.
TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴

後書き・独り言28/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言30

2005/08 8月の作品展テーマは【缶ビール】

7月も終わり、ついに8月。
里帰りや海や山に、或いは海外に出かける方もいるでしょうね。
私は例によって地味な夏を過ごします。たぶん。
さて、今月の月例作品展。
テーマは何にしましょう。
7月は抽象的なテーマでしたので8月は具体的なテーマですね。
暑いときに欲しいもの。
ここは素直にビールですか。
冷えた350ml缶ビール(発泡酒でも可、冷えてなくても可、瓶ビールは不可)にしましょう。
飲み終わったカンでもOK。
グラスと組み合わせてもよし。
お酒はからっきし駄目という方は、炭酸飲料アルミ缶でも特例でOKにします。
夏っぽさは拘らなくても結構です。
アルミ缶はてかり物、油断すると痛い目にあいますよ。
7月に缶ビールにトライされた伊藤さん、今月も缶ビールですが是非宜しく。
.
追伸:08/03 月例作品展は昨年9月からスタートしたわけで、今月で丁度一年。
初めからお付き合いしていただいた方、本当に有り難う御座います。
途中から参加していただいた方、これからもヨロシクお願いいたします。
提出はしなかったものの、秘かにトライされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
・・・夏場はヒマな方も多い??
どうぞ、今から参加して下さい。お待ちしてます。
月例作品募集要項


