEF17−40に関するトラブルのメール。2度有ることは3度有る?
新藤さま はじめまして
私は広島で報道関係のカメラマンをしているXと申します。
いつもデジカメ研究室を参考にさせています。
 仕事ではニコンD1Hを使うのが、当業界の慣例ですが、私個人はEOS10Dが出たときに
とても惹かれてしまいプライベートで持ち歩くカメラは完全にキヤノンに移行しました。
しかし、デジカメになると特に広角の収差に泣かされることも多いですね。
ちょっと私の体験もお知らせさせてください。
 純正のEF17-40mmL F4、現在5本所有するキヤノンレンズの中で一番、胃が痛くなるレンズです。
というのも、仕事で航空写真などの撮影もこなすこともあるのですが、
このレンズをEOS10Dに開放で17ミリ側で使うと、縦位置で撮影すると画面の
上から6分の1がものの見事に流れてしまうのです。
この縦位置にした時にだけ収差のような流れが起きると言うのが曲者で、
ほとんど横写真がおおいのでさして気にもせず。
最初はヘリのローターの振動で、妙な手ぶれを起こしたのかな?何せ10万円もするレンズだし・・・
と、まずは自分の腕を疑ってかかりました。
 ところが、三脚に固定して同じように縦位置で被写体を撮影しても結果は変わらず。
そして購入から時間が経つにつれ、それまでは正常だった横位置でも、どう考えても
手ぶれを起こさない状態でシャッターを切ったのに、左が流れたり、右が流れたり、
たまにご機嫌がいいと、Lレンズ本来のキレのいい本領を発揮してくれたり・・・。
と、ワガママなお嬢様級のレンズとなってしまったのです。
 メーカーには2回ほど調整に出しますが、修理が終わったばかりは調子がいいのですが、
2〜3日使うとやはり精度が狂って、またまたあっちが流れ、こっちが流れ・・・。
そんな状態になってしまいます。
 友人のレンズ技術者に言わせれば、レンズ光軸部であるカタヌキが微妙にティルト
しているのでは?とのこと。つまり、ズームレンズの中で目にも見えないような「アオリ効果」が
起こっていて、それが画像のあちらこちらを流す原因だと。
呆気ない回答でしたが、15年来の親友がいとも簡単に言い切るだけあって、妙に納得してしまいました。
今更ながら、ズームと単玉なら単玉の方がいいに決まっている、と言う昔気質なコトバの重みを感じる今日この頃です。
完成時のランクがかなり低い玉に当たったのでしょうね。
 また、来週には3度目の調整に出しますが、果たして期待通りの立派なLレンズで戻ってきてくれるか。
期待と不安が背中あわせになったような気分で、見送ります。
突然のメールで長々と書いて失礼しました。それでは失礼致します。
【管理人】 
このレンズは不幸にも【ハズレ】だったのでしょうか。
製品の検査が間違いなく全量検査されているのか、残念ながら私は把握しておりませんが
不良の個体に当たってしまった人にとっては、それが全てですからやるせないものです。
しかも2度の修理で完治しない。
修理時にもその辺りのチェックが甘い・・・とも言えますよね。
.
さて、3度目の正直になるのか、2度有ることは3度有る・・・どちらの結果が待ち受けているのでしょう。
Xさん、修理が上がってきたところで是非またご連絡下さい。
.
ところで、私のサイトが【不具合の報告の場】化している感がありますねえ・・笑
しかし、現実に困っている方が沢山いて話題を共有できるのだとすれば
それもまた良し。
メーカーからは睨まれるかも知れませんが、それもまた良し。
良いところは褒める、悪いところは注意を促す。
信頼の出来るより良い製品が私達の目の前に現れることを願うのみですね。
.
追伸:友人のY氏からも報告が有りました。
このレンズが安いかどうかは議論が分かれるところですが
仮にもLタイプと謳っているレンズですから・・・ねえ。
私は、内心16−35ではなく17−40を買うべきだったかと後悔していましたが・・・
ボクの17-40f4.0もおかしな時があります。
三脚に固定し、横位置17mmで撮ったとき、右端が流れていたコマがありました。
安いレンズはダメですね。
きっと買った時から問題があったのでしょうが、平面を撮る機会がなく気付くのが遅れました。
.
今日撮ってみましたが、正常でした。(1/25日)
レンズを振るとカタカタ音がして、棒で後玉枠を押すと少し動きます。
精度低そう。
プロとしては16~35mm f2.8を買うべきでした。
追伸:01/25 神戸のレース写真家Hさんからメール。H氏のサイトはこちらhttp://www.webgpe.com/
神戸のHです。
お世話になっています。
ホームページを見ていて、Y氏も同様だと聞いて心配になり私も試してみました。
実は、私も17-35mmF2.8から17-40mmF4にこの間変えたところなんです。
まさに旬の話題がHPであったので、試しに1Dで壁を撮影してみました。
私の場合手持ちでやったのですが、特に流れている形跡はないです。
ただ、レンズを振ると音は聞こえてきます。
そこで、今持っているレンズ、音がでるか試してみると
70-200mmF4も音がする(17-40より音が金属的)50mmF1.8は盛大にする(これは仕方ない)
500mmF4は横にして振るとしないが、縦に振ると音がする。。。
どこから出ているのかが問題かもしれませんが、それなりに音がするような。。。
一番音がしないのは、当然500mmF4ですが、これに音が盛大にされたらいったい
なんなんだ、と思ってしまいます。
さて、17-40mmですが17-35mmより全体にピントが均一に写る感じはしますが、ちょっと
心配になってきました。
今度、厳密にテストしてみます。
ちなみに新藤さんの16-35mmF2.8は音はしますか?
【管理人】EF16−35・・・縦では音がします。横でも僅かに
     ニコン17−35・・EFよりも小さいような気はしますが矢張り音はします。
     シグマ12−24・・僅かですが音がします。3本中では最も小さい。          
単焦点よりも可動部は多いでしょうしあまり神経質になりすぎるのもチョット、ですね。
mac作業中なので(イエ、気晴らしにはなりましたが・・)
他のレンズまでは振ってません。笑
音が出るということは遊びがあるということですよね。
あまり大きな音なら問題でしょう。
少なくとも精神衛生上好ましくないことは事実でしょう。

