.
TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴

後書き・独り言26/profileに戻る(後書き目次)/ 後書き・独り言28

2005/06 6月の作品展テーマは工具。

今月のテーマは何が良いのか・・・正直悩みました。
身近にあって面白いもの。ウ〜ム。
4月5月はピーマン、野菜でしたので今月はもう少しハードなものが良いですよね。
・・・今月は工具にしましょう。
手持ちの工具で結構です。錆びているものも良いでしょう。
使い込んだ工具も良いですね。
勿論新品の輝いた工具もOKです。
ドライバー、ペンチ、スパナ、ノコギリ、金槌、ナイフ、・・・
幾つかを組み合わせても良し、しっかりとブツドリでも良し。
それを(それらを)どう撮影するかは、あなたの腕次第です。
月例作品募集要項
45:06/30  三鷹のJQ氏の作品
 お世話になります。三鷹のJQです。過日はiTunesの件、 大変失礼いたしました。ギリギリになってしまい恐縮ですが、今月も投 稿させていただきます。  先日、何を撮ろうかと考えながら戸外の掃除をしていて見つけてしま いました。錆びた金槌と朽ちた板2枚です。ストロボ側にアンバーの フィルターを少々仕込んだのですが、フィルターを使わずフォトショッ プで調整した方が良かったかもしれません。 撮影データは以下の通りです。 20D 100マクロ 1/60sec f16  550EX+ST-E2 ソフトボッックス CS現像、トーンカーブ 調整のみ  どうぞよろしくお願いいたします。 Jacquie Quartertruth Photography http://jq-photography.blog.ocn.ne.jp/ 追伸  今月のテーマ、作品数も多く内容も非常に興味深く勉強になりまし た。ただ、女性の参加者がおられなかったのは残念でした。「女性が撮 る工具」、ぜひ見てみたかったです。 . 管理人:ウワア・・・来てますねえ・・・(笑 この金槌のシルエットの切り取り方が上手いですねえ。 ゴリッとしたライティングもメリハリが利いていて素晴らしい。 ストロボにかけたフィルターの件ですが 確かにRAWで撮影をするならば、全く不要でしょう。   でも、タマにはやってみることも大事かも・・・気分は良いですよね。 . 追伸:ブログ拝見いたしました。お目出度うございます。 お気に入りに入れさせていただきました。
43_4:06/30  菅 正輝氏の作品
工具ですか。 今月も最終日です。(苦笑 皆さん、思い入れのある工具を持っていてビックリです。 僕はと言えば、先っぽを交換出来る安物ドライバー・100均で買った ノコギリ等々ばかりでロクな工具がないんです。 写真の工具も100均(ダイソー)で買ったウォータープライヤーです。 100均の品物は最近、なかなか良く出来ているんですが、 工具に関しては「・・・」って出来ですね。 なんか説明的な写真ですが、引きと寄りの2枚です。 撮影の状況 天気の良い日、ベランダにウォータープライヤーを置きトレペでディヒューズ。 EOS20D EF-s60mm/F2.8 ISO100 1/40sec,f/4.5 EF-s60mm/2.8を導入しました。 なかなか良いです。 フラフラ散歩の時に28mm/1.8と60mm/2.8があれば、殆ど不自由ないです。 仕事でもワイドズーム+60mm/2.8で事足りそうです。