39:08/31 IKKYUさんの作品
新藤さま お世話になっております。 継続は力なり、のお言葉に 励まされ・・・今月もぎりぎりですが送らせて頂きます! 八月のキリンという ビールのイメージでした。 かなり捜したのですが、今年はまだお目にかかっていません。 残念です。 今月も背景が乏しい・・・かもです。 よろしくお願い致します。 ikkyu EOS20D ストロボ2灯 . 管理人:腕を上げましたね。水面に対してやや下から狙ったことは正解です。 缶への妙な写り込みは水槽が小さかったためでしょうか? これで、更に動きがあれば尚良し。一缶ではなく後にも幾つかあったらどうだったでしょう? 9月も是非参加して下さいね。 そうそう、慎み深い性格? サイズはもっと大きく送って下さいね。
38:08/30 藤山寛治氏の作品
こんにちは、新藤様。今月もよろしくお願いします。 七月の「夏」に次ぐ二回目です。 申し訳ありませんが駆け込み投稿です。 沖縄に行きました。同じ南国九州人、として暑さも そんなには変わらないだろうとナメてましたが ジリジリと照りつける太陽のパワーには さすがまいりました。 ホテルの部屋の冷蔵庫から取り出したオリオンビール。(撮影後、試飲) プール横に咲くハイビスカスをチョット拝借。 現地調達で二日目の朝に撮影しました。 沖縄が届きましたでしょうか? 失礼!お題は【缶ビール】でしたね。 帰りついた家にはセミの泣き声も止み かすかに秋の気配がただよってました。 D2X AF-S NIKKOR 18-70mm FOCAL LENGTH 18mm 絞り優先 1/250 f5.6 補正 +0.7 . 管理人:なんか癒されますね。ハイビスカスのせい? 澄んだ水のせい? 沖縄には随分ご無沙汰してますが、思い出しますね。 今回頂いた作品は、周囲につけられたグレーと白のフチも利いていてスッキリと見えます。 さて、子供たちの夏休みもボチボチお終い。夜も過ごしやすくなりましたね。 耳を澄ますともう虫達の声が聞こえます。もう秋もそこまで来てますね。 .   すいません、先ほど気が付いたのですが・・・写真通しが接触してしまっている   場所がありました。修正いたしましたがご迷惑をおかけしたことお詫びいたします。
37:08/30 三鷹のJQ氏の作品
 お世話になります。今月もまた駆け込みになってしまいました。すみません。 連日1.5〜2リットルくらいビールを飲んでしまうため、 「軽くヤバイ」どころか「すごくヤバイ」と自覚し、 最近はカロリーや糖質オフの発泡酒を飲んでおります。 しかし、アルコール度数が低いせいか、酒量が増えるという逆効果に悩む日々。困ったものです。 撮影データはPOWERSHOT G2、550EX2灯、ST-E2、1/60、f4、CS2で微調整です。  どうぞよろしくお願いいたします。 Jacquie Quartertruth Photography http://jq-photography.blog.ocn.ne.jp/ . 管理人:JQさん、こんにちは。連日1.5〜2Lは缶ビール6本近い量ですね。 それはかなりヘビー。全くすごくヤバイかも。(笑 さて、今月の作品はかなり凝っていますね。 どこで撮影されたんでしょ? 左上方のブルーの写り込みから察するにスタジオ??ですか・・・ 或いは・・・何かのついで? どちらにしましても、大変だったのはないでしょうか、お疲れさまでした。 . 今月は確かに全体のレベルが一段と上がっている感じがしますね。
36:08/29 菅 正輝氏の作品
今月もあと数日となり、時間はそれなりにあったはずなのに 殆ど毎日飲んでいたのに、ずーっと撮ってなかったので急いで撮りました。 普段は1本しか飲まないのですが、1本飲んだ後だったので撮る為に2本目を 開けました(笑) 撮って2本目のビールを全部飲んだ後に気付いたのが、缶に水滴を付ければ良か った・・・ 光源:室内蛍光灯 EOS20D EF-s60mmF2.8 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/ 菅 正輝 http://kan.pinky.ne.jp/ . 管理人:最近菅さんのサイトが更新されていないので心配していましたよ。 さてこの作品、上手くまとめましたね。フレーミングが上手、ライティングもバッチリ。 使用されたEF-S60mmこの一枚を見ただけでもその良さが現れていますね。 切れが良く素直。 缶ビールの中の色味はレタッチされたんでしょうか? そのままでは、ここまでの色はでない予感。 追伸:缶ビールの中の色ですが、缶は下部をカットして ビールはステンレスボールに移し替えて撮影したからです。 (缶はアサヒの発泡酒、スーパードライ青。中身はサントリーの発泡酒、キレ味)  普通に覗くと缶の中身は真っ暗ですが、 「中には上手いビールが入ってるよ」ってのを表現したつもりです(笑) ライティングに関しては、ホント何もしてないです。 毎日生活している室内蛍光灯のみです・・ 注意した点は、缶は手持ちだったんですが中のビールが綺麗に見えるように位置を 調整したことと、手持ちなので缶に手の色(赤色)が被らないようにしたことです。 コメントを横着してはダメですね。 EF-s60は個人的にとても気にいっています。 写りもですが鏡筒の長さが変化しないってのが良いですね。 これを購入して以来、ブライダル撮影等のズームが必要を感じる時以外は EF28-70/2.8を使う気になれません(笑) 心配かけてすみません。 そろそろWeb日記復活します。 管理人:ナルホド、一見何でもなさそうに見えて秘かな苦労やアイデアが 詰まっているわけですね。お疲れさまでした。
35:08/29 たも。氏の作品:その2
 新藤様こんにちわ。  長崎の『たも。』です。レベルが高い作品ばかりで私なんかがお邪魔するのは 場違いな気もしますが、自分に『喝』を入れるつもりでお恥ずかしながら2作目送らせて頂きます。  キャンプに行った時に隣の人が飲み干したものが偶然ランタンの前に置かれ、 ちょっと良い感じだったので撮ってみました。 もちろん、レフなど何も持って行ってない遊びモードだったので レフ代わりに右側に白いクーラーボックスを置きました。 スーパードライなので写り込みが激しく、あえて缶に写り込むところに焼く前の肉と 焼いたあとの肉を入れてみましたがこの場合いらなかったものか?未だに解らずにいます。 EOS1DsMk2 EF28~135mmF3.5~5.6IS USM 絞り優先AE(シャッター1/10 絞りF5.6)   色温度設定6000 手ぶれ補正ON +1絞り補正 ISO400 ランタンの照明のみ  http://tamolc80.exblog.jp/ . 管理人:アウトドアっぽい雰囲気が十分にでていますね。 生肉は無くても良かったかも、しかしながら、何もないと寂しい。 野菜が欲しかったかな・・(って自分が野菜好きなだけか?) クラーボックスは素晴らしいアイデア。 敢えて付け加えるならば、動感・・・状況? これがもう少し見えると良いでしょうか。 ちょっと・・祭りのあとのような感じもします。 オッ! ISレンズ効果ですね。1/10でしっかりと止まってますね。 私は残念ながら持っていないのですが、今度のF4ISズームは気になります。 . 追伸:全く場違いではありませんよ。今月2回目の提出有り難うございました。
34:08/29 尾苗 清、氏の作品:その2
いつもお世話になってます 仙台の尾苗です。 ギリギリの日付になってしまいましたが マニフェスト通りに二枚目を送らせて頂きます。 秋刀魚は北海道道北産の生秋刀魚 ビールは韓国産黒ビール(格安なれど旨い) グラスに注ぐのは今回も一発勝負! チト泡が少なかったので割り箸を四本突っ込み泡立ちを調整。 撮影は速攻で終わらせて コレをおかずにご飯食べました(笑 勿論旨かったですよ(笑 カメラ:S3pro レンズ:マクロズーム70-180mm 光源:LEDライトセーバー f8 20sec 宜しくお願い致します。 http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/ . 管理人:昨日マーケットで生きの良いサンマを眺めつつ、 【まだチト高いな・・・】と断念した私。 この作品を見て生つばゴクリ。(笑 作品は、オオ!LEDライトセーバーですね。 ライティングが僅かにフラット過ぐる感はあるものの、手慣れた上手さを感じさせます。   料理の撮影の場合、皿の見切り方、グラスやボトルの見切り方・・・   この辺りは悩みだすとキリがないものですよね。 ところで、このビールはまだ飲んだことが無いですが、尾苗さんは各種のビールに精通している? 
33:08/27 西出篤夫氏の作品:その2
毎度でございます 今月2回目の提出です 前回から数日後の撮影 お約束の展開ですが、当然必要ですよね ニコンD2X シグマ15−30 F11 30秒 LEDライト 西出篤夫 http://blogs.yahoo.co.jp/nishidee2000/ . 管理人:今月の一度目の作品に登場したビールの後の姿がこれですね。 飲み終えた缶はもっと早く登場するかと思っていました。(笑   アッ、数日後の撮影だったのですね。了解です。 この作品は、全く力むことなく自然体でシャッターを押している辺りがイイですね。 なんてことはないのですが、不思議な存在感があります。 日常のちょっとした断片。その美しさや儚さ。 日常侮れず、ですね。 追伸:西出さん、ブログ開設お目出度うございます。
32:08/27 橘 利器氏の作品:その2
新藤修一様 こんばんは 今日 野生のホップを見つけたのでせっかくだからと持ち帰り 2作目を撮ってみました 発想が相変わらずネイチャーフォトですね(笑) 缶を置いたのは 250キロもある動かせない鋳鉄の薪ストーブの上なので 窓からはいる自然光が 適当な角度になるのを待って夕方に撮りました ただ 壁一面がガラス窓の温室みたいな広い部屋なので 光をコントロールする事が難しく お客さんも到着しはじめていたので 時間もなく 缶の写り込みをこれ以上減らすことが出来ませんでした 明日 ゆっくり撮り直しを とも思ったのですが 残念ながらホップのほうが萎れてしまいました この場所で撮ろうと思ったら 周りにシーツでも張り巡らすしかないかな(笑) 缶の色が白というのも難しかったです 5Dは興味津々ですが 基本的には20Dのボディにフルサイズのセンサーを詰め込んだ ようなものですね センサー周りが20万円? 高いのか安いのか? 露出補正が20Dと同じでプラスマイナス2段までですね  34万円のカメラで これはないよな と思いました 1Dmark2Nは もうちょっと安くなるかと思ったのですが 5Dの値段から見ると アメリカに比べて割高なような気がします 性能はこれで十分なのですが 外に持ち出すには大きすぎるし重すぎます 5Dクラスのボディ(縦位置グリップは着脱)になったら無理しても買うのに http://www.sip.or.jp/~trout/ . 管理人:ネイチャーフォト風、大歓迎ですよ。 さて、作品ですが橘さんが嘆かれているように写り込みはかなりキテイマスね。 背景がマットなだけに妙に目立ってしまっている。惜しい。 こんな時こそLEDライトセーバーの出番でしょうか。 ついでにもう一つ惜しい点。背景の薪ストーブ。説明されないと正体が不明でしょ。 折角だからもっとストーブらしさを見せてしまっても良かったかも。 追伸:野生のホップがあるのですか・・・驚きですね。
31:08/27 wk2g氏の作品
新藤様 いつもサイトを楽しく拝見させていただいています。wk2gです。 今月はまとまった時間がとれなかったのですが、最後になんとか 間に合わせたという感じで(^_^;)。 撮影機材はEOS20D+EF-S60mm F2.8 マクロ USMです。ちなみに、 私個人は、ビールを全く飲まないので、この後の缶ビールをどう しようかと思案中。。。 ではよろしくお願いします。 . 管理人:夏祭りの屋台脇のビール売り場のような風情ですね。 ビールを飲まれないのにこんなに沢山ご用意していただき、申し訳ありません。 いやあ〜、私が責任をとり全部胃袋の中に処分して差し上げたいくらいですが・・・(笑 さて、作品ですが・・ 着眼点は申し分ありません。 氷がレンズになって文字が大きく見えたりする辺り、もっと上手く利用できたら面白かったですね。    実際にそれを狙うとかなり難しいかも知れませんが・・・ それと、折角水も使ったわけですので水面のテカリ、作品では見えませんが、 上手く利用できれば更にフォトジェニックな写真になったのではないでしょうか。
30:08/27 福岡の O氏の作品
新藤さま こんばんは。 福岡の O です。 今月もまた月末になりました。 身近にある「缶ビール」ですが難しいですね。 また、選んだ缶ビールが「スーパードライ」、しっかり写りこみします。 別の缶ビールも買ってきましたが結局「スーパードライ」。 日頃、合成とか行わないので違和感で四苦八苦。 「アラ」は探さないで下さい。 カメラ : 缶ビール  D2X 背 景  D70s レンズ : ED 10.5 ライト : 缶ビール  蛍光灯 よろしくお願いします。 では。 . 管理人:スーパードライは缶ビールの中でもっとも写り込みが厳しいビールです。 ですが、それをものともせず上手に撮影できています。 まるで、競技場の中のような面白さ、空の美しさ、缶のインパクト。 ウソだと分かっていても十分に楽しめます。 【アラ】ですか? このサイズでは全く気になりませんよ。 イイ感じに仕上がっているのではないでしょうか。
29:08/25 大河原利道氏の作品
お世話になります。 新藤様 冷やしたビール(発泡酒ですが)に水滴がついているのですが、 小さくていまいち。 ライトは夏っぽくガツンと1灯。 最近あまり飲んでなかったのですが、 スーパーに行くといろんな種類の発泡酒がありますね! びっくりびっくり!! konicaminolta α-7D minolta17-35G 宜しくお願い致します。 大河原 利通 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ohkawara toshimichi homepage: http://www.remus.dti.ne.jp/~toshim/ . 管理人:ホント、スーパーのビール売り場は何種類のビール(発泡酒も含めて)が 並んでいるのでしょう。しかも毎年新しいブランドが出ては消え・・・ さて、今回の作品、シンプルでイイですね。 水滴は自然の水滴ですか? こんな場合には霧吹きの方が良いかも。 また、気になった点が一つ。生黒ですがシャドー部の締まりが悪いのとノイズっぽい? 露出がアンダーだったんでしょうか? 或いはトーンカーブで明るくした? もっと締まっていて良かったと思いますよ。 極生はバッチリですね。ガツンと一灯も正解です。   この様な並びならばライトはもう少し正面気味でもアリです。 全体的にはスキッとしてビールが美味しそうに見えますね。 良く一灯でここまで撮れましたね。 お疲れさまでした。  
28:08/25 菅野 正文氏の作品
新藤様 お世話になってます。 今月のお題のビールですが・・・・・・・・・。 出すのをやめようか迷ったのですが、 台風の中撮影したずぶぬれの自分を讃えて載せてください。 題名は(爽快感70%オフ、不快指数4.5%)です。 使用機材 20D+70-200mm です。 菅野 正文 . 管理人:濡れたアスファルトに転がった缶ビール・・・ そう言っては身も蓋もありませんが、涙で滲んだ便せんのような味わいがあります。 このアスファルトの質感は土砂降りでなければ出せない味でしょう。 つけられたタイトルも笑えますね。 ・・・アスファルト上の激しい雨の粒がもっと写っていたなら嬉しいなあ。 それから、厳しいことを言えば・・・ 置いてあるのか、落としてしまったのか、その辺りが曖昧。 缶の底がグシャッと凹んでいても良かったか。 アッ、これはこの写真を気にいってるから無理な注文をつけてるのね。 その努力は十分に評価します。 今までの菅野さんの作品の中で一番好きです。
27:08/25 関 行宏氏の作品
新藤様  いつもお世話になります。  今月は忙しくて「すぐやる課」返上でした。  月初にテーマが出された頃はギラギラの夏でしたが、  ふと気付いてみれば、夜の風にやや涼しさを感じます。  耳を澄ますと草むらからは虫の声。  げげ、来週はもう9月じゃないか(8月の仕事が終わらない!)。 ってなわけで秋をイメージして撮りました。  手前のは小物屋で売っていた「オータムリース」。  いが栗は隣の家の木から落ちたもの。 EOS-1D + EF 100mm/F2.8 macro 右手前からストロボ1灯+カサバン 左から多少のレフ起こし  よろしくお願いします。 関 行宏 http://www.sekitechnologies.com/index.html . 管理人:ホントお盆を過ぎると夜は秋の気配が忍び寄ってきますね。 嬉しくもあり寂しくもあり・・・です。 頂いた作品、すっかり秋してますね。 まあ、夏にこだわる必要は全くなく、こんな切り口も新鮮です。 左右に振り分けた構図もユニーク、大胆。 関さんの新境地? 追伸:さあ、ボチボチ9月のお題を考えなくちゃ。
26:08/24 遠藤雅俊氏の作品
新藤 様 はじめまして。遠藤と申します。 いつも楽しくHP拝見させていただいています。 四谷のI 藤さんの「Digital Unit」に参加させていただいてまして、 スタジオD21のカメラマンをしています。 今後も参加させていただきたいと思っております。 さて今月のテーマの「缶ビール」ですが 知人からベトナム旅行のお土産でもらったものです。 (ノンアルコールビールですが、、、。) 水の中に落とすこと数十回。 水槽が小さかったのでギリギリのフレーミングになってしまいました。 どうぞよろしくお願いします。 ーーーー撮影データーーー EOS 1DMk2 、24-70mm 1/125、f11、大型ストロボ ーーーーーーーーーーーー 遠藤雅俊  . 管理人:遠藤サマ、初めまして。イキナリ難易度の高い作品で登場ですね。 水物はホント偶然が支配する世界、手強いですよね。 シャッターチャンスの問題、波紋や泡の偶然性、缶のブランド名が無事に見えてくれるか・・ 幾つものハードルを越えねばなりませんからね。 私も一時、水物の撮影が多かったので苦労がわかります。 作品はインパクトがあり、動きもあり、新鮮ですね。 敢えて、ひとこと言わせていただければ・・・背景色。 缶のカラーにはマッチしていますが、僅かにビミョーかも。 (多分悩まれたのではないでしょうか。) お疲れさまでした。来月も是非参加して下さい。
25:08/22 ヒゲMac氏の作品
お世話になります新藤様 月例作品の缶ビールを送らせて頂きました。 川に捨てられた缶ビール、それを回収(レトリーブ)する 使役犬(といっても我が家の犬ですが・・汗) これだけ高等な脳を持ちながら一番下等な事を行う人類 はいつそれに気づきその歩みを止められるのか・・・ 自分も含め、そんな思いを感じながら今日も過ぎていきます。 . 管理人:ワンちゃんの口元に微かながら人間に対する怒りが見えるような気がするのは 私だけか? 川に捨てられた缶ビールやゴミが、完全に分解されるまで・・・ 自然の浄化力だけでは気が遠くなるほどの時間を必要とするでしょう。 自分だけが良ければよいという自己中心的な気持ちは情け無いモノですよね。 今朝、スタジオに辿り着くと共同ポストの当たりに吸い殻が捨ててありました。 ここの住人でタバコを投げ捨てるような人は今までいなかったので、新住人なのか? 或いは見知らぬ来訪者なのか? 不動前駅では駅前に大きく禁煙場所と書いてあるにもかかわらず、隅ならば良いと 考えるのか、待ち合わせで喫煙している方は良く見受けられます。 しかも、困ったことに大概その手の方はポイ捨てのようです。 しまった!私情に走りすぎましたね。 余りに訴える内容の作品だったもので、つい・・・ 素晴らしい作品有り難うございました。
24:08/22 イトケー氏の作品