  

2004/01/23 Eさんと15年ぶりの再開。
「お久しぶりです。○社のEと申しますが、覚えていらっしゃいますでしょうか?。」
Eさんとは、嘗て韓国ロケにご一緒したことがある出版社の方です。(その一度のみでしたか?・・・)
そのEさんから突然の電話。
「勿論よ〜く覚えていますよ。ご無沙汰しておりました。お元気でしたか?」と私。
カレンダーの企画をしていてカメラマンを誰にするかで悩んでいらしたようなのですが
2〜3日前に、ふと私の名前が浮かんだそうです。
きっとホームページを持っているに違いないと検索してくれて電話をかけてきてくれたのです。
更に嬉しいことに、電話をくれた数時間後にはワザワザ私のスタジオに寄ってくれたのでした。
.
15年ぶりの再開!!
お互いに顔を確かめあいました。
Eさんはヒゲを少しはやし、落ち着きもまし貫録が出てきて
温厚さに磨きがかかった感じでした。(私よりも6才年上だそうです。)
時間があればもっと沢山話を楽しみたかったのですが、私が19時から撮影が入っていたので
帰られましたが、Eさんはどんな気持ちで私の顔を見たのでしょう・・・
.
仕事の依頼(まだ確定ではありませんが)も嬉しいですが
何よりも久しぶりでお会いできたことが嬉しいですね。
お互い元気に仕事を続けてこれたことも嬉しい。
.
人とのつながりは大事にしたいですね。

2004/01/22 ライブピクチャーの話で盛り上がってしまった神保町の夜。
昨日、神保町界隈での撮影を終えW氏のスタジオに寄る。
そして、その後矢張り神保町のO氏のスタジオにW氏と行く。
O氏のスタジオは天井も3M以上あり使いやすそうな広さ。
見渡すとピクトロもある。G4+液晶23インチもある。コダック中型デジタルバックもある。
(フレックスタイトも持っていたそうです。)
早々フォトショップCSもインストールしてある。3Dソフトもこなす、とても多才な方でした。
泡盛を飲みながら情報交換。
更に蕎麦屋で9時過ぎまでワイワイガヤガヤ・・・
.
で、意外な情報を入手しましたのでここで発表しちゃいましょう。
O氏もフォトショップのグラデには手を焼いているようでしてどんな技を使うのか尋ねてみたのですが
何とあのライブピクチャーを、そのために未だに使用されているらしいのです。
私もライブピクチャーはチョットだけ使用していた時代があったのですが
そうか、グラデねえ。
氏曰く、ライブピクチャーの方がその辺りはダントツに良いよ・・・
とのこと。フォトショップに行ったりライブピクチャーに行ったり忙しく作業をしているようでした。
ついでに切り抜きは何で? と聞いてみましたらパスが多いかな。とのこと。
さて、もう何年触ってないでしょう、ライブピクチャー。
今度改めてテストしてみたいと思います。
結果は後ほど報告しますね。
.
追伸:ライブピクチャーは一時フォトショップを越えたソフトともてはやされた時代がありました。
内部処理が全て16ビットが売りでした。
CSが16ビットに進化してどこまでグラデがキレイになったのか、その辺りも興味がありますが
う〜、残念。私はまだCSを入手していないしOSXが動かない。トホホ
.
ところで、ライブピクチャー社。社名も聞かなくなり、その後どうしたことか・・・
.
Wさん、Oさん、楽しい一時を有り難うございました。
.
EOS10Dのファームウエアが2.0.1にバージョンアップされました。
もうご存知の方が多いと思いますが念のため。
.
追伸:01/23 Oさんからライブピクチャーの件でメール。
確実な話と言い切れませんがLivePictureのスタッフは今KodakUSAで仕事をしていると思います。
FlashPIXフォーマットを含むLivePicture社の遺産は事実としてKodakが買い取っていると認識しています。
(WindowsCEのマシンに搭載されているコダック提供の画像ビューワソフトはFlashPixフォーマットを
  標準フォーマットとして扱っていたりしました)
KodakのDCSソフトウェアの一つであるDCS CaptureStudioを見るとAdobeがM&Aで潰していった
各社のソフトウェアの流れを汲む部分がちらほら見えて、古くからの流れをある程度知っているものには感慨深いです。
DigitalDarkloomやらLivePictureやら。。。
コードを書いているエンジニアたちは会社が潰されても、「Adobeではないなにか」を作り続けているのでしょう。
グラフィック関連ソフトウェア産業でAdobeがやって来た事はMicrosoftのやって来た事と何も変わりませんから
私は実はAdobeは大嫌いなのです。できる限り使わないと決めています。(笑)
Photoshopの5以降はほとんど内容的にはDigitalDarkloomの遺産ですし。(写真屋が普通使う部分の多くは)
CaptureStudioはそれだけでKodakのデジカメを使う価値があるくらいよくできていると個人的には思っている
ソフトウェアの一本です。
今日のニュースによると、コダックの日本のデジタル開発部門が元々協力関係にあったチノンを完全子会社化
したようです。自分はKodakのDC4800というコンパクトカメラ型のデジカメも使っているのですが(これも実は
チノンの製造)これからの動きが楽しみです。
Oさんの博学には恐れ入ります。こんな方と知りあえた私は幸せ者ですね。
(神保町のOさんとは別人です。)

  