http://kan.pinky.ne.jp/

管理人:お元気そうだったので安心いたしました。
確かに100均の工具は大分良くなったものの、如何にもチープな出来の悪さを
誇っていますねえ・・・
まあ、実際に不具合があるのかといえばそうでもない。
日本人的な律義さが許さないということでしょうか?
.
EF−s60mmは評判が良いようですね。
マクロに限らず単焦点レンズをもっと頑張って欲しいと思うのは
私だけではないでしょう。
頼むよ、キヤノンってば。
.
って菅さんに言ってどうする。(笑
43:06/30  遠井延弘氏の作品
新藤 様 また、滑り込みの出品ですみません。 今回の工具は、赤い色が綺麗なイタリア製のリード線のフォーミング工具です。 使ってみると便利ですが、ラジオペンチで、クッ!と曲げるのに慣れてしまっているので、 使わず工具箱の隅に埋もれてしまっていました。 以前、秋葉原まで出かけて、抵抗やらコンデンサなどごっそり買い込んで、 自作のアンプを作ったものでした。 電源を入れる瞬間が、緊張し鼻に神経を集中させ 焦げ臭くないか、チェックしたことを思い出しました。 CANON 10D 28?70   f9   1/6  バンク下に1mmエンビ板をアーチ状に覆い撮影 遠井 延弘 . 管理人:ウオッ!ブレッドボードに黄色いのはフィルムコン?タンタルコン?・・・ ウチのスタジオにもパーツがまだ残ってますよ。アンプも作りましたねえ。 最近はハンダ鏝を握る機会もメッキリ無くなりましたが、何とも懐かしい。 (こんな豪勢な工具があるとは知りませんでしたが・・・) 頂いた作品は、色味のインパクトとレイアウトの良さ、ライティングの適正さで 素晴らしい出来と思います。 お疲れさまでした。
42:06/29  谷口正規氏の作品
新藤修一様 はじめまして、谷口正規と申します。 はじめての作品の投稿です。 作品の投稿というよりは、最近入手したLEDライトがとても明るく 撮影にも使えそうで、新藤さんに見ていただきたくて撮影しました。(笑い) カーボン調のビニールシート上にライトを点灯した状態で置き、上部より別のLEDライト (Surefire U2)一発でライト横の文字やディテールがわかる程度に照らしています。 よろしくお願いいたします。 谷口正規 _V_I_V_O___________________________ 管理人:マグライトの改造版ですね。 初めて目にいたしましたが、3wLED5発ですか・・・・ これは凄い。400ルーメン!!(surefireは60ルーメンだそうです。) 単純計算でも3段近く明るいわけですね。 貴重な作品と情報、有り難うございました。
41:06/29  BEN氏の作品
新藤さん、こんにちは。 あれー!もう月末ですか。こりゃ大変だ〜! ...ということで、工具を撮ってみました。 滑り込みですが、掲載お願いしまーす。 *-------------- スタジオ ベン --------------* http://www.studio-ben.jp/ . 管理人:ベンさん、今月も有り難うございます。 相変わらず爽やかです。気分はスッカリ夏ですね。 頂いた作品は、写り込みが程よく五月蝿くもない。 これだけシンプルな写真なのに単調に収まらないところが凄いですね。 . 今日明日で六月もオシマイ。今年も半分が終わろうとしています。 毎月の事ながら・・・月末・・・来るのが怖い。
40:06/28  岡野隆一氏の作品
こんばんは、岡野です。 新藤さま、ひさびさに月例の写真送ります。 切り抜き写真です。 昨日。事務所の近くのカメラマンが遊びに 一杯やりながら、月例のテーマの話しがでまして、 今日、なんとなく、思い出し、 切り抜きの撮影の後に撮影をし画像処理しました。 宜しくお願い致します。 http://www.cyberoz.net/city/okano/ . 管理人:岡野さん、お久しぶりです。 モンキースパナも美しいですが、写真が美しい。 上部の鏡面仕上げ?部分、ウットリするような写り込みですね。 ハイライトの入り方黒の締まり具合、流石です。 切り抜きは予想外でしたが、思いきりが良くその美しさを引き立てていますね。 有り難うございました。
39:06/28  神崎純一氏の作品
今回のお題、 カッターナイフにしようか、ペンチにしようか、 はたまたドライバーなんかもいいかもと、いろいろ考えたのですが、 結局、バールということになりました。 ディスプレイ関係のバイトをしていた時は、「梶棒」とも呼んでいましたが、 これは、日本語名というより、その形状から来ている呼び名のようです。 金属の塊であることの量感、単純ながら計算し尽くされた形状などなど、 結構好きな工具です。 今回の裏テーマとしては、使用したレンズです。 ニッコールオートの 55mm F1.2 。これの「開放描写で遊んでみる」というもの。 この件に関しては、例えばクロームメッキ系のピカピカの工具の方が、 おもしろい収差が出たかもしれません。 もちろん絞れば、非常にカチッとした描写もします。 知り合いの方に、 「コントラストが低く、解像力は高い、そんなレンズがデジタルに合うと思われ、 古いニッコールは、使いようによってはいいかも」 とアドバイスされ、試してみたレンズですが、 狙い通りデジタルとの相性は良さそうです。 ニコン D100  ニッコールオート 55mm/F1.2 Ai 改造 1/160秒、F1.2 スピードライト使用        RAW 撮影 http://mypage.odn.ne.jp/home/dyon_photo/ RGB-Factory 神崎純一 . そうそう、F1.2 はファインダーも明るくなりいいのですが、 被写界深度も浅くなってしまい、ピント合わせに困難を感じて、 ファインダー像が 1.2倍に拡大されるという、 マグニファイングアイピース DK-17M というのを D100 に付けてみました。 アイピースアダプタを、ダイソーで買った 600円のルーターで削り、 装着しているのですが、これなかなかいいです。 視野倍率だけがピント合わせの要素ではありませんが、 ずいぶんと「マシ」になります。 . 管理人:コントラストが低く解像力が高いレンズ・・・正にデジタル向けですね。 頂いた作品は、ボケかたも流石55/1.2見事です。 バールの配置も決まってますね。 惜しい点は背景でしょうか・・・折角のキレイなボケが背景の黒で堪能できないかも・・ でも、溶け込む面白さもあります。悩みどころですね。(笑
38:06/28  ヒゲMac氏の作品
こんばんは新藤様 ラブラドールハウスのヒゲです。 今月は出展できないのでは・・・と思っていたのですが 継続は力なりですから、なんとかかんとか撮ってみました。 「せっとう」です 置き忘れられているのでは・・・でも あの向こうから取りに戻ってくるのでは・・・ そんな今月の一枚となりました。 D2X RAW Nikon AF 50mm 1.4D F-1.4 1/6 蛍光灯、我が家の廊下(週末掃除できなかったので汚い) . 管理人:照明はありのままでしょうか? 影がいい味出してますね。 また、廊下とありますが、これがまたアリキタリではなく良く似合ってます。 控えめの露出も効果的。 何気ない写真に見えますが、かなり計算されている・・・のかも。 有り難うございました、
37:06/28  川井 淳氏の作品
遅くなりましたがお題の工具撮りました。 実家は町の電気屋で小さい頃から身近にペンチや半田コテなどがあり、 父の真似をして自分のラジカセを分解したりして、よく元に戻せなくなっていました。 それは今でも変わりなく壊れたものはとりあえずバラしてみます。 撮影したものはナイフと呼べばよいでしょうか。 配送されてきた商品の梱包を解くのに使われていました。 物心ついた頃にはすでにほぼ今と同じ姿でした。 柄があったのか、尖っていたのか、それさえも分かりませんが、 父は何十年と使い続けてきました。 他の工具が新しくなってもこれだけは変わりませんでした。 切れれば何でも良かったのかもしれませんが、 改めてみて、僕にはサムライの刀にも見えてきました。(おおげさ!) 20D タムロン28-75 AWB 1/100 F4 580EX2台 . 管理人:どうでも良さそうなのに、拘って使い続けるものって確かにありますよね。 でも、このナイフ? ホントに日本刀のようですね。 妙な味わいを感じさせます。いったい原型はどんなだったんでしょう?? . 川井さんはこのナイフの存在感を奇をてらうことなく見事に収めましたね。
36:06/27   豪徳寺のK(用賀のK氏)の作品
工具と言っていいものかどうか迷いましたが、便利なのでご紹介がてら・・・ なめたボルトを修正するための簡易ダイスみたいな物。名前は失念してしまいました。 キャビネットを眺める事5分、ストロボを出しっぱなしだった事もあって デコラに置いてから撮影完了まで1分。アクリル越しのブロン1灯のみ。 データの方はCSにて現像後、クロップ、縮小だけでなにもいじらず。 1Ds2、TS90。 . 管理人:お久しぶりですね。忙しいことは何よりです。 豪徳寺は如何でしょうか? さて、これは立派な工具です。初めて目にしましたが便利そうですね。 こんな優れ物があるなんて知りませんでした。 (とは言え、登場場面がショッチュウでは困りものですが・・・笑) 作品は、心憎い白場のバランス。気持ちの良い露出。ライティングも程よい回り方。 実に安心して見られますね。 有り難うございました。 追伸:アクリル越しのライトは私も良く使用しましたが 最近出番が少ないなあ・・・・カーボンフレームのせい?
35:06/25  和田 正氏の作品
新藤様 ・御世話様です。 ・撮影物はビクトリノクスのナイフです。  釣り、キャンプの友に30年、キズだらけの  ナイフ、特に絵の中3点はよく使います。  刃先に近い所、少し刃こぼれ 有り、手入れをおこたっているしだいです。  また、ワインオプナーはけっこう役にたちます。   10D. F : 8 . コメットストロボ100Wを   ナマでトレぺ越し.カメラ前から白レフ.   ナグレの上にナイフ.   ナグレの下は昔のB/W写真とフライボックス. ・先日は失礼しました。では、よろしく。 . 管理人:和田サマ、こんにちは。 私は、欲張って分厚いタイプのビクトリノクスを購入し その想像を超えた重さに反省した思い出があります。(笑 この位のものが一番シンプルで使いやすいんですよね。(しかもオシャレ) ナングレアガラス(無反射ガラス)は、意外なことに作品展では初めての登場ですね。 また、その下の見え方が幾何学模様のようで不思議ですね。 有り難うございました。
34:06/25  大河原利道氏の作品
進藤様。 小学校の頃から使っている?(今は使ってませんが) 庇護の守です。 裏には下手な字で自分の名前が書いてありました。(ほとんど消えそう) 親父の見よう見まねで何度か研いだ記憶があります。 今はもう売ってないんですかね? パナソニックのクリップオンのストロボを使ってライティングしました。 絞りが自由に選べていいですね。 光量も1/3で変わるので使いやすいですね。 カメラメーカーを問わずスレーブなどの機能が使えるのがうれしいですね。 konikaminolta α-7D minolta 17-35G f3.5 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ohkawara toshimichi  http://www.remus.dti.ne.jp/~toshim/ . 管理人:αー7D+肥後守ですね。調子は如何でしょうか? 私も肥後守は子供の頃持っていました。 因みに今調べてみましたが、メチャ高いものの・・・売られているようです。 頂いた作品、先ず被写体の選択が好判断ですね。 背景もシットリとしていて良いですね。(一体これは何でしょう、土?布?) ナイフへのライティングもイイ感じです。 但し、惜しい点が一つ!  もしこの低いアングルに拘るなら、どちらかのナイフをもっと手前に配置することで 広角レンズを使用した効果が倍増し、インパクトが加わったかも・・・如何でしょう。
32_33:06/23  松本成実氏の作品
手の先の工具達 工作台のアルミ板の上の愛用の工具達。 はんだ鏝、糸のこ、バイス、ピンバイス、 ヤスリに精密ドライバー・・・。 いつのまにか増えてしまいました。 全て真鍮やプラスチック、紙などを素材とした 模型作りのためのもの。 専門店で求めたものから100円ショップで買ったものまで 使いやすいように改造したり 使いにくいのに何故かそのまま使っていたり。 最高の工具はやっぱり自分の指だったり。 さて、この工具達。 これからどんな作品を生み出してくれるのでしょうか。 CANON 10D 50mm f5.6 ST-E2(やっと買いました) EX-580 1灯 この組み合わせ。試しに1枚撮ってみて・・・ いいじゃない。これで。 あまりに簡単でとても心配(笑) でも簡単に撮れる。この先が難しいんですよねぇ。きっと。
打刻ハンマー
妙に柄の長いこのハンマーは
本来は機関士が乗務前に車輪やロッドなどを
叩いて、その音で眼に見えない亀裂などが
ないかどうか点検するための物です。
工具というよりは道具ですが
いまは縁あって私のところで
バイスの位置調整や
センターポンチ打ちなどにコツコツと
実物の機関車から模型の機関車作りへと
引退後のハンマー人生を送っています。
この写真では新品の軍手ですが
油や煤でよごれた手袋はすぐに洗って
常に真っ白い手袋をするのが機関士の心意気だそうです。
沿線で列車に手を振ってくれる人に
応える手袋がきたない時は
なんだか自分が恥ずかしい。
ある老機関士の言葉です。
バックは先日行ってきた尾道の渡し船の
船着き場の鉄板の地面。
フォトショップで合成。
影はブラシツールで描き込み。
右手でハンマー。左手でシャッター。
これが一番大変でした。
.
管理人:松本さんらしい写真と文章、有り難うございました。
絶対に今月は来ていただけると思ってました。(笑
さて、頂いた作品はどちらも肩の力を抜いた感じ。
2枚目の写真は、もう少し背景から離れても良かったかも・・・光はもっと硬く・・・
コントラストはもっと高く! 何て野暮な事はあちらに置き(オイオイ言ってるじゃん!)
その文章の力もあってか、安心して観賞することが出来ますね。
ST−E2も手に入れ、これで来月も楽勝ですね。
楽しみにしています。
31:06/21  ☆ぴぃ〜氏の作品:その2
「ヴィンテーヂなラヂオペンチ」 前作の「stripax on TANNOY CPA 5」を工具入れから出した時に忘れていた、というか ペンとかハサミと一緒の感覚で使っている年代物の「なんでもラヂオペンチ」です。 これは、私が物心ついた頃には既に父親が使っていた半世紀モノなのですが、 トンカチやピンセット代わり、出先での半田ごて台などラヂオペンチを超えた存在です。 ドライバとかハンダゴテなどは仕事先のものでも何とか使えますが、 ラヂオペンチとピンセットなど掴みモノは手の一部になってしまっているので、 必ず持って行きますね、そんな私の逸品です。 実はこのカット、AF調整後のチェックも兼ねて撮ったので、 先端に何か掴んでいます、分かりますか? 撮影データ:ISO800, 1/90s, F6.7, WB:Custom、3040x2016pix→600x398pix 照明:「Zライト」に「GE/HITACHI EFA13ED 3波長形昼光色13W」装着、 PE乳白レフ少々(無印刷コンビニ袋) ボディ:FUJIFILM FinePix S1Pro、 レンズ:TAMRON AF 70-300mm F4-5.6 LD MACRO (572D) プライベートブログ 「☆Heart de Kiss Graphity」:http://ktai.blogzine.jp/ . 管理人:エッ?これってヴィンテージなんですか! 私も持ってますが・・・・ 先端? すいません、近くのものが良く見えないタチで細い何かを掴んでいるようですが 判りません。(涙 さて、作品ですが・・・前作に引き続きコンビニ袋が大活躍してますね。 これは頂きのアイデアですね。(笑   背景の落ち方がとてもキレイですね。 ですが・・・背景のiPodとの連続性・・・僅かに希薄でしょうか。 ラジペンが素晴らしく撮影されているだけに惜しい。 液晶の窓部分にラジペンの後ろ姿が写っていますが、いっそのことこの写り込みを 利用する方法もあったかと。 (そのためにはもっと大きな透明アクリル板が必要ですが・・)
30:06/18  ☆ぴぃ〜氏の作品
みなさん初めまして、東京都墨田区在住の☆ぴぃ〜です。/ FinePix S1Proを使用しているんですが、 今年の正月明けに、なんと近くの公園でカワセミを発見! 当然のことながら超望遠にハマリこんでしまったのですが、 ブツ撮りでは気にならないフォーカスが後ピンだったり前ピンだったり… という訳で、フォーカシング調整関係を検索していて、 こちらのサイトに辿り着きました(前フリが長くてすみませぬ)。 参加されている方々が、毎月の「お題」を楽しんで「作品」を撮られている姿が 目に浮かんでくる素晴らしい「作品展」に、私も参加した〜いっ!!ってことで 早速、工具入れをチェック! ありました! 使い始めてから20年位は経っている?ハズの、丈夫で信頼性抜群の ワイヤストリッパ「stripax」出先に持って行ったり酷使しているモノなのに 年季が入ってナイ!で、味の出る画にならないので路線変更! 「マントヒヒ」というか「ダイナソー」な「顔」が 暗闇からニョ〜っと突き出たイメージで撮ってみました。 「stripax on TANNOY CPA 5」 撮影データ:ISO800, 1/90s, F8.0, WB:Custom、3040x2016pix→600x398pix 照明:「Zライト」に「GE/HITACHI EFA13ED 3波長形昼光色13W」装着 PE乳白レフ少々(無印刷コンビニ袋) 本体:FUJIFILM FinePix S1Pro、 レンズ:TAMRON AF 70-300mm F4-5.6 LD MACRO (572D) 「野鳥」「花」「昆虫」「無茶なレンズテスト」など、 ごった煮のプライベートブログを公開しています 「☆Heart de Kiss Graphity」:http://ktai.blogzine.jp/ . 管理人:☆ぴぃ〜さん、初めまして。初参加有り難うございます。 頂いた作品は、極めて完成度が高くスキルの高さを感じさせてくれますね。 ブログも拝見させていただきましたが、どれも丁寧に撮影されたブツ達。 シットリとしていていいですね。 正に正攻法。是非来月も参加お待ちしております。 追伸:久我山にもカワセミがいるらしいです。(笑
29:06/18  asa_k氏の作品
金槌 げんのう トンカチ なぐり 子供のころおじいちゃんの 金槌で遊んだことが 工具への最初の出会いかもしれません 男の子は大人の道具箱に憧れたものです カメラ・Canon A70 蛍光灯+銀レフ . 管理人:そうそう、子供の時分に初めて触る工具といえば金槌ですよね。 これは、チョット重そうですが見かねない味わいのある金槌ですね。 さて、ライティングも丁寧・・・と思ったら蛍光灯+銀レフですか。 やられましたね。(笑 でも・・・背景は? 蛍光灯2発でしょうか? もし一灯なら、凄腕ですね。 ・・・きっと一灯に違いない・・・そう思えてきました。
追伸:06/27 asa_k氏からのメール 新藤様 今月も掲載ありがとうございます。返事が遅れてすみません。 凄腕なんて書かれてしまうと大変恐縮なのですがご指摘通り蛍光灯1灯です。 よくあるアルミシェードのクリップライトで 日立のナイスボールV21W昼光色をいれたライト 300×400のフラッグフレームに堀内のディフュージョンを貼ったもの そして200×300のカポックに銀のシートを貼ったレフ、バックは白ケンです。 逆光にライトを置き左にレフを配置、床に白ケン イスにクリップライト ディフュージョンとレフをお互い持たれかかせて右手にカメラ左手に金槌 ライトはそのまま、物とカメラを動かしフレーミングとライティング。 金槌頭部下は白ケンの照り返し。 (ナリユキで撮りましたがハイライトは飽和していませんでした) お手軽というか、安易というかフィルムじゃこんなアプローチしなかったでしょうし 何枚撮っても不安が残るでしょうね。 コンパクトカメラなので右手が震えることもなく撮り終える事が出来ました。 金属部分にYが乗っていたのでB方向の補正で鉄の冷たさを出し 作品にはふだん使わないのですがUSMをかけ質感を強調しました。 今あらためて見るとボケ部分のエッジが立ってしまっているのに 不自然さを感じました。部分的にかければよかった・・・。 左上が若干落ちていたのでそれをもとに他のスミは後処理で落としました。 スターフルーツを小道具で初めて見た時自然の物とは思えなかった記憶があります。 白レフ、銀レフ、ハレギリ各種サイズ自作し用途に応じて使用しています。 日常で銀や鏡面などの処理をしてある平面物を見かけると つい反射させてみたくなるのは職業病でしょうか。 丸レフらも携帯には便利ですが四角のほうが何かと使いやすいし 年月が経つと銀が落ちてしまうのはどうしようもないのですかねぇ? また来月もよろしくお願いします。
28:06/17  札幌の菅原氏の作品:その2
新藤様 お世話になります、札幌の菅原です。 前回はラチェットを置き易い所に置いただけで深く考えずに撮っていました。 今回は光が一番反射している場所で撮りました。 撮影時はAWBにしていましたが、 現像時に何となく青っぽい方が良いかなと思い3000Kにしました。 車はアルファロメオgtv(2000年モデル)です。 内外装共に絵になる車であろうと思いますが、 素人同然の私ではどう撮影して良いか分かりかねている感じです。 (アルファ歴は10年なんですけど…笑) EOS10D+28-70(48mm) 光源 蛍光灯+自然光  RAW WB 3000K 13秒 F22 . 管理人:菅原サマ、お待ちしておりました。有り難うございます。 さて、今回の作品です。前回と比べると随所に工夫が見られます。 ブルーに振ったことも良い考えでしょう。 が・・・矢張りエンジンが勝っている?感じがします。 ラチェットを置く場所ですが、ヘッドカバーと平行になっているために存在感が 希薄になっているようです。また、フレーミングで言えば更に寄ったほうが良いかも。 この組み合わせで撮影することは意外に難しいことなのかも知れませんねえ。 では、私ならどうする? 先ず工具には十分にハイライトを写り込ませ存在感をアピール。 (飛ばしてしまうほどのハイライトは必要ありません。)エンジンはグッとダークに フォトショップ上で焼き込みダークな雰囲気にする。 若しくは、ラチェットはボディ全部が入らなくとも良いわけですから、空中に浮かせる。 (手でもつか、何かに固定する。)そうすることで照明のしやすさや、コントロールが 格段にアップするはずです。 エンジンもラチェットもどちらもフォトジェニックなものですが それが正面からぶつかってしまっているということでしょうか。