新藤さま。お暑うございます。イトケーです。 今月も宜しくお願いします。 神楽坂某所で行われたバーベキューパーティ。 おっ、出ました出ました缶ビール。そういえばお題も缶ビール。 ということで行き当たりばったりの手抜き写真で申し訳ありません。 帰りは電車に乗るのも気が引けるほど着衣が煙り臭くなりましたが、 暑い時のさらに暑いバーベキューはなかなか良いものでした。 EOS-10D、EF28-135、自然光、 トーンカーブ少々 http://www5d.biglobe.ne.jp/~monokuro/ . 管理人:神楽坂でバーベキュー・・・想像しただけで元気が出ますね。 手抜き写真? いやあ、勢いがあって良いのではないでしょうか。 自然光ですね、これもびっくり。色味もバッチリですね。   オオ、EF28−135・・ISでしょうか?   つい午前中も友人と28-135の話が出ていたものですから・・・   何とタイムリーでしょう。小振りで使いやすいですよと友人。 追伸:勢いついでに食べている人達がボケで見えていても楽しかったかも。
23:08/21 BEN氏の作品
新藤さん、こんにちは! 毎日こう暑いと、仕事の後のビールは旨いですねぇ...。 なんて言ってみたい今日この頃です。 . *-------------- スタジオ ベン --------------* Ben Web http://www.studio-ben.jp/ . 管理人:美しい作品ですね。 よく見るとジョッキの取手が移植されていて、かなり凝っています。 泡の表現も上手いですね。 水滴も効果的です。 インパクトもあり、フレーミングもバッチリ。流石です。 お疲れさまでした。
22:08/21 雨宮秀也氏の作品
こんにちわ 現在旅の途中です。 能登半島の珠洲市におります。 波を見ながら缶ビールでも飲むか。と思ったら。 今月のテーマでした。あわてて三脚をすえてセルフポートレイトです。 当然ですがこちらの夕日は海に沈みます。      雨宮秀也      http://www.hibihana.com . 管理人:旅の途中・・・イイ響きですね。 日本海の夕日はたまらないですよね。 ついに私の夏休みは、怠惰な毎日を送ることで終わってしまいました。 時には心の洗濯をする事も大事。 反省の日々です。
21:08/21 廣畑 勝則氏の作品
新藤様、御無沙汰しております。 廣畑です。 ドメイン取得、おめでとうございます!? 先月はあっという間に時間が過ぎてしまい、作品づくりが出来なかったこと悔しくおもってます。 で、今回も忙しさにまぎれて(ビールのむ時間はあったのです...)のみ終えた缶など....。 DCS760 PC85mm 1/60 f16 よろしくです! ■■■■■■■■■■■■■■■ グラフィックデザインエディット 廣畑 勝則 http://www.sarumac.com/ . 管理人:事務所の移転は、大変ですよね。手続きだけでもウンザリしてしまいます。 お疲れさまでした。 そんな中で今月も提出していただき有り難うございました。 今回はいつもとテイストが異り、ひょっとしてプリントですか?? ってことはないですね。mac上でプリント風かな?? いずれにせよ、今まで登場していない新しい視点ですね。
20:08/21 平井伸造氏の作品
このところCANON IXYで応募していますが今回はCANON 20Dです。 缶ビールと巨石?と青空は基本的にストレートですが、大地状の岩は無論PSで加工しまくりです。 撮影は20〜30分ですみましたが、自宅での加工ではああでもないこうでもないと、 気づいたら軽く3〜4時間は経っていました。 やれやれこんなこと仕事ではないのに無駄ではないのか、 いやしかし進藤さんのサイトで皆さんに見てもらいたいぞ、 それにしてもどうも写真がウソっぽいなあ、 さあどうする。 というわけで、どんどん深みにはまり込んでしまいました。 ところで、こんな試行錯誤もこのサイトがあったればこそ。 いつもながら新藤さんへ感謝です。 使用レンズ:18mm(CANON EF-S 18〜55mm) http://www008.upp.so-net.ne.jp/hirai-s/index.html . 管理人:平井さん、お疲れさまでした。イイ感じに仕上がっています。 全体のバランス感覚が秀逸です。 キャッチコピーを入れたくなるような作品ですね。 もし私が、このシチュエーションで撮影するなら・・・ もう少し光をサイド光になるまで待つか・・・ そうすることで遠近感、立体感が得られると思います。
19:08/21 中畑 佳久氏の作品
新藤様 お久しぶりです。一回目のオフ会に参加させて頂いた中畑です。 神保町で声をかけて下さいました時以来ですね。 初めて送らせて頂きます。 はじめは自分の口に口紅を塗ってやろうかと思ったのですが、 見る方も気持ち悪かろうと思い、妻にお願いしました。 バックは自分の家の食卓です。 ライティングらしい事もしていないので、作品とは呼べませんが笑って許して下さい。 EOS1Ds EF180mmマクロ ISO100 絞りF6.3 1/12 秒 家にあった普通の60w電球2個で照明 . 管理人:中畑サマ、お久しぶりですね。そして作品展へは初めての参加有り難うございました。 目線を変えたアプローチ、ユニークでイイですね。 ストレートではなく、変化球。 これも大事ですよね。勉強させていただきました。 来月も是非参加して下さい、お待ちしております。
18:08/18 fss2301氏の作品:その2
タイトル:缶ビールの塔 昨日の昼間、公園で缶ビールを放り投げて撮影してみたものの いまひとつ面白みにかけるので、夜に缶を積み重ねて撮り直し したほうで投稿します。こちらも、どこかで見たような写真に なってしまったのと、ボケ具合があまりきれいじゃないのが…。 D70 + Nikon AF-S DX 18-70mm F3.5-F4.5G 絞り優先f14 2sec AWB 光源:蛍光灯 フォトショップにてトリミング、トーンカーブ&カラーバランス調整 WEBネーム:fss2301 HomePage:http://fss2301.dyndns.org/dc_up/dc_up02.html . 管理人:今月2回目の投稿有り難うございました。 さて、作品ですが苦労されたようですね。 ボケはここまで積み重ねるとパンフォーカスは無理です。 私的には、全く気になりませんよ。 問題は、ご自身で描いたイメージにどこまで近づけたかと言う点。 構図としては面白いのですが、何処かに無理があるのかも・・・
17:08/17  谷口正規氏の作品
新藤様 ごぶさたしております。 vivo 谷口です。 例年ならこの時期は閑古鳥が鳴いているのですが、今年は「休み中 にやっといてね」などという理不尽な仕事のおかげで(そういうの にかぎって儲からないんです)、新しいライトも作れていません。 17日昼に打ち合せに行くために家を出たらこれはまたいい天気で、 日差しにクラッときた瞬間に月例写真のアイデアが浮かび、遅刻覚 悟で撮影しました。 シチュエーション的にはよくある感じですが10分程度で撮ったにし てはまあまあかなと思っています。 右手にカメラ、左手にホースで撮っています。 ブツは庶民のみかた発泡酒ですが、ラベルの見た目で選択しました。 よろしくお願いいたします。 谷口正規 _V_I_V_O___________________________ _M_A_S_A_N_O_R_I_T_A_N_I_G_U_C_H_I_ http://www.vivo-design.com/ . 管理人:遅刻覚悟の撮影、有り難うございました。 思い立ったときに実行するって、とっても大事。でもナカナカ出来ないこと。 その実行力にまず拍手です。しかもこの暑さの中で打ち合わせの出掛ける前ですからね。 で、作品をみれば、とても10分で仕上げたとは感じさせない出来です。 清涼感もあり、動きもあり、これまた【ビールが飲みたい】という欲望に 水を注ぐ・・否、火を注ぐような出来でしょう。 お疲れさまでした。
16:08/17  福岡のTTH氏の作品
新藤様今回も参加させて頂きました。 今回何故かヒラメキがなく暑さのせいか?それとも。。。 いつもはD70での作品でしたが、息子のカメラを拝借しまして 撮影しました、D2Xに17~35、背景は12~24です。D70がおもちゃ に見えてしまいますが、D2x確かに良いカメラですね、さて作 品の背景は熊本です、ジャンボなビールにはピッタシの絵では ないでしょうか?ここ二三日ビールの飲み過ぎか胃の調子が悪 いのですが、進藤様くれぐれも暴飲にはご用心下さいませ。そ れでは、宜しくお願いします。 . 管理人:おお〜、コピー入りですね。発想がユニークですね。 背景もピッタリ。良く出来ています。 福岡の夏は如何ですか? 東京の夏は年毎に暑さがキツクなっています。 夜になっても暑いまま・・・ 地球はどうなってしまうんだ?とチョット心配してしまいますね。 そうそう、飲み過ぎは要注意ですね。胃が痛くなったりしますよね。 最近は、焼酎を飲む機会が東京でも随分増えたようです。 ご心配有り難うございました。 追伸:今度コピー付きで・・という月があっても良いですね。
15:08/17  たも。氏の作品
 新藤様こんにちわ。  工具に参加させて頂いた『たも。』です。先月のテーマ『夏』は色々考えすぎて 今イチピンと来るモノが撮れなくて…期限が過ぎてしまいました。 今月もアルコールが飲めない私には無理なテーマかな?と思いつつも、 頂くばかりでドンドン増えて行くビールの置き場所も考えながら、いつ冷やし始めたか 解らないくらい古いビールを自宅のウッドデッキに持ち出してスナップしてみました。   ちょうど田んぼで農作業されているおじさんがいて、背景の一部になっていただきました。 農作業の後はこんなビールがウマい!と感じるんだろうな〜なん て思いながら、私は麦茶の方がおいしいですが( ´ー`)  EOS1DsMK2  RAW TS-E90F2.8 ISO100  自然光 絞りF32 Photo shop CSにて現像 アンシャープのみ  http://tamolc80.exblog.jp/  . 管理人:【たも。】さん、こんにちは。二度目の参加有り難うございます。 デッキからこんな眺めを堪能できるなんて素晴らしいですね。 こんな場所で冷えたビールを飲めたら極楽!!ですね。   冷えた麦茶でも勿論極楽ですね。(笑 そんな気にさせてくれる、癒してくれる素晴らしい作品ですね。 撮影されたのは午後でしょうか? 日差しの向きの問題やフレーミングの問題だったり 制約はあると思いますが、露出はもう少しアンダーでも良かったかも知れません。 それと、もう一つ。個人的な希望ではありますがこの素晴らしい風景をもっと見たい・・・ そういう意味で90mmではなく35mm辺りで狙ってらどんなかなあ・・・ なんて、思ってしまいました。
14:08/16  岡野隆一氏の作品
こんにちは、岡野です。 月例作品のカンビールの写真を送らせて頂きます。 今、2:00 撮影を終わり、呑みながらメールをしています。 暑い日は昼からの一杯はいいもんですね。 では、よろしくお願いします。 http://www.cyberoz.net/city/okano/ . 管理人:岡野さん、今月も参加していただき有り難うございます。 缶に付いた水滴の立体感がお見事です。(この手は岡野さん??) さて、先程までレンズを向けていた冷えたビールを心地よく頂く。 これは何物にも替えがたい至福の一時ですね。 でも・・・まだ午後3時。クイクイ行くには時間が早い?? え〜、クイッと行くのは一本にしときましょうね。 . 追伸:これだけ寄っているのにピント結構深いですね。 相当絞ってる?
13:08/15 草野氏の作品
新藤さま 今月の写真送らせて頂きます。ビールと猫です。 「ニャンだこのメーカーは」と言っている時にパシャリです。 よろしくお願いします。 10D 100mm Macro 1/200 F5.6 左からストロボ 草野 http://taikopon.jp/ . 管理人:いつかミーちゃんが登場してくれるものと期待しておりましたが 遂にオリオンビールと共演。 いつもキレイになってますね、この手がたまらない。ピンクの鼻がたまらない・・・ もっとちゃんと画面に入れてあげて下さいな。 ・・・しまった! ミーちゃんの話ばかりしてしもうた。 左からストロボですね。いい具合に入ってます。(ミーちゃんも慣れてる?) オリオンビールという選択も拘っていていいですね。 これが窓辺なら尚良し。緑が見えれば更に良し。海が見えたら最高。 . しつこいようだけどもう一度言うなら、もう少し引く。 ミーちゃんをチャンと入れる。だって共演でしょ?
12:08/14 123氏の作品
初めまして、広島県在住のアマチュアでございます。 随分以前から「新藤」様のサイトは拝見致しておりましたが 今回、どうしても参加したく投稿致しました 個人的に凄く「コマーシャルフォト」に興味を持っており、素敵な写真を見ますと 真似ごとをしていますが、いつもプロは違うなーって思う結果となっております プロの皆様方の目からしてみれば、なんのヒネリもなくライティング?も「わや」ですが お許し下さいませ。 123 http://blog.goo.ne.jp/powered-123/ . 管理人:初めまして。ブログも拝見させていただきました。向日葵イイですね。 さて、頂いた作品ですが相当レベルが高いですよ。 先ず空が素晴らしい。(これは合成ですか?) 全体の構成もイイですね。(広告的ですね。)ブツと奥様の手のコントラストもイイ感じです。 【やわ】ではないですね。かなりガツンと来ているのではないでしょうか。 もし、敢えて言うならば・・缶ビールの歪み・・広角で端にあるために引っ張られていますが もう少し矯正しても良かったかも知れません。 来月が楽しみですね。
11:08/14 尾苗 清、氏の作品
月例の一本目送らせて頂きます。 すいません趣味の世界持ち出してしまいました。 漢(男)の世界って事でココはガツンと媚びない味を守り続けるアイリッシュで行きたいと思い スタウトのギネスです。 女人禁制な漢の世界でもある(ただ単に独身とも言う)アタシのタイイングデスク周りを整理して ソレ風な物を配置しサイドからキミーラバンク一発、レフ無し、 ビールも一本しか無いので一発勝負です(笑 カメラはS3-proを選び撮影しましたが、バッファの関係上撮影スピードに制限が..............。 素直にD2Xにすれば良かったです。 なにぶん一発勝負で注ぎましたので泡の量が少し多めですが お仕事撮影では無い事を良い事に是で出しちゃいます。 (仕事なら泡はもう少し少なめにしてグラスのロゴを引き立たせますが、 そこまでやると撮影中に新橋の金曜深夜にワープしちゃうので) カメラ:S3-Pro レンズ:VR-24-120mm 絞り:f8 AWB HS-V2:ラチチュード400%以外は素のまま現像 PS-CS2 :彩度下げ 後ろのボディントン・エールビールお薦めです。 今回は500mlはレギュレーション違反なのでエキストラですが 缶のデザインも味もGood!!な男の漢ビールです(笑 http://www.ne.jp/asahi/crazy/crow/ . 管理人:お待ちしておりました、1本目ですね!。 ウンウン、全く漢の世界、バッチリですね。 ワントライでここまで来るとは流石です。 ところで・・・国産発泡酒に押されてかハイネケンやクアーズは見かけなくなりましたね。
10:08/12 ぷーさんの作品
物撮りとは、ちょっと違った写真をば。かわいい女の子と 暑い中、ビールで乾杯っていいですよね。撮影中に協力して もらいました。逆光のフレア加減で夏っぽさを狙ってます。 モデルの金城真央ちゃんのサイト http://mao.littlestar.jp/ EOS 20D + EF35mm F1.4L USM 絞り優先F5.6 1/60sec ISO1600 AWB 自然光 フォトショップCS2にて調整 http://digitalpoohsan.hp.infoseek.co.jp/ . 管理人:久しぶりのモデルさんの登場です。 オッ、レンズはEF35/1.4ですね。 逆光のフレアはレンズ由来のものでしょうか? 意外に多いような気がしますが・・・ ・・・それはさておき、人物の登場もイイですね。新鮮です。 彼女の表情も上手いところを捕らえましたね。 先月に続き参加有り難うございました。
9:08/12 福井のn.u.(谷口)氏の作品
お盆進行、おつかれさまです。 福井のn.u.こと、谷口です。 夏の暑さもピークを迎え、ますますビールの美味しい季節ですね。 と、思っていましたら、本日、福井は『土砂降りの雨』の中… とても涼しい日となりました。 誘惑に打ち勝ち、撮影を行うチャンス!到来です。(笑 『最後の一滴まで美味しく飲みたい』左党な人間の心象風景?ですかね。 ビールをグラスに注ぐ、ファインダーを覗く、ちょっと注ぎすぎたみたいです、 「ゴクゴク、プファー」あれ、今度は少ないじゃん。ちょっと注いで、 あぁ、多いって、「ゴクゴク、プファー」。。。。。 (以下、五回以上この作業を繰り返し(笑)) 岡八郎のギャグじゃ無いんだから…。反省です。 では、よろしくお願いいたします。 -- std.nukes. ==Taniguti*syuzi*hidehalu== http://nuphoto.exblog.jp/ . 管理人:潰した缶も絶対に登場する・・・そう思っていましたが 私の予想を越えたアイデアでしたね。 実際にグラスに注ぐと泡の感じが意外に微妙だったりして、5回以上も注ぎ直したとのこと。 分かります、その苦労。 楽しい撮影、お疲れさまでした。
8:08/12 橘 利器氏の作品
小麦畑が赤毛なら、二条大麦(ビール麦)の畑はプラチナブロンドです。 麦畑に吹く風は、もう秋の風。プラチナブロンドが波のように柔らかく風になびいて、 あと1週間で刈り入れの畑で、お気に入りのご当地ビール、サッポロ・クラシック。 北海道地区限定発売の麦芽100パーセントとホップだけの本格ビールで、のどごし爽 やか!! http://www.sip.or.jp/~trout/ たちばな@北海道   . 管理人:45Kの距離を飛ばして撮影に行かれたとのこと。 有り難うございます。 その苦労は報われています。 麦に囲まれたサッポロクラシックは幸せそうに見えます。 太陽と自然の恵みと農家の努力の賜物なのだという思いを改めて感じさせてくれますね。 奇をてらわない堂々とど真ん中もイイですね。 素晴らしい出来と思いました。
7:08/10 asa_k氏の作品
空想上の動物「麒麟」 最近ちょっと地味な「一番絞り」でも堂々「麒麟」。 両親も祖父母もお酒を飲まない家庭に育ったので 父親の友達が遊びに来た時か 盆や正月に叔父達が来た時ぐらいしか 卓上にビールが出なかったのです。 小学校2年生の頃からだと思うですが 叔父達が抜いたビールの王冠を拾って こっそり嗅ぐのが、たまらなく好きでした。 そして今では酒のみになってしまい その時の視覚も奪われてしまうような唯一無比の香りを 2度と体験する事が出来ないのは残念ですが その時のビールは間違いなく「キリン」でした。 そして王冠の裏はコルクが貼ってあったのでした。 カメラ_NikonD70_50mmf・1.4 自然光 レフ 後処理 . 管理人:キリンラガーと言えば昔はビールの代名詞でしたよね。 ところが、気が付けば順位が入れ替わっていたりする。 世の中判らないものですね。(政治の世界もね) しかも、ここ数年は嘗て経験をしたことが無いような焼酎ブーム・・・・ですし。 今月のasa_kさん、キリンのマークが夢の中に出てきたようなチョット幻想的な作品。 全体にイエロー系に統一感を持たせ、馴染ませたことは良い結果をもたらしていますね。 有り難うございました。
6:08/08 松本成実氏の作品
新藤様 こんにちは。松本です。 毎日お暑うございます。 それをいいことに、ついついビールを飲み過ぎてしまいます。 さて、今月のお題。缶ビールを投稿いたします。 富士山ビール。富士五湖を巡る。 ビール会社各社がそれぞれに工夫をこらし 定番もの。斬新なものと缶ビールの広告写真は 世の中にあふれかえっています。 そんな巷のイメージに左右されずに 気持ちの酔い、もとい。気持ちの良い写真は なかなか手強いテーマですね。 困った時には旅に出よ。 「おとーさん。運転するのに缶ビールなんて!」の声。 でも湖につく度に、あれこれと缶をかざして ストロボあてて。ちょっとこの角度で持ってて・・・。 「あぁ、今月のテーマは缶ビールなの?」 新藤さんのサイトに投稿することは もうすっかり家族のなかにも浸透しました。 本栖湖、精進湖、西湖、河口湖、山中湖。 富士山ビールは家族と一緒に富士五湖を巡ります。 運転手のおとーさんは開けたビールを飲めませんでしたが(本当?) 富士の周辺、忍野や富士宮の沸き水が体に沁み入るようでした。 CANON 10D SIGMA 20-40mm 泡が吹き出ているカットは580EXも使用