2004/01/21 大型ストロボのテクニック。【その1】 
ストロボでの撮影は、意外に気を使います。ストロボ臭い写真はあまり好きではないからです。
しかしながら、スタジオ撮影でストロボ無しは考えにくい。
室内での撮影で大型カメラならストロボの使用は必須。
例えばページの右下の写真は、4X5カメラで撮影されています。
恵比寿から徒歩数分の場所のビルの一階ロビー部分。(撮影してから大分時間は経過していますが・・・)
外光も入る、天井に人工光もある。電源は無限にも使えません。
(電源車を用意すれば話はまた別、このときは発電機を用意しましたが。)
で、どう撮影したのか?
マンフロットのアルミパイプで3mX3mの枠を2コ作りトレーシングペーパーを張り
二つの枠をつなげることで自立させ、傘を使用したストロボを6台くらい設置。
モデル後方には背後を明るくさせるために生のストロボも配置。
私のスタジオのありったけのストロボを持っていった記憶があります。
(ありったけと言ってもモノブロック2台まで入れて9セットくらい。)
これでも絞りはISO100で16半辺りだったでしょう。
思えばこの頃は、macで合成という時代にはまだなっていない。
(正確には、そういう作業も始めていましたが、このときには一発で・・・そんな経緯だったでしょう。)
右下に見える商品も同時に一発で撮影したわけでモデルと商品が同時にピントがきていて、しかも美しくなければならない。
これは結構大変なことですよ。
時間も限られていて外光も明るさが変化するのですから・・・
.
今なら当然デジカメでしょうね。
場合によればモデル別撮り、商品も別撮り。
小道具は集めざるをえません。それでも4X5で撮影する時間の半分以下で終了するでしょう。
.
話は飛びますが、デザイナーのAさんとの仕事は夕方スタートが最近の定番です。
モデル絡みのこともあります。例えばパンフ16ページとしましょう。
(トータルで8カットくらい・・・)
フィルム時代ならたっぷり一日仕事です。
それが今や18時スタートで20時には【お疲れさまでした】なんてこともあります。
一日2本立ても余裕ですね。
1カットでシャッター3枚・・・そんなケースすらあるのです。(しかも被写体はモデルで・・・)
(その後に待ち受けているmac合成作業の時間はそれなりですが、スキャンの後のごみ取りからスタートすることを
考慮すれば矢張り進歩でしょう。)
.
ストロボに話は戻ります。
直で使う、直トレにする、提灯を作る、傘を使う、傘トレにする、バンクライトを使う
天バンにする、壁バンを使う、グリッドを使う、トレペでディフューズさせる、紗幕を張る
天トレにする、、オパライトを使う
・・・さて、これらの言葉の幾つを想像できましたか?
どの使い方も間違いではありません。もっと沢山の使用法もあるでしょう。
ケースバイケース、頭のイメージに近づけるためには何を使用しても良いのです。
え〜、私が良く使用するのは・・・提灯。必ず一つは用意・・・するかなあ。
.
久しぶりのテクニック編でした。(上記の語句の説明は【その2】で・・・)
.
追伸:私のストロボのヘッドは可能なかぎりフロストのガラスグローブを取り付けています。
その方が直で使用したときにはモデリングが当てになりますから。
また、ストロボ臭い・・・その原因の多くはその色味にあることが多いようです。
一言でいえば青い。色温度が高い目に設定されていることが多いのです。
使用していく過程で多少下げって行くことも十分に有り得ます。(私はあまり経験していませんが・・・)
メーカーによっては発光チューブの色温度を購入時に選択できる場合もあります。
私が大型ストロボを選択する基準は、モデリングランプを別調光できること。
最小出力が限りなく小さいこと。出力の変化による色温度の変化が少ないこと、この2点でしょうか。
.
最後に、デジカメを多用するようになってスタジオ以外では大型ストロボの使用は
メッキリ少なくなったことは何度も書いた通りです。
.
追伸2:私が使用しているストロボは、フォトナをメインにコメット、バルカー、サンスターモノブロック。
いつの間にかこんな風になってしまいましたが、ヘッドはコメットのものがメインです。注1
フォトナのゼネにコメットのヘッドを接続する。OKです。
それぞれのメーカーの延長コードを2本用意すれば、コストはかかりますがプロショップで変換コードを作ってもらえます。
また、コメット以外のゼネはモデリング別調光できますので見た目でライティングが出来ます。
内緒の話ですが、私のコメットはモデリング別調光に改造してありますので更に他社のゼネがきてもOK?
注1:たまたまですが、最初に入手したストロボがコメットで、暫くはコメットだけを使用していました。
気が付けばコメットだけで8台のヘッド・・・しかも最古参は20年物に近い。笑
ですが、全く元気。個人で使用している分にはホントもちますね。流石国産?