追伸:作品展は一月に2点までですので、今月の菅原さんはアガリですが
もし、更に工夫をして撮られるようなことがありましたら、個人的に送って下さいね。

北海道でアルファですか。気持ち良さそうですねえ。
27:06/16  中野のS氏の作品
ごぶさたしております。中野のSです。 今月は少し時間がありましたので、工具の写真を...と 思いましたが、手元にまともな工具がありません。 ふと見ると機材用の六角レンチが一本ありましたので撮影してみました。 またまた、力の抜けたような携帯写真ですがよろしくお付き合い下さい。 ●データ ・A5055SA     メガピクセルサイズ(100万画素)  ファインモード  モノクロ特殊効果  あかるさ調整 -2   ・モデリングランプ使用(ソフトボックス) ・レベル補正、リサイズ -------------------------------------------------- ちなみに、マクロ機能では30センチ程度までしか寄れない為、 今ではほとんど使わなくなったライトビュア用のルーペを携帯電話に 貼り付けてみました。(写真) これで5センチ位まで寄ることができます。しかし人前で見せたくない代物ですね(笑)

管理人:成せばナル。ワンダホーですね。
先ず、被写体の選択。目のつけどころが素晴らしい。
そして、六角レンチ一本をここまで美しく撮ることはS氏の感性の高さの現れでしょう。
背景の感じも素晴らしいですし、文句の付けようが無いですね。
しかも、携帯デジカメですよ。恐れ入りました。
.
追伸:自宅のwin機のメールがここ数日不調のようです。そのトバッチリで
行方不明になってしまうメールも有り得ます。投稿したけど音さた無し何て場合には
もう一度送って下さいね。
26:06/14  伊藤裕一氏の作品:その2
新藤様 お世話になっています。 二作目の写真をお送り致します。 撮影前の下準備という設定でしょうか、商品撮りする方は皆さん持っているでしょうね。 使用ライトは5WのLEDを一本使い、長時間露光でライトを移動しながら撮影しました。 撮影データーはハッセル、40mm 、F22 タイムは1分前後、H20使用。 ではよろしくお願い致します。 伊藤裕一 http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html . 管理人:久しぶりのH20ですね。しかも光源が5WのLEDですか。 移動させながらの照明とは高度な技ですね。 撮影に時間がかかあることとは辛いですが、一枚ずつ微妙に違った作品ができ上がるはずで 面白くもありますね。この様な技はデジタル様々ですね。 今回の露光時間約一分・・・へえ、H20はノイズが少ないのですか長時間露光でも・・・ 初めて知りました。 ところで、私もグルーガン(写真上左)を中小2台持っていますが最近登場する機会が 激減してます。 アルミのワイヤーも2mmと3mmを持っていてホント昔は良く使用しましたがこれも 近頃ご無沙汰です。難しい撮影が最近少ない?? . 追伸:アルミでしょうか?不定形のゴツイ金属板。カッコイイですね。
25:06/13  尾苗 清、氏の作品:その2
新藤様 何時もお世話になっています 仙台の尾苗です。 工具の2枚目送らせて頂きます。 困った事に ドチラにしようか.................。 判断付かず煮詰り過ぎて焦げてます(笑 どうしましょ? カメラ:S3-Pro レンズ:Nikkor 18-35mm 絞り値:f/4.8 速度値:1/60sec ISO:200 光源:SB-800をM-modeで壁バン AWB バイクは友人のKawasaki-900R 何卒宜しく御願い致します。 http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/ . 管理人:勝手ながらこちらの作品を選びました。 まるでスナップのような肩の力の抜け加減が、何だか気持ち良い。(笑 一作目と対称的でしょ。 しかも今月的には初めてのテイスト。 ブツドリっぽい作風が多い中にあってこれもまた良し。 そう思いました。
24:06/13  菅野 正文氏の作品 
新藤様 お世話になります。 よく名前がわからないのですが、金切りばさみ?撮りました。 撮影物より、背景を色々考えていたら、 その日着ていたデニムの上着になってしまいました・・・。 宜しくお願いします。 20D+28-70mm  大型ストロボ1灯 ----------------------------------------------------- 菅野 正文 http://www014.upp.so-net.ne.jp/ito-digital . 管理人:チョット懐かしい金きり鋏ですね。 錆びたサマが鉄の味を出していますね。 このハサミを選択したことは素晴らしいですね。 ですが・・・背景は微妙・・・ 大分その辺りでは悩まれたようですが、ハサミとの関連がチョット薄いかも。
23:06/13  n.u.氏の作品 :その2
進藤さま、お世話になります、n.u.です。 今回、個人的に苦手科目でしたので、自主トレをかねて二つ目を作ってみました。 Knipex(クニペックス)のプライヤーを撮りました。 前回の『snap-on』がアメリカらしいメッキ仕上、 今回はドイツメイドらしい梨子地仕上げの工具です。 両者を比べると、お国柄が出てるんじゃない?と 妙に納得してしまう自分がいたりします。 では、よろしくお願いいたします。 http://nuphoto.exblog.jp/ . 管理人:n.u.さま、2作目有り難うございます。 あら、これはプライヤーなのですか? 自在スパナの様なもの?? 初めて目にしましたが使いやすそうですね。 さて、頂いた作品は左サイドからの光でメリハリが利き、立体感の表現が素晴らしいですね。 また、背景に使用したパンチングメタル、とてもマッチしてますね。 但し、プライヤーと背景の濃度が残念ながら近すぎてプライヤーがやや埋没している・・ 惜しいです。 もう少し背景の明暗に注意を払えば更に素晴らしい作品になったのでは ないでしょうか。
22:06/13  横田 博史氏の作品 
新藤さま 2ヶ月ほど宿題提出をサボっておりました。 ピーマンと野菜で、なかなかひねりの利いた写真を思いつくことが出来ませんでした (^^;) 今月のタイトル: 「撮影後計測」 カメラ: ニコンD100 レンズ: ローデンシュトック ロダゴン80mm f4 (引き伸ばしレンズですが、撮影に使用しても 充分 シャープですし、暖色系の発色が魅力的ですね。) ニコンキャプチャーで明るさを調節しています。 光源はいつもの北窓自然光です。 金属の光沢を出しながら 白飛びしないようにするのは難しいですね。 やってみて コマーシャルフォトグラファーの方々の技量の高さを実感しました (汗)。 ところで 「ブログ・夢花」移転いたしました。 容量いっぱいになってきたのと ブログのデザインを 一新したくなりまして。 新しいブログ・夢花2で 今月はバラ特集をやっております。 http://yumehana2.exblog.jp/ . 管理人:レンズにこだわる横田さんらしい作品有り難うございました。 さて、ハイライトの話です・・・ 正直に告白すれば、一灯で全てを賄うことは少々無理がある場合があります。 (やって出来ないことはないのですけどね。) 私は、ハイライト用に別に一灯ライトを追加する方法をシバシバ行います。 (月例作品展で2灯使用することは希ですが) 太陽は一つと良く言いますが、写真のラチチュードと人間の目のラチチュードの差は 如何ともしがたく、その辺りを補うためには2灯目を使う必要が出てくるわけです。 もっとも失敗しない方法は、環境光に近い使い方で1灯。 そしてハイライト用に一灯。 更にレフを使用することも良くありますね。 また、コントラストを得るために黒で締めることも良くあります。 この方法ならば、自然な感じで光をコントロールできると思いますよ。
21:06/12  草野氏の作品 
新藤さま こんばんは。吉祥寺の草野です。 なかなかフォトジェニックな工具がなく、結局普通のハサミです。 RAW現像の際にホワイトバランスを下げて周辺光量をわざと下げました。 背景はレフ版です。ちょっとモアレっぽくなっていますが。 EOS 10D EF28mm ISO100 f8 1/200秒 ストロボ+傘 よろしくお願いします。 これからも頑張ってください。 草野 http://taikopon.jp/ . 管理人:極くありきたりのハサミとクリップ。これは工具ではなく文具じゃん・・・ 何て話はあちらに置き、この組み合わせでここまで仕上げた努力に拍手です。 キレイなものがキレイに写ることは当り前ですからね。(それを探すことも腕のうち?) RAW現像時に色温度をいじることは私も良くする手ですし 背景の明度を触ることもショッチュウです。 困ったときのフォトショップでもありますよね。 お疲れさまでした。
20:06/12  イトケー氏の作品 
新藤さま。こんにちわ。イトケーです。 今月もよろしくお願いします。 タイヤ交換用に買った安物トルクレンチ(たしか3980)。 トルクの精度はあまり期待できませんが、ニッケルメッキの 柔らかさがナットに優しそうで結構お気に入りです。 EOS-20D、EF100/2.8MACRO/f32 西窓を背にした自然光、 レベル補正、彩度落とし、トーンカーブ、 背景覆い焼き少々 http://www5d.biglobe.ne.jp/~monokuro/ . 管理人:自然光ですか! テカリもののうえに全てを写し込んでしまう曲面。 恐れ入りました。自然光侮れずですね。 全体にスッキリとして好感が持てますね。 オッ! 絞りはF32ですね。 通常ここまで絞り込むと解析現象のために描写が甘くなりがちですが 如何でしたか? (このサイズでは気にならないと思いますが・・・) また、些細なことですが上部に配置されたラチェットは頭部が全て見えていたほうが ヨカッタか? 
19:06/12  長崎のタモ氏の作品 
はじめまして。ハンドルネームは『たも。』です。よろしくお願いします。  私の本業はクルマ関係の仕事をしてますが、前職が写真業に携わり10年ほど シャッターを切っておりました。 長らく写真をは無縁の生活を続けてたのですが、EOS10Dとの出会いでまた写真を 撮る様になり2台目のカメラEOS1DsMK2を購入してからは、個人的に地元企業の広告写真を 引き受け、本業が休みの日に撮影をするセミプロみたいな撮影をしております。 自称『兼業カメラマン』←これを素人と呼ぶんですね(笑)  写真は普段使っています『相棒』です。工具箱を全部ひっくり返して 写真に納めたかったのですが、取り留めのない写真になりそうなので、 普段よく使う工具を中心に選びラチェットの駒は彩りとして置いてみました。 バックを悩んだあげく、スナップオンの『これが使える』というコーナーで私の記事が 使われた際に粗品として頂いたジャンバーを床に置いてアクセントとしました。 ありきたりの写真になりましたが、写真にも工具にも携わる者として 一枚送らせて頂きたく思い応募させて頂きます。 . 管理人:タモさん、初参加有り難うございます。 この様な撮影の時、沢山の工具を並べすぎないことは大事ですよね。 好判断だと思います。 コメントには照明について説明がありませんが、左側のスパナのハイライトは僅かに強すぎ ですが、金属の光沢感が良くでていますね。 また、背景のジャンパーは正にピッタリ。(これはお宝ですね。) . 一度写真から遠ざかり、再びデジカメで写真を始められたとのこと、お目出度うございます。 10D+1Ds2ですか。本気モードですね。 来月も是非参加して下さいね。
18:06/11  雨宮秀也氏の作品 
新藤様 いつもお世話になっております。 工具ということでアーミーナイフが載りました。そういえば僕も持ってます。 これはいろんなバージョンがあって最近はUSBメモリー付もあります。 こうなるとなにが自分に必要なのか迷ってしまいます。 これは15年ほど前に当時流行の海外通販で買ったものです。 僕のはハンドルをあての木で自作して拭きうるしを施しました。 大変便利なのですが最近は旅に同行しません。 ワイン抜きの無いモデルなのです。浅はかでした。 撮影データ Canon 20D EF50mm F1.4開放.1/250sec.ST-E2.550EX. ナイフブレードの写り込みは別撮影で合成してます。 フィルム時代の多重露光に比べると格段に楽になりました。 ハンドルのシャドウ側も暗かったので明るめの画像を部分的に合成。 でも、素直にレフを立てるべきでした。 論語読みの論語しらずですね。     雨宮秀也 http://www.hibihana.com . 管理人:上手いところを攻めてきましたねえ。(笑 三位一体、ナイフと使い込んだ手袋と何だか判らない背景・・・ 如何にも雨宮さんチックですね。 しかも、何気なく見せておいてきっとフォトショップを酷使しているに違いない?? っで・・・この背景は何??? . 追伸:手袋の存在感が物凄いですね。ナイフを食ってる??
17:06/11  平井伸造氏の作品 
今月は20年以上使っている愛用のカナズチです。 今回の撮影のおかげで、普段なんでもなく使っているこのカナズチが妙にい としい物に見えてきました。Do it で買った安物ですがね。 撮影は生成りの紙バックで俯瞰。あとでCSでバックに変化をつけるつもり でしたが、あれこれやってみて、どうも違うなあと思い、今回も色とレベル 補正のみです。CANON10D、EF28-105mm、JPG。 次回のテーマは何でしょう。楽しみです。 ****************************** 平井伸造 http://www008.upp.so-net.ne.jp/hirai-s/index.html . 管理人:平井さんらしい優しいトーンですね。飛ばず潰れず・・・ 硬くて武骨で重いはずの金槌が、軽やかで爽やかです。 私の16番の作品がヒストグラムで言えば0付近から〜255まで使い切っているのと 対照的な絵作りですね。   これは、作者の個性や好みが反映されているわけで、どちらが良いとか悪いという   レベルではありません。 また、被写体が極く普通のシンプルな金槌を選択し、それを上手に料理されたことは とても興味が湧きますね。 . 補正は色とレベル補正とのことですので、シャドウ部を明るめに処理されたのでしょうか。 お疲れさまでした。
16:06/10  新藤修一の作品 :その2
スイマセン、懲りずにバイスグリップです。 しかも親子・・・ . EOS1D2+EF50/1.4 大型ストロボ一灯+45cm角銀レフ   右手に1D2、左手に銀レフ・・・・勿論手持ち・・・(笑 背景は野菜でも使用した地球紙。 背景のボケ方が不足していたのでフォトショップ上で更にボカシ、明るくしました。 その結果、背景とバイスグリップの明暗差が十分に稼げ、気持ち良さ度がアップした のではないでしょうか。