管理人:松本さんの旅シリーズですね。土日でいってらしたのでしょうか? 
西湖でプシュッは上手い具合に吹き出していますね。(ホントは10本ぐらい開けてたりして・・・笑)
・・・気が付けば夏休みも中盤にさしかかろうとしていますが、我が家では何の計画もまだなし。トホホ。
頂いた作品は、どれも手で持つという設定なのに色味やフレーミングの違いでリズミカルに変化が付いています。
小さくつけられたコピーもピッタリ。
楽しませていただきました。
5:08/08 fss2301氏の作品
新藤様、今月の月例作品1枚目を提出させていただきます。 お酒はあまり飲めない私ですが、さすがに夏の暑い時は 缶ビールの35缶を自ら買ってきて飲んでいます。 そして1本で十分酔えてしまうリーズナブルな私です。 さて、今回の作品ですが、先月のお題「夏」でも通用しそうな雰囲気に合成してみました。 タイトル:夏の楽しみ 8月5日に仙台七夕祭りの前夜祭花火大会があったので そこで撮影した花火をぼかしてバックに合成しました。 缶ビールは今ではサッポロが売っている「エビス」です。 本当は、もう少し合成っぽさを消したかったのですが…。 ところで、仙台では毎年8月6日〜8日に七夕祭りが盛大に行われています。 そのため、子供の頃から七夕を感じるのは、7月7日ではなくこの時期となっています。 新藤さんは仙台七夕をごらんになったことはありますか? D70 + Nikon AF-S DX 18-70mm F3.5-F4.5G フォトショップにて缶ビールと花火を合成 WEBネーム:fss2301 HomePage:http://fss2301.dyndns.org/dc_up/dc_up02.html . 管理人:取れ立ての花火にエビスビールですね。イイですね。 冷えたビールを頂きながら、花火にウットリする・・・ 夏の醍醐味の一つですね。 私は未だ仙台の七夕は体験していないのですが、今日までですね。 きっと賑わうんでしょうねえ。 さて、作品ですが全体的には大変夏らしく、ビールにピッタリ。 もし私が、この題材で合成作業をしたならば 花火の背景をもう少しブルー味を残すかなあ。 (トーンカーブで暗部のブルーを上げ下げすることで調節できます。) 花火はもっと大きく入れてもアリかなあ・・・ なんて細かいことはさて置き、今回のこの組み合わせは、ホントピッタリ。 有り難うございました。
4:08/05 新藤修一の作品
ビールを昼から飲んでクダをまいてはいけません。 自分が最強になったと錯覚してはいけません。 お酒は二十歳になってから(笑 . 今月はチョットコミックタッチに迫ってみました。 空は勿論アリモノ。   もっと夏らしい空が欲しかったのですが、手元には残念ながら・・・無い。   そんな訳で季節不明の空です。 キリンクラシックラガーに深い意味はありません。デザインがピッタリかと・・・   このビールも好きな部類ですね。ハイ。 六本木ヒルズに敵意は全くありません。 東京の新しいランドマークとして相応しいデザインでしょう。 . EOS20D+sigma30/1.4 大型ストロボ一灯使用
3:08/05 柴崎旭仁氏の作品
新藤様初めまして柴崎旭仁と申します。 テーマが缶ビールと言う事でまず飲まないビールを買いに行き,最初のイメージが (水のなかに缶ビールが水滴とともに落ちている)というので 川にビールを投げ込んで(原始的)撮影してたのですが4,5回投げたとこで川底に当たって 穴が開いた缶ビールが噴水を上げてお陀仏。 気を取り直しつつビールも買いなおし再びチャレンジ。 撮影後、家のパソコンで確認してみるとなんとも缶についた水滴がなんとも中途半端(泣) ということで水滴が出なくなった暑そうな缶がOKカット。 そんなこんなの初心者ですがよろしくお願いします。  カメラコニカミノルタアルファー7D レンズ17〜35 シャッタースピード 500分1 F8 5500K固定 ISO100 homepage http://www.megaegg.ne.jp/~civa/ . 管理人:柴崎サマ、初めまして。飲めないビールをお付き合いしていただき恐縮です。 撮影に費やしたその熱意はこちらに十分に伝わってきます。お疲れさまでした。 心の中にイメージを抱くこと、そして諦めないこと。原因と結果を考えること。 これさえ怠らなければ、間違いなく写真は上達します。来月も是非参加して下さいね。 追伸:缶ビール左側のハイライト、結構利いていますね。 欄干?の入り方はチョットビミョー。
2:08/03 西出篤夫氏の作品
毎度でございます 2回目の大阪の西出です 事務所にあった缶ビール(発泡酒)をかき集めて LEDライティングで撮影してみました 結構広角レンズだったのと、横着して、カメラ固定にハスキーを使用したので ライトがうまく触れ回せず むらむらになってしまいましたが これもこのライティ ング方法の味かなとおもっております。   試行錯誤している間に2本開いてしまいました。。 ニコンD2X シグマ15−30 F13 30秒 LEDライト 西出篤夫 . 管理人:2本開いているところが微笑ましいですね。 ムラになっていることは、全く問題として感じません。 アルミの質感も十分出ていますし、背景の床?もイイ感じ。 出番を待つ整然と並べられた缶達・・・ さて、残りのビールは何日間で空いてしまうのでしょう??
1:08/02 伊藤裕一氏の作品
新藤様 お世話になっています、四谷の伊藤です。 今月はお題は直球ですね。 翌日ですが、神宮花火大会を見る会でお伺いしたデザイン事務所の屋上で ビールを飲みながら、気がついたらお題の事を考えていました。 今回はテーブルに置くだけの手抜き撮影ですが、早出しという事でご勘弁を。 では宜しくお願いいたします。 http://ito-works.web.infoseek.co.jp/ito_no1.html 伊藤裕一 . 管理人:伊藤サマ、こんにちは。ホント速いですね。 直球を見事にセンター前ヒットでしょうか? テーブルへの写り込みがキレイですね。 今のままでも十分なんですが・・・これで、雲が入道雲なら文句無し・・・ . 追伸:ビールなら黒ラベル、いいですね。スキです。 ところで、個人的には最近のビールには抵抗があります。 昔風の苦いビールが飲みたい。 でもないんですよね、そういうのが・・・残念。
このページの先頭に行く
2005/08/31 EOS5Dに触ってきた/CD納品袋用シーラー。
お茶の水のY氏が【銀座で5D触ってきましたよ】というので
私は今朝、新宿で触ってきました。
先ず気に入ったのはシャッター音。10D系の控えめな音、いいですね。
マルチコントローラー(測距点セレクトボタン)、20Dと見た目同じですが中間点も選択しやすくなりました。
液晶が大きくなリ、同時に表示される文字も大きく・・・老眼気味の私にも優しい。
気になった点、測距点が中央によりすぎは想像通りでガッカリ。
肩に付いているモードダイアル、シルバーの縁取りはカッコ悪いし意味ない。
展示機には同時発売予定のEF24−105/F4/ISが装着されていましたが
このレンズは歪みや周辺光量の落ち方もまあまあ・・かなり気になるレンズですね。
  EOS5Dにこのレンズを組み合わせるとソレナリな重量にはなりますね。
ところで、CFカードスロットにはテープが貼ってありデータのお持ち帰りはまだ出来ないようです。残念。
  残念ついでに書けば、触ってもナンカ新鮮味が少ないのね。
  何処かに新しさが欲しかったなあ。
     チョット言い過ぎ? 見解の相違?
     別の見方をすれば、一眼デジカメが完成の域に到達しつつあるということか。
     次の大きなブレークポイント、例えば3層式受光素子、例えばゴミ撮り装置付き(オリンパスのような)
     例えばボディ内手ぶれ補正機構(コニカミノルタのような)、例えば究極のAF
     これらが全て解決できれば、素晴らしいのにねえ。