2004/01/20 引きでのピント合わせは難しい。
昨日、手稲に行って撮影したうちの一枚。
とあるメーカーの工場内だ。
ISO800。1/125f2.0手持ち
補助光無し。条件としてはあまり良くない。
EOS10D+EF28/f1.8レンズ。
最初AFで撮影したが拡大チェックすると
ピントがきていない。(後ピン気味)
何枚かシャッターを切る。矢張りきていない。
MFでトライしてみる。
ミノルタM型スクリーンを取り付けたボディにも
係わらず矢張りダメ。(私の目の責任?)
次にアングルファインダーを付けてみる。
(1.25倍と2.4倍に拡大できる!)
部分視野になってしまうが2.4倍でピントチェック。
・・・・・
記憶に間違いが無ければ左がその写真。
結果はビリピンって訳にはいかなかった。
プロでもこんなことはある。
10Dのせいというよりは、この撮影に関しては
私の問題か?・・・・
.
ニコンF4、MF時代標準レンズ開放で撮影していて
全身に近い構図で36枚中ピントがきていたのは
数枚だった・・・そんな経験もある。
このシチュエーションで4x5カメラなら間違いなくピントはくる。 が、被写体が動かない、或いは大々的にライティングが可能ということが前提になる。 どちらにしてもアシスタント無しで電車で移動、そんな技は使えなくなる。 アップならばピントは比較的容易に合わせることが可能だが 全身以上の引きになってくるとかなり手強い場合もあることは事実。 レーザーアシストの様な機構があると良いのだが・・・ (ソニーには存在してましたよね。) . 追伸:三脚を付けてもっと絞れ。・・・ 確かにそんな手もありますが、ホントはもっと長いレンズで後をぼかしたかったくらいなのです。 どちらにしても中途半端だったか。反省。 ・・・使用サイズが小さい・・・そんな時富士ファインピックスF700辺りか他のコンパクトデジがあれば 保険で数枚シャッターを切る、そんな手はありえますね。 被写界深度が深い、それは悲しいことばかりではありません。 CCDも大きいほうが良いとばかりは言えない場合もありえるのです。 要は最終的な使用サイズと用途が問題ということですね。 . 千葉県のOさんからのメールを頂きました。
はじめまして。O、xx歳、千葉県○×市在住です。
○×区にある会社でサラリーマンをしつつ、きのこの写真を撮っています。
去年の秋に、初めて1眼デジカメを購入しました。Kiss D(No.0510100xxx)です。
重要な撮影の一部はKissで撮影しました。無知なこともあるのですが、画像処理に手間取ったりして、
ポジだったら楽だよなぁ、などと思ったりもします。
実はそんな写真の中にピンぼけがけっこうあるのを見て、がっくりしています。
撮りなおしはたいへんだし、撮りなおしのできないのもあります。
EF28-70mm F2.8で絞りはf8程度。樹木の幹、2mの範囲を縦位置で白バック、
こんな撮影を何カットも撮りました。まさかピンぼけの危険性なんて考えていませんでした。
AFよりMFのほうが発生してますね。Kissのファインダーは10Dより、さらにみにくいです。
HP、楽しく拝見しています。「2004/01/20 引きでのピント合わせは難しい。」をみて、
思わずメールしてしまいました。ピントテストやってみようかな。いつか、調整に出したいな。
私のEF28 F1.8は強烈な後ピン傾向にあります。最初は、自分の撮影がいけないのかなと思っていました。
このレンズは、4年ほど前に購入したもので、私の所有レンズの中では2番目に新しいレンズです。
今年の正月に17-40 F4を購入しました。これも後ピン気味で、ワイド側で顕著になります。
なぜか、昔に購入したレンズの方が安定しています。
FE28-70 F2.8、EF50 F2.5 マクロ、EF85 F1.2、EF100 F2.8 マクロ、これらは微妙に後ピン傾向で、
1段絞れば許せる範囲です。もしかしたら、Kissが微妙に後ピン傾向なのかな。
最近は、err99が激しいです。スイッチのオンオフとか、レンズの取り外しとかいろいろやってます。
寒さのせいでしょうか、所有する2個のBP511の撮影枚数が、かなり少なくなったという経験をしました。
充電器にセットしてみると残量は50%程度。フルに使い切っていない状態。
充電したあとにKissにとりつけてみると、バッテリー残量あとわずかの表示がでたりして。
何がなんだかよくわかりません。
今後もHP楽しみにしています。
それでは。
キノコの写真。珍しい被写体ですね。楽しくもありそう。
デジタル一眼半年にしてピンズレ、err99、バッテリー問題と旬のトラブルを
一通り体験されたのですね。
これでもうOさんは立派なデジタルカメラマンでしょう。笑
どの問題も調整等で大分改善することもありますが
パーフェクトかといえばそうでもない。
ソレナリの準備や対策が必要なこともあるようです。
幾つかの軽度の成人病とともに生きていく・・・それに近い覚悟が必要?なのでしょうか。
(私の場合なら、尿酸値が少々高い。そんな感じ。)
バッテリーは必ず使い切ることと、過充電をしないこと。
大変ですが使用状況を記録することも意味があると思います。

2004/01/14 私のEOS10D、近頃ゴキゲン斜めなの?
昨年4月に入手したEOS10D、最近(ここ1ヶ月くらい?)ご機嫌が宜しくないことがあります。
どんなかと言うと、極く希にですがerr99が出ることがあります。
今日はフリーズしました。液晶表示は出ていても何も受け付けない状態に陥りました。
スリープからの復帰に失敗したことも経験があります。?
今のところ、電池を一度抜いてあげれば解決していますが、少々不安があることは事実です。
なにせスペアボディは持っていません。(オイオイ、そのくらい用意しろよ!)
せめてコンパクトタイプのデジカメでも忍ばせてあれば急場を乗り切ることも不可能ではないのでしょうが・・・
それに対してニコンD100でそのような(ソフト上の)経験は未だありません。注1
この辺りは何処が違うのか? 石橋を渡るニコン、そんな感じでしょうかね。
まあ、某掲示板でもerr99の話は時々出ているようですので私に限ったことではないようですね。
(それで安心してどうする・・・)
.
バッテリー問題は既に何度か書きましたが、4コのバッテリーについて詳細な記録をとっているところです。
1ヶ月間で今2周半したところ、(4コの電池を通算10回充電した。)
一個の電池で書き込めた量(JPEG、ラージ)は、最悪415M〜最高1.2Gまでのバラツキがあり
最近購入したものは矢張り新しい分、使用可能領域が大きいようです。
.
追伸:1月中にキヤノンから新型デジカメの発表があるという噂が広まっていますね。
EOS1Dの新型なのでしょうか・・・?
何でも良いですがリーズナブルな価格で800万画素以上の取り回しの良いボディを私は望みますね。
注1 ニコンD1ではシャッターがおりないという不具合を経験しました。(修理して解決。)
D100では内蔵ストロボの調光不具合を経験。(ボディ交換。)
信頼性と言う点でEOSとの優劣は一概には言えないか・・・・って感じです。
.
追伸:01/16 今日は不思議な経験をしました。ST−E2プラス550EXで撮影を始めたのですが
ストロボの同調が明らかにワンテンポ遅かったのです。直ぐに気づきスイッチを入れ直して解決しましたが
今となっては何が原因だったかは不明です。
ついでに一言。550EXは一回のシャッターで3度(だったかな?)発光するらしいのです。
多分そのためだと思いますが、妙に目をつぶった写真が多いことがあります。
デジカメなのでその場で確認できますが、要注意ですね。
.
昨日友人のU氏が五反田にいるからと言って現れた。
で、鞄から「実はこれ買っちゃったんですよ・・・。」
と言って取りだしたのはキスデジ。ズーム付きで11万ナンボだったらしい。
触らせてもらったが、ヤッパリ軽い!AFも意外に早く感じる。
再生も早く感じたのは気のせい?
因みにU氏は35mmはあまり使用しない。(しかも今までF1ユーザー!)
以前の私のように4X5や中判カメラをメインで使用している。
キスデジで、デジカメデビューとAFデビューを同時に成し遂げてしまった。
・・・新しいボディはキュッキュッ君では無かったようだった。