追伸:06/11 因みに、左の画像がRAW現像直後の元画像です。

15:06/10  大阪の山本氏の作品

お世話になっております。 大阪の山本です。初めて月例作品に参加させていただきます。
カメラバックの底にひっそりと忍ばせている十得ナイフを
工具と称して撮影させていただきました。
撮影は、男らしくSB28DX一灯でレフもつかってません。
NikonD100 ,  24-85mm , 1/50,  f9.0  , ISO200
Photoshopにてトーンカーブとアンシャープ
.
管理人:山本サマ、初参加有り難うございます。
スイス製アーミーナイフですね。
私も持っていたはずなんですが何故か今は見当たりません。残念。
カメラマンの方なら一度は購入経験があるのではないでしょうか。
さて、頂いた作品。思いきりが良いですね。
見切り方が大胆。
  個人的にはこんな風にフレーミングしたいと思いつつ、ナカナカ現実には
  難しいものなんですよね、外圧で・・・(笑
コントラストが気持ち良い。
背景もマッチしていますね。
明るくウオームなトーンも心地よい。
あらま、SB28DX一灯でレフも無しですか。
確かに男らしい。
一灯ですとその辺りのコントロールが結構難しく、苦労されたのではありませんか?

14:06/09  札幌の菅原氏の作品

新藤様 こんばんは。
札幌の菅原です。月例作品投稿は初めてです。
Betaの1/2ラチェットをエンジンルームに置いてみました。
光源は車庫の蛍光灯+自然光です。
EOS10D+EF28-70mmF2.8L+三脚
RAW AWB ISO200 15s F16
.
管理人:菅原サマ、初めまして。
ずばりメカっぽいハードな作品ですね。
エキゾーストパイプでしょうか・・一体車種は何? 
一枚の写真の中に多くの情報があることに驚かされます。
更に照明が車庫内の蛍光灯+自然光であることでもビックリ。
でも、惜しいことが一つ。
僅かながらラチェットがエキパイに霞んでいる。
(もしそれが狙いでしたなら、お許しを)
ホントに惜しい。
時間が許せば、もう一度トライしてみませんか・・・是非。
12~13:06/09  fss2301氏の作品
新藤様、先月はいろいろとあってお休みをさせていただきましたが 今月は月例作品を提出させていただきます。 1枚目:小型多機能 工具というより、ステーショナリーグッズ的な物ですがスケールの他 ドライバーやナイフなど8機能を内蔵しています。 今回、初めて白バックでやってみたのですが どこにでもありそうな写真になってしまいました。 D70 + SIGMA 28mm F1.8 絞り優先f10 1/1.6sec AWB 三脚使用 フォトショップにてレベル調整、一部を修正&ボカシ 2枚目:年季 5年ほど前に大工を引退した親父が、一番よく使っていたのが、この玄翁(げんのう)です。 ひびが入った柄の部分に補修をしながら40年ぐらい使っていたようで、 おそらく200万回以上は釘を打ったり、何かを叩いてきたはずです。 今回は親父に持ってもらってごくシンプルにスナップ撮影してみました。 大工をやめて日が経つので、親父の手も今では普通の手になりましたが、 当時は手のひらがマメだらけでゴツゴツしていたのを今でも覚えています。 この玄翁も、もうしばらくで形見となりそうです。 D70 + SIGMA 28mm F1.8 絞り優先f1.8 1/30sec AWB フォトショップにてトリミング&彩度ダウン ところで、話は変わりますが、先月半ばまで後ピンに悩まされておりました。 SIGMA300mmF2.8、D70本体と続けて点検に出しても直らず、 結局自分でD70を調整しました。 MFはOKで、AFでのみ後ピン(もしくは前ピン)という場合は AFセンサーへ光を導くミラーの角度をいじるだけで調整できやってみると以外に簡単でした。 もちろんこれは自己責任となりますから、誰にでもお奨めできるわけではないですけど。 WEBネーム:fss2301 http://fss2301.dyndns.org/dc_up/dc_up02.html . 管理人:fss2301さん、今月も参加有り難うございました。 頂いた作品はどちらも良いと感じます。 一枚目もシンプルで、飽きが来ないもの。基本がしっかりとしていて 安心感があります。 二枚目、これはもう何も私が軽はずみなことは言えない存在感がありますね。 40年間使い続けた玄翁ですか。200万回以上ですか・・・・ 気が遠くなるような時間ですね。その玄翁は殆ど家宝でしょう。 また、オトーサマの自然体の手も素晴らしい。 背景もさりげなく美しい。 言うこと無しです。 . ・・・私の息子達が、【これがオヤジが生涯使い続けたカメラです】って言えるような カメラを私は持っているんだろうか。 エボニーは多分これからも手放さない。でも最早登場することは無いかも知れない。 ミノルタCLE、名機だ。でも同じく使用することは無い。 時代が多少違うとはいえ、チョット寂しい。