昨日書いた納品袋は、左のような簡易シーラー(1000円程度?)で密封できます。
本格的なものは2万円程度、ヤフオクなら4〜5千円で購入可。
楽天やヤフオクで検索すれば出てきます。
一台あると結構便利ですよ。
  スタジオでは本格的なシーラーを使用しています。


      
追伸:書いていてメールが一通届きました。 送り手は info@anti-digital.com  全く存じ上げない方からです。 タイトルは・・・Re:Document 添付ファイル付きです。 ゲッ!ウイルス付きメール!! 最近この手は大分減ったようですが さすがanti-digitalさんとでも言うんでしょうか、困ったものです。
2005/08/30 CD納品袋のチョットした進化。
またこれです。2005/01/21 CD納品・・・どんなケースに入れてますか??
私がCD納品するときに使用しているラミパックNO.40。(福助工業製)
流石に【まま】ではナンナンで、最近こんな風にしています。
表面は紙(内側はラミネートされていて耐水、加熱で密封可)ですので
インクジェットでプリントできます。
ホラ、チョットそれらしくなったでしょ。
言わなければマーケットでコロッケ入れてくれる袋とは思えない。(笑
.
ついでに書けば・・・スタジオ内で重ねておくにもかさばらない。
出し入れしやすい。書き込みがしやすい。
コストが安い。
と、結構個人的には気に入ってるんだけど・・・
.
このラミパックにCD-Rをいれ更に紙封筒に入れる。
この方法で郵便、佐川急便、バイク便等を使用して相当数を
納品しましたがトラブルは皆無でした。
.
追伸:これがナカナカ売っていない。
Aーpriceと言う業者向けの店で調達していたんだけど、あったりなかったり・・
ネットで検索すると楽天に一軒。(高い)
秋田に問屋が一軒。
問屋は安いけど4000枚単位ですと。送料込み11130円だったか。
誰か共同購入に乗る方いませんか??
追伸:18:08 お茶の水のY氏が挙手してくれました。
共同購入までもう一息。
追伸:18:30 仙台のO氏も参加。
エ〜ト希望者の方は必要枚数も書いて下さいね。
500枚一口で1500円にしましょう。
追伸:08/31 狛江のTさん、千葉のNさんも参加してくれました。 私も含めて5人ですので注文することにしました。 尚、今後いつでも、追加注文を受け付ける予定です。有り難うございました。
2005/08/28 LEDライトセーバー/他。
LEDライトセーバーについての質問をいただきました。
ここで、改めてこのライトについておさらいしましょう。

先ず構造ですが、絶対的な決まりはありません。
多くの方はスチレンボートを加工して製作しています。
内部の構造についても私は白のままですが、アルミ箔を張っている方もいます。
完全な面光源を目指す方もいれば私のように、それにあまり拘らない方もいるでしょう。
スチレンボードは加工もしやすくコストも安い。
   プロの方なら、大抵スチレンボードの余り物って持ってますよね。
何度でもカットアンドトライが出来、テストしながら具合の良いデザインに決めていくということで
よろしいのではないでしょうか。
裏側はパーマセルの黒テープなどで必ず黒にしてください。
また、裏側から見て光が見えないということも大事です。
LEDライトは強ければよろしいかといえば必ずしもそうとも限りません。
お勧めは1wから5w辺りでしょう。出力が切り替え式なら尚良好です。
   現在入手できる最高出力がLEDタイプでは5Wです。
   デジカメの場合、AWBが付いているので発色に厳密に拘る必要は
   減りましたが、なるべく太陽光に近い色味が望ましいことは言うまでもありません。

次に撮影時の注意ですが
部屋やスタジオは、真っ暗でなくても大丈夫ですがなるべく暗くしてください。
さて、被写体をセットしカメラは丈夫な三脚に取り付け可能ならばレリーズを使用します。
   シャッター速度は10から30秒程度がお勧めです。
   ノイズリダクションはONにして下さい。
   床もしっかりとした場所が望ましいです。
   畳の場合には、上半身だけの移動で何とか作業できれば可能か。
シャッターをレリーズしライトを点灯。
頭に描いたライティング目指してあるときはゆっくりと、場所によってはスピードを上げたり・・・
   そのときの注意点ですが、特別な事情がない限りライトは動きを止めない。
   ライトは、なるべく被写体に近づける。
   近づけることと移動させることで、被写体から見たライトはバーチャルな面光源になってくれるのです。
   離して固定してという使用法ならストロボのほうが遥かにメリットがあるはずです。
レンズの前を横切ることを恐れない。
   この点はこのライトならではのメリットです。
ライティングは慣れれば想像していたよりも遥かに簡単だったでしょう?