2004/01/11 キヤノン550EXの問題点。落下事故。
皆さん良くご存知のキヤノン550EXです。
私はこれを2台、そしてST−E2を撮影の時には
必ず持っていきます。
このストロボのお陰で大型ストロボや、モノブロックを
持っていくことは皆無になったといってよいでしょう。
シンクロコードからは開放されるし
最近はフラッシュメーターさえ置いていく始末。
EOS10D+550EX+ST−E2は最強です。
.
スタンドは軽量化したスタンドに自由雲台+hama
(写真では自由雲台ではありませんが)を使用しています。
hamaは強度的にイマイチ不安もあるのですが
550EX+アンブレラ程度なら然程問題はないようです。
また、軽量小型な点も好感が持てます。
.
ですが、問題があるのです。
それは相性なのか・・550EXなのか・・hamaなのか
イマイチ検証はしていないのですが
またSB−80DXでは全く問題はないことなのですが
【550EXのロックが効かない。】という重大な問題
なのです。
550EXを使いだして8ヶ月ほど経過しましたが
落下した回数は3〜4回はあったように思います。
幸い事故には至りませんでしたが、最悪の場合には
撮影中止ですよね。
(意外に550EXが丈夫であったという証しでもありますが。)
右の写真は550−EXの底部。
赤丸で囲んだ場所がどうもくせ者なのです。
この盛り上がった部分のお陰でロックが効かない。
hamaを使用するかぎりどんなに硬く閉めても
ロックは効きません。
hamaの金属部の厚さが薄いためと550EX
のロック方法に問題があるためですね。
で解決方法は、この囲った山をカッターで削り
落としてしまうのです。
作業は僅か1分。簡単です。
何故今まで気が付かなかったのか・・・
と思うほどです。
550EXに限らずキヤノン製のストロボ全てに
当てはまる可能性があります。
皆さんご用心を。
尚、上記の方法は、550EXが前後反対にもセットできてしまうという落とし穴も同時に用意されます。 カメラやスタンドにセットするときはクレグレも注意して下さい。 (恐らく何もトラブルは発生しないと思いますが、この加工でのトラブルの責任は負いかねます。笑) 追伸:また広い室内ではST−E2でコントロール出来ない場合があります。 大抵はヘッドの振りの問題で、つまり受光部にST−E2からの指令が届いていないために起ります。 私は10cm角くらいの小さな薄いアルミ版(アルミフォイルでも可)をバッグに必ず入れておき 上手く反射させることで難を逃れていますが、550EXの受光部が前側発光部の直ぐ下の 一箇所にしか無いことが問題でもあります。 せめて後ろ側にもあると助かるのですが・・・ . 私は使用していませんが、コンパクトバッテリーパックCP−E2(16000円)単3、6本を使用すると ニッスイ2300辺りを使用すればチャージはフルでも2秒以下だそうです。 積層やTRパックよりも現実的ではないでしょうか。 ノーマルでフル発光させると流石に閉口しますが、また私はフルでの使用は滅多にありませんので 然程必要は感じませんが、嬉しい人も多いことでしょう。・・・参考までに。 . 追伸:01/12 plieさんからメール。 標準添付のプラスチックベースを使用すれば削らなくとも落ちない・・とのこと。 なるほどそう言われればそんな手もありましたね。 また、550EX。マニュアルがコントロールできれば無敵なのにと二人で激しく同意したのでした。 (オートでロック機能を付けてくれても良いのですが・・・) . 追伸:01/12 野外系写真家氏からもメール。 言われてみれば全くその通り。書いてみるもんだねえ。 この方法が一番スマートですかねえ。ストロボ本体にもキズをつけませんし。
550EX、落ちますか。
私の場合は指ジカラが普通よりは強いからか今のところ落ちませんけど、かわりにロッ
クを緩めても抜けにくくて壊れそうなのが恐いです。
脱落防止が主目的なら現行のキヤノン純正ストロボのロックはストロボ側からロック
ピンが出て来るタイプなので、HAMAの側にロックピンが入る穴をドリルであけれ
ばHAMA側の金属プレートが外れないかぎりはまず落ちないと思いますよ。

    