.
11:06/09  福岡の O氏の作品
新藤さま こんばんは。 福岡の O です。 昔、よく高い所に登っていた頃に使用していたものです。 高所恐怖症ではありませんが、今はとても登れません。 (体重がかなり・・・増・・・) 「安全帯は工具か?」と言われたら困るのでレンチを 添えています。 でも、安全帯が目立ちますね。 よろしくお願いします。 カメラ : D2x レンズ : AF Nikkor 28mm 1.4D 絞り  : F8 . 管理人:安全帯は工具と呼んでいいのではないでしょうか。 (工具売り場にありますので・・) 頂いた作品です。雰囲気は十分にあると思うのですが、敢えて言わせていただけば 主役が安全帯になり切れていない・・・かな? 元々主役としてはやや存在感が希薄かもしれませんが、その辺りを更に突き詰めたら もっと良い作品になったのではないでしょうか。   って、口で言うのは簡単ですね。   このロープの部分の使い込まれた感じをもっと強調するような方法でしょうか。   意外なモノに目をつけられ、それが脇役ながら良い味がありそうなので   つい余計なことを書いてしまいました。お許し下さい。 オッ、D2Xですね。そしてAF28/1.4。D2Xの感想も今度下さい、是非!
10:06/09  関 行宏氏の作品
新藤様  いつも楽しい企画をありがとうございます。先月は「参加することに意 義がある」とばかり、ねぎ畑のスナップでごまかしてしまい失礼しました。  工具、工具…と考えていたときに聞こえてきた、Intelへ路線変換するとのAppleの発表。 ああ、そういえば物置に古いMacが寝ていたなと、えっちら取り出してきました。 古いユーザーならご存知かと思いますが、一体型Macを開けるには専用の工具が不可欠でした。 ヘックスツールの反対側には筐体をこじ開ける丸い板状の治具がついています。  1987年発売のMac SEはFDモデルが定価598,000円。秋葉原のイケショップで買って、 20kgのバッグを担いで電車で帰りました。漢字Talk 4.1が720kBのFDに収まっていた頃です。 その後ImageWriterやHDD、モデムを揃え、いつしかMACLIFE誌のレギュラーライターを やっていたりと、懐かしい時代が蘇ります。 EOS-1D + EF100mm/F2.8 macro 窓からの自然光+レフ起こし (シャフト部分の写しコミがヘタですね) CANON DPPにてRAW現像、色温度調整、露出調整 (筐体が黄ばんでいたため少し青めに補正しましたが、 もうちょっとアイボリーぽかったかも??) ピントを変えて撮った先端部分をPhotoshopで合成  よろしくお願いします。 関 行宏 http://www.sekitechnologies.com/index.html . 管理人:付け焼き刃の私とは大違い、筋金入りのマカーですね。 思い起こせば、何時の時代でもハイエンドモデルは50万以上が相場でしたが 大分安くなってきたというべきなんでしょうかねえ・・・ さて、intelのCPU採用、これが吉なのかどうか、それもアップルではなくユーザーに とってメリットが十分にあるのかどうか、それが問題ですよね。 頂いた作品のヘックスツール、その時代の流れを感じさせる一品ですね。 お疲れさまでした。
9:06/08  n.u.氏の作品
進藤さま 毎度、お世話になります、n.u.です。今回の御題、難しすぎます、泣きがはいります。 堅いもの苦手、やわらかいのがスキ(笑。で、あれこれ考え、大きくなっちゃた男の子の 憧れ、『Snap-on tool』の写真です 質実剛健、永久保証、そして高価(今はそれほどでも無いか) 写真後方、ラチェ?の後ろにあるプライヤーが頑丈で壊れないと プロの間で評判を呼び、現在の日本での市場を獲得したそうで、 これを貸してくれた友人は「これを一緒に写さないと」と、熱く語っておりました 写真のイメージは、おとなこどものガレージ、23:48 て感じでしょうか? この奥には、どんなマシンが鎮座ましましているのでしょうね?なんちゃって あ、そうそう、私も流行に乗ってみましてBlogはじめました http://nuphoto.exblog.jp/ 毎日、写真とだらだらな文章、更新中ですぜひ、覗いてみて下さい。 . 管理人:工具といえばSnap−on、定番ですね。 今も絶大なる存在感を示していますよね。 さて、頂いた作品。Snap−onの硬質な高級感が良くでています。 上部の赤いboxと赤い布も効果的です。 ・・・このboxですが開いてツールと組み合わせる方法もありでしょうか。 追伸:Blogの開設お目出度うございます。 早速お気に入りに追加致しました。
8:06/07  永岡正臣(SHOU)氏の作品
新藤修一様 オフ会に参加いたしました、永岡正臣(SHOU)です。 その節は楽しい時間を創っていただきありがとうございました。 その時に感じたのですが、カメラマンて本当に個性がある人間なんだな〜と! 遅ればせながら、今回初めて月例作品に応募させていただきます。 今回のテーマなんですが、用事があり家の裏を歩いていたところふと棚に目が留ったのです。 色々な物が無造作に乗せられているその中に今回の物が置かれていたのです。 歴戦の強者のように使いこまれた鎌、柄の取れた包丁、土や泥や錆びのついた道具をみて、 オフ会の時に感じたようなそれぞれの個性を感じたのです。 道具というのは使い込んでいけばいくほど味がでてきますね! 応募データ作り方間違っていたら申し訳ございません、その時は教えてください。 よろしくお願いします。 データ カメラ:EOS10D 撮影データ:ASA100 F11 60/1sec ST-E2 EX550×2 Rowデータからjpeg変換 . 管理人:長岡サマ、オフ会への参加有り難うございました。 また、作品展への初参加有り難うございます。 今回頂いた作品に写されている工具達、歴史を感じさせますね。 その錆や摩耗に見事にその持ち主が現れていますよね。 こんな風に年をとれればよいのですが・・・ 現実はナカナカに厳しいものですね。
7:06/07  廣畑 勝則氏の作品
新藤様 こんにちは。初夏のような暑さ、仕事の息抜きに撮りました。 工具ということですが、工作好きの私にとって一番よく使うのがこのリョービのドリル。 先端をサンダーにしたり、はたまたプロペラで扇風機にしたり大活躍! よろしくお願いいたします。 DCS760 PCマイクロ85mm Shutter: 1/15 Aperture: f13 ISO Speed: 100 ■■■■■■■■■■■■■■■ グラフィックデザインエディット 廣畑 勝則 http://www.sarumac.com/ . 管理人:ハイライトの立ち方が見事です。ドリルの躍動感も十分で美しいですね。 回転音と僅かなオイルの匂いを感じさせます。 有り難うございました。
6:06/04  福岡のTTH氏の作品
 新藤様お世話になります、2度目のチャレンジです。 新藤様より過ぎたお誉めの言葉にプレッシャーを感じながらも 楽しく撮影出来ました。工具と言えば『男の料理』って事で。。。 卵8個に、のこぎりボロロ。。。 D70 105mmマクロ ストロボ2灯 . 管理人:こ、これは・・・!! 何もここまで・・・・・・!!(笑 さすが男、或いは漢!! 仕掛けはともかく、光り物と生もの、そして炎、更に湯気(煙り?) ホント盛りだくさんの難しい素材を料理していただけました。 タマゴ8個が犠牲になってしまったのですね。   その8個は無事に胃袋へと運ばれたのでしょうか・・・   その辺りが僅かに不安。 勝手ながら努力賞を差し上げます。
5:06/04 wk2g氏の作品
新藤様 いつもサイトを楽しく拝見させていただいています。wk2gと申します。 先月は一回休みで、今回で三回目の応募になります。 今回のテーマ、工具と言うことで、ワイヤーストリッパー(多分こう 言うのだと思います)を撮ってみました。文章で書くと分かりにくい かもしれませんが、皮膜で覆われた線をコの字型になっている部分に 通して、柄を握ると刃が降りてきて線を挟み、皮膜が簡単に剥けると いう優れものです。スピーカーケーブルを剥くのに買ったのですが、 実をいうとあまり使っていません(汗)。芯線に傷をつけずに剥ける事 自体は良いのですが、これで無理な芯線のプラスマイナスセットの線 を剥くのが大変なんです。。。撮影機材はEOS20D+EF100mm F2.8 マ クロ USMです。あまり凝らずにさっと撮ってみました。ではよろしく お願いします。 . 管理人:初めて見るタイプのワイヤストリッパーですね。(勉強不足・・) スピーカーコードなどのような線を剥く場合には、予めカッターなどで センターに切り込みを入れ一本ずつ剥くと良いですよ。 ・・・と言っても私はカッターで全てのコードを剥いてしまいますが・・・ さて、作品。 窪田さんに続いて直球ですね。 4月の赤ピーマンと比較するとインパクトにやや欠けるか?? この工具で何を見せたかったのかがもう少し判りやすければ尚良し。 とは言え、毎回全力投球も疲れます。 凝らずにさっと撮ることもとても大事であることも事実ですね。 お疲れさまでした。
4:06/02 窪田勇氏(目黒のK氏)の作品
新藤さま 先日のオフ会お疲れさまでした。今月のお題送ります。 うちのスタジオもやっと遅ればせながらST-E2買いました。 そのテストも兼ねて撮影しました。 工具箱から一つ見つけてスタジオの箱に立てかけ580EXを サイドにセット。トレぺでディフューズ。カメラの設定はsec1/60,F8だけ決めて フォーカスを会わせてから電気を消し露出も撮らずに撮影。 本当にこれで良いの〜って感じでした。 自分の実家には年期の入った工具が沢山あるのでもう一度挑戦します。 ではよろしくお願いします。 EOS20D, 100mm-macro, F8, 1/60, ISO400, 580EX+ST-E2, http://www7.ocn.ne.jp/~st-m2/ . 管理人:窪田サマ、ST−E2御購入お目出度うございます。 あまりの簡単さに拍子抜けされたんではないでしょうか? 今まで露出計やらカラーメーターやら儀式が多かったと思いますが ほんとST−E2+580に慣れてしまうと病み付きになりますよ。 . さて、頂いた作品・・コントラストが美しいですね。 堂々の直球勝負ですね。 ご実家の年季の入った工具、是非是非お願いします。 2作目が楽しみですね。お待ちしております。
3:06/02 尾苗 清、氏の作品
新藤様 毎度お世話様です。仙台の尾苗 清、です。 今月はペース早そうですね..............。 早速一枚目お願い致します。 まずブツの説明から(笑 スイスrubis社製のシザース(本来は爪の甘皮切り用) 6年程前、日本橋の「木屋」にて購入(¥4,800ー高っ!!!!) フライ(西洋毛針)を巻く際に使用しています。 ホコリの繊維一本でもスパッ!っと切れる切れ味は背筋が凍る程(大袈裟では無 く本当に) ハサミは工具?と思いましたが勢いで撮っちまいました(^^ゞ 取り敢えず最初はコレで宜しくお願い致します。 カメラ:D2X レンズ:AF-Zoom Nikkor Macro 70-180mm 絞り:f-5.6 シャッター:1/6 光源:モデリング200w スポット(青い光):LED(実は夕方の釣り用にマニアックな奴を5個程持ってい たりする)http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/ . 管理人:美しいハサミですねえ!!そしてそのフォルムを見事に丁寧に 切り取りましたねえ。・・・見ていて飽きません。ウットリ。
2:06/01 新藤修一の作品
被写体は木工用バイスとバイスグリップ。 バイスグリップは渋谷ハンズのオープン時に購入したものなのでかれこれ30年近く 私とともに生きてきたわけですね。 ちょっとティラノザウルスにも似た不格好なデザインがオチャメ。 これはとっても優れ物、是非一つあるといいですよ。   とは言え最近小道具の製作や、加工することがメッキリ減り出番が余りない。 . さて、最近の私の作品・・・画一化している? これはいけない。 仕事ではなく、自由に取り組むべきものですので2作目は気持ちを入れ替えて 頑張りますのでお楽しみに。 . EOS1Ds2 TS−E45mm F14 大型ストロボ1灯+アルミレフ . 追伸:バイスグリップは一度挟んだら逃さない。小型自動万力の様なもの。 私は大小2コのバイスグリップを持ってます。
1:06/01 伊藤裕一氏の作品
新藤様 お世話になっています。 先日はオフ会ご苦労様でした。 楽しい時間を過ごさせて頂きました。 今回の写真は悩まず、早く終了しました。 何時もはお題が決まり、どんな品物を撮ろうか悩み、次は背景を悩み、 最後はライトで悩みですが、今回は逆に考えて見ました、と言うのも、先週ですが 銀座の某プロショップで大型ストロボ用の、ヘッドとスポットライトを衝動買いした もので、今月はこのライトを使おうと心に思っていました、 後は適当に背景を選び、工具箱の中からガラクタを引っぱり出し、 終了まで15分程のスピード終了という所でしょうか。 今回ちょっと思ったのですが、逆転の発想で、こんなライトを使ってと言うお題は どうでしょうか、例えばみんな持っている懐中電灯を使うとか。 (駄目ですね直ぐネタ切れかな)ではよろしくお願い致します。 撮影データーですが、20D, TS-E 24mm 、F14 ,6秒   光源は 出力1700WS でスポットライト一灯と画面内の懐中電灯です。 伊藤裕一 http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html . 管理人:先ずは1番、お目出度うございます。 ストロボ用スポット・・・ウチにもあるのですが暫く忘れていました(笑 が、スポットを使用するとライブ感があって良いですね。 伸びた影が心憎いですし、コントラストも気持ち良い。 レイアウトも15分とは思えません。流石です。

2005/06/30 Deep Blue。
先日新聞に【Deep Blue】のDVDの15段広告が載っていまして
カミサンが東北新社に問い合わせをしたらしいのですが、勧められたのはamazon.com。
   20%オフの上に送料無料。
お昼辺りにネットから注文を出したようですが、その日の夜8時位には家に届けられたそうです。
因みに3時までの注文なら、その日のうちに届けるとか・・・
あのアスクルでさえ11時までの注文が当日配達のリミットだった記憶があります。
アマゾン恐るべし!!
さて、問題のディープブルーです。
昨夜早速見てみましたが映像は確かにキレイです。
海中で良くこんな動物達が撮れたものだと感心します。
大変な苦労があったに違いありません。
   オマケのDVDにはお約束のメーキングストーリも入っているはず。
でもね、ウチのショボイ29インチテレビのためなのか涙が出るほどじゃあ無い。
それからベルリンフィルの奏でる音楽が、イマイチ合ってない。
感覚が何かチョット古い感じがします。
いっそのこと自然界の音だけで構成したほうが良かったんじゃない??
   DVDなら出来るでしょ??
まあ、全部見たわけじゃないんでこれ以上のことはまだ言えず・・・
・・・深海の生物達は何だか凄いね・・・
などと言いつつ風呂に入ってしまった私でした。トホ。
2005/06/29 Sigma 30mm/1.4 をテストした。
話題のSIGMA 30mm/F1.4です。
左は蹴られることを承知でEOS1D2に取り付け
F5.6で撮影したもの。
四隅が若干蹴られますが、寄りでの撮影ならば
イメージサークルは拡大しますのでギリギリセーフということは
有り得ます。
こちらは、更に無謀にもEOS1Ds2に取り付け撮影したもの。
ここまで来ると単にイメージサークルのチェックでしかありませんが
念のため。
上の4枚、さあ、どれが何?
一番左は、1Ds2+EF50/1.4開放。右上が20D+SIGMA30/1.4開放。
左下は20D+SIGMA30/1.4を絞り2.8で撮影したもの。
右下は20D+EF28/1.8開放。
こうしてみるとSIGMAは結構立派でしょう。
  このサイズでは判断付きかねるかも知れませんが、EF28のボケは余りキレイではありません。
  色収差も目立つような感じがします。
シグマは開放から解像感も十分あるようです。最短撮影距離が40cmはやや物足りない部分ではありますがギリギリ許しましょう。
AFスピードに関しては速いという印象はありませんが間違いなく静かです。
歪みはありますが僅かなタル型で、非常に素直な歪みですので補正も容易でしょう。
でも問題が一つ。私のボディとに組み合わせではピントが物凄い前ピン・・・
一度交換したにも係わらず激しい前ピン・・・
20D+EFレンズとの組み合わせではAFで十分使用出来ていましたので困ったものです。
暫くはMF時代を思い出し、使ってみようと思います。
(次のロットが入るころに、もう一度交換してもらうか・・・)
  某掲示板での30mmの評価を見ますと前ピン現象は出てきていないようなので
  私のボディだけに限ったことなのか・・・不明です。
  が、明るいレンズは絞りを開けて使用したいもの。
  絞って使うなら28/2.8の方が小型で軽量、しかも安価。
一つメリットは、静物ならばMFでも何とか使える! これが判っただけでもメッケモノか。
  いや、私的には視力に限界を感じ始めているのと、もうMFは無理か・・・何て考えていたもので・・・
このレンズの印象はデジカメ日記の方にも上げてあります。興味がある方はどうぞ。
この2枚は先程のEF28(左)とSIGMA(右)の画像(どちらも開放絞り)から切りだしたもので 手前から2本目3本目のボトル部分です。 SIGMAの素直さが十分に判断できるのではないでしょうか。 ケチもつけましたが、これは20Dや10D、キスデジに組み合わせるに正にピッタリのレンズと呼んでよいと思います。 写りは悪くないですよ。(段々心の中での評価は上がってます。・・・笑)
2005/06/24 Sandisk Extreme3 x133倍速CFカードをテストした。
今回は、3種類のCFメモリーが揃いましたので改めてテストしてみました。
目玉は何と言ってもサンディスクextreme3。133倍速を謳います。
始めは100MのTIFファイルの書き込みです。
カードリーダーはLEXAR製(firewire)です。
  PCはmacG5 1.8Gdualです。