デジカメとLEDライト。どちらも数年前までは想像が出来ない組み合わせです。
何でも撮れるかといえば向き不向きはありますが、
フィルム時代なら何時間もかけてライティングをしていたものが、
僅か数分でとり終えてしまうこともありえるのです。
同じライティングで50カットなんていう撮影には不向きですが、絶対に一台あれば重宝しますよ。
   既に全国的に言えば恐らく数十人の方が製作されたのではないでしょうか。
発案者の伊藤裕一氏に感謝です。
2005/07/05 LEDペイントライティング或いはLEDライトセーバーの勧め。

中版や大型カメラを使用しなくなって久しい。 それは35mmタイプ一眼デジカメを私が使用しているためです。 その私が使用しているEOS1Dsmk2にせよ1Dmk2にせよ、値段はそれなりですが ほんとのことを言えば・・・例えば入門機であるキスデジと撮影された画像を比較した場合でも 画素数以外、殆ど変わりがありません。   使い勝手や、サイズ、重量は大きく違うとは言うまでもありませんが、   少なくとも物撮りで違いを見出すことは難しいでしょう。   また、大きく重いカメラは十分な体力を必要とし誰もに相応しいとは到底考えられません。   ちょっと前までEOS10Dで多くの仕事をこなしていた私が書くのですから、【間違いない】でしょ? 最早、値段が高いから良いものが撮れるという図式は成り立たないということですね。   フィルム時代なら、フィルムの差や、照明機材の差、などアマチュアとプロの距離は   随分離れていたこともあったかもしれませんが、ことデジカメに関して   その距離は著しく縮まったといってよいでしょう。 つまり、同じ土俵にプロとアマチュアが立っているということです。 この傾向は、この先もっともっと顕著になっていくことでしょう。 WEBSITEにしても同様なことが言えます。 嘗てはサイトを立ち上げることは勇気と努力と多少のスキルが必要でしたが 今はブログという強力で簡単な手段が用意されていて 実際に多くの方が、ブログを利用して写真や話題を供給しています。 誰もが参加できるということです。   この先、広告写真というジャンルで言えば、写真がなくなるということはないと思うものの 質は恐らく変化していくでしょうし紙媒体はこれからも減少し続けるでしょう。 高画素ボディはいずれ然程必要でなくなるかもしれませんね。   全く不必要かと言われれば、そんなことはないのですが・・・    600万画素で、或いは300万画素で十分という時代だって来るかもしれません。   或いは素直に、嘗て印刷サイズでフィルムサイズを選択したように、仕上がりサイズでデジカメも選択する   そんなふうになるのか? また消費者は、特に実用的な商品では、夢を膨らませるイメージよりも商品の具体的な情報や 実際の使い勝手を欲していることが多いようですし、過去の実績や拘りを引きずると 痛い目に会うのではないでしょうか。(と、自分に言い聞かせる私でした。)
2005/08/25 あなたの車にもお一つ如何でしょう?
 これは、何でしょう?
 って直ぐに分かりますよね。クルマのサイドウインドーです。
 でもただのガラスじゃない。銃痕が五つ・・・
 そう、防弾ガラスの撮影でした。
   銃痕の部分は割れないように補強がしてありました。
 嘗ては(ちょっと前までは)これが5Cm近い厚さがあったそうです。
 それが今はこの厚さです。
 まあ、こんな物騒な時代ですからそれなりに需要があるのか。
 某社の会社案内のワンカットでした。
 .
 追伸:因みにガラスだけ強化しても余り意味はないそうです。
 その下の部分、鉄板ですね。コンマ何ミリという厚さではそちらが
 貫通してしまう。って訳で相当な出費は覚悟でしょう。
追伸:08/30 Ninjaさんからメール頂きました。 万が一撃ち合いに巻き込まれるようなことがあったなら・・・ドアの陰に隠れては危険だそうです。 ボンネットの陰に隠れる、これが比較的安全だそうです。 防弾ガラスや強化鉄板でないかぎり、ドアを貫通することはいとも簡単と言う話でした。
2005/08/23 EOS5DとEOS1Dmk2の仕上げの違い?
 下の2枚の写真は、キヤノンのサイトから引っ張ってきたものです。
 何か違和感を感じて撮影したのが左。
 当然?LEDライトセーバーでの撮影(笑
 私が使用しているボディですのでチョット汚れています。
 さて、何に違和感を感じたのか・・・
 それは仕上げです。妙にテカテカして見えたものですので
 試しに1Dmk2を撮影してみたのでした。
 ボディはプラスチックではないはずですが、もう少しマットな
 仕上げの方が好ましいですよね。
 また、よく見るとペンタ部の造形も異りますしマウント部も
 若干の変更を受けたようです。
 .
 ところで・・・真正面から写真をとることは結構手強いもの。
 ましてテラテラなら相当に手強いでしょう。
 EOS5Dを撮影された方は苦労されたのではないでしょうか。
 ・・・それとも・・・
 明るく明瞭度を上げるためにレベル補正をイジリ過ぎ?
 レンズの周りが明るすぎるような気もしてきましたが・・・
 .
 手の届く価格(といっても十分な価格ですが)でフルサイズ。
 キヤノンってばホント矢継ぎ早な上にタイムリー。
 暫くは入手困難もありえそう。
 9/3に特別発表会を開催するようです。それまでのお楽しみですね。
 
2005/08/23 噂のEOS5D、登場。

ついに姿を現しましたね、EOS5D。http://www.canon.co.jp/Imaging/eos5d/index.html
噂通りのスペック、デザイン、値段、操作性。
電池が小さくなった(10D、20Dと共通)ことは、大歓迎。
液晶の大型化も嬉しい。
ダイナミックレンジが広いと謳っているようだけど、使うまでは未知数。
このボディは軽くて(といっても十分な重量、810g)下が無い分小型化され、私的には嬉しい。
   正直言うと、このデザインに新しさは感じない。むしろ古くさい感じすらする。
   ボチボチ、新しい形が欲しいかな。
1280万画素は必要にして十分(過ぎるか)。
これでコマ速が5コマ/秒なら敵無し。(実際には3コマ/秒)
AF測距点が45点なら尚良し。
   AF測距点セレクトボタンが20Dと変化無しなのは残念。
まあ、その〜、N社のD2Xキラーとでも呼びましょうか。
イワユル一つの刺客ですね。選挙同様暫くは暑い季節となりそうな。
eos5d_sample-e.html
上はサンプル写真。気になったのは3番の風景写真。
写真下左右・・・広角特有?の周辺部の乱れが出ている。
ま、これは仕方がない部分ではあるけれど・・・EF17−40 F8.0ですね。
   でも・・・広角レンズ、及び広角系ズームレンズ、もっとガンバレ!
これ以外は、悪くはない。かなり良い。
.
ついでながらEOS1Dmk2Nも登場。
PENTAXからは*istDS2も出たみたい。
.
追伸:1 日本のキヤノンサイトでも正式にアップされました。http://cweb.canon.jp/camera/eosd/5d/index.html(午後2時20分現在)
ここを見て気づいたことはAF測距点、8点プラスアシスト6点といわれるもの。
中央部によりすぎて使いにくそう。クロスタイプが少ないこともガッカリ。
しかしながらオプションで用意されたスーパープレシジョンマットスクリーンは評価できる。
   これが、1Dシリーズにも流用できることを強く要望。
正面向かって右側サイドのストラップ金具。
鋭角そうで20D同様、ストラップがグズグズになりそうな予感。
   とは言え、デジタルカメラの場合、新しい製品ほど完成度とコストパフォーマンスは
   良いと相場が決まっている。
   さて、私の周りで何人がこのボディを入手するのか・・・早く触ってみたいものですね。
.
追伸:2   話題は変わり、私のサイトのカウンター。
忍者ツールズから無料レンタルしています。(更に言えばアクセス解析も)
今までのinfoseekのものと比較すれば一長一短。
変わったところでは、カウンターにカーソルを合わせるとwin機なら一週間分のアクセス数が見られます。
macでサファリではダメ。
FIREFOXならばOKらしいです。(目黒のK氏が教えてくれました。)
.
こちらに移転して10日程過ぎましたが8割り程度の方は既にお気に入りを書き換えてくれたようです。
  つまり未だに2割り程度はinfoseekから飛んできているということですね。
検索エンジン(google)にはタイトル程度しかまだ掛かってないようです。
.
追伸:3 午後の数時間、追伸1のリンクがダラダラと長ーく続いてしまう事件がありました。
野外系氏からの指摘で判明しましたが、macでは見えなかったので安心していたのです。
この様なことは過去にもあって、自宅のwin機で判明したことは数度。
試しに追伸2で紹介したFIREFOXで確認して見ると・・・オ〜〜見えます。
面倒だけど、両方で確認したほうが良い様ですね。
  原因は<FONT>と</A>の間にスペースが紛れ込んでいたためでした。
2005/08/22 夏バテには【酢】、お薦めです。
先週は大した仕事もなく、夏休みしてしまった都合上月例作品展へのアップが遅れてしまい
ご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。
では、その休みの間有意義な時間を過ごしていたのかと問われれば、答えはノンです。
ゆっくりとした、怠惰な時間を過ごせたという意味では贅沢ではありましたが
暑さにかまけて殆ど何もしなかったかも・・・
年のためもあるかも知れません、また毎年平均気温が上がり続けているためもあるかも知れませんが
夏の暑さが辛くなってきている様です。
所謂、夏バテ気味ってやつ。
で、これではイカンと、二日ほどですが【酢】の効用を試してみたのです。
  酢は米酢、リンゴ酢、黒酢等々、種類は意外にあって、それぞれ味が異ります。
  キッチンにある数種のお酢を希釈試飲して見て下さい。
私がトライしてみたのは、黒酢に梅を暫くつけ込んだもの。
グラスに氷を入れ酢を4〜5倍希釈して、クイッと頂きます。
  蜂蜜を加えれば更に飲みやすくなるでしょう。
  黒酢はチョットクセがありますが、身体には宜しいということになっているようです。
  少なくとも梅とお酢ならリンゴ酢との組み合わせの方が遥かに飲みやすい。
  梅酒を作る要領で氷砂糖を加えても良し。
飲むやいなや、身体がシャキッとする感じ。
暫くすると疲れを忘れています。
  酢は身体を弱アルカリ性に保ち、ドロドロの血液をサラサラにしてくれるそうです。
  肩凝りや目の疲れにも良いらしい。
結構効きますよ、マジ。  
.
巷にあふれているスポーツドリンクは、アスリート達には必須の飲料ですが
我々一般人がガブガブ飲みことは正しくないようです。
塩分や糖分を摂取しすぎる可能性が高いからです。
毎日水分2L・・・これも誰にでも当てはまるわけではなさそうです。
汗を流す仕事の方はその程度の水分、塩分が必要ですが、そうでない方が大量に摂取すると
代謝が低下、疲れやすい、頭が重い等の不調に陥るようです。
水分と侮るなかれ、難しいものですね。