2004/01/10 マイバッテリー2700を入手したが・・・
土曜日、つまり今日ですが秋葉に行ってきました。千石電商と秋月電子に行ってきたのです。
http://akizukidenshi.com/
http://www.sengoku.co.jp/
私なりに単3アダプターを改良しようと目論んで・・・
最初に秋月に行きました。土曜日だけあって混んでいます。
先ず、通販でも購入可能ですが店頭でも置いてありました。マイバッテリー2700を購入4950円。
続いて12V1AのACアダプター。小型軽量タイプです。800円。
・・・マイバッテリーに付属のACアダプターは20世紀型で大きく重い。
マイバッテリーの売値を考えると仕方がないことですが、チョット頂けないですね。
(いっそのことオプションにしてくれれば良かったのに。持ち帰るにも重いですよ。)
マイバッテリーは5V、6V1.3A 7.2V2.7Aの3通りの出力が選択できます。
説明書を隅まで目を通すと7.2V時は8.2Vから6Vまで出力電圧が変化すると書いてある。
ってことはDCDCコンバータを利用しているのは5〜6Vの時だけ?・・・
7.2Vはバッテリーからストレートだあ。
やられた〜、暫くノーマルで使用した後は(とは言えコネクターは改造しなければ10Dには付きません。)
単3用にマイバッテリーを改造する予定だったのですが、もろくも夢は破れたり。
素直にマイバッテリーはそのまま使用することとする。
実物は電圧チェック液晶もつき結構小型軽量、この辺りは立派。
BP−511よりも安価で高性能、充電器付きと考えれば衝撃の値段。
(というか、純正バッテリーが高過ぎ!!)
充電時間が4〜5時間は、かなり長い。バッテリーには優しいけれど私には辛い。
.
さて、S氏スペシャル単3アダプター。
私も低損失(低飽和)3端子レギュレータを探してうろつく。
意外に置いていない。ラジオセンター内のタカヒロ電子で8V1A(電圧降下0.8Vタイプ)
LM2940T8.0を購入する。250円。
千石で8本用単3電池ホルダー、電解コンデンサー、ジャックを購入。
パーツは一通り揃う。
.
で、どうする? 夢は破れてしまったし・・・
単3アダプターもこれはこれであまりにシンプルすぎて手の加えようが無い・・・
敢えて手を加えるならば電流容量のアップと使い勝手の改善か?
デジカメ用燃料電池・・・早くでないものかねえ・・・
.
追伸:マイバッテリー2700に10D用ダミーバッテリーを繋げてみました。
全く問題なく使用出来そうです。充電完了時の電圧8.2V、純正電池と同程度ですね。
注意点は、ダミーバッテリーのコード。白ライン側がマイナスです。(普通はこちらがプラスと私は解釈していましたが・・・)
それとハンダ付けする場所。マイバッテリー側のコードはとても細くスミチューブ等の保護チューブで
シッカリと周りを固めたほうが安全でしょう。
・・・こんなことならマイバッテリー4400にすると言う手も有ったねえ。・・・
まだ、実戦で2700を使用したわけでは有りませんが、4400なら間違いなく一日バッテリーの不安から開放されるか?
野外系の方や、寒冷地の方には朗報?
取りあえず私が人柱になってみましょう。(笑
・・・単3タイプを忘れたわけではありません。
2700もテストしないといけないし、無闇に空シャッターを切ることも精神的に良くないしで、チョコッと困ってます。
.
追伸2:10Dの受光部に久しぶりにゴミが付いた。
レンズを外してみると得体のしれないもの(粘着質繊維状)がへばりついている。
ダストブロアで狙い撃ちしても取れず。
という訳で登場です。SENSOR SWAB  私のお掃除キットは10Dには大きめなのでハサミでチョキリ。
どうしても取れなかったゴミが一発でキレイに。
6月に購入して使用した回数は2回。意外に少ないといえるか?
仕事でデジを使う方は持っていたほうが矢張り安心ですね。

2004/01/09 北海道のTさんから10D用単3アダプターに付いてのメール。
 初めまして。北海道在住のTというものです。EOS10D用単3アダプター、とても興味があります。
いつも楽しくHPを拝見させていただいております。HPを見始めたのは去年の6月頃でした。
その頃10Dの購入を考えていて、なにせ田舎住まいで10Dを実際に触れることのできる釧路のカメラ屋まで
片道80キロというような状況ですので、ネットで情報をと探し回っていて、
「プロのためのデジカメ研究室」にたどり着き、参考にさせていただきました。
私自身は素人カメラマンですから、「プロのためのデジカメ研究室」は、内容的には難しい部分も多かったのですが、
なにより10Dの画質はプロが仕事に使えるレベルだ。
というのが大きな後押しにもなって、夏前に購入しました。銀塩はEOS1Nを使ってきましたので、
比べてみるとファインダーなどはイマイチかな、と思う部分もありますが、
デジタルのコンシューマー向け一眼レフカメラで、ついにここまで来たかとの驚きが大きかったです。
それに、ホビーカメラマンにはランニングコストの安さも魅力です。
田舎暮らしでは、ポジの現像は片道5キロのコンビニから出して早くて1週間。
札幌のプロラボに宅急便で送って中1日でしたから・・・
 ただ、購入時にもっとも危惧していたのが低温時の使用でした。10Dで初めて冬を迎えたのですが
予想通りというか結構厳しいです。野鳥や野生動物の撮影をも、と購入したので望遠レンズをつけることが多いのです。
現在使用しているレンズはEF400DOですが、小型軽量で野鳥撮影には取り回しが良く気に入っているのですが、
便利なAFとISがすごく電気を食います。
 昨日は天気がとても良かったので、近所の摩周湖の展望台へワタリガラスとオオワシを撮りに行きました。
風もなく体感的にはそれほど寒くは感じませんでしたが、気温はマイナス6度から10度くらい。
満充電のバッテリーでも三脚にカメラをセットして30分ほどで撮影不能となりました。
予備のバッテリーをポケットにカイロとともに入れておいて、交換しながらの撮影です。
ちなみにカイロですが、使い捨てのものは気温がマイナスになると反応しなくなり使えません。
ベンジン燃料の白金カイロもマイナス20度以下だと消えてしまうことがあるようです。
ウチのあたりではこの時期、朝など20度以下は当たり前ですから、昔ながらの木炭を燃料にする桐灰カイロが必要になります。
外部バッテリーをカイロとともにポケットに入れて、とは考えてはいたのですが、10Dには純正外部バッテリーがありません。
ネットで調べてみると、外部バッテリーにはこのような製品もありました。
http://www.toyo-system.co.jp/jpn/nexus.htm 
最近は10D対応のジャック付きのものもあるようです。実際に使用している(10Dではありませんが)プロカメラマンのレポートもあります
http://member.nifty.ne.jp/TATS/osusume_nexus.html が、価格と大きさ重さで、
いまいち購入に踏み切れずにいました。
 