■HITACHI      4G  MD                       22.5s
■Transcend 1G  X45                     17.8s
■Sandisk       2G  X133  Extreme3    7.9s
.
Extreme3が圧倒的な早さを見せつける結果となりました。
期待通りの性能と言っても良いでしょうか。
.
では、実戦ではどうなのか?
カメラに装着した状態でここまでの差が出るのか?
これもテストしてみました。
HITACHI 4G   MD
Transcend 1G X45
Sandisk Extreme3 2G X133
EOS 1D21720枚20枚バッファーフルまでに撮影できた枚数
22.6s29.1s16.1sバッファーフル後にアクセスランプが消えるまでの時間
2s+毎約2秒毎約1秒毎バッファーフル後にシャッターを切ることが出来る間隔
EOS 1Ds211枚11枚11枚バッファーフルまでに撮影できた枚数
26.4s27.8s16.1sバッファーフル後にアクセスランプが消えるまでの時間
約3秒+毎約3秒+毎約1.5秒毎バッファーフル後にシャッターを切ることが出来る間隔
EOS20D6枚6枚6枚バッファーフルまでに撮影できた枚数
8.3秒10.4秒7秒バッファーフル後にアクセスランプが消えるまでの時間
1s毎1s毎1s毎バッファーフル後にシャッターを切ることが出来る間隔
結果は上記のようでした。モードはRAWのみです。 100Mも書き込みでは苦戦したMDも実戦では45倍速とほぼ互角の結果です。 これは、一旦ディスクが回りだしてしまえば結構アクセス速度が稼げるということでしょうか。 それにしてもExtreme3は速い。 バッファーフルになってからの回復も速いですし、フル後も1〜1.5秒毎ににシャッターが切れます。    このバッファーフル後の間隔の測定ですが、極めていい加減です。この部分に関しては正確な測定をしていません。悪しからず。 1Ds2を使用しても人物撮影でスタジオ+大型ストロボなら、何とか誤魔化せるスピードですね。 正直に言えば3秒+のシャッター間隔はチョット辛い。    実はこの辛さを先週でしたか痛く実感してしまったのでした。(笑    1Ds2に関してついでに言えば、バッファー増量オプションもあってもいいかも・・・ですね。 今回のテストで20Dは、後から追加でテストしました。 同様な結果を期待していましたが、差が余りないことに再びビックリ。 45倍速以上なら、どのメディアを選んでも飛んでもない差は無いということでしょうか。
追伸:06/27 谷口とものりサンから情報いただきました。
	 
初めてメールいたします谷口と申します。
私はかなり前--3-4年前--からのサイトウォッチャーです。
また、同世代のカメラマンとして、当時からきわめて興味深いHPと感じておりました。
電塾にもよく参加しておりまして、おなじみの方たちもお仲間のようですね。
今度のExtreme3のCFテストも楽しく拝見しました。
私もスピードに引かれ、CFとSDをアメリカから輸入して使用しております。
使ってみたら、あまりに早いのでその他の4GBのCFは処分してしまいました。
今回はCFですがSDはもっと早いですよ。
1Ds Mark2でバッファフルからの開放が7秒ぐらいです。
ぜひテストしてみてください。
またストレージについても私はACUTA4を使用中です。
http://www.infotips.jp/products/storage/RAIDstorage/acuta4/index.htm
これはレイド5で運用できIEEE1394bやシリアルのタイプもあります。
早いし、安全で格安であります。
ポータブルストレージについても初代デジタルウォレットに始まりたくさん買いましたが、現在では
QCool V - Digital Wallet
http://de-co.info/product/f/digitalWallet.html
を使っています。
これは2.5インチのハードディスクを使いながら非常に小さく、しかも簡単で、そこそこ早く、しかも安い商品です。
秋葉原でケースのみ5.800円で買えます。
以上、ぜひお試しください。

東京都新宿区      谷口写真事務所
T-Photoworks  谷口とものり
TANIGUCHI Tomonori
管理人:矢張りSDカードの方が小さすぎて頼りなくも見えますが速いようですね。
また、紹介していただいたポータブルストレージ、ケースのみで5800円は破格値ですね。
リンクのサイトでは売り切れになっていましたが、秋葉辺りを徘徊すれば売っているかも・・・
貴重な情報有り難うございました。
2005/06/23 電磁調理器使ってます?
プロジェクトXで電磁調理器に半生(30年)を賭けた男の話がありましたが、それを見て思い出しました。
ウチで初めて電磁調理器を購入したのは・・・18年位前。
まだ、物珍しい時代でしたか。
購入した場所は某ディスカウントショップ。
S社製、小型でデザインも悪くなく一見好印象でした。
   S社製の家電は非常に珍しい。液晶で有名なS社ではありません。
ところが、使ってみるととても気分屋で、急に電源が切れてしまったり何時までたってもお湯が沸かないなど不具合の連続。
もちろんサービスセンターに持ち込みましたが、異常無し、或いは再現せずで帰ってくる始末。
しかもサービスに持ち込んだことは、一度ではありません。
今にして思えば【Sタイマー】の効きが良すぎたのか? 
   この時、アンプ内蔵の小型CDプレイヤーもS社製を使用していたのですが
   こいつもしばしばCDを受付無い等のトラブルを良く起こし
   電磁調理器と一緒にサービスセンターの常連になってしまったのでした。(笑
先日自宅を整理していて、ヒョッコリ出てきたので不燃ゴミの日に処分しましたが
苦い思いが蘇ったことは当然でありましょう。
   尚、自宅のTV(2台)もS社製ですが、こちらはとっても元気です。事務所の電子辞書も元気です。
では、今、電磁調理器は使用していないのか。
先ずは炊飯器。今時販売されている炊飯器の殆どはIHですよね。勿論快調です。(N社製)
それともう一台。こちらはメーカーは不祥。(正確に言えば確認していない。)・・・これもN社製でした。
実家からのもらい物。10年位前に買って数度使用したきりしまい込んであったものらしい。
キッチンで活躍しています。
チョットお湯を沸かす、食卓の上で鍋をする、スープの保温等々
ガステーブルの口の少なさをカバーしてくれたり結構便利に使用しています。
   まあ、電子レンジと同時使用するとダメ。
   炊飯器と同時使用もダメ。
   如何にもトホホな話ですが、ブレーカーが下りてしまうのです。
   この辺りは何とかならんのかなあ・・・
2005/06/22 ☆ぴぃ〜さんとZライト。/LACIE 500G HDD 不調。
☆ぴぃ〜さんの月例作品ご覧になりましたか? 左の写真が元のようです。
つまりここからトリミングをしたわけですね。(31,30,どちらもこのセットでしょうか)
驚いたのは、この全景が絵になっていること。Zライトの優秀性。右手のコンビニ袋の便利度、
この3点でしょうか。
なかでもZライト、これには驚きです。確かに好きな場所にセットでき小物を撮影するには
丁度よいミニバンクライトですね。
これが3灯もあれば、チョットしたものは撮影できちゃいますね。
目からウロコです。
ここで、重要なことは被写体に対して丁度良い大きさの光源。これは重要です。
何でも大きければよいというものではありません。
そのことを改めて教えていただいた感じですね。
また、光源は円形であることも良いことですね。
追伸:☆ぴぃ〜さんは月曜日、この狭いスタジオに遊びに来てくれました。 私と同年代(私が二つ上)。誕生日もあららニアミス状態。楽しい時間を有り難うございました。 http://ktai.blogzine.jp/
LACIE 500GHDD。頑丈なアルミボディ、デザインも悪くない。    内部は250Gドライブが2コ収まっているらしい。 今年の2月から使用してるのですが、一度マウントされないという事件がありサポートに電話をすると、 【ディスクウオーリアを使用してみて下さい】とのこと。先ずは、これで解決しました。 ところが・・・ここ1週間程マウントはするもののアクセスできない状態になってしまったのです。 チッ、チッ、チッ、という微かな音だけが聞こえるのみ。 矢車は無情にも周り続けます。(OSはパンサーです。) 接続をfirewire400,800,USBと変えてみても同じでした。 で、先程改めてサポートに電話をかけたのです。 これが素晴らしい! 一発で電話に出た方(名前は失念しました。笑)がとてもテキパキ。    先ず、生身の人間が素直に電話口に出ることだけでも今時評価の対象になりますよね。(大きな声で) 結果は修理ということになりましたが 明日の午後には運送業者を手配してくれ、データも保証は出来ませんが、努力しますとのこと。 mac系ではLACIEはメジャーな周辺機器メーカーですが、ここはいいかも。 まあ、不幸中の幸いということで。(これで故障しなければもっと凄いんですけどね。) 結果は、後日報告します。 2005/07/21 LACIE、500Gの顛末
2005/06/21 580EX+スターフルーツ。
スターフルーツ。熱帯アジア産らしい。
星の子のようで愛おしい。
先程撮影したばかりなのですが、内緒で公開しちゃいます。
最初はフォトナ(大型ストロボ)をセットしたのですが、絞りが来すぎ・・・
どうしてもf5.6辺りまで来てしまう。
・・・例によって580EXの登場です。
カメラはEOS1D2+タムロンSP90mmF2.8開放。
   RAWで撮影後色味は調整しています。
勿論手持ち撮影。
結局この日の撮影は全て580EX(途中から2台使用)+ST−E2で
完ぺきな進行でした!
.
因みに左のスターフルーツの場合
580には小さめの傘をつけ、更にトレペでディフューズ、手前には白レフ
.
蛇足ながらレフ板について一言。
白レフと銀レフ、これは用途が違います。
似て非なるものなのです。どう違うかは実験してみて下さいね。
2005/06/20 飲み会、ミニミーティング。
先週の木曜日は、嘗て(20〜10年前)はクライアントであった某社の方二人と飲み会。
流石に業績も大変宜しい会社なので、二人とも元気そのもの。
ボーナスも出たばかりだったらしく、羨ましいかぎり。
・・・ボーナスという言葉さえ忘れかけていました。(笑
これからも仕事でご一緒することは絶望的ではありますが? こうして年に一度か二度お会いする
関係というのも大事ですね。
.
金曜日は私のオンボロスタジオに目黒のK氏、Iさん四谷のI氏町田のA氏も合流して
CS2やらC1、デジカメやらの話で盛り上がりました。
皆さん、月例作品展の常連でもありディープなデジカメユーザーでもあります。
先日のオフ会もそうですが、こんな風に知りあえたのもネットの力です。  
   オフ会とは違い、少人数で話し合うことも時には大事ですね。
   月一程度でミーティングの様なものがあっても良いかも。
.
サイトを始めて丸1年たった2002年の4月のアクセス数は累計で僅かに3000程度でした。
その間、一日平均10人!と言うことになりますね。
2001年スタート当時、もう既にサイトを立ち上げるには時期が遅いんじゃないの?と言う不安もありました。
そして、一年間のアクセス数に落胆していたことも事実ですが
【継続は力なり】を信じて続けてきたことは、僅かながら認められたということでしょうか。
今でこそ【新藤さんのサイトはメジャーですよ】なんて煽てられることも希にありますが
一日10人時代から比較すれば、沢山の方が訪れてくれていることは確かです。
・・・今からでも遅くはありませんよ。続けること。これが大事です。
.
追伸:A氏は12枚のオリジナルプリントを出前してくれました。
   風合いのあるマット紙に出力された美しいトーンの作品達は
   プライベートの作品について、改めて私にその重要性を思い起こさせました。
追伸2:来月の月例作品テーマですが・・・
   モノではなく、もっと抽象的なテーマにしようと企んでいます。
   例えば【夏を感じさせるモノ】の様な。
   抽象的なテーマと具体的なテーマを交互にというのもアリですね。
追伸3:自宅のwin機ですが、調子を取り戻したようです。
   どんなだったかといえば、メールの受信中にエラーがでて、もう一度送受信しようにも進まない・・・。
   そんな感じだったのですが、どうやらシマンテック、インターネットセキューリティの設定に問題があったようです。
   また、outlookからoutlook expressに切り替えたところスムーズに動くようになりました。
   何分win機に関して素人状態なもので、ご迷惑をお掛けしているというわけです。
   それにしても・・・自宅のwin機の立ち上がりが遅い。勘弁してよ〜。(ウチダケかな?)
   ・・・蛇足ながら・・・このサイトへの書き込みは自宅では行いません。
2005/06/17 Takaponさんからのメール。
たかぽんの、突撃となりのプリンター・「グッドバイ・ダークルーム・さよなら暗室」

新藤さん、お元気そうですね、 久しぶりにメール送りますネ。
くしくも、イーストマン・コダックがモノクロペーパーより撤退するニュースありましたね。

ここ数年でプリンターの世界もずいぶん変わってきましたネ、去年は看板業界向けのプリンターを見学する機会に恵まれ、年間で業務用の
数十機種実際にみてき出力してきましたが、久々に有名メーカーが機種を一新するということを、2ヶ月前ですかWEBで知り
またもや突撃をしたくなり今回のご紹介になった次第ですヨ。(正式にはWEBで出席予約(セミナーのみ)がありましたが。)