2005/08/24 ヒゲMacさんと尾苗さんからお酢の話。   
疲労回復、夏ばてにはこの三つを摂取すると良いとされておりました。
酢の物、タンパク質、そしてナイアシン
食べやすくこの三つを取り入れた食事としましては
お茶漬けにして中に「明太子」「梅干し」「枝豆等の豆類」です。
明太子がナイアシン、梅干しがクェンサン、豆類がタンパク質です。
これらを入れてサラッとご飯を入れたお茶漬けにすると
次の日に少しは疲れを取り除いて良くはなっていると思います。
酢が乳酸を分解するので疲れを取り除くのですが、その反応を
助けるのが「ナイアシン」です。ですからこのナイアシンが
ないと生命そのもの成り立っていけないそうで、もしこれを摂取
しなければ脳内の物質からナイアシンを作るのだそうです。
ただし・・・一つのナイアシンを作るのに脳内の物質100ぐらい
使うので結果的に現象としては「鬱」症状などになり疲労、考え方の
纏まらない少し鬱的な症状になるそうです。
夏場は汗として体外へナイアシンが出てしまうので(水溶性なため)
特にこのように夏ばて症状がおきるメカニズムになっているそうです。
酢の事での作用を主にお話させていただきましたが、タンパク質は
体内のエネルギーに変える時にこれまたナイアシンがそれの力に
なっており、無いと変換できないそうです。
酢とか土用のウナギなどで高タンパクをせっかくとっても
このナイアシンがないとだめだそうです。
先ずはヒゲMacさんからでしたが、酢の物、たんぱく質、ナイアシンですね。
どうやら、どちらにしてもナイアシンが無いとダメってことですね。
カツオ、サバ、ブリ、レバー、卵、牛乳、豆類、鶏肉、赤身の肉、米ぬか、 ピーナッツ、プルーン、緑黄色野菜
辺りに沢山含まれているそうです。
取りすぎてもいけないようですが、体内に蓄積されないそうですので、まあ、大丈夫か。
勉強になりました、有り難うございます。
お酢の話題がでたところで
アタシのお薦めを一つ
穀物酢一本にニンニクを剥いて瓶半分程の量を密閉し
約二週間程漬込みます。
ニンニクが緑色に変色した後、暫く置くと緑色が抜けます。
これをサラダや皿ウドンなどに使いますと中々良いお味です(笑
漬込んだニンニクをガリガリ齧るのもOK!ですよ(笑
今年は秋刀魚豊漁だそうなので「さんまの刺身」が今から楽しみです。
(個人的には鱸の洗いを...........釣らないと話になりませんけど)
尾苗さんからのお酢とニンニクの話題でした。
ちょっとイタリアンなんて感じの時にも重宝しそうですね。
サラダのドレッシングにピッタリかな。
今度試してみますね。
2005/08/18 サイトのこと、30mmのその後。
サーバーを折角移転したのだから、もう少し代わり映えのあるサイトを目指すべきなんじゃないの?
なんて声が聞こえてくるようですが、実は私も考えないわけではないのです。これでも・・・
ですが、ここまで来てしまうとそう簡単には舵を切れないのが現実。
   バナーが取れて表紙は多少スッキリしたでしょ?
昨夜は、訳あってカミサンのwin機で私のサイトの歴史年表を覗いてみたんですが
win機で見るとmacと見え方がかなり異ることに気が付きます。
年表のボディのの左端がガタガタ・・・カッコ悪い。恥ずかしいくらいだ。
って訳で遅ればせながら、修正を加えました。
表紙も折を見て手を加えようと狙ってはいるんですが、大したスキルがあるわけじゃ無し
しかも使用しているレガシーソフトはpagemill。
クラシック上で動いていますが、実はこれすらシッカリと把握しているわけでもない。
それでも、まあ何とかここまで出来てしまったのですから、継続は矢張り力・・・ですね。
最近の新しいソフトは、何でも出来るらしいですがローテクのpagemillに慣れてしまうと
なんだか手強そうに見えます。
そんな点では、ブログは手軽くて良いのでしょうね。
まあ一長一短ですが、兎に角始めて見たいと思う方にはブログはお薦めですよね。
.
シグマ30mm。描写は結構気に入っていたのですが矢張りAFピント問題がクリアできなくて
私の手元から去ることになりました。
シグマにレンズ調整をお願いするまではしなかったのですが、合うときと合わないときのバラツキがありすぎる感じ。
   ・・・私が使用したレンズだけに言えることかも知れません。
私の裸眼+EOS20Dボディで開放でのピント合わせはかなり困難。
これからは、再びEF28mmに戻りそうです。
2005/08/15 キヤノンから新型ボディ?
巷ではキヤノンの新しいボディの噂が飛び交っている。
EOS5D? EOS1Dmk2N? ですか。
5Dに至っては、例によって海外サイトから、まことしやかな写真と数字まで出てきている。
進歩の速度がヤヤ速すぎるきらいはあるにせよ、噂どおりのフルサイズで小型ボディ
しかも実売が30万近いのなら、これは悪くはない。
液晶が2.5インチ?これもうれしい。
現状の液晶ではピントの確認はいまいち感が強いから。

受光部のサイズは現在APS-C、APS-H、フルサイズの3通りがあるが
(4/3やコンデジ、中版は除いたとして)これは悪いことではない。
現実に私はその3パターンを所有していて、画素数とサイズとボディの大きさ重量で使い分けている。
一つのレンズが3通りの画角を楽しめることも楽しい。
そう考えると、何が何でもフルサイズは行き過ぎかも知れない。
行き過ぎついでに書いてしまえば、画素数についてもまた然り。
多くの場合には800万画素あれば十分。

私が望む新型ボディ・・・・
広大なダイナミックレンジ。フルサイズで800万画素。(つまりダイナミックレンジを優先)
  具体的には、上下に3EVずつ程度ダイナミックレンジを拡げる。
  現状でD=3とすればD=4.5程度になる計算か。
45点、あるいはさらに外側にもう一回りプラスの測距点、正確なAF精度。
AF測距点選択時の使いやすい十字キー。10D20Dライクな操作性。
秒5コマ、RAWで30コマ連射。
BP-511タイプ小型バッテリー。
小型軽量ボディ。
2.5インチ液晶画面。
広角系レンズ周辺部で強まる色収差の低減。50mmよりも広角側単焦点レンズのリニューアル。
更に言えば、ベイヤー配列からの脱却。一素子の開口部の拡大・・・
まあ、書きだすとキリがないのですが、
いつの間にやら随分進歩もしましたし、普及もしたものですね。
.
さて、2年後の一眼デジカメのスペックはどうなっているものやら。
2005/08/12 慌ただしい一日。
今週は休み前のためかバタバタしています。
昨日も取材とは言え何と3本立て。
午前中は四街道(結構時間がかかります、)某リフォーム会社の千葉店。
午後は渋谷公園通り。
こちらは東京スター銀行渋谷支店。
  驚いたのは、その場所が嘗ての西部信用金庫の本店ビルだったこと。
  因みに西部信金は元、平成信金、その前は渋谷信金と合併を繰り返し名前が数度変わりましたが・・・
  で、その信金本店は近くのビルに間借りをしているようです。(それも1Fではなく、5Fだったか?)
・・・ついでに、アップルストア渋谷店を外から初めてチェック。
話は戻り東京スター銀行。全く銀行らしくない雰囲気。
明るく気持ちが良い。
他行のカードからの引き出しでも手数料は無料。ここはお薦めかも。
夕方は、某リフォーム会社の大宮店に。
  某リフォーム会社とは【オクタ】と言う会社。
  十数店の支店があり、無添加リフォーム(混ぜ物をしない、化学物質を避ける)を提唱
  親身になってリフォームに取り組んでくれるようです。
帰り際は、大宮在住の友人と久しぶりに飲み会。
慌ただしい一日でした。
  渋谷から大宮まで新宿湘南ラインで行きましたが、疲れていたので思い切ってグリーン車に
  ホームでスイカで750円で購入。
  シートに座ると天井にスイカをくっつけてね、と書いてある。
  やってみると赤ランプがグリーンに。
  座席を変わり再び同じことをすると先ほど座っていたシートは赤ランプに変わる。
  へえ〜。知らなかった。なんだか進歩してる。
2005/08/10 サーバー移転しました。
infoseekの無料サイトを今まで利用させていただいておりましたが
流石に4年以上も経ち、容量が50Mを越えてしまい、移転先を検討しておりましたが
今月より【さくらインターネット】に移転いたしました。
これで容量もタップリ(1G)。当分の間、困ることはないでしょう。
無事にバナーも取れ多少はスッキリ!!
エッ、余り代わり映えがしない・・・
ええまあ、まま持ってきたものですから何も変わるわけではないのですが
URLがshindo-s.comと独自ドメインになったことが唯一の進歩?
と言う訳でトホホ写真家、新藤修一の仕事場は、まだまだ続きます。
.
追伸:infoseekで有料版も存在します。バナー無しで300Mで500円/月でしたか。
ですが、移転に辺りURLは引き継げないとのこと。
ならば、もっと条件の良い所にしようと思うのは人情でしょう。
早速ネットで探した結果がここでした。(さくらインターネットhttp://www.sakura.ne.jp/
2005/08/10 Google Earthは凄い!
9日の朝の番組。さて家を出ようかな何て思っていたところだったんで9時チョット前。
Google Earthを紹介していた。(番組名は記憶に無し。ハナマルだったかな?)
早速、昨夜カミサンのwin機で体験してみたのです。
http://earth.google.com/
  上記のサイトに辿り着いたなら、Google Earthをダウンロードします。
  β版であるためか残念ながらmacには対応していません。
  14インチ?以上のモニターが必要。
  ADSLも必須でしょう。windows XPも必須だったか・・・
さあ、起動させますと宇宙に浮かぶブルーの地球の姿が浮かび上がります。
ナルホド、Google Earthだわいと、感激。
マウスで地球がグリグリと回ります。
が・・・この程度で驚いてはいけません。
例えば日本。東京の辺りをセンターにして拡大をグングンして見ると
あたかも某アメリカ映画のワンシーンの様に縮尺が連続的に変化していき
終いには道路を走る車の色まで判断できるほどになるのです。
勿論リアルタイムの映像であるわけはありませんが、これは凄い!!
試しに久我山の自宅に迫ってみましたが、庭のプラムの木まで確認できました。
地名で検索が出来るかはチェックしませんでしたが、緯度経度での検索は出来たように思います。
場所によっては、まだβ版のためかデータが粗い場所がありますが
世界中にバーチャルで旅行が出来てしまいます。
.
これは、一度体験するとホント感動します。
でも・・・そのうち例えばダレカサンチをクリックすると年収やら
家族構成、電話番号なんて個人情報等が有料で入手できる裏世界ができちゃったりして・・・
若しくは軍事衛星の超精密データを有料で配信する。
車のナンバーまで写っていると言われる例のデータですね。
ひょっとすると、映画だけではなく実際にそんなシステムは存在していてもおかしくはない。
そう考えると、チョット暑い夏でも涼しくなれるか。
. 
追伸:08/28 このサービスは眺めて楽しむだけでなく、私たちプロカメラマンにとっても
とても心強い味方になってくれるかも知れません。
例えば、ロケハン!!どう? イイと思うんだけど・・・
2005/08/09 Photoshop CS2の大容量メモリー割当てについて、福岡のO氏からメール頂きました。
photoshop CS2のタイム計測(2005/07/26 Photoshop CS2、CS+PowerMac G5で作業タイム計測。)しましたが
福岡のO氏よりご指摘をいただきましたので報告いたします。
新藤さま こんばんは。
福岡のOです。
CS2の最適化について下記のアドレスにありました。
有効なのかは不明です。
http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?226170+002+3
既にご存知かもしれませんが・・・・。
では。
早速追試してみました。条件は前回と同様です。A3縦位置、350dpiRGBファイル。
CS2CS2 チルダー削除後
1RGBからCMYKに変換0.90.9
2350から500dpiに変換1.21.0
3350から1000dpiに変換3.32.0
4黒で塗りつぶし2.54.6
5ガウスぼかし 250ピクセル9.37.7
6アンシャープマスク 100/1/10.70.8
単位は秒です。 . 結果は劇的かというと微妙。A3ファイルがまだ小さいのか? ウチのG5 1.8Dualがショボイのか? この辺りはもう少し検証が必要かも知れませんが取りあえず上記のようでした。 この様な設定は取説にも記載されていませんし、adobeサポートデータベースで検索しようにも 闇雲では一苦労でしょう。 CS2の環境設定で行えるよう強く望みます。 福岡のOさん、有り難うございました。これからも気づかれたことなどメール下さいね。
2005/08/08 EOS20D、1D2、1Ds2を改めて簡易テストした。