 今回紹介されているEOS10D用単3アダプターは、ポケットにカイロとともに入れて、
または巾着袋にカイロとともに入れて三脚の足に縛り付けて、といった使い方に良さそうに思えます。
ただ、私自身が電気の知識が全くないので、自分で作れるのかどうか心配です。
(ハンダ鏝は中学の技術の時間に触っただけで、もちろん持っていません)
ハンダ付けの場所が10箇所くらい。
キレイなハンダ付けさえ出来れば難しい作業ではありません。
(ハンダ付けはチョット練習するだけで上手になります。コツがあるのです。)
もうひとつ、写真を見ただけではよく判らないのですが、電圧変換部のバッテリー側がプラグ&ジャックになっているようにも見えますが
バッテリーケースからダミーバッテリーまで一体なのでしょうか? 
いえ、ダミーバッテリー側が脱落防止付きプラグになっています。
また、2つ?のバッテリーケースがどのように繋がっているのかも写真では判りません。
二つの単3ケースは今はバラバラで(電気的には直列に繋がっています)両面テープなどで
固定させるほうが良いでしょう。
或いは8本用の良い単3ケースが見つかると良いのですが・・・
気になっているのは水ぬれによるショートです。天気の良い日にしか持ち出さないでしょうが、
周りはすべて雪ですから、気を遣うことになると思います。見た限りは単純そうな構造なので、
自分で使い勝手がよいように改造も出来るんじゃないか、とも思いますが、
なにせパーツひとつ手に入れるのも大変なので、できれば事前に細かな部分を知っておきたいと思います。
勝手を言って申し訳ありませんが、お時間があるときに教えていただければ幸いです。
水濡れによるショートですが、扱っている電圧は8〜12Vである点、精密な回路ではない点を
考慮すれば然程シビアになる必要はないと思います。
水没はマズイですが、湿気くらいならあまり気にしなくて大丈夫でしょう。
 以下はバッテリーとは関係ない話ですが、このようなテストはもうやっておられる
とは思いますが、まだでしたらご参考までに・・・
データ読み込み速度テスト
PowerBook15" 1.25GHz 1024MBメモリ(512X2) AC電源駆動
Mac OS 10.3.2
iPhot2.0 photoshop7.0
Transcend CompactFlash 1GB(30倍速?)に満杯までEOS10Dで撮影した
JEPGラージ・ファインの画像7フォルダ計592枚  973.5M
テスト1
JEPGラージ・ファインの画像7フォルダ計592枚を下記4機種のリーダーを使ってデ
スクトップにコピーするのにかかる時間を計測
LEXAR FireWire CompactFlash Reader RW011 Rev C (FireWire400ポート) 3分54

BUFFALO MCR-CF-LT/U2 (USB2.0ポート) 4分37秒
ADTEC  CompactFlash CARD ADAPTER (PCカードスロット) 10分51秒
I・O DATA USB-6MRWマルチリーダー (USB2.0ポート ただしリーダーはUSB1.0) 1
9分33秒
テスト2 
iPhotにJEPGラージ・ファインの画像7フォルダ計592枚をテスト1で一番速かっ
たLEXAR FireWireリーダーを使って CFから直接読み込み 22分05秒
テスト3
iPhotにデスクトップ上のJEPGラージ・ファインの画像7フォルダ592枚を読み込み 
10分43秒
テスト4
photoshop 7.0のファイルブラウザにデスクトップ上のJEPGラージ・ファインの画像
7フォルダ592枚を読み込み 約1分30秒
【管理人】Tさん、貴重な情報有り難うございました。
北海道はいいですよねえ。何度行ってもウットリしてしまいます。
北海道出身の方は、いずれは故郷に帰りたいと口にすることが多いように思います。
それだけ素晴らしい場所なのだという証しなのではないでしょうか。
・・・その後のメールでTさんは杉並区出身であることが判明・・・何とご近所さんだ・・・笑。