6月16日・名古屋でEPSON MAX ART DAY for Photographersフォトアートとデジタル技術が融合するイベントを見てきた見学日記です。
いつものように、名古屋がイベント最後の日です、何となく理解(笑)。

いつものように、新藤氏のデーターと私の友人M君(APA)のデーターを持参し、実際に展示中のプリンターで出力して頂く
「突撃となりのプリンター」の開始です。
添付の写真のようにMacG5・とMAX ART PXー9500のコーナーと画像にはありませんが、PXー7500で今回出力して頂きました。


新藤さんの入稿データーはいつものように完璧!のままで、備え付けのMaC・G5内のPSーCSで開き、ノン加工でそのまんまでA0サイズで出力!。
PX7500・今回の機器の中で一番手の届く価格だと思いますネ298、000円(実売20万以下でしょう)。
で感想は?「データーのまんまの仕上がり」う〜ん綺麗じゃないの!今回は備え付けのマット紙に新顔料で出力したためか
ノーリツ鋼機製マイティス機ほどのあの強光沢による空気感と出会ったときの感動は正直なかった、しかしEPSON機は
紙に顔料インクジェットであり前述マイティスは樹脂ベースに分散染料であるので(簡単な説明だと昇華式に近い)
本来の比較をするのは間違いだと思いますね。
汎用性でEPSONに軍配か??いや、スタジオや仕事場に置くなら、決まり! 決まり! 
友人M君のデーターは35ミリの西洋人2人のモノクロヌード(ムラバック)、軟調ギリギリの超グラデーション画像、
ちょっと意地悪だけどB0という大きさでPXー9500で出力、M君設定のデーターのカラーマネージメントと若干の相違があったのか、
私の依頼が言葉足らずだったのか?若干のアンダーでありもう一枚!
とは・・・・・・・・さすがに言えなかった、でもここまでグラデーションが出てくるとは・・・・・
想像以上に銀塩プリントに近寄っている、もうここまでくれば好みの問題でしょう。
時間は25分弱、今まで出会った機器で最速です。(データは63MB・1画像)

2枚とも画像をWEBに載せたいところですが、モデルさん3人とも西洋人です、著作権はカメラマンにあっても、肖像権はモデルさんです
悲しいかな私の仕事上普段は無許可で掲載や無断複製所持・二次使用などの不正使用を防ぐ仕事のため、WEBに載せられません。
今回のイベント写真も本来はプレス関係撮影禁止。掲載の画像には本来お二人のカメラマンの写真がありましたが、
時間の関係上、掲載許可を取る時間がないためマスクで処理しています。2枚ともステキ!な、グラデーションのカラープリントでしたネ。 
余談ですが、この頃皆さん著作権もクライアントに帰属するお仕事こと多くありませんか?。

PC上のインターフェースも素敵です。写真好きな社員さんのおられる会社ならではのものです。
それとも外注さんとのコラボでしょうか?これには謎が残ります。

それ以上に、今回のイベントでは、グッバイ暗室!の感がしてならない、まだまだフィルムだとおっしゃってる方々、
新藤さんちのHPを覗くフィルムファンの皆様、百聞は一見にしかず一度プリントアウトしていただきたい、目から鱗とは言わないけれど。
特に初老期に入った方々(わたしもです)暗室内の老眼作業にグッドバイなのですから。個人的にはPXー5500がいいですね。
ゴメンネC社さん!ついに浮気しちゃいそうです・・・・9000シリーズで最々新機まで追っかけて来ましたたがついに・・・・・。 
アンセル・アダムスさんご存命だったらどのような評価を下されるでしょうか? さすがに聞きに行けません。

今回の突撃に対して、快く担当してくださった、テクニカルサポートの 米本 様・販売促進部の 梶 様 
そして研究開発部の 田之上 様 田之上さんはインクの研究者、イイお話が出来ました。
ありがとうございましたこの場をお借りして御礼申し上げます、また撮影許可も感謝致します。 

ところで、皆さんラッキー(藤本写真機工業)引き延ばし機、ご存じでしょ、FUJI・LPLと引延機のメーカーです、さすがに開発してるんですよ!
それもフラットベッドのインクジェットプリンターつまりプリントヘッドが印画対象物の幅の一直線上のラインヘッドです、そろそろ当然訪問しようかな。 
噂ではソルベント(溶剤系)だとか・・・?   

最後に、今回のEPSONプリンターが素晴らしいからこそ、データーそのまま出てきますから、モニターとプリンターのカラーキャリブレーションや
カラーマネージメントしっかりやらなきゃ、やらなきゃです。なんでも勉強!勉強!いつまで続くのか・・・・・・・。
大手印刷会社の営業部門でもDTPエキスパートの資格者がたくさんおられる時代ですから・・・・勉強 勉強!もうごまかしはききませんぞぉ〜。  
たかぽん

たかぽんでは怪しく思われますので、最後にばらしましょうか、いや、ばらしてください。
本名で・米田隆司 と 肩書きはどうしましょうネ 著作権肖像権管理者
日本写真芸術学会会員と、でも表示したら安心されるでしょう。

米田隆司。
管理人:米田様、お久しぶりですね。相変わらずお元気そうでなによりです。
さて、時代は益々デジタルですねえ。フィルムや印画紙が博物館の中だけに存在する時代は
思ったほど遠いことではないのかも知れませんね。
また、私が心配するまでもなく次々素晴らしいプリンターが発表され印画紙が過去の遺物となっていくのでしょうか。
この年になりますと、着いていくのがヤット状態ですが、ここまで来て降りるわけにも行かず
何とか振り落とされないようにしがみついていきます。(笑
では、次に東京に来られたときにもご連絡下さいね。
追伸:この日付のメールは差し替えました。本来プライベート用に書かれたものを公開してしまったためです。
2005/06/15 神戸のY氏からEOS1D2+CFカード問題でメールを頂きました。
Date: 2005年6月4日
Canon 1D MarkII 使用各位
 私の知人・友人でCanon 1D MarkIIをお使いの方にBccでメールをお送りします。
 先月末、Canon 1D MarkIIのファームウェアーが1.2.2にアップされました。
新しいファームウェアーを入れられましたか?
 画像消失が改善されているそうですが、昨日、撮影中に以下のようなトラブルが発生しましたので報告します。
■書き込みランプ消灯後、画像を再生するため早送りしたところ、
 5コマ目ぐらいのところで、モニターが真っ白になりました。
 サブダイヤルを回しても次の画面が現れずモニターはフリーズした状態になりました。
 バッテリーを抜いてリセットすると復帰し、画像も見ることができるようになりました。
 続いて
■新しいフォルダーを作ろうとinfo画面から1コマ、4コマ、 8コマへと送っている途中で
 上記と同じようにモニターが真っ白になりました。
 2回続けて発生したので、CFからSDカード代えて撮影を続けました。
 なお、CFはトランセンド2G(45倍速)です。
 自宅に戻り、パソコンで確認したところ画像消失、データの破損等は発生していませんでした。
■上記のトラブルはCPSにも連絡してました。調査をお願いしています。
  上記のトラブルは私だけかもしれません。以前のファームウェアーでは起こりませんでした。
 同じようなトラブルが貴殿のカメラでも発生するかも知れませんのでメールでお知らせしました。

	Date: 	2005年6月14日 

新藤修一さま
 こんばんわ!
1D Mark IIの件ではお騒がせしました。
トラブル以降、1D Mark IIを使う仕事をしていないので発生していません。
 http://www.eos-d-slr.net/に、私と同様のトラブルが載っています。
キヤノンも数例報告が入っているなら、ウェブで公開しているファームウェアーを
止めるなどの対処をすれば良いのに大きな会社の考えは良く解りません。
 さて、本日届いたJPSニュースにCFカードのトラブルが載っていました。(要約)
 レキサーによると、マックでファイアーワイアーのカードリーダーを接続していると電圧の負荷がかかり
事故が起こる可能性が高いという。
また、マックはCFに不必要なアクセスがあり、事故発生はマックユーザーに多いとのこと。
 上記のことを言いながらレキサーのサイトでファイアーワイアーのカードリーダーが売られているのには疑問を感じます。
 私はUSB2のカードリーダーを使っていますが新藤さんはファイアーワイアーのようですのでご注意下さい。
 取り急ぎ!
管理人:2通のメールはどちらも神戸のY氏からのものです。
私もバージョンアップは済ませましたが、今のところは不都合はでていません。
しかし、某掲示板でも書かれているようにトラブルはY氏のみの体験ではないようです。
  一体、どの程度の割合でこのトラブルは出現しているのでしょう?
先ずはメーカーとしてサイト上で速やかに告知をするとともに速やかに対応策をとっていただきたいものです。
まあ、起らないほうが良いに決まっていますが、間違いや失敗やトラブルは誰にでも、どれにでも起りえます。
それに対処するスピードが大事なのではないでしょうか。
  1通目のメールは某掲示板で騒がれる以前に頂きましたが、私のボディでは再現しませんでしたので
  今まで、ここでは取り上げませんでした。
.
1394カードリーダーの方も結構問題ですね。
私も1394タイプを使用していますが、CFメモリーとの相性は時々経験いたします。
  ですので2機種のカードリーダーを使用しています。
USB2.0もどうやら必要なようですね。
また、macとCFとの相性の問題もそれが事実とすれば困ったものです。
カメラマン諸氏の間でのmac率は世間とは大分異るでしょうし、実際使いやすいことは事実ですからね。
Y氏は、SDカードとCFカードにダブルで書き込みをする予定と語っていましたが
誰もが安心して使用出来る環境が早く出来て欲しいものです。
  SDカードは1Gまでしか容量が無いようですが、トラブルの話は少ないようです。
  こちらを暫くは使用してみるという手もありますね。
追伸06/24:キヤノンは今回のトラブルに関して新しいファームウエアを昨日発表しました。
想像よりも素早い対応と言ってよいのではないでしょうか。
2005/06/11 USBメモリーはどうだ? Clip Drive  Type GP
最近USBメモリーを良く目にしますが、今日テストしたのは正にそれ、
バッファロー製Clip Drive Type GP。1Gの容量。
名前からして速そうですがパッケージには超高速と謳っており
読み込み27MB/s、書き込み18MB/sとあります。
勿論USB2.0規格です。比較したのはトランセンド1G、45倍速。
今ならもっと速いサンディスクのULTRA2や80倍速CFでテストするべき
でしょうが、その辺りはご勘弁を。
.
テストはフォトショップで作成した100MのTIFファイルをそれぞれ
メディアにコピーしてみた。
Clip Drive                              10.3〜13.0s
TRANSCEND+LEXAR                 17.5S
TRANSCEND+DATAFAB            24.2〜25S
こんな結果でした。
45倍速のトランセンドがカードリーダーでこれほど変わるとは予想外。
また、USBメモリーが想像よりも速いことも予想外。
.
まあ、ここまで速くなくともUSBメモリータイプは一つカメラバッグに
忍ばせておけば何かと便利。
これを読めないパソコンは今時ありませんからねえ。
ノートブックや外部ストレージを持っていることが前提にはなりますが
現場でこれで納品もありでしょう。
  後ほど郵送で返していただくわけですね。
って言うかデザイナーの方達が皆これを持ち歩けば大分楽になるのにねえ。
.
写真、右上LEXAR      CFカードリーダー
右下、DATAFAB CFカードリーダー
    ウーパールーパーに似たユーモラスなデザインですが
    最近あまり見かけない? チョットでかすぎか。
どちらもFIREWIRE接続です。
左下がUSBメモリー、デザインは沢山ありメーカーでかなり異ります。
2005/06/07 SIGMA20mmF1.8をチョット借りてみた。
先日1年ぶりに佐賀のNさんが遊びに来てくれた際、シグマの20/1.8レンズをチョットだけお借りしてテストしてみた。
ボディはやや大振りながら1Ds2に取り付けた感じは流石20mm。イイ感じ。
開放時の周辺減光はあるが、モデル撮影ならば全く気にならない。
絞れば勿論問題なし。
また解放時の描写はやや甘いもののアンシャープマスクを適量掛けることでこれも問題なし。
チョット絞れば素晴らしい解像感。これは凄い。
AFも開放から問題ないようだった。
何よりも開放で撮影すれば、多少の背景のボケすら期待できるし
f1.8と言う明るさは室内撮影では多いにメリットがある。
では、問題はないのか?
・・・歪みが結構気になる。
中央部はたる型、周辺部は糸巻き型の複合型。それもかなり目に付く。
試しにフォトショップで修正を試みたが複合型の修正は至難の業。
少なくとも建築系の撮影には不向きか。
シグマの12−24ズームの歪みの少なさを知っているだけにとても残念。
.
レンズを歪み無しで作ることはコストの点では辛い。
ならばソフト上での修正は今時多いにありな訳で
シグマに限らずこのレンズの補正はこのプラグインで・・・
なんてデータやソフトをレンズ購入時につけてくれれば多いに助かる時代なんだけどねえ。
キヤノンやニコン辺りは実は本気で考えてたりして。