20D

1Dmark2

1Dsmark2

昨日のテストの反省を少し。
今回は間違いなくISO100です。
  RAWでも撮影しましたが敢えて今回はJPGです。
照明は同条件ですが、撮影時にA4のマクベスカラーチャートが丁度カバーできる程度に引きました。
レンズは全てEF50mm/F1.4、絞りはF2.8
前回と同じようにピントは合わせていません。
  冷陰極線管が丁度ファインダー左右に一杯に見えるところで(つまり少し寄ったところで)
  一度ピントを合わせ、そのままカメラを引いてピントを外しています。
1Ds2は画素数が倍ですので、変形をかけて小さくしました。
その分上記でお判りかと思いますがノイズが小さく見えます。
露出は全て1/125、f2.8
.
20Dを入手したときにも感じたことですが、今回も想像以上に良い成績ですね。
シャドウ部の再現性は3台の中でもっとも良いかも。
私のモニターでは赤とグリーンのシャドウ部が良く見えているだけでなく
一つ上のマスの色まで20Dがもっとも良くでています。
.
追伸:この冷陰極線管を使用したグラデは結構判りやすい?
このサイズのチャートでこのグラデはこのライトでなければ実現困難でしょう。
と、昨日のミスをカバーしてみるテスト。
  因みに渋谷ハンズの6階で購入、4000円しない程度です。
2005/08/07 RAW現像ソフト5種類をテストしてみた。
RAW現像ソフトの検証は私の課題でしたが、やっと僅かながらテストしてみましたので
お知らせいたします。

上の写真がそのテストの全景。何だか良く分からないでしょ。(笑
ボンヤリ写っているのはA4サイズ、マクベスカラーチャート。そしてチャートに上に置かれ、蛍光灯のように光っているのは小型冷陰極線管。
   ハンズで購入した長さ約20cm、12vで駆動できLEDライトセーバー的な使用法もアリかと購入したものです。 
ボディはEOS1Dmk2、レンズはEF50mmF1.4。絞りはF2.8 ピントはワザと外してあります。
ピントを合わせてしまうとカラーチャートのテクスチャーが目立ってきて冷静な判断が出来ないからです。
撮影自体は大して難しくもなくあという間に終了。
   テスト方法をどうするかで少々悩んだことは事実です。
.
さて、テストはPhotoshop CS、CS2、DPP、Silkypix、Capture1、このメジャーな5種類で行いました。
カラープロファイルはadobeRGBです。
切り取った部分はもっともノイズが目立ったグリーンとレッドの境の辺りの等倍表示です。

photoshop CS
想像通りノイズが目立ちます。

photoshop CS2
csよりはノイズが大分改善して見えますが、彩度が確保されていません。
canon DPP
silkypixとDPPは非常に似ているようです。
Silkypix
左と殆ど区別がつかないレベルですね。

caputure 1
彩度も確保されていて、且つシャドー部の描写の悪くない。
バランスがとれているようです。

photoshop CS2 現像時に彩度を+10設定
ノイズは目立ちますが彩度は十分すぎるくらいですね。
赤の色味が左のC1とはかなり異る点にも注目。
この6点のチャートを見て、皆さんはどう感じたでしょうか?
私の判断はこうです。
上段のCS2のシャドー部の描写とノイズの少なさは評価に値しますが、彩度が低いということは色が濁っているということです。残念。
続いて中段の2枚。彩度は出ていますがシャドウ部の描写がイマイチ。
やや潰れがちです。
これをトーンカーブで補正するとどうなるのか?
シャドー部のノイズがやたら目立ってくる結果となります。
   恐らくはそれを避けるために敢えてシャドー部の設定をこの様にしたのではないでしょうか?
キャプチャーワン、ハイライト部の彩度は中段のシルキーピックス等に劣るものの
全体としては大変バランスが取れているように思います。
最後の下段の右画像はCS2の現像時に彩度を+10したものです。
   現像後の画像を調整レイヤーで彩度を上げることは意外に難しい場合もありますが
   現像時の彩度アップはノイズに影響を与えるものの、やるならここでと言う感じですね。
チョットやり過ぎ感はありますが、+5辺りなら折り合いをつけられるか・・・・
悩みどころですね。
   たったこれだけのテストで優劣をつけることは多いにリスクがあることですが
   あたらずしも遠からず。
   幾つかのRAW現像ソフトをお持ちなら、是非テストしてみて下さい。
.
さてさて、モノクロ現像の奥の深さにも似たRAW現像の話でした。
.
追伸:ISO感度ですが、私の不徳の致すところ・・・なんと320に設定されていました。
ノイズの見え方的には分かりやすいでしたが、チョットマズ〜。
この辺りはもう一度トライしてみますね。
2005/08/02 近頃のビールは物足りないぞ。ビールは苦みだ。
最近のビールは妙にフルーティだったり、爽やかだったり、甘かったり・・・・
何かね、好きになれないのです。
辛うじてクラシックと謳ったものは昔風な僅かな苦味を感じますが、まだまだ。
   多分その苦味においては昔ほどではないのか?
アサヒビールだったかで苦味を40%カットなんて天敵の様なビールすらある時代です。
その捨ててしまった苦味成分を集めて、男ならこれだ〜的なビールを出してくれれば
アサヒビールを好きになるんだけどねえ・・・
   最近、スーパードライは意外にイケルかも・・・とは思っていますけどね。
   今、アサヒビールのサイトを覗きましたが、苦味成分カットはもう既に廃盤?
   と思ったら発泡酒で本生オフタイムというやつらしいです。
黄色くて透明で酔っぱらえて、泡が出りゃイイ、そんなもんじゃないでしょ?
あの苦味こそがビールらしさだと私は信じて疑わない。
極く希に輸入ビールで苦味が利いたビールにお目にかかれることもあるのですが
今となっては、そのブランドもすっかり忘れてしまい、負け犬の遠ぼえ。
こんな私ってへそ曲がり?
.
年に一度の無料健康診断では、尿酸値がやや高めだったりするわけで
本来ならビールは控えめが正しいのです。
それもあって、最近はイキナリ焼酎に辿り着いてしまうことも多いのですが
焼酎は甘くもなく、味わいもあり、次の日に影響を及ぼすことも少なく値段もお手ごろ。
今までどうして日が当たらなかったのか全く不思議。
日本酒や、スコッチのような洋酒も滅多に飲まなくなりましたね。
コレって年のせい? それとも経済力の問題?
敢えて言うなら、どちらもって事でしょうか・・・
   暑い時や、仕事を終えたあとのビールの一口目は、
   苦くなくとも感激してしまう私ではありました。トホホ。
2005/08/01 土日で写真展に行った。
土曜日はギャラリー冬青(中野区中央5−18−20  03−3380−7123)で開催中の田中昭史【多摩景】出版記念写真展
既に何度か多摩景には足を運んでいるのだけれど、今回は総集編的な色合い。
プラウベルで撮影された美しいモノクロプリントは癒されますね。
お世話にもなった方ですし、田中氏と残念ながらお会いできなかったことは心残り。
9月1日まで開催しています。(日際は休館)
.
日曜日、こちらはコンタックスサロン東京(有楽町、交通会館7F)で開催中の
【写真大好き!】PHOTOS 5人展 を見に行きました。
塙 真一、岡嶋和幸、高橋良輔、小川勝久、佐藤希以寿 の5人展。
作品は全てデジタルカメラで撮影されエプソンの大型プリンターで出力されている。
風景あり、人物あり、モノクロあり。これはこれでデジタルの進歩を痛いほど感じさせてくれます。
帰り際、受付の方に聞いてみました。
【デジカメで撮影されてと聞いていますが、カメラは何を使ったのでしょう?】と
彼。1Ds2、1D2、キスデジ、D50(もう一台は失念しました。)
が、一番印象に残ったのは、モノクロのゴルフ写真。恐らくはイギリス。
どんよりとした空の元、はるか彼方にプレーヤーが見えるようなドラマチックな作品。
この作品群が、D50で撮影されたと聞いてチョット吃驚。
残念ながら、この写真展は2日火曜日までです。


後書き・独り言28/profileに戻る(後書き目次)/後書き・独り言30

TOP
物-index
人-index
その他-index
new-index
profile+後書き
LINK
更新履歴