2004/01/07 EOS10D用単3アダプターのその後。MyBattery。
EOS10D用単3アダプターは想像以上に好結果をマークしたものの
反響が意外に少ないことは残念。
欲しいと名乗り出てくれたのは未だ一名。バッテリーで悩んでいる方は意外にも少ないのか??
野外系写真家のK氏は純正バッテリーを保温のためにポケットに入れて使用するために
ダミーバッテリーを購入したとメールが来た。
耐寒のために優れ物だとは書かなかったが、
実はそういう使用法も十分ありえるとは思っていたのでメデタシといったところ。
立案者のS氏にしても私にしても、これで儲けるつもりは全く無いので困る話ではないのですが
もし、アノ記事を読まれて作られた方がいらっしゃいましたら使用談等、ご一報下されば幸いです。
不都合な点、こうすればもっと良くなる・・・そんな話でもOKです。
.
おや、2チャンに【万能外付けバッテリーMyBatteryについて】というスレが上がっている。
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1065522499/l50
電圧3段切替、5.0 6.0 7.2v切り替え式 2700mA、4400mAの2種類。
http://www.jtt.ne.jp/products/pc/mybatt/index.html
内部はリチウム電池を使用して4〜5時間で充電できるようだ。
230gという軽量は凄い。
しかし、私はリチウム電池自体に問題があるのではないか・・・
そうも疑っているのと単3で動作させる、この点も重要視しているので
強がりではなく必ずしもダメージは受けてはいない。
また、残念ながらコネクターの形状の問題で10Dには対応していない。
とは言え、こんな製品があることを知らなかったことは事実。
ん〜。これを単3用に改造するという手もあるか。
内部構造がスイッチングレギュレータタイプなので上手く設計されていれば
効率が良く電池容量を使い切ることが出来る。
現物を未だみていないので何とも言えないけれど想像以上に値段がリーズナブルな点もビックリ。
.
こんな商品もあるということで。
.
追伸:S氏スペシャル単3アダプターで改めて思いを巡らせてみた。
JPEGラージで3G分メモリーに書き込んで電圧変換部はホンノリと温かい程度。
通常3端子レギュレータを使用した場合、その電圧変換された差分
例えば12Vから8Vに降圧した場合、差は4V。
仮にアベレージ0.4A流れていたならば4VX0.4A=1.6Wが熱として生じることになる。
つまり1.6Wのヒ−ターとして動作するわけで、これは半導体にとってそれなりな発熱量。
それが、ホンノリ程度で済んでいたということは
意外に高効率だった証しとも言えるか。
また部品点数が少ないということは故障の原因も少ないということ。だよね。
.
追伸2:マイバッテリー4400の使用者のTさんからメールを頂きました。
実はホームページに記載のMyBatteryの4400の方を所有しています。
使用目的はPDAをバイクでGPSとして使用するために大容量の電源が必要だったためです。
使用感としては今ひとつかなという印象です。(今のところ)
僕の個体の問題とは思いますが、まず充電が終了しません。
何時までたっても満充電の一歩手前で表示が止まってしまいます。
現在は説明書に記載の充電時間を目安にタイマーで充電しています。
この後の容量チェックでは満充電になっています。
実際の使用時も、使い始めて数時間で電圧が低下(外気温が13度くらい)してしまいました。
数時間、室内に置いておくと再び使えるようになりました。
容量はかなりあるという気はしますが、使いこなすにはもうちょっと使ってみる必要がありそうです。
電池も使う機種によって向き不向きはあると思いますが、
アルカリ電池の方が感覚的に使いやすいと感じることが多いですね。

2004/01/05 まだまだ2004年もガマンの年か。
4日、新宿で撮影のついでにチョコッとヨドバシに寄ってみた。
EOS10D単3アダプター用のダミーバッテリーを購入するためだ。
このアダプターはS氏の立案でスタートしたのだが、私なりに少し改良を加えてみようか・・・
そう思って立ち寄ったのだが
キヤノンコーナーでノートPCを拡げて店員に何やら説明している方がいる。
傍で聞いていると17−40のピント問題のようだった。
ボディが何だったかまでは聞かなかったけれど
未だピント問題は健全だったのか(笑)と嬉しいような悲しいような不思議な気分。
私も一瞬加勢しようかと思案したが店員が正しい応対を見せていた様なのでその場を離れた。
さて、その後macコーナーに足を運んだ。
正月特価でG5、1.8Gが209800円+10%ポイントででている。
これはナイスプライス!
OSXでのみのブートとは言えボチボチOSXでのブートが必要になる年ではある。
photoshop CSはOSXでしか動かない。
正直グラッときた。
待て待て。G5、或いはOSXはデュアルでないと本領を発揮しないという噂もあるし
初代のG5はスルーが正しい?という説も聞く。
安売りを始めるということは新機種の発表が近いという証しでもある。
G4・450・DUALで作業が恐ろしく困難かといえばそうでもない。
起動途中にフリーズなんて荒技も見せてくれるもののマダマダ減益、イエ現役でしょう。
それでなくとも、3人の子供とカミサンを持つ身でもある。
父に戻りグッと堪える。(というか買ってはならない根拠を列挙して納得させる。)
.
どうやら2004年もまだまだガマンの年なのだ。
.
追伸:今日、小六の三男は書き初めをするらしい。【緑の地球】だそうだ。
宇宙からみた地球の姿、それは想像以上に美しいものではあるけれど
砂漠が広大であることも想像以上で、しかも森林がこれまた想像以上のスピードで砂漠化しているらしい。
仕事はクイックに、生活はスローに。そう、せめて生活だけでもスローに・・・ね。
緑の地球のためにも。
.
追伸2:大みそかのTV番組のこと。民放5局中3局が格闘技を放映した。
総理が自衛隊イラク派遣を決意するくらいの御時世であるから、民放もxx的?な番組が偶然にも重なったのか?
或いは国民と言われる人達のレベルに合わせた結果が格闘技だったのか・・・
曙の悲しい姿は私も目の当たりにした口ですが、どちらもチョット悲しい【事件】でした。
(格闘技が悪いとは言ってません。K−1、ボクシング、どちらも嫌いではありません。でもねえ・・・
世界中でそんな能天気な国は存在しないでしょ。)

2004/01/02 今年もヨロシクお願いいたします。
2004年が無事?にスタートしました。
.
今年は年賀状の数が少ないですね。
昨年、景気は多少持ち直したと言われていますが
それはリストラ効果が大きく貢献した大手企業に限られていた・・・
そういうことでしょうか。
まあ、年賀状離れ。それも無視できません。
子供たち宛の年賀状の数は、私達の子供時代とは
大分様相が異なるようです。
メールで年賀状、(携帯のメールね。文字だけの年賀状)
これが主流になりつつある?のかもしれません。
.
昨年も書きましたが、自宅宛に届いた家人宛の年賀状から
見て取れることは更にインクジェット出力の年賀状が増えた。
デジカメで撮影された画像に文字を貼り付けたものが圧倒的。
時代の流れを強く感じますね。
.
左は私の今年の年賀状です。
.
さて、2004年が、素晴らしい年でありますように。
.
心からそう祈らずにはいられません。
というわけで皆様、今年も宜しくお願いいたします。
追伸:書き忘れましたがこのフィギュアは、そのうち何かに使おうとハンズで2年くらい前に購入したもの。 ドイツ、Preiser社製、身長は38mm。葉書上では拡大になっているのですが粗もでずいい感じ。


profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言13に行く

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