1Ds2+20mm 写真上部のタイルの目地に注目して下さい。
・・・1Ds2だから余計に目立つことは事実です。
20D辺りなら糸巻きの影響はかなり低減され良いレンズとして使用可能か。
残念ながら20Dではテストしなかったけど。
.
追伸:シグマにも電話して確認しましたが、ソフト上での修正は試していないようでした。
ついでなので30/1.4の発売時期を聞きましたが・・・
夏までにはとのこと。ってことはあと一月? ガンバレシグマ。
追伸2:この糸巻き型+たる型の複合型の歪みはこのレンズに限らず各社のレンズに程度の差こそあれ
広角側ではシバシバ見られるものです。
特に広角ズームではかなりの確率で有り得ます。
せめてどちらか一方の歪みならば、そう難しくなくソフト上で修正できるんですが・・・
2005/06/07 LEXAR X80CFカード問題でNinjaさんからのメール/ST−E2でIさんからのメール
LEXARの80倍速CFカードが、CANONの主力DSLR5機種との相性問題を起しているのは皆さんご存知と思いますが、
いろいろと不安と知的興味がありましたので、下記プレスリリースに記載されている情報について、
より詳しい事をレキサー・メディア株式会社に問い合わせてみました。
http://www.lexarmedia.co.jp/release/20050602030000.html

私の使用メディアはまさにLEXARのx80CFカードで、使用カメラも1ds2, 20D, KissDNですから、まさに他人事ではなく。
「この忙しいときになんてことをしてくれるんだ・・・」と思っていたのですが、
発布されたプレスリリースを見ると「カードエッジに印刷された番号の末尾4桁」が、私のカードとぜんぶ違いました。
問題を引き起こしているカードは、エッジプリントの末尾4桁が「A4B6」「9171」との発表ですが、
私のカードは3枚ともすべて「9D66」でした。
しかし、あいにくこれで「ほっ」と出来る性格ではなく(笑)、様々な疑問がふつふつと沸いてきました。
そこでレキサー・メディア株式会社を電話をして、いろいろと聞いてみました。
私も技術者であることを明かし、技術的な話を丸めず説明してくれといったところ、技術担当の方が電話口に出てくださり、
実に真摯な対応と説明をしていただきました。
冗長になるといけませんので、以下、QA形式でご報告いたします。
--------------------------------------------------------------------------------------
Q. 御社が普通に国内販売している品と、平行輸入品のエッジプリントには違いがあるか?
  平行輸入品であっても「A4B6」「9171」以外であれば、問題は発生しないと考えてよいのか?
A. エッジプリントはワールドワイドで共通でありリージョン別ではない。したがって上記番号以外であれば問題ない。

Q. 私の持っている3枚のCFカードはすべてエッジプリントの末尾が「9D66」だ。
  半年間に渡ってバラバラと買ったカードがすべて同じ番号というのは不思議だし、不安だ。
  この4桁の意味はなにか? 生産工場の識別番号か?
A. ファームウェアのチェックサムだ。

Q. 「9D66」というのは、いつ頃のロットか?
A. 「9D66」はFirst Editionとして製造されたロットであり、発売直後から販売されたものだ。
  今回問題を起こしている「A4B6」「9171」はSecond Editionと呼ばれる製品だ。

Q. 「A4B6」と「9171」の違いは?
A. 「A4B6」に対してある不具合の修正をするためにファームウェアを改良した。それが「9171」だ。

Q. そもそもなぜファームウェアを更新することで問題が解消できるのか?
  またユーザーが自分でファームアップすることはできないのか? メーカーに預けるのは面倒だ。
A. CFカードは単なるフラッシュメモリではなく、フラッシュメモリへのI/Oを制御するASICがカード内に載っている。
  不具合を起しているのはこのASIC用のプログラムであり、残念ながらユーザーの手で更新することはできない。

Q. 問題のカメラと問題のエッジプリント品の組み合わせで、異常はどの程度の頻度で発生するのか?
  また異常の内容は?
A. 発生頻度は稀だと聞いている。異常が発生した場合、画像が消失する。

Q. 御社に預けた場合、修理にはどの程度の期間がかかるのか?
A. 6月10日より修理を開始するが、そこから起算して2〜3週間は見て欲しい。

Q. 「A4B6」と「9171」であっても、1ds2, 1d2, 20D, 20Da, KissDN以外のカメラであれば問題は発生しないのか?
A. 発生しない、と現時点では考えている。しかし不安に感じたお客様からの問い合わせは相当数ある。
  その場合、個別に対処させていただいている。

Q. このx80CFカードの出荷は止めたのか? 市中在庫への対応は?
A. 生産はすでに一時的に停止している。出荷の状況は、私には分からない。市中在庫の回収は行っていない。

Q. 市中在庫の回収を行わないのは、なぜか?
A. キャノンの該当カメラ以外では不具合は発生しないためだ。
--------------------------------------------------------------------------------------

非常に真摯に答えていただき、私は安心して自分のカードを使い続けることにしました。
しかしひとつ心配なのは市中在庫の回収は行われていないことです。
知らないで買ってしまう人が多く出るでしょうから、店舗側の適切な対応が望まれるところです。
個人的には、現在の流通の態様や事態の特異性を考えれば、市中在庫の回収を行えないのは、理解できないこともなく。
いやはや、なんとも。
ちょうどサンディスクのエクストリーム3も出てきたことですし、、、店舗は、CANONユーザーにはそちらを売っていく形になるんでしょうか。


ちょっと長くなりましたが、どなたかの助けになれば。
それではおやすみなさい。
またご連絡いたします。
管理人:Ninjaさん、貴重な情報有り難うございます。
幸い?私はLEXERのCFは使用していないもので、この現象には当たっていませんが
経験をされた方や、LEXERを実際に使用されている方にとっては死活問題でもあります。
但し、キヤノン、LEXER、両社が対応策を講じてくれたことは、心強くまた嬉しいかぎりですよね。
声をあげることは大事ですね。
最後になりましたが、LEXERの技術の方の対応の素晴らしさも気持ち良いですね。
各社のサポート体制は常日ごろ批判対象としてやり玉に上がりますが
この辺りは是非改善して欲しいものです。

新藤さま
先ほどは助言ありがとうございました。
メイン光をフォトナのヒーロー、手前の補助光を580EXをマニュアルで設定 で、を1dsmk2につけて
250分の1秒で撮影していたのです。
順調にシンクロコードいらずで撮影していたのですが、
縦位置からカメラを横位置にしたときに、サンダースのクイックシューがうま くはずれなくて、
はずすときにどこかの接点に負荷がかかったのか、横位置で 同じ撮影をしょうとしたら、
フォトナのヒーローも発光しているのに、580 EXの光でしか写らなくなってしまいました。
30分の1秒ぐらいまでにスローにしてもシンクロしてな〜い。
そらから、ST-E2のパイロットランプのテスト発光部はカメラ装着時は反応無 し、何故か、レンズの絞り込みボタンを押すと、ストロボ発光。
ST-E2をカメラからはずすとパイロットランプのテスト発光部は正常作動。
D30でテストすると問題なし。
電池を抜いてやって見たところ1dsmk2にST-E2を付けてパイロットランプのテ スト発光OKだったので、
新藤さんの助言どうりOKかと思い気や、やっぱり、 補助光の580EXの光しか感じてない。
そうこうしているうちに、お子の帰って来てコールで撮影中断、またスタジオ にもどってトライすると今度はなぜか
大丈夫でした。レンズの絞り込みボタンを押すと、今度はモデリング発光 だ!?(新藤さん初めて見ましたあ〜)
もしこれがフィルム撮影だったらシンクロしてると思って、上がってみたらメ イン光なしのどっつぶれ。こわーい。
ST-E2はフィルム撮影では危険?なんでしょうか?
1dsmk2はキャノンに入院させたほうがいいのでしょうか?
助言して下さる知り合いがいて本当によかったです。多謝。
管理人:IさんからのST−E2に関するメールです。
私の助言(一度電池を抜いてみたら・・・ホットシュー接点の接触不良?)は大した効果もなく
原因不明の不具合が発生したようです。
D30ではOKで1Ds2ではダメ。デジタルなので確認は出来るとはいえ確かに怖い話です。
不思議なことは、マニュアルでとばしたはずの580EX、何故大型ストロボが同調しないのか、だ。
光っているのに同調していないならば、プリ発光しているとしか考えられない?
ウ〜ム、何故?
と言いつつ、今テストしてみると私の1D2でも同様でした。
どうやら、ST−E2の発光で大型ストロボのスレーブが同調してしまい
580EXの発光には同調していない・・・ってことでしょうか。
つまり、ST−E2の光が大型ストロボに届かないように工夫すればOKなのかな。
通常の大型ストロボの内蔵スレーブの感度はそれ程高いものではないですが
近距離ならばST−E2に反応します。要注意ですね。
お早うございます。
大阪の江藤です、シャッターとの同期がとれていないのだと思います。
シンクロタイミングを後幕か先幕かに代えてみてください、それでだめならヘリ
カルチュウブとか発光時間の長い発光管を使うとよいかも。
同様のことが過去にもありました。
コメットのIRを使ってニコンのカメラで撮影をするとストロボは発光している
のに、カメラとは同調せず真っ黒になっているという事件がありました、かなり
有名な話なのである程度のキャリアのあるはご存じだと思います。
確かこのときの製品は2チャンネルの物だったと思います、現行の物は4チャンネルあります。
ハイエンドデジタルバックであれば同期のタイミングをソフト上で調節できる物があります。
ではまた〜
管理人:江藤さんからのメール紹介いたしました。
なるほど、そういう訳だったのですね。
とりあえずシンクロタイミングを変えてみる・・・ですね。
貴重な情報、有り難うございました。
.
次のST−E3?では電源カメラボディ側から供給。
マニュアル完全制御。3チャンネル独立コントロール。
オート露出時の出力ロック(ニコンのように)
電波式リモートコントロール。
さてこんな製品が登場すると怖いもの無しなんですが・・是非。
2005/06/03 Skypeって知ってる?
お茶の水の写真家、兼オーディオ必殺人、兼料理研究家でもあるY氏から昨年教わったものの一つが【Skype】
未だご存じ無い方のために説明すれば、【Skype】とは無料インターネット電話で、世界中無料で通話が可能らしいです。
power−book辺りならイヤホンさえあれば、即登録使用可能なようです。
有料になりますが固定電話と通話することも可能なようです。
(有料とは言えお安いらしいです。)
更にメリットは5者通話何て事も出来る。macとwinでもOK。
片手間にファイルを先方に送ることも可能。(かなり大きなものまで送れるのかな・・)
idとかは個人が特定できないものの方が良いらしいです。
.
で、昨日私も登録したんですが・・・
先ず個人が特定できてしまいそうなidを付けてしまったので失敗。
次に、G5はイヤホン端子からオーディオ装置に配線してしまっているのでチョット・・・
   iTunesの出力がアンプにいってますが、Airmac経由を開拓すれば不可能ではないか?
パワーブックは普段は電源が入っていないし・・・
って訳で、どうしたものかなあ、なのです。
.
振り返れば事の発端は、Y氏から昨日電話がかかってきて
私の声がNY辺りから掛けているのかと思うほど小さかったらしいのです。
(確かにここ2〜3日皆に言われておりました。そんな訳でSkypeにしたら、と改めて勧められたわけです。)
しかも、15年近く使用しているウチの電話、気が付けば発信ができない。
着信時に2〜3秒物凄い雑音が入る。
さてはBBフォンの不調かと嫌疑を掛けたのです。
   この電話は親機と子機2台、どれからでも2回線の外線が使用可能なタイプです。
ところが、試しに電話機の外線端子を入れ替えてみたら問題なし。
どうやら、外線1側のみ不調のようでした。
まあ、この電話が古色蒼然たることは事実で、ボチボチ無罪放免にしてあげるべきなんでしょうが
無事に使えてしまうと、【ま、これで良いか】となる見事なA型?
.
Skypeを知らない皆さんに是非教えてあげたいという気持ちと
Y氏以外の人柱報告をお聞きしたくて書いてみましたあ。(笑
地方との電話連絡が多い方や海外との連絡が多い方にはお薦めでしょ。


後書き・独り言26/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言28

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